ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月4週目その2)

5位:「BRAVE HEARTS 海猿」(東宝・フジテレビ)<7週目>
【公開前個人予想】 65億円台
【現時点での興行収入予想】 73~74億円
【配給会社期待値等】 興収100億円を目指せる大ヒットスタートを切った
【公開規模】 450スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.4億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは65.9億円となっている。
1週間の伸びは4.0億円程度だろうか。
「テルマエ・ロマエ」を抜き、今年の映画のナンバーワンとなった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆04年「海猿」トータル17.4億円
☆06年「LIMIT OF LOVE 海猿」トータル71.0億円
OP09.7→23.5→35.5→45.1→52.7→58.3→62.5→65.3
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
祝14.3→32.1→46.8→祝60.2→65.7→70.5→73.9→76.4
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2→52.9→61.9→65.9億円→
これらとの対比で考えると、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は71.7~74.9億円となる。
前作の80億円を超えるのは無理だろう。

以下の作品がライバルとなる。
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝48.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7→74.7
☆09年「ROOKIES」トータル85.5億円
OP12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.4→76.5→78.6→80.9→82.3
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
OP09.7→25.0→祝39.3→46.0→52.5→57.2→63.4→66.8→68.8→70.1
☆12年「テルマエ・ロマエ」
4日8.6→22.2→29.6→36.6→41.9→46.5→49.6→52.4→54.3→56.0
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2→52.9→61.9→65.9億円→
これらとの対比で考えると、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は73.7~79.1億円となる。
やはり80億円突破は厳しいようだ。
お盆時期も終わり、75億円辺りがマックスというところではないか。
「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は先週に引き続き73~74億円と予想したい。
公開前個人予想は65億円台だったので、ちょっと低かったか。
日本人が好む感動アクション大作ではあるが、なぜこのシリーズがこれほど好まれるのかよく分からない。


6位:「おおかみこどもの雨と雪」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 20億円台
【現時点での興行収入予想】 38億円台(3~4週目36億円台、OP~2週目31~32億円)
【公開規模】 381スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.3億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは34.2億円弱となっている。
1週間の伸びは4.2億円程度だろうか。
「サマーウォーズ」などで人気の高い監督であるが、ここまで高い興行収入になるとは思わなかった。
この夏は、ジブリまでとは言わないが、それに匹敵する働きをみせた。

今年のポケモンより伸びが良い。
☆12年「劇場版ポケットモンスター」
祝3日7.5→10.9→16.3→21.2→25.6→30.3→32.6
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP03.7→10.2→16.2→22.0→30.0→34.2
最終的に「ポケモン」を超えるのは確実だ。

「サマーウォーズ」の細田守監督作品。
☆09年「サマーウォーズ」トータル16.5億円
OP1.3→03.7→06.9→09.3→11.2→12.6→13.6→14.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7→10.2→16.2→22.0→30.0→34.2億円→
これとの対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は44.8億円となる。
この辺りがマックスとなるか。

これらの動きが参考となるか。
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5→26.2→39.8→50.3→64.7→073.9→080.3→084.3→086.5
☆11年「コクリコ坂から」トータル44.6億円
3日05.9→11.5→17.4→22.5→28.5→034.5→037.8→040.1→041.4
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7→10.2→16.2→22.0→30.0→34.2億円→
これらとの対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は35.7~44.6億円となる。
お盆時期も終わってしまったので、大きくは伸びないだろう。
40億円は突破しないと考えたい。
「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は2週目まで31~32億円、3週目まで36億円台と予想していたが、先週に引き続き38億円台と予想したい。
伸びが普通のタイプではなく、「テルマエ」のような話題作の動きとなった。
公開前個人予想は20億円台だったので、ハズしそうだ。
「サマーウォーズ」の結果を踏まえて、めいっぱい高めに予想したつもりだったが、完全に甘かった。


9位:「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」(東宝・テレビ東京)<7週目>
【公開前個人予想】 39億円台
【現時点での興行収入予想】 34億円台(4週目33億円台、OP~3週目37億円台)
【公開規模】 357スクリーン(先週比±0スクリーン)
7.4千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは32.6億円となっている。
1週間の伸びは2.3億円半ば程度だろうか。
お盆もあり、30億円を楽に突破した。
順調に伸ばしているが、例年に比べてかなり低い。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4→49.0
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4→祝46.8
☆09年 46.7億円「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3→45.0→45.2
☆10年 41.6億円「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝13.1→17.7→23.7→28.3→33.5→36.7→38.7→39.6
☆11年 43.3億円「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」
祝込3日08.3→13.4→20.4→26.0→31.6→36.5→39.4→40.8→41.1
☆12年「ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」
祝込3日07.5→10.9→16.3→21.2→25.6→30.3→32.6億円→
昨年は2作同時公開だったが、昨年の変則的な公開は諦めたようだ。
現時点では過去最低の動きとなっている。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は34.2~35.8億円となる。
公開前に『人気がちょっと落ちているような気もするので、そろそろ40億円を割るのではないか』と書いたが、予想以上に落ち込むかもしれない。
しばらくは、『しかし、人気シリーズであり、そこまで大きくは落ち込まないだろう』と楽観視していたが、そろそろ現実的になった方がいいかもしれない。
今年の興行収入は先週に引き続き34億円台と予想したい。
3週目まで37億円台と予想していたが、そこまでは伸びなかった。
4週目まで33億円台と予想していたが、そこまでは低くなかった。
この程度で終ると、「ドラえもん」トータル36.2億円を下回り、「コナン」トータル32.7億円との差がなくなってしまう。
公開前個人予想は39億円台だったので、微妙な結果となりそうだ。
「おおかみこども」の公開はあったが、これほど低くなるとは予想しにくい。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(9月1週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

☆「映画 ひみつのアッコちゃん」(松竹)
タイトルは老若男女誰でも知っているアニメの映画化だが、さすがにヒットさせるのは困難な企画だろう。
ファミリー向け作品というわけでもなく、見に行くのは綾瀬はるかが好きな者くらいではないか。

綾瀬はるか主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「僕の彼女はサイボーグ」トータル7.0億円
OP1.8→3.8→5.0→5.9→6.4
☆08年「ICHI」トータル4.5億円
OP1.0→2.6→3.5→3.9
☆09年「おっぱいバレー」トータル5.3億円
OP0.8→2.1→3.2→4.5→4.9
☆12年「映画 ホタルノヒカリ」
OP3.1→8.4→11.9→14.7→16.3→17.4→18.1→
さすがに「映画 ホタルノヒカリ」のようなヒットにはならないだろう。
その他の3作と同程度ではないか。
「ICHI」はさすがに超えるだろう。
「僕の彼女はサイボーグ」は下回るか。
5~6億円程度となりそうだ。
綾瀬はるかの人気はあるだろうが、5億円台という予想にしたい。
オープニングは1.2億円程度か。

本作とは関係ないが、2011年に『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』という関係者は無かったことにしたいだろう大コケ作品が存在したことを思い出した。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(8月4週目その1)

動員2位:「あなたへ」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 21億円台
【公開規模】 339スクリーン
2.4億円弱(237,231,500円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.0億円程度か』と書いたので、予想よりもかなり高かった。
若年層向けの作品の予想も難しいが、年配層向けの作品も難しい。
ある程度のヒットにはなるだろうとは思ったが、06年公開の高倉健主演作「単騎、千里を走る。」の興行収入は10億円未満であり、やや地味な作品でもあり、ここまで爆発するとは予想できなかった。
高倉健主演、降旗康男監督の99年「鉄道員(ぽっぽや)」(興行ではなくて配給収入20.5億円)コンビ。
田中裕子、佐藤浩市、草彅剛、余貴美子、綾瀬はるか、岡村隆史、大滝秀治、浅野忠信、ビートたけしと豪華なキャストも影響したか。

吉永小百合主演作品レベルとなりそうだ。
☆05年「北の零年」トータル27.0億円
OP2.5→7.8→12.0→15.1→18.2→20.3
☆08年「母べえ」トータル21.2億円
OP1.6→6.4→祝10.9→13.4→15.7→17.3
☆10年「おとうと」トータル21.0億円
OP2.4→7.2→11.1→13.7→15.6→17.0
☆12年「あなたへ」
OP2.4億円→
これらとの対比で考えると、「あなたへ」の興行収入は21.0~31.8億円となる。
年配向けであり、当然平日の伸びもあるだろう。
30億円は超えないとは思うが、20億円は超えてきそうだ。

「あなたへ」2.4億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2011>
☆「モテキ」祝除2日2.5億円(トータル22.2億円)
☆「アンダルシア」2.6億円(トータル18.8億円)
☆「岳 ガク」2.6億円(トータル16.3億円)
☆「太平洋の奇跡」祝除2日2.6億円(トータル15.7億円)
同じく年配向けでも「太平洋の奇跡」のような動きにはならないだろう。
現時点では「おとうと」と同程度と考えた方が無難か。
「あなたへ」の興行収入は21億円台と予想したい。
公開前個人予想は10億円台だったので、ハズしそうだ。
今年公開された「わが母の紀」と同レベルと思ったが、高倉健のレベルは思った以上に高かった。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

『トータル・リコール』レビュー

◆評  価   7.0点
◆おススメ度  B(面白いのだが、何かが足りない)

ケイト・ベッキンセールが通称“鬼嫁”を熱演しており、チェイスアクションとしては悪くはない仕上がりとなっている。
『ダイ・ハード4.0』の監督らしく、息つく暇を与えない怒涛の展開なので、時間分はそれなりに楽しめることはできるだろう。
重力クルマやエレベーターなどのアイディアも見所があった。
鑑賞中は興奮して楽しむことができるが、鑑賞後には何故かあまり残らない。
“トータル・リコール”というフィリップ・K・ディック原作作品としては不満足な仕上がりだからだろう。
自分が何者なのかが分からない、善人なのか、悪人なのか、そもそも現実なのか、それともリコール社による虚構なのかも分からないという視点からはあまり上手くは描けていない。
“友人”の説得のようなシーンはあるが、あれはおまけのようなものだ。
ストーリーにひねりがなく、あまり納得のいかない説明どおりに進み、説明どおりに終わってしまう。
“自分が何者か分からない”というフィリップ・K・ディックの原作を貫く根本的な精神がメインではないので、“トータル・リコール”の良さが損なわれている。
ただのアクション作品であるのであれば、“トータル・リコール”である必要はない。

レン・ワイズマンはアクション監督としては優秀かもしれないが、ストーリーテラーとしてはあまり優れているとは思えない。
SFのような体裁は取っているが、結局は『ダイ・ハード4.0』とほぼ同じような作風であり、レン・ワイズマンの底が見えてしまうような作品だ(『アンダーワールド』シリーズは全部未見)。
『ブレードランナー』や『スター・ウォーズ』へのオマージュなのかもしれないが、どこかで見たようなアイディアを借用したようにも見える点もマイナスに映ってしまった。

コリン・ファレルも、本作とやや似ているところがある『ボーン』シリーズのマット・デイモンのような良さをキャラクターに付与することはできず、ぼんやりとした主人公となっている。
鑑賞中は楽しめたので、点数は高めに付けたが、欠点を抱えている作品だ。
レン・ワイズマン監督には向かない企画だったのかもしれない。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

全米映画興行収入(8月第4週目)

1位は2週連続で「エクスペンダブルス2」。
トータルでは52百万ドルとなっている。
製作費1億ドルの回収が目標となるが、やや厳しいか。
しかし、コケていないので問題ないだろう。
監督は、97年「コン・エアー」(トータル101百万ドル)、01年「トゥームレイダー」(トータル131百万ドル)、11年「メカニック」(トータル29百万ドル)のサイモン・ウェスト。
主演・共同脚本は、もちろんシルベスター・スタローン。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「エクスペンダブルズ」トータル103百万ドル
OP35→65→82→92→98→101
☆12年「エクスペンダブルズ2」
OP29→52百万ドル→
これとの対比で考えると、「エクスペンダブルズ2」の興行収入は82百万ドルとなる。
この辺りだろう。

シルベスター・スタローン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「ロッキー・ザ・ファイナル」トータル70百万ドル
先22→48→61→65→68
☆08年「ランボー最後の戦場」トータル43百万ドル
OP18→30→37→40→42
☆12年「エクスペンダブルズ2」
OP29→52百万ドル→
これとの対比で考えると、「エクスペンダブルズ2」の興行収入は75~76百万ドルとなる。
「エクスペンダブルズ2」の興行収入は8千万ドル前後となりそうだ。
評価は高いので、多少伸びはあるだろう。
「エクスペンダブルズ2」の興行収入は8千万ドル台と予想したい。
前作を下回りそうだが、この程度ならば十分だろう。
続編も予定されており、ニコラス・ケイジが参加するとみられている。


2位は3週目の「ボーン・レガシー」。
トータルでは86百万ドルとなっている。
製作費125百万ドルの回収が目標となる。
微妙な結果だが、コケてはいないので問題ないだろう。
公開前に『マット・デイモン主演の「ボーン」シリーズほどではないにせよ、「ボーン・レガシー」はヒットするのではないか』と書いた通りとなりそうだが、イマイチ破壊力はないようだ。
監督・脚本は、「ボーン」シリーズの脚本家のトニー・ギルロイ。
監督として、07年「フィクサー」(トータル49百万ドル)、09年「デュプリシティ」(トータル41百万ドル)を手掛けている。
主演は、09年「ハート・ロッカー」(トータル17百万ドル)のジェレミー・レナー。

「ボーン」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「ボーン・アイデンティティ」122百万ドル
OP27→054→073→089→099→107→110
☆04年「ボーン・スプレマシー」トータル176百万ドル
OP53→099→125→140→150→158→164
☆07年「ボーン・アルティメイタム」トータル227百万ドル
OP69→132→165→185→200→210→216
☆12年「ボーン・レガシー」
OP38→070→086百万ドル→
「ボーン・アイデンティティ」以外の作品との対比で考えると、「ボーン・レガシー」の興行収入は118~121百万ドルとなる。
評価は高いので、ある程度の伸びはあるだろう。
「ボーン・レガシー」の興行収入は1億1千万ドル台と予想したい。
02年「ボーン・アイデンティティ」122百万ドルを超えられるかどうかが注目となる。
「ボーン・アルティメイタム」トータル227百万ドルと比べるのは可哀相かもしれない。
「ボーン・アイデンティティ」122百万ドルと比べると、近いラインなので、十分といえるかもしれない。


3位は2週目の「ParaNorman」。
トータルでは28百万ドルとなっている。
製作費は不明。
ストップモーション3Dアニメ。
共同監督はサム・フェル。

サム・フェル監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「マウス・タウン ロディとリタの大冒険」トータル65百万ドル
OP19→40→49→57→60→61→62
☆08年「ねずみの騎士デスペローの物語」トータル51百万ドル
OP10→27→44→48→49→50→50
☆12年「ParaNorman」
OP14→28百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ParaNorman」の興行収入は46~53百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、ある程度の伸びはありそうだ。
「ParaNorman」の興行収入は4千万ドル台と予想したい。
「コラライン」(トータル75百万ドル)や「ウォレスとグルミット」(トータル56百万ドル)など、ストップモーションアニメの評価は高いが、興行収入に結びつかない気がする。


4位は3週目の「The Campaign」。
トータルでは65百万ドルとなっている。
製作費は不明。
監督は、「オースティン・パワーズ」シリーズ、「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズのジェイ・ローチ。
主演は、ウィル・フェレル、「ハングオーバー」シリーズのザック・ガリフィアナキス。
政治ネタのためか、イマイチ破壊力がない。

ウィル・フェレル主演作の興行収入は以下の通り。
☆04年「俺たちニュースキャスター」トータル85百万ドル
OP28→57→071→078→082→083
☆05年「奥様は魔女」トータル63百万ドル(※主演はニコール・キッドマン)
OP20→39→051→057→060→061
☆06年「タラデガ・ナイト」トータル148百万ドル
OP47→90→114→128→137→142
☆06年「主人公は僕だった」トータル41百万ドル
OP13→23→033→037→039→040
☆07年「俺たちフィギュアスケーター」トータル119百万ドル
OP33→68→090→101→108→112
☆08年「俺たちダンクシューター」トータル33百万ドル
OP15→25→030→032→033→033
☆08年「俺たちステップ・ブラザース-義兄弟-」トータル100百万ドル
OP31→63→081→091→096→098
☆09年「マーシャル博士の恐竜ランド」トータル49百万ドル
OP19→35→044→047→048→048
☆10年「アザー・ガイズ」トータル119百万ドル
OP36→70→088→099→107→112
☆12年「The Campaign」
OP27→51→064百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Campaign」の興行収入は70~87百万ドルとなる。
ヒットとコケを交互に繰り返す俳優。
評価はそれほど悪くはない程度なので、高い伸びはないだろう。
「The Campaign」の興行収入は7千万ドル台と予想したい。
今回はコケてはいないので、問題ないのではないか。
政治ネタもあまり受け入られないだろう。


5位は6週目の「ダークナイト ライジング」。
トータルでは422百万ドルとなっている。
製作費2億5千万ドルは楽に回収している。
「アベンジャーズ」が打ち立てた207.4百万ドルのオープニング記録を更新すると思われたが、乱射事件の影響があったようだ。
「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅡ」に次ぐ歴代3位の結果となっている。
公開前に『大ヒットは間違いない。「アベンジャーズ」超えができるかが注目となる』と書いたが、乱射事件のため大きく伸びなかった。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆05年「バットマン ビギンズ」トータル205百万ドル
先73→123→151→172→183→191
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
OP158→314→394→442→471→489→502→512
☆12年「ダークナイト ライジング」
OP161→287→354→390→410→422百万ドル→
前作よりも伸びが悪いが、乱射事件の影響だろう。
「ダークナイト」を超えそうもない。

ライバルは以下のとおり。
☆11年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドル
OP169→274→319→343→357→366→371→375
☆12年「ハンガー・ゲーム」現時点で408百万ドル
OP153→248→302→337→357→372→381→387
☆12年「アベンジャーズ」現時点で618百万ドル
OP207→373→458→513→553→572→587→598
☆12年「ダークナイト ライジング」
OP161→287→354→390→410→422百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ダークナイト ライジング」の興行収入は439~463百万ドルとなる。
評価は当然ながら過去最高レベルの評価となっているので、伸びは続くだろう。
しかし、『事件の影響などもあり、まだ様子を見ている者も多そうだ』と書いたが、その後も銃持込未遂事件などもあり、敬遠されたようだ。
「ダークナイト ライジング」の興行収入は、3週目まで5億8~9千万ドルという予想にしていたが、4億6~7千万ドル台辺りとなりそうだ。
08年「ダークナイト」トータル533百万ドルの1割減程度なので、妥当といえば妥当か。
「アベンジャーズ」が強すぎた。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆シャイア・ラブーフ主演のクライムドラマ「Lawless」
☆ファミリー向け「Oogieloves In The BIG Balloon Adventure」
☆サム・ライミがプロデュースするホラー「The Possession」
「Oogieloves In The BIG Balloon Adventure」「The Possession」ともに大ヒットはしないだろうが、それなりには稼ぎそうだ。
「Lawless」はコケそうな気がする。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(8月3週目その3)

11位:「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」(東宝・テレビ東京)<4週目>
【公開前個人予想】 12億円台
【現時点での興行収入予想】 15億円台(OP~2週目15~16億円)
【公開規模】 262スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは12.4億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.8億円半ば程度だろうか。
公開前に『今年はテレビアニメ化10周年ということもあり、原作者が企画したオリジナル新作ストーリーであり、DVDプレゼントもあるので、復活するだろう』と書いたとおり、強力なテコ入れもあり、高い興行収入となっている。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆04年「大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!」トータル13.7億円
OP3.5→8.9→11.4→12.1
☆05年「大激突!幻の地底遺跡だってばよ」トータル11.8億円
OP2.2→5.9→8.7→10.3→11.2
☆06年「大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ」トータル7.8億円
OP1.2→3.5→不明→6.8→07.5
☆07年「疾風伝」トータル12.1億円
OP2.2→5.7→9.1→10.5→11.7→11.9→11.9
☆08年「疾風伝 絆」トータル11.6億円
OP2.2→5.4→8.6→10.0→11.0→11.2→祝込11.3
☆09年「疾風伝 火の意志を継ぐ者」トータル10.2億円
OP1.9→4.7→7.4
☆10年「疾風伝 ザ・ロストタワー」トータル10.3億円
OP1.7→4.3→7.2
☆11年「ブラッド・プリズン」トータル8.4億円
OP1.3→3.3→5.3→6.9
☆12年「ROAD TO NINJA」
OP3.0→6.9→9.6→12.5億円→
10~12億円が標準のシリーズ作品だったが、去年はコケてしまった。
しかし、巻き返して、04年に次ぐ、高いオープニングとなっている。
主要作品との対比で考えると、「ROAD TO NINJA」の興行収入は14.3~15.2億円となる。
標準の10~12億円は突破するだろうが、それほど高くは伸びないだろう。
「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」の興行収入は先々週まで15~16億円と予想したが、15億円台に予想したい。
去年の年末公開の「イナズマイレブン」や今年のGW公開の「クレヨンしんちゃん」を超えそうだ。
公開前個人予想は12億円台だったので、やや低すぎたか。
さすがにここまで本気になれば、ヒットするだろう。


12位:「ヘルタースケルター」(アスミック)<6週目>
【公開前個人予想】 18億円台
【現時点での興行収入予想】 21億円台(OP~4週目18億円台)
【公開規模】 200スクリーン(先週比-6スクリーン)
4.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは19.0億円となっている。
1週間の伸びは1.8億円半ば程度だろうか。
内容に関係なく、話題作品はヒットするのが常識だ。

とりあえずは大人向けの作品が参考となるか。
☆07年「愛の流刑地」トータル13.9億円
OP1.6→5.5→8.3→10.4→祝12.0→12.6→13.1
☆10年「サヨナライツカ」トータル12.0億円
OP1.3→4.4→6.7→8.5→9.0→9.6
☆12年「ヘルタースケルター」
祝3日3.5→8.2→12.0→15.0→17.2→19.0億円→
これらとの対比で考えると、「ヘルタースケルター」の興行収入は21.0~23.8億円となる。
当面は20億円突破が目標となる。

「ヘルタースケルター」19.0億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「アンフェア」21.9億円(トータル23.4億円)
☆「モテキ」19.4億円(トータル22.2億円)
☆「神様のカルテ」17.5億円(トータル18.9億円)
これらとの対比で考えると、「ヘルタースケルター」の興行収入は20.3~21.7億円となる。
「ヘルタースケルター」の興行収入は、先々週まで18億円台と予想していたが、21億円台まで伸びそうだ。
夏休み向けとは思わなかったが、さすがは話題作だったようだ。
公開前個人予想は18億円台だったので、悪くはない予想となりそうだ。
この手の作品がヒットするのは過去の経験から分かるようになった。


13位:「アナザー Another」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 6億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 230スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.6千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは4.4億円弱となっている。
1週間の伸びは1.7億円程度だろうか。
公開前に『ハズしそうな気もするが、ホラー系はある程度の需要があるので、それなりには稼ぐのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。

ホラー作品は「貞子3D」が大ヒットしたが、キャラクターの知名度がダントツであり、「貞子」ようなヒットにはならないだろう。
☆12年「貞子3D」
OP2.5→6.2→8.8→10.7→12.0→12.8→13.2
☆12年「アナザー Another」
OP0.8→2.6→4.4億円→
さすがに、このようなヒットにはならなかった。

「アナザー Another」4.4億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「小川の辺」3.9億円(トータル5.5億円)
☆「アントキノイノチ」4.1億円(トータル5.1億円)
☆「はやぶさ」3.7億円(トータル5.0億円)
これらとの対比で考えると、「アナザー Another」の興行収入は5.5~6.2億円となる。
夏休みシーズンであり、多少の伸びはあるだろう。
「アナザー Another」の興行収入は先々週に引き続き5億円台と予想したい。
公開前個人予想は6億円台だったので、悪くはなかった。
しかし、若者向けの映画は予想が難しい。


15位:「メリダとおそろしの森」(ディズニー)<5週目>
【公開前個人予想】 32億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台(OP~3週目13~14億円)
【公開規模】 556スクリーン(先週比-6スクリーン)
2.1千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは8.7億円となっている。
1週間の伸びは1.1億円半ば程度だろうか。
低い成績になるとは覚悟していたが、まさかこれほどとは思わなかった。
ピクサーという看板があるのでヒットすると思われたが、馴染みのなく、ファミリー受けしないキャラクターという点が痛かった。
オープニングから、『しかし、ピクサーという看板がある以上、巻き返すだろう』と期待していたが、無理なものは無理のようだ。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「メリダとおそろしの森」
OP1.5→04.2→06.1→07.6→08.7億円→
主要作品との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は9.7~11.5億円となる。
『さすがに二桁は割らないだろう』と思ったが、超えるのは厳しいか。

その他のハリウッドアニメの興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆10年公開「ヒックとドラゴン」トータル9.0億円
OP1.2→4.8→
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2→
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル12.0億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆12年公開「メリダとおそろしの森」
OP1.5→4.2→6.1→07.6→08.7億円→
主要作品との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は9.2~9.2億円となる。
『伸びがあるとは思えないが、お盆時期がある』と期待して、先々週まで13~14億円と予想したが、「メリダとおそろしの森」の興行収入は9億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は32億円台だったので、大きくハズしそうだ。
ピクサー作品が普通のハリウッドアニメ以下になるとは想像すらしなかった。
アメリカでは他のピクサー作品並みに稼いでいる。


16位:「アメイジング・スパイダーマン」(ソニー)<8週目>
【公開前個人予想】 51億円台
【現時点での興行収入予想】 31億円台(4~5週目35億円前後、OP~3週目45億円前後)
【配給会社期待値等】 興収50億円突破に向けて
【公開規模】 203スクリーン(先週比-218スクリーン)
6.9百万円を週末に稼ぎ、トータルでは30.6億円弱となっている。
1週間の伸びは5.2千万円程度だろうか。
「メン・イン・ブラック3」と同程度の結果となりそうだ。
不思議なのか当然なのか分からないが、ビッグヒットにはならなかった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「スパイダーマン」トータル75.0億円
☆04年「スパイダーマン2」トータル67.0億円
☆07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3→30.0→30.6億円→
過去のシリーズは、日本では稼ぎにくいアメコミ作品でありながら、物凄い高い興行収入となっている。
ただ、リブートしてしまい、キャストを一新し、過去のシリーズとは分断される。
新しいキャストは日本人には知名度は低く、また、本作そのものに対しても盛り上がりが高まっているとも思えない。
前作よりも、かなり下がることとなった。

先行があった作品と比較したい。
☆10年公開「バイオハザードⅣ」トータル47.0億円
先13.1(金8.9)→祝26.0→32.4→37.2→41.6→44.0→45.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8(OP3.9)→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0(OP5.8)→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3→30.0→30.6億円→
これらを下回った。

予想の際に個人的に参考にした作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6→52.6
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0→41.7
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3→30.0→30.6億円→
単純比較はできないが、これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は31.2~31.9億円となる。
オープニング時には、人気・知名度といった地力もあり、夏休みシーズンという時期もあるので、オープニング時には40億円はなんとか突破するだろうと思ったが、完全に無理となった。
「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は、3週目まで45億円前後、5週目まで35億円前後と予想していたが、先々週に引き続き31億円台と予想したい。
07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円から半分以上の減少となる。
アメリカよりも日本を先に公開するという日本市場を重視した戦略だったが、完全に裏目に出た。
公開前個人予想は51億円台だったので、ハズレとなりそうだ。
3割程度のダウンと思っていたが、5割までダウンするとは予想しにくい。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(8月3週目その2)

4位:「マダガスカル3」(パラマウント)<3週目>
【公開前個人予想】 12億円台
【現時点での興行収入予想】 19億円台(OP時14億円台)
【配給会社期待値等】興収20億円突破が確実
【公開規模】 541スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.3億円を週末に稼ぎ、トータルでは14.4億円弱となっている。
1週間の伸びは5.9億円弱程度だろうか。
夏休みはやはりアニメが強いようだ。
「メリダとおそろしの森」の大惨敗も影響したか。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆05年公開「マダガスカル」トータル22.5億円
OP3.0→11.2→16.1→19.2
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→4.1→6.5→9.3→9.9
☆12年公開「マダガスカル3」
水3.8→8.5→14.4億円→
1から2が半分以下に激減しているが、1が夏休み、2が春休みということもあったか。
公開前に『今回は夏休み時期でもあり、巻き返すだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
これらとの対比で考えると、「マダガスカル3」の興行収入は20.1~22.6億円となる。
20億円突破が見えてきた。
「マダガスカル」トータル22.5億円を超えることはできるだろうか。

以下の作品も参考となるだろうか。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆10年公開「ヒックとドラゴン」トータル9.0億円
OP1.2→4.8→
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル12.0億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆12年公開「マダガスカル3」
水3.8→8.5→14.4億円→
主要作品との対比で考えて、貯金分を足すと、「マダガスカル3」の興行収入は17.3~21.1億円となる。
前作から大きく伸びることもないと思ったが、時期的なこともあり、大きく伸ばしそうだ。
「マダガスカル3」の興行収入は先々週に14億円台と予想したが、お盆時期もあり、19億円台に上方修正したい。
今年の夏の「メリダとおそろしの森」、今年の春の「長ぐつをはいたネコ」トータル12.0億円を超えて、洋画アニメの首位となった。
公開前個人予想は12億円台だったので、やや低すぎたか。
09年公開「マダガスカル2」がトータル10.2億円なので、上るのは分かるが、そこまで高くは予想できない。
しかし、「マダガスカル2」を無視して、「マダガスカル」トータル22.5億円をベースに考えれば妥当かもしれない。


7位:「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!」(東映・テレビ朝日)<3週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 304スクリーン(先週比±0スクリーン)
9.5千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは9.7億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.8億円弱程度だろうか。
それほど高い伸びではなかった。
本シリーズの各キャラクターの人気の有無などには興味がないが、フォーゼはそれほど人気がないのだろうか。
公開前に『フォーゼの人気の度合いが分からないが、フォーゼの11年の年末の成績がそれほど高くはないので、高めに予想しなくてもいいだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆06年「カブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円
OP1.7→4.1→7.1→8.4
☆07年「電王 俺、誕生!」トータル13.8億円
OP2.4→5.7→9.6→11.4→12.6
☆08年「キバ 魔界城の王」トータル9.0億円
OP1.9→5.3→6.9→8.2→8.6
☆09年「ディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「W&ディケイド」トータル15.4億円(年末公開)
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9
☆10年「W FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「オーズ&ダブル」トータル13.8億円(年末公開)
OP3.7→7.0→09.8→祝12.5→13.1→13.5→13.6
☆11年「オーズ・電王・オールライダー」トータル13.3億円(GW)
金4.0(OP3.0)→7.6→09.2→10.2→11.4→12.8→13.0
☆11年「オーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」トータル17.6億円
OP3.5→8.8→13.5→15.6→16.8→17.2
☆11年「フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGA MAX」(年末公開)
OP3.8→6.8→09.1→11.5→13.7→14.6
☆12年「仮面ライダー×スーパー戦隊」(GW)
OP4.1→7.3→13.2→14.2→14.8→15.2
☆12年「フォーゼ みんなで宇宙キターッ!」
OP2.5→5.9→09.7億円→
ここ2年は13~17億円程度となる。
今年のオープニングはここ数年では一番悪かった。
10~11年の夏休み作品との対比で考えると、本年の興行収入は12.4~12.6億円となる。
人気シリーズだけに、さすがに大きくはダウンしないだろう。
本年の興行収入は先々週に引き続き12億円台と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので、やや高すぎたか。
年末・GW・夏と続いているので、そろそろ飽きられつつあるかもしれない。


8位:「ダークナイト ライジング」(ワーナー)<4週目>
【公開前個人予想】 24億円台
【現時点での興行収入予想】 20億円台(OP時26~27億円)
【公開規模】 400スクリーン(先週比-131スクリーン)
7.7千万円を週末に稼ぎ、トータルでは16.8億円となっている。
1週間の伸びは3.3億円半ば程度だろうか。
ジョニー・デップ主演の「ダーク・シャドウ」の4週目が17.7億円なので、やはり驚くべき数字にはならなかった。
公開前に『肩の力を抜いて楽しめるエンターテイメント作品というよりも、本格的な作品であり、暴力的な映画でもある。したがって、ファミリー向けではなく、女性受けもしないため、高い興行収入にはならない』と書いたとおりとなりそうだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆05年公開「バットマン ビギンズ」トータル14.1億円
OP2.9→不明→9.8→11.6→13.0→13.5
☆08年公開「ダークナイト」トータル16.0億円
先3.3→9.4→12.1→13.7→14.8→15.3→15.6
☆12年公開「ダークナイト・ライジング」
先4.5→10.1?→13.5→16.8億円→
2週目の数字は不確かなところあり。
前2作は超えている。
これらとの対比で考えると、「ダークナイト・ライジング」の興行収入は19.6~20.4億円となる。
20億円突破が目標となる。

個人的に参考にした作品は以下のとおり。
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8(金4.9)→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆11年公開「猿の惑星」トータル24.2億円
4日7.3(2日4.0)→13.1→17.8→20.6→22.6
☆11年公開「ブラック・スワン」トータル23.9億円
水5.0(2日2.7)→9.7→13.9→17.3→19.6→21.1→22.2
☆12年公開「ダークナイト・ライジング」
先4.5(OP3.7) →10.1?→13.5→16.8億円→
これらとの対比で考えると、「ダークナイト・ライジング」の興行収入は19.7~23.2億円となる。
オープニングに爆発するタイプの作品でもあり、大して伸びないのかもしれない。
「アベンジャーズ」の公開余波もあるだろう。
「ダークナイト・ライジング」の興行収入はオープニング時には26~27億円と予想したが、20億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は24億円台だったので、微妙な結果となりそうだ。
しかし、「ダークナイト」トータル16.0億円を超えれば、日本ではとりあえずは十分といえるのではないか。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

気になる映画ニュース(8月第4週目)

☆トニー・スコット監督が自殺
健康問題との理由も報じられているが、家族が否定している。
独自のスタイルを追求していた監督だけに、惜しまれる。
「トップガン2」の企画を抱えていただけに、なぜその決断をしたのかが残念だ。


☆スティーヴン・キング原作「ザ・ダーク・タワー」の製作中止か
ユニバーサルが製作を断念し、ワーナーが後釜として製作を企画していたが、やはり製作費の問題で、ワーナーも製作を中止したようだ。
現在まで8巻が発刊されている大作シリーズであり、ユニバーサルは当初3本の映画とテレビシリーズで描く壮大な企画だったが、これを映画化するのは当然困難といえる。
内容はよく分からないが、ヒット確実の企画ではなさそうであり、スタジオサイドが二の足を踏むのは分かる。
見てみたかったが、仕方のない結果だろう。
スティーヴン・キング原作の映画化は多数進められているので、とりあえずはそれらでガマンするしかない。
手を挙げるところもあるようだが、本格的に描けば、黒字になる見込みが薄い企画であり、当面は進まないだろう。


☆『許されざる者』を日本でリメイク
イーストウッドが演じた役を渡辺謙が演じ、モーガン・フリーマンが演じた役を柄本明、ジーン・ハックマンが演じた役を佐藤浩市が出演する。
監督は『フラガール』『悪人』の李相日。
舞台は明治初期の北海道となり、2013年秋に公開を予定している。
これは当たりそうな企画だ。


☆『デアデビル』の映画化権がマーベルに返却予定
権利を所有していた20世紀フォックスが10月1日までの製作開始条項に間に合わず、権利がマーベルに移行することとなりそうだ。
ジョー・カーナハン監督がリメイクの企画を手掛けていたが、20世紀フォックスが首を縦に振らなかったようだ。
制作費に渋いという印象がある20世紀フォックスだからかもしれないが、映画化の困難さが分かる事案だ。


☆『47RONIN』が再び公開延期
キアヌ・リーブス主演作品、真田広之、柴咲コウ、浅野忠信、菊地凛子などが出演する忠臣蔵四十七士を描く作品。
2012年11月11日に全米公開を予定していたが、2013年2月8日に延期され、さらに2013年12月25日に再延期された。
ロンドンでの作業がオリンピックのために出来なかったためらしいが、作品としてのデキが良くないらしい。
監督が新鋭のカール・リンシュであり、新人監督には企画が難しすぎたか。
とりあえず、映画の稼ぎ時期である年末に設定されているので、その点はまだ救いがあるといえる。


☆『アベンジャーズ2』の全米公開日が決定
2015年5月1日に決定した。
3年のブランクの間に、2013年5月3日公開予定の『アイアンマン3』の他、『マイティ・ソー2』『キャプテン・アメリカ2』、宇宙を舞台とした『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』が公開して、盛り上げていく予定。
『ハルク』はどうなるのだろうか。


☆『スノーホワイト』続編は、狩人役のクリス・ヘムズワースのスピンオフへ
ルパート・サンダース監督とスノーホワイト役のクリステン・スチュアートの不倫が発覚し、方針を大きく転換したようだ。
サンダース監督の続投は難しく、スチュアートもイメージダウンし、主演としてはの起用は難しく、続編のヒットを見込むことは無理ではないか。
企画そのものを無くしてしまったほうがよさそうだ。


☆スコセッシ監督の企画「沈黙」が難航
マーティン・スコセッシの悲願の企画である遠藤周作「沈黙」の映画化はほとんど進んでいないが、ついに製作会社から訴えられたようだ。
製作会社は75万ドルを投資していたらしい。
スコセッシが他の作品の監督をする際に、製作延期契約を結んでおり、契約内の他の作品1作につき150万ドル及びスコセッシ監督の収益の20%を支払うという条項が守られていないとのこと。
スコセッシ監督は、本当にこのようなムチャクチャな契約を結んだのだろうか。
結んでいたら、もっと早めに製作に着手しただろう。
とりあえず、これで「沈黙」の映画化は相当な遅延もしくは中止となりそうだ。


☆女性版『エクスペンダブルズ』が始動か
企画段階のようだが、メンバー次第では当たりそうな気はする。
シガニー・ウィーヴァー、リンダ・ハミルトン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ケイト・ベッキンセール辺りが期待されているようだが、スタローンのような人望がある者が声を掛ければ、面白いメンバーが集まりそうだ。


☆「ロケッティア」がリブートへ
1991年に公開された作品であり、原作は人気のコミック。
今の技術で再生させたいようだ。
過去の作品を最新の技術でという気持ちは分かるが、ネタの枯渇かが分かる。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(8月3週目その1)

2位:「BRAVE HEARTS 海猿」(東宝・フジテレビ)<6週目>
【公開前個人予想】 65億円台
【現時点での興行収入予想】 73~74億円
【配給会社期待値等】 興収100億円を目指せる大ヒットスタートを切った
【公開規模】 450スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.1億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは61.9億円弱となっている。
1週間の伸びは8.9億円程度だろうか。
「テルマエ・ロマエ」を抜き、今年の映画のナンバーワンとなった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆04年「海猿」トータル17.4億円
☆06年「LIMIT OF LOVE 海猿」トータル71.0億円
OP09.7→23.5→35.5→45.1→52.7→58.3→62.5→65.3
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
祝14.3→32.1→46.8→祝60.2→65.7→70.5→73.9→76.4
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2→52.9→61.9億円→
これらとの対比で考えると、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は70.6~75.4億円となる。
前作の80億円を超えるのは無理だろう。

以下の作品がライバルとなる。
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝48.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7→74.7
☆09年「ROOKIES」トータル85.5億円
OP12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.4→76.5→78.6→80.9→82.3
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
OP09.7→25.0→祝39.3→46.0→52.5→57.2→63.4→66.8→68.8→70.1
☆12年「テルマエ・ロマエ」
4日8.6→22.2→29.6→36.6→41.9→46.5→49.6→52.4→54.3→56.0
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2→52.9→61.9億円→
これらとの対比で考えると、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は72.1~79.6億円となる。
やはり80億円突破は厳しいようだ。
お盆時期も終わり、75億円辺りがマックスというところではないか。
「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は先週に引き続き73~74億円と予想したい。
公開前個人予想は65億円台だったので、ちょっと低かったか。
日本人が好む感動アクション大作ではあるが、なぜこのシリーズがこれほど好まれるのかよく分からない。


3位:「おおかみこどもの雨と雪」(東宝)<5週目>
【公開前個人予想】 20億円台
【現時点での興行収入予想】 38億円台(3~4週目36億円台、OP~2週目31~32億円)
【公開規模】 381スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.0億円を週末に稼ぎ、トータルでは30.0億円弱となっている。
1週間の伸びは8.0億円程度だろうか。
「サマーウォーズ」などで人気の高い監督であるが、ここまで高い興行収入になるとは思わなかった。
この夏は、ジブリまでとは言わないが、それに匹敵する働きをみせた。

今年のポケモンより伸びが良い。
☆12年「劇場版ポケットモンスター」
祝3日7.5→10.9→16.3→21.2→25.6→30.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP03.7→10.2→16.2→22.0→30.0
最終的に「ポケモン」を超えるのはほぼ確実だ。

「サマーウォーズ」の細田守監督作品。
☆09年「サマーウォーズ」トータル16.5億円
OP1.3→03.7→06.9→09.3→11.2→12.6→13.6→14.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7→10.2→16.2→22.0→30.0億円→
これとの対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は44.2億円となる。
この辺りがマックスとなるか。

これらの動きが参考となるか。
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5→26.2→39.8→50.3→64.7→073.9→080.3→084.3→086.5
☆11年「コクリコ坂から」トータル44.6億円
3日05.9→11.5→17.4→22.5→28.5→034.5→037.8→040.1→041.4
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7→10.2→16.2→22.0→30.0億円→
主要作品との対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は35.0~46.9億円となる。
お盆時期も終わってしまったので、大きくは伸びないだろう。
40億円は突破しないと考えたい。
「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は先々週まで36億円台と予想していたが、38億円台に上方修正したい。
2週目まで31~32億円と予想していたが、伸びが普通ではなかった。
公開前個人予想は20億円台だったので、ハズしそうだ。
「サマーウォーズ」の結果を踏まえて、めいっぱい高めに予想したつもりだったが、完全に甘かった。


5位:「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」(東宝・テレビ東京)<6週目>
【公開前個人予想】 39億円台
【現時点での興行収入予想】 34億円台(4週目33億円台、OP~3週目37億円台)
【公開規模】 357スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.0億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは30.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.7億円程度だろうか。
お盆もあり、30億円を楽に突破した。
順調に伸ばしているが、例年に比べてかなり低い。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4→49.0
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4→祝46.8
☆09年 46.7億円「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3→45.0→45.2
☆10年 41.6億円「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝13.1→17.7→23.7→28.3→33.5→36.7→38.7→39.6
☆11年 43.3億円「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」
祝込3日08.3→13.4→20.4→26.0→31.6→36.5→39.4→40.8→41.1
☆12年「ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」
祝込3日07.5→10.9→16.3→21.2→25.6→30.3億円→
昨年は2作同時公開だったが、昨年の変則的な公開は諦めたようだ。
現時点では過去最低の動きとなっている。
これらとの対比で考えると、今年の興行収入は33.6~37.6億円となる。
公開前に『人気がちょっと落ちているような気もするので、そろそろ40億円を割るのではないか』と書いたが、予想以上に落ち込むかもしれない。
しばらくは、『しかし、人気シリーズであり、そこまで大きくは落ち込まないだろう』と楽観視していたが、そろそろ現実的になった方がいいかもしれない。
今年の興行収入は先々週に引き続き33億円台と予想したいところだが、さすがに34億円台には乗せるだろうか。
4週目まで37億円台と予想していたが、そこまでは伸びなかった。
この程度で終ると、「ドラえもん」トータル36.2億円を下回り、「コナン」トータル32.7億円との差がなくなってしまう。
公開前個人予想は39億円台だったので、微妙な結果となりそうだ。
「おおかみこども」の公開はあったが、これほど低くなるとは予想しにくい。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(8月4週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

☆「プロメテウス」(20世紀フォックス)
リドリー・スコット監督作品。
エイリアンの前日譚を制作する企画だったが、話が大きく膨らみ、人類の起源というストーリーとなった。
“謎”をアピールしているが、あまりにも漠然としすぎていて、観客の食いつきはそれほど良くないのではないか。
エイリアン系は女性受けしないところもあり、それほど高い興行収入にはならないだろう。
キャスティングも日本人受けしないはずだ。

リドリー・スコット監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆01年公開「ハンニバル」トータル46.0億円
☆02年公開「ブラックホーク・ダウン」トータル13.0億円
☆05年公開「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円
OP2.6→6.2→8.7→10.4
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル不明(9億円程度か)
OP1.1→不明→6.0→祝7.6→8.2
☆10年公開「ロビン・フッド」トータル7.0億円
金1.7→3.8→4.9→5.8→6.5→6.8
9~15億円辺りが標準となる。
二桁に乗るかどうかというところか。

“エイリアン”や“謎”がありそうな作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年公開「地球が静止する日」トータル24.1億円
金4.6→不明→17.6→20.7→22.7→23.5
☆08年公開「ハプニング」トータル12.3億円
金2.8→7.0→9.4→11.4→12.1→12.2
☆08年公開「イーグル・アイ」トータル12.2億円
OP2.5→6.4→10.0→11.6
☆08年公開「クローバーフィールド」トータル12.0億円
OP2.6→6.2→8.3→9.9→11.5
☆09年公開「ノウイング」トータル10.2億円
金2.9→6.1→8.2→9.3→9.8
☆10年公開「第9地区」トータル8.3億円
OP1.7→4.2→5.5→6.6→7.6
☆11年公開「SUPER8」トータル17.2億円
金3.9→9.2→12.5→14.7→16.1→16.7
こちらも10~12億円辺りが標準となる。
時期的にもコケることはないと思われるので、二桁には乗せてくるだろう。
リドリー・スコット監督なので、素晴らしい仕事をしていると考えて、「プロメテウス」の興行収入は12億円台と予想したい。
先行を除く、金曜日からのオープニング3日は2.7億円程度か。


☆「るろうに剣心」(ワーナー)
誰でもタイトルは知っている人気漫画の映画化なので、黙っていても観客は入る。
コケることはないだろう。
時代モノアクションは以下の作品もあるが、この程度では収まらないだろう。
☆05年「SHINOBI」トータル14.1億円
OP3.3→6.9→9.5→11.5→12.6→13.3
☆09年「GOEMON」トータル14.3億円
水7.1(OP2.0)→9.0→11.3→12.6→13.4
☆09年「カムイ外伝」トータル11.2億円
水4.3(OP1.6)→5.9→8.1→祝込9.6→10.2→10.6
最低ラインは14億円となるか。

しかし、爆発するような作品でもないだろう。
11年「GANTZ PERFECT ANSWER」トータル28.2億円辺りは下回るか。
14億円以上、28億円以下となりそうであり、20億円台程度ではないか。
「GOEMON」の5割増、「GANTZ PERFECT ANSWER」の2割減辺りと考えて、「るろうに剣心」の興行収入は21~22億円と予想したい。
先行を除くオープニングは3.0億円程度か。


☆「あなたへ」(東宝)
06年公開の高倉健主演作「単騎、千里を走る。」の興行収入は10億円未満だが、本作は年配の日本人好みの作品であり、それなりには稼ぐだろう。
ビートたけしなど出演陣も豪華だ。
しかし、「鉄道員(ぽっぽや)」のようなムーブメントはないだろう。

吉永小百合には敵わないだろうが、この手の作品は強いはずだ。
☆08年「母べえ」トータル21.2億円
OP1.6→6.4→祝10.9→13.4→15.7→17.3
☆10年「おとうと」トータル21.0億円
OP2.4→7.2→11.1→13.7→15.6→17.0
☆12年「わが母の記」
OP1.2→5.8→8.1→9.8→10.9
10億円以上、20億円以下か。
やや地味なところもあるので、そこまで高い興行収入にはならないだろう。
二桁の10億円台という予想にしたい。
オープニングは1.0億円程度か。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

『アベンジャーズ』レビュー

◆評  価   7.0点
◆おススメ度  B+(一応は楽しめられる)

原作は読んだことはないが、過去の関連映画は全て鑑賞済み。
ヒーローたちが派手に暴れまわってくれているので、アクションエンターテイメントとしては楽しむことはできる。
しかし、かなり期待感が高かったので、既存のヒーロー映画を豪華にグレードアップしただけの“普通に面白い”だけの映画との印象もある。
ヒーローたちがチーム内外で派手にぶちかますという製作コンセプトであろうし、そういった意味ではコンセプトどおりの映画に仕上がっているだろう。
「ダークナイト」のような深みのある面白さはまるでないが、そういうタイプの映画ではないので、これはこれで良いと思う。

各ヒーローのキャラクターの個性を上手く描き込んでいる。
キャプテン・アメリカは、正義感と指導力・統率力に優れているが、時代錯誤をバカにされて、周囲の者や時代に取り残された孤立感を抱えている。
アイアンマンは、行動力や頭脳は優れているが、チームワークには向かずスタンドプレーが目立つ。
ソーは、神ゆえに能力は桁外れだが、傲慢さは変わらず、思慮の浅さも変わらない。
ハルクは、能力がさらに段違いだが、怒りゆえに抑えが効かず、周囲の者からハレモノを触るような扱いを受けている。
ブラック・ウィドウは、相手から情報を引き出す諜報能力に長けているが、過去の傷を負っている。
ホークアイは、敵側の道具にされてしまった負い目がある(それほど情報量が多くなかったホークアイを敵側につかせることで、彼の能力を伝えているのは面白い手法)。
これらのように各キャラクターに長所と短所を抱えている点は描かれているが、長所と短所を抱え、価値観も種族も性別も異なるメンバーがチームになることによる“化学変化”を上手く描けられているとは思えない。
とりあえず仲間割れして、味方の死という“きっかけ”を機にとりあえず共闘するというだけでは不十分といえる。
あまりチームの分裂・融合を念入りに描くと、アクションエンターテイメントとして面白みには欠けるので、本作のようなライトな仕上りになっても仕方はないところはあるが、もうちょっと工夫が必要だろう。
自分のためにしか戦わないと罵られたアイアンマンの最後の行動などの仕掛けはあるが、上手く機能しているわけではない。

ユーモアを交えており、アクションエンターテイメントとしては面白いとは思うが、突き抜けた面白さではない。
しかし、これだけの数のヒーローがいるので、本作のようなお祭り騒ぎとなることは当然の落としどころだろう。
次作も期待したいが、ヘビーな展開ではなく、能天気にぶちかます基本的な路線は変わらないと思われる。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(8月1週目その3)

7位:「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」(東宝・テレビ東京)<2週目>
【公開前個人予想】 12億円台
【現時点での興行収入予想】 15~16億円
【公開規模】 262スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.2億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは6.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.8億円程度だろうか。
公開前に『今年はテレビアニメ化10周年ということもあり、原作者が企画したオリジナル新作ストーリーであり、DVDプレゼントもあるので、復活するだろう』と書いたとおり、強力なテコ入れもあり、高いオープニングを飾った。
伸びがあるのかどうかが注目となる。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆04年「大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!」トータル13.7億円
OP3.5→8.9→11.4→12.1
☆05年「大激突!幻の地底遺跡だってばよ」トータル11.8億円
OP2.2→5.9→8.7→10.3→11.2
☆06年「大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ」トータル7.8億円
OP1.2→3.5→不明→6.8→07.5
☆07年「疾風伝」トータル12.1億円
OP2.2→5.7→9.1→10.5→11.7→11.9→11.9
☆08年「疾風伝 絆」トータル11.6億円
OP2.2→5.4→8.6→10.0→11.0→11.2→祝込11.3
☆09年「疾風伝 火の意志を継ぐ者」トータル10.2億円
OP1.9→4.7→7.4
☆10年「疾風伝 ザ・ロストタワー」トータル10.3億円
OP1.7→4.3→7.2
☆11年「ブラッド・プリズン」トータル8.4億円
OP1.3→3.3→5.3→6.9
☆12年「ROAD TO NINJA」
OP3.0→6.9億円→
10~12億円が標準のシリーズ作品だったが、去年はコケてしまった。
しかし、巻き返して、04年に次ぐ、高いオープニングとなっている。
主要作品との対比で考えると、「ROAD TO NINJA」の興行収入は14.6~17.6億円となる。
標準の10~12億円は突破するだろうが、それほど高くは伸びないだろう。
「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」の興行収入は先週に引き続き15~16億円と予想したい。
去年の年末公開の「イナズマイレブン」や今年のGW公開の「クレヨンしんちゃん」を超えそうだ。
公開前個人予想は12億円台だったので、悪くはなかったようだ。
さすがにここまで本気になれば、ヒットするだろう。


8位:「ヘルタースケルター」(アスミック)<4週目>
【公開前個人予想】 18億円台
【現時点での興行収入予想】 18億円台
【公開規模】 206スクリーン(先週比+1スクリーン)
8.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは14.9億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.9億円程度だろうか。
内容に関係なく、話題作品はヒットするのが常識だ。

とりあえずは大人向けの作品が参考となるか。
☆07年「愛の流刑地」トータル13.9億円
OP1.6→5.5→8.3→10.4→祝12.0→12.6→13.1
☆10年「サヨナライツカ」トータル12.0億円
OP1.3→4.4→6.7→8.5→9.0→9.6
☆12年「ヘルタースケルター」
祝3日3.5→8.2→12.0→15.0億円→
これらとの対比で考えると、「ヘルタースケルター」の興行収入は20.0~21.2億円となる。
当面は20億円突破が目標となる。

「ヘルタースケルター」15.0億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「モテキ」15.5億円(トータル22.2億円)
☆「神様のカルテ」14.4億円(トータル18.9億円)
☆「アンダルシア」13.5億円(トータル18.8億円)
☆「カイジ2」13.4億円(トータル16.1億円)
☆「太平洋の奇跡~」13.3億円(トータル15.7億円)
伸びがあれば20億円突破も夢ではないというラインだ。
夏休み向けの作品とは思えず、極端に伸びがあるとも思えない。
「ヘルタースケルター」の興行収入は、先週に引き続き18億円台と予想したい。
公開前個人予想は18億円台だったので、当たりとなりそうだ。
この手の作品がヒットするのは過去の経験から分かるようになった。


11位:「メリダとおそろしの森」(ディズニー)<3週目>
【公開前個人予想】 32億円台
【現時点での興行収入予想】 13~14億円
【公開規模】 556スクリーン(先週比-6スクリーン)
5.6千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは6.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.0億円弱程度だろうか。
低い成績になるとは覚悟していたが、これほどとは思わなかった。
ピクサーという看板があるのでヒットすると思われたが、馴染みのなく、ファミリー受けしないキャラクターであり、「おおかみこども」「ポケモン」などの影響があったのではないか。
しかし、ピクサーという看板がある以上、巻き返すだろう。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「メリダとおそろしの森」
OP1.5→04.2→06.1億円→
主要作品との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は10.1~15.3億円となる。
さすがに二桁は割らないだろう。

その他のハリウッドアニメの興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆10年公開「ヒックとドラゴン」トータル9.0億円
OP1.2→4.8→
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2→
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル12.0億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆12年公開「メリダとおそろしの森」
OP1.5→4.2→6.1億円→
主要作品との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は7.3~8.9億円となる。
「塔の上のラプンツェル」がライバルとなると思ったが、このようなサプライズヒットにはなりそうもない。
内容的にメチャクチャ面白い作品ではないので、高い伸びはないだろう。
伸びがあるとは思えないが、お盆時期があるので、「メリダとおそろしの森」の興行収入は、先週に引き続き、「長くつをはいたネコ」を超える程度の13~14億円と予想したい。
公開前個人予想は32億円台だったので、大きくハズしそうだ。
ピクサー作品が普通のハリウッドアニメ以下になるとは予想できない。
アメリカでは他のピクサー作品並みに稼いでいる。


12位:「アメイジング・スパイダーマン」(ソニー)<6週目>
【公開前個人予想】 51億円台
【現時点での興行収入予想】 31億円台(4~5週目35億円前後、OP~3週目45億円前後)
【配給会社期待値等】 興収50億円突破に向けて
【公開規模】 541スクリーン(先週比-348スクリーン)
3.8千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは29.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは8.4千万円半ば程度だろうか。
先行がない「メン・イン・ブラック3」の6週目が30.3億円であり、やはり物足りない数字だ。
不思議なのか当然なのか分からないが、ビッグヒットにはならなかった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「スパイダーマン」トータル75.0億円
☆04年「スパイダーマン2」トータル67.0億円
☆07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3億円→
過去のシリーズは、日本では稼ぎにくいアメコミ作品でありながら、物凄い高い興行収入となっている。
ただ、リブートしてしまい、キャストを一新し、過去のシリーズとは分断される。
新しいキャストは日本人には知名度は低く、また、本作そのものに対しても盛り上がりが高まっているとも思えない。
前作よりも、かなり下がることとなった。

先行があった作品と比較したい。
☆10年公開「バイオハザードⅣ」トータル47.0億円
先13.1(金8.9)→祝26.0→32.4→37.2→41.6→44.0→45.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8(OP3.9)→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0(OP5.8)→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3億円→
単純比較はできないが、これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は31.3~31.8億円となる。

予想の際に個人的に参考にした作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6→52.6
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0→41.7
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3億円→
単純比較はできないが、これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は31.3~33.0億円となる。
人気・知名度といった地力もあり、夏休みシーズンという時期もあるので、オープニング時には40億円はなんとか突破するだろうと思ったが、完全に無理となった。
現時点ではどう考えても30億円前半というところではないか。
お盆時期の荒稼ぎもあり得ると思ったが、もはや無理そうだ。
「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は、先週まで35億円前後と予想していたが、31億円台に下方修正したい。
3週目まで45億円前後と予想して様子を見ていたが、全くといってほど伸びなかった。
07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円から半分以上の減少となる。
アメリカよりも日本を先に公開するという日本市場を重視した戦略だったが、完全に裏目に出た。
公開前個人予想は51億円台だったので、ハズレとなりそうだ。
3割程度のダウンと思っていたが、5割までダウンするとは予想しにくい。


13位:「コードギアス 亡国のアギト」(ショウゲート)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 30スクリーン
3.5千万円のオープニングを飾った。

今年公開されたアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」(93スクリーン)
OP0.5→1.0
☆12年「ベルセルク 黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略」(93スクリーン)
OP0.3→0.6
☆12年「ストライクウィッチーズ」(18スクリーン)
OP0.4→1.0→不明→1.6
☆12年「劇場版 BLOOD-C The Last Dark」(24スクリーン)
OP0.3→0.7
☆12年「図書館戦争 革命のつばさ」(30スクリーン)
OP0.4→0.9→1.2→1.5→1.7
だいたい同じようなオープニングとなる。
これらのトータルは不明だが、2億円台の興行収入となるのではないか。


14位:「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」(テアトル)<5週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 134スクリーン(先週比-1スクリーン)
2.0千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは3.6億円となっている。
1週間の伸びは5.2千万円半ば程度だろうか。
過去のシリーズ以上の好調の動きをみせている。
今年のアニメ作品が好調という流れか。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆07年「それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン」
祝込3日0.7(2日0.5)→
☆08年「それいけ!アンパンマン妖精リンリンのひみつ」
OP0.5→1.1→1.8→2.3→2.7
☆09年「それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星」
OP0.4→0.9→1.2→1.8
☆10年「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」トータル3.0億円
OP0.4→0.9→1.5→1.9→2.3
☆11年「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」
OP0.4→1.1→1.5→2.1→2.5→2.8→3.2
☆12年「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」
OP0.7→1.6→2.5→3.1→3.6億円→
過去の動きから考えると、7千万円台のオープニングになるとは思わなかった。
10年との対比で考えると、今年の興行収入は4.7億円となる。
例年の興行収入を超えるのは確実。
夏休みシーズンということもあり、5億円突破の期待も掛かるが、急激に観客が増えるだろうかという気もする。
オープニングに殺到しただけかもしれないので、今年の興行収入は先週に引き続き4億円台ということにして様子を見たい。
公開前個人予想は3億円台だったので、悪くはないが、何も考えてはない予想だ。


15位:「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」(アニプレックス)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 51スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.9千万円を週末に稼ぎ、トータルでは3.9億円弱となっている。
1週間の伸びは4.9千万円程度だろうか。
当然ヒットするのは分かっていたが、ここまでとは思わなかった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆10年「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」
OP0.6→不明→2.2(19スクリーン)
☆12年「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」
OP1.2→2.7→3.4→3.9億円→
オープニングは倍だったが、現在は5割増し程度の動きか。

スクリーンが少なく、ファンが多い作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→2.3→3.2→3.8→04.2
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」トータル10.7億円(90スクリーン)
OP2.0→4.9→7.8→8.7→9.4→9.8→10.1→
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→2.5→3.5→4.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆10年「劇場版 機動戦士ガンダム00」トータル8.6億円(88スクリーン)
祝3日2.5→4.5→5.7→祝6.6→7.0→7.3→7.7
☆11年「映画「けいおん!」」トータル19.0億円(137スクリーン)
OP3.2→6.9→9.4→11.4→13.2→14.4
☆12年「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」
OP1.2→2.7→3.4→3.9億円→
主要作品との対比で考えると、「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」の興行収入は6.5~7.2億円となる。
内容や人気の度合いがよく分からないが、それほど極端に高い伸びではないだろう。
「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」の興行収入は先週に引き続き6億円台と予想したい。
「マクロス」がライバルか。
アニメ作品は逆らわないほうが無難だ。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

気になる映画ニュース(8月第2週目)

☆「アベンジャーズ2」の監督は続投
2015年公開予定の「アベンジャーズ2」の監督は、前作に引き続きジョス・ウェドンに決定した。
脚本も手掛けることとなっている。
まだ見てはいないが、「アベンジャーズ」の評判も良く、妥当な決定だろう。


☆ディカプリオ版「華麗なるギャツビー」が公開延期
2012年12月に公開を予定していたが、2013年夏に延期になったようだ。
「あらゆる年齢層の観客がこの作品を楽しむことになるため、この独創的な作品がもっとも多くの観客にアピールできる時期に公開すべきだとの結論に至りました」との説明のようだが、あまり納得がいかない。
派手なアクション作品ではなくて、賞レース向けの作品なので、もちろん年末の方が向いているだろう。
今年の年末にそれほど強力なライバルが控えているわけでもない。
ワーナーの延期戦略が当たるかどうかが注目となる。


☆「プロメテウス」の続編製作が決定
リドリー・スコット監督は意欲的のようであり、ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダーも続編出演契約を結んでいるようだ。
2014年か2015年の公開を目指す。
「プロメテウス」の製作費1億3千万ドルであり、アメリカでは製作費程度しか稼げていないが、世界的には3億ドルを超えるヒットとなっていることが決めてのようだ。


☆「アバター2」の公開は2015年以降に決定
2014年12月に公開を予定していたが、製作が間に合わないようだ。
2011年から脚本に取り掛かっているようだが、まだ脚本を書いているのだろうか。
現時点の情報では残り3作をつくり、一気に撮影すると報じられている。
最後の4作目はいったいいつ公開になるのだろうか。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(8月1週目その2)

1位:「BRAVE HEARTS 海猿」(東宝・フジテレビ)<4週目>
【公開前個人予想】 65億円台
【現時点での興行収入予想】 73~74億円
【配給会社期待値等】 興収100億円を目指せる大ヒットスタートを切った
【公開規模】 450スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.9億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは46.2億円となっている。
1週間の伸びは8.0億円半ば程度だろうか。
動員ベースでは「仮面ライダー」に負けるが、興行収入ベースでは1位となる。
しかし、高い興行収入で推移しているが、やはり驚くべきものではないようだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆04年「海猿」トータル17.4億円
☆06年「LIMIT OF LOVE 海猿」トータル71.0億円
OP09.7→23.5→35.5→45.1→52.7→58.3→62.5→65.3
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
祝14.3→32.1→46.8→祝60.2→65.7→70.5→73.9→76.4
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2億円→
これらとの対比で考えると、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は61.7~72.7億円となる。
前作の80億円を超えるのは無理だろう。

以下の作品がライバルとなる。
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝48.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7→74.7
☆09年「ROOKIES」トータル85.5億円
OP12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.4→76.5→78.6→80.9→82.3
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
OP09.7→25.0→祝39.3→46.0→52.5→57.2→63.4→66.8→68.8→70.1
☆12年「テルマエ・ロマエ」
4日8.6→22.2→29.6→36.6→41.9→46.5→49.6→52.4→54.3→56.0
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2億円→
これらとの対比で考えると、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は65.6~73.8億円となる。
やはり80億円突破は無理のようだ。
75億円辺りがマックスというところではないか。
お盆時期が控えているため、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は先週に引き続き73~74億円と予想したい。
公開前個人予想は65億円台だったので、ちょっと低かったか。
日本人が好む感動アクション大作ではあるが、なぜこのシリーズがこれほど好まれるのかよく分からない。


3位:「おおかみこどもの雨と雪」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 20億円台
【現時点での興行収入予想】 36億円台(OP~2週目31~32億円)
【公開規模】 381スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.1億円を週末に稼ぎ、トータルでは16.2億円弱となっている。
1週間の伸びは5.9億円半ば程度だろうか。
週末の順位が「ポケモン」より上ということが当たり前になってきた。
それにしても、「サマーウォーズ」などで人気の高い監督であるが、ここまでとは思わなかった。

「サマーウォーズ」の細田守監督作品。
☆09年「サマーウォーズ」トータル16.5億円
OP1.3→03.7→06.9→09.3→11.2→12.6→13.6→14.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7→10.2→16.2億円→
これとの対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は38.7億円となる。
この辺りがマックスとなるか。

これらの動きが参考となるか。
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5→26.2→39.8→50.3→64.7→073.9→080.3→084.3→086.5
☆11年「コクリコ坂から」トータル44.6億円
3日05.9→11.5→17.4→22.5→28.5→034.5→037.8→040.1→041.4
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7→10.2→16.2億円→
主要作品との対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は36.3~41.5億円となる。
「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は先週まで31~32億円と予想していたが、お盆時期を控えて、30億円は楽に突破しそうであり、上昇修正した方がいいだろう。
40億円突破しないと考えて、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は36億円台と予想したい。
公開前個人予想は20億円台だったので、ハズしそうだ。
「サマーウォーズ」の結果を踏まえて、めいっぱい高めに予想したつもりだったが、完全に甘かった。


6位:「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」(東宝・テレビ東京)<4週目>
【公開前個人予想】 39億円台
【現時点での興行収入予想】 33億円台(OP~3週目37億円台)
【公開規模】 357スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.6億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは21.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.9億円程度だろうか。
20億円を楽に突破した。
順調に伸ばしているが、例年に比べてかなり低い。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4→49.0
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4→祝46.8
☆09年 46.7億円「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3→45.0→45.2
☆10年 41.6億円「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝13.1→17.7→23.7→28.3→33.5→36.7→38.7→39.6
☆11年 43.3億円「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」
祝込3日08.3→13.4→20.4→26.0→31.6→36.5→39.4→40.8→41.1
☆12年「ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」
祝込3日07.5→10.9→16.3→21.2億円→
昨年は2作同時公開だったが、昨年の変則的な公開は諦めたようだ。
現時点では過去最低の動きとなっている。
これらとの対比で考えると、今年の興行収入は30.5~37.2億円となる。
公開前に『人気がちょっと落ちているような気もするので、そろそろ40億円を割るのではないか』と書いたが、予想以上に落ち込むかもしれない。
現時点では40億円突破は厳しいだろう。
先週まで『しかし、人気シリーズであり、そこまで大きくは落ち込まないだろう』と書いてきたが、そろそろ現実的になった方がいいかもしれない。
先週まで37億円台と予想していたが、2010年トータル41.6億円の2割減程度と考えて、今年の興行収入は33億円台と予想したい。
この程度で終ると、「ドラえもん」トータル36.2億円に敗れて、「コナン」トータル32.7億円との差がなくなってしまう。
公開前個人予想は39億円台だったので、ハズしそうだ。
「おおかみこども」の公開はあったが、これほど低くなるとは予想しにくい。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(8月2週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「トータル・リコール」(ソニー)
91年公開の「トータル・リコール」の配給収入は24.0億円となっており、興行収入はその倍程度であろう。
タイトルは誰でも聞いたことがある知名度のある作品であり、ある程度の面白さは保証済みであり、コケることはまずないだろう。
ただ、SF系作品を大ヒットさせるには何かしらのインパクトが必要であり、本作にはそのインパクトは欠けている。
主役のコリン・ファレルも日本では高い人気がある俳優ではない。
大ヒットもなければ、大コケもなく、普通のヒットというところではないか。
本作と同じフィリップ・K・ディック原作の03年公開「マイノリティ・リポート」トータル52.4億円、映像世界が斬新だったSF作品の10年公開「トロン:レガシー」トータル21.2億円ほどのヒットにはならないだろう。
今年公開の「TIME」トータル18.5億円、11年公開「ツーリスト」トータル18.7億円、「SUPER8」トータル17.2億円、10年公開「シャッターアイランド」トータル17.0億円程度ではないか。
「アベンジャーズ」「プロメテウス」といった強力作品もあることもマイナス材料だ。
「トータル・リコール」の興行収入は16億円台と予想したい。
オープニング3日は3.2億円程度か。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(8月1週目その1)

動員1位:「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!」(東映・テレビ朝日)<1週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 304スクリーン
2.5億円半ば(254,172,750円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは3.0億円程度か』と書いたので、予想よりも低かった。
本シリーズの各キャラクターの人気の度合いは分からないが、フォーゼはそれほど人気がないのだろうか。
公開前に『フォーゼの人気の度合いが分からないが、フォーゼの11年の年末の成績がそれほど高くはないので、高めに予想しなくてもいいだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆06年「カブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円
OP1.7→4.1→7.1→8.4
☆07年「電王 俺、誕生!」トータル13.8億円
OP2.4→5.7→9.6→11.4→12.6
☆08年「キバ 魔界城の王」トータル9.0億円
OP1.9→5.3→6.9→8.2→8.6
☆09年「ディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「W&ディケイド」トータル15.4億円(年末公開)
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9
☆10年「W FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「オーズ&ダブル」トータル13.8億円(年末公開)
OP3.7→7.0→09.8→祝12.5→13.1→13.5→13.6
☆11年「オーズ・電王・オールライダー」トータル13.3億円(GW)
金4.0(OP3.0)→7.6→09.2→10.2→11.4→12.8→13.0
☆11年「オーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」トータル17.6億円
OP3.5→8.8→13.5→15.6→16.8→17.2
☆11年「フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGA MAX」(年末公開)
OP3.8→6.8→09.1→11.5→13.7→14.6
☆12年「仮面ライダー×スーパー戦隊」(GW)
OP4.1→7.3→13.2→14.2→14.8→15.2
☆12年「フォーゼ みんなで宇宙キターッ!」
OP2.5億円→
ここ2年は13~17億円程度となるが、今年のオープニングはここ数年では一番悪い。
10~11年の夏休み作品との対比で考えると、本年の興行収入は11.1~12.6億円となる。
人気シリーズだけに、さすがに大きくはダウンしないだろう。
本年の興行収入は12億円台と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので、やや高すぎたか。
年末・GW・夏と続いているので、そろそろ飽きられつつあるかもしれない。


動員6位:「マダガスカル3」(パラマウント)<1週目>
【公開前個人予想】 12億円台
【現時点での興行収入予想】 14億円台
【公開規模】 540スクリーン
映画の日の水曜日から公開されており、5日間で3.8億円(383,117,450円)のオープニングを飾った。
土日2日間では1.8億円弱(178,928,050円)だったようだ。
先週『オープニングは水曜日から公開されているので、予想しにくいが、5日間で3.2億円程度か』と書いたので、それほど大きくはズレていない。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆05年公開「マダガスカル」トータル22.5億円
OP3.0→11.2→16.1→19.2
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→4.1→6.5→9.3→9.9
☆12年公開「マダガスカル3」
水3.8(OP1.8)億円→
1から2が半分以下に激減しているが、1が夏休み、2が春休みということもあったか。
公開前に『今回は夏休み時期でもあり、巻き返すだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
これらとの対比で考えて、貯金分を足すと、「マダガスカル3」の興行収入は13.5~15.5億円となる。

以下の作品も参考となるだろうか。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆10年公開「ヒックとドラゴン」トータル9.0億円
OP1.2→4.8→
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル12.0億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆12年公開「マダガスカル3」
水3.8(OP1.8)億円→
主要作品との対比で考えて、貯金分を足すと、「マダガスカル3」の興行収入は14.7~15.5億円となる。
前作から大きく伸びることもないだろう。
「マダガスカル3」の興行収入は14億円台と予想したい。
今年の夏の「メリダとおそろしの森」、今年の春の「長ぐつをはいたネコ」トータル12.0億円を超えたいところだ。
公開前個人予想は12億円台だったので、やや低すぎたか。
09年公開「マダガスカル2」がトータル10.2億円から上昇するのは分かるが、そこまで高くは予想できない。


動員9位:「アナザー Another」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 6億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 230スクリーン
8.0千万円半ば(80,511,000円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.0億円程度か』と書いたので、予想よりも低かったが、それほど悪くはない。
公開前に『ハズしそうな気もするが、ホラー系はある程度の需要があるので、それなりには稼ぐのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。

ホラー作品は「貞子3D」が大ヒットしたが、キャラクターの知名度がダントツであり、「貞子」ようなヒットにはならないだろう。
☆12年「貞子3D」
OP2.5→6.2→8.8→10.7→12.0→12.8→13.2
☆12年「アナザー Another」
OP0.8億円→
さすがに、このようなヒットにはならなかった。

「アナザー Another」0.8億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2011>
☆「アントキノイノチ」0.9億円(トータル5.1億円)
☆「一命」0.9億円(トータル4.5億円)
☆「白夜行」0.8億円(トータル4.2億円)
これらとの対比で考えると、「アナザー Another」の興行収入は4.0~4.5億円となる。
4億円程度の動きではあるが、夏休みシーズンであり、多少の伸びはあるだろう。
「アナザー Another」の興行収入は5億円台と予想して、様子を見たい。
公開前個人予想は6億円台だったので、やや高すぎたが、現時点では悪くはなかった。
しかしながら、若者向けの映画は予想が難しい。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

全米映画興行収入(8月第1週目)

1位は3週連続で「ダークナイト ライジング」。
トータルでは355百万ドルとなっている。
製作費2億5千万ドルは楽に回収している。
「アベンジャーズ」が打ち立てた207.4百万ドルのオープニング記録を更新すると思われたが、乱射事件の影響があったようだ。
「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅡ」に次ぐ歴代3位の結果となっている。
公開前に書いたように『大ヒットは間違いない。「アベンジャーズ」超えができるかが注目となる』となりそうだ。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆05年「バットマン ビギンズ」トータル205百万ドル
先73→123→151→172→183→191
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
OP158→314→394→442→471→489→502→512
☆12年「ダークナイト ライジング」
OP161→287→355百万ドル→
前作よりも伸びが悪いが、乱射事件の影響だろう。
当面は「ダークナイト」を超えることが目標となる。

ライバルは以下のとおり。
☆11年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドル
OP169→274→319→343→357→366→371→375
☆12年「ハンガー・ゲーム」現時点で407百万ドル
OP153→248→302→337→357→372→381→387
☆12年「アベンジャーズ」現時点で617百万ドル
OP207→373→458→513→553→572→587→598
☆12年「ダークナイト ライジング」
OP161→287→355百万ドル→
評価は当然ながら過去最高レベルの評価となっている。
しかし、事件の影響などもあり、まだ様子を見ている者も多そうだ。
とりあえずは「アベンジャーズ」を下回ると考えて、先週に引き続き5億8~9千万ドルという予想にしておきたい。


2位となったのは新作の「トータル・リコール」。
やや微妙な26.0百万ドルのオープニングを飾った。
製作費125百万ドルの回収が目標となる。
公開前に『リメイクの「トータル・リコール」はヒットはしないだろうが、大コケもさすがにないか』と書いたとおりとなりそうだ。
リメイクモノのSFアクション。
主演はコリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール。
監督は「アンダーワールド」「ダイ・ハード4.0」のレン・ワイズマン。

前作を超えることはできるだろうか。
☆90年「トータル・リコール」トータル119百万ドル
OP25→51→68→81→92→99→105
☆12年「トータル・リコール」
OP26百万ドル→
オープニングは同じだが、おいつくのは難しいか。

近未来を描いた作品なので、以下の作品がライバルとなる。
☆10年「トロン:レガシー」トータル172百万ドル
OP44→087→131→148→157→163→167
☆04年「アイ,ロボット」トータル145百万ドル
OP52→095→115→127→134→138→141
☆02年「マイノリティ・リポート」トータル132百万ドル
OP36→73→97→110→118→123
☆12年「トータル・リコール」
OP26百万ドル→
これらとの対比で考えると、「トータル・リコール」の興行収入は73~102百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはないだろう。
「トータル・リコール」の興行収入は8千万ドル台と予想したい。
製作費を回収できない恐れが高く、成功とは言いにくい。
SFアクションは製作費が掛かる割には稼ぎにくいジャンルであり、製作にはリスクが高い作品だ。


3位となったのは新作の「Diary of a Wimpy Kid: Dog Days」。
やや低めの14.7百万ドルのオープニングを飾った。
しかし、製作費22百万ドルと格安なので、楽に黒字となりそうだ。
公開前に『「Diary of a Wimpy Kid: Dog Days」は過去のシリーズと同様だろう』と書いたとおりとなりそうだが、やや低い結果となりそうだ。
監督は前作に引き続きデヴィッド・バワーズ。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「グレッグのダメ日記」トータル64百万ドル
OP22→36→46→54→57
☆11年「Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules」トータル53百万ドル
OP24→38→45→48→50
☆12年「Diary of a Wimpy Kid: Dog Days」
OP15百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Diary of a Wimpy Kid: Dog Days」の興行収入は33~44百万ドルとなる。
評価は普通であり、高い伸びはないだろう。
「Diary of a Wimpy Kid: Dog Days」の興行収入は3千万ドル台と予想したい。


4位は4週目の「Ice Age: Continental Drift」。
トータルでは132百万ドルとなっている。
20世紀フォックスがおくるシリーズモノの3Dアニメ。
公開前に『いつも通りとなるのではないか』と書いたが、やや勢いがない。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「アイス・エイジ」トータル176百万ドル
OP46→087→117→141→152→160→166→171
☆06年「アイス・エイジ2」トータル195百万ドル
OP68→116→147→168→178→183→188→189
☆09年「アイス・エイジ3」トータル197百万ドル
OP67→120→152→171→182→188→191→192
☆12年「Ice Age: Continental Drift」
OP47→089→115→132百万ドル→
2・3作との対比で考えると、「Ice Age: Continental Drift」の興行収入は152~153百万ドルとなる。

20世紀フォックスが手掛けたアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「ロボッツ」トータル128百万ドル
OP36→66→087→104→111→116→120→123
☆08年「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」トータル155百万ドル
OP45→86→118→131→140→144→148→150
☆11年「ブルー 初めての空へ」トータル144百万ドル
OP39→81→104→115→125→132→135→137
☆12年「Ice Age: Continental Drift」
OP47→89→115→132百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Ice Age: Continental Drift」の興行収入は156~165百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、ある程度の伸びはあるだろう。
「Ice Age: Continental Drift」の興行収入は先週に引き続き1億6千万ドル台と予想したい。
「マダガスカル」とは異なり、シリーズ最低となりそうだが、上昇する方が珍しく、この程度の下落ならば許容範囲か。
これ以下の結果となると、やや厳しい。


5位は2週目の「The Watch」。
トータルでは25百万ドルとなっている。
製作費68百万ドルの回収は厳しいだろう。
ベン・スティラー、ヴィンス・ヴォーン、ジョナ・ヒルらが出演するコメディ作品であり、公開前に『「The Watch」はヒットしそうだ』と書いたが、コメディ作品の調子が最近不調だ。
アダム・サンドラー主演作品もこけていた。
監督は07年「ホット・ロッド/めざせ!不死身のスタントマン」(トータル14百万ドル)のアキヴァ・シェイファー。

「ナイト・ミュージアム」などを除く、ベン・スティラー主演作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆04年「スタスキー&ハッチ」トータル88百万ドル
OP28→052→067→077→082→085→086
☆04年「ドッジボール」トータル114百万ドル
OP30→067→084→098→105→109→111
☆07年「ライラにお手あげ」トータル37百万ドル
OP14→026→032→035→036→036
☆08年「トロピック・サンダー」トータル111百万ドル
先37→066→084→097→103→107→109
☆11年「ペントハウス」トータル78百万ドル
OP24→043→054→065→071
☆12年「The Watch」
OP13→025百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Watch」の興行収入は36~45百万ドルとなる。
評価は普通程度であり、高い伸びはないだろう。
「The Watch」の興行収入は先週に引き続き4千万ドル台と予想したい。
このキャスティングで、この低迷は痛い。


6位は6週目の「Ted」。
トータルでは203百万ドルとなっている。
ついに2億ドルを突破した。
製作費5千万ドルの4倍以上を回収している。
公開前に『「Ted」はヒットしそうだ』と書いたので、予想どおりとなりそうだ。
しかし、テディベアが活躍するのでファミリーも見れそうなコメディと思ったが、R指定のコメディのようだ。
マーク・ウォールバーグが主演している。
監督は実績のないセス・マクファーレン。
R指定ということもある、「ハングオーバー」と比較されている。

「ハングオーバー」系作品は以下のとおり。
☆09年「ハングオーバー」トータル277百万ドル
OP45→105→153→183→205→222→236→247
☆11年「ハングオーバー!!」トータル254百万ドル
先118→186→216→233→244→248→251→252
☆12年「Ted」
OP54→120→159→180→193→203百万ドル→
ここまでのヒットにはならないだろう。

マーク・ウォールバーグ主演・出演のコメディ作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」トータル119百万ドル
OP36→070→088→099→107→113
☆10年「デート&ナイト」トータル99百万ドル
OP25→049→063→074→081→087→091
☆12年「Ted」
OP54→120→159→180→193→203百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Ted」の興行収入は214~221百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、伸びはありそうだ。
「Ted」の興行収入はオープニング時に2億ドルと予想していたが、先週に引き続き2億2千万ドルと予想したい。
今夏のサプライズヒットとなりそうだ。
マーク・ウォールバーグとしても、01年「プラネット・オブ・ジ・エイプス」トータル180百万ドル、00年「パーフェクト・ストーム」トータル183百万ドルを超えて、自身最大のヒットとなっている。


7位は2週目の「Step Up Revolution」。
トータルでは23百万ドルとなっている。
製作費33百万ドルの回収が目標となる。
公開前に『「Step Up Revolution」はヒットしないだろうが、固定ファンがいるから、それなりには稼ぐだろう』と書いたが、そろそろ飽きられつつあるか。
シリーズモノの3Dダンス・ミュージックドラマ。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆06年「ステップ・アップ」トータル65百万ドル
OP21→40→50→57→62
☆08年「ステップ・アップ2:ザ・ストリート」トータル58百万ドル
先26(OP19)→41→49→53→55
☆10年「ステップ・アップ3D」トータル42百万ドル
OP16→30→37→40→41
☆12年「Step Up Revolution」
OP12→23百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Step Up Revolution」の興行収入は32~37百万ドルとなる。
評価は普通程度であり、高い伸びはないだろう。
「Step Up Revolution」の興行収入は先週に引き続き3千万ドル台と予想したい。
安定して稼げる作品ではあるが、大ヒットするわけでもなく、そろそろエンドが近づいてきたかもしれない。


8位は5週目の「アメイジング・スパイダーマン」。
トータルでは251百万ドルとなっている。
製作費2億3千万ドルの回収は余裕だったが、爆発的な勢いはなさそうだ。
公開前に『「アメイジング・スパイダーマン」はヒットするだろうが、過去のシリーズほどではないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
アメコミを題材とした3Dアクションアドベンチャーであり、リブートされた。
監督は新鋭のマーク・ウェブ。
主演は、アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆02年「スパイダーマン」トータル404百万ドル
OP115→223→286→326→354→370→383→390→396
☆04年「スパイダーマン2」トータル374百万ドル
先152(OP88)→256→302→328→344→354→361→365→368
☆07年「スパイダーマン3」トータル337百万ドル
OP151→240→282→304→318→326→330→332→334
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先137(OP62)→201→229→242→251百万ドル→
2・3作との対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は266~273百万ドルとなる。
3億ドル突破が目標となるが、当然超えられそうもない。

以下の作品が参考となるだろう。
☆11年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドル
OP169→274→319→343→357→366→371→375→377→378
☆11年「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル352百万ドル
先163(OP98)→261→303→326→338→344
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先137(OP62)→201→229→242→251百万ドル→
これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は261~268百万ドルとなる。
評価はかなり高いが、鑑賞したところそこまで良いとも思えないので、伸びはあまりないだろう。
「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は3週目まで2億8千万ドル台と予想していたが、先週に引き続き2億6千万ドル台と予想したい。
「ダークナイト」が公開されており、より伸びがなくなった。
この結果を受けて、次作以降に高額予算を掛けられるかどうか気になるところだ。


9位は7週目の「メリダとおそろしの森」。
トータルでは223百万ドルとなっている。
製作費185百万ドルの回収は余裕だった。
ピクサーによる3Dアニメ作品。
監督はあまり実績のないMark AndrewsとBrenda Chapman。
公開前に『「メリダとおそろしの森」は当然の大ヒットとなるだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

過去のピクサー作品の興行収入は以下の通り。
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル415百万ドル
OP110→227→289→339→363→379→390→396→401→404
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル340百万ドル
OP70→144→191→229→254→275→291→304→313→320
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル293百万ドル
OP68→137→187→226→250→265→274→280→284→286
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル261百万ドル
OP70→143→178→214→226→233→237→242→252→255
☆01年「モンスターズ・インク」トータル256百万ドル
OP63→122→156→192→204→212→219→224→236→245
☆99年「トイ・ストーリー2」トータル246百万ドル
☆06年「カーズ」トータル244百万ドル
OP60→117→157→183→206→220→229→234→238→239
☆08年「ウォーリー」トータル224百万ドル
OP63→127→163→183→195→204→210→214→216→218
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル206百万ドル
OP47→110→143→166→180→188→193→197→199→201
☆95年「トイ・ストーリー」トータル192百万ドル
☆11年「カーズ2」トータル191百万ドル
OP66→117→149→165→176→182→185→186→187→187
☆98年「バグズ・ライフ」トータル163百万ドル
☆12年「メリダとおそろしの森」
OP66→132→174→196→209→217→223百万ドル→
「ウォーリー」「カールじいさんの空飛ぶ家」との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は238~238百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、伸びがあるだろう。
「ウォーリー」トータル224百万ドルは超えるだろう。
「モンスターズ・インク」、「トイ・ストーリー2」、「カーズ」がライバルとなるが、これらには届きそうもない。
「メリダとおそろしの森」の興行収入は5週目まで2億4~5千万ドルと予想していたが、先週に引き続き2億3千万ドル台と予想したい。
しかし、「カーズ2」トータル191百万ドルのような失策はなく、ピクサーとしては連敗は避けられそうだ。
日本ではイマイチの結果となりそうだが、相変わらずの安定度だ。


10位は6週目の「Magic Mike」。
トータルでは111百万ドルとなっている。
製作費7百万ドルだったが、15倍以上を稼いでいる。
公開前に『「Magic Mike」はコケる』と書いたが、大ヒットしてしまった。
男性ストリップの世界を描くので誰も見ないと思ったが、女性が動いたのだろうか。
スティーヴン・ソダーバーグ監督のコメディドラマ。
チャニング・テイタム、アレックス・ペティファー、マシュー・マコノヒーが出演している。

スティーヴン・ソダーバーグ監督の主な作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「エリン・ブロコビッチ」トータル126百万ドル
OP28→56→76→90→99→107
☆01年「オーシャンズ11」トータル183百万ドル
☆04年「オーシャンズ12」トータル126百万ドル
OP39→69→087→107→115→120
☆07年「オーシャンズ13」トータル117百万ドル
OP36→70→091→102→109→113
☆09年「インフォーマント!」トータル33百万ドル
OP10→21→26→30→32
☆11年「コンテイジョン」トータル76百万ドル
OP22→44→57→65→69
☆12年「Haywire」トータル19百万ドル
OP08→15→18→19→19
☆12年「Magic Mike」
OP39→73→92→102→108→111百万ドル→
「オーシャンズ13」と同程度の動きとなっている。
主要作品との対比で考えると、「Magic Mike」の興行収入は115~117百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはないだろう。
「Magic Mike」の興行収入は、先週に引き続き、「オーシャンズ13」並の1億1千万ドル台と予想したい。
「エリン・ブロコビッチ」トータル126百万ドルまでは届かないだろう。
大ヒットを受けてか、続編製作の話が出ている。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆ジェレミー・レナー主演のアクション「ボーン・レガシー」
☆ウィル・フェレル主演のコメディ「The Campaign」
☆メリル・ストリープ主演のコメディドラマHope Springs
マット・デイモン主演の「ボーン」シリーズほどではないにせよ、「ボーン・レガシー」はヒットするのではないか。
ウィル・フェレルとメリル・ストリープの作品も実績があり、ヒットするだろう。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

『ダークナイト・ライジング』レビュー

◆評  価   8.0点
◆おススメ度  A(難解さもなく、比較的楽しめられる作品)

「ダークナイト」のような完璧な作品ではないが、思ったよりも楽しめるアクション作品には仕上がっている。
それほど期待していなかったが、3時間近い長尺にもほとんど飽きることもなく、良い緊張感が保たれており、ダレることが全くなかった。

個人的にはラストが良かったと思う。
核爆弾を抱えて英雄として死ぬよりも、面白い効果が生まれている。
「死ぬことを恐れない強さ」という弱さを面白い形でブルース・ウェインは克服したのではないか。
アルフレッドからの忠告を聞き入れて、彼の忠誠心に対してきちんと応えており、彼らの関係性が間接的に上手く描かれている。
バットマン=ブルース・ウェインは死ぬことで英雄となったが、死ぬことよりも名前を捨てて新たな人生を歩むことの方が“強さ”であることを伝えているようだ。
バットマンでいる以上、バットマンとして活躍することを夢見て悪役の復活を望んでしまうかもしれない。
そのようなブルース・ウェインという生き様を本作で見事に完結させている。

ブルース・ウェインが過去に向き合ったように、過去を捨てることということが本作のテーマなのかもしれない。
ミランダは過去を捨てることができず、父親の亡霊から逃げることができなかったことが本作の悲劇ともいえる。
セリーナ・カイル(キャットウーマン)は過去を捨てることに執着しているが、過去に付きまとわれて、新たな人生を歩めないでいる。
ブレークも警察を辞めて、過去に捨て去ったロビンという名前で一歩を踏み出そうとしている。
一方、ゴードンは面白い方法で過去を捨てている。
過去を捨てるのならば、本来ならば、警察を辞めるはずだが、警察を辞めるのではなくて、警察を続けることにより、ハービー・デントを利用した“過去”と向き合うことで“過去”を捨てている。
過去を捨てて、新たな人生を進むという手段は多種多様ということだろうか。

ブルース・ウェインが自分を捨てる強さを持てたことは、穴蔵からの脱出もあったかもしれないが、レイチェルからの別れに向き合い、ミランダやキャットウーマンに騙されても、なお、キャットウーマンを信じて、彼女に救われたということも影響しているのではないか。
バットマンとキャットウーマンとの関係は最低限のレベルでは描けているので問題ないが、ラストの展開を考えると、ミランダとウェインの関係をもうちょっと膨らませてもよかったかもしれない。

驚くような展開ではないにせよ、シリーズとしてはそれなりの決着をつけている。
本作に関しては、もっと上手くストーリーを回せたような気もするが、あまり重くしても観客が耐えられなくなるので、いくぶんライトな仕上りを目指したのではないか。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(7月4週目その4)

11位:「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」(テアトル)<4週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 135スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.7千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは3.1億円弱となっている。
1週間の伸びは6.0千万円半ば程度だろうか。
過去のシリーズ以上の好調の動きをみせている。
今年のアニメ作品が好調という流れか。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆07年「それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン」
祝込3日0.7(2日0.5)→
☆08年「それいけ!アンパンマン妖精リンリンのひみつ」
OP0.5→1.1→1.8→2.3→2.7
☆09年「それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星」
OP0.4→0.9→1.2→1.8
☆10年「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」トータル3.0億円
OP0.4→0.9→1.5→1.9→2.3
☆11年「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」
OP0.4→1.1→1.5→2.1→2.5→2.8→3.2
☆12年「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」
OP0.7→1.6→2.5→3.1億円→
過去の動きから考えると、7千万円台のオープニングになるとは思わなかった。
10年との対比で考えると、今年の興行収入は4.9億円となる。
去年の興行収入を超えるのは確実。
夏休みシーズンということもあり、5億円突破の期待も掛かるが、急激に観客が増えるだろうかという気もする。
オープニングに殺到しただけかもしれないので、今年の興行収入は先週に引き続き4億円台ということにして様子を見たい。
公開前個人予想は3億円台だったので、悪くはないが、何も考えてはない予想だ。


12位:「臨場 劇場版」(東映・テレビ朝日)<5週目>
【公開前個人予想】 16億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台(2~4週目7~8億円、OP時10~11億円)
【配給会社期待値等】 興収20億円を狙う
【公開規模】 256スクリーン(先週比+2スクリーン)
1.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは6.9億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.8千万円程度だろうか。
平日に多少伸びているが、全体的な数字は低い。
ドラマの視聴率の高さを過大評価しすぎたか。
あまり稼げないだろうとは思ったが、このような作品は不思議とヒットするものだと考えて、高めに予想したが、やっぱりダメだった。
年配層向けなので、今後も平日に期待したいが、配給会社期待値の20億円突破は当然無理だろう。

横山秀夫原作のテレビ朝日で放送されていた内野聖陽主演の事件モノドラマ。
シリーズの平均視聴率は09年4月クール14.5%、10年4月クール17.6%とかなり良い。
公開前に『若年層は動きそうもないが、年配層が動きそうであり、それなりに稼ぐのではないか』と書いたが、無理だった。

横山秀夫原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年「半落ち」トータル19.0億円
☆08年「クライマーズ・ハイ」トータル11.9億円
OP1.7→4.9→7.4→9.3→10.5
☆12年「臨場 劇場版」
OP1.5→3.9→5.4→6.5→6.9億円→
「クライマーズ・ハイ」との対比で考えると、「臨場 劇場版」の興行収入は7.8億円となる。

以下のサスペンス系ドラマの映画化の興行収入も参考となりそうだ。
☆11年「アンダルシア 女神の報復」トータル18.9億円
2.6→07.5→10.8→13.5→15.3→16.4→17.1(視聴率10.1%)
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0(視聴率14.9%)
☆12年「臨場 劇場版」
1.5→03.9→05.4→06.5→06.9億円→
「アンダルシア 女神の報復」との対比で考えると、「臨場 劇場版」の興行収入は8.0億円となる。

「臨場 劇場版」6.9億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「ロック わんこの島」7.4億円(トータル8.6億円)
☆「漫才ギャング」7.4億円(トータル8.4億円)
☆「DOG×POLICE 純白の絆」7.0億円(トータル7.6億円)
「DOG×POLICE 純白の絆」との対比で考えると、「臨場 劇場版」の興行収入は7.5億円となる。
期待していた平日の伸びがイマイチであり、過大評価しすぎたようだ。
「臨場 劇場版」の興行収入はオープニング時に10~11億円、2~4週目まで7~8億円と予想していたが、7億円台と下方修正したい。
公開前個人予想は16億円台だったので、かなり高すぎたか。
微妙とは思ったが、視聴率が高いドラマなので、それほど低くは予想しにくい。
時間に余裕のある年配層がきちんと動くと思ったが、金を払うまでのものではないのか。


13位:「テルマエ・ロマエ」(東宝)<14週目>
【公開前個人予想】 15~16億円台
【現時点での興行収入予想】59億円台(9~12週目58億円台、6~8週目55~56億円、5週目52~53億円、4週目46~47億円)
【配給会社期待値等】興収30億円突破に向け大ヒットスタート
【公開規模】 103スクリーン(先週比-91スクリーン)
9.1百万円を週末に稼ぎ、トータルでは58.9億円となっている。
1週間の伸びは3.1千万円半ば程度だろうか。
50億円を突破しており、邦画の実写作品としては2年ぶりとなる快挙だ。

週毎の伸びは以下のとおり。
OP4.3→2週目17.9→3週目7.4→4週目7.0→5週目5.3→6週目4.5→7週目3.2→8週目2.8→9週目1.9→10週目1.7→11週目1.0→12週目0.9→13週目0.7→14週目0.3億円となっている。
2週目のGWで荒稼ぎした後も、大きく落ちずに緩やかな下降となっている。
しかし、そろそろ終焉が近づいてきたようだ。

オープニング時の配給会社の期待を楽に超える大ヒットとなっている。
人気漫画の原作、コメディ系作品の強さ、お風呂や古代ローマという幅広い層に受ける題材、題名の斬新さ、阿部寛や上戸彩といったクリーンな俳優の起用などが当たり、ヒットがヒットを呼び込む結果となった。
東宝のお膝元である有楽町・日比谷界隈では、「コナン」「クレヨン」「宇宙兄弟」「僕等がいた」などにビッグスクリーンを譲り、ミニシアターで公開するほどの仕打ちを受けていたので、ここまでのヒットになるとは思っていなかっただろう。

以下の作品がライバルとなる。
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
10週目74.7→75.6→祝76.3→76.6
☆09年「ROOKIES」トータル85.5億円
10週目82.3→83.0→83.8
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
10週目70.1→71.0→71.5→72.0
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
10週目78.6→79.3→79.6→79.8→79.9
☆12年「テルマエ・ロマエ」
10週目56.0→57.0→57.9→58.6→58.9億円→
「海猿」との対比で考えると、「テルマエ・ロマエ」の興行収入は59.3億円となる。
「テルマエ・ロマエ」の興行収入は4週目に46~47億円、5週目に52~53億円、6~8週目に55~56億円、9~12週目まで58億円台と予想したが、伸びが全く止まらない。
この勢いはもうちょっと続きそうなので、先週に引き続き59億円台と予想したい。
5~7月まで他の作品が弱かったが、そろそろ強力な夏休み映画も始まるり、もう止まるだろう。
公開前個人予想は15~16億円台だったので、完全に外れた。
公開前に本作が50億円を超えると誰が予想できようか。
サプライズヒットするタイプでもなく、今でも信じられない。


14位:「グスコーブドリの伝記」(ワーナー)<4週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 227スクリーン(先週比-14スクリーン)
8.9百万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは2.3億円弱となっている。
1週間の伸びは2.8千万円半ば程度だろうか。
当然のように低迷している。
ワーナーが製作を手掛けた作品はほとんど当たらない。

宮沢賢治原作の童話の映画化。
『ファミリー層が動くかどうかがポイントとなる』と書いたが、やはり動かなかった。
「ないたあかおに」が原作の「friends もののけ島のナキ」がスマッシュヒットしたものの、この手のアニメ作品はヒットしない場合が多い。
本作はやや堅く、小難しいイメージがあり、ファミリーが動きにくいかもしれない。

予想の際に参考にした作品どおりとなりそうだ。
☆11年「豆富小僧」トータル3.9億円
祝金3日1.3(OP1.0)→3.2→3.6→3.8
☆10年「昆虫物語みつばちハッチ」トータル3.1億円
OP0.5→1.4→2.2
☆12年「グスコーブドリの伝記」
OP0.6→1.4→2.0→2.3億円→
これらとの対比で考えると、「グスコーブドリの伝記」の興行収入は2.4億円となる。
しかし、夏休みシーズンなので、まだ伸びはあるだろう。
「グスコーブドリの伝記」の興行収入は先週に引き続き3億円台と予想したい。
公開前の予想は3億円台だったので、当たりそうだ。
ワーナーの作品は渋さがあり嫌いではないが、日本で当たりやすい作品が分かっていない。


15位:「崖っぷちの男」(ディズニー)<4週目>
【公開前個人予想】 2億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 288スクリーン(先週比-17スクリーン)
7.7百万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは3.0億円弱となっている。
1週間の動きは2.9千万円半ば程度だろうか。
アメリカでは19百万ドル(製作費42百万ドル)と大コケした作品。
日本でこれほどの規模で公開されると思っていなかった。
『大作に出演しているサム・ワーシントン主演作品だが、日本でも当たらないだろう』と書いたが、その通りとなりそうだ。
しかし、大コケを予想していたので、予想よりは稼ぎそうだ。

「崖っぷちの男」3.0億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「パラノーマル・アクティビティ2」3.7億円(トータル4.3億円)
☆「パラノーマル・アクティビティ3」3.4億円(トータル3.7億円)
これらとの対比で考えると、「崖っぷちの男」の興行収入は3.3~3.5億円となる。
夏休みシーズンでもあり、まだ少しは伸びるだろう。
「崖っぷちの男」の興行収入は先週に引き続き3億円台と予想したい。
公開前個人予想は2億円台だったので、当たりとなりそうだが、もうちょっと苦戦すると思っていた。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(7月4週目その3)

7位:「ヘルタースケルター」(アスミック)<3週目>
【公開前個人予想】 18億円台
【現時点での興行収入予想】 18億円台
【公開規模】 205スクリーン(先週比+1スクリーン)
1.2億円を週末に稼ぎ、トータルでは12.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.9億円弱程度だろうか。
内容に関係なく、話題作品はヒットするのが常識だ。

とりあえずは大人向けの作品が参考となるか。
☆07年「愛の流刑地」トータル13.9億円
OP1.6→5.5→8.3→10.4→祝12.0→12.6→13.1
☆10年「サヨナライツカ」トータル12.0億円
OP1.3→4.4→6.7→8.5→9.0→9.6
☆12年「ヘルタースケルター」
祝3日3.5→8.2→12.0億円→
これらとの対比で考えると、「ヘルタースケルター」の興行収入は20.1~21.5億円となる。
当面は20億円突破が目標となる。

「ヘルタースケルター」12.0億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「モテキ」祝13.0億円(トータル22.2億円)
☆「神様のカルテ」11.8億円(トータル18.9億円)
☆「カイジ2」11.1億円(トータル16.1億円)
☆「太平洋の奇跡~」11.3億円(トータル15.7億円)
伸びがなければ16億円程度、伸びがあれば20億円突破も夢ではないというラインだ。
夏休み向けの作品とは思えず、極端に伸びがあるとも思えない。
「ヘルタースケルター」の興行収入は、先週に引き続き18億円台と予想したい。
公開前個人予想は18億円台だったので、当たりとなりそうだ。
この手の作品がヒットするのは過去の経験から分かるようになった。


8位:「メリダとおそろしの森」(ディズニー)<2週目>
【公開前個人予想】 32億円台
【現時点での興行収入予想】 13~14億円
【公開規模】 562スクリーン(先週比-1スクリーン)
1.0億円を週末に稼ぎ、トータルでは4.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.7億円弱程度だろうか。
低い成績になるとは覚悟していたが、これほどとは思わなかった。
ピクサーという看板があるのでヒットすると思われたが、馴染みのなく、ファミリー受けしないキャラクターであり、「おおかみこども」「ポケモン」などの影響があったのではないか。
しかし、ピクサーという看板がある以上、巻き返すだろう。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「メリダとおそろしの森」
OP1.5→04.2億円→
主要作品との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は10.8~14.6億円となる。
さすがに二桁は割らないだろう。

その他のハリウッドアニメの興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆10年公開「ヒックとドラゴン」トータル9.0億円
OP1.2→4.8→
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2→
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル12.0億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆12年公開「メリダとおそろしの森」
OP1.5→4.2億円→
主要作品との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は7.9~10.3億円となる。
「塔の上のラプンツェル」がライバルとなると思ったが、このようなサプライズヒットにはなりそうもない。
内容的にメチャクチャ面白い作品ではないので、高い伸びはないだろう。
「メリダとおそろしの森」の興行収入は、先週に引き続き、「長くつをはいたネコ」を超える程度の13~14億円と予想したい。
公開前個人予想は32億円台だったので、大きくハズしそうだ。
ピクサー作品が普通のハリウッドアニメ以下になるとは予想できない。


9位:「アメイジング・スパイダーマン」(ソニー)<5週目>
【公開前個人予想】 51億円台
【現時点での興行収入予想】 35億円前後(OP~3週目45億円前後)
【配給会社期待値等】 興収50億円突破に向けて
【公開規模】 889スクリーン(先週比-30スクリーン)
7.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは28.4億円となっている。
1週間の伸びは2.2億円程度だろうか。
先行がない「メン・イン・ブラック3」の5週目が28.6億円であり、やはり物足りない数字だ。
不思議なのか当然なのか分からないが、ビッグヒットにはならなかった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「スパイダーマン」トータル75.0億円
☆04年「スパイダーマン2」トータル67.0億円
☆07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4億円→
過去のシリーズは、日本では稼ぎにくいアメコミ作品でありながら、物凄い高い興行収入となっている。
ただ、リブートしてしまい、キャストを一新し、過去のシリーズとは分断される。
新しいキャストは日本人には知名度は低く、また、本作そのものに対しても盛り上がりが高まっているとも思えない。
前作よりも、かなり下がるのではないだろうか。

先行があった作品と比較したい。
☆10年公開「バイオハザードⅣ」トータル47.0億円
先13.1(金8.9)→祝26.0→32.4→37.2→41.6→44.0→45.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8(OP3.9)→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0(OP5.8)→16.4→21.8→26.2→28.4億円→
単純比較はできないが、これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は32.1~32.9億円となる。

予想の際に個人的に参考にした作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6→52.6
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0→41.7
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4億円→
単純比較はできないが、これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は32.2~34.4億円となる。
人気・知名度といった地力もあり、夏休みシーズンという時期もあるので、オープニング時には40億円はなんとか突破するだろうと思ったが、厳しくなってきた。
現時点ではどう考えても30億円台というところではないか。
32億円程度の動きではあるが、お盆時期の荒稼ぎもあり得るので、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は、先週に引き続き35億円前後という予想にしたい。
3週目まで45億円前後と予想して様子を見ていたが、思った以上に高い興行収入にはならなかった。
07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円から半分程度の減少となる。
アメリカよりも日本を先に公開するという日本市場を重視した戦略だったが、完全に裏目に出た。
公開前個人予想は51億円台だったので、ハズレとなりそうだ。
3割程度のダウンと思っていたが、5割までダウンするとは予想しにくい。


10位:「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」(アニプレックス)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 51スクリーン(先週比+1スクリーン)
3.1千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは3.4億円弱となっている。
1週間の伸びは7.2千万円弱程度だろうか。
当然ヒットするのは分かっていたが、ここまでとは思わなかった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆10年「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」
OP0.6→不明→2.2(19スクリーン)
☆12年「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」
OP1.2→2.7→3.4億円→
オープニングは倍だったが、現在は5割増し程度の動きか。

スクリーンが少なく、ファンが多い作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→2.3→3.2→3.8→04.2
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」トータル10.7億円(90スクリーン)
OP2.0→4.9→7.8→8.7→9.4→9.8→10.1→
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→2.5→3.5→4.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆10年「劇場版 機動戦士ガンダム00」トータル8.6億円(88スクリーン)
祝3日2.5→4.5→5.7→祝6.6→7.0→7.3→7.7
☆11年「映画「けいおん!」」トータル19.0億円(137スクリーン)
OP3.2→6.9→9.4→11.4→13.2→14.4
☆12年「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」
OP1.2→2.7→3.4億円→
主要作品との対比で考えると、「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」の興行収入は6.5~7.4億円となる。
内容や人気の度合いがよく分からないが、それほど極端に高い伸びではないだろう。
「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」の興行収入は先週に引き続き6億円台と予想したい。
「マクロス」がライバルか。
アニメ作品は逆らわないほうが無難だ。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

気になる映画ニュース(8月第1週目)

☆「ラッシュアワー」第4弾が始動
プロデューサーが取り組んでいることを発表したようだ。
98年、01年、07年と製作されており、5年以上ぶりの映画化となる。
「メン・イン・ブラック」も10年ぶりの続編を成功させており、そのようなことも踏まえて、久々の映画化が進んでいるのではないか。
しかし、1本も見たことはないので、面白いのかどうかはよく分からない。


☆「ホビット」が三部作に決定
「ロード・オブ・ザ・リング」の前章的な作品である「ホビット」シリーズは、2012年12月14日公開予定「ホビット 思いがけない冒険」、2013年12月13日公開予定「ホビット ゆきて帰りし物語」の二部作の予定だったが、2014年夏に3部作目が公開されることとなった。
以前から三部作になるとの噂があったが、正式に決定した。
二部作目があまりにも長編となったため、それを分けることとなったのではないか。
4時間近い作品を見るのは厳しいので、観客としては悪くはない処置だ。


☆「ジュマンジ」リブートか
監督、キャスト等は決まっておらず、企画段階ながら、そのような意向があるらしい。
現代の技術で見てみたい作品ではあるが、ネタが尽きていることを実感させられるニュースだ。


☆「バイオハザード」シリーズは第6弾で終了か
ミラ・ジョヴォヴィッチが語っているが、第5弾の単なる宣伝のようにしか聞こえない。
もう少しでラストだから、諦めずに5弾目を見てくださいという狙いか。
6弾目が仮にラストだとしても、その後にでも続編はいくらでも作れるだろうし、その気になればリブートという手段も使える。


☆「ファインディング・ニモ」続編が2016年に公開決定
4年というスパンがあるので、まだ企画があまり煮詰まっていないような気がする。
製作期間には十分なので、これから仕上げて欲しい。
4年間は長いかもしれないが、映画の製作にはこのくらいの期間が必要なのだろう。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(7月4週目その2)

1位:「BRAVE HEARTS 海猿」(東宝・フジテレビ)<3週目>
【公開前個人予想】 65億円台
【現時点での興行収入予想】 73~74億円
【配給会社期待値等】 興収100億円を目指せる大ヒットスタートを切った
【公開規模】 450スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.1億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは38.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは10.4億円弱程度だろうか。
高い興行収入だが、やはり驚くべきものではないようだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆04年「海猿」トータル17.4億円
☆06年「LIMIT OF LOVE 海猿」トータル71.0億円
OP09.7→23.5→35.5→45.1→52.7→58.3→62.5→65.3
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
祝14.3→32.1→46.8→祝60.2→65.7→70.5→73.9→76.4
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」
祝4日15.6→27.8→38.2億円→
これらとの対比で考えると、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は65.6~76.4億円となる。
前作の80億円を超えるのは無理だろう。

以下の作品がライバルとなる。
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝48.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7→74.7
☆09年「ROOKIES」トータル85.5億円
OP12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.4→76.5→78.6→80.9→82.3
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
OP09.7→25.0→祝39.3→46.0→52.5→57.2→63.4→66.8→68.8→70.1
☆12年「テルマエ・ロマエ」
4日8.6→22.2→29.6→36.6→41.9→46.5→49.6→52.4→54.3→56.0
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」
祝4日15.6→27.8→38.2億円→
これらとの対比で考えると、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は67.2~78.1億円となる。
やはり80億円突破は無理のようだ。
75億円辺りがマックスというところではないか。
「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は先週に引き続き73~74億円と予想したい。
公開前個人予想は65億円台だったので、ちょっと低かったか。
日本人が好む感動アクション大作ではあるが、なぜこのシリーズがこれほど好まれるのかよく分からない。


4位:「おおかみこどもの雨と雪」(東宝)<2週目>
【公開前個人予想】 20億円台
【現時点での興行収入予想】 31~32億円
【公開規模】 381スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.8億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは10.2億円となっている。
1週間の伸びは6.5億円半ば程度だろうか。
週末の順位が「ポケモン」より上というのは驚きだ。
「サマーウォーズ」などで人気の高い監督であるが、ここまでとは思わなかった。

「サマーウォーズ」の細田守監督作品。
☆09年「サマーウォーズ」トータル16.5億円
OP1.3→03.7→06.9→09.3→11.2→12.6→13.6→14.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7→10.2億円→
さすがに、このような動きにはならないだろう。

これらの動きが参考となるか。
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5→26.2→39.8→50.3→64.7→073.9→080.3→084.3→086.5
☆11年「コクリコ坂から」トータル44.6億円
3日05.9→11.5→17.4→22.5→28.5→034.5→037.8→040.1→041.4
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7→10.2億円→
主要作品との対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は32.9~36.0億円となる。
20億円は楽に突破しそうだが、40億円突破はどうだろうか。
ジブリ作品ほどの伸びはないだろう。
30億円は突破すると考えて、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は先週に引き続き31~32億円と予想したい。
公開前個人予想は20億円台だったので、ハズしそうだ。
「サマーウォーズ」の結果を踏まえて、めいっぱい高めに予想したつもりだったが、甘かった。


5位:「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」(東宝・テレビ東京)<3週目>
【公開前個人予想】 39億円台
【現時点での興行収入予想】 37億円台
【公開規模】 357スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.1億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは16.3億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.4億円程度だろうか。
順調に伸ばしているが、例年に比べてかなり低い。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4→49.0
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4→祝46.8
☆09年 46.7億円「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3→45.0→45.2
☆10年 41.6億円「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝13.1→17.7→23.7→28.3→33.5→36.7→38.7→39.6
☆11年 43.3億円「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」
祝込3日08.3→13.4→20.4→26.0→31.6→36.5→39.4→40.8→41.1
☆12年「ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」
祝込3日07.5→10.9→16.3億円→
昨年は2作同時公開だったが、昨年の変則的な公開は諦めたようだ。
現時点では過去最低の動きとなっている。
これらとの対比で考えると、今年の興行収入は28.8~38.3億円となる。
公開前に『人気がちょっと落ちているような気もするので、そろそろ40億円を割るのではないか』と書いたが、予想以上に落ち込むかもしれない。
現時点では40億円突破は厳しいだろう。
しかし、人気シリーズであり、そこまで大きくは落ち込まないだろう。
とりあえずは2010年トータル41.6億円の1割減程度と考えて、今年の興行収入は先週に引き続き37億円台と予想したい。
この程度で終ると、「ドラえもん」トータル36.2億円、「コナン」トータル32.7億円との差がほとんどなくなってくる。
公開前個人予想は39億円台だったので、現時点ではそれほど悪くはなかったようだ。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(8月1週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「マダガスカル3」(パラマウント)
過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆05年公開「マダガスカル」トータル22.5億円
OP3.0→11.2→16.1→19.2
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→4.1→6.5→9.3→9.9
1から2が半分以下に激減しているが、1が夏休み、2が春休みということもあったか。
今回は夏休み時期でもあり、巻き返すだろう。

以下の作品が参考となるだろうか。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆10年公開「ヒックとドラゴン」トータル9.0億円
OP1.2→4.8→
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル12.0億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
前作から大きく伸びることもないだろう。
これら同様に9~12億円程度が落ち着きどころか。
「マダガスカル3」の興行収入は12億円台と予想したい。
オープニングは水曜日から公開されているので、予想しにくいが、5日間で3.2億円程度か。


◎「アナザー Another」(東宝)
「貞子3D」は大ヒットしたが、キャラクターの知名度がダントツであり、「貞子」ようなヒットにはならないだろう。
☆12年「貞子3D」
OP2.5→6.2→8.8→10.7→12.0→12.8→13.2
さすがに、このようなヒットにはならないはずだ。
ハズしそうな気もするが、ホラー系はある程度の需要があるので、それなりには稼ぐのではないか。
しかし、アメリカのホラーは超えるか。
☆10年「パラノーマル・アクティビティ」トータル5~6億円
OP1.0→2.6→4.0→4.8
☆10年「パラノーマル・アクティビティ第2章TOKYO NIGHT」トータル2億円見込み
OP0.4→1.2→1.6→1.9→2.0
☆10年「SAW ザ・ファイナル 3D」トータル3.6億円
OP0.7→1.9→2.5→3.0→3.3
☆11年「パラノーマル・アクティビティ2」トータル4.3億円
祝3日1.2→2.5→3.3→3.7→4.0
☆11年「パラノーマル・アクティビティ3」トータル3.7億円
火1.5→2.3→2.9→3.4
これらを超える程度にはなるだろう。
「貞子3D」の半分程度を見込んで、6億円台と予想したい。
オープニングは1.0億円程度か。


◎「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!」(東映・テレビ朝日)
過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆06年「カブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円
OP1.7→4.1→7.1→8.4
☆07年「電王 俺、誕生!」トータル13.8億円
OP2.4→5.7→9.6→11.4→12.6
☆08年「キバ 魔界城の王」トータル9.0億円
OP1.9→5.3→6.9→8.2→8.6
☆09年「ディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「W&ディケイド」トータル15.4億円(年末公開)
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9
☆10年「W FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「オーズ&ダブル」トータル13.8億円(年末公開)
OP3.7→7.0→09.8→祝12.5→13.1→13.5→13.6
☆11年「オーズ・電王・オールライダー」トータル13.3億円(GW)
金4.0(OP3.0)→7.6→09.2→10.2→11.4→12.8→13.0
☆11年「オーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」トータル17.6億円
OP3.5→8.8→13.5→15.6→16.8→17.2
☆11年「フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGA MAX」(年末公開)
OP3.8→6.8→09.1→11.5→13.7→14.6
☆12年「仮面ライダー×スーパー戦隊」(GW)
OP4.1→7.3→13.2→14.2→14.8→15.2
ここ2年は13~17億円程度となる。
フォーゼの人気の度合いが分からないが、フォーゼの11年の年末の成績がそれほど高くはないので、高めに予想しなくてもいいだろう。
2010年の夏と同程度の14億円台と予想したい。
オープニングは3.0億円程度か。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。