ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(1月1週目その3)

動員不明:「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」(松竹)<2週目>
【公開前個人予想】 6.0億円
【現時点での興行収入予想】 3億円後半
【公開規模】 先週170スクリーン(先週比±0スクリーン)
トータルでは2.1億円となっている。
1週間の伸びは1.0億円程度だろうか。
45周年記念作品と銘打っている割には、大コケとなっている。
去年に比べて宣伝を打っていないような気がするので、仕方がない結果か。
去年だけ配給がワーナーだったことも大きい。

ウルトラマンシリーズは以下の通り。
☆06年「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」トータル6~7億円か
OP1.4→3.4→4.3
☆08年「大決戦!超ウルトラ8兄弟」トータル8.4億円
祝3日3.2→4.8→6.4→7.2→祝7.8
☆09年「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」
OP1.5→2.7→4.0→5.0→5.7→6.1
☆10年「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」
4日1.1→2.1億円→
6~8億円が水準となるか。
これらとの対比で考えると、今年の興行収入は3.7~4.3億円となる。
知名度がある作品であるが、大きく伸びることはなさそうだ。
「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」は3億円後半と予想したい。
08年の半分以下、09年の6割程度となりそうだ。
公開前個人予想は6.0億円だったので、ハズれそうだ。
知名度がある作品であるが、どうしてこうなったのか。
いまだに現役の「ライダー」とは大きな違いが生じてしまった。


順位不明:「ロビン・フッド」(東宝東和)<4週目>
【公開前個人予想】 11.0億円
【現時点での興行収入予想】 6億円後半(2週目8億円、OP時9億円後半)
【公開規模】 先週298スクリーン(先々週比±0スクリーン)
トータルでは5.8億円となっている。
1週間の伸びは9千万円程度か。
微妙な題材のためか、伸びが弱い。
監督・主演の実績は高いので、ある程度は期待したいところだが、難しいか。

リドリー・スコット監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆01年公開「ハンニバル」トータル46.0億円
☆02年公開「ブラックホーク・ダウン」トータル13.0億円
☆05年公開「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円
OP2.6→6.2→8.7→10.4
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル不明(9億円程度か)
OP1.1→不明→6.0→祝7.6→8.2
☆10年公開「ロビン・フッド」
金1.7→3.8→4.9→5.8億円→
9~15億円が標準となるか。
これらとの対比で考えると、「ロビン・フッド」の興行収入は6.8~7.0億円となる。
「ワールド・オブ・ライズ」をも大きく下回りそうだ。

歴史モノではあるが、実際には実在した人物ではないようだ。
☆09年「レッドクリフ PartⅡ」トータル55.5億円
金8.6→21.5→30.3→39.0→47.7→50.7→52.5
☆08年「レッドクリフ Part I」トータル50.5億円
祝3日9.6→17.7→25.2→31.6→37.4→41.1→43.9
☆04年「トロイ」トータル42.0億円
☆03年「HERO」トータル40.5億円
☆10年「タイタンの戦い」トータル15.7億円見込み
金2.8→7.6→12.4→13.9→14.9→15.4
☆00年「グラディエーター」トータル15.6億円
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル15.6億円
先4.1→8.8→11.6→13.3→14.4
☆05年「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円
☆08年「紀元前1万年」トータル10.1億円
OP1.6→5.6→8.3→9.3→9.7→9.9
☆10年公開「ロビン・フッド」
金1.7→3.8→4.9→5.8億円→
「レッドクリフ」のような大ヒット作品もあるが、15億円辺りが水準となりそうだ。
「レッドクリフ」以外との対比で考えると、「ロビン・フッド」の興行収入は6.3~6.8億円となる。
やはり6億円台か。

正月映画は特殊のため、例年の正月映画と比べてみたい。
☆09年「2012」トータル38.0億円
祝込4日8.8(2日5.7)→16.3→23.2→26.7→30.4→祝35.5
☆08年「地球が静止する日」トータル24.1億円
金3日4.6(2日3.3)→不明→17.6→20.7→22.7→23.5
☆10年公開「ロビン・フッド」
金1.7→3.8→4.9→5.8億円→
「地球が静止する日」との対比で考えると、「ロビン・フッド」の興行収入は6.8億円となる。

マックス7億円台、ミニマム6億円台となりそうだ。
もはや高い伸びは期待しにくく、「ロビン・フッド」の興行収入は6億円後半と下方修正したい。
OP時9億円後半、2週目8億円と予想していたが、高めに予想しすぎた。
リドリー・スコット監督のファンなので、期待が大きすぎたようだ。
正月映画の大作なので、なんとかなると思ったのだが。
公開前個人予想は11.0億円だったので、ハズれとなりそうだ。
監督・主演が立派でも、この題材ではやや厳しかったのか。
重厚すぎるため、女性受けもしないことも痛かった。


順位不明:「劇場版 BLEACH 地獄篇」(東宝・テレビ東京)<5週目>
【公開前個人予想】 8.0億円
【現時点での興行収入予想】 5億円後半(OP時10.0億円)
【公開規模】 先週233スクリーン(先々週比±0スクリーン)
トータルでは5.3億円となっている。
1週間の伸びは7千万円程度だろうか。
オープニングが2億円弱だったのに、ほとんど上乗せできていない。
なぜここまで低迷してしまったのだろうか。
去年の「ONE PIECE」のように限定コミックが配られたようであり、その影響は確かにあったものの、その影響は強いものではなかったようだ。

「劇場版 BLEACH」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆06年「MEMORIES OF NOBODY」トータル6.6億円
OP1.4→不明→不明→祝5.8→6.2→6.3
☆07年「The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸」トータル8.0億円
祝3日2.2→不明→6.3→祝7.3→7.6→7.7
☆08年「Fade to Black 君の名を呼ぶ」トータル7.0億円
OP1.5→2.7→不明→5.6
☆10年「地獄篇」
OP2.0→3.4→4.1→4.7→5.3億円→
去年は公開がなかった。
これらとの対比で考えると、10年の興行収入は5.6~5.6億円となる。
6億円は突破したいところだが、無理そうだ。
二桁などは夢のまた夢か。

なお、10億円前後のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「劇場版 MAJOR」トータル10.5億円<年末公開>
OP1.5→2.6→不明→7.7→祝込9.6→10.0
☆08年「ONE PIECE」トータル9.2億円
OP1.6→3.4→4.7→6.1→7.5
☆09年「NARUTO-ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者」トータル10.2億円
OP1.9→4.7→7.4
☆09年「オールスターズDXみんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」トータル10.1億円
3日2.4→5.1→7.6→8.6→9.0
☆09年「映画クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国」トータル10.0億円
OP1.7→3.5→5.9→9.2→9.6→9.7
☆09年「フレッシュプリキュア!おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」トータル8.0億円
OP1.7→3.9→5.1→5.9→6.9→7.2
☆10年「映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」トータル12.5億円
OP2.7→4.9→7.7→11.2→11.7
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」トータル10.7億円
OP2.0→4.9→7.8→8.7→9.4
☆10年「劇場版 NARUTO-ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワー」
OP1.7→4.3→7.2
☆10年「劇場版 BLEACH 地獄篇」
OP2.0→3.4→4.1→4.7→5.3億円→
「クレヨン」「プリキュア」「NARUTO」「BLEACH」、過去の「ONE PIECE」、今年公開された「銀魂」は10億円前後の興行収入となっており、この辺りがだいたいの基準となるようだ。
オープニングは高かったが、今年公開されたアニメ作品に比べると伸びが足りないことが分かる。
これらとの対比で考えると、「劇場版 BLEACH 地獄篇」の興行収入は5.5~6.5億円となる。
「劇場版 BLEACH 地獄篇」の興行収入は5億円後半と予想したい。
オープニング時には10.0億円と予想していたが、とんでもなかった。
公開前個人予想は8.0億円だったので、当たりとは言えない結果となりそうだ。
例年に比べて、ここまで落ちるとは思わなかった。
去年公開がなかったことが影響しているのか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(1月1週目その2)

動員7位:「シュレック フォーエバー」(パラマウント)<3週目>
【公開前個人予想】 16.0億円
【現時点での興行収入予想】 8.0億円(OP時10.0億円)
【公開規模】 先週406スクリーン(先々週比+50スクリーン)
トータルでは5.8億円となっている。
1週間の伸びは2.7億円程度か。
かなりの苦戦を強いられている。
もう飽きられてしまったのか。

「トイ・ストーリー」などを除いた10年に公開された洋画アニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7億円→
☆10年公開「ヒックとドラゴン」
OP1.2→4.8億円→
☆10年公開「プリンセスと魔法のキス」
OP0.9→2.1→2.9→3.8→4.5億円→
☆10年公開「シュレック フォーエバー」
OP1.2→3.1→5.8億円→
人気シリーズであるはずの「シュレック」が、それほど知名度が高くない「ヒックとドラゴン」と同程度となり、「怪盗グルーの月泥棒 3D」に大きく差を付けられてしまっている。
多少物足りないものになるとは思ったが、ここまで酷いという発想はなかった

過去の作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年公開「シュレック」トータル22.7億円
☆04年公開「シュレック2」トータル25.0億円
OP2.8→8.2→13.1→17.6→20.9→23.1
☆07年公開「シュレック3」トータル15.5億円
OP3.6→7.4→10.6→12.0→13.3→14.2
☆10年公開「シュレック フォーエバー」
OP1.2→3.1→5.8億円→
「2」から「3」が38%の減少となっている。
アメリカだけではなくて、日本でも人気が落ちているようだ。
『最終作であり、「3」を見た者からは大きくは減らないだろう』というヨミは間違っていたようだ。
これらとの対比で考えると、「シュレック フォーエバー」の興行収入は8.5~11.1億円となる。
この下限がマックスラインとなりそうだ。

最近のハリウッドアニメの興行収入は以下の通り(ピクサー作品、シュレックを除く)。
☆07年公開「ハッピーフィート」トータル14.5億円
先行込2.4→5.8→9.6→12.7→13.5→14.2
☆08年公開「カンフー・パンダ」トータル20.0億円(※夏公開)
OP2.2→6.8→10.2→14.5→16.7→18.2
☆09年公開「ボルト」トータル16.5億円(※夏公開)
OP2.5→7.0→11.7→14.2→15.8
☆09年公開「クリスマス・キャロル」トータル16.0億円
OP2.9→7.0→10.9→13.1→14.4→15.3
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→4.1→6.5→9.3→9.9
☆10年公開「シュレック フォーエバー」
OP1.2→3.1→5.8億円→
これらとの対比で考えると、「シュレック フォーエバー」の興行収入は8.2~11.4億円となる。
実績も知名度も高いシリーズであり、年末年始にはファミリー層で賑わうだろうと思ったが、もはや高い伸びは期待しにくい。
「シュレック フォーエバー」の興行収入は8.0億円と予想したい。
オープニング時は正月の伸びを踏まえて10.0億円と予想していたが、そこまでは伸びそうもない。
「シュレック2」(トータル25.0億円)から、「シュレック3」(トータル15.5億円)へ4割ほど減少している。
本作が8.0億円だとすると、「3」から5割、「2」から7割ほどの減少となってしまう。
3D作品であり、単価も上がっているはずだが、いったい何故こうなったのだろうか。
公開前個人予想は16.0億円だったので、もちろんハズれとなる。
確かに、メチャクチャ面白いというシリーズではないので、強いて見る必要はないと思われてしまったのか。


動員8位:「最後の忠臣蔵」(ワーナー)<3週目>
【公開前個人予想】 15.0億円
【現時点での興行収入予想】 8.0億円(OP時9.0億円)
【公開規模】 先週311スクリーン(先々週比+2スクリーン)
トータルでは4.8億円となっている。
1週間の伸びは1.5億円程度だろうか。
「武士の家計簿」に比べると低い数値となっている。
「武士の家計簿」はややユニークな設定ではあるが、「最後の忠臣蔵」はやや重過ぎるのかもしれない。
「武士の家計簿」は年配層だけではなくて、幅広い層も観れる作品ということもあった。
監督は杉田成道。映画の監督のキャリアは多くないようだが、「北の国から」の演出を手掛けていた実績は評価したい。
感動作に仕上がっていそうだ。

参考になりそうな時代劇やヒューマンドラマは以下のとおり。
☆09年「沈まぬ太陽」トータル28.0億円
OP2.5→09.1→14.5→18.3→祝込21.4→22.9→24.3→25.1
☆09年「劔岳 点の記」トータル25.8億円
先2.9→09.0→14.0→17.6→祝込20.3→21.6→23.1→23.9
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円
祝込3日4.1→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆10年「十三人の刺客」
OP2.3→07.3→祝11.2→12.7→13.9→
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円(※年末公開)
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7
☆09年「火天の城」トータル9.3億円
OP1.3→3.5→5.9→7.2→7.9
☆10年「桜田門外ノ変」トータル6億円半ば見込み
OP0.9→3.1→4.5→5.4→6.0→
☆10年「武士の家計簿」
先1.7→5.3→7.7→9.3→10.4億円→
☆10年「最後の忠臣蔵」
OP1.0→3.3→4.8億円→
「桜田門外ノ変」をやや超える動きというのは物足りない。
これらとの対比で考えると、「最後の忠臣蔵」の興行収入は6.9~9.4億円となる。
通常の伸びでは7億円となるが、もうちょっと伸びるだろう。
8億円程度となるか。
作風は完全に異なるが、同じく役所広司主演の「十三人の刺客」程度は稼ぎたかったのではないか。
「十三人の刺客」の半分程度では成功とはいえないだろう。

正月映画は特殊のため、例年の正月映画と比べてみたい。
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円
祝3日4.1→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆08年「K-20/怪人二十面相・伝」トータル20.0億円
OP1.7→不明→11.2→祝14.9→16.5→17.8→18.9
☆08年「252/生存者あり」トータル17.0億円
OP2.0→5.7→8.2→不明→13.2→祝15.2→16.0
☆09年「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」トータル41億円?
OP3.9→不明→22.1→祝29.9→32.7→35.1→36.8→37.8→38.6
☆10年「最後の忠臣蔵」
OP1.0→3.3→4.8億円→
「私は貝になりたい」以外との対比で考えると、「最後の忠臣蔵」の興行収入は8.9~10.0億円となる。
マックス10億円、ミニマム7億円となるか。
「最後の忠臣蔵」の興行収入は8.0億円と予想したい。
オープニング時は9.0億円と予想していたが、そこまでは伸びなかった。
正月補整がやや高すぎたか。
公開前個人予想は15.0億円だったので、ハズれとなりそうだ。
「桜田門外ノ変」はコケると思ったものの、こちらはイケると思ったが、この手の作品は重過ぎるのか。
「火天の城」がトータル9.3億円だから、低くも予想できなかった。


動員9位:「武士の家計簿」(アスミック・松竹・テレビ朝日)<6週目>
【公開前個人予想】 15.0億円
【現時点での興行収入予想】 13.0億円(3週目15.0億円、2週目12.0億円)
【公開規模】 先週237スクリーン(先々週比-4スクリーン)
舞台となった石川県で先行公開されていた。
トータルでは10.4億円となっている。
1週間の伸びは1.2億円程度だろうか。
大台の10億円を突破している。
年配層も若い層も鑑賞できる映画だけに、伸びは高かった。

参考になりそうな時代劇は以下のとおり。
☆06年「大奥」トータル22.0億円(※仲間由紀恵版)
OP2.4→6.7→祝14.0→16.8→19.1→20.4
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円(※年末公開)
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7
☆09年「火天の城」トータル9.3億円
OP1.3→3.5→5.9→7.2→7.9
☆10年「十三人の刺客」
OP2.3→7.3→祝11.2→12.7→13.9→
☆10年「桜田門外ノ変」トータル6億円半ば見込み
OP0.9→3.1→4.5→5.4→6.0→
☆10年「必死剣 鳥刺し」トータル4.8億円見込み
OP0.8→2.6→3.6→4.2→
☆10年「武士の家計簿」
先1.7→5.3→7.7→9.3→10.4億円→
主要作品との対比で考えると、「武士の家計簿」の興行収入は12.0~12.2億円となる。
12億円台が落ち着きどころか。

正月映画は特殊のため、例年の正月映画と比べてみたい。
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円
祝3日4.1→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆08年「K-20/怪人二十面相・伝」トータル20.0億円
OP1.7→不明→11.2→祝14.9→16.5→17.8→18.9
☆08年「252/生存者あり」トータル17.0億円
OP2.0→5.7→8.2→不明→13.2→祝15.2→16.0
☆09年「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」トータル41億円?
OP03.9→不明→22.1→祝29.9→32.7→35.1→36.8→37.8→38.6
☆10年「武士の家計簿」
先1.7→5.3→7.7→9.3→10.4億円→
「のだめ」以外との対比で考えると、「武士の家計簿」の興行収入は12.6~14.3億円となる。
正月映画の伸びは侮れないが、過度の伸びは期待しにくいか。
「武士の家計簿」の興行収入は13.0億円と予想したい。
オープニング時(2週目)は12億円、その次週には15億円と上方修正したが、やや期待が高すぎたかもしれない。
平日の動きがやはり高かったので、上方修正したが、そこまでの伸びはなかった。
年配層だけではなくて、若い層も鑑賞できる作品であり、観客層には幅もあると思ったが。
公開前個人予想は15.0億円だったので、悪くはないもののこちらもやや高すぎたか。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(1月1週目その1)

動員2位:「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」(ワーナー)<7週目>
【公開前個人予想】 110億円
【現時点での興行収入予想】 72億円(OP時~4週目90億円)
【配給会社・大手ネット期待値等】 100億円突破に向けて好発進
【公開規模】 先週676スクリーン(先々週比-3スクリーン)
トータルでは58.9億円となっている。
1週間の伸びは5.4億円程度だろうか。
50億円はなんとか突破している。
このシリーズは今まで見たことがないのでよく分からないところはあるが、ラストという割には盛り上がっていない気がする。
ラストまで付いていくのは大変なのだろう。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆01年「賢者の石」トータル203.0億円(※年末公開)
☆02年「秘密の部屋」トータル180.0億円(※冬公開)
☆04年「アズカバンの囚人」トータル135.0億円(※夏公開)
先18.7→42.0→58.6→71.1→85.2→94.7→102.4
☆05年「炎のゴブレット」トータル115.0億円(※冬公開)
先16.9→36.2→49.8→59.1→69.5→不明→95.5
☆07年「不死鳥の騎士団」トータル94.0億円(※夏公開)
先22.8→39.1→52.3→63.1→79.2→82.4→87.0
☆09年「謎のプリンス」トータル80.0億円(※夏公開)
6日22.1→35.0→47.5→55.9→66.7→71.6→74.9
☆10年「死の秘宝PartⅠ」
金11.8→28.9→37.8→44.4→49.1→53.5→58.9億円→
右肩下がりとなっている。
01年の203億円→09年の80億円となっているので、約6割の減少となっている。
これらとの対比で考えると、「死の秘宝PartⅠ」の興行収入は62.9~77.7億円となる。
冬に公開された「炎のゴブレット」との対比では70.9億円となり、70億円前後の興行収入となるだろうか。
前作を超えるのは難しいか。

興行収入60~120億円の洋画実写作品は以下のとおり。
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118億円見込み
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5→113.8
☆07年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド」トータル109.0億円
金19.4→44.0→61.4→74.5→83.7→90.9→96.2
☆06年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/チェスト」トータル100.2億円
先19.2→37.5→52.2→63.7→78.8→86.5→90.6
☆05年公開「スター・ウォーズEPⅢ」トータル91.7億円
先21.2→40.7→49.8→58.7→65.8→73.3→80.5
☆06年公開「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円
OP12.8→36.0→51.8→62.6→70.3→76.1→80.7
☆07年公開「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3→65.1→66.9
☆06年公開「ナルニア国物語」トータル68.6億円
先10.4→23.6→33.0→43.9→52.3→58.2→60.6
☆05年公開「宇宙戦争」トータル60.0億円
先16.4→29.3→39.5→43.8→47.7→50.4→53.4
☆08年公開「インディ・ジョーンズ」トータル57.1億円
先14.0→26.1→34.4→40.3→祝46.7→49.5→52.0→53.7
☆10年公開「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」
金11.8→28.9→37.8→44.4→49.1→53.5→58.9億円→
これらとの対比で考えると、「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」の興行収入は62.7~67.1億円となる。
現時点では65億円程度が落ち着きどころとも思えるが、本作には先行がなく、正月映画の伸びはまだまだ続くので、これらはあまり参考にはならないところがある。

まだまだ伸びは続き、「謎のプリンス」トータル80.0億円を下回る程度と考えて、「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」の興行収入は先々週に引き続き72億円と予想したい。
前作の1割減というヨミとしたい。
4週目まで90億円と辛抱して予想していたが、ここまで伸びることはなかった。
公開前個人予想は110億円だったので、ハズしそうだ。
ラスト前ということもあり、もっと期待度が高まっていると思った。


動員3位:「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(東宝・TBS)<5週目>
【公開前個人予想】 50億円
【現時点での興行収入予想】 42.5億円(OP時~2週目49億円)
【配給会社・大手ネット期待値等】
週明け:「興収50億円以上を見込める大ヒットスタート」、
公開日直後:「興収80億円を視野に入れたスタート。正月映画No.1を目指したい」
【公開規模】 先週440スクリーン(先々週比±0スクリーン)
トータルでは31.6億円となっている。
1週間の伸びは4.7億円程度だろうか。
30億円を突破したが、ビッグヒットとは言えない結果となりそうだ。

今年公開された以下の実写邦画作品の方が上だ。
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
OP9.7→25.0→祝39.3→46.0→52.5→57.2→63.4→66.8
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」
祝14.3→32.1→46.8→祝60.2→65.7→70.5→73.9→76.4
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5日9.4→17.6→22.9→27.0→31.6億円→
これらを大きく下回っている。
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は40億円台というところか。

監督の山崎貴は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズが有名だ。
☆05年「ALWAYS 三丁目の夕日」トータル32.3億円
OP2.2→06.6→11.0→15.6→19.4→22.1→23.5
☆07年「ALWAYS 続・三丁目の夕日」トータル45.6億円
OP5.5→15.1→21.9→28.7→33.4→36.3→38.2
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5日9.4→17.6→22.9→27.0→31.6億円→
これらの動きは参考にはなるまいが、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」対比では「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は43.1億円となる。
これがマックスラインとなるだろう。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」トータル45.6億円を超えることはできそうもない。

木村拓哉主演の興行収入は以下のとおり。
☆06年「武士の一分」トータル41.1億円
☆07年「HERO」トータル81.5億円
10.1→祝34.0→祝48.4→57.4→祝66.6→70.5→73.8
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5日9.4→17.6→22.9→27.0→31.6億円→
「HERO」に比べると約半分の動きとなっている。
「HERO」との対比で考えると、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は38.7億円となる。
「武士の一分」は超えたいところだ。
この題材でここまで稼げるということは木村拓哉の人気であり、それを評価した方がいいかもしれない。

正月映画は特殊のため、例年の正月映画と比べてみたい。
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円
祝3日4.1→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆08年「K-20/怪人二十面相・伝」トータル20.0億円
OP1.7→不明→11.2→祝14.9→16.5→17.8→18.9
☆08年「252/生存者あり」トータル17.0億円
OP2.0→5.7→8.2→不明→13.2→祝15.2→16.0
☆09年「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」トータル41億円?
OP03.9→不明→22.1→祝29.9→32.7→35.1→36.8→37.8→38.6
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5日9.4→17.6→22.9→27.0→31.6億円→
「私は貝になりたい」以外との対比で考えると、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は38.3~40.7億円となる。
40億円を突破ラインが落ち着きどころとなりそうだ。
ギリギリなんとか超えると考えて、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は先々週に引き続き42.5億円と予想したい。
2週目まで49.0億円と予想していたが、年末年始があっても、ここまでは伸びなかった。
公開前個人予想は50億円だったので、悪くはなかった。
予想する時間はなかったが、適当な予想の方が当たるようだ。


動員6位:「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)」(東映・テレビ朝日)<3週目>
【公開前個人予想】 13.5億円
【現時点での興行収入予想】 14.0億円
【公開規模】 先週275スクリーン(先週比+1スクリーン)
トータルでは9.8億円となっている。
1週間の伸びは2.8億円程度か。
人気の高さ、安定度は侮れず、コケることなく10億円を突破しそうだ。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆01年「仮面ライダーアギト PROJECT G4」トータル12.5億円
☆02年「仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」トータル14.3億円
☆03年「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」トータル15.0億円
☆04年「仮面ライダー剣 MISSING ACE」トータル9億円程度
☆05年「仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」トータル11.0億円
☆06年「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円
OP1.7→4.1→7.1→8.4
☆07年「仮面ライダー電王 俺、誕生!」トータル13.8億円
OP2.4→5.7→9.6→11.4→12.6
☆08年「仮面ライダーキバ 魔界城の王」トータル9.0億円
OP1.9→5.3→6.9→8.2→8.6
☆09年「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド」トータル15.0億円
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9(正月公開)
☆10年「仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.8億円見込み
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル」
OP3.7→7.0→09.8億円→
9~15億円が水準となるが、去年の夏から爆発している。
09~10年の作品との対比で考えると、「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル」の興行収入は12.3~14.0億円となる。
去年の正月対比では14.0億円となるので、とりあえずは「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル」の興行収入はオープニング時に引き続き14.0億円と予想しておきたい。

なお、春や秋に公開された電王シリーズの興行収入は以下の通り。
☆08年春「電王&キバ クライマックス刑事」トータル7.4億円
OP1.9→3.7→4.7→5.9→6.7
☆08年秋「さらば電王 ファイナル・カウントダウン」トータル7.2億円
OP1.8→3.4→5.0→5.8
☆09年GW「超・電王&ディケイド NEOジェネレーションズ」トータル7.8億円
水6日4.7(OP1.7)→5.5→6.4→6.8
☆10年 第1弾「EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル」
OP2.3→4.0→(トータル4.7億円見込み)
☆10年 第2弾「EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」
OP1.9→3.4→3.9→(トータル4億円見込み)
☆10年 第3弾「EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ」
OP2.0→3.5→4.1→
東映は、このシリーズで荒稼ぎしている。
「ライダー」の貯金を、邦画製作で浪費していると感じるのは気のせいか。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(1月2週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

「アンストッパブル」(20世紀フォックス)
<334館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【鑑賞度】 ○
だいたいの結末は読めるけど、このコンビならば見るしかない。

【監督】 トニー・スコット
トニー・スコット監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年公開「スパイ・ゲーム」トータル26.0億円(※年末公開)
☆04年公開「マイ・ボディガード」トータル10.1億円(※年末公開)
☆06年公開「デジャヴ」トータル8.9億円
OP1.6→4.6→6.5→7.6→8.4
☆09年公開「サブウェイ123激突」トータル7.7億円
金1.6→4.3→5.6→6.8→7.1
8~10億円程度が水準となりそうだ。
「マイ・ボディガード」「デジャヴ」「サブウェイ123激突」ともに、デンゼル・ワシントン主演作であり、当然この程度となるだろう。
イメージ的には「サブウェイ123激突」以上、「マイ・ボディガード」以下というところか。

【キャスティング】 デンゼル・ワシントン、クリス・パイン
デンゼル・ワシントン主演作の興行収入は以下のとおり。
☆04年公開「マイ・ボディガード」トータル10.1億円(※年末公開)
☆06年公開「デジャヴ」トータル8.9億円
OP1.6→4.6→6.5→7.6→8.4
☆06年公開「インサイド・マン」トータル不明(5~6億円程度か)
OP0.9→2.7
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金3日2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆09年公開「サブウェイ123激突」トータル7.7億円
金1.6→4.3→5.6→6.8→7.1
☆10年公開「ザ・ウォーカー」トータル不明(4~5億円程度か)
OP0.9→2.6→3.6→4.0→4.2
「ザ・ウォーカー」などの例外はあるが、10億円前後を安定して稼げる俳優。
安定させることはできても、自身主演作品では爆発させることは難しいか。
作風的に「サブウェイ123激突」は超えそうだ。

クリス・パインは09年公開「スター・トレック」(トータル6.0億円)に主演していた。
「スター・トレック」は超えるだろう。

【題材】 「パニックアクション」「実話モノ」
参考になりそうな作品は特になし。
強いて挙げるならば以下のとおり。
☆06年公開「ポセイドン」トータル14.0億円
先3.0→6.9→9.5→11.2
☆06年公開「ワイルド・スピードX3」トータル10.0億円
OP2.4→5.8→7.7→8.6→9.5
☆09年公開「ワイルド・スピードMAX」トータル9.5億円
金2.7→5.9→7.6→8.6→9.2
☆09年公開「トランスポーター3」トータル6.7億円
OP1.1→3.3→不明→4.7→5.6
この手の作品は10億円前後というところだろう。

【予告編・TVCM】 量・多/デキ・普
悪くはないが、衝撃度が少ない点が問題か。
ヒューマン系に寄せすぎかもしれない。

【支持基盤・ターゲット】 全般
アクション、ヒューマンドラマなどの要素が含まれているので、老若男女が楽しめそうな作品。
デートムービーにも使えそうだが、仕事帰りのOLが見るような作品でもないかもしれない。

【同時期に公開された近年の作品】 
<2010>
☆「かいじゅうたちのいるところ」トータル5~6億円(オープニング3日1.7億円)
☆「サロゲート」トータル5~6億円(オープニング3日1.7億円)
☆「Dr.パルナサスの鏡」トータル6~7億円(オープニング1.3億円)
<2009>
☆「チェ/28歳の革命」トータル9.0億円(オープニング1.4億円)
☆「007/慰めの報酬」トータル19.8億円(オープニング先行外3.1億円)
☆「レボリューショナリー・ロード」トータル3.8億円(オープニング0.8億円)
2010年公開作品は超えるはずだ。

【評価・予想】 9.5億円(オープニング4日2.6億円)
アメリカでは現在79.5百万ドルとなっている。
「デジャヴ」トータル64百万ドル、「サブウェイ123激突」トータル65百万ドルを大きく上回る成績となっている。
なお、日本ではコケた「ザ・ウォーカー」の興行収入はトータル95百万ドルと大ヒットした。

トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演作品であり、最近の3作品が当然参考となる。
☆04年公開「マイ・ボディガード」トータル10.1億円(※年末公開)
☆06年公開「デジャヴ」トータル8.9億円(オープニング1.6億円)
☆09年公開「サブウェイ123激突」トータル7.7億円(オープニング3日1.6億円)
恐らく「サブウェイ123激突」以上、「マイ・ボディガード」以下というところか。
本作は、ヒューマンドラマ系でもあり、「デジャヴ」も超えそうだ。
ひょっとすると「マイ・ボディガード」をも超えるかもしれないが、10億円に届かない程度と考えると、9億円台が妥当か。
「アンストッパブル」の興行収入は9.5億円と予想したい。
金曜日からのオープニング3日は「サブウェイ123激突」対比で考えると、2.0億円となる。
成人の日の祝日を加えると、2.6億円程度か。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(12月3週目その2)

3位:「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」(ワーナー)<5週目>
【公開前個人予想】 110億円
【現時点での興行収入予想】 72億円(OP時~4週目90億円)
【配給会社・大手ネット期待値等】 100億円突破に向けて好発進
【公開規模】 679スクリーン(先週比-166スクリーン)
2.4億円を週末に稼ぎ、トータルでは49.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.7億円程度だろうか。
このシリーズは今まで見たことがないのでよく分からないところはあるが、ラストという割には盛り上がっていない気がする。
しかし、安定したシリーズ作品であり、恐らくファミリー層を中心に正月に掛けて稼ぐだろう。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆01年「賢者の石」トータル203.0億円(※年末公開)
☆02年「秘密の部屋」トータル180.0億円(※冬公開)
☆04年「アズカバンの囚人」トータル135.0億円(※夏公開)
先18.7→42.0→58.6→71.1→85.2→94.7→102.4
☆05年「炎のゴブレット」トータル115.0億円(※冬公開)
先16.9→36.2→49.8→59.1→69.5→不明→95.5
☆07年「不死鳥の騎士団」トータル94.0億円(※夏公開)
先22.8→39.1→52.3→63.1→79.2→82.4→87.0
☆09年「謎のプリンス」トータル80.0億円(※夏公開)
6日22.1→35.0→47.5→55.9→66.7→71.6→74.9
☆10年「死の秘宝PartⅠ」
金11.8→28.9→37.8→44.4→49.1億円→
右肩下がりとなっている。
01年の203億円→09年の80億円となっているので、約6割の減少となっている。
ここまで付いていくのは大変なのだろう。
これらとの対比で考えると、「死の秘宝PartⅠ」の興行収入は58.3~81.2億円となる。
冬に公開された「炎のゴブレット」との対比では81.2億円となり、80億円辺りはまだ狙えるが、前作を超えるのは難しいか。

興行収入55~120億円の洋画実写作品は以下のとおり。
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118億円見込み
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5→113.8
☆07年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド」トータル109.0億円
金19.4→44.0→61.4→74.5→83.7→90.9→96.2
☆06年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/チェスト」トータル100.2億円
先19.2→37.5→52.2→63.7→78.8→86.5→90.6
☆05年公開「スター・ウォーズEPⅢ」トータル91.7億円
先21.2→40.7→49.8→58.7→65.8→73.3→80.5
☆06年公開「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円
OP12.8→36.0→51.8→62.6→70.3→76.1→80.7
☆07年公開「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3→65.1
☆06年公開「ナルニア国物語」トータル68.6億円
先10.4→23.6→33.0→43.9→52.3→58.2
☆05年公開「宇宙戦争」トータル60.0億円
先16.4→29.3→39.5→43.8→47.7→50.4
☆08年公開「インディ・ジョーンズ」トータル57.1億円
先14.0→26.1→34.4→40.3→祝込46.7→49.5→52.0→53.7
☆09年「レッドクリフ PartⅡ」トータル55.5億円
金8.6→21.5→30.3→39.0→47.7→50.7→52.5
☆10年公開「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」
金11.8→28.9→37.8→44.4→49.1億円→
これらとの対比で考えると、「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」の興行収入は56.1~68.4億円となる。
本作には先行がなかったので、これらはあまり参考にはならないところがある。

現時点では伸びたとしても60億円台という気もするが、好意的に解釈すると、急いで見る必要はないということかもしれない。
冬休みに入るまでは伸びがなくても、こちらも我慢するしかない。
最終的には伸びがありそうだが、「謎のプリンス」トータル80.0億円を下回る程度と考えて、「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」の興行収入は72億円と予想したい。
前作の1割減というヨミとしたい。
先週まで90億円と辛抱して予想していたが、ここまで伸びることは難しいか。
公開前個人予想は110億円だったので、ハズしそうだ。
ラスト前ということもあり、もっと期待度が高まっていると思った。


4位:「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(東宝・TBS)<3週目>
【公開前個人予想】 50億円
【現時点での興行収入予想】 42.5億円(OP時~2週目49億円)
【配給会社・大手ネット期待値等】
週明け:「興収50億円以上を見込める大ヒットスタート」、
公開日直後:「興収80億円を視野に入れたスタート。正月映画No.1を目指したい」
【公開規模】 440スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.3億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは22.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.3億円弱程度だろうか。
オープニングから2週連続の首位を獲得したが、あまり喜べる数字でもない。
配給会社が80→50億円に下方修正したのは分かる。

今年公開された以下の実写邦画作品の方が上だ。
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
OP9.7→25.0→祝39.3→46.0→52.5→57.2→63.4→66.8
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」
祝14.3→32.1→46.8→祝60.2→65.7→70.5→73.9→76.4
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5日9.4→17.6→22.9億円→
これらを大きく下回っている。
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は40億円台というところか。

監督の山崎貴は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズが有名だ。
☆05年「ALWAYS 三丁目の夕日」トータル32.3億円
OP2.2→06.6→11.0→15.6→19.4→22.1→23.5
☆07年「ALWAYS 続・三丁目の夕日」トータル45.6億円
OP5.5→15.1→21.9→28.7→33.4→36.3→38.2
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5日9.4→17.6→22.9億円→
これらの動きは参考にはなるまいが、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」対比では「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は47.7億円となる。
これがマックスラインとなるだろう。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」トータル45.6億円を超えることはできるだろうか。

木村拓哉主演の興行収入は以下のとおり。
☆06年「武士の一分」トータル41.1億円
☆07年「HERO」トータル81.5億円
10.1→祝34.0→祝48.4→57.4→祝66.6→70.5→73.8
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5日9.4→17.6→22.9億円→
「HERO」に比べると約半分の動きとなっている。
「HERO」との対比で考えると、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は38.6億円となる。
「武士の一分」は超えたいところだ。

正月映画は特殊のため、例年の正月映画と比べてみたい。
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円
祝3日4.1→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆08年「K-20/怪人二十面相・伝」トータル20.0億円
OP1.7→不明→11.2→祝14.9→16.5→17.8→18.9
☆08年「252/生存者あり」トータル17.0億円
OP2.0→5.7→8.2→不明→13.2→祝15.2→16.0
☆09年「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」トータル41億円?
OP03.9→不明→22.1→祝29.9→32.7→35.1→36.8→37.8→38.6
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5日9.4→17.6→22.9億円→
これらとの対比で考えると、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は40.9~47.5億円となる。
正月映画の伸びは侮ることができないが、50億円突破は厳しいだろう。
40億円を超えて、50億円を超えない程度が落ち着きどころだろう。
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は42.5億円と予想したい。
先週まで49.0億円と予想していたが、この伸びではちょっと厳しいか。
「HERO」対比では38億円となるが、年末年始でもう少し伸びてくるだろう。
日テレの大作映画「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」がトータル44.1億円となっており、この辺りは妥当なラインではないか。
公開前個人予想は50億円だったので、悪くはなかった。
予想する時間はなかったが、適当な予想の方が当たるようだ。


10位:「ロビン・フッド」(東宝東和)<2週目>
【公開前個人予想】 11.0億円
【現時点での興行収入予想】 8億円(OP時9億円後半)
【公開規模】 298スクリーン(先週比±0スクリーン)
6.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは3.8億円弱となっている。
1週間の伸びは2.1億円弱程度か。
微妙な題材のためか、伸びが弱い。
監督・主演の実績は高いので、ある程度は期待したいところだが、どうなるだろうか。

リドリー・スコット監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆01年公開「ハンニバル」トータル46.0億円
☆02年公開「ブラックホーク・ダウン」トータル13.0億円
☆05年公開「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円
OP2.6→6.2→8.7→10.4
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル不明(9億円程度か)
OP1.1→不明→6.0→祝7.6→8.2
☆10年公開「ロビン・フッド」
金1.7→3.8億円→
9~15億円が標準となるか。
これらとの対比で考えると、「ロビン・フッド」の興行収入は7.4~7.7億円となる。
正月映画なので、ある程度の伸びは期待できるはずだが、「ワールド・オブ・ライズ」を下回りそうだ。

ラッセル・クロウ主演映画の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆02年公開「ビューティフル・マインド」トータル19.9億円
☆04年公開「マスター・アンド・コマンダー」トータル10.1億円
☆05年公開「シンデレラマン」トータル12.6億円
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル不明(9億円程度か)
☆09年公開「消されたヘッドライン」トータル不明
アカデミー賞関係を除けば、9~13億円程度となる。
知名度・実績は高いが、「消されたヘッドライン」はヒットしておらず、過大な期待はできない。

歴史モノではあるが、実際には実在した人物ではないようだ。
☆09年「レッドクリフ PartⅡ」トータル55.5億円
金8.6→21.5→30.3→39.0→47.7→50.7→52.5
☆08年「レッドクリフ Part I」トータル50.5億円
祝3日9.6(2日6.7)→17.7→25.2→31.6→37.4→41.1→43.9
☆04年「トロイ」トータル42.0億円
☆03年「HERO」トータル40.5億円
☆10年「タイタンの戦い」トータル15.7億円見込み
金2.8→7.6→12.4→13.9→14.9→15.4
☆00年「グラディエーター」トータル15.6億円
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル15.6億円
先4.1→8.8→11.6→13.3→14.4
☆05年「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円
☆08年「紀元前1万年」トータル10.1億円
OP1.6→5.6→8.3→9.3→9.7→9.9
☆10年公開「ロビン・フッド」
金1.7→3.8億円→
「レッドクリフ」のような大ヒット作品もあるが、15億円辺りが水準となりそうだ。
これらとの対比で考えると、「ロビン・フッド」の興行収入は6.7~10.8億円となる。
「タイタンの戦い」対比では7.9億円となるので、伸びても8億円台か。

正月映画は特殊のため、例年の正月映画と比べてみたい。
☆09年「2012」トータル38.0億円
祝込4日8.8(2日5.7)→16.3→23.2→26.7→30.4→祝35.5
☆08年「地球が静止する日」トータル24.1億円
金3日4.6(2日3.3)→不明→17.6→20.7→22.7→23.5
☆10年公開「ロビン・フッド」
金1.7(2日1.3)→3.8億円→
これらとの対比で考えると、「ロビン・フッド」の興行収入は8.9億円となる。
やはり8億円台というところか。

マックス10億円台、ミニマム6億円台となりそうだ。
正月映画であり、ある程度までは伸びるだろう。
「ロビン・フッド」の興行収入は8億円と予想したい。
先週9億円後半と予想していたが、ここまで急降下してしまうと強気にはなれない。
公開前個人予想は11.0億円だったので、ハズれとなりそうだ。
監督・主演が立派でも、この題材ではやや厳しかったのか。
重厚すぎるため、女性受けもしないことも痛かった。


13位:「SP 野望篇」(東宝・フジテレビ)<8週目>
【公開前個人予想】 19.0億円
【現時点での興行収入予想】 35億円前半(2~7週目36.5億円、OP時32.0億円)
【配給会社・大手ネット期待値等】 50億円突破、2作で100億円を目指す
【公開規模】 319スクリーン(先週比-3スクリーン)
2.4千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは33.4億円弱となっている。
1週間の伸びは8.0千万円弱程度だろうか。
ライバル作品が不在ということもあり、オープニングから3週連続で1位となっていた。
「ヤマト」公開後もまだまだ粘っている。

岡田准一主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆03年「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」トータル15.0億円
☆06年「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」トータル18.0億円
OP3.0→8.2→11.0→13.0→15.0→16.1
☆10年「SP 野望篇」
OP5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6→33.4億円→
「木更津キャッツアイ」の倍を稼いでいる。

近年公開されたサスペンス系ドラマ映画の興行収入と視聴率は以下のとおり。
☆07年「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
10.1→祝34.0→祝48.4→57.4→祝66.6→70.5→73.8→76.3
☆08年「相棒」トータル44.4億円(視聴率08年18.1%)
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7→42.2
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
5.4→祝18.1→24.4→30.5→祝37.4→40.7→43.1→祝45.7
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円(視聴率11.4%・11.0%)
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆08年「クロサギ」トータル17.2億円(視聴率15.7%)
2.9→07.3→10.7→13.3→15.2→16.0→16.4
☆10年「SP 野望篇」(視聴率15.4%)
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6→33.4億円→
これらとの対比で考えると、「SP 野望篇」の興行収入は35.1~36.0億円となる。
「HERO」対比35.7億円となり、35億円程度が落ち着きどころか。

「SP 野望篇」33.4億円と同程度の8週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「のだめカンタービレ前編」37.8億円(トータル41億円見込み)
☆「アマルフィ」34.3億円(トータル36.5億円)
☆「ごくせん」33.6億円(トータル34.8億円)
<2008>
☆「20世紀少年」37.4億円(トータル39.5億円)
☆「ザ・マジックアワー」36.5億円(トータル39.2億円)
☆「L change the WorLd」30.3億円(トータル31.0億円)
これらとの対比で考えると、「SP 野望篇」の興行収入は34.2~36.2億円となる。
「ごくせん」対比では34.6億円となり、これを超える程度か。

マックス36億円台、ミニマム34億円台というところか。
2週目から先週まで36.5億円と予想していたが、さすがにそこまでは伸びそうもない。
年末年始の伸びを期待しても、35億円前後が落ち着きどころとなりそうだ。
「SP 野望篇」の興行収入は35億円前半と予想したい。
しかし、この成績ならば、2011年3月12日に公開される「革命篇」も期待できる良い結果となりそうだ。
公開前個人予想は19.0億円だったので、外しそうだ。
間隔が空いたドラマ映画を高くは予想しにくかった。
「のだめ」後編37.0億円、「ごくせん」34.8億円という結果を踏まえると、30億円台というのも納得できない結果ではない。


14位:「キス&キル」(GAGA)<3週目>
【公開前個人予想】 5.0億円
【現時点での興行収入予想】 2億円前後
【公開規模】 151スクリーン(先週比±0スクリーン)
6.4百万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは1.3億円となっている。
1週間の伸びは3.0千万円弱程度だろうか。
有楽町では大きな劇場で公開されており、年末公開モノなので、それなりにチカラを入れているのかと勘違いしたが、当然ながら、低迷している。
なぜこの作品を年末にわざわざ公開したのだろうか。

ロバート・ルケティック監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「ラスベガスをぶっつぶせ」トータル4.5億円
OP1.1→2.5→3.3→3.9→4.1
アシュトン・カッチャー主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「守護神」トータル8.7億円
祝3日2.5→4.8→6.6
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル6.1億円
先1.8→3.8→5.0→5.6→不明→6.0
キャサリン・ハイグル主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「幸せになるための27のドレス」トータル3.7億円
先0.9→2.0→2.7→3.2

このトリオならば、5億円程度稼げるかと思ったが、どうやら無理そうだ。
☆10年「キス&キル」
金0.4→1.0→1.3億円→
これらとの対比で考えると、「キス&キル」の興行収入は1.6~1.8億円となる。
2億円を超えない程度が落ち着きどころと思うが、年末年始ということもあり、やや伸びがあるだろう。
「キス&キル」の興行収入は先週に引き続き2億円前後と予想したい。
公開前個人予想は5.0億円だったので、当然ハズれそうだ。
スクリーン数を調べる時間がなかったので仕方がない。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。