ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(6月1週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「オブリビオン」(東宝東和)
監督は「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー。
トム・クルーズ主演のSF作品。
トム・クルーズ主演作の興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「バニラ・スカイ」トータル33.2億円
☆02年公開「マイノリティ・リポート」トータル52.4億円
☆03年公開「ラストサムライ」トータル137.0億円
☆04年公開「コラテラル」トータル22.0億円
OP4.1→10.3→14.1→16.7→18.9→20.1→20.6
☆05年公開「宇宙戦争」トータル60.0億円
5日16.4→29.3→39.5→43.8→47.7→50.4→53.4→56.4
☆06年公開「M:I:Ⅲ」トータル51.5億円
先々含む14.1→25.1→34.5→39.3→42.3→46.0→49.0
☆08年公開「大いなる陰謀」トータル6.2億円
金3日1.5→3.3→04.9→05.7→6.0
☆09年公開「ワルキューレ」トータル12.5億円
祝3日3.8→7.7→10.1→11.3→11.9
☆10年公開「ナイト&デイ」トータル23.1億円
先3日6.8→11.9→16.0→18.8→20.9→22.0→22.5→22.8
☆11年「ミッション:インポッシブル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6
☆13年「アウトロー」
金3.2→7.0→9.2→10.2
ストーリーに謎がありそうなのでヒットするとは思うが、アメリカでは大ヒットしていないので、日本でも大ヒットしそうもない。
イメージ的には「ワルキューレ」「アウトロー」を超えて、「ナイト&デイ」「コラテラル」程度となるか。
「トロン:レガシー」トータル21.2億円、「猿の惑星 創世記」トータル24.2億円と同程度とも考えて、「オブリビオン」の興行収入は23億円台と予想したい。
金曜日からのオープニング3日は4.5億円程度か。


◎「リアル~完全なる首長竜の日~」(東宝)
黒沢清監督。
佐藤健、綾瀬はるか主演作品。
原作は『このミステリーがすごい!』大賞を受賞している。

佐藤健は「るろうに剣心」(トータル30.1億円)という実績があるが、主演としてのキャリアは多くはない。

綾瀬はるか出演作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「ハッピーフライト」トータル13.3億円
OP2.2→祝6.4→8.6→10.3→11.5→12.1
☆10年「インシテミル」トータル12.2億円
OP2.1→05.7→08.1→10.2→11.2→11.7→12.0
☆11年「プリンセス トヨトミ」トータル16.2億円
OP3.1→7.5→10.7→12.8→14.2→15.0
☆12年「映画 ホタルノヒカリ」トータル19.8億円
OP3.1→8.4→11.9→14.7→16.3→17.4→18.1
☆12年「映画 ひみつのアッコちゃん」トータル6.0億円
OP1.4→3.1→4.2→5.2→5.6
作品についての情報があまりないので、何とも予想しにくいが、「プリンセス トヨトミ」以下、「映画 ひみつのアッコちゃん」以上という印象。
「インシテミル」と同程度稼げれば十分というところだが、映画の情報があまり入ってこないので、盛り上がっているようには思えない。
明るいタイプの作品ではなく、ヒットしないのではないか。
「インシテミル」の8割程度と考えて、「リアル~完全なる首長竜の日~」の興行収入は9億円台と予想したい。
オープニングは1.6億円程度か。


◎「グランド・マスター」(GAGA)
ウォン・カーウァイ監督作品。
宣伝は打っているが、ヒットするとは思えない。
数年前ならヒットしていたかもしれないが、もはや遅いというイメージ。
今年公開された「ライジング・ドラゴン」以下というところではないか。
「グランド・マスター」の興行収入は2~3億円と予想したい。
金曜日からのオープニングは6千万円程度か。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

全米映画興行収入(5月第4週目)

多忙でした。

1位となったのは新作の「ワイルド・スピード EURO MISSION」。
98.5百万ドルのオープニングを飾った。
製作費1億6千万ドルは回収できるだろう。
監督は前3作に続きジャスティン・リン。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆01年「ワイルド・スピード」トータル145百万ドル
OP40→078→101→116→125→132→137
☆03年「ワイルド・スピードX2」トータル127百万ドル
OP50→084→103→114→119→122→124
☆06年「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」トータル63百万ドル
OP24→043→052→057→060→061→061
☆09年「ワイルド・スピードMAX」トータル155百万ドル
OP71→116→136→145→150→152→153
☆11年「ワイルド・スピードMEGA MAX」トータル210百万ドル
OP86→140→170→186→196→202→205
☆13年「ワイルド・スピード EURO MISSION」
OP99百万ドル→
主役の関係もあるが、しり上がりに調子をあげている珍しいシリーズ。
「1」を除く作品との対比で考えると、「ワイルド・スピード EURO MISSION」の興行収入は216~260百万ドルとなる。
評価もかなり良いので、伸びるだろう。
「ワイルド・スピード EURO MISSION」の興行収入は2億5千万ドル台と予想したい。
大ヒットといえるだろう。
当然ながら、既に続編の制作も決まっているようだ。
監督交代が決まっており、この勢いを保てるかが次回作の注目となる。


2位となったのは新作の「ハングオーバー!!! 最後の反省会」。
木曜日から公開されており、54.2百万ドルのオープニングを飾った。
金曜日から3日間では42.4百万ドルとなっている。
製作費103百万ドルの回収が目標となるが、製作費が高騰しすぎだ。
監督は前2作に引き続き、トッド・フィリップス。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆09年「ハングオーバー」トータル277百万ドル
OP45→105→153→183→205→222→236→247
☆11年「ハングオーバー!!」トータル254百万ドル
先118→186→216→233→244→248→251→252
☆13年「ハングオーバー!!! 最後の反省会」
先54(OP42)百万ドル→
前作との対比で考えると、「ハングオーバー!!! 最後の反省会」の興行収入は116百万ドルとなる。


トッド・フィリップス監督のコメディ作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「デュー・デート」トータル101百万ドル
OP33→059→072→085→091→095→097→098
☆13年「ハングオーバー!!! 最後の反省会」
先54(OP42)百万ドル→
これとの対比で考えると、「ハングオーバー!!! 最後の反省会」の興行収入は129百万ドルなり、先行分を足すと141百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くない程度であり、伸びはないだろう。
「ハングオーバー!!! 最後の反省会」の興行収入は1億2千万ドル台と予想したい。
製作費回収できても、成功とはいえそうもない。
本作が最終作のようだが、もうお仕舞にした方がよさそうだ。


3位は2週目の「スター・トレック イントゥ・ダークネス」。
トータルでは147百万ドルとなっている。
製作費1億9千万ドルの回収が目標となる。
監督は前作に引き続きJ・J・エイブラムス。
公開前に『アメリカでは当然ヒットするだろう。前作を超えるか』と書いたとおりとなるだろうか。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆09年「スター・トレック」トータル258百万ドル
先79→148→185→209→223→232
☆13年「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
先84→147百万ドル→
前作並の動きだが、前作を下回るか。
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の興行収入は2億4千万ドル台と予想したい。
大ヒットといえるが、前作並という点は物足りないところもある。
評価は恐ろしく高いが、ファン限定の声だろうか。


4位となったのは新作の「Epic」。
34.2百万ドルのオープニングを飾った。
製作費1億ドルの回収が当面の目標となる。
20世紀フォックス配給の3Dアニメ作品。

20世紀フォックスのアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「アイス・エイジ3」トータル197百万ドル
OP67→120→152→171→182→188→191→192
☆06年「アイス・エイジ2」トータル195百万ドル
OP68→116→147→168→178→183→188→189
☆02年「アイス・エイジ」トータル176百万ドル
OP46→087→117→141→152→160→166→171
☆12年「アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険」トータル161百万ドル
OP47→089→115→132→144→150→154→156
☆08年「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」トータル155百万ドル
OP45→086→118→131→140→144→148→150
☆11年「ブルー 初めての空へ」トータル144百万ドル
OP39→081→104→115→125→132→135→137
☆05年「ロボッツ」トータル128百万ドル
OP36→066→087→104→111→116→120→123
☆13年「Epic」
OP34百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Epic」の興行収入は98~130百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、高い伸びはないだろう。
「Epic」の興行収入は1億ドル台と予想したい。
製作費を回収できればよいが、成功とも失敗ともいえない結果となりそうだ。


5位は4週目の「アイアンマン3」。
トータルでは368百万ドルとなっている。
製作費2億ドルは楽に回収している。
公開前に『恐らく過去のシリーズ作品を上回るだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「アベンジャーズ」トータル623百万ドル
OP207→373→458→513→553→572→587→598
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
先102→178→223→253→276→289→298→305
☆10年「アイアンマン2」トータル312百万ドル
OP128→211→251→275→291→299→305
☆11年「マイティ・ソー」トータル181百万ドル
OP66→119→145→160→169→174→176
☆11年「キャプテン・アメリカ」トータル177百万ドル
OP65→117→143→157→165→169→172
☆13年「アイアンマン3」
OP174→285→338→368百万ドル→
これらとの対比で考えると、「アイアンマン3」の興行収入は415~463百万ドルとなる。
前作は楽に超えた。

ライバルは以下の作品か。
☆12年「ダークナイト ライジング」トータル448百万ドル
OP161→287→354→390→410→422→431→438
☆12年「ハンガー・ゲーム」トータル408百万ドル
OP153→248→302→337→357→372→381→387
☆13年「アイアンマン3」
OP174→285→338→368百万ドル→
これらとの対比で考えると、「アイアンマン3」の興行収入は423~446百万ドルとなる。
評価もかなり高いので、まだまだ伸びるだろうが、「ダークナイト ライジング」以下となりそうだ。
「アイアンマン3」の興行収入はOP時に5億2千万ドル台、2週目に4億7千万ドル台と予想したが、4億2千万ドル台と下方修正したい。
実際に鑑賞してみてレベルが高かったので、盛り上がると判断したが、あまりその影響はなかったようだ。
しかなしながら、このアベンジャーズシリーズは金の鉱脈だ。


6位は3週目の「偉大なるギャツビー」。
トータルでは114百万ドルとなっている。
製作費105百万ドルを回収した。
バズ・ラーマン監督の3Dヒューマンドラマ。
レオナルド・ディカプリオ主演作品。
トビー・マグワイア、キャリー・マリガンが出演している。
公開前に『大ヒットはしないだろう』と書いたが、このオープニングは大ヒットといえるだろう。
12年12月公開予定だったが、公開日の変更が吉と出たようだ。

バズ・ラーマン監督の興行収入は以下のとおり。
☆96年「ロミオ+ジュリエット」トータル46百万ドル
☆01年「ムーラン・ルージュ」トータル57百万ドル
☆08年「オーストラリア」トータル50百万ドル
先20(OP15)→31→38→42
☆13年「偉大なるギャツビー」
OP50→91→114百万ドル→
これらを楽に超えた。

レオナルド・ディカプリオ主演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル78百万ドル
OP09→30→047→055→060
☆02年「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル165百万ドル
先49(OP30)→97→119→134→145
☆04年「アビエイター」トータル103百万ドル(2週目より拡大)
拡10→32→043→050→058
☆06年「ディパーテッド」トータル132百万ドル
OP27→57→077→091→102
☆06年「ブラッド・ダイヤモンド」トータル57百万ドル
OP09→19→025→036→044
☆08年「ワールド・オブ・ライズ」トータル39百万ドル
OP13→24→031→035→037
☆08年「レボリューショナリー・ロード」トータル23百万ドル
☆10年「シャッター・アイランド」トータル128百万ドル
OP41→076→096→108→116→121
☆10年「インセプション」トータル293百万ドル
OP63→143→193→228→248→262
☆11年「J・エドガー」トータル37百万ドル
☆13年「偉大なるギャツビー」
OP50→91→114百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「偉大なるギャツビー」の興行収入は143~173百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、伸びるかもしれないが、それほどでもなさそうだ。
「偉大なるギャツビー」の興行収入は先々週に引き続き1億5千万ドル台と予想したい。
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル165百万ドル、「ディパーテッド」トータル132百万ドルがライバルとなりそうだ。
ここまで稼ぐとは思えなかったので、興行収入的には成功といえるのではないか。


7位は5週目の「Mud」。
トータルでは15百万ドルとなっている。
OP時363→576→854→960→712スクリーンと拡大公開されていたが、そろそろ減少されてきた。
監督は11年「テイク・シェルター」(トータル1.7百万ドル)のジェフ・ニコルズ。
主演はマシュー・マコノヒー。
オスカー女優のリース・ウィザースプーンも出演している。
評価はかなり高いので、かなり伸びそうだが、2千万ドル台というところか。
先々週まで2~3千万ドルと予想していたが、3千万ドルまでは伸びそうもない。
製作費は不明だが、ヒットするタイプの作品ではないので、成功といえるのではないか。


8位は7週目の「42」。
トータルでは91百万ドルとなっている。
製作費4千万ドルは楽に回収している。
黒人野球選手ジャッキー・ロビンソンを描いたスポーツドラマ。
監督は01年「ROCK YOU!」(トータル57百万ドル)のブライアン・ヘルゲランド。
主演はあまりキャリアのないチャドウィック・ボーズマン。
ハリソン・フォードも出演している。

実話系野球ドラマが参考となりそうだ。
☆02年「オールド・ルーキー」トータル76百万ドル
OP16→35→45→54→61→65→68
☆11年「マネーボール」トータル76百万ドル
OP20→38→49→58→64→67→70
☆13年「42」
OP27→54→69→78→85→89→91百万ドル→
これらとの対比で考えると、「42」の興行収入は99~102百万ドルとなる。
評価もかなり高いので、まだまだ粘り強く伸びそうだと思ったが、極端な伸びではないか。
「42」の興行収入は4週目まで1億2千万ドル台と予想したが、先々週に引き続き1億ドル台と予想したい。
スポーツドラマの中では、03年「シービスケット」トータル120百万ドル、04年「ミリオン・ダラー・ベイビー」トータル100百万ドルがライバルとなる。
スポーツドラマとしては大ヒットといえるだろう。


9位は10週目の「The Croods」。
トータルでは179百万ドルとなっている。
既に製作費135百万ドルの回収が完了している。
ドリームワークスの3Dアニメ作品。
監督は「ヒックとドラゴン」のクリス・サンダース、カーク・デミッコ。
公開前に『爆発的なヒット』と書いたが、ドリームワークス作品としては普通のオープニングとなっていた。

2億ドル以下のドリームワークス系のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「モンスターVSエイリアン」トータル198百万ドル
OP59→105→140→163→175→182→187→191
☆05年「マダガスカル」トータル194百万ドル
OP47→100→128→147→160→171→179→184
☆08年「マダガスカル2」トータル180百万ドル
OP63→117→137→159→166→170→172→175
☆11年「カンフー・パンダ2」トータル165百万ドル
先53→100→127→144→153→157→159→160
☆04年「シャーク・テイル」トータル161百万ドル
OP48→087→119→137→147→154→158→158
☆06年「森のリトルギャング」トータル155百万ドル
OP38→076→112→130→139→145→148→150
☆11年「長靴をはいたネコ」トータル149百万ドル
OP34→076→108→122→135→140→142→143
☆10年「メガマインド」トータル148百万ドル
OP46→089→109→130→137→140→142→143
☆07年「ビー・ムービー」トータル127百万ドル
OP38→072→094→112→118→121→122→123
☆12年「不思議の国のガーディアンズ」トータル103百万ドル
先32→49→062→071→080→090→097→099
☆13年「The Croods」
OP44→089→125→142→155→163→169→173→177→179
『評価はかなり高いので伸びてくるのではないか』と書き続けているように、伸びが良い。
「The Croods」の興行収入は先々週に引き続き1億8千万ドル台と予想したい。
爆発力はなかったが、成功といえるだろう。
今回コンビを組んだ20世紀フォックスは安心しているのではないか。


10位は6週目の「オブリビオン」。
トータルでは87百万ドルとなっている。
製作費1億2千万ドルの回収は無理のようだ。
公開前に『大ヒットは微妙だが、ヒットはするだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
トム・クルーズ主演のSFアドベンチャー。
モーガン・フリーマンも出演している。
監督は「トロン・レガシー」のジョセフ・コシンスキー。
☆10年「トロン:レガシー」トータル172百万ドル
OP44→87→131→148→157→163→167
☆13年「オブリビオン」
OP37→65→076→082→086→087百万ドル→
これとの対比で考えると、「オブリビオン」の興行収入は92百万ドルとなる。
「トロン:レガシー」の半分程度となった。

トム・クルーズ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「M:i:Ⅲ」トータル134百万ドル
OP48→85→104→114→123→127
☆01年「バニラ・スカイ」トータル101百万ドル
OP25→45→67→81→88→93
☆02年「マイノリティ・リポート」トータル132百万ドル
OP36→73→97→110→118→123
☆03年「ラストサムライ」トータル111百万ドル
OP24→47→59→74→90→97
☆04年「コラテラル」トータル101百万ドル
OP25→53→70→80→87→93
☆05年「宇宙戦争」トータル234百万ドル
先101(OP65)→165→192→208→218→225
☆08年「ワルキューレ」トータル83百万ドル
先47→65→74→79→81→82
☆10年「ナイト&デイ」トータル76百万ドル
先27→46→62→69→73→74
☆11年「ミッション:インポッシブルⅣ」トータル209百万ドル
限13→込77→込141→170→187→19
☆12年「アウトロー」トータル80百万ドル
OP15→44→65→73→76→78
☆13年「オブリビオン」
OP37→65→76→82→86→87百万ドル→
「マイノリティ・リポート」に近いオープニングを飾っていた。
主要作品との対比で考えると、「オブリビオン」の興行収入は89~93百万ドルとなる。
評価は高いので、ある程度は伸びるとは思ったが、あまり伸びなかった。
「オブリビオン」の興行収入はOP時に1億4千万ドル台、2週目に1億1千万ドル台と予想したが、先々週に引き続き9千万ドル台と予想したい。
製作費をアメリカで回収できれそうもなく、成功とはいいにくい。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆SF作品「アフター・アース」
☆ルイ・レテリエ監督、ジェシー・アイゼンバーグ主演のサスペンス「Now You See Me」
「アフター・アース」はビッグヒットにはならないものの、それなりには稼ぐだろう。
「Now You See Me」もコケずに、ほとほどには稼ぐのではないか。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(5月2週目その2)

1位:「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」(東宝・日本テレビ)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 35億円台
【公開規模】 344スクリーン(先週比±0スクリーン)
トータルでは29.8億円弱となっている。
祝日を除いた6日間の伸びは2.5億円程度だろうか。
GWに当然のように荒稼ぎしたが、GWが終わり、勢いが止まった。
GWもあり、「ドラゴンボール」の4週目24.7億円、「ドラえもん」の4週目29.0億円を超えている。
予想はできなかったが、だいたいの例年通りだろうと思っていた。

過去の「名探偵コナン」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆97年「時計じかけの摩天楼」トータル11.0億円
☆98年「14番目の標的(ターゲット)」トータル18.5億円
☆99年「世紀末の魔術師」トータル26億円
☆00年「瞳の中の暗殺者」トータル25.0億円
☆01年「天国へのカウントダウン」トータル29.0億円
☆02年「ベイカー街の亡霊」トータル33.8億円
☆03年「迷宮の十字路」トータル32.0億円
☆04年「銀翼の奇術師」トータル28.0億円
☆05年「水平線上の陰謀(ストラテジー)」トータル21.5億円
2.8→06.1→08.3→12.6→18.3→19.3
☆06年「探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」トータル30.3億円<10周年記念>
5.4→10.3→14.9→25.4→27.2→28.5→29.3
☆07年「紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」トータル25.3億円
4.5→09.5→20.2→21.9→23.2→24.0→24.5
☆08年「戦慄の楽譜(フルスコア)」トータル24.2億円
4.2→08.5→祝19.0→20.6→21.8→22.7→23.3
☆09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル35.0億円
5.9→12.5→20.1→29.5→31.6→32.9→33.8→34.3→34.5
☆10年「天空の難破船(ロスト・シップ)」トータル32.0億円
5.6→11.4→18.7→26.8→28.6→30.0→30.8
☆11年「沈黙の15分(クォーター)」トータル31.5億円<15周年記念>
5.5→11.5→18.2→26.3→28.1→29.4→30.3→30.8
☆12年「11人目のストライカー」トータル32.9億円
6.3→12.6→17.3→28.1→29.8→30.9→31.6→32.1→32.3
☆13年「絶海の探偵(プライベート・アイ)」
6.7→祝16.4→祝27.3→29.8億円→
過去最高のオープニングを飾っていた。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は34.5~35.7億円となる。
当面は、09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル35.0億円が目標となりそうだ。
今年の興行収入は先週に引き続き35億円台と予想したい。
過去最高の興行収入となるかが注目となる。
今年の「ドラえもん」は40億円程度なので、これを超えることは難しいだろう。


7位:「図書館戦争」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 16億円台
【現時点での興行収入予想】 15億円台
【公開規模】 311スクリーン(先週比±0スクリーン)
トータルでは11.5億円弱となっている。
祝日を除いた6日間の伸びは2.0億円弱程度だろうか。
二桁は突破しているが、やはりあまり勢いはなかった。

岡田准一、榮倉奈々主演のSFアクション。
監督は「GANTZ」の佐藤信介。
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6→32.2
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆13年「図書館戦争」
OP2.2→祝9.5→11.5億円→
GWもあったので、これらの4週目との対比で考えると、「図書館戦争」の興行収入は13.7~15.7億円となる。
伸びても15億円台というところか。

岡田准一主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5
☆12年「天地明察」トータル9.1億円
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆13年「図書館戦争」
OP2.2→祝9.5→11.5億円→
「SP革命篇」を除く作品との4週目との対比で考えると、「図書館戦争」の興行収入は16.5~17.2億円となる。

「図書館戦争」11.5億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ツナグ」12.5億円(トータル16.6億円)
☆「宇宙兄弟」12.5億円(トータル15.7億円)
☆「アウトレイジ2」11.9億円(トータル14.5億円)
これらとの対比で考えると、「図書館戦争」の興行収入は14.4~15.3億円となる。
多少の伸びを期待して、「図書館戦争」の興行収入は15億円台と予想したい。
公開前個人予想は16億円台だったので、かなり良かったようだ。
岡田准一の大河ドラマ「軍師官兵衛」はどうなるだろうか。


7位:「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」(東宝・テレビ朝日)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 11億円台
【公開規模】 330スクリーン(先週比±0スクリーン)
トータルでは10.5億円となっている。
祝日を除いた6日間の伸びは9.0千万円半ば程度だろうか。
10億円を突破したので、来年の制作も大丈夫だろう。

過去の「クレヨンしんちゃん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆93年「アクション仮面VSハイグレ魔王」トータル22.2億円
☆94年「ブリブリ王国の秘宝」トータル21億円
☆95年「雲黒斎の野望」トータル14億円
☆96年「ヘンダーランドの大冒険」トータル12億円
☆97年「暗黒タマタマ大追跡」トータル11億円
☆98年「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」トータル11億円
☆99年「爆発!温泉わくわく大決戦」トータル9億円
☆00年「嵐を呼ぶジャングル」トータル11.0億円
☆01年「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」トータル14.5億円
☆02年「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」トータル13.0億円
☆03年「嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」トータル13.5億円
☆04年「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」トータル12.8億円
☆05年「伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃」トータル13.0億円
2.2→4.1→07.3→11.6→11.9
☆06年「伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!」トータル13.8億円
3.3→5.7→07.8→13.3→13.8
☆07年「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」トータル15.5億円<15周年記念>
3.0→6.0→13.2→14.2→14.8→14.9
☆08年「ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者」トータル12.3億円
2.5→4.5→祝10.2→10.9→11.4→11.6
☆09年「オタケべ!カスカベ野生王国」トータル10.0億円
1.7→3.5→05.9→09.2→09.6→09.7
☆10年「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」トータル12.5億円
2.7→4.9→07.7→11.1→11.7→12.0→
☆11年「嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」トータル12.0億円
1.9→4.0→06.7→10.3→10.9→11.3→11.6
☆12年「嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」トータル9.8億円<20周年記念>
2.0→3.5→04.8→08.5→09.0→09.3→09.4
☆13年「バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」
2.3→祝5.3→祝9.6→10.5億円→
20周年記念が二桁を割り、過去最低レベルという散々なこととなっていた。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は11.4~12.2億円となっている。
さすがに、もう高い伸びはないだろう。
今年の興行収入は先週に引き続き11億円台と予想したい。
二桁前後は稼げるシリーズなので打ち切りはないとは思うが、盛り返さないと他の作品とさらに水をあけられそうだ。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(5月3週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「中学生円山」(東映)
宮藤官九郎監督・脚本作品。
三谷幸喜監督のようなコメディ作品は老若男女鑑賞するが、本作のような作品は一部の人間しか鑑賞しないので、ヒットしないだろう。
評価は高いかもしれないが、それだけではヒットしないはずだ。

宮藤官九郎監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
このようなヒットにはならないだろう。
中規模公開でも「鍵泥棒のメソッド」トータル6.0億円のようなヒット作品もあるが、「中学生円山」の興行収入は草なぎ剛というネームバリューを含めても4億円台というところではないか。
オープニングは6千万円程度か。


◎「クロユリ団地」(松竹)
「リング」の中田秀夫監督作品。
前田敦子、成宮寛貴主演。
前田敦子主演作品ということもあり、ヒットはしないだろう。

ホラー系の興行収入は以下のとおり。
☆06年「着信アリFinal」トータル6.5億円
OP1.5→3.6→5.1
☆12年「貞子3D」トータル13.5億円
OP2.5→6.2→8.8→10.7→12.0→12.8→13.2
☆12年「アナザー Another」トータル5.8億円
OP0.8→2.6→4.4

前田敦子主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「もしドラ」トータル9.1億円
OP1.8→4.4→6.2→7.4→8.1→8.5
スクリーン数も多くないので、「貞子3D」「もしドラ」は超えないだろう。
「アナザー Another」は超えたいところだが、難しいか。
「クロユリ団地」の興行収入は3億円台と予想したい。
オープニングはこちらも6千万円程度か。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(5月2週目その1)

動員2位:「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 10億円台
【公開規模】 305スクリーン
1.5億円半ば(154,666,600円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは2.5億円程度か』と書いたので、予想よりもかなり低かった。
前作により知名度は上がったと思ったが、前作のオープニングを下回るとは意外だ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆11年「探偵はBARにいる」トータル12.2億円
OP1.7→5.2→8.2→9.9→10.8→11.5→11.8
☆13年「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」
OP1.5億円→
前作との対比で考えると、本作の興行収入は10.8億円となる。
『前作の評判は良かったので、前作超えもあり得そうだ』と書いたが、微妙となりそうだ。

「探偵はBARにいる2」1.5億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
☆「エイトレンジャー」1.6億円(トータル12.0億円)
☆「臨場 劇場版」1.5億円(トータル7.4億円)
これらとの対比で考えると、「探偵はBARにいる2」の興行収入は7.4~11.3億円となる。
評価はあまり良くないので伸びはないだろう。
このちょうど半分の9~10億円くらいだろうか。
知名度を加味して、「探偵はBARにいる2」の興行収入は10億円台と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので高かったか。
評判が良かったので、前作を超えると思ったが、甘かったか。


動員3位:「県庁おもてなし課」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 19億円台
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 293スクリーン
1.2億円半ば(124,392,200円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは2.3億円程度か』と書いたので、予想よりもかなり低かった。
良作と判断し高めに評価したが、キャストが受けなかったか。
「舟を編む」同様に原作の評価・知名度が高くても、そのまま評価すべきではないのかもしれない。

「図書館戦争」「阪急電車 片道15分の奇跡」の有川浩の原作作品。
ドラマ「フリーター、家を買う。」の原作者でもある。
監督・脚本も「阪急電車 片道15分の奇跡」と同じ組み合わせとなっている。
☆11年「阪急電車 片道15分の奇跡」トータル11.4億円
先0.6→2.7→5.6→7.0→8.2→9.1→9.6
これを超えることはできるだろうか。

主演は、錦戸亮、堀北真希となっている。
ジャニーズ系作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「神様のカルテ」トータル18.9億円
OP3.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5
☆11年「僕と妻の1778の物語」トータル12.3億円
OP1.6→05.0→07.5→09.2→10.5→11.2→11.6→11.8
☆12年「天地明察」トータル9.1億円
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆12年「任侠ヘルパー」トータル7.0億円
OP1.2→03.6→05.0→05.8
☆13年「県庁おもてなし課」
OP1.2億円→
これらとの対比で考えると、「県庁おもてなし課」の興行収入は7.0~9.2億円となる。
この程度だろうか。

「県庁おもてなし課」1.2億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ガール」1.2億円(トータル8.4億円)
☆「任侠ヘルパー」1.2億円(トータル7.0億円)
☆「逆転裁判」1.2億円(トータル5.4億円)
これらとの対比で考えると、「県庁おもてなし課」の興行収入は5.4~8.4億円となる。
女性受けしそうであり、レディースデイなどに稼ぐだろう。
「県庁おもてなし課」の興行収入は8億円台と予想したい。
公開前個人予想は19億円台だったので、完全に高すぎた。
期待が高すぎたようだ。
ヒューマン系はやはりヒットしにくいのか。
コミック原作ではなくて、小説原作という点も考えなくてはいけない。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

全米映画興行収入(5月第2週目)

1位は2週目の「アイアンマン3」。
トータルでは285百万ドルとなっている。
製作費2億ドルは楽に回収している。
公開前に『恐らく過去のシリーズ作品を上回るだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「アベンジャーズ」トータル623百万ドル
OP207→373→458→513→553→572→587→598
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
先102→178→223→253→276→289→298→305
☆10年「アイアンマン2」トータル312百万ドル
OP128→211→251→275→291→299→305
☆11年「マイティ・ソー」トータル181百万ドル
OP66→119→145→160→169→174→176
☆11年「キャプテン・アメリカ」トータル177百万ドル
OP65→117→143→157→165→169→172
☆13年「アイアンマン3」
OP174→285百万ドル→
これらとの対比で考えると、「アイアンマン3」の興行収入は421~509百万ドルとなる。
前作は楽に超えるだろう。

ライバルは以下の作品か。
☆12年「ダークナイト ライジング」トータル448百万ドル
OP161→287→354→390→410→422→431→438
☆12年「ハンガー・ゲーム」トータル408百万ドル
OP153→248→302→337→357→372→381→387
☆13年「アイアンマン3」
OP174→285百万ドル→
これらとの対比で考えると、「アイアンマン3」の興行収入は445~469百万ドルとなる。
評価もかなり高いので、まだまだ伸びるだろうが、「ダークナイト ライジング」程度か。
「アイアンマン3」の興行収入はOP時に5億2千万ドル台と予想したが、さすがに高すぎたか。
4億7千万ドル台と予想したい。
このアベンジャーズシリーズは金の鉱脈だ。


2位となったのは新作の「偉大なるギャツビー」。
事前には週末3日間で42.4百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を上回る51.1百万ドルのオープニングを飾った。
バズ・ラーマン監督の3Dヒューマンドラマ。
レオナルド・ディカプリオ主演作品。
トビー・マグワイア、キャリー・マリガンが出演している。
公開前に『大ヒットはしないだろう』と書いたが、このオープニングは大ヒットといえるだろう。
12年12月公開予定だったが、公開日の変更が吉と出たようだ。

バズ・ラーマン監督の興行収入は以下のとおり。
☆96年「ロミオ+ジュリエット」トータル46百万ドル
☆01年「ムーラン・ルージュ」トータル57百万ドル
☆08年「オーストラリア」トータル50百万ドル
先20(OP15)→31→38→42
☆13年「偉大なるギャツビー」
OP51百万ドル→
これらを楽に超えそうだ。

レオナルド・ディカプリオ主演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル78百万ドル
OP09→30→047→055→060
☆02年「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル165百万ドル
先49(OP30)→97→119→134→145
☆04年「アビエイター」トータル103百万ドル(2週目より拡大)
拡10→32→043→050→058
☆06年「ディパーテッド」トータル132百万ドル
OP27→57→077→091→102
☆06年「ブラッド・ダイヤモンド」トータル57百万ドル
OP09→19→025→036→044
☆08年「ワールド・オブ・ライズ」トータル39百万ドル
OP13→24→031→035→037
☆08年「レボリューショナリー・ロード」トータル23百万ドル
☆10年「シャッター・アイランド」トータル128百万ドル
OP41→076→096→108→116→121
☆10年「インセプション」トータル293百万ドル
OP63→143→193→228→248→262
☆11年「J・エドガー」トータル37百万ドル
☆13年「偉大なるギャツビー」
OP51百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「偉大なるギャツビー」の興行収入は153~237百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、伸びるかもしれないが、それほどでもなさそうだ。
「偉大なるギャツビー」の興行収入は1億5千万ドル台と予想したい。
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル165百万ドル、「ディパーテッド」トータル132百万ドルがライバルとなりそうだ。
ここまで稼ぐとは思えなかったので、興行収入的には成功といえるのではないか。


3位は3週目の「Pain and Gain」。
トータルでは42百万ドルとなっている。
製作費26百万ドルは楽に回収できたが、物足りない。
公開前に『まあまあヒットするのではないか』と書いたが、微妙な結果となった。
マイケル・ベイ監督のアクション作品。
主演はマーク・ウォールバーグ、ドウェイン・ジョンソン。

マイケル・ベイ監督作品のうち、ヒットしていない作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「アイランド」トータル36百万ドル
OP12→24→31→34
マーク・ウォールバーグ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」トータル119百万ドル
OP36→70→88→99→107→113
☆12年「ハード・ラッシュ」トータル67百万ドル
OP24→46→57→62→65→66
☆12年「Ted」トータル219百万ドル
OP54→120→159→180→193→203
☆13年「Pain and Gain」
OP20→34→42百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「Pain and Gain」の興行収入は49~58百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはないが、伸びはないだろう。
「Pain and Gain」の興行収入は先週に引き続き5千万ドル台と予想したい。
製作費が安いので問題ないが、「トランスフォーマー」の新作はマイケル・ベイ監督とマーク・ウォールバーグのコンビとなるため、その点が心配される。


4位となったのは新作の「Tyler Perry Presents Peeples」。
事前には週末3日間で14.2百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を大きく下回る4.9百万ドルのオープニングを飾った。
製作費15百万ドルの回収が目標となる。
タイトル通りタイラー・ペリーがプロデュースするコメディ作品。
監督はティナ・ゴードン・キスム。
クレイグ・ロビンソン、ケリー・ワシントン、デヴィッド・アラン・グリアが出演している。
公開前に『タイラー・ペリーの監督・脚本・主演ではないのでヒットしないか』と書いたとおりとなりそうだ。

タイラー・ペリーのシリーズは以下のとおり。
☆05年「Diary of a Mad Black Woman」トータル51百万ドル
OP22→37→44→48→50(※監督はしていない)
☆06年「Madea's Family Reunion」トータル63百万ドル
OP30→48→56→60→62
☆07年「Daddy's Little Girls」トータル31百万ドル
先16→25→28→30→31
☆07年「WHY DID I GET MARRIED」トータル55百万ドル
OP21→39→47→51→53
☆08年「Meet the Browns」トータル42百万ドル
OP20→33→38→40→41
☆08年「The Family That Preys」トータル37百万ドル
OP17→28→33→35→36
☆09年「Madea Goes to Jail」トータル91百万ドル
OP41→65→76→83→87
☆09年「I Can Do Bad All By Myself」トータル52百万ドル
OP23→38→45→48→50
☆10年「Why Did I Get Married Too?」トータル60百万ドル
OP30→49→55→57→59
☆10年「For Colored Girls」トータル38百万ドル
OP19→31→34→37→37
☆11年「Madea's Big Happy Family」トータル53百万ドル
OP25→41→47→50→52
☆12年「Good Deeds」トータル35百万ドル
OP16→26→30→33→34
☆12年「Madea's Witness Protection」トータル66百万ドル
OP25→46→56→60→63
☆13年「Temptation」トータル52百万ドル
OP22→38→45→49→51
☆13年「Peeples」
OP05百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「Peeples」の興行収入は11~13百万ドルとなる。
評価は悪いが、さすがに1千万ドルは超えるだろう。
「Peeples」の興行収入は1千万ドル台と予想したい。
タイラー・ペリーシリーズはやはり監督・主演と全てやらないといけないようだ。


5位は5週目の「42」。
トータルでは85百万ドルとなっている。
製作費4千万ドルは楽に回収している。
黒人野球選手ジャッキー・ロビンソンを描いたスポーツドラマ。
監督は01年「ROCK YOU!」(トータル57百万ドル)のブライアン・ヘルゲランド。
主演はあまりキャリアのないチャドウィック・ボーズマン。
ハリソン・フォードも出演している。

実話系野球ドラマが参考となりそうだ。
☆02年「オールド・ルーキー」トータル76百万ドル
OP16→35→45→54→61→65
☆11年「マネーボール」トータル76百万ドル
OP20→38→49→58→64→67→70
☆13年「42」
OP27→54→69→78→85百万ドル→
これらとの対比で考えると、「42」の興行収入は101~106百万ドルとなる。
評価もかなり高いので、まだまだ粘り強く伸びそうだと思ったが、極端な伸びではないか。
「42」の興行収入は先週まで1億2千万ドル台と予想したが、1億ドル台と下方修正したい。
スポーツドラマの中では、03年「シービスケット」トータル120百万ドル、04年「ミリオン・ダラー・ベイビー」トータル100百万ドルがライバルとなる。
スポーツドラマとしては大ヒットといえるだろう。


6位は4週目の「オブリビオン」。
トータルでは82百万ドルとなっている。
製作費1億2千万ドルの回収が当面の目標となる。
公開前に『大ヒットは微妙だが、ヒットはするだろう』と書いたとおりとなりそうだが、思ったよりも高いオープニングを飾っていた。
トム・クルーズ主演のSFアドベンチャー。
モーガン・フリーマンも出演している。
監督は「トロン・レガシー」のジョセフ・コシンスキー。
☆10年「トロン:レガシー」トータル172百万ドル
OP44→87→131→148→157→163→167
☆13年「オブリビオン」
OP37→65→076→082百万ドル→
これとの対比で考えると、「オブリビオン」の興行収入は95百万ドルとなる。
「トロン:レガシー」を超えることはなさそうだ。
この対比程度か。

トム・クルーズ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「M:i:Ⅲ」トータル134百万ドル
OP48→85→104→114→123→127
☆01年「バニラ・スカイ」トータル101百万ドル
OP25→45→67→81→88→93
☆02年「マイノリティ・リポート」トータル132百万ドル
OP36→73→97→110→118→123
☆03年「ラストサムライ」トータル111百万ドル
OP24→47→59→74→90→97
☆04年「コラテラル」トータル101百万ドル
OP25→53→70→80→87→93
☆05年「宇宙戦争」トータル234百万ドル
先101(OP65)→165→192→208→218→225
☆08年「ワルキューレ」トータル83百万ドル
先47→65→74→79→81→82
☆10年「ナイト&デイ」トータル76百万ドル
先27→46→62→69→73→74
☆11年「ミッション:インポッシブルⅣ」トータル209百万ドル
限13→込77→込141→170→187→19
☆12年「アウトロー」トータル80百万ドル
OP15→44→65→73→76→78
☆13年「オブリビオン」
OP37→65→76→82百万ドル→
「マイノリティ・リポート」に近いオープニングを飾っていた。
主要作品との対比で考えると、「オブリビオン」の興行収入は90~104百万ドルとなる。
評価は高いので、ある程度は伸びるとは思ったが、あまり伸びなかった。
「オブリビオン」の興行収入はOP時に1億4千万ドル台、2週目に1億1千万ドル台と予想したが、先週に引き続き9千万ドル台と予想したい。
製作費をアメリカで回収できれそうもなく、成功とはいいにくい。


7位は8週目の「The Croods」。
トータルでは173百万ドルとなっている。
既に製作費135百万ドルの回収が完了している。
ドリームワークスの3Dアニメ作品。
監督は「ヒックとドラゴン」のクリス・サンダース、カーク・デミッコ。
公開前に『爆発的なヒット』と書いたが、ドリームワークス作品としては普通のオープニングとなっていた。

2億ドル以下のドリームワークス系のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「モンスターVSエイリアン」トータル198百万ドル
OP59→105→140→163→175→182→187→191
☆05年「マダガスカル」トータル194百万ドル
OP47→100→128→147→160→171→179→184
☆08年「マダガスカル2」トータル180百万ドル
OP63→117→137→159→166→170→172→175
☆11年「カンフー・パンダ2」トータル165百万ドル
先53→100→127→144→153→157→159→160
☆04年「シャーク・テイル」トータル161百万ドル
OP48→087→119→137→147→154→158→158
☆06年「森のリトルギャング」トータル155百万ドル
OP38→076→112→130→139→145→148→150
☆11年「長靴をはいたネコ」トータル149百万ドル
OP34→076→108→122→135→140→142→143
☆10年「メガマインド」トータル148百万ドル
OP46→089→109→130→137→140→142→143
☆07年「ビー・ムービー」トータル127百万ドル
OP38→072→094→112→118→121→122→123
☆12年「不思議の国のガーディアンズ」トータル103百万ドル
先32→49→062→071→080→090→097→099
☆13年「The Croods」
OP44→089→125→142→155→163→169→173百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「The Croods」の興行収入は178~182百万ドルとなる。
『評価はかなり高いので伸びてくるのではないか』と書き続けているように、伸びが良い。
「The Croods」の興行収入は先週に引き続き1億8千万ドル台と予想したい。
爆発力はなかったが、成功といえるだろう。
今回コンビを組んだ20世紀フォックスは安心しているのではないか。


8位は3週目の「The Big Wedding」。
トータルでは18百万ドルとなっている。
製作費35百万ドルの回収は厳しいだろう。
公開前に『まあまあヒットするのではないか』と書いたが、意外な結果となった。
ロバート・デ・ニーロ、ダイアン・キートン、スーザン・サランドン、キャサリン・ハイグル、アマンダ・セイフライド、ロビン・ウィリアムズと豪華キャストのラブコメ。
監督は、「最高の人生の見つけ方」の脚本家のジャスティン・ザッカム。

キャストが豪華すぎると、かえって良くないのか。
昨年の「恋愛だけじゃダメかしら?」という作品もキャメロン・ディアス、ジェニファー・ロペス、エリザベス・バンクス、デニス・クエイドなどが出演したが、ヒットしなかった。
☆12年「恋愛だけじゃダメかしら?」トータル41百万ドル
OP11→22→31→36
☆13年「The Big Wedding」
OP08→14→18百万ドル→
これとの対比で考えると、「The Big Wedding」の興行収入は24百万ドルとなる。
評価は普通であり、あまり伸びそうもないので、「The Big Wedding」の興行収入は先週に引き続き2千万ドル台と予想したい。
製作費は安いので傷が浅いが、失敗作となりそうだ。


9位は3週目の「Mud」。
トータルでは8百万ドルとなっている。
OP時363→576→854スクリーンと拡大公開されている。
監督は11年「テイク・シェルター」(トータル1.7百万ドル)のジェフ・ニコルズ。
主演はマシュー・マコノヒー。
オスカー女優のリース・ウィザースプーンも出演している。
評価はメチャクチャ高いので、かなり伸びそうだが、現状の規模のままでは先週に引き続き2~3千万ドルと予想したい。
製作費は不明だが、ヒットするタイプの作品ではないので、成功といえるのではないか。


10位は10週目の「オズ はじまりの戦い」。
トータルでは230百万ドルとなっている。
製作費215百万ドルの回収は既に終了している。
公開前に『ビッグヒットとなるだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
サム・ライミ監督のアドベンチャー作品。
主演は、ジェームス・フランコ。
ミラ・クニス、レイチェル・ワイズ、ミシェル・ウィリアムズが出演している。
8週目に圏外に落ちたが、サマーシーズンに入り復活している。

ライバル作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「アリス・イン・ワンダーランド」トータル334百万ドル
5週目310→319→324→328→330→331
☆12年「スノーホワイト」トータル155百万ドル
5週目46→150→152
☆13年「オズ はじまりの戦い」
5週目213→219→224→226→229→230百万ドル→
「アリス・イン・ワンダーランド」との対比で考えると、「オズ はじまりの戦い」の興行収入は232百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度だが、思ったよりも伸びがあった。
「オズ はじまりの戦い」の興行収入は6週目まで2億2千万ドル台と予想したが、先週に引き続き2億3千万ドル台と予想したい。
当然、続編という話になるだろう。
著名原作のファンタジー作品は今後も制作されていきそうだ。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆SFアドベンチャー「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
アメリカでは当然ヒットするだろう。前作を超えるか。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(5月1週目その1)

1位:「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」(東宝・日本テレビ)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 35億円台
【公開規模】 344スクリーン(先週比±0スクリーン)
祝日を含めたトータルでは27.2億円となっている。
1週間の伸びは10.8億円程度だろうか。
GWに当然のように荒稼ぎした。
GWもあり、「ドラゴンボール」の3週目22.0億円、「ドラえもん」の3週目20.0億円を超えている。
予想はできなかったが、だいたいの例年通りだろうと思っていた。

過去の「名探偵コナン」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆97年「時計じかけの摩天楼」トータル11.0億円
☆98年「14番目の標的(ターゲット)」トータル18.5億円
☆99年「世紀末の魔術師」トータル26億円
☆00年「瞳の中の暗殺者」トータル25.0億円
☆01年「天国へのカウントダウン」トータル29.0億円
☆02年「ベイカー街の亡霊」トータル33.8億円
☆03年「迷宮の十字路」トータル32.0億円
☆04年「銀翼の奇術師」トータル28.0億円
☆05年「水平線上の陰謀(ストラテジー)」トータル21.5億円
2.8→06.1→08.3→12.6→18.3→19.3
☆06年「探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」トータル30.3億円<10周年記念>
5.4→10.3→14.9→25.4→27.2→28.5→29.3
☆07年「紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」トータル25.3億円
4.5→09.5→20.2→21.9→23.2→24.0→24.5
☆08年「戦慄の楽譜(フルスコア)」トータル24.2億円
4.2→08.5→祝19.0→20.6→21.8→22.7→23.3
☆09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル35.0億円
5.9→12.5→20.1→29.5→31.6→32.9→33.8→34.3→34.5
☆10年「天空の難破船(ロスト・シップ)」トータル32.0億円
5.6→11.4→18.7→26.8→28.6→30.0→30.8
☆11年「沈黙の15分(クォーター)」トータル31.5億円<15周年記念>
5.5→11.5→18.2→26.3→28.1→29.4→30.3→30.8
☆12年「11人目のストライカー」トータル32.9億円
6.3→12.6→17.3→28.1→29.8→30.9→31.6→32.1→32.3
☆13年「絶海の探偵(プライベート・アイ)」
6.7→祝16.4→祝27.3億円→
過去最高のオープニングを飾っていた。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は34.2~55.5億円となる。
当面は、09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル35.0億円が目標となりそうだ。
今年の興行収入は先々週に引き続き35億円台と予想したい。
過去最高の興行収入となるかが注目となる。
今年の「ドラえもん」は既に37億円を超えているので、これを超えることは難しいだろう。


5位:「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」(東宝・テレビ朝日)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 11億円台
【公開規模】 324スクリーン(先週比±0スクリーン)
祝日を含めたトータルでは9.6億円となっている。
1週間の伸びは4.2億円半ば程度だろうか。
ピークは過ぎているが、悪くはない動きとなっている。
来年の制作も大丈夫だろう。

過去の「クレヨンしんちゃん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆93年「アクション仮面VSハイグレ魔王」トータル22.2億円
☆94年「ブリブリ王国の秘宝」トータル21億円
☆95年「雲黒斎の野望」トータル14億円
☆96年「ヘンダーランドの大冒険」トータル12億円
☆97年「暗黒タマタマ大追跡」トータル11億円
☆98年「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」トータル11億円
☆99年「爆発!温泉わくわく大決戦」トータル9億円
☆00年「嵐を呼ぶジャングル」トータル11.0億円
☆01年「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」トータル14.5億円
☆02年「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」トータル13.0億円
☆03年「嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」トータル13.5億円
☆04年「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」トータル12.8億円
☆05年「伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃」トータル13.0億円
2.2→4.1→07.3→11.6→11.9
☆06年「伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!」トータル13.8億円
3.3→5.7→07.8→13.3→13.8
☆07年「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」トータル15.5億円<15周年記念>
3.0→6.0→13.2→14.2→14.8→14.9
☆08年「ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者」トータル12.3億円
2.5→4.5→祝10.2→10.9→11.4→11.6
☆09年「オタケべ!カスカベ野生王国」トータル10.0億円
1.7→3.5→05.9→09.2→09.6→09.7
☆10年「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」トータル12.5億円
2.7→4.9→07.7→11.1→11.7→12.0→
☆11年「嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」トータル12.0億円
1.9→4.0→06.7→10.3→10.9→11.3→11.6
☆12年「嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」トータル9.8億円<20周年記念>
2.0→3.5→04.8→08.5→09.0→09.3→09.4
☆13年「バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」
2.3→祝5.3→祝9.6億円→
20周年記念が二桁を割り、過去最低レベルという散々なこととなっていた。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は11.3~19.6億円となっている。
最低ラインの二桁は突破しそうだ。
今年の興行収入は先々週に引き続き11億円台と予想したい。
二桁前後は稼げるシリーズなので打ち切りはないとは思うが、盛り返さないと他の作品とさらに水をあけられそうだ。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

気になる映画ニュース(5月第2週目)

☆「ミッション:インポッシブル5」の製作が決定
トム・クルーズは、前作での主演交代も噂されたが、前作の世界興行収入が7億ドル近くを稼ぎ、当然の続投となった。
監督は「アウトロー」で組んだクリストファー・マッカリーが有力となっているが、現時点では決定ではないようだ。
興行収入がヒットし続けば制作されそうだが、コケたら再び主演交代がささやかれるだろう。


☆「ジュラシック・パーク4」の公開日が延期
以前に『来年の6月に全米公開が設定されているが、主演も決まっておらず、間に合うのかが注目となる』と書いていたが、当然間に合わなかったらしい。
間に合うのならば、デキの悪い作品になるだろう。
既にコリン・トレバーロウという新鋭を監督に起用しており、これからじっくりと制作に取り掛かるのではないか。
早ければ2015年には見られるかもしれない。


☆スコセッシ監督「沈黙」に日本人俳優が参加
渡辺謙、イッセー尾形が出演することとなったようだ。
「スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが主演となることが決定しているようであり、2014年7月クランクインに向けて本格的に動き出しそうだ。


☆「メン・イン・ブラック」の続編が制作か
アメリカで大ヒットした『21ジャンプストリート』の脚本家が起用された。
監督はバリー・ソネンフィルドが続投する見通し。
ウィル・スミスは出演すると思われるが、トミー・リー・ジョーンズにアクションはきついのではないか。
前回のジョシュ・ブローリンのような荒業を使うこととなりそうだ。


☆「ダイ・ハード」の続編が制作か
脚本家も既に決まっているらしい。
5はロシアが舞台だったが、今度は東京が舞台になるという情報もある。
日本では人気のシリーズだが、5の興行収入もイマイチだったので、なぜ東京を選んだのだろうか。
5のデキがイマイチであり、もう終わるのではないかと危惧されたが、一応は続けるようだ。
日本人キャスト及び優秀な監督を起用することに期待したいところだ。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

国内映画興行収入ランキング(5月2週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「県庁おもてなし課」(東宝)
「図書館戦争」「阪急電車 片道15分の奇跡」の有川浩の原作作品。
ドラマ「フリーター、家を買う。」の原作者でもある。
監督・脚本も「阪急電車 片道15分の奇跡」と同じ組み合わせとなっている。
☆11年「阪急電車 片道15分の奇跡」トータル11.4億円
先0.6→2.7→5.6→7.0→8.2→9.1→9.6
小スクリーンながら大ヒットした作品。
本作もヒットしそうだ。
主演は、錦戸亮、堀北真希となっている。
観客層は、原作ファン及びジャニーズファンが中心だろうが、女性受けしそうだ。
ジャニーズ系では「プラチナデータ」以下、「脳男」以上か。
25億円以下、12億円以上というところか。
「ツナグ」トータル16.6億円以上、「神様のカルテ」トータル18.9億円と同程度というところか。
「県庁おもてなし課」の興行収入は19億円台と予想したい。
オープニングは2.3億円程度か。
良作っぽいので、伸びていくタイプの作品だろう。


◎「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」(東映)
前作の興行収入は以下のとおり。
☆11年「探偵はBARにいる」トータル12.2億円
OP1.7→5.2→8.2→9.9→10.8→11.5→11.8
前作の評判は良かったので、前作超えもあり得そうだ。
ただ、本作の前評判はあまり良くないので、ジャンプアップはないか。
2割ほどの上昇と考えて、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の興行収入は14億円台と予想したい。
オープニングは2.5億円程度か。


◎「聖☆おにいさん」(東宝)
読んだことはないが、著名な人気のある作品なのでヒットするだろう。
よく分からないが、8億円台くらいか。
オープニングは1.3億円程度か。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

全米映画興行収入(5月第1週目)

1位となったのは新作の「アイアンマン3」。
事前には週末3日間で177百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る174百万ドルのオープニングを飾った。
製作費2億ドルは楽に回収できそうだ。
予想は下回っているが、文句なしの大ヒットだろう。
公開前に『恐らく過去のシリーズ作品を上回るだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「アベンジャーズ」トータル623百万ドル
OP207→373→458→513→553→572→587→598
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
先102→178→223→253→276→289→298→305
☆10年「アイアンマン2」トータル312百万ドル
OP128→211→251→275→291→299→305
☆11年「マイティ・ソー」トータル181百万ドル
OP66→119→145→160→169→174→176
☆11年「キャプテン・アメリカ」トータル177百万ドル
OP65→117→143→157→165→169→172
☆13年「アイアンマン3」
OP174百万ドル→
これらとの対比で考えると、「アイアンマン3」の興行収入は424~524百万ドルとなる。
評価もかなり高いので、伸びるだろう。
「アイアンマン3」の興行収入は「アベンジャーズ」対比の5億2千万ドル台と予想したい。
このアベンジャーズシリーズは金の鉱脈だ。


2位は2週目の「Pain and Gain」。
トータルでは34百万ドルとなっている。
製作費26百万ドルは楽に回収できたが、物足りない。
公開前に『まあまあヒットするのではないか』と書いたが、微妙な結果となった。
マイケル・ベイ監督のアクション作品。
主演はマーク・ウォールバーグ、ドウェイン・ジョンソン。

マイケル・ベイ監督作品のうち、ヒットしていない作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「アイランド」トータル36百万ドル
OP12→24→31→34
マーク・ウォールバーグ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」トータル119百万ドル
OP36→70→88→99→107→113
☆12年「ハード・ラッシュ」トータル67百万ドル
OP24→46→57→62→65→66
☆12年「Ted」トータル219百万ドル
OP54→120→159→180→193→203
☆13年「Pain and Gain」
OP20→34百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「Pain and Gain」の興行収入は50~62百万ドルとなる。
評価は高いが、それほど伸びはないだろう。
「Pain and Gain」の興行収入は先週に引き続き5千万ドル台と予想したい。
製作費が安いので問題ないが、「トランスフォーマー」の新作はマイケル・ベイ監督とマーク・ウォールバーグのコンビとなるため、その点が心配される。


3位は4週目の「42」。
トータルでは78百万ドルとなっている。
製作費4千万ドルは楽に回収している。
黒人野球選手ジャッキー・ロビンソンを描いたスポーツドラマ。
監督は01年「ROCK YOU!」(トータル57百万ドル)のブライアン・ヘルゲランド。
主演はあまりキャリアのないチャドウィック・ボーズマン。
ハリソン・フォードも出演している。

実話系野球ドラマが参考となりそうだ。
☆02年「オールド・ルーキー」トータル76百万ドル
OP16→35→45→54→61→65
☆11年「マネーボール」トータル76百万ドル
OP20→38→49→58→64→67→70
☆13年「42」
OP27→54→69→78百万ドル→
これらとの対比で考えると、「42」の興行収入は102~110百万ドルとなる。
評価もかなり高いので、まだまだ粘り強く伸びそうだ。
「42」の興行収入は先週に引き続き1億2千万ドル台と予想したい。
スポーツドラマの中では、03年「シービスケット」トータル120百万ドル、04年「ミリオン・ダラー・ベイビー」トータル100百万ドルがライバルとなる。
スポーツドラマとしては大ヒットといえるだろう。


4位は3週目の「オブリビオン」。
トータルでは76百万ドルとなっている。
製作費1億2千万ドルの回収が当面の目標となる。
公開前に『大ヒットは微妙だが、ヒットはするだろう』と書いたとおりとなりそうだが、思ったよりも高いオープニングを飾っていた。
トム・クルーズ主演のSFアドベンチャー。
モーガン・フリーマンも出演している。
監督は「トロン・レガシー」のジョセフ・コシンスキー。
☆10年「トロン:レガシー」トータル172百万ドル
OP44→87→131→148→157→163→167
☆13年「オブリビオン」
OP37→65→76百万ドル→
これとの対比で考えると、「オブリビオン」の興行収入は100百万ドルとなる。
「トロン:レガシー」を超えることはなさそうだ。
この対比程度か。

トム・クルーズ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「M:i:Ⅲ」トータル134百万ドル
OP48→85→104→114→123→127
☆01年「バニラ・スカイ」トータル101百万ドル
OP25→45→67→81→88→93
☆02年「マイノリティ・リポート」トータル132百万ドル
OP36→73→97→110→118→123
☆03年「ラストサムライ」トータル111百万ドル
OP24→47→59→74→90→97
☆04年「コラテラル」トータル101百万ドル
OP25→53→70→80→87→93
☆05年「宇宙戦争」トータル234百万ドル
先101(OP65)→165→192→208→218→225
☆08年「ワルキューレ」トータル83百万ドル
先47→65→74→79→81→82
☆10年「ナイト&デイ」トータル76百万ドル
先27→46→62→69→73→74
☆11年「ミッション:インポッシブルⅣ」トータル209百万ドル
限13→込77→込141→170→187→19
☆12年「アウトロー」トータル80百万ドル
OP15→44→65→73→76→78
☆13年「オブリビオン」
OP37→65→76百万ドル→
「マイノリティ・リポート」に近いオープニングを飾っていた。
主要作品との対比で考えると、「オブリビオン」の興行収入は93~115百万ドルとなる。
評価は高いので、ある程度は伸びるとは思ったが、あまり伸びなかった。
「オブリビオン」の興行収入はOP時に1億4千万ドル台、2週目に1億1千万ドル台と予想したが、9千万ドル台に再下方修正したい。
製作費をアメリカで回収できれそうもなく、成功とはいいにくい。


5位は7週目の「The Croods」。
トータルでは169百万ドルとなっている。
既に製作費135百万ドルの回収が完了している。
ドリームワークスの3Dアニメ作品。
監督は「ヒックとドラゴン」のクリス・サンダース、カーク・デミッコ。
公開前に『爆発的なヒット』と書いたが、ドリームワークス作品としては普通のオープニングとなっていた。

2億ドル以下のドリームワークス系のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「モンスターVSエイリアン」トータル198百万ドル
OP59→105→140→163→175→182→187→191
☆05年「マダガスカル」トータル194百万ドル
OP47→100→128→147→160→171→179→184
☆08年「マダガスカル2」トータル180百万ドル
OP63→117→137→159→166→170→172→175
☆11年「カンフー・パンダ2」トータル165百万ドル
先53→100→127→144→153→157→159→160
☆04年「シャーク・テイル」トータル161百万ドル
OP48→087→119→137→147→154→158→158
☆06年「森のリトルギャング」トータル155百万ドル
OP38→076→112→130→139→145→148→150
☆11年「長靴をはいたネコ」トータル149百万ドル
OP34→076→108→122→135→140→142→143
☆10年「メガマインド」トータル148百万ドル
OP46→089→109→130→137→140→142→143
☆07年「ビー・ムービー」トータル127百万ドル
OP38→072→094→112→118→121→122→123
☆12年「不思議の国のガーディアンズ」トータル103百万ドル
先32→49→062→071→080→090→097→099
☆13年「The Croods」
OP44→089→125→142→155→163→169百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Croods」の興行収入は172~183百万ドルとなる。
『評価はかなり高いので伸びてくるのではないか』と書き続けているように、伸びが良い。
「The Croods」の興行収入は先週に引き続き1億8千万ドル台と予想したい。
爆発力はなかったが、成功といえるだろう。
今回コンビを組んだ20世紀フォックスは安心しているのではないか。


6位は2週目の「The Big Wedding」。
トータルでは14百万ドルとなっている。
製作費35百万ドルの回収は厳しいだろう。
公開前に『まあまあヒットするのではないか』と書いたが、意外な結果となった。
ロバート・デ・ニーロ、ダイアン・キートン、スーザン・サランドン、キャサリン・ハイグル、アマンダ・セイフライド、ロビン・ウィリアムズと豪華キャストのラブコメ。
監督は、「最高の人生の見つけ方」の脚本家のジャスティン・ザッカム。

キャストが豪華すぎると、かえって良くないのか。
昨年の「恋愛だけじゃダメかしら?」という作品もキャメロン・ディアス、ジェニファー・ロペス、エリザベス・バンクス、デニス・クエイドなどが出演したが、ヒットしなかった。
☆12年「恋愛だけじゃダメかしら?」トータル41百万ドル
OP11→22→31→36
☆13年「The Big Wedding」
OP08→14百万ドル→
これとの対比で考えると、「The Big Wedding」の興行収入は26百万ドルとなる。
評価は普通であり、あまり伸びそうもないので、「The Big Wedding」の興行収入は先週に引き続き2千万ドル台と予想したい。
製作費は安いので傷が浅いが、失敗作となりそうだ。


7位は2週目の「Mud」。
トータルでは5百万ドルとなっている。
先週363スクリーンから576スクリーンに拡大されて、ランクインしてきた。
監督は11年「テイク・シェルター」(トータル1.7百万ドル)のジェフ・ニコルズ。
主演はマシュー・マコノヒー。
オスカー女優のリース・ウィザースプーンも出演している。
評価はメチャクチャ高いので、かなり伸びそうだが、現状の規模のままでは2~3千万ドルだろう。


8位は9週目の「オズ はじまりの戦い」。
トータルでは229百万ドルとなっている。
製作費215百万ドルの回収は既に終了している。
公開前に『ビッグヒットとなるだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
サム・ライミ監督のアドベンチャー作品。
主演は、ジェームス・フランコ。
ミラ・クニス、レイチェル・ワイズ、ミシェル・ウィリアムズが出演している。
先週圏外に落ちたが、サマーシーズンに入り復活した。

ライバル作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「アリス・イン・ワンダーランド」トータル334百万ドル
5週目310→319→324→328→330
☆12年「スノーホワイト」トータル155百万ドル
5週目46→150→152
☆13年「オズ はじまりの戦い」
5週目213→219→224→226→229百万ドル→
「アリス・イン・ワンダーランド」との対比で考えると、「オズ はじまりの戦い」の興行収入は232百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度だが、思ったよりも伸びがあった。
「オズ はじまりの戦い」の興行収入は6週目まで2億2千万ドル台と予想したが、2億3千万ドル台となりそうだ。
当然、続編という話になるだろう。
著名原作のファンタジー作品は今後も制作されていきそうだ。


9位は4週目の「Scary Movie 5」。
トータルでは30百万ドルとなっている。
製作費2千万ドルの回収は終了したが、イマイチな結果となりそうだ。
シリーズのパロディコメディ作品。
公開前に『そこそこ稼ぐか』と書いたが、思ったよりも低い出足となっている。
監督は08年「ミート・ザ・ジェンキンズ」(トータル42百万ドル)のマルコム・D・リー。
リンジー・ローハン、チャーリー・シーンも出演している。

シリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「最終絶叫計画」トータル157百万ドル
OP42→89→116→132→140→145
☆01年「最新絶叫計画」トータル71百万ドル
先34→53→062→067→070→071
☆03年「最狂絶叫計画」トータル110百万ドル
OP48→78→093→102→106→108
☆06年「最終絶叫計画4」トータル91百万ドル
OP40→67→078→084→086→088
☆13年「Scary Movie 5」
OP14→23→027→030百万ドル→
過去と比べるのは可哀そうだ。
もう既にピークは過ぎていたようだ。
これらとの対比で考えると、「Scary Movie 5」の興行収入は32~36百万ドルとなる。
評価も良くないので伸びないだろう。
「Scary Movie 5」の興行収入は先週に引き続き3千万ドル台と予想したい。
20世紀フォックスのシリーズの、07年「鉄板英雄伝説」トータル40百万ドル、08年「ほぼ300」トータル38百万ドルがライバルとなりそうだ。
製作費は安いので問題はないが、コケたといえそうだ。
このシリーズも終わってしまうのだろうか。


10位は5週目の「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」。
トータルでは19百万ドルとなっている。
製作費15百万ドルは既に回収している。
監督は、10年「ブルーバレンタイン」(トータル10百万ドル)のデレク・シアンフランス。
主演は、ライアン・ゴズリング。
ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデスも出演している。
とりあえずは「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」の興行収入は先週に引き続き3千万ドル台予想したい。
評価はかなり高いので伸びるだろう。
ライアン・ゴズリング主演の11年「ドライヴ」トータル35百万ドル、11年「スーパー・チューズデー」トータル41百万ドルがライバルとなるか。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆ヒューマンドラマ「偉大なるギャツビー」
☆コメディ「Tyler Perry Presents Peeples」
「偉大なるギャツビー」は大ヒットはしないだろう。
「Tyler Perry Presents Peeples」は、タイラー・ペリーの監督・脚本・主演ではないのでヒットしないか。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

全米映画興行収入(4月第4週目)

1位となったのは新作の「Pain and Gain」。
事前には週末3日間で21.9百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る20.2百万ドルのオープニングを飾った。
製作費26百万ドルは楽に回収できそうだ。
公開前に『まあまあヒットするのではないか』と書いたが、微妙な結果となった。
マイケル・ベイ監督のアクション作品。
主演はマーク・ウォールバーグ、ドウェイン・ジョンソン。

マイケル・ベイ監督作品のうち、ヒットしていない作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「アイランド」トータル36百万ドル
OP12→24→31→34
マーク・ウォールバーグ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」トータル119百万ドル
OP36→70→88→99→107→113
☆12年「ハード・ラッシュ」トータル67百万ドル
OP24→46→57→62→65→66
☆12年「Ted」トータル219百万ドル
OP54→120→159→180→193→203
☆13年「Pain and Gain」
OP20百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「Pain and Gain」の興行収入は56~66百万ドルとなる。
評価は高いが、それほど伸びはないだろう。
「Pain and Gain」の興行収入は5千万ドル台と予想したい。
製作費が安いので問題ないが、「トランスフォーマー」の新作はマイケル・ベイ監督とマーク・ウォールバーグのコンビとなるため、その点が心配される。


2位は2週目の「オブリビオン」。
トータルでは65百万ドルとなっている。
製作費1億2千万ドルの回収が当面の目標となる。
公開前に『大ヒットは微妙だが、ヒットはするだろう』と書いたとおりとなりそうだが、思ったよりも高いオープニングを飾っていた。
トム・クルーズ主演のSFアドベンチャー。
モーガン・フリーマンも出演している。
監督は「トロン・レガシー」のジョセフ・コシンスキー。
☆10年「トロン:レガシー」トータル172百万ドル
OP44→87→131→148→157→163→167
☆13年「オブリビオン」
OP37→65百万ドル→
これとの対比で考えると、「オブリビオン」の興行収入は129百万ドルとなる。
「トロン:レガシー」を超えることはなさそうだ。
この対比程度か。

トム・クルーズ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「M:i:Ⅲ」トータル134百万ドル
OP48→85→104→114→123→127
☆01年「バニラ・スカイ」トータル101百万ドル
OP25→45→67→81→88→93
☆02年「マイノリティ・リポート」トータル132百万ドル
OP36→73→97→110→118→123
☆03年「ラストサムライ」トータル111百万ドル
OP24→47→59→74→90→97
☆04年「コラテラル」トータル101百万ドル
OP25→53→70→80→87→93
☆05年「宇宙戦争」トータル234百万ドル
先101(OP65)→165→192→208→218→225
☆08年「ワルキューレ」トータル83百万ドル
先47→65→74→79→81→82
☆10年「ナイト&デイ」トータル76百万ドル
先27→46→62→69→73→74
☆11年「ミッション:インポッシブルⅣ」トータル209百万ドル
限13→込77→込141→170→187→19
☆12年「アウトロー」トータル80百万ドル
OP15→44→65→73→76→78
☆13年「オブリビオン」
OP37→65百万ドル→
「マイノリティ・リポート」に近いオープニングを飾った。
主要作品との対比で考えると、「オブリビオン」の興行収入は92~124百万ドルとなる。
評価は高いので、ある程度は伸びるとは思うが、高い伸びではなさそうだ。
「オブリビオン」の興行収入はOP時に1億4千万ドル台と予想したが、1億1千万ドル台と下方修正したい。
製作費をアメリカで回収できればよいが、微妙となりそうだ。


3位は3週目の「42」。
トータルでは69百万ドルとなっている。
製作費4千万ドルは楽に回収している。
黒人野球選手ジャッキー・ロビンソンを描いたスポーツドラマ。
監督は01年「ROCK YOU!」(トータル57百万ドル)のブライアン・ヘルゲランド。
主演はあまりキャリアのないチャドウィック・ボーズマン。
ハリソン・フォードも出演している。

実話系野球ドラマが参考となりそうだ。
☆02年「オールド・ルーキー」トータル76百万ドル
OP16→35→45→54→61→65
☆11年「マネーボール」トータル76百万ドル
OP20→38→49→58→64→67→70
☆13年「42」
OP27→54→69百万ドル→
これらとの対比で考えると、「42」の興行収入は107~117百万ドルとなる。
評価もかなり高いので、伸びそうだ。
「42」の興行収入は先週に引き続き1億2千万ドル台と予想したい。
スポーツドラマの中では、03年「シービスケット」トータル120百万ドル、04年「ミリオン・ダラー・ベイビー」トータル100百万ドルがライバルとなる。
スポーツドラマとしては大ヒットといえるだろう。


4位となったのは新作の「The Big Wedding」。
事前には週末3日間で9.9百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る7.6百万ドルのオープニングを飾った。
製作費35百万ドルの回収は厳しいだろう。
公開前に『まあまあヒットするのではないか』と書いたが、意外な結果となった。
ロバート・デ・ニーロ、ダイアン・キートン、スーザン・サランドン、キャサリン・ハイグル、アマンダ・セイフライド、ロビン・ウィリアムズと豪華キャストのラブコメ。
監督は、「最高の人生の見つけ方」の脚本家のジャスティン・ザッカム。

キャストが豪華すぎると、かえって良くないのか。
昨年の「恋愛だけじゃダメかしら?」という作品もキャメロン・ディアス、ジェニファー・ロペス、エリザベス・バンクス、デニス・クエイドなどが出演したが、ヒットしなかった。
☆12年「恋愛だけじゃダメかしら?」トータル41百万ドル
OP11→22→31→36
☆13年「The Big Wedding」
OP08百万ドル→
これとの対比で考えると、「The Big Wedding」の興行収入は30百万ドルとなる。
評価は普通であり、ここまで伸びそうもないので、「The Big Wedding」の興行収入は2千万ドル台と予想したい。
製作費は安いので傷が浅いが、失敗作となりそうだ。


5位は3週目の「The Croods」。
トータルでは163百万ドルとなっている。
既に製作費135百万ドルの回収が完了している。
ドリームワークスの3Dアニメ作品。
監督は「ヒックとドラゴン」のクリス・サンダース、カーク・デミッコ。
公開前に『爆発的なヒット』と書いたが、ドリームワークス作品としては普通のオープニングとなっていた。

2億ドル以下のドリームワークス系のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「モンスターVSエイリアン」トータル198百万ドル
OP59→105→140→163→175→182→187→191
☆05年「マダガスカル」トータル194百万ドル
OP47→100→128→147→160→171→179→184
☆08年「マダガスカル2」トータル180百万ドル
OP63→117→137→159→166→170→172→175
☆11年「カンフー・パンダ2」トータル165百万ドル
先53→100→127→144→153→157→159→160
☆04年「シャーク・テイル」トータル161百万ドル
OP48→087→119→137→147→154→158→158
☆06年「森のリトルギャング」トータル155百万ドル
OP38→076→112→130→139→145→148→150
☆11年「長靴をはいたネコ」トータル149百万ドル
OP34→076→108→122→135→140→142→143
☆10年「メガマインド」トータル148百万ドル
OP46→089→109→130→137→140→142→143
☆07年「ビー・ムービー」トータル127百万ドル
OP38→072→094→112→118→121→122→123
☆12年「不思議の国のガーディアンズ」トータル103百万ドル
先32→49→062→071→080→090→097→099
☆13年「The Croods」
OP44→089→125→142→155→163百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「The Croods」の興行収入は170~187百万ドルとなる。
『評価はかなり高いので伸びてくるのではないか』と書き続けているように、伸びが良い。
「The Croods」の興行収入は先週に引き続き1億8千万ドル台と予想したい。
爆発力はなかったが、成功といえるだろう。
今回コンビを組んだ20世紀フォックスは安心しているのではないか。


6位は5週目の「G.I.ジョー バック2リベンジ」。
トータルでは116百万ドルとなっている。
製作費130百万ドルの回収が目標となる。
2012年6月公開予定だったが、公開日の延期が吉と出そうだ。
公開前に『それなりのヒットとなるだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
シリーズモノのアクション作品。
監督は、「ステップ・アップ」シリーズのジョン・チュウ。
前作のチャニング・テイタム、イ・ビョンホンに加えて、ドウェイン・ジョンソン、ブルース・ウィリスが参戦している。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆09年「G.I.ジョー」トータル150百万ドル
OP55→99→120→132→139
☆13年「G.I.ジョー バック2リベンジ」
先51→86→103→111→116百万ドル→
これとの対比で考えると、「G.I.ジョー バック2リベンジ」の興行収入は125百万ドルとなる。

以下の動きも参考になるか。
☆11年「マイティ・ソー」トータル181百万ドル
OP66→119→145→160→169→174→176
☆11年「キャプテン・アメリカ」トータル177百万ドル
OP65→117→143→157→165→169→172
☆11年「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」トータル146百万ドル
OP55→098→120→133→139→142→143
☆13年「G.I.ジョー バック2リベンジ」
先51→86→103→111→116百万ドル→
これとの対比で考えると、「G.I.ジョー バック2リベンジ」の興行収入は122~124百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度だが、少しは伸びるだろう。
「G.I.ジョー バック2リベンジ」の興行収入は2週目まで1億3千万ドル台と予想してたが、先週に引き続き1憶2千万ドル台と予想したい。
とりあえず製作費を回収できれば良いが、成功といえるかどうかは微妙となりそうだ。


6位は3週目の「Scary Movie 5」。
トータルでは27百万ドルとなっている。
製作費2千万ドルの回収は終了したが、イマイチな結果となりそうだ。
シリーズのパロディコメディ作品。
公開前に『そこそこ稼ぐか』と書いたが、思ったよりも低い出足となっている。
監督は08年「ミート・ザ・ジェンキンズ」(トータル42百万ドル)のマルコム・D・リー。
リンジー・ローハン、チャーリー・シーンも出演している。

シリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「最終絶叫計画」トータル157百万ドル
OP42→89→116→132→140→145
☆01年「最新絶叫計画」トータル71百万ドル
先34→53→062→067→070→071
☆03年「最狂絶叫計画」トータル110百万ドル
OP48→78→093→102→106→108
☆06年「最終絶叫計画4」トータル91百万ドル
OP40→67→078→084→086→088
☆13年「Scary Movie 5」
OP14→23→027百万ドル→
過去と比べるのは可哀そうだ。
もう既にピークは過ぎていたようだ。
これらとの対比で考えると、「Scary Movie 5」の興行収入は31~37百万ドルとなる。
評価も良くないので伸びないだろう。
「Scary Movie 5」の興行収入は先週に引き続き3千万ドル台と予想したい。
20世紀フォックスのシリーズの、07年「鉄板英雄伝説」トータル40百万ドル、08年「ほぼ300」トータル38百万ドルがライバルとなりそうだ。
製作費は安いので問題はないが、コケたといえそうだ。
このシリーズも終わってしまうのだろうか。


8位は6週目の「エンド・オブ・ホワイトハウス」。
トータルでは93百万ドルとなっている。
既に製作費7千万ドルの回収が終了している。
公開前に『コケるか』と書いたので、驚きのヒットだ。
能力は高いがヒットに恵まれないアントワン・フークア監督の実績を知っていれば、ヒットするとは思えない。
アントワン・フークア監督のサスペンスアクション作品。
主演はジェラルド・バトラー、アーロン、エッカート、モーガン・フリーマン。

アントワン・フークア監督の興行収入は以下のとおり。
☆01年「トレーニングデイ」トータル77百万ドル
OP23→43→57→65→70→73
☆03年「ティアーズ・オブ・ザ・サン」トータル44百万ドル(製作費75百万ドル)
OP17→31→38→41→43→43
☆04年「キング・アーサー」トータル52百万ドル(製作費120百万ドル)
先24→38→45→49→50→51
☆07年「ザ・シューター/極大射程」トータル47百万ドル(製作費61百万ドル)
OP15→28→37→42→45→46
☆13年「エンド・オブ・ホワイトハウス」
OP30→55→71→82→89→93百万ドル→
アントワン・フークア監督作品のデキは良いが、あまりにも本格的・重厚すぎるところがある。
これらとの対比で考えると、「エンド・オブ・ホワイトハウス」の興行収入は95~98百万ドルとなる。
評価は高いので、伸びはあるだろう。
「エンド・オブ・ホワイトハウス」の興行収入は先週に引き続き9千万ドル台と予想したい。
アントワン・フークア監督のキャリアハイとなりそうだ。
1億ドル突破できるかが注目となる。
成功と言えるのではないか。


9位は4週目の「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」。
トータルでは17百万ドルとなっている。
製作費15百万ドルは回収した。
監督は、10年「ブルーバレンタイン」(トータル10百万ドル)のデレク・シアンフランス。
主演は、ライアン・ゴズリング。
ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデスも出演している。
とりあえずは「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」の興行収入は先週に引き続き3千万ドル台予想したい。
評価はかなり高いので伸びるだろう。
ライアン・ゴズリング主演の11年「ドライヴ」トータル35百万ドル、11年「スーパー・チューズデー」トータル41百万ドルがライバルとなるか。


10位は4週目の「ジュラシック・パーク3D」。
トータルでは42百万ドルとなっている。
既に製作費1千万ドルを回収している。
3Dに変換された作品。
公開前に『あまり稼げないとは思うが、「ジュラシック・パーク」がコケたら、もう3Dビジネスは終わるだろう』と書いたが、さすがに悪くはない成績となっている。

過去の作品を3D化した作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「ライオン・キング3D」トータル94百万ドル
OP30→61→79→86→90
☆12年「美女と野獣」トータル48百万ドル
OP18→34→41→45
☆12年「スター・ウォーズ Episode I」トータル43百万ドル
OP22→34→40→42
☆12年「タイタニック 3D」トータル58百万ドル
先26(OP17)→45→53→56
☆12年「ファインディング・ニモ3D」トータル41百万ドル
OP17→30→36→39
☆12年「モンスターズ・インク3D」トータル34百万ドル
先6(OP05)→19→28→31
☆13年「ジュラシック・パーク3D」
OP19→32→39→42百万ドル→
「スター・ウォーズ Episode I」を超えそうだ。
主要作品との対比で考えると、「ジュラシック・パーク3D」の興行収入は43~46百万ドルとなる。
「ジュラシック・パーク3D」の興行収入は先週に引き続き4千万ドル台と予想したい。
3D化ビジネスは、3~5千万ドルは稼げるビジネスとなりそうだ。
既にDVD化されている作品であり、DVD収入は期待できないため、やはり美味しいとはいえない。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆アクションアドベンチャー「アイアンマン3」
恐らく過去のシリーズ作品を上回るだろう。

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。