ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年映画興行収入結果発表 【映画】

2008年映画興行収入結果が発表された。
10億円以上の映画興行収入及びその予想は以下の通り。

順位(公開前・OP時結果)作品名・興収(公開前予想)<OP時トータル予想>
1(×・×)「崖の上のポニョ」155.0億円(70億円)<100億円>
2(×・◎)「花より男子ファイナル」77.5億円(38.5億円)<80億円>
3(◎・◎)「容疑者Xの献身」49.2億円(50.0億円)<四十億円台>
4(◎・◎)「劇場版ポケットモンスター」48.0億円(47億円)<45~50億円>
5(×・×)「相棒 -劇場版-」44.4億円(28億円)<30億円>
6(▲・◎)「20世紀少年 第1章」39.5億円(35億円)<30億円以上>
7(×・◎)「ザ・マジックアワー」39.2億円(32億円)<40億円>
8(◎・◎)「映画ドラえもん」33.7億円(33億円)<三十億半ば>
9(×・×)「マリと子犬の物語」31.8億円(23億円)<24億円>
10(×・◎)「L change the WorLd」31.0億円(15億円)<30億円>
11(×・×)「おくりびと」30.5億円(9億円)<20億円以上>
12(◎・◎)「名探偵コナン戦慄の楽譜」24.2億円(24.5億円)<23~24億円>
13(×・○)「パコと魔法の絵本」23.6億円(10億円)<25億円>
14(×・◎)「デトロイト・メタル・シティ」23.4億円(15億円)<二十億円前半>
15(×・×)「母べえ」21.2億円(11~12億円)<15億円>
16(▲・◎)「陰日向に咲く」19.5億円(17億円)<20億円>
17(×・△)「映画クロサギ」17.2億円(25.5億円)<20億円>
18(◎・×)「チーム・バチスタの栄光」15.6億円(16億円)<20億円前後>
19(◎・▲)「犬と私の10の約束」15.2億円(16~17億円)<17億円>
20(×・◎)「少林少女」15.1億円(35億円)<15億円>
21(×・◎)「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」14.5億円(25億円)<15億円前後>
22(○・◎)「ハッピーフライト」13.3億円(12億円)<12~13億円>
23(△・○)「映画クレヨンしんちゃん」12.3億円(14.5億円)<13億円>
24(×・◎)「クライマーズ・ハイ」11.9億円(7億円)<12~15億円>
25(▲・◎)「劇場版NARUTO」11.6億円(10億円)<12億円前後>
26(×・◎)「椿三十郎」11.5億円(22億円)<12億円>
27(◎・×)「銀色のシーズン」10.4億円(9~10億円)<15~17億円>
28(×・▲)「砂時計」10.0億円(公開規模見込みミス)<8~9億円>
◎…5%未満の乖離
○…10%未満の乖離
▲…15%未満の乖離
△…20%未満の乖離
×…20%以上の乖離

全体的な総括は専門家に任せるとして、予想が外れた要因を中心に検討したい。
公開前興行収入に関しては、28本中当たりといえる作品は12本となっている。
うち5本のシリーズモノのアニメ作品は外しようがない。
10~20億円程度の東宝作品の予想が4本当たり、ドラマの映画化「容疑者Xの献身」、参考作品が多い動物モノ「犬と私の10の約束」、話題の大作「20世紀少年 第1章」も当たっている。

その半面、「ムーブメント作品」と「感動系作品」の予想がかなり悪いと思われる。
「崖の上のポニョ」「花より男子ファイナル」「相棒 -劇場版-」「ザ・マジックアワー」「L change the WorLd」「おくりびと」「デトロイト・メタル・シティ」のように話題となり、普通に考えられる以上に稼ぐ作品が全く読めていない。
「崖の上のポニョ」に関してはアドベンチャー系ではなく、ヒューマン系だったので評価を下げたが、主題歌の威力やジブリ作品の底力を侮った。
100億円程度という予想は誰でも出来るが、あまりヒットしないと勝負の予想だったので、これは外れても仕方がないところ。
完全に目論見が外れた結果。

「花より男子ファイナル」はテレビ向きドラマだと思い、評価を下げたが、信じられないムーブメントが起きた。
本作品に全く興味がないので、どの程度の人気が全く分かっていなかった。

ゴールデンウィークに活躍した「相棒 -劇場版-」、
賞を取り評価が高い「おくりびと」、
監督・キャスティングが豪華であり、宣伝にチカラを入れた「ザ・マジックアワー」、
若者向き映画の「L change the WorLd」「デトロイト・メタル・シティ」も読みきれていない結果となっている。
「崖の上のポニョ」「花より男子ファイナル」「相棒 -劇場版-」「おくりびと」の予想は困難としても、「ザ・マジックアワー」「L change the WorLd」「デトロイト・メタル・シティ」辺りが予想以上に話題となることは、読めたはずだ。

「マリと子犬の物語」「おくりびと」「パコと魔法の絵本」「母べえ」「クライマーズ・ハイ」「砂時計」といった“感動系・切ない系”の作品も的外れとなっている。
キャスティングや地味さなどは無視して、こういったテイストの作品は予想以上に稼ぐと考えた方がいいだろう。

また、スター俳優が出演して、思った以上に稼げなかった作品も目立つ。
「映画クロサギ」、「少林少女」、「椿三十郎」がこれに当たる。
「映画クロサギ」は春休み、「少林少女」はゴールデンウィーク、「椿三十郎」は正月といったように時期的にも稼ぎ時にリリースされており、コケると予想するのはなかなか難しい。
しかし、“テレビ向き作品”、“奇をてらったアクション”、“時代劇”という面が響いたようだ。
しかも、「映画クロサギ」の低迷により、「花より男子ファイナル」を低く予想したら、裏目に出るという悲劇にも見舞われてしまった。
ドラマ映画化のジャッジは難しく、今後の課題となる。
前作とは大きく興行収入を落とした「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」といった作品の予想も困難であった。

オープング時のトータル予想はほとんど当たっているが、
「チーム・バチスタの栄光」「銀色のシーズン」といった初動タイプ、
「マリと子犬の物語」「おくりびと」「母べえ」といったロングセールスタイプ、
「崖の上のポニョ」「相棒 -劇場版-」といったムーブメント作品を読みきれていない。
この辺りの見極めが今年の課題となりそうだ。


[洋画]
順位(公開前・OP時結果)作品名・興収(公開前予想)<OP時トータル予想>
1(×・×)「インディ・ジョーンズ」57.1億円(85億円)<70億円>
2(×・×)「レッドクリフpart1」50.5億円(35億円)<40億円前後>
3(×・×)「アイ・アム・レジェンド」43.1億円(30億円)<30億円>
4(○・○)「ライラの冒険 黄金の羅針盤」37.5億円(40億円)<40億円>
5(○・△)「ハンコック」31.0億円(33億円)<三十億円後半>
6(×・△)「ナルニア国物語/第2章」30.0億円(50億円)<35億円>
7(×・×)「魔法にかけられて」29.1億円(9~10億円)<20億円>
8(◎・×)「ナショナル・トレジャー」25.8億円(27億円)<20億円前後>
9(×・△)「ウォンテッド」25.0億円(35億円)<30億円未満>
10(×・◎)「アース」24.0億円(11~12億円)<20~30億円>
11(×・×)「ハムナプトラ3」22.0億円(12億円)<30億円>
12(×・◎)「スウィーニー・トッド」20.5億円(30億円)<20億円>
13(○・◎)「カンフー・パンダ」20.0億円(19億円)<16~22億円>
14(△・×)「セックス・アンド・ザ・シティ」18.0億円(15億円)<9億円>
15(◎・◎)「ジャンパー」17.4億円(17億円)<十億円後半>
16(×・△)「ダークナイト」16.0億円(21億円)<13億円>
17(×・◎)「最高の人生の見つけ方」13.5億円(8億円)<9~14億円>
18(×・◎)「ハプニング」12.3億円(8億円)<10~12億円>
19(△・◎)「イーグル・アイ」12.2億円(10億円)<12億円>
20(×・×)「クローバーフィールド」12.0億円(6~7億円)<15億円>
21(×・△)「P.S.アイラヴユー」11.0億円(7.5億円)<9億円>
22(▲・◎)「AVP2エイリアンズVS.プレデター」10.7億円(12億円)<10億円>
23(◎・◎)「アメリカン・ギャングスター」10.5億円(9~10億円)<9~10億円>
24(×・▲)「紀元前1万年」10.1億円(23億円)<8~9億円>
◎…5%未満の乖離
○…10%未満の乖離
▲…15%未満の乖離
△…20%未満の乖離
×…20%以上の乖離

35億円程度と思われた「ライラの冒険 黄金の羅針盤」が37.5億円を稼いでいるのが驚きだ。
過去のデータはほとんど35億円で計算していたが、いまさら訂正はしない。

公開前興行収入に関しては、当りといえる作品は24作品中9本という酷い結果となった。

ヒットすると予想したが、予想通りにはヒットしなかった作品が目立つ。
「インディ・ジョーンズ」「ナルニア国物語/第2章」「ウォンテッド」「スウィーニー・トッド」「ダークナイト」「紀元前1万年」がこれに当たる。
夏に公開され、今年一番の注目作である「インディ・ジョーンズ」、
前作がヒットした「ナルニア国物語/第2章」、
日本人が大好きのジョニー・デップ主演作「スウィーニー・トッド」、
アメリカで話題となった「ダークナイト」を予想以上に見込みすぎてしまった。
結果をみると妥当かもしれないが、これらを予想するのは難しい。
「スウィーニー・トッド」「ダークナイト」といった暗めの作品は日本人好みではないのかもしれない。

先行興行収入があまりにも高すぎたために、トータル予想を見込みすぎた「ウォンテッド」、
ゴールデンウィークに公開され、ヒットメイカーのローランド・エメリッヒ監督作品の「紀元前1万年」も予想外の結果となった。
「ウォンテッド」はR-15指定を受けているので、先行で爆発した数字をそのまま評価すべきではなかった。
「紀元前1万年」の興行収入は妥当な結果か。
内容が微妙なうえに、スター俳優が不在だったので、いま思えば予想が高すぎた。

逆にそれほどヒットしないと思われたが、ヒットした作品も目立つ。
「レッドクリフpart1」「アイ・アム・レジェンド」「魔法にかけられて」「アース」「ハムナプトラ3」「ハプニング」「クローバーフィールド」がこれに当たる。
「アイ・アム・レジェンド」「ハプニング」「クローバーフィールド」といったホラーアクション系が読みきれていない。
ホラー系アクションは予想以上に見込んでもよさそうだ。

ムーブメントが起きた「レッドクリフpart1」「アース」もムーブメントの兆しがあっただけに高く予想できたはずだ。
ユニークなディズニー作品「魔法にかけられて」、ファミリー向けアクション「ハムナプトラ3」も低すぎる。
「ハムナプトラ3」はヒットしないと考えたが、お手軽の大作ファミリー向けアクションは予想外にヒットするようだ。
「魔法にかけられて」もファミリー作品であり、この手のジャンルの予想は多少高くても言いようだ。

また、邦画同様に、感動系・切ない系の「最高の人生の見つけ方」「P.S.アイラヴユー」を低く見積もりすぎているのも問題だ。
こういった作品は想像以上高く予想してもよさそうだ。

オープング時のトータル予想もあまり良くはない。
初動タイプとなった「インディ・ジョーンズ」「ハムナプトラ3」「クローバーフィールド」
ロングセールスタイプとなった「レッドクリフpart1」「魔法にかけられて」「セックス・アンド・ザ・シティ」をきちんと動きを判断して検討しないといけない。
また、今年もそうだったが、正月の興行収入が全く分かっていなく、「アイ・アム・レジェンド」「ナショナル・トレジャー」も読み切れていないということも分かる。

こういった反省を踏まえて、今年の予想にあたりたい。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(12月4週目) 【映画】

(注意)興行収入の数値は正確なものではございませんので、ご了承ください。
日本において、正確な数字を無料で仕入れることは不可能です。
なお、本ランキングは興行収入ベースのものですので、動員ベースの巷のランキングとは一部異なる場合があります。

多くの作品が一斉にリリースされたが、正月休みに鑑賞すればよいという判断からか、全体的に低調な興行収入となった。
とりあえず、判明部分のみアップ。

1位:「地球が静止する日」(20世紀フォックス)(1週目)<予想順位1位>
【公開前個人予想】 35億円
3.3億円弱程度のオープニングを飾り、金曜日からのトータルでは4.5億円半ばとなっている。
先週『「地球が静止する日」のオープニング3日間+前夜祭は、「アイ・アム・レジェンド」の2割減程度の5.8億円と予想したい』と書いたが、予想を大きく下回った。
あまりにも期待が高すぎたのだろうか。

キアヌ・リーヴス主演映画の興行収入は以下の通り。
☆03年公開「マトリックス リローデッド」トータル110.0億円
☆03年公開「マトリックス レボリューションズ」トータル67.0億円
☆04年公開「恋愛適齢期」トータル10.0億円(※3番手)
☆05年公開「コンスタンティン」トータル27.2億円
OP4.0→9.6→15.5→22.2→24.3→25.7
☆06年公開「イルマーレ」トータル11.0億円
土日の比較では、まさか「コンスタンティン」のオープニングを下回るとは思わなかった。
「コンスタンティン」との対比で考えると、「地球が静止する日」の興行収入は22.4億円となる。

古典作品をリメイクした映画の主な興行収入は以下の通り。
☆05年「宇宙戦争」トータル60.0億円
☆05年「チャーリーとチョコレート工場」トータル53.5億円
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.1億円
☆05年「キングコング」トータル23.5億円
先3.1→7.9→不明→18.3→20.4
☆06年「ポセイドン」トータル14.0億円
先3.0→6.9→9.5→11.2
☆02年「タイムマシン」トータル18.5億円
先行があり比較できないが、「キングコング」よりも高いオープニングとなっているのは救いか。

正月に公開された過去の大作映画は以下の通り。
☆04年「ターミナル」トータル41.5億円
☆04年「エイリアンVSプレデター」トータル16.8億円
☆04年「マイ・ボディガード」トータル10.1億円
☆05年「Mr.&Mrs.スミス」トータル46.5億円
☆05年「キングコング」トータル23.5億円
☆06年「007/ カジノ・ロワイヤル」トータル22.1億円
☆06年「エラゴン 遺志を継ぐ者」トータル18.7億円
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.1億円
金3日7.2→16.4→不明→33.8→37.7→40.6
☆07年「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」トータル26.0億円
金4日5.7→不明→18.0→21.2→23.7→24.8
☆08年「地球が静止する日」
金3日4.6億円→
「アイ・アム・レジェンド」との対比で考えると、「地球が静止する日」の興行収入は27.5億円となる。
この辺りがマックスラインだろうか。
当面は20億円突破が目標となり、「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」トータル26.0億円がライバルとなりそうだ。

「地球が静止する日」3.2億円(3日4.6億円)と同程度のオープニング作品は以下の通り。
<2008>
☆「魔法にかけられて」3.3億円(先行込み5.4億円)(トータル29.1億円)
☆「ウォンテッド」3.8億円(先行込み8.3億円)(トータル25.0億円)
☆「スウィーニー・トッド」4.0億円(トータル20億円半ば見込み)
<2007>
☆「ボーン・アルティメイタム」3.3億円(トータル16.5億円)
☆「ディパーテッド」2.9億円(トータル15.6億円)
これらとの対比で考えると、「地球が静止する日」の興行収入は16.0~28.2億円となる。
当面は20億円突破が目標となりそうだ。
今年公開の洋画においては、「レッドクリフ PartⅠ」、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」トータル37.5億円、「ハンコック」トータル31.0億円、「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」トータル30.0億円のいずれにも届きそうもなく、「ウォンテッド」トータル25.0億円に届くかどうかが注目となる。

3位:「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」(東宝・日本テレビ)(1週目)<予想順位2位>
【公開前個人予想】 25億円  【配給会社期待値】 20億円以上、30億円
1.7億円程度という物足りないオープニングを飾った。
「続編」や「30億円」などと言っていられないオープニングだ。
先週『オープニングは3.0億円程度となるか』と書いたが、論外だった。
ある程度の人気があるという手応えがあったので、強気に予想したが、完全に裏目に出た。
個人的に見たいと思ったことは一瞬もないので、年齢層において温度差があったのかもしれない。

金城武主演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「リターナー」トータル12.9億円
☆04年「LOVERS」トータル22.5億円
☆06年「傷だらけの男たち」トータル1.5億円
☆08年「Sweet Rain 死神の精度」トータル5~6億円見込み
0.8→2.5→3.7→4.5
☆08年「レッドクリフ Part I」
「レッドクリフ」がヒットしたのは、彼の人気の高さではない。
「Sweet Rain 死神の精度」の倍程度が落ち着きどころか。
「リターナー」辺りがライバルになるかもしれない。

松たか子主演作の興行収入は以下の通り。
☆05年「THE有頂天ホテル」トータル60.8億円
☆07年「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」トータル18.8億円
☆07年「HERO」トータル81.5億円
実績は相当に高いが、出演作が恵まれているだけであり、集客力が高いとは考えにくい。

正月に公開された過去のヒット映画は以下の通り。
☆04年「ゴジラ FINALWARS」(東宝)トータル12.6億円
☆05年「男たちの大和」(東映)トータル50.9億円
☆06年「武士の一分」(松竹)トータル41.1億円
☆06年「大奥」(東映)トータル22.0億円
2.4→6.7→祝日込み14.0→16.8→19.1
☆06年「NANA2」(東宝)トータル12.5億円
1.7→4.7→7.0→8.9→祝日込み11.0
☆06年「犬神家の一族」(東宝)トータル9.5億円
1.3→3.6→5.1→祝日込み7.7→8.5
☆07年「マリと子犬の物語」(東宝)トータル31.8億円
2.8→7.4→祝日込み12.0→不明→23.1→祝日込み27.0
☆07年「椿三十郎」(東宝)トータル11.5億円
1.6→4.1→5.9→祝日込み7.4→不明→9.7
☆08年「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」
1.7億円→
これらとの対比で考えると、「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」の興行収入は12.2~19.3億円となる。
12億円台が落ち着きどころであり、15億円程度がマックスラインとなるか。
正月の動員次第となるが、目標の20億円にも届かないのではないか。

「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」1.7億円と同程度のオープニング作品は以下の通り。
<2008>
☆「隠し砦の三悪人」1.8億円(トータル9億円見込み)
☆「ハンサム★スーツ」祝日込み3日間2.1億円(トータル8~9億円見込み)
☆「僕の彼女はサイボーグ」1.8億円(トータル7億円見込み)
☆「まぼろしの邪馬台国」1.6億円(トータル8億円見込み)
<2007>
☆「愛の流刑地」1.6億円(トータル13.9億円)
☆「椿三十郎」1.6億円(トータル11.4億円)
☆「俺は、君のためにこそ死ににいく」1.8億円(トータル10.8億円)
☆「クローズドノート」1.7億円(トータル9.5億円)
これらとの対比で考えると、「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」の興行収入は9.5~14.8億円となる。
正月という時期を考えると、大コケは考えにくいので、やはり、12億円台が落ち着きどころであり、15億円程度がマックスラインとなるか。
「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円(オープニング3日3.9億円)、「少林少女」トータル15.1億円(オープニング1.9億円)を超えるのは厳しいだろうか。

4位:「赤い糸」(松竹・フジテレビ)(1週目)<予想順位圏外>
1.0億円程度のオープニングを飾った。
冗談抜きで絶対にコケると思っていたので、意外な結果となった。
同じく松竹が関わっている「フレフレ少女」の祝日込み3日のオープニング3.5千万円、「櫻の園」のオープニング1.0千万円を考えると、かなり高いということが分かる。
これらとは異なり、ドラマとの連動映画であり、その影響が大きかったようだ。

「赤い糸」の3話目までの視聴率は7.9%となっている。
近年公開されたドラマ映画の興行収入と視聴率は以下のとおり。
☆フジ「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
10.1→29.8→44.9→57.4→65.3→70.5→73.8→76.3→78.2
☆フジ「花より男子」トータル77.5億円(視聴率 05年19.7%、07年21.7%)
10.5→26.2→37.9→46.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7
☆フジ「LIMIT OF LOVE/海猿」トータル71.0億円(視聴率13.1%)
09.7→23.5→35.5→45.1→52.8→58.3→62.5→65.3→65.7
☆フジ「容疑者Xの献身」49億円見込み(視聴率21.9%)
05.4→18.1祝→24.4→30.5→36.1→40.7→43.1→45.7祝→46.9
☆テレビ朝日「相棒」トータル44.4億円(視聴率2年平均16.0%)
15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7→43.1
☆フジ「西遊記」トータル43.7億円(視聴率22.8%)
05.2→13.1→19.3→25.1→30.0→36.3→39.3→41.8→42.3
☆フジ「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
03.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7→不明→26.3→26.5
☆テレビ朝日「TRICK劇場版2」トータル21.0億円(視聴率03年15.6%)
04.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆TBS「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」トータル18.0億円(視聴率10.1%)
03.0→08.2→11.0→13.0→15.0→16.1
☆TBS「クロサギ」トータル17.1億円(視聴率15.7%)
02.9→07.3→10.7→13.3→15.2→16.0→16.4→16.6→16.9
☆テレビ朝日「スシ王子!」4億円見込み(視聴率7.5%)
00.8→01.7→02.6→03.2→03.4→03.5
☆テレビ朝日「特命係長 只野仁」(視聴率07年14.3%)
00.8→02.2億円→
☆フジテレビ「赤い糸」(視聴率3話平均7.9%)
01.0億円→
「スシ王子!」「特命係長 只野仁」よりも高いオープニングを飾っている。
映画を見ないと、ドラマの筋が分からなくなると思われるので、そういう効果もあるのだろうか。
対象幅が狭そうな「TRICK劇場版2」「木更津キャッツアイ」「クロサギ」との視聴率対比で考えると、「赤い糸」の興行収入は4.9~6.0億円程度となる。
正月という特殊要因を深く考えなければ、6億円程度が落ち着きどころか。

類似作品「恋空」の興行収入の動きは以下の通り。
☆07年「恋空」トータル39.0億円
4.8→13.1→19.7→26.0→29.7
☆08年「赤い糸」
1.0億円→
これとの対比で考えると、「赤い糸」の興行収入は8.1億円となる。
この辺りがマックスラインとなりそうだ。

「赤い糸」1.0億円と同程度のオープニング作品は以下の通り。
<2008>
☆「砂時計」1.2億円(トータル10.0億円)
☆「ホームレス中学生」1.2億円(トータル6~7億円見込み)
☆「ICHI」1.0億円(トータル4~5億円見込み)
☆「Sweet Rain 死神の精度」0.8億円(トータル5~6億円見込み)
<2007>
☆「象の背中」0.9億円(トータル5.7億円)
☆「蟲師」1.0億円(トータル5.5億円)
☆「未来予想図」祝日込み3日間1.3億円(トータル5.3億円)
☆「そのときは彼によろしく」0.9億円(トータル4.6億円)
☆「僕は妹に恋をする」0.8億円(トータル5.0億円)
「砂時計」以外との対比で考えると、「赤い糸」の興行収入は5.1~6.3億円程度となる。
現時点では、やはり6億円程度が落ち着きどころとなりそうだ。
正月にどの程度を稼げるかが注目となる。

9位:「映画!たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?」(東宝)<予想順位7位>
【公開前個人予想】 7億円
7.3千万円弱程度のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1億円程度となるのではないか』と書いたが、予想を下回った。

去年の「えいがでとーじょー!たまごっち ドキドキ!うちゅーのまいごっち!?」の興行収入は8億円程度と思われる。
OP1.3→祝日込み2.6→不明→6.5→祝日込み7.4→7.6
これとの対比で考えると、今年の興行収入は4.5億円となる。

06年の「劇場版 どうぶつの森」(トータル17.0億円)の動きは以下の通り。
2.4→4.6→8.7→祝日込み14.4→15.6→16.2
これとの対比で考えると、今年の興行収入は5.2億円となる。

現時点では5億円突破が目標となりそうだ。
去年よりも落ちるのは分かっていたが、思ったよりも苦戦しそうだ。
前作の1割減程度と考えたが、甘すぎたか。

今年公開の「プリキュア」のオープニング1.6億円(トータル7億円後半見込み)、「ケロロ」のオープニング1.1億円(トータル5.6億円見込み)、「アンパンマン」のオープニング5.0千万円(トータル3億円半ば見込み)となっている。
正月という特殊事情があるが、現時点では「ケロロ」以下、「アンパンマン」以上が落ち着きどころか。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(12月4週目新作予想 その2)【映画】

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎:「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー)
<307館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 リドリー・スコット
リドリー・スコット監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆01年公開「ハンニバル」トータル46.0億円
☆02年公開「ブラックホーク・ダウン」トータル13.0億円
☆05年公開「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
10億円台が基準となる。
エンターテイメント度が高くなく、内容がハードのため、大爆発ヒットというわけにはいかないのだろう。
今回も同様の内容となっており、10億円台が落ち着きどころか。

【キャスティング】 レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ
レオナルド・ディカプリオ主演映画の興行収入は以下の通り。
☆03年公開「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル30.0億円
☆03年公開「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル29.0億円
☆05年公開「アビエイター」トータル10.7億円
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
☆07年公開「ブラッド・ダイヤモンド」トータル9.9億円
人気はだいぶ落ちてきており、「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの30億円レベルには到達しないだろう。
リドリー・スコット監督作品同様に、10億円台が落ち着きどころと分かる。

ラッセル・クロウ主演映画の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆02年公開「ビューティフル・マインド」トータル19.9億円
☆04年公開「マスター・アンド・コマンダー」トータル10.1億円
☆05年公開「シンデレラマン」トータル12.6億円
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
ラッセル・クロウ主演映画の興行収入も10億円台が落ち着きどころと分かる。
三者による相乗効果も考えても、10億円台後半がマックスラインか。

【題材】 アクション・サスペンス・テロとの戦い・嘘
テロリスト映画はアメリカでは嫌われており、アメリカでは39百万ドル(製作費70百万ドル)という悲惨な興行収入となった。
アメリカほどではないが、日本でも血なまぐさい映画は好まれないだろう。
題材的にも、爆発的なヒットは期待しにくい。

【予告編・TVCM】 多(デキ・普)
中身よりも、レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウという二大スターをフィーチャーする戦略は、オーソドックスで問題ない作戦だ。
爆発のド派手さなどもCMでアピールしており、それほど下手な宣伝ではない。
その他に、“嘘”を必死にアピールしているが、その言葉だけを伝えても、肝心の中身を伝えないと、意味が分からないので、この部分が物足りない。
“嘘”といわれても、「レオナルド・ディカプリオVSラッセル・クロウ」なのか、「レオナルド・ディカプリオ+ラッセル・クロウVSテロリスト」なのかが、ピンと来ない焦点がぼやけた作りになっている。
CMだけみても、一押しが足りず、絶対に見たいとは感じられないところがある。

【支持基盤・ターゲット】 20歳後半以上の男性層、監督又は主演キャストのファン
PG-12を食らっており、子どもが見る映画ではなさそうだ。
血なまぐさい映画であり、レオナルド・ディカプリオ主演ながらも、それほど女性をターゲットにしているとも思えない。
対象幅はそれほど広くはないと思われるので、やはり爆発的なヒットは期待しにくい。

【評価・予想】 16億円(オープニング2.0億円)
正月に公開された過去の10~20億円台の興行収入作品は以下の通り。
☆04年「エイリアンVSプレデター」トータル16.8億円
☆04年「マイ・ボディガード」トータル10.1億円
☆05年「キングコング」トータル23.5億円
☆06年「007/ カジノ・ロワイヤル」トータル22.1億円
☆06年「エラゴン 遺志を継ぐ者」トータル18.7億円(オープニング2.5億円)
☆07年「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」トータル26.0億円
日本でも人気のある三者のタッグであり、さすがに正月映画なので10億円オーバーは確実と思われる。
ファミリー系のファンタジー作品「エラゴン 遺志を継ぐ者」トータル18.7億円を超えられず、アクションホラー「エイリアンVSプレデター」トータル16.8億円と同程度の16億円が「ワールド・オブ・ライズ」の落ち着きどころか。
オープニングは「地球が静止する日」の公開で苦戦することが予想される。
「アメリカン・ギャングスター」の金曜日からのオープニング3日間2.4億円(トータル10.5億円)、「イーグル・アイ」のオープニング2.5億円(トータル13億円)を下回る2.0億円程度だろうか。
オープニングはそれほど高くなくても、正月興行で伸びがあるはずだ。
「ジャンパー」(トータル17億円半ば見込み)、「ダークナイト」(トータル16億円見込み)がライバルとなり、「イーグル・アイ」(トータル13億円見込み)を超えてくるだろう。
「地球が静止する日」以外に強力な洋画ライバルが不在であり、有名監督・有名キャスティングであるため、地力をきっちりとみせるはずだ。


×:「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」(東宝・日本テレビ)
<322館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 佐藤嗣麻子
「アンフェア the movie」の脚本家として知られている。
監督としては、10年以上前の「エコエコアザラク」程度の実績であり、やや不安あり。

【キャスティング】 金城武、松たか子、仲村トオル
金城武主演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「リターナー」トータル12.9億円
☆04年「LOVERS」トータル22.5億円
☆06年「傷だらけの男たち」トータル1.5億円(共演:トニー・レオン)
☆08年「Sweet Rain 死神の精度」トータル5~6億円見込み
☆08年「レッドクリフ Part I」
「レッドクリフ」がヒットしたのは、彼の人気の高さではない。
相当に頑張ったとしても、「LOVERS」程度が「K-20」の落ち着きどころか。

松たか子主演作の興行収入は以下の通り。
☆05年「THE有頂天ホテル」トータル60.8億円
☆07年「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」トータル18.8億円
☆07年「HERO」トータル81.5億円
実績は相当に高いが、出演作が恵まれているだけであり、集客力が高いとは考えにくい。
キャスティングに関しては、かなり不安がある。
大ヒットは望みにくいと考えられる。

【題材】 アクション・怪人20面相・昭和
「ALWAYS 三丁目の夕日」のスタッフが関わっているらしいが、感動作ではないので、「ALWAYS 三丁目の夕日」30~40億円と同じような大ヒットになるとは考えにくい。
老若男女が楽しめる知名度が高い題材であるが、純粋なヒーローというものでもなく、やや微妙なところがある。

【予告編・TVCM】 普(デキ・良)
多少ベタなところがあるが、だいたいのストーリーの流れも分かるオーソドックスな作り。
見所の変装シーンが描かれていたり、ストーリーの落ちも少々気になるようになっており、デキに関してはそれほど悪くない。
もうちょっと怪人の怪人らしさやクライマックスシーンが垣間見られたら、完璧だっただろう。

【支持基盤・ターゲット】 全般
題材を踏まえると、若者をターゲットにしているのではなくて、正月に暇になる年配層をメインターゲットにしているのかもしれない。
もっとも、若者層や子どもが見ても楽しめるようになっていると思われるので、ハマれば相乗効果が期待できる。
老若男女が楽しめる題材であり、ある程度のヒットは期待できそうだ。

【評価・予想】 25億円(オープニング3.0億円)
正月に公開された過去のヒット映画は以下の通り。
☆04年「ゴジラ FINALWARS」(東宝)トータル12.6億円
☆05年「男たちの大和」(東映)トータル50.9億円
☆06年「武士の一分」(松竹)トータル41.1億円
☆06年「大奥」(東映)トータル22.0億円
☆06年「NANA2」(東宝)トータル12.5億円
☆06年「犬神家の一族」(東宝)トータル9.5億円
☆07年「マリと子犬の物語」(東宝)トータル31.8億円
☆07年「椿三十郎」(東宝)トータル11.5億円
「犬神家の一族」以外は10億円をオーバーしている。
コケれば「椿三十郎」程度となるが、「大奥」程度を稼げるのではないか。
感動作ではないので、「マリと子犬の物語」までは期待しにくい。
タイトルは「K-20」であり、12月20日に公開されることもあり、理屈抜きで目標は20億円ということになり、最終的には25億円ラインに到達できるか。
オープニングは3.0億円程度となるか。
「パゴと魔法の絵本」のオープニング3.1億円(トータル23.6億円)と同程度となり、「私は貝になりたい」のオープニング3日間4.1億円、「陰日向に咲く」のオープニング2.4億円(トータル19.5億円)を超えてくる3.0億円程度か。


×:「劇場版ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!」(東映・フジ)
<217館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 古賀豪
映画は初監督となる。
過去には「ビックリマン」や「キン肉マンⅡ世」のアニメシリーズを手掛けている。
能力的にはよくは分からないが、興行収入的にはそれほどプラスとは言えない。
監督よりも、妖怪オタクの京極夏彦が監修を行っている点がポイントか。

【キャスティング】 ゲスト特になし

【題材】 アニメ・妖怪
実写版の「ゲゲゲの鬼太郎」の興行収入は以下の通り
☆07年「ゲゲゲの鬼太郎」トータル23.4億円
☆08年「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」トータル14億円見込み
これらほどは稼げないと思われるが、老若男女が楽しめる題材であり、稼ぎやすいと考えられる。

【予告編・TVCM】 少(デキ・悪)
CMは一度しか見たことはなく、しかも短いヴァージョンだったため、“映画が公開される”という情報しか得られない内容だった。
知名度がある題材なので、あえて中身を晒さなくてもいいのかもしれない。

【支持基盤・ターゲット】 ファミリー・アニメ版鑑賞者
アニメではあるが、対象幅はかなり広いと考えられる。
意外と高い興行収入になるのではないか。
時間帯や曜日の差があり、絶対的な尺度ではないが、直近5回のアニメの視聴率は以下の通り。
☆「ドラえもん」(トータル33.7億円)9.2%、9.6%、10.0%、9.1%、10.8%
☆「クレヨンしんちゃん」(トータル12.3億円)10.0%、9.4%、10.7%、9.3%、10.0%
☆「NARUTO」(トータル11.6億円)6.4%
☆「ワンピース」(トータル9.2億円)7.1%、9.2%、8.0%、10.2%、8.4%
☆「ゲゲゲの鬼太郎」8.6%、9.0%、8.0%、9.4%、7.8%
☆「MAJOR」(オープニング1.5億円)5.2%、4.8%
☆「プリキュア」(トータル8億円見込み)6.1%、5.8%、5.2%、5.4%
「クレヨンしんちゃん」を下回り、「ワンピース」とそれほど変わらない8%程度の視聴率となっている。
「MAJOR」「プリキュア」よりも視聴率が高いことが分かる。

【評価・予想】 8億円(オープニング2.2億円)
「ゲゲゲの鬼太郎」のアニメ版が最近製作されていなかったことや、「ワンピース」よりも映画向けでないことを踏まえると、「ワンピース」をやや下回る8億円程度が落ち着きどころか。
「ゲゲゲの鬼太郎」には先行があり、オープニングは読めない部分があるが、週末部分に関しては「MAJOR」のオープニングと同じと考えたい。
先行分を加味すると、「ゲゲゲの鬼太郎」のオープニングは2.2億円程度となるか。


×:「映画!たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?」(東宝)
<255館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 志村錠児
07年「えいがでとーじょー!たまごっち ドキドキ!うちゅーのまいごっち!?」(トータル8億円見込み)
06年「劇場版 どうぶつの森」(トータル17.0億円)を手掛けており、妥当な人選。
今回も去年並みの成績を期待できそうだ。

【キャスティング】 ゲスト特になし

【題材】 アニメ・たまごっち
去年の「えいがでとーじょー!たまごっち ドキドキ!うちゅーのまいごっち!?」の興行収入は8億円程度と思われる。
OP1.3→祝日込み2.6→不明→6.5→祝日込み7.4→7.6
去年を超えることはなさそうだが、大きくは落ち込まないとも思われる。
同程度の7億円は期待できるのではないか。

【予告編・TVCM】 見たことない

【支持基盤・ターゲット】 女児・ファミリー
可愛いキャラクターを題材にした映画は安定した需要が見込めるため、大コケは考えにくい。
公開規模もそれなりに確保されており、前作並を期待したいところだ。

【評価・予想】 7億円(オープニング1.0億円)
前作には目新しさがあったので、前作は超えないと考えたい。
前作の1割減と考えて、トータル7億円、オープニングは1億円程度となるのではないか。
今年公開の「プリキュア」のオープニング1.6億円、「アンパンマン」のオープニング5.0千万円となっており、このちょうど間程度のオープニングとなるだろうか。


予想順位(今週) 自己評価 タイトル(主な公開劇場) 基準値
1(-) ◎「地球が静止する日」(日劇PLEX1)4.6
2(-) ×「K-20怪人二十面相・伝」(日劇PLEX2)3.0
3(1) ◎「WALL・E/ウォーリー」(日比谷スカラ座)2.8
4(-) ×「劇場版ゲゲゲの鬼太郎」(丸の内TOEI①)2.2
5(-) ◎「ワールド・オブ・ライズ」(丸の内ピカデリー1)2.0
6(2) ×「252 生存者あり」(ルーブル丸の内)1.1
7(-) ×「映画!たまごっち」(シネマメディアージュ)1.0
8(4) ×「劇場版メジャー」(シネマメディアージュ)0.9
9(3) ×「劇場版 BLEACH」(池袋シネマロサ)0.85
10(5) 済「レッドクリフ PartⅠ」0.8

[個人評価]
◎ 絶対観たい作品
○ できれば観たい作品
▲ ひまがあれば観てもいいかもしれない作品
△ 映画館では観ないけどDVDだったら観るかもしれない作品
× 一度も観ることはないでしょうの作品
済 鑑賞済み作品

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(12月4週目新作予想 その1)【映画】

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎:「地球が静止する日」(20世紀フォックス)
<351館程度(当然もっと多いはず)にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 スコット・デリクソン
06年に公開された「エミリー・ローズ」という実績がある。
はっきりとした数字は不明だが、非スター映画ながら、日本で6億円程度は稼いでいた。
「エミリー・ローズ」のデキが良かったので、本作のデキに関しても、ある程度の期待はできそうだ。
ただ、作品クラッシャーの20世紀フォックスが手掛ける点だけが心配だ。

【キャスティング】 キアヌ・リーヴス、ジェニファー・コネリー、キャシー・ベイツ
キアヌ・リーヴス主演映画の興行収入は以下の通り。
☆03年公開「マトリックス リローデッド」トータル110.0億円
☆03年公開「マトリックス レボリューションズ」トータル67.0億円
☆04年公開「恋愛適齢期」トータル10.0億円(※3番手)
☆05年公開「コンスタンティン」トータル27.2億円(オープニング4.0億円)
☆06年公開「イルマーレ」トータル11.0億円
「コンスタンティン」を超えるのはほぼ確実だろう。
「マトリックス レボリューションズ」を超えないのもほぼ確実だ。
「地球が静止する日」の興行収入は30億円以上、60億円以下ということになる。

【題材】 リメイク・SF
古典作品をリメイクした映画の主な興行収入は以下の通り。
☆06年「宇宙戦争」トータル60.0億円
☆06年「チャーリーとチョコレート工場」トータル53.5億円
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.1億円
☆05年「キングコング」トータル23.5億円
☆06年「ポセイドン」トータル14.0億円
☆02年「タイムマシン」トータル18.5億円
目標は同じSFである「宇宙戦争」となるが、「宇宙戦争」はスピルバーグ+トム・クルーズというスーパータッグによるものであり、さすがにライバルにはならないだろう。
頑張っても「アイ・アム・レジェンド」レベルと思われる。
上述からさらに絞り込むと、「地球が静止する日」の興行収入は30億円以上、45億円以下となりそうだ。

【予告編・TVCM】 超多(デキ・普)
20世紀フォックスはバカじゃないのかというほどのCMを「ミラーズ」とともに打っている。
宣伝にこれほど金を掛ける必要があるのかと思うが、おかげで知名度はかなり高いと思われる。
本作の存在を知らない人は、ほとんどいないだろう。
ただ、肝心のCMのデキに関しては、普通レベルと思われる。
キアヌの存在には“謎”を感じられる反面、黒い霧のようなものが建物を消し去る程度では少々見所には欠けており、地味さは拭えないというイメージがある。
もうちょっと見たいと感じさせるポイントをもう一工夫して欲しかったところだ。
ただ、単にCMを大量に垂れ流せばいいという問題ではない。
オリジナルに登場した最強ロボット「ゴート」が今回も登場することが予想されることから、あれをもっとフィーチャーしてもよいのではなかったか。
あれをちらっと一瞬しかCMに映さないのはもったいない。
しかし、CMには多少のインパクトはあり、集客力はある程度期待できそうだ。

【支持基盤・ターゲット】 全般
「ワールド・オブ・ライズ」のようにPG-12を食らっていないので、家族でも見られるような作品になっているのだろうか。
子どもには多少不向きと思われるが、一応対象幅は男女ともにかなり広いと思われる。

【評価・予想】 35億円(オープニング5.8億円)
正月に公開された過去の大作映画は以下の通り。
☆04年「ターミナル」トータル41.5億円
☆04年「エイリアンVSプレデター」トータル16.8億円
☆04年「マイ・ボディガード」トータル10.1億円
☆05年「Mr.&Mrs.スミス」トータル46.5億円
☆05年「キングコング」トータル23.5億円
☆06年「007/ カジノ・ロワイヤル」トータル22.1億円
☆06年「エラゴン 遺志を継ぐ者」トータル18.7億円
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.1億円(オープニング金曜日から3日間7.2億円)
☆07年「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」トータル26.0億円
40億円台がマックスとなり、知名度が高い主演作品だと20億円以上は確実に稼げそうだ。
CMのおかげで作品の知名度がある程度高いと思われるので、40億円に到達しない程度が「地球が静止する日」のマックスラインとなるか。
やや、暗めの作品であり、評価もあまり高そうでないため、ある程度割り引いて「地球が静止する日」の興行収入を35億円と予想したい。

同じく暗めの作品の「アイ・アム・レジェンド」の8割程度というところか。
「地球が静止する日」のオープニング3日間+前夜祭は、「アイ・アム・レジェンド」の2割減程度の5.8億円と予想したい。

トータル興行収入においては、「レッドクリフ PartⅠ」は超えられず、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」トータル37.5億円がライバルとなり、「ハンコック」トータル31.0億円、「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」トータル30.0億円を超えるのではないか。
「宇宙戦争」や「コンスタンティン」の興行収入を考えれば、30億円ラインには到達してもおかしくないはずだ。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(12月3週目) 【映画】

(注意)興行収入の数値は正確なものではございませんので、ご了承ください。
日本において、正確な数字を無料で仕入れることは不可能です。
なお、本ランキングは興行収入ベースのものですので、動員ベースの巷のランキングとは一部異なる場合があります。

1位:「WALL・E/ウォーリー」(ディズニー)(2週目)<予想順位1位>
【公開前個人予想】 50億円  【配給会社期待値】 50億円
【公開規模】 459スクリーン(先週比+1スクリーン)
4.1億円弱程度を週末に稼ぎ、トータルでは11.5億円を突破した。
1週間の伸びは6.4億円弱程度だろうか。
オープニング2日間が4.5億円だったので、週末比ではほとんど落ちていないが、1週間の伸びのほとんどを週末に依存していることとなる。
ファミリームービーとはいえ、やや気になるデータだ。

ピクサー作品の興行収入は以下の通り。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円 <正月>
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」
金5.1→11.5億円→
1週間の伸びが悪いので、「レミーのおいしいレストラン」に逆転された。
主要作品との対比で考えると、「WALL・E/ウォーリー」の興行収入は32.9~39.5億円となる。
50億円どころか、40億円突破も危うくなってきた。
当面は「レミーのおいしいレストラン」がライバルとなりそうだが、正月の恩恵を活かせるので、なんとか超えたいところだ。

その他の近年のCGアニメ作品の高額興行収入は以下の通り。
☆01年「ダイナソー」トータル49.0億円<正月>
☆03年「リロ&スティッチ」トータル29.1億円
☆05年「チキン・リトル」トータル26.8億円<正月>
☆04年「シュレック2」トータル25.0億円
☆02年「ピーターパン2 ネバーランドの秘密」トータル23.0億円<正月>
☆02年「シュレック」トータル22.7億円
☆05年「マダガスカル」トータル22.5億円
☆08年「カンフー・パンダ」20億円前後か
☆02年「アイス・エイジ」トータル19.5億円
☆05年「シャークテイル」トータル18.8億円
☆04年「ブラザー・ベア」トータル16.0億円
☆07年「シュレック3」トータル15.5億円
☆07年「ハッピーフィート」トータル14.5億円
☆05年「ロボッツ」トータル14.0億円
☆02年「アトランティス 失われた帝国」トータル12.8億円
☆06年「森のリトルギャング」トータル11.0億円
☆04年「ポーラー・エクスプレス」トータル10.5億円
☆05年「コープスブライド」トータル10.0億円
「ダイナソー」以外には勝てそうだ。
「ダイナソー」を倒せるかどうかが注目となる。

アメリカのアニメよりも、日本のアニメ作品が参考になりそうだ。
☆08年「崖の上のポニョ」トータル154億円
祝込み3日15.8→32.3→52.6→72.1→99.4(オープニング2日10.3億円)
☆08年「劇場版ポケットモンスター」トータル48億円
祝込み3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.9(オープニング2日7.0億円)
☆08年「WALL・E/ウォーリー」(オープニング2日4.5億円)
金5.1→11.5億円→
ライバルになると思われた「劇場版ポケットモンスター」には届きようもない。
「劇場版ポケットモンスター」対比で考えると、「WALL・E/ウォーリー」の興行収入は29.8億円となる。
この辺りがミニマムラインとなる。

「WALL・E/ウォーリー」11.5億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「魔法にかけられて」12.2億円(トータル29.1億円)
☆「earth」10.2億円(祝日込み)(トータル24.0億円)
<2007>
☆「幸せのちから」10.6億円(トータル27.1億円)
☆「バベル」10.4億円(トータル20.0億円)
これらとの対比で考えると、「WALL・E/ウォーリー」の興行収入は22.1~29.4億円となる。
ロングヒット確実のピクサー作品であり、あまり参考にはならないと思われるが、30億円を割る可能性も否定できないデータだ。
現時点では、30億円台が「WALL・E/ウォーリー」の落ち着きどころのようだ。
まさか、「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円を下回るとは夢にも思わなかった。

2位:「252 生存者あり」(ワーナー・日本テレビ)(2週目)<予想順位3位>
【公開前個人予想】 14億円  【配給会社期待値】 30億円
【公開規模】 341スクリーン(先週比±0スクリーン)
【参考】伊藤英明主演作の興行収入は以下の通り。
「陰陽師」(01年・30.1億円、03年・16.0億円)
「海猿」(04年・17.4億円、06年・71.0億円)

1.7億円弱程度を週末に稼ぎ、トータルでは5.7億円を突破した。
1週間の伸びは3.7億円弱程度だろうか。

水田伸生監督作品の興行収入は以下の通り。
☆06年「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」トータル7億円程度か
☆07年「舞妓Haaaan!!!」トータル20.8億円
2.3→7.4→11.5→14.5→16.7
「舞妓Haaaan!!!」対比で考えると、「252 生存者あり」の興行収入は16.0億円となる。
この辺りがマックスラインとなるのではないか。

「DEATH NOTE」シリーズ以降、ワーナーが手掛けた邦画作品は以下の通り。
☆「銀幕版スシ王子!~ニューヨークへ行く~」トータル3億円後半見込み
0.8→1.7→2.6→3.2→3.4
☆「Sweet Rain 死神の精度」トータル5~6億円見込み
0.8→2.5→3.7→4.4
☆「スカイ・クロラ」トータル6億円後半~7億円見込み
1.1→2.9→4.7→5.6→6.2
☆「ICHI」トータル4億円見込み
1.0→2.6→3.5→3.9
☆「252 生存者あり」
2.0→5.7億円→
過去の作品よりも、さすがに伸びがいい。
これらとの対比で考えると、「252 生存者あり」の興行収入は9~14億円程度となる。
当面は10億円突破が目標となりそうだ。

「252 生存者あり」5.7億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「ハッピーフライト」5.6億円
☆「犬と私の10の約束」5.2億円(トータル14.8億円)
☆「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」5.8億円(祝日込み)(トータル14億円見込み)
☆「銀色のシーズン」5.2億円(トータル10.4億円)
☆「砂時計」6.0億円(祝日込み)(トータル10億円見込み)
<2007>
☆「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」6.2億円(トータル18.8億円)
☆「Life 天国で君に逢えたら」6.7億円(トータル17.0億円)
☆「愛の流刑地」5.5億円(トータル13.9億円)
☆「蒼き狼 地果て海尽きるまで」5.8億円(トータル13.9億円)
これらとの対比で考えると、「252 生存者あり」の興行収入は9.5~17.3億円程度となる。
現時点では「252 生存者あり」の興行収入は、10億円以上、15億円以下が落ち着きどころだろう。

3位:「劇場版 BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ」(東宝・テレビ東京)(1週目)<予想順位2位>
【公開前個人予想】 8億円
【公開規模】 239スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.5億円程度のオープニングを飾った。
先週『オープニングは過去をやや上回る1.6億円程度だろうか』と書いたが、例年を大きく超えることなく例年通りのオープニングだった。

過去の劇場版は以下の通り。
☆06年「MEMORIES OF NOBODY」トータル6.6億円
1.4→不明→不明→祝日込み5.8→6.2
☆07年「The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸」トータル8億円見込み
祝日込み3日2.2→不明→6.3→祝日込み7.3→7.6
☆08年「Fade to Black 君の名を呼ぶ」
1.5億円→
過去の2作は7~8億円がベースとなり、今回も同程度となりそうだ。
これらとの対比で考えても、08年の興行収入は7.1~8.3億円となる。
現時点では、7億円台が落ち着きどころとなる。

オープニングが似通っている今年公開の以下の作品に勝てるかどうかが注目となる。
☆「ONE PIECE」トータル9.2億円
OP1.6→3.4→4.7→6.1→7.5
☆「Yes!プリキュア5 GoGo!お菓子の国のハッピーバースデイ♪」
OP1.6→3.4→4.8→6.2→6.8
☆「劇場版 BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ」
1.5億円→
恐らく、「ONE PIECE」には勝てないだろう。

4位:「劇場版 MAJOR 友情の一球(ウイニングショット)」(東宝・NHK)(1週目)<予想順位2位>
【公開前個人予想】 7億円
【公開規模】 311スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.5億円弱程度のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.2億円程度だろうか』と書いたので、予想よりもやや高いものの、だいたい予想通りのオープニングとなった。

アニメ作品のうち、同程度のオープニング作品は以下の通り。
☆07年「ONE PIECE」9.0億円
OP1.6→3.5→4.7→不明→7.5
☆08年「ONE PIECE」トータル9.2億円
OP1.6→3.4→4.7→6.1→7.5
☆07年「Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!」トータル8.0億円
OP1.7→3.7→5.6→6.5→7.1→不明→7.8
☆08年「Yes!プリキュア5 GoGo!お菓子の国のハッピーバースデイ♪」
OP1.6→3.4→4.8→6.2→6.8
☆07年「劇場版 BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸」トータル8億円
3日2.2→不明→6.3→祝日込み7.3→7.6
☆08年「劇場版 BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ」
OP1.5億円→
☆08年「劇場版 MAJOR 友情の一球
OP1.5億円→
これらの作品とほぼ同じオープニングとなった。
あまり爆発力はなかったが、これらと同じなので、ある程度の水準はクリアしそうだ。
映画化の実績がなかったので、どの程度になるかが心配されたが、一安心だろう。
これらとの対比で考えると、「劇場版MAJOR 友情の一球」の興行収入は7.1~8.6億円となる。
現時点では7~8億円が落ち着きどころか。

5位:「レッドクリフ PartⅠ」(東宝東和・エイベックス・テレビ朝日)(7週目)<予想順位5位>
【公開前個人予想】 35億円  【配給会社期待値】 50億円
【公開規模】 533スクリーン(先週比-10スクリーン)
1.3億円半ば程度を週末に稼ぎ、トータルでは43.9億円を突破した。
1週間の伸びは2.8億円程度だろうか。
先週の週末が1.5億円程度だったので、週末比ではほとんど下落していない。

1週目3日間9.6億円→2週目6日間8.1億円→3週目7.5億円→4週目6.3億円→5週目5.8億円→6週目3.6億円→7週目2.8億円となっており、急落はしていない。
引き続き堅調な伸びが期待できそうだ。

今年公開された洋画は以下の通り。
☆「インディ・ジョーンズ」トータル57.1億円
先14.0→26.1→34.4→40.3→45.3→49.5→52.0→53.7
☆「ライラの冒険」トータル37.5億円
先08.2→15.4→20.2→24.7→28.2→31.1→32.5→33.4
☆「ハンコック」トータル31.0億円
先08.3→17.2→22.5→26.6→28.7→29.1→29.6→30.0
☆「ナルニア国物語」トータル30.0億円
水08.1→15.8→20.6→23.8→26.1→27.6→28.5→29.0
☆「レッドクリフ PartⅠ」
3日9.6→17.7→25.2→31.6→37.4→41.1→43.9億円→
「インディ・ジョーンズ」には勝てそうもないが、「ライラの冒険」「ハンコック」を相手にしていない。
ライバルが不在だったとはいえ、今年公開の非邦画作品では2番目に高い興行収入となった。
これらとの対比で考えると、「レッドクリフ PartⅠ」の興行収入は46.0~50.7億円となる。
オープニング時は40億円前後が落ち着きどころかと思ったが、40億円台後半が確実となっている。
正月に特需があれば、50億円突破も夢ではない。

去年公開された洋画の中で参考になりそうな作品は以下の通り。
☆「アイ・アム・レジェンド」トータル43.1億円
3日7.2→16.4→不明→33.8→37.7→40.6→42.0→42.8
☆「トランスフォーマー」トータル40.1億円
OP06.3→16.0→28.5→32.1→35.4→37.2→38.4→39.4
☆「ダイハード4.0」トータル39.1億円
先08.9→18.0→26.0→30.0→33.4→35.5→36.7→37.8
☆「ナイトミュージアム」トータル35.7億円
先06.0→14.7→23.4→29.6→32.2→33.8→35.2→34.4
☆「オーシャンズ13」トータル32.0億円
先06.0→17.6→22.3→26.0→28.1→29.6→30.8
ついに「アイ・アム・レジェンド」を超えた。
これらとの対比で考えると、「レッドクリフ」の興行収入は44.5~46.8億円となる。

その他に、参考になりそうな作品は以下の通り。
☆02年「HERO」トータル40.5億円
☆04年「LOVERS」トータル22.5億円
「HERO」を超えた。
「レッドクリフ PARTⅡ」も期待してよさそうだ。
ヒットの原因としては、①「三国志」という題材の認知度、②同時期のライバルアクション映画の不存在、③「ハリポタ」の公開延期の3点が挙げられる。

6位:「私は貝になりたい」(東宝・TBS)(4週目)<予想順位6位>
【公開前個人予想】 25億円  【配給会社期待値】 30億円
【公開規模】 330スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.0億円半ば程度を週末に稼ぎ、トータルでは15.9億円突破を目前としている。
1週間の伸びは2.9億円程度だろうか。

中居正広の出演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「模倣犯」トータル16.1億円
「模倣犯」は超えそうなので、当面の課題はクリアした。

仲間由紀恵の出演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「TRICK劇場版」トータル12.9億円
☆03年「g@me.」 不明
☆05年「SHONOBI」トータル14.1億円
OP3.3→06.9→09.5→11.5→12.6
☆06年「TRICK劇場版2」トータル21.0億円
OP4.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆06年「大奥」トータル22.0億円
OP2.4→06.7→13.2→16.8→19.1
☆08年「私は貝になりたい」
3日4.1→8.8→13.0→15.9億円→
2週目までは「大奥」に勝っていたが、4週目ではかなり差がついている。
「大奥」との対比で考えると、「私は貝になりたい」の興行収入は20.8億円となる。
この辺りが落ち着きどころか。

参考になりそうな感動系作品は以下の通り。
☆07年「マリと子犬の物語」トータル31.8億円
OP02.8→7.4→祝込12.0→不明→23.1→祝込27.0→28.5
☆06年「涙そうそう」トータル31.0億円
OP03.9→10.7→17.4→21.7→24.7→26.9→28.5
☆08年「おくりびと」トータル29~30億円見込み
3日3.5→8.3→13.3→17.1→祝込20.6→22.6→24.5
☆05年「北の零年」トータル27.0億円
OP02.5→7.8→12.0→15.1→18.2→20.3→22.2
☆05年「星になった少年」トータル23.0億円
不明 →6.0→09.2→不明→15.3→18.7
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP02.1→6.9→11.0→14.6→17.3→18.9
☆08年「母べえ」トータル19億円見込み
OP01.6→6.4→祝込10.9→13.4→15.7→17.3→18.2
☆07年「東京タワー」トータル18.8億円
OP01.9→6.2→09.4→13.3→15.0→16.3→17.2
☆07年「Life 天国で君に逢えたら」トータル17.0億円
OP01.9→6.7→09.9→祝込12.8→祝込14.7→15.5→祝込16.2
☆07年「眉山/びざん」トータル12.1億円
OP01.3→4.6→07.1→9.0→10.2→10.9→11.3
☆「私は貝になりたい」
3日4.1→8.8→13.0→15.9億円→
ライバルになると思われた「おくりびと」にも差を付けられてしまった。
「マリと子犬の物語」「北の零年」「星になった少年」以外との対比で考えると、「私は貝になりたい」の興行収入は21.1~24.0億円となる。
あれほど宣伝をかけたので、初動タイプになる恐れもあるが、現時点では20億円前半辺りが落ち着きどころとなりそうだ。

「私は貝になりたい」15.9億円と同程度の4週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「おくりびと」17.1億円(トータル29~30億円見込み)
☆「パコと魔法の絵本」16.8億円(トータル23億円見込み)
☆「陰日向に咲く」14.2億円(トータル19.4億円)
☆「母べえ」13.4億円(トータル19億円見込み)
☆「クロサギ」13.3億円(トータル17.1億円)
<2007>
☆「舞妓Haaaan!!!!!」14.5億円(トータル20.8億円)
☆「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」13.3億円(トータル18.8億円)
「おくりびと」以外との対比で考えると、「私は貝になりたい」の興行収入は20.4~22.8億円となる。
正月もあるので、やはり20億円はギリギリ超えてくるのではないか。
マックスが22億円というところだろうか。

7位:「特命係長 只野仁 最後の劇場版」(松竹・テレビ朝日)(2週目)<予想順位7位>
【公開前個人予想】 12億円
【公開規模】 267スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.7千万円半ば程度を週末に稼ぎ、トータルでは2.2億円を突破した。
1週間の伸びは1.4億円弱程度だろうか。

松竹は、「おくりびと」を成功させてから、悲惨な一途を辿っている。
「フレフレ少女」1億円前後、「櫻の園」4千万円程度と大失敗しており、本作も失敗となりそうだ。
「赤い糸」の失敗も目に見えており、若者系映画からは松竹は撤退した方がいいだろう。

「特命係長 只野仁」の視聴率は以下の通り。
☆03年7月クール 平均12.0%
☆04年12月スペシャル版11.4%
☆05年1月クール 平均14.1%
☆05年8月スペシャル版 19.3%
☆06年9月スペシャル版 16.1%
☆07年1月クール 平均14.3%
☆08年2月スペシャル版 20.2%
ここまで高い視聴率を獲得しているので、なんとかなると思ったが、やはり映画向きではなかったようだ。

近年公開されたドラマ映画の興行収入と視聴率は以下のとおり。
☆フジ「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
10.1→29.8→44.9→57.4→65.3→70.5→73.8→76.3→78.2
☆フジ「花より男子」トータル77.5億円(視聴率 05年10月平均19.7%、07年1月平均21.7%)
10.5→26.2→37.9→46.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7
☆フジ「LIMIT OF LOVE/海猿」トータル71.0億円(視聴率13.1%)
09.7→23.5→35.5→45.1→52.8→58.3→62.5→65.3→65.7
☆テレビ朝日「相棒」トータル44.4億円(視聴率2年平均16.0%)
15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7→43.1
☆フジ「西遊記」トータル43.7億円(視聴率22.8%)
05.2→13.1→19.3→25.1→30.0→36.3→39.3→41.8→42.3
☆フジ「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
03.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7→不明→26.3→26.5
☆テレビ朝日「TRICK劇場版2」トータル21.0億円(03年版・視聴率15.6%)
04.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆TBS「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」トータル18.0億円(視聴率10.1%)
03.0→08.2→11.0→13.0→15.0→16.1
☆TBS「クロサギ」トータル17.1億円(視聴率15.7%)
02.9→07.3→10.7→13.3→15.2→16.0→16.4→16.6→16.9
☆テレビ朝日「スシ王子!」4億円見込み(視聴率7.5%)
00.8→01.7→02.6→03.2→03.4→03.5
☆フジ「容疑者Xの献身」49億円見込み(視聴率21.9%)
05.4→18.1祝→24.4→30.5→36.1→40.7→43.1→45.7祝→46.9
☆テレビ朝日
00.8→02.2億円→
「スシ王子!」と同程度のオープニングだったが、さすがに引き離した。
対象幅が狭そうな「TRICK劇場版2」「木更津キャッツアイ」「クロサギ」との視聴率対比で考えると、「特命係長 只野仁」の興行収入は4.6~5.2億円程度となる。
正月による集客を考えても、5億円程度が落ち着きどころか。
一回も見たことないのでよく分からなかったが、やはりコケるリスクは高かったようだ。

「特命係長 只野仁」2.2億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「明日への遺言」2.4億円(トータル5.6億円見込み)
☆「Sweet Rain 死神の精度」2.5億円(トータル5~6億円見込み)
☆「アフタースクール」2.0億円(トータル5億円見込み)
☆「ICHI」2.6億円(トータル4億円見込み)
☆「釣りバカ日誌19」2.1億円(祝日込み)(トータル3億円後半見込み)
<2007>
☆「象の背中」2.9億円(トータル5.7億円)
☆「蟲師」2.7億円(トータル5.5億円)
☆「未来予想図」2.6億円(トータル5.3億円)
☆「そのときは彼によろしく」2.3億円(トータル4.6億円)
☆「釣りバカ日誌18」2.6億円(祝日込み)(トータル4.5億円)
☆「僕は妹に恋をする」2.1億円(トータル5.0億円)
これらとの対比で考えると、「特命係長 只野仁」の興行収入は3.8~5.2億円程度となる。
現時点では、やはり5億円程度が落ち着きどころとなる。

8位:「ハッピーフライト」(東宝・フジテレビ)(5週目)<予想順位8位>
【公開前個人予想】 12億円  【配給会社期待値】 20億円
【公開規模】 309スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.4千万円弱程度を週末に稼ぎ、トータルでは11.5億円突破を目前としている。
1週間の伸びは1.1億円半ば程度だろうか。
10億円は既に突破しており、第一関門はクリアしている。

矢口史靖監督の興行収入は以下の通り。
☆01年「ウォーターボーイズ」トータル10億円未満?
☆04年「スウィングガールズ」トータル21.5億円
1.9→6.4→9.9→12.7→14.5→16.6→17.5→18.2→19.6
「スウィングガールズ」対比で考えると、「ハッピーフライト」の興行収入は17.1億円となる。
これがマックスラインとなりそうだが、ここまでは当然伸びまい。

オープニングが似通った今年公開の東宝系の若者向け作品は以下の通り。
☆「少林少女」トータル15億円見込み
OP1.9→10.0祝→11.2→12.9→13.8
☆「銀色のシーズン」トータル10.4億円
OP2.8祝→05.2→07.1→08.5→09.4祝
☆「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」トータル9億円見込み
OP1.8→04.4→06.2→07.5→08.2
☆「ハッピーフライト」
OP2.2→06.4祝→08.6→10.3→11.5億円→
さすがに「銀色のシーズン」「隠し砦の三悪人」よりは伸びが高い。
この三本との対比で考えると、「ハッピーフライト」の興行収入は12.5~12.7億円となる。
現時点では、13億円前後が落ち着きどころか。

「ハッピーフライト」11.5億円と同程度の5週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「犬と私の10の約束」12.9億円(トータル14.8億円)
☆「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」10.9億円(トータル14億円見込み)
☆「クライマーズ・ハイ」10.5億円(トータル12億円見込み)
☆「銀色のシーズン」9.4億円(祝込)(トータル10.4億円)
<2007>
☆「バッテリー」12.5億円(トータル15.3億円)
☆「愛の流刑地」12.0億円(祝込)(トータル13.9億円)
☆「蒼き狼 地果て海尽きるまで」11.1億円(トータル13.9億円)
これらとの対比で考えると、「ハッピーフライト」の興行収入は12.7~14.4億円となる。
やはり、現時点では13億円前後が落ち着きどころとなりそうだ。

9位:「まぼろしの邪馬台国」(東映・テレビ朝日)(7週目)<予想順位圏外>
【公開前個人予想】 7億円  【配給会社期待値】 20億円
【公開規模】 260スクリーン(先週比-54スクリーン)
3.0千万円半ば程度を週末に稼ぎ、トータルでは7.7億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.1千万円弱程度だろうか。
先週の週末が3.3千万円程度だったので、週末比では落ち込みがほとんどない。
そして、1週間の稼ぎの半分以上を週末に稼ぐという相変わらず変な動きをみせている。

吉永小百合主演の映画は以下の通り。
☆00年「長崎ぶらぶら節」(東映)トータル11.6億円
☆01年「千年の恋 ひかる源氏物語」(東映)トータル20.8億円
☆05年「北の零年」(東宝)トータル27.0億円
OP2.5→7.8→12.0→15.1→18.2→20.3→22.2
☆08年「母べえ」(松竹)トータル19億円見込み
OP1.6→6.4→10.1→13.4→15.7→17.3→18.2→18.6
☆08年「まぼろしの邪馬台国」(東映)
OP1.6→3.5→04.8→05.8→不明→07.2→07.7億円→
「母べえ」と同程度のオープニングを飾ったのに、ダブルスコア以上の大差が付けられている。
「母べえ」「北の零年」対比で考えると、「まぼろしの邪馬台国」の興行収入は8.0~9.4億円となるが、9億円は超えてこないだろう。
8億円台が落ち着きどころか。

堤幸彦監督作品は以下の通り。
☆06年「サイレン」トータル7~8億円見込み
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP2.1→6.9→11.0→14.6→17.3→18.9
☆06年「TRICK劇場版2」トータル21.0億円
☆07年「大帝の剣」トータル3.0億円
☆07年「包帯クラブ」トータル1.5億円
☆07年「自虐の詩」トータル2億円半ば見込み
☆08年「銀幕版 スシ王子!」トータル3億円後半見込み
☆08年「20世紀少年」トータル39億円
OP6.3→15.6→22.1→28.1→32.5→34.8→36.6(祝日込み)
知名度はかなり高いが、大コケ作品を連発する監督でもある。
「20世紀少年」対比で考えると、「まぼろしの邪馬台国」の興行収入は8.2億円となる。
この辺りが落ち着きどころか。

「まぼろしの邪馬台国」7.7億円と同程度の7週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」8.9億円(トータル9億円見込み)
<2007>
☆「ミッドナイト・イーグル」7.3億円(トータル7億円後半見込み)
7週目になると、サンプルデータがほとんどない。
やはり、これ以上大きな伸びは期待できず、8億円台が落ち着きどころだろう。

10位:「映画 Yes!プリキュア5 GoGo!お菓子の国のハッピーバースデイ♪」(東映・テレビ朝日)(6週目)<予想順位9位>
【公開前個人予想】 8億円
【公開規模】 139スクリーン(先週比-9スクリーン)
2.6千万円程度を週末に稼ぎ、トータルでは7.2億円突破を目前としている。
1週間の伸びは4.1千万円半ば程度だろうか。

人気アニメシリーズであり、関連作品は以下の通り。
☆05年「ふたりはプリキュア Max Heart」トータル8.5億円
OP1.9→3.5→5.4→7.3→7.8
☆05年「ふたりはプリキュア MaxHeart2 雪空のともだち」トータル5.7億円
OP1.2→不明→3.1
☆06年「ふたりはプリキュア Splash Star チクタク危機一髪!」トータル3.0億円
OP0.56
☆07年「Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!」トータル8.0億円
OP1.7→3.7→5.6→6.5→7.1→不明→7.8
☆08年「Yes!プリキュア5 GoGo!お菓子の国のハッピーバースデイ♪」
OP1.6→3.4→4.8→6.2→6.8→7.2億円→
安定しているようにみえて、全く安定していないという困ったシリーズ。
現時点では7億円台が落ち着きどころか。
このままいけば、シリーズ5作中3位の数字で確定できそうだ。
悪くはない結果になったのではないか。
来年以降も期待できそうだ。

今年の邦画アニメ作品の中では、8位となりそうだ。
「崖の上のポニョ」トータル154億円、「劇場版ポケットモンスター」トータル48億円、「映画ドラえもん」トータル33.7億円、「名探偵コナン」トータル24.2億円、「クレヨンしんちゃん」トータル12.3億円、「劇場版 NARUTO」トータル11億円半ば見込み、「ONE PIECE」トータル9.2億円を下回り、「スカイ・クロラ」トータル7億円見込み、「超劇場版 ケロロ軍曹3」トータル5.6億円を上回ることとなる。

「ONE PIECE」とはかなりの接戦となっていた。
☆08年「ONE PIECE」トータル9.2億円
OP1.6→3.4→4.7→6.1→7.5→不明→8.7
☆08年「Yes!プリキュア5 GoGo!お菓子の国のハッピーバースデイ♪」
OP1.6→3.4→4.8→6.2→6.8→7.2億円→
4週目まで接戦だったが、5週目でようやく「プリキュア」の勢いが止まった。
この辺りが、対象幅の狭い作品と広い作品との差か。


次週のランキングには、以下のような作品が登場予定。
キアヌ・リーヴス主演のSF「地球が静止する日」
レオナルド・ディカプリオ主演のアクションサスペンス「ワールド・オブ・ライズ」
金城武主演の「K-20 怪人二十面相・伝」
アニメ作品「劇場版ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!」
アニメ作品「映画!たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?」
「赤い糸」のランキング入りは厳しいか。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。