ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(3月1週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「フライト」(パラマウント)
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ」のロバート・ゼメキス監督によるヒューマンドラマ。
主演はデンゼル・ワシントン。
アカデミー賞では主演男優賞にノミネートされた。
アメリカではトータル94百万ドルを稼いでいる。
飛行機事故を扱った作品ではあるが、日本人が好みしそうな題材であり、コケることはないだろう。

デンゼル・ワシントン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年公開「マイ・ボディガード」トータル10.1億円(※年末公開)
☆06年公開「デジャヴ」トータル8.9億円
OP1.6→4.6→6.5→7.6→8.4
☆06年公開「インサイド・マン」トータル不明(5~6億円程度か)
OP0.9→2.7
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆09年公開「サブウェイ123激突」トータル7.7億円
金1.6→4.3→5.6→6.8→7.1
☆10年公開「ザ・ウォーカー」トータル不明(4~5億円程度か)
OP0.9→2.6→3.6→4.0→4.2
☆11年公開「アンストッパブル」トータル10.8億円
金2.8→6.6→8.7→9.8→10.4→10.5
☆12年公開「デンジャラス・ラン」
金1.2→2.6→3.3→
アクション作品ではないので、老若男女が鑑賞できる。
「デンジャラス・ラン」のようなことはない。
「アンストッパブル」が目標となるか。
ちょっと渋い内容ではあるので、ビッグヒットにはならないか。
二桁突破は微妙と思われる。
「フライト」の興行収入は8億円台と予想したい。
金曜日からオープニング3日は1.8億円程度か。



◎「ジャンゴ 繋がれざる者」(ソニー)
クエンティン・タランティーノ監督の西部劇。
ジェイミー・フォックス主演作品。
クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオが出演している。
アカデミー賞において、作品賞、助演男優賞、脚本賞などにノミネートされ、助演男優賞、脚本賞を受賞した。
良作と考えていいだろう。
アメリカでは現在159百万ドルを稼いでおり、クエンティン・タランティーノのキャリアハイとなっている。

クエンティン・タランティーノ監督作品の興行収入は以下の通り。
☆03年「キル・ビル」トータル25.0億円
☆04年「キル・ビルvol.2」トータル11.0億円(※GW公開)
OP1.9→5.2→8.6→9.7
☆09年「イングロリアス・バスターズ」トータル6.5億円
金1.6→3.7→5.0→5.7
日本で人気のあるブラッド・ピット主演作品の「イングロリアス・バスターズ」がイマイチなため、強気には予想できない。
ファンが多い監督ではあるが、女性受けしないのだろう。
「イングロリアス・バスターズ」と同程度と考えるのが妥当か。
スクリーン数も多くなく上映時間も長いことから、ヒットはしないだろう。
題材的に日本では当たりにくい。
「ジャンゴ 繋がれざる者」も「イングロリアス・バスターズ」同様に6億円台と予想したい。
金曜日からのオープニング3日は1.5億円程度か。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

全米映画興行収入(2月第4週目)

1位は3週目の「Identity Thief」。
トータルでは94百万ドルとなっている。
製作費35百万ドルをあっさりと回収した。
3週目で首位に返り咲いており、コメディ作品はやはり強い。
監督は、11年「モンスター上司」をヒットさせたセス・ゴードン。
主演は、「モンスター上司」に出演していたジェイソン・ベイトマン、「ブライズメイズ」のメリッサ・マッカーシー。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「Four Christmases」トータル120百万ドル
先46→69→88→100→111→118
☆10年「アラフォー女子のベイビー・プラン」トータル28百万ドル
OP08→16→21→025→027
☆11年「モンスター上司」トータル118百万ドル
OP28→60→83→096→105
☆11年「The Change-Up」トータル37百万ドル
OP14→26→32→034→036
☆13年「Identity Thief」
OP35→71→94百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「Identity Thief」の興行収入は125~134百万ドルとなる。
評価は普通なので、あまり伸びないだろうと思ったが、時期的にプレジデント・デーなどの休みなどもあり、気軽なコメディ作品が伸びた。
「Identity Thief」の興行収入はオープニング1億ドル台と予想したが、先週に引き続き1億2千万ドル台と予想したい。
「モンスター上司」トータル118百万ドルを超えるかどうかが注目となる。
コメディ作品はやはりローリスク・ハイリターンだ。


2位となったのは新作の「Snitch」。
事前には週末3日間で11.2百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を上回る13.0百万ドルのオープニングを飾った。
監督は実績のないリック・ローマン・ウォー。
ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)主演のアクション作品。
スーザン・サランドン、ベンジャミン・ブラットが出演している。
公開前に『ヒットはしないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)は人気俳優だが、ファミリー向けではなさそうなので苦戦すると思った。

ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)主演映画の興行収入は以下の通り。
☆07年「ゲーム・プラン」トータル91百万ドル
OP23→43→59→69→77→82→85→87
☆09年「ウィッチマウンテン」トータル67百万ドル
OP24→44→53→58→62→64→64→65
☆10年「妖精ファイター」トータル60百万ドル
OP14→26→34→42→50→54→56→57
☆10年「Faster」トータル23百万ドル
先12→18→21→23
☆12年「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」トータル104百万ドル
OP27→53→77→85→91→95→97→98
☆13年「Snitch」
OP13百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Snitch」の興行収入は25~56百万ドルとなる。
評価は高いので、多少の伸びはあるだろう。
「Snitch」の興行収入は3千万ドル台と予想したい。
今年公開されたステイサム、スタローン、シュワが沈み、ブルースの「ダイ・ハード」もイマイチなので、この程度でも十分だろう。


3位は2週目の「Escape From Planet Earth」。
トータルでは35百万ドルとなっている。
製作費4千万ドルの回収が目標となる。
ヒット確実の3Dアニメ作品だが、メジャースタジオではなかったので、公開前に『やや微妙』と書いたとおりとなりそうだ。

WEINSTEIN COMPANYのアニメが参考となるか。
☆05年「リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?」トータル51百万ドル
OP12→29→38→44→47
☆13年「Escape From Planet Earth」
OP16→35百万ドル→
これとの対比で考えると、「Escape From Planet Earth」の興行収入は62百万ドルとなる。
評価は普通程度であり、伸びはないとは思うが、思ったよりは稼ぎそうだ。
「Escape From Planet Earth」の興行収入は先週4千万ドル台と予想したが、5千万ドル台に上方修正したい。
製作費を回収できれば、とりあえずは問題はないだろう。


4位は2週目の「Safe Haven」。
トータルでは48百万ドルとなっている。
製作費28百万ドルはあっさりと回収した。
ニコラス・スパークス原作のラブストーリー。
主演は、12年「ロック・オブ・エイジズ」(トータル39百万ドル)のジュリアン・ハフ、「トランスフォーマー」シリーズのジョシュ・デュアメル。
監督は、ラッセ・ハルストレム。
公開前に『ニコラス・スパークス原作の「Safe Haven」は他の原作作品と同程度は稼ぐだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

ニコラス・スパークス原作作品の興行収入は以下の通り。
☆99年「メッセージ・イン・ア・ボトル」トータル53百万ドル
OP17→32→41→46→49→51→51→51
☆02年「ウォーク・トゥ・リメンバー」トータル41百万ドル
OP12→23→30→35→38→39→40→40
☆04年「きみに読む物語」トータル81百万ドル
OP13→29→43→54→62→68→72→75
☆08年「最後の初恋」トータル42百万ドル
OP13→25→32→37→39→40→41→41
☆10年「ラスト・ソング」トータル63百万ドル
先25(OP16)→42→50→55→59→60→61→62
☆10年「親愛なるきみへ」トータル80百万ドル
OP30→54→66→72→77→79→79→79
☆12年「The Lucky One」トータル60百万ドル
OP23→39→48→54→57→58→59→59
☆13年「Safe Haven」
木30→48百万ドル→
「親愛なるきみへ」はラッセ・ハルストレム監督作品。
「きみに読む物語」以外の作品との対比で考えると、「Safe Haven」の興行収入は71~86百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはないだろう。
「Safe Haven」の興行収入は先週に引き続き7千万ドル台と予想したい。
バレンタインシーズンもあるが、この手の作品は手堅く稼げる。


5位は2週目の「ダイ・ハード/ラスト・デイ」。
トータルでは52百万ドルとなっている。
製作費92百万ドルの回収が目標となる。
公開前に『過去のシリーズ作品より大きく落ち込まないだろう』と書いたが、微妙な結果となりそうだ。
主演は、ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー。
監督は、01年「エネミー・ライン」(トータル59百万ドル)、08年「マックス・ペイン」(トータル41百万ドル)のジョン・ムーア。
シリーズモノのアクション作品。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆88年「ダイ・ハード」トータル83百万ドル
☆90年「ダイ・ハード2」トータル118百万ドル
☆95年「ダイ・ハード3」トータル100百万ドル
☆07年「ダイ・ハード4.0」トータル135百万ドル
水48→84→103→116→125
☆13年「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
木33→58百万ドル→
知名度の割にはアメリカではあまり稼げていないシリーズ。
前作との対比で考えると、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の興行収入は93百万ドルとなる。

ブルースは端役だったが、以下が参考となるか。
☆10年「エクスペンダブルズ」トータル103百万ドル
OP35→65→82→92→98→101
☆12年「エクスペンダブルズ2」トータル85百万ドル
OP29→52→66→76→80→083
☆13年「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
木33→52百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の興行収入は82~85百万ドルとなる。
評価は普通であり、伸びはないだろう。
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の興行収入は先週に引き続き8千万ドル台と予想したい。
全世界で稼げる作品とはいえ、続編ゴーサインに影響が出そうな結果となりそうだ。


6位となったのは新作の「Dark Skies」。
事前には週末3日間で10.2百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る8.9百万ドルのオープニングを飾った。
スコット・スチュワート監督のサスペンス作品。
暗めの作風であり、公開前に『ヒットはしないだろう』と書いたが、製作費3.5百万ドルの作品であり、黒字となりそうだ。

スコット・スチュワート監督の興行収入は以下のとおり。
☆10年「レギオン」トータル40百万ドル
OP18→29→35→38→39
☆11年「プリースト」トータル29百万ドル
OP15→24→27→29→29
☆13年「Dark Skies」
OP09百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Dark Skies」の興行収入は17~20百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、大して伸びないだろう。
「Dark Skies」の興行収入は1千万ドル台と予想したい。
しかし、ここまで低予算ならば、これでも十分だ。


8位は4週目の「Warm Bodies」。
トータルでは58百万ドルとなっている。
評価は高いと思ったが、意外と伸びてこない。
主演は、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のニコラス・ホルト。
監督は、11年「50/50 フィフティ・フィフティ」(トータル35百万ドル)が好評だったジョナサン・レヴィン。
ゾンビが人間の女性に恋をするという奇想天外なストーリーらしい。

以下の作品がライバルとなるか。
☆09年「ゾンビランド」トータル76百万ドル
OP25→48→61→67→71
☆13年「Warm Bodies」
OP20→36→50→58百万ドル→
これとの対比で考えると、「Warm Bodies」の興行収入は66百万ドルとなる。

ジョナサン・レヴィン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「50/50 フィフティ・フィフティ」トータル35百万ドル
OP09→17→24→29
☆13年「Warm Bodies」
OP20→36→50→58百万ドル→
これとの対比で考えると、「Warm Bodies」の興行収入は70百万ドルとなる。
評価も高いので、伸びると思ったが、あまり伸びてこない。
オープニング時に7千万ドル台と予想したが、2週目に5千万ドル台に下方修正していた。
少々下げすぎたようだ。
「Warm Bodies」の興行収入は先週に引き続き6千万ドルと予想したい。
過去にない特殊なタイプの作品はヒットしやすいが、サプライズヒットとはならなかった。


9位は3週目の「Side Effects」。
トータルでは25百万ドルとなっている。
公開前に『「Side Effects」はヒットはしないだろうが、ソダーバーグ監督のブランドでそれなりには稼ぐのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督のクライムドラマ。
ルーニー・マーラ、ジュード・ロウ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、チャニング・テイタムが出演している。

スティーヴン・ソダーバーグ監督の主な作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「オーシャンズ13」トータル117百万ドル
OP36→70→91→102→109→113
☆09年「インフォーマント!」トータル33百万ドル
OP10→21→26→30→32
☆11年「コンテイジョン」トータル76百万ドル
OP22→44→57→65→69
☆12年「エージェント・マロリー」トータル19百万ドル
OP08→15→18→19→19
☆12年「Magic Mike」トータル114百万ドル
OP39→73→92→102→108
☆13年「Side Effects」
OP09→19→25百万ドル→
ヒット作品とコケ作品を交互に制作する監督。
評価はかなり高いが、今回は予定通りコケたようだ。
これらとの対比で考えると、「Side Effects」の興行収入は26~33百万ドルとなる。
「Side Effects」の興行収入は先週に引き続き2千万ドル台と予想したい。
評価はかなり高いが、大して伸びないだろう。
この監督の作品は自分には合わないので、もう見ないと決めている。
そういう者も多いのではないか。


10位は2週目の「Beautiful Creatures」。
トータルでは16百万ドルとなっている。
製作費6千万ドルなので、大赤字になりそうだ。
「トワイライト」シリーズのようなビッグヒットになる夢を見たのだろうか。
ベストセラーを題材にしたファンタジー・ラブストーリードラマ。
主演は、Alden Ehrenreich、Alice Englert。
ジェレミー・アイアンズ、ヴィオラ・デイヴィス、エミー・ロッサム、エマ・トンプソンなどが出演している。
監督は、07年「P.S. アイラヴユー」(トータル54百万ドル)のリチャード・ラグラヴェネーズ。
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びはないだろう。
「Beautiful Creatures」の興行収入は2千万ドル台となりそうだ。
公開前に『やや微妙』と書いたように、当然の結果となりそうだ。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆ジョン・ルーカス監督のコメディ作品「21 and Over」
☆ブライアン・シンガー監督の冒険モノ「ジャックと天空の巨人」
☆イーライ・ロスプロデュースのホラー作品「The Last Exorcism Part II」
☆エド・ハリス主演のサスペンス作品「Phantom」
「21 and Over」はヒットしそうだ。
「ジャックと天空の巨人」は監督がイマイチだが、この手の作品は勝手にヒットする。
「The Last Exorcism Part II」は普通、「Phantom」はヒットしないだろう。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(2月3週目その2)

4位:「ストロベリーナイト」(東宝)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 19億円台
【公開規模】 311スクリーン(先週比±0スクリーン)
9.6千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは16.9億円弱となっている。
祝日を除いた6日間の伸びは2.2億円半ば程度だろうか。
平均視聴率は15.3%と意外と高いドラマの映画化。

以下の作品が参考となるか。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円(視聴率15.4%)
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5→30.1→31.8
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円(視聴率11.4%・11.0%)
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円(視聴率14.9%)
2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0
☆12年「劇場版 SPEC~天~」トータル23.9億円
4.7→10.8→14.6→17.1→20.5→22.3→22.9→23.2
☆13年「ストロベリーナイト」
3.2→9.5→祝14.6→16.9億円→
3週目まで「ライアーゲーム」「劇場版 SPEC~天~」とペースが似ていたが、本作はややペースが落ちたか。
主要作品との対比で考えると、「ストロベリーナイト」の興行収入は20.7~23.6億円となる。
23億円程度がマックスだろうか。
少々地味なイメージもあり、ドラマ鑑賞者以外は見ないと思われるので、「ストロベリーナイト」の興行収入は先週に引き続き19億円台と予想したい。
20億円台に乗るかどうかが注目となる。
予想はできなかったが、もうちょっと低い着地点と予想しただろう。


6位:「ゼロ・ダーク・サーティ」(GAGA)<1週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 164スクリーン
金曜日から公開されており、3日間で9.9千万円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では7.6千万円半ばだったようだ。
公開前に『金曜日からのオープニング3日は1.0億円程度か。スクリーン数が多くないので、オープニングはそれほど高くはないはずだ』と書いたとおりとなっている。

アメリカでは現在89百万ドルと比較的高い興行収入となっている。
キャサリン・ビグロー監督作品。
実在の人物を扱った興味深い作品であり、アカデミー賞作品賞・主演女優賞にノミネートされた評価の高い作品であり、日本でもそれなりに高い興行収入となりそうだ。
「アルゴ」は低い結果に終わったが、本作は大丈夫だろう。
当然「ハート・ロッカー」が参考となる。
☆10年公開「ハート・ロッカー」トータル9.0億円
OP0.4→2.2→3.7→5.1→6.2→06.9→07.3
☆13年公開「ゼロ・ダーク・サーティ」
金1.0億円→
これがライバルとなりそうだ。

アカデミー賞受賞またはノミネートされた作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆09年公開「スラムドッグ$ミリオネア」トータル13.0億円
OP1.2→03.5→6.1→8.6→9.7
☆11年公開「英国王のスピーチ」トータル18.2億円
OP1.0→04.4→6.2→7.4→8.9
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆12年公開「ドラゴン・タトゥーの女」トータル12.5億円
金2.9→06.5→09.0→11.1→12.0→12.5
☆12年公開「ヒューゴの不思議な発明」トータル10.2億円
木2.8→05.5→7.2→8.5→9.5
☆13年公開「ゼロ・ダーク・サーティ」
金1.0(OP0.8)億円→
主要作品との対比で考えると、「ゼロ・ダーク・サーティ」の興行収入は6.0~8.7億円となる。
もうちょっと話題になるかと思ったが、思ったほどでもないか。
予想通りのオープニングだが、予想通り8億円を稼ぐほど伸びないか。
「ゼロ・ダーク・サーティ」の興行収入は6億円台と予想して様子を見たい。
ヒューマンドラマ系ではなく、やはりやや重いか。


7位:「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」(20世紀フォックス)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 20億円台
【配給会社期待値等】 興収20億円を超える勢い
【公開規模】 696スクリーン(先週比-16スクリーン)
7.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは15.8億円弱となっている。
1週間の伸びは2.5億円程度だろうか。
アカデミー賞候補であり、伸びがありそうだ。

アカデミー賞受賞またはノミネートされた作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆09年公開「スラムドッグ$ミリオネア」トータル13.0億円
OP1.2→03.5→6.1→8.6→9.7
☆11年公開「英国王のスピーチ」トータル18.2億円
OP1.0→04.4→6.2→7.4→8.9
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆12年公開「ドラゴン・タトゥーの女」トータル12.5億円
金2.9→06.5→09.0→11.1→12.0→12.5
☆12年公開「ヒューゴの不思議な発明」トータル10.2億円
木2.8→05.5→7.2→8.5→9.5
☆13年公開「ライフ・オブ・パイ」
金4.2→09.8→13.3→15.8億円→
主要作品との対比で考えると、「ライフ・オブ・パイ」の興行収入は17.8~23.9億円となる。
通常では20億円前後の興行収入となりそうだが、万一アカデミー賞を受賞するともっと上がるだろう。
伸びがやや微妙だが、アカデミー賞時期であり、主要部門の受賞はないだろうが、ノミネートによる宣伝効果に期待したいところ。
「ライフ・オブ・パイ」の興行収入は先週に引き続き20億円台と予想したい。
この手の珍しいタイプの作品はヒットしやすいようだ。


8位:「アウトロー」(パラマウント)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 321スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.8千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは9.2億円となっている。
1週間の伸びは2.2億円程度だろうか。
予想はできなかったが、「コラテラル」「ナイト&デイ」以下になるだろうというイメージはもっていた。
トム・クルーズブランドは健在であり、この程度稼げば問題ないだろうが、日本での興行収入が鍵を握っている続編制作可能ラインまで稼げるかは微妙だ。

トム・クルーズ主演作の興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「バニラ・スカイ」トータル33.2億円
☆02年公開「マイノリティ・リポート」トータル52.4億円
☆03年公開「ラストサムライ」トータル137.0億円
☆04年公開「コラテラル」トータル22.0億円
OP4.1→10.3→14.1→16.7→18.9→20.1→20.6
☆05年公開「宇宙戦争」トータル60.0億円
5日16.4→29.3→39.5→43.8→47.7→50.4→53.4→56.4
☆06年公開「M:I:Ⅲ」トータル51.5億円
先々含む14.1→25.1→34.5→39.3→42.3→46.0→49.0
☆08年公開「大いなる陰謀」トータル6.2億円
金3日1.5→3.3→04.9→05.7→6.0
☆09年公開「ワルキューレ」トータル12.5億円
祝3日3.8→7.7→10.1→11.3→11.9
☆10年公開「ナイト&デイ」トータル23.1億円
先3日6.8→11.9→16.0→18.8→20.9→22.0→22.5→22.8
☆11年「ミッション:インポッシブル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6
☆13年「アウトロー」
金3.2→7.0→9.2億円→
主要作品との対比で考えると、「アウトロー」の興行収入は11.4~13.7億円となる。
さすがに二桁は超えてきそうだ。
「ワルキューレ」が当面のライバルか。

「アウトロー」9.2億円と同程度の3週目興行収入作品は以下の通り。
<2012>
☆「バトルシップ」9.9億円(トータル14.7億円)
☆「ドラゴン・タトゥーの女」9.0億円(トータル12.5億円)
☆「トータル・リコール」8.7億円(トータル10.2億円)
これらとの対比で考えると、「アウトロー」の興行収入は10.8~13.7億円となる。
暗めの作風であり、女性受けはしないだろう。
マックス13億円台、ミニマム11億円台というところではないか。
「アウトロー」の興行収入は先週に引き続き12億円台と予想したい。
続編制作は微妙なところとなりそうだ。


11位:「きいろいゾウ」(ショウゲート)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 236スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.9千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは3.4億円となっている。
1週間の伸びは1.0億円半ば程度だろうか。
人気小説の映画化のようだが、大ヒットするタイプの作品ではなく、この程度でも十分ではないか。
週刊誌に大コケと書かれたようだが、実態を知らない者が書いた記事であろう。
本当の大コケとは今年公開された「つやのよる」のような作品だ。

宮崎あおいが主演した主な作品の興行収入は以下の通り。
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆11年「神様のカルテ」トータル18.9億円
OP3.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5
☆11年「ツレがうつになりまして。」トータル8億円台見込み
祝3日1.9→4.0→5.9→7.1→7.9
☆12年「天地明察」トータル9.1億円
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆13年「きいろいゾウ」
OP0.9→2.4→3.4億円→
これらとの対比で考えると、「きいろいゾウ」の興行収入は4.8~5.6億円となる。
マックス5億円台、ミニマム4億円台とか。
コケたという記事以外にあまり話題になっている感がないので、「きいろいゾウ」の興行収入は先週に引き続き4億円台と予想したい。
やや、スクリーン数が多いが、ショウゲートの配給作品であり、この程度でもヒットと言えなくもない。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

気になる映画ニュース(2月第4週目)

☆「ジュラシック・パーク」からプロデューサーが離脱
名プロデューサーのキャスリーン・ケネディが「ジュラシック・パーク」最新作から離脱して、「スター・ウォーズ」に専念するようだ。
現時点では制作中止はないものの、2014年6月の公開予定は間に合わないだろう。
プロデューサーの仕事はかなり大変であり、フランン・マーシャルが引き続きプロデューサーを務めるものの、相当に遅れが生じるはずだ。
監督も決まっておらず、1年で仕上がるはずがない。
脚本家は起用されているので、2016年辺りには完成するのではないか。


☆アカデミー賞予想
<作品賞>
「愛、アムール」「アルゴ」「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」「ジャンゴ 繋がれざる者」「レ・ミゼラブル」「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」「リンカーン」「世界にひとつのプレイブック」「ゼロ・ダーク・サーティ」    
※「アルゴ」「リンカーン」が有力だろうか。
今の流れを考えると、「アルゴ」が有利のような気がする。
人が選ぶものであるため、流れに逆らうのは中々難しいところはあるが、他の賞レースの結果に従ってしまうところはあるだろう。
しかし、「アバター」「ハート・ロッカー」の時もそうだったが、流れで決まるというのはいかがなものだろうか。


<主演男優賞>
ブラッドリー・クーパー(世界にひとつのプレイブック)、ダニエル・デイ=ルイス(リンカーン)、ヒュー・ジャックマン(レ・ミゼラブル)、ホアキン・フェニックス(ザ・マスター)、デンゼル・ワシントン(フライト)
※本命視されているダニエル・デイ=ルイスしかいないだろう。


<主演女優賞>
ジェシカ・チャステイン(ゼロ・ダーク・サーティ)、ジェニファー・ローレンス(世界にひとつのプレイブック)、エマニュエル・リヴァ(愛、アムール)、クヮヴェンジャネ・ウォレス(ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~)、ナオミ・ワッツ(インポッシブル)
※ジェニファー・ローレンスが本命視されているようだが、あまりにも若すぎるので敬遠されそうだ。
ジェシカ・チャステインもクヮヴェンジャネ・ウォレスも若いので、敬遠されるだろう。
ナオミ・ワッツよりも、エマニュエル・リヴァが取るのではないか。


<助演男優賞>
アラン・アーキン(アルゴ)、ロバート・デ・ニーロ(世界にひとつのプレイブック)、フィリップ・シーモア・ホフマン(ザ・マスター)、トミー・リー・ジョーンズ(リンカーン)、クリストフ・ヴァルツ(ジャンゴ 繋がれざる者)
※例年、受賞経験のない功労者に渡すことが多いが、今回は全て受賞経験があるので予想が難しい。
最近受賞したアラン・アーキン、クリストフ・ヴァルツの受賞はないだろう。
フィリップ・シーモア・ホフマンは作品的に難しいか。
ロバート・デ・ニーロとトミー・リー・ジョーンズの争いになるのではないか。
主演女優賞をジェニファー・ローレンスが逃すようならば、ロバート・デ・ニーロが「世界にひとつのプレイブック」を代表して受賞すればバランスが良くなる。
事前の投票なので、上手くいくかどうかは分からないところだが。


<助演女優賞>
エイミー・アダムス(ザ・マスター)、サリー・フィールド(リンカーン)、アン・ハサウェイ(レ・ミゼラブル)、ヘレン・ハント(The Sessions)、ジャッキー・ウィーヴァー(世界にひとつのプレイブック)
※本命のアン・ハサウェイが「レ・ミゼラブル」勢を代表して受賞するのではないか。


<監督賞>
ミヒャエル・ハネケ(愛、アムール)、ベン・ザイトリン(ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~)、アン・リー(ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日)、スティーヴン・スピルバーグ(リンカーン)、デヴィッド・O・ラッセル(世界にひとつのプレイブック)
※物議をかました監督賞。作品賞を「アルゴ」に譲る代わりにスティーヴン・スピルバーグが受賞するのではないか。


<長編アニメ賞>
「メリダとおそろしの森」「フランケンウィニー」「パラノーマン ブライス・ホローの謎」「The Pirates! Band of Misfits」「シュガー・ラッシュ」    
※難解な部門。「メリダ」が本命だろうが、そろそろピクサー作品は外れるだろう。
「The Pirates!」もないだろう。
残り3本のうち、「フランケンウィニー」の評価が高いが、そこまでの作品でもない気がする。
ストップモーションアニメの「パラノーマン ブライス・ホローの謎」がこの賞をさらうのではないか。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(2月3週目その1)

動員1位:「ダイ・ハード/ラスト・デイ」(20世紀フォックス)<1週目>
【公開前個人予想】 31億円台
【現時点での興行収入予想】 26億円台
【配給会社期待値等】 最終的45億円以上・興収50億円突破目標
【公開規模】 643スクリーン
木曜日から公開されており、4日間のトータルでは6.1億円(609,911,550円)のオープニングを飾った。
土日2日間では4.0億円(402,436,350円)となっている。
先週『木曜日からのオープニングなので予想しにくいが、4日間で7.9億円程度か』と書いたので、予想よりも低い。
人気にやや陰りが見えているのか。

「ダイハード」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆88年「1」配給11.8億円
☆90年「2」配給32億円
☆95年「3」配給48億円
☆07年「4.0」トータル39.1億円
先8.9→18.0→26.0→30.0→33.4→35.5→36.7
☆13年「ラスト・デイ」
木6.1(OP4.0)億円→
配給収入の倍程度が興行収入となる。
「4.0」との単純比較では、本作の興行収入は26.8億円となる。
この程度でもおかしくはない。
公開前に『前作を超えることはないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

公開前に参考とした作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」トータル31.6億円
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3→30.0
☆12年公開「メン・イン・ブラック3」トータル31.3億円
金7.0→16.1→22.2→26.6→28.6→30.3→30.9
☆13年公開「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
木6.1(OP4.0)億円→
これらとの単純比較では、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の興行収入は21.4~27.3億円となる。
現時点では30億円突破も微妙と言わざるを得ない。
しかし、知名度の高いシリーズ作品であり、ある程度は伸びるだろう。
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の興行収入は26億円台と予想したい。
公開前個人予想は31億円台だったので、高すぎたか。
前作を踏まえると、ここまで低いとは思わなかったが、あのデキでは仕方がないか。
50億円と風呂敷は広げないでほしい。


動員2位:「テッド」(東宝東和)<5週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 38億円台(4週目36億円台、3週目28億円台)
【配給会社期待値等】 興収30億円突破も射程圏内(3週目)、40億円突破という奇跡的な数字も射程圏内(4週目)
【公開規模】 先週370スクリーン
2.1億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは28.9億円半ばとなっている。
祝日を除いた6日間の伸びは4.3億円半ば程度だろうか。
アメリカではトータル219百万ドルと大ヒットしたコメディ作品だが、日本では公開されるとも思っていなかった。
洋画の不振が続いているが、ヒットのネタは意外なところにあるようだ。
公開後の勢いから『ロングセールスとなるのではないか』と悠長に思ったが、そのレベルではないサプライズヒットとなりそうだ。
日本人向きとは思えない下ネタハリウッドコメディであり、そろそろ飽きられる頃かと思ったが、勢いは止まらない。

ロングセールスタイプの作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆11年公開「ブラック・スワン」トータル23.9億円
水5.0→9.7→13.9→17.3→19.6→21.1→22.2
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆13年公開「テッド」
金4.0→10.6→17.0→祝24.6→28.9億円→
これらとの対比で考えると、「テッド」の興行収入は33.5~36.0億円となる。
この上限を超えるか。

去年の「テルマエ・ロマエ」と動きが似る気がする。
☆12年「テルマエ・ロマエ」トータル59.8億円
4日8.6→22.2→29.6→36.6→41.9→46.5→49.6→52.4→54.3→56.0
☆13年公開「テッド」
金4.0→10.6→17.0→祝24.6→28.9億円→
これらとの対比で考えると、「テッド」の興行収入は41.2億円となる。
マックス41億円、ミニマム35億円となるか。
「テッド」の興行収入は先週36億円台と予想したが、もう少し伸びそうだ。
38億円台に上方修正したい。
3週目に28億円台と予想したが、あっさりと超えてしまった。
それにしても、去年の「バイオハザード」トータル38.1億円、「アベンジャーズ」トータル36.1億円並のヒットということとなる。
予想はできなかったが、ここまでヒットするとは誰が予想できるだろうか。
「テルマエ・ロマエ」など、気軽な奇想天外なコメディは当たりやすいようだ。


動員3位:「脳男」(東宝)<2週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 12億円台(OP時13億円台)
【公開規模】 先週302スクリーン
トータルでは5.9億円となっている。
祝日を除く6日間の伸びは2.9億円程度か。
生田斗真主演のサスペンス作品。
公開前に『暗めの作品であり、女性受けが微妙。大ヒットはしないだろう』と書いたが、さすがはジャニーズだ。それなりに稼いでいる。

原作が小説のサスペンス系の興行収入は以下のとおり。
☆12年「悪の教典」トータル23.4億円
OP3.0→08.8→14.4→17.8→19.9→21.2
☆10年「インシテミル」トータル12.2億円
OP2.1→05.7→08.1→10.2→11.2→11.7→12.0
☆10年「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円
OP2.0→05.0→07.6→09.0→10.0→10.6
☆12年「黄金を抱いて飛べ」トータル5.1億円
OP1.0→02.6→03.6→04.4
☆13年「脳男」
祝3日3.0→5.9億円→
これらとの対比で考えると、「脳男」の興行収入は11.6~15.7億円となる。
「悪の教典」のような話題にはならないだろう。
頑張っても13億円程度か。

「脳男」5.9億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「貞子3D」6.2億円(トータル13.5億円)
☆「北のカナリアたち」5.6億円(トータル14.0億円)
☆「わが母の記」5.8億円(トータル13.3億円)
これらとの対比で考えると、「脳男」の興行収入は12.8~14.8億円となる。
マックス15億円、ミニマム11億円というところか。
それほど伸びるとは思えないので、「脳男」の興行収入は12億円と予想したい。
先週13億円台と予想したが、伸びるタイプの映画ではないだろう。
公開前個人予想は9億円台だったので、やや低すぎたか。
「悪の教典」とはタイプが違うと思ったので高く予想はできなかった。
生田斗真をそこまで信頼はしてなかったが、もっと評価してもいいかもしれない。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(2月4週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「横道世之介」(ショウゲート)
「悪人」の吉田修一原作作品。
高良健吾、吉高由里子主演作品。
評判はかなり良いようだが、大ヒットするタイプではなさそうだ。
160分の長尺もややマイナス。
人気はあったが、メジャー作品ではない作品と同程度だろうか。
以下が参考となるか。
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆10年「人間失格」トータル5.4億円
OP0.8→2.5→3.7→4.9
☆11年「毎日かあさん」トータル6.0億円
OP0.8→2.6→3.8→4.7→5.2
☆12年「鍵泥棒のメソッド」トータル6.0億円
OP0.8→2.5→3.5→4.3
☆12年「夢売るふたり」トータル4.7億円
OP0.8→2.2→3.2
ある程度稼ぐという前提で、マックス6億円台、ミニマム4億円台程度となるか。
俳優の人気も踏まえて、「横道世之介」の興行収入は4億円台と予想したい。
オープニングは6千万円程度か。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

全米映画興行収入(2月第3週目)

1位となったのは新作の「ダイ・ハード/ラスト・デイ」。
事前には週末3日間で44.9百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る25.0百万ドルのオープニングを飾った。
木曜日から公開されており、トータルでは33百万ドルとなっている。
製作費92百万ドルの回収が目標となる。
公開前に『過去のシリーズ作品より大きく落ち込まないだろう』と書いたが、微妙な結果となりそうだ。
主演は、ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー。
監督は、01年「エネミー・ライン」(トータル59百万ドル)、08年「マックス・ペイン」(トータル41百万ドル)のジョン・ムーア。
シリーズモノのアクション作品。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆88年「ダイ・ハード」トータル83百万ドル
☆90年「ダイ・ハード2」トータル118百万ドル
☆95年「ダイ・ハード3」トータル100百万ドル
☆07年「ダイ・ハード4.0」トータル135百万ドル
水48(OP33)→84→103→116→125
☆13年「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
木33(OP25)百万ドル→
知名度の割にはアメリカではあまり稼げていないシリーズ。
前作との対比で考えると、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の興行収入は102百万ドルとなる。

端役だったが、以下が参考となるか。
☆10年「エクスペンダブルズ」トータル103百万ドル
OP35→65→82→92→98→101
☆12年「エクスペンダブルズ2」トータル85百万ドル
OP29→52→66→76→80→083
☆13年「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
木33(OP25)百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の興行収入は73~74百万ドルとなり、貯金分を足すと81~82百万ドルとなる。
マックス1億ドル台、ミニマム7千万ドル台か。
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びはないだろう。
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の興行収入は8千万ドル台と予想したい。
全世界で稼げる作品とはいえ、続編ゴーサインに影響が出そうな結果となりそうだ。


2位は2週目の「Identity Thief」。
トータルでは71百万ドルとなっている。
製作費35百万ドルをあっさりと回収した。
コメディ作品はやはり強い。
監督は、11年「モンスター上司」をヒットさせたセス・ゴードン。
主演は、「モンスター上司」に出演していたジェイソン・ベイトマン、「ブライズメイズ」のメリッサ・マッカーシー。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「Four Christmases」トータル120百万ドル
先46→69→88→100→111→118
☆10年「アラフォー女子のベイビー・プラン」トータル28百万ドル
OP08→16→21→025→027
☆11年「モンスター上司」トータル118百万ドル
OP28→60→83→096→105
☆11年「The Change-Up」トータル37百万ドル
OP14→26→32→034→036
☆13年「Identity Thief」
OP35→71百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Identity Thief」の興行収入は101~140百万ドルとなる。
評価は普通なので、あまり伸びないだろうと思ったが、時期的にプレジデント・デーなどの休みなどもあり、「Identity Thief」の興行収入は先週1億ドル台と予想したが、1億2千万ドル台と上方修正したい。
「モンスター上司」トータル118百万ドルを超えるかどうかが注目となる。
コメディ作品はやはりローリスク・ハイリターンだ。


3位となったのは新作の「Safe Haven」。
事前には週末3日間で21.7百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る21.4百万ドルのオープニングを飾った。
製作費28百万ドルはあっさりと回収できそうだ。
ニコラス・スパークス原作のラブストーリー。
主演は、12年「ロック・オブ・エイジズ」(トータル39百万ドル)のジュリアン・ハフ、「トランスフォーマー」シリーズのジョシュ・デュアメル。
監督は、ラッセ・ハルストレム。
公開前に『ニコラス・スパークス原作の「Safe Haven」は他の原作作品と同程度は稼ぐだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

ニコラス・スパークス原作作品の興行収入は以下の通り。
☆99年「メッセージ・イン・ア・ボトル」トータル53百万ドル
OP17→32→41→46→49→51→51→51
☆02年「ウォーク・トゥ・リメンバー」トータル41百万ドル
OP12→23→30→35→38→39→40→40
☆04年「きみに読む物語」トータル81百万ドル
OP13→29→43→54→62→68→72→75
☆08年「最後の初恋」トータル42百万ドル
OP13→25→32→37→39→40→41→41
☆10年「ラスト・ソング」トータル63百万ドル
先25(OP16)→42→50→55→59→60→61→62
☆10年「親愛なるきみへ」トータル80百万ドル
OP30→54→66→72→77→79→79→79
☆12年「The Lucky One」トータル60百万ドル
OP23→39→48→54→57→58→59→59
☆13年「Safe Haven」
木30(OP21)百万ドル→
「親愛なるきみへ」はラッセ・ハルストレム監督作品。
「きみに読む物語」以外の作品との対比で考えると、「Safe Haven」の興行収入は55~72百万ドルとなり、貯金分を足すと64~81百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはないだろう。
「Safe Haven」の興行収入は7千万ドル台と予想したい。
バレンタインシーズンもあるが、この手の作品は手堅く稼げる。


4位となったのは新作の「Escape From Planet Earth」。
事前には週末3日間で19百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る16.0百万ドルのオープニングを飾った。
製作費4千万ドルの回収が目標となる。
ヒット確実の3Dアニメ作品だが、メジャースタジオではなかったので、公開前に『やや微妙』と書いたとおりとなりそうだ。
評価は普通程度であり、伸びはないだろう。
「Escape From Planet Earth」の興行収入は4千万ドル台となりそうだ。
製作費を回収できれば、とりあえずは問題はないだろう。


5位は3週目の「Warm Bodies」。
トータルでは50百万ドルとなっている。
評価は高いと思ったが、意外と伸びてこない。
主演は、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のニコラス・ホルト。
監督は、11年「50/50 フィフティ・フィフティ」(トータル35百万ドル)が好評だったジョナサン・レヴィン。
ゾンビが人間の女性に恋をするという奇想天外なストーリーらしい。

以下の作品がライバルとなるか。
☆09年「ゾンビランド」トータル76百万ドル
OP25→48→61→67→71
☆13年「Warm Bodies」
OP20→36→50百万ドル→
これとの対比で考えると、「Warm Bodies」の興行収入は62百万ドルとなる。

ジョナサン・レヴィン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「50/50 フィフティ・フィフティ」トータル35百万ドル
OP09→17→24→29
☆13年「Warm Bodies」
OP20→36→50百万ドル→
これとの対比で考えると、「Warm Bodies」の興行収入は73百万ドルとなる。
評価も高いので、伸びると思ったが、あまり伸びてこない。
オープニング時に7千万ドル台と予想したが、先週5千万ドル台に下方修正していた。
少々下げすぎたようだ。
「Warm Bodies」の興行収入は6千万ドルと上方修正したい。
過去にない特殊なタイプの作品はヒットしやすいが、サプライズヒットとはならなかった。


6位となったのは新作の「Beautiful Creatures」。
事前には週末3日間で11.3百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る7.5百万ドルのオープニングを飾った。
木曜日から公開されており、トータルでは10百万ドルとなっている。
製作費6千万ドルなので、大赤字になりそうだ。
「トワイライト」シリーズのようなビッグヒットになる夢を見たのだろうか。
ベストセラーを題材にしたファンタジー・ラブストーリードラマ。
主演は、Alden Ehrenreich、Alice Englert。
ジェレミー・アイアンズ、ヴィオラ・デイヴィス、エミー・ロッサム、エマ・トンプソンなどが出演している。
監督は、07年「P.S. アイラヴユー」(トータル54百万ドル)のリチャード・ラグラヴェネーズ。
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びはないだろう。
「Beautiful Creatures」の興行収入は2千万ドル台となりそうだ。
公開前に『やや微妙』と書いたように、当然の結果となりそうだ。


7位は2週目の「Side Effects」。
トータルでは19百万ドルとなっている。
公開前に『「Side Effects」はヒットはしないだろうが、ソダーバーグ監督のブランドでそれなりには稼ぐのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督のクライムドラマ。
ルーニー・マーラ、ジュード・ロウ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、チャニング・テイタムが出演している。

スティーヴン・ソダーバーグ監督の主な作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「オーシャンズ13」トータル117百万ドル
OP36→70→91→102→109→113
☆09年「インフォーマント!」トータル33百万ドル
OP10→21→26→30→32
☆11年「コンテイジョン」トータル76百万ドル
OP22→44→57→65→69
☆12年「エージェント・マロリー」トータル19百万ドル
OP08→15→18→19→19
☆12年「Magic Mike」トータル114百万ドル
OP39→73→92→102→108
☆13年「Side Effects」
OP09→19百万ドル→
ヒット作品とコケ作品を交互に制作する監督。
評価はかなり高いが、今回は予定通りコケたようだ。
これらとの対比で考えると、「Side Effects」の興行収入は24~33百万ドルとなる。
「Side Effects」の興行収入は先週に引き続き2千万ドル台と予想したい。
評価はかなり高いが、大して伸びないだろう。
この監督の作品は自分には合わないので、もう見ないと決めている。
そういう者も多いのではないか。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆スコット・スチュワート監督のサスペンス作品「Dark Skies」
☆ザ・ロック主演のアクション作品「Snitch」
どちらもヒットはしないだろう。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(2月2週目その2)

2位:「脳男」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 13億円台
【公開規模】 302スクリーン
祝日の月曜日までの3日間で3.0億円(300,577,800円)のオープニングを飾った。
土日2日では2.0億円半ば程度だったようだ。
先週『オープニング3日は2.4億円程度か』と書いたので、予想よりも高かった。
1日当たり8千万円と予想したが、1億円だったようだ。
生田斗真主演のサスペンス作品。
公開前に『暗めの作品であり、女性受けが微妙。大ヒットはしないだろう』と書いたが、さすがはジャニーズだ。

原作が小説のサスペンス系の興行収入は以下のとおり。
☆12年「悪の教典」トータル23.4億円
OP3.0→08.8→14.4→17.8→19.9→21.2
☆10年「インシテミル」トータル12.2億円
OP2.1→05.7→08.1→10.2→11.2→11.7→12.0
☆10年「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円
OP2.0→05.0→07.6→09.0→10.0→10.6
☆12年「黄金を抱いて飛べ」
OP1.0→02.6→03.6→04.4
☆13年「脳男」
祝3日3.0(OP2.1)億円→
これらとの対比で考えると、「脳男」の興行収入は12.1~16.4億円となり、祝日分を足すと13.0~17.3億円となる。
「悪の教典」のような話題にはならないだろう。
13億円程度か。

「脳男」2.1億円(祝3日3.0億円)と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「あなたへ」2.4億円(トータル23.9億円)
☆「ツナグ」祝3日2.9億円(トータル16.6億円)
☆「貞子3D」2.5億円(トータル13.5億円)
☆「ロボジー」2.0億円(トータル11.6億円)
「あなたへ」以外との対比で考えると、「脳男」の興行収入は12.2~17.2億円となる。
マックス17億円、ミニマム12億円というところか。
それほど伸びるとは思えないので、「脳男」の興行収入は13億円台と予想したい。
公開前個人予想は9億円台だったので、低すぎたか。
「悪の教典」とはタイプが違うと思ったので高く予想はできなかった。
生田斗真をそこまで信頼はしてなかったが、もっと評価してもいいかもしれない。


5位:「アウトロー」(パラマウント)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 321スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.6億円を週末に稼ぎ、トータルでは7.0億円弱となっている。
1週間の伸びは3.8億円弱程度だろうか。
予想はできなかったが、「コラテラル」「ナイト&デイ」以下になるだろうというイメージはもっていた。
トム・クルーズブランドは健在であり、この程度稼げば問題ないだろうが、日本での興行収入が鍵を握っている続編制作可能ラインまで稼げるかは微妙だ。

トム・クルーズ主演作の興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「バニラ・スカイ」トータル33.2億円
☆02年公開「マイノリティ・リポート」トータル52.4億円
☆03年公開「ラストサムライ」トータル137.0億円
☆04年公開「コラテラル」トータル22.0億円
OP4.1→10.3→14.1→16.7→18.9→20.1→20.6
☆05年公開「宇宙戦争」トータル60.0億円
5日16.4→29.3→39.5→43.8→47.7→50.4→53.4→56.4
☆06年公開「M:I:Ⅲ」トータル51.5億円
先々含む14.1→25.1→34.5→39.3→42.3→46.0→49.0
☆08年公開「大いなる陰謀」トータル6.2億円
金3日1.5→3.3→04.9→05.7→6.0
☆09年公開「ワルキューレ」トータル12.5億円
祝3日3.8→7.7→10.1→11.3→11.9
☆10年公開「ナイト&デイ」トータル23.1億円
先3日6.8→11.9→16.0→18.8→20.9→22.0→22.5→22.8
☆11年「ミッション:インポッシブル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6
☆13年「アウトロー」
金3.2→7.0億円→
主要作品との対比で考えると、「アウトロー」の興行収入は11.4~15.0億円となる。
最低でも二桁は超えたいところだ。
「ワルキューレ」が当面のライバルか。

「アウトロー」7.0億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2012>
☆「バトルシップ」7.6億円(トータル14.7億円)
☆「ドラゴン・タトゥーの女」6.5億円(トータル12.5億円)
☆「トータル・リコール」7.2億円(トータル10.2億円)
これらとの対比で考えると、「アウトロー」の興行収入は9.9~13.5億円となる。
暗めの作風であり、女性受けはしないだろう。
マックス13億円台、ミニマム11億円台というところではないか。
「アウトロー」の興行収入は先週に引き続き12億円台と予想したい。
続編制作は微妙なところとなりそうだ。


8位:「きいろいゾウ」(ショウゲート)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 236スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは2.3億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.5億円弱程度だろうか。
人気小説の映画化のようだが、大ヒットするタイプの作品ではなく、この程度でも十分ではないか。

宮崎あおいが主演した主な作品の興行収入は以下の通り。
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆11年「神様のカルテ」トータル18.9億円
OP3.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5
☆11年「ツレがうつになりまして。」トータル8億円台見込み
祝3日1.9→4.0→5.9→7.1→7.9
☆12年「天地明察」トータル8~9億円台見込み
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆13年「きいろいゾウ」
OP0.9→2.4億円→
主要作品との対比で考えると、「きいろいゾウ」の興行収入は4.9~5.4億円となる。
マックス5億円台、ミニマム4億円台とか。
話題になっている感がないので、「きいろいゾウ」の興行収入は先週に引き続き4億円台と予想したい。
やや、スクリーン数が多いが、ショウゲートの配給作品であり、この程度でもヒットと言えなくもない。


10位:「ゴーストライダー2」(松竹)<1週目>
【公開前個人予想】 2億円台
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 130スクリーン(先週比±0スクリーン)
金曜日から公開されており、祝日の月曜日までの4日間で5.8千万円のオープニングを飾った。
先週『金曜日からのオープニング4日間は1.1億円程度か』と書いたので、予想の半分程度となった。
スクリーン数が少ないのは分かっていたものの、前作から考えて、それなりに稼ぐだろうと思ったが、さすがに予想が高すぎたようだ。

ニコラス・ケイジ主演のアメコミ原作アクション作品。
アメリカでは一年前に公開されて、52百万ドルと大惨敗した(前作は116百万ドルの全米興行収入)。
前作の興行収入は以下のとおり。
☆07年公開「ゴーストライダー」トータル5.0億円
OP1.3→3.5
☆13年公開「ゴーストライダー2」
金4日0.6(OP0.3)億円→
『日本でもヒットするとは思えず、半分以下となるだろう。スクリーン数も絞られている。2億円に届くかどうかというところではないか』と予想したが、2億円には届きそうもない。
「ゴーストライダー2」の興行収入は1億円台と予想したい。
公開前の予想は2億円台だったので、高すぎた。
ニコラス・ケイジにはそれなりの固定ファンがいると思ったが、2億円台に届かないレベルなのだろうか。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

気になる映画ニュース(2月第3週目)

☆「スター・ウォーズ」のスピンオフ映画の主役が決定
ハン・ソロとボバ・フェットを主役にしたスピンオフ映画が製作することとなったようだ。
ハン・ソロについては「スター・ウォーズEpⅣ」の前を舞台に青年時代が描かれる。
ボバ・フェットについては「スター・ウォーズEpⅣ~EpⅥ」の間の時期が描かれる見通しとなっている。
この時期のお馴染みのキャラクターも登場するようだ。
公開時期は未定だが、「EpⅦ」の前にスピンオフで盛り上げていくつもりだろうか。


☆「ヒットマン」がリブート
人気ゲームを題材とした07年「ヒットマン」がリブートされるようだ。
ティモシー・オリファントが主演した07年「ヒットマン」はトータル40百万ドルしか稼げなかったが、キャラクターとしては悪くはないものであり、稼げると判断したようだ。
主演は「ワイルド・シリーズ」のポール・ウォーカーが起用される。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』レビュー

◆評  価   4.0点
◆おススメ度  B-(期待をしないほうがいい)

派手なだけの空っぽのアクション作品。
この脚本で制作のゴーサインが出たことが不思議な映画だ。
ツイていない男というよりも、もはやだたのムチャクチャな無敵な男でしかなく、やっていることは犯罪者と変わりがない。
無敵なので緊張感もスリルもなく、ただひたすらに銃をぶっぱなして相手を殺すだけの繰り返し。
敵国で親子2人だけなのに、相手が誰であろうと何百人いようと放射能であろうと怖いものなし。
本人たちが語るように、ノーアイディアでただ無謀に突っ走るだけとなっている。
それはそれで良い場合もあるが、それだけでは面白味はない。
「007」「ミッション・インポッシブル」「ボーンシリーズ」の悪い影響を受けたか。

親子というテーマがあったはずだが、完全な失敗に終わった。
息子の反抗は最初だけであり、根っこはCIA職員らしく正義と任務の塊。
ただの良い子ではジョン・マクレーンとの化学反応が起きようがない。
水と油ならば面白いこととなるが、水と水ではただ混ざり合うだけだ。
本作の場合は油と油かもしれないが。
息子又は父親、もしくは相互が人質になるといった展開や、息子を教育する展開や、父親を超える能力を見せるような展開がないと面白味がない。
息子はCIAというよりも犯罪者の方がまだマシだったかもしれない。
CIA職員だとしても、最後まで明らかにせずに、息子の目的が分からない父親と目的を隠して行動する息子とのズレのようなものを描いてもよいだろう。

また、子どもへの愛情の深さを、セリフで過去の出来事を反省するだけではなくて、身を挺しても守るようなものを見せて改心させてもらいたいものだ。
本作においても息子を守るために、ヘリコプターから車でダイブするという見せ場があるが、あれでは足りないだろう。

肝心の敵方も魅力がなさすぎる。
話を大きくしたいためにチェルノブイリを出したのかもしれないが、陰謀があまりにも小さくまとまりすぎた。
そもそもロシア人の大物がやりたかったことが不明すぎる。
自分の持ち物を取り出すのに何故一芝居打つのか、敵対する大臣候補に対抗する能力を持つのに何故一芝居打つのか、たとえ投獄されたとしても、この展開では別の方法があるだろうというレベルだ。
殺し屋も中途半端、裏切り物も中途半端、黒幕も中途半端では、どうしようもない。
ヘリコプター一機がラスボスになるほど予算が削られたのか。

あわよくば世代交代を狙った作品だと思われるが、日本版のタイトルにつけられたように残念ながら“ラスト”になるかもしれないほどのデキと言わざるを得ない。
これで終わってほしくはないが、親子3人のご対面の残念なハッピーエンドで終わらしてもいいかもしれない。
このシリーズをこれ以上汚してほしくはない。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(2月2週目その1)

1位:「テッド」(東宝東和)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 36億円台(3週目28億円台)
【配給会社期待値等】 興収30億円突破も射程圏内(3週目)、40億円突破という奇跡的な数字も射程圏内(4週目)
【公開規模】 370スクリーン(先週比+93スクリーン)
4.7億円半ばを祝日を含めた週末に稼ぎ、トータルでは24.6億円弱となっている。
祝日を含めた8日間の伸びは7.6億円程度だろうか。
アメリカではトータル219百万ドルと大ヒットしたコメディ作品だが、日本では公開されるとも思っていなかった。
洋画の不振が続いているが、ヒットのネタは意外なところにあるようだ。
『ロングセールスとなるのではないか』と思ったが、そのレベルではないサプライズヒットとなりそうだ。
先週はそろそろ飽きられると思ったが、逆に上方修正した方がよさそうだ。

ロングセールスタイプの作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆11年公開「ブラック・スワン」トータル23.9億円
水5.0→9.7→13.9→17.3→19.6→21.1→22.2
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆13年公開「テッド」
金4.0→10.6→17.0→祝24.6億円→
これらとの対比で考えると、「テッド」の興行収入は32.3~35.3億円となる。
この上限を超えるか。

去年の「テルマエ・ロマエ」と動きが似る気がする。
☆12年「テルマエ・ロマエ」トータル59.8億円
4日8.6→22.2→29.6→36.6→41.9→46.5→49.6→52.4→54.3→56.0
☆13年公開「テッド」
金4.0→10.6→17.0→祝24.6億円→
これらとの対比で考えると、「テッド」の興行収入は40.2億円となる。
マックス40億円、ミニマム35億円となるか。
先週28億円台と予想したが、「テッド」の興行収入は36億円台に上方修正したい。
去年の「バイオハザード」トータル38.1億円、「アベンジャーズ」トータル36.1億円並のヒットということとなる。
予想はできなかったが、ここまでヒットするとは誰が予想できるだろうか。
「テルマエ・ロマエ」など、気軽な奇想天外なコメディは当たりやすいようだ。


3位:「ストロベリーナイト」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 19億円台
【公開規模】 311スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.9億円半ばを週末に稼ぎ、祝日を含めたトータルでは14.6億円となっている。
祝日を含めた8日間の伸びは5.2億円弱程度だろうか。
平均視聴率は15.3%と意外と高いドラマの映画化。

以下の作品が参考となるか。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円(視聴率15.4%)
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5→30.1→31.8
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円(視聴率11.4%・11.0%)
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円(視聴率14.9%)
2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0
☆12年「劇場版 SPEC~天~」トータル23.9億円
4.7→10.8→14.6→17.1→20.5→22.3→22.9→23.2
☆13年「ストロベリーナイト」
3.2→9.5→祝14.6億円→
「ライアーゲーム」「劇場版 SPEC~天~」とペースが似ている。
主要作品との対比で考えると、「ストロベリーナイト」の興行収入は21.9~23.9億円となる。
23億円程度がマックスだろうか。
少々地味なイメージもあり、ドラマ鑑賞者以外は見ないと思われるので、「ストロベリーナイト」の興行収入は先週に引き続き19億円台と予想したい。
今週は祝日の影響もあったはずだ。
20億円台に乗るかどうかが注目となる。
予想はできなかったが、もうちょっと低い着地点と予想しただろう。


4位:「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」(20世紀フォックス)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 20億円台
【配給会社期待値等】 興収20億円を超える勢い
【公開規模】 712スクリーン(先週比-3スクリーン)
1.6億円を週末に稼ぎ、トータルでは13.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.5億円程度だろうか。
アカデミー賞候補であり、伸びがありそうだ。

アカデミー賞受賞またはノミネートされた作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆09年公開「スラムドッグ$ミリオネア」トータル13.0億円
OP1.2→03.5→6.1→8.6→9.7
☆11年公開「英国王のスピーチ」トータル18.2億円
OP1.0→04.4→6.2→7.4→8.9
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆12年公開「ドラゴン・タトゥーの女」トータル12.5億円
金2.9→06.5→09.0→11.1→12.0→12.5
☆12年公開「ヒューゴの不思議な発明」トータル10.2億円
木2.8→05.5→7.2→8.5→9.5
☆13年公開「ライフ・オブ・パイ」
金4.2→09.8→13.3億円→
主要作品との対比で考えると、「ライフ・オブ・パイ」の興行収入は18.4~23.9億円となる。
通常では20億円前後の興行収入となりそうだが、万一アカデミー賞を受賞するともっと上がるだろう。
しかし、主要部門の受賞はないだろう。
「ライフ・オブ・パイ」の興行収入は先週に引き続き20億円台と予想したい。
この手の珍しいタイプの作品はヒットしやすい。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

『ライフ・オブ・パイ』レビュー

◆評  価   9.0点
◆おススメ度  A(分かれば素晴らしい作品)

原作未読。
前知識もなかったので、緊張感かつ美しい映像で綴られたサバイバル映画だと感心していたが、ラストで現実を知り、打ちのめされた。
結局作り話かと一瞬思ったりもしたが、作り話であるため余計に観終った後は何があったのかを考えざるを得ない。
目に映る世界がそのまま現実の世界ではなく、現実を上手く包み込みながらファンタジックに描くことにより、観客も想像力が多いに働くこととなる。
悲惨な現実を描くよりも、本作の描き方の方が確かに神秘的なものとなった。

実際に何があったのかはよく分からない。
パイが語るように「何を信じるか」はその人次第であり、その答えはない。
トラと旅したと信じたとしても、その解釈が間違いとは限らないが、パイが語る2番目の話がほぼ現実であり、何かに置き換えることでパイは精神を保つことができ、生還することができたのだろう。
しかしながら、パイが語る2番目の話も真実とは限らない。
それ以上のことが繰り広げられたと考える者も多いことだろう。
サメに食べられたと語っていたが母親が最後にどうなったのか、オランウータン役が母親のようだが、実際には果たしてそうだったのか、ハイエナ役ということもあり得るのではないか、とも思ってしまった。
網で捕まえた大きな魚を殺す際の神への祈り、カツオのような魚のトラとの取り合い、ミーアキャットの暮らす酸性の島をヒントに想像するしかないようだ。

また、トラが振り返らなかったことをパイは嘆いていたが、パイの中にある狂気・本能は生還とともに、心の奥底に消え失せてしまったのだろう。
狂気・本能はパイという本来の姿ではなく、生き残るためにトラという本能を生まざるを得なかったものであり、生き残ることができれば消えるものということか。

主人公のニックネームであり、タイトルでもあるように本作は円周率のように無限に広がる映画だ。
簡単に割り切れる解のある映画ではなく、観た者によって、感じ方が大きく変わるのではないか。
動物でありながら動物ではない“人間”の神秘や奥深さを感じずにはいられない作品だ。
一面的ではなく多面的であり、深淵な映画を作り上げたアン・リー監督はやはり只者ではないようだ。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(2月3週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「ダイ・ハード/ラスト・デイ」(20世紀フォックス)
「ダイハード」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆88年「1」配給11.8億円
☆90年「2」配給32億円
☆95年「3」配給48億円
☆07年「4.0」トータル39.1億円
先8.9→18.0→26.0→30.0→33.4→35.5→36.7
配給収入の倍程度が興行収入となる。
日本では異常に人気が高いシリーズ作品であり、コケることはないだろう。
激しいアクション作品であるが、老若男女が楽しめられる。
しかし、時期的にもそれほど稼ぎにくく、それそろ飽きられつつあるか。
前作を超えることはないだろう。
しかし、去年の「メン・イン・ブラック3」トータル31.3億円、「アメイジング・スパイダーマン」トータル31.6億円辺りを超えるか、近い数値になるのではないか。
そうなると、30億円以上、40億円以下というところか。
時期的にあまり強気にはなれないので、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の興行収入は前作の2割減の31億円と予想したい。
木曜日からのオープニングなので予想しにくいが、4日間で7.9億円程度か。


◎「ゼロ・ダーク・サーティ」(GAGA)
アメリカでは現在84百万ドルと高い興行収入となっている。
キャサリン・ビグロー監督作品。
実在の人物を扱った興味深い作品であり、アカデミー賞作品賞・主演女優賞にノミネートされた評価の高い作品であり、日本でも高い興行収入となりそうだ。
「アルゴ」は低い結果に終わったが、本作は大丈夫だろう。
当然「ハート・ロッカー」が参考となる。
☆10年公開「ハート・ロッカー」トータル9.0億円
OP0.4→2.2→3.7→5.1→6.2→06.9→07.3
これに近い成績となるのではないか。
「英国王のスピーチ」トータル18.2億円のようなことにはならないだろうが、本作はロングセールスになるだろう。
「ゼロ・ダーク・サーティ」の興行収入は「ハート・ロッカー」をやや下回る8億円台と予想したい。
金曜日からのオープニング3日は1.0億円程度か。
スクリーン数が多くないので、オープニングはそれほど高くはないはずだ。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

全米映画興行収入(2月第2週目)

1位となったのは新作の「Identity Thief」。
事前には週末3日間で25.5百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を大きく上回る34.6百万ドルのオープニングを飾った。
製作費35百万ドルをあっさりと回収した。
コメディ作品はやはり強い。
監督は、11年「モンスター上司」をヒットさせたセス・ゴードン。
主演は、「モンスター上司」に出演していたジェイソン・ベイトマン、「ブライズメイズ」のメリッサ・マッカーシー。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「Four Christmases」トータル120百万ドル
先46→69→88→100→111→118
☆10年「アラフォー女子のベイビー・プラン」トータル28百万ドル
OP08→16→21→025→027
☆11年「モンスター上司」トータル118百万ドル
OP28→60→83→096→105
☆11年「The Change-Up」トータル37百万ドル
OP14→26→32→034→036
☆13年「Identity Thief」
OP35百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Identity Thief」の興行収入は91~148百万ドルとなる。
評価は普通なので、あまり伸びないだろう。
「Identity Thief」の興行収入は「モンスター上司」を超えない程度の1億ドル台と予想したい。
コメディ作品はやはりローリスク・ハイリターンだ。


3位となったのは新作の「Side Effects」。
事前には週末3日間で11.7百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る9.3百万ドルのオープニングを飾った。
先週『「Side Effects」はヒットはしないだろうが、ソダーバーグ監督のブランドでそれなりには稼ぐのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。
スティーヴン・ソダーバーグ監督のクライムドラマ。
ルーニー・マーラ、ジュード・ロウ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、チャニング・テイタムが出演している。

スティーヴン・ソダーバーグ監督の主な作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「オーシャンズ13」トータル117百万ドル
OP36→70→091→102→109→113
☆09年「インフォーマント!」トータル33百万ドル
OP10→21→26→30→32
☆11年「コンテイジョン」トータル76百万ドル
OP22→44→57→65→69
☆12年「エージェント・マロリー」トータル19百万ドル
OP08→15→18→19→19
☆12年「Magic Mike」トータル114百万ドル
OP39→73→92→102→108
☆13年「Side Effects」
OP09百万ドル→
ヒット作品とコケ作品を交互に制作する監督。
今回は予定通りコケたようだ。
これらとの対比で考えると、「Side Effects」の興行収入は21~31百万ドルとなる。
「Side Effects」の興行収入は2千万ドル台と予想したい。
評価はそれほど悪くはない程度だが、大して伸びないだろう。
この監督の作品は自分には合わないので、もう見ないと決めている。
そういう者も多いのではないか。


2位は2週目の「Warm Bodies」。
トータルでは36百万ドルとなっている。
評価は高いと思ったが、意外と伸びてこない。
主演は、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のニコラス・ホルト。
監督は、11年「50/50 フィフティ・フィフティ」(トータル35百万ドル)が好評だったジョナサン・レヴィン。
ゾンビが人間の女性に恋をするという奇想天外なストーリーらしい。

以下の作品がライバルとなるか。
☆09年「ゾンビランド」トータル76百万ドル
OP25→48→61→67→71
☆13年「Warm Bodies」
OP20→36百万ドル→
これとの対比で考えると、「Warm Bodies」の興行収入は57百万ドルとなる。

ジョナサン・レヴィン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「50/50 フィフティ・フィフティ」トータル35百万ドル
OP09→17→24→29
☆13年「Warm Bodies」
OP20→36百万ドル→
これとの対比で考えると、「Warm Bodies」の興行収入は74百万ドルとなる。
評価も高いので、伸びると思ったが、あまり伸びてこない。
先週7千万ドル台と予想したが、「Warm Bodies」の興行収入は5千万ドルと下方修正したい。
過去にない特殊なタイプの作品はヒットしやすいが、サプライズヒットにはならなかった。


10位は2週目の「バレット」。
トータルでは8百万ドルとなっている。
シルベスター・スタローン主演のアクション作品。
監督は「48時間」のウォルター・ヒル。
本作のような古いタイプのアクション作品はヒットしない。
シュワルツェネッガー主演の「ラスト・スタンド」、ステイサム主演の「パーカー」同様にコケている。
やはり、束にならなければ稼げないのか。

スタローン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「ロッキー・ザ・ファイナル」トータル70百万ドル
先22→48→61→65→68
☆08年「ランボー最後の戦場」トータル43百万ドル
OP18→30→37→40→42
☆10年「エクスペンダブルズ」トータル103百万ドル
OP35→65→82→92→98→101
☆12年「エクスペンダブルズ2」トータル85百万ドル
OP29→52→66→76→80→083
☆13年「バレット」
OP05→08百万ドル→
これらとの対比で考えると、「バレット」の興行収入は11~13百万ドルとなる。
「バレット」の興行収入は先週に引き続き1千万ドル台と予想したい。
評価はそれほど悪くはないが、伸びないだろう。
「ラスト・スタンド」の現在の興行収入は12百万ドルなので、これがライバルとなる。
果たして勝つことができるか。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆シリーズアクション「ダイ・ハード ラスト・デイ」
☆ファンタジードラマ「Beautiful Creatures」
☆3Dアニメ作品「Escape From Planet Earth」
☆ラブストーリー「Safe Haven」
「ダイ・ハード ラスト・デイ」は過去のシリーズ作品より大きく落ち込まないだろう。
「Beautiful Creatures」「Escape From Planet Earth」はやや微妙。
ニコラス・スパークス原作の「Safe Haven」は他の原作作品と同程度は稼ぐだろう。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(2月1週目その2)

1位:「テッド」(東宝東和)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 28億円台
【配給会社期待値等】 3週目:興収30億円突破も射程圏内
【公開規模】 277スクリーン(先週比+13スクリーン)
3.0億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは17.0億円弱となっている。
1週間の伸びは6.3億円半ば程度だろうか。
アメリカではトータル219百万ドルと大ヒットしたコメディ作品だが、日本では公開されるとも思っていなかった。
洋画の不振が続いているが、ヒットのネタは意外なところにあるようだ。
ロングセールスとなるのではないか。

ロングセールスタイプの作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆11年公開「ブラック・スワン」トータル23.9億円
水5.0→9.7→13.9→17.3→19.6→21.1→22.2
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆13年公開「テッド」
金4.0→10.6→17.0億円→
これらとの対比で考えると、「テッド」の興行収入は28.9~30.6億円となる。
“興収30億円突破も射程圏内”というのも嘘ではないようだ。
しかし、ここまで伸びるだろうか。
「テッド」の興行収入は28億円台と予想したい。
予想はできなかたが、ここまでヒットするとは予想できなかっただろう。
「テルマエ・ロマエ」など、気軽な奇想天外なコメディは当たりやすいようだ。


2位:「ストロベリーナイト」(東宝)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 19億円台
【公開規模】 311スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.3億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは9.4億円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.3億円弱程度だろうか。
平均視聴率は15.3%と意外と高いドラマの映画化。

以下の作品が参考となるか。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円(視聴率15.4%)
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5→30.1→31.8
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円(視聴率11.4%・11.0%)
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円(視聴率14.9%)
2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0
☆12年「劇場版 SPEC~天~」トータル23.9億円
4.7→10.8→14.6→17.1→20.5→22.3→22.9→23.2
☆13年「ストロベリーナイト」
3.2→9.5億円→
主要作品との対比で考えると、「ストロベリーナイト」の興行収入は21.0~23.1億円となる。
少々地味なイメージもあり、ドラマ鑑賞者以外は見ないと思われるので、「ストロベリーナイト」の興行収入は19億円台と予想したい。
20億円台に乗るかどうかが注目となる。
予想はできなかったが、もうちょっと低い着地点と予想しただろう。


3位:「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」(20世紀フォックス)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 20億円台
【配給会社期待値等】 興収20億円を超える勢い
【公開規模】 715スクリーン(先週比+2スクリーン)
2.3億円を週末に稼ぎ、トータルでは9.7億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.6億円程度だろうか。
アカデミー賞候補であり、伸びがありそうだ。

アカデミー賞受賞またはノミネートされた作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆09年公開「スラムドッグ$ミリオネア」トータル13.0億円
OP1.2→03.5→6.1→8.6→9.7
☆11年公開「英国王のスピーチ」トータル18.2億円
OP1.0→04.4→6.2→7.4→8.9
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆12年公開「ドラゴン・タトゥーの女」トータル12.5億円
金2.9→06.5→09.0→11.1→12.0→12.5
☆12年公開「ヒューゴの不思議な発明」トータル10.2億円
木2.8→05.5→7.2→8.5→9.5
☆13年公開「ライフ・オブ・パイ」
金4.2→09.8億円→
主要作品との対比で考えると、「ライフ・オブ・パイ」の興行収入は18.2~22.6億円となる。
通常では20億円前後の興行収入となりそうだが、万一アカデミー賞を受賞するともっと上がるだろう。
しかし、主要部門の受賞はないだろう。
「ライフ・オブ・パイ」の興行収入は20億円台と予想したい。
この手の珍しいタイプの作品はヒットしやすい。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

気になる映画ニュース(2月第2週目)

☆「スター・ウォーズ」のスピンオフ映画が製作へ
2015年から6年間の間にエピソード7~9が公開される予定となっている。
数本のスピンオフ映画も公開されるようだ。
ヨーダ、ハン・ソロ、ボバ・フェット辺りのキャラクターと噂されている。
手法としては、同じくディズニーが手掛ける「アベンジャーズ」と方式が似ている。
スピンオフという扱いではないが、本編の間に、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーなどのキャラクターを主人公とする映画を公開して相乗的に盛り上げている。
本編の公開間近にはDVDの需要も増えるので、ビジネスとしては効果的な手法だろう。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(2月2週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

☆「脳男」(東宝)
生田斗真主演のサスペンス作品。
暗めの作品であり、女性受けが微妙。
大ヒットはしないだろう。

原作が小説のサスペンス系の興行収入は以下のとおり。
☆10年「インシテミル」トータル12.2億円
OP2.1→05.7→08.1→10.2→11.2→11.7→12.0
☆10年「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円
OP2.0→05.0→07.6→09.0→10.0→10.6
☆12年「黄金を抱いて飛べ」
OP1.0→02.6→03.6→04.4
「黄金」以上、「インシテ」以下か。
7~8億円というところだと思うが、評価は悪くないようなので9億円台と予想したい。
オープニング3日は2.4億円程度か。


☆「ゴーストライダー2」(松竹)
ニコラス・ケイジ主演のアメコミ原作アクション作品。
07年の前作の興行収入は5.0億円程度となっている。
アメリカでは一年前に公開されて、52百万ドルと大惨敗した(前作は116百万ドルの全米興行収入)。
日本でもヒットするとは思えず、半分以下となるだろう。
スクリーン数も絞られている。
2億円に届くかどうかというところではないか。
2億円台と予想したい。
金曜日からのオープニング4日間は1.1億円程度か。

国内映画興行収入ランキング(2月1週目その1)

動員2位:「アウトロー」(パラマウント)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 321スクリーン
金曜日からのオープニング3日間で3.2億円弱(319,834,000円)を稼いだ。
土日2日間では2.3億円弱(227,774,400円)となっている。
予想はできなかったが、「コラテラル」「ナイト&デイ」以下になるだろうというイメージはもっていた。
トム・クルーズブランドは健在であり、この程度稼げば問題ないだろうが、日本での興行収入が鍵を握っている続編制作可能ラインまで稼げるかは微妙だ。

トム・クルーズ主演作の興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「バニラ・スカイ」トータル33.2億円
☆02年公開「マイノリティ・リポート」トータル52.4億円
☆03年公開「ラストサムライ」トータル137.0億円
☆04年公開「コラテラル」トータル22.0億円
OP4.1→10.3→14.1→16.7→18.9→20.1→20.6
☆05年公開「宇宙戦争」トータル60.0億円
5日16.4→29.3→39.5→43.8→47.7→50.4→53.4→56.4
☆06年公開「M:I:Ⅲ」トータル51.5億円
先々含む14.1→25.1→34.5→39.3→42.3→46.0→49.0
☆08年公開「大いなる陰謀」トータル6.2億円
金3日1.5→3.3→04.9→05.7→6.0
☆09年公開「ワルキューレ」トータル12.5億円
祝3日3.8→7.7→10.1→11.3→11.9
☆10年公開「ナイト&デイ」トータル23.1億円
先3日6.8→11.9→16.0→18.8→20.9→22.0→22.5→22.8
☆11年「ミッション:インポッシブル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6
☆13年「アウトロー」
金3.2(OP2.3)億円→
主要作品との対比で考えると、「アウトロー」の興行収入は10.5~13.2億円となる。
二桁は最低でも超えたいところだ。

「アウトロー」金3.2億円と同程度のオープニング作品は以下の通り。
<2012>
☆「TIME」金3.5億円(トータル18.2億円)
☆「スノーホワイト」金3.7億円(トータル17.1億円)
☆「バトルシップ」金3.6億円(トータル14.7億円)
☆「ドラゴン・タトゥーの女」金2.9億円(トータル12.5億円)
☆「トータル・リコール」金2.8億円(トータル10.2億円)
これらとの対比で考えると、「アウトロー」の興行収入は11.7~16.6億円となる。
暗めの作風であり、女性受けはしないだろう。
マックス13億円台、ミニマム11億円台というところではないか。
「アウトロー」の興行収入は12億円台と予想したい。
続編制作は微妙なところとなりそうだ。


動員7位:「きいろいゾウ」(ショウゲート)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 億円台
【公開規模】 236スクリーン
8.5千万円半ば(85,497,630円)のオープニングを飾った。
人気小説の映画化のようだが、大ヒットするタイプの作品ではなく、この程度でも十分ではないか。

宮崎あおいが主演した主な作品の興行収入は以下の通り。
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆11年「神様のカルテ」トータル18.9億円
OP3.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5
☆11年「ツレがうつになりまして。」トータル8億円台見込み
祝3日1.9→4.0→5.9→7.1→7.9
☆12年「天地明察」トータル8~9億円台見込み
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆13年「きいろいゾウ」
OP0.9億円→
これらとの対比で考えると、「きいろいゾウ」の興行収入は4.6~6.0億円となる。
マックス5億円台、ミニマム4億円台とか。
話題になっている感がないので、「きいろいゾウ」の興行収入は4億円台と予想したい。
やや、スクリーン数が多いが、ショウゲートの配給作品であり、この程度でもヒットと言えなくもない。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

全米映画興行収入(2月第1週目)

1位となったのは新作の「Warm Bodies」。
事前には週末3日間で17.7百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を上回る19.5百万ドルのオープニングを飾った。
前夜祭でもあったのか、トータルでは20百万ドルとなっている。

主演は、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のニコラス・ホルト。
監督は、11年「50/50 フィフティ・フィフティ」(トータル35百万ドル)が好評だったジョナサン・レヴィン。
ゾンビが人間の女性に恋をするという奇想天外なストーリーらしい。

以下の作品がライバルとなるか。
☆09年「ゾンビランド」トータル76百万ドル
OP25→48→61→67→71
☆13年「Warm Bodies」
OP20百万ドル→
これとの対比で考えると、「Warm Bodies」の興行収入は61百万ドルとなる。

ジョナサン・レヴィン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「50/50 フィフティ・フィフティ」トータル35百万ドル
OP09→17→24→29
☆13年「Warm Bodies」
OP20百万ドル→
これとの対比で考えると、「Warm Bodies」の興行収入は78百万ドルとなる。
評価も高いので、「Warm Bodies」の興行収入は7千万ドル台と予想したい。
過去にない特殊なタイプの作品はヒットしやすい。


6位となったのは新作の「バレット」。
事前には週末3日間で7.9百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る4.5百万ドルのオープニングを飾った。
シルベスター・スタローン主演のアクション。
監督は「48時間」のウォルター・ヒル。
本作のような古いタイプのアクション作品はヒットしない。
シュワルツェネッガー主演の「ラスト・スタンド」、ステイサム主演の「パーカー」同様にコケている。
やはり、束にならなければ稼げないのか。

スタローン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「ロッキー・ザ・ファイナル」トータル70百万ドル
先22→48→61→65→68
☆08年「ランボー最後の戦場」トータル43百万ドル
OP18→30→37→40→42
☆10年「エクスペンダブルズ」トータル103百万ドル
OP35→65→82→92→98→101
☆12年「エクスペンダブルズ2」トータル85百万ドル
OP29→52→66→76→80→083
☆13年「バレット」
OP05百万ドル→
これらとの対比で考えると、「バレット」の興行収入は12~16百万ドルとなる。
「バレット」の興行収入は1千万ドル台となりそうだ。
評価はそれほど悪くはないが、伸びないだろう。
「ラスト・スタンド」の現在の興行収入は12百万ドルなので、これがライバルとなる。
果たして勝つことができるか。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆セス・ゴード監督のコメディ「Identity Thief」
☆スティーヴン・ソダーバーグ監督のクライムドラマ「Side Effects」
セス・ゴード監督は11年「モンスター上司」(トータル118百万ドル)を当てており、今回も「モンスター上司」を超えない程度のヒットはするだろう。
「Side Effects」はヒットはしないだろうが、ソダーバーグ監督のブランドでそれなりには稼ぐのではないか。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

『アウトロー』レビュー

◆評  価   7.0点
◆おススメ度  B(悪くはないが、特徴もない映画)

クリストファー・マッカリー監督作品『誘拐犯』同様に、渋く硬質な作品に仕上がっており、個人的には悪くはなかった。
しかし、一般受けはしないだろう。
派手さはあるものの、一般受けするような派手さではなく、全体的に落ち着いてしまっている。
事件のカラクリも陰謀も特に面白味はなく、黒幕の存在も内通者の存在も特に驚きもなく、あまり苦労も追いつめられることもなく、無敵の強さと楽な推理力でひたすら突っ走るだけでは面白味は感じにくい。

ミッション・インポッシブル、007シリーズ、ボーンシリーズ等ではないのだから、他の映画にありがちな超人的な強さは抑えてもよかったのではないか。
超人的なアクションよりもサスペンス、謎解き、リアリティー性を重視すれば、ミッション・インポッシブル等とは異なる方向性にもっていけられるが、恐らくスタジオ側の意向という大人の事情もあり、本作のようなやや中途半端な映画になってしまったのだろう。

クリストファー・マッカリー監督はあまり雄弁にキャラクターを語るタイプではないので、本作のようなキャラクター映画にはあまり向かないかもしれない。
ジャック・リーチャーというキャラクターをシリーズ化するには、あまり良い仕上がりとはいえなかった。
「アウトロー」というような残念なタイトルを付けられて、そのような間違ったイメージを植えさせられてしまったこともあるが、ジャック・リーチャーというキャラクターが魅力的に光らなかったように思える。
アンチヒーローというような特異な存在にしたかったのかもしれないが、既存の枠を超えてこない普通のヒーローそのものの姿にしか映らなかった。
また、基本的には紳士的な態度で臨み、法律も熟知し、女性には甘いが手は出さない、格闘も銃撃も推理も超人的、金には執着せず、正義と自由を愛するという完璧な人間は“人間”ではない。
“強さ”はあるが“弱さ”もある、正しいこともするが間違いも犯す、人間が惹かれるのはそのような人間ではないか。

それほど悪くはないが、絶賛することもない中途半端な作品になってことは残念だ。
シリーズ化は望みたいところだが、ミッション・インポッシブルと大差のないキャラクターならば、あえて制作する必要はないだろう。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

気になる映画ニュース(2月第1週目)

なんとか再開していきます。

☆「テルマエ・ロマエ」続編制作が決定
2014年GWの公開となる。
前作のようなビッグヒットになるとは思わないが、軽めのコメディ映画であり、引き続きヒットするのではないか。
海外ロケを行うようだが、気合を入れすぎて、あまり重すぎないようにした方がいい。
監督は続投。キャストも基本的に続投する見通し。


☆新「スター・ウォーズ」の監督が決定
J・J・エイブラムスに決定した。
「スター・トレック」を手掛けているのでSF実績があり、「ミッション・インポッシブル」を手掛けているのでアクションやサスペンスも問題ない。
一般受けも良く、他の監督候補よりも適任とは思うが、多忙な点が問題となる。
また、一般受けはいいが、評価が先行しており、評価ほど優れた監督というわけではないという点も問題となる。


☆「スター・ウォーズ」の旧作3D化の制作中止
2012年に公開された「ファントム・メナス」の全米興行収入が43百万ドルとなり、稼げないことが分かったための措置だろう。
かなり手間と製作費が掛かるので、割に合わないようだ。
赤字を生みそうなので、賢明な選択といえる。
「スター・ウォーズ」に限らず、旧作の3Dビジネスは恐らく終わりだろう。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。