ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(1月4週目その2)

動員1位:「ベイマックス」(ディズニー)<6週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 90億円台
【公開規模】 OP540スクリーン
トータルでは70.3億円となっている。
1週間の伸びは6.2億円程度だろうか。
「アナと雪の女王」から良い流れが続いており、ディズニーアニメが好調だ。

「妖怪ウォッチ」と激しいバトルを繰り広げている。
☆14年「ベイマックス」
OP6.0→不明→41.5→祝57.2→64.1→70.3億円→
☆14年「映画妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」
OP16.3→不明→54.2→祝65.4→68.3→70.7億円→
最大10億円差が4千万円の差となった。

近年のディズニー映画の興行収入は以下のとおり。
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4
☆13年公開「シュガー・ラッシュ」トータル30.0億円
OP3.4→12.9→21.8→24.6→26.5→28.9
☆14年公開「アナと雪の女王」トータル254.7億円
金9.9→30.1→52.8→77.1→92.8→107.3
☆14年公開「ベイマックス」
OP6.0→不明→41.5→祝57.2→64.1→70.3億円→
「シュガー・ラッシュ」をあっさりと超えている。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「メリダとおそろしの森」トータル9.5億円
OP1.5→04.2→06.1→07.6→08.7
☆13年「モンスターズ・ユニバーシティ」トータル89.6億円
OP8.5→祝24.9→34.9→46.1→58.1→65.4→77.7
☆14年「ベイマックス」
OP6.0→不明→41.5→祝57.2→64.1→70.3億円→
正月映画のため単純比較はしにくいが、主要作品との対比で考えると、「ベイマックス」の興行収入は79.2~96.3億円となる。
公開日当初では配給会社は「興収50億円突破は確実」と読んでいたため、予想以上にヒットしているようだ。
「トイ・ストーリー3」以下、「モンスターズ・ユニバーシティ」以上というところか。
大台100億円突破も夢ではないかもしれないが、「ベイマックス」の興行収入は先週に引き続き90億円台と予想したい。
日本のアニメもハリウッドのアニメ作品もやはりアニメは強い。


動員3位:「映画妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 78億円台(4週目90億円前半)
【公開規模】 OP 408スクリーン
トータルでは70.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.3億円半ば程度だろうか。
予想はできなかったが、98年の「ポケモン」レベル(配給収入41.5億円 ※配給収入は興行収入の半分程度)か、最近の「ポケモン」の最高興行収入(50.2億円)の1.5倍以上というイメージを持っていた。
イメージに近い結果に終わりそうだ。

年末年始のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「ONE PIECE FILM Z」トータル68.7億円
OP13.7→祝31.8→42.3→54.5→祝60.6→63.1→64.9
☆13年「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」トータル42.5億円
OP6.5→14.4→祝21.5→27.5→35.3→祝38.9→40.1
☆14年「映画妖怪ウォッチ」
OP16.3→不明→54.2→祝65.4→68.3→70.7億円→
これらとの対比で考えると、「映画妖怪ウォッチ」の興行収入は77.0~77.2億円となる。
勢いがなくなっており、この程度だろうか。

以下の作品が参考となるか。
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5→26.2→39.8→50.3→64.7→73.9→80.3
☆14年「STAND BY ME ドラえもん」トータル83.8億円
金9.9→32.7→45.8→58.1→64.3→祝70.0→72.3
☆14年「映画妖怪ウォッチ」
OP16.3→不明→54.2→祝65.4→68.3→70.7億円→
これらとの対比で考えると、「映画妖怪ウォッチ」の興行収入は84.6~88.5億円となる。
85億円以下、75億円以上というところか。
「映画妖怪ウォッチ」の興行収入は4週目に90億円前半程度と予想したが、78億円台と下方修正したい。
勢いはなくなり、「ベイマックス」に完敗しそうだが、十分な結果だろう。
冬の恒例映画となりそうだ。


動員4位:「映画ST 赤と白の捜査ファイル」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 10億円台(OP時12億円台)
【公開規模】 OP 292スクリーン
トータルでは7.3億円弱となっている。
1週間の伸びは2.0億円弱程度だろうか。
特別良くも悪くもない結果となりそうだ。

藤原竜也、岡田将生主演ドラマの映画化。
平均視聴率11.2%となっている。
公開前に『映画化のハードルがどんどん下がっているような気がする。それでもそれなりにヒットしそうだ』と書いたとおりとなりそうだ。

事件モノドラマの映画化作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0
☆12年「臨場 劇場版」トータル7.4億円
OP1.5→03.9→05.4→06.5→06.9
☆13年「映画 謎解きはディナーのあとで」トータル32.5億円
OP04.0→11.0→20.6→25.1→28.7→30.1→祝31.1
☆13年「ストロベリーナイト」トータル21.5億円
OP3.2→9.5→祝14.6→16.9→18.7→19.9→20.5
☆13年「劇場版 ATARU」トータル18.5億円
祝4.9→祝10.3→12.9→15.0→祝16.6→17.3→17.8
☆13年「相棒シリーズ Ⅹ DAY」トータル13.4億円
OP2.1→6.1→9.0→10.8→11.8
☆14年「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」
OP1.6→04.1→05.7→06.7→07.2
☆15年「映画ST赤と白の捜査ファイル」
祝3.0→5.3→7.3億円→
主要作品との対比で考えると、「映画ST赤と白の捜査ファイル」の興行収入は10.0~11.7億円となる。
気軽に見られる強みもあり、意外と評価も高いので、少々伸びるかと思ったが、やはりそれほど伸びなかった。
「映画ST 赤と白の捜査ファイル」の興行収入はOP時に12億円台と予想したが、10億円台に下方修正したい。
公開前個人予想が10億円台だったので当たりそうだ。
10億円超えれば十分だろう。
ますますドラマの映画化が増えそうだ。
スポンサーサイト

国内映画興行収入ランキング(1月5週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「エクソダス:神と王」(20世紀フォックス)
リドリー・スコット監督による歴史・聖書モノ。

リドリー・スコット監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆01年公開「ハンニバル」トータル46.0億円
☆02年公開「ブラックホーク・ダウン」トータル13.0億円
☆05年公開「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円
OP2.6→6.2→8.7→10.4
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル不明(9億円程度か)
OP1.1→不明→6.0→祝7.6→8.2
☆10年公開「ロビン・フッド」トータル7.0億円
金1.7→3.8→4.9→5.8→6.5→6.8
☆12年公開「プロメテウス」トータル18.1億円
先7.5(OP3.0)→13.1→15.7→17.1
☆13年公開「悪の法則」トータル4.9億円
金1.4→3.3→4.3→4.7
基本的には10億円台が標準となる。
「グラディエーター」トータル15.6億円、「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円、「ロビン・フッド」トータル7.0億円が参考となるだろう。
大ヒットするタイプではないので、「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円、「ロビン・フッド」トータル7.0億円程度か。

以下も当然参考となるだろう。
☆14年公開「ノア 約束の舟」トータル13.8億円
金3.3→8.2→10.8→12.3→13.0
これを下回るだろう。
13億円以下、7億円以上というところか。
製作費1億4千万ドルの本作であるが、アメリカでは現在65百万ドルとコケており、過度な期待はできない。
「エクソダス:神と王」の興行収入は8億円台と予想したい。
金曜日からのオープニング3日は2.0億円程度か。


◎「ジョーカー・ゲーム」(東宝)
スパイモノのサスペンス小説原作作品。
亀梨和也、深田恭子、伊勢谷友介が出演している。
ドラマの映画化でもなく大ヒットするようなタイプの作品ではなさそうだが、ある程度は稼ぐだろう。

参考作品は以下のとおり。
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円
祝3日5.7→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1
☆10年「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円
OP2.0→05.0→07.6→09.0→10.0→10.6
☆11年「アンダルシア 女神の報復」トータル18.8億円
OP2.6→7.5→10.8→13.5→15.3→16.4
☆13年「プラチナデータ」トータル26.4億円
OP4.0→11.2→16.8→20.7→22.8→24.2
☆13年「藁の楯」トータル18.3億円
OP1.9→9.6→11.8→13.7→15.9→17.2
「プラチナデータ」のような大ヒットを狙いたいところだが、「ゴールデンスランバー」辺りがライバルではないか。
亀梨和也の映画実績がドラマの映画化の「映画 妖怪人間ベム」や小規模公開の「俺俺」なので未知数だが、そこまで高い集客力があるとも思えない。
6億円以上、12億円以下というところではないか。
ストーリーが面白いことを期待して、比較的高めに考えて、「ジョーカー・ゲーム」の興行収入は10億円台と予想したい。
オープニングは1.6億円程度か。


◎「マエストロ!」(松竹・アスミック)
オーケストラを描いた漫画原作作品。
松坂桃李、西田敏行、miwaが出演している。
良い意味でも悪い意味でも松竹らしいと思わせるイメージがある。
人情味がありそうなヒューマンドラマであり、音楽のシーンも良さそうと感じさせる一方で、キャストや宣伝が弱そうであり、漫画の人気がよく分からないが、総合的に考えてヒットするとは思えない。
去年公開された「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」トータル6.7億円、「銀の匙 Silver Spoon」と同程度か、やや下回る程度ではないか。
「マエストロ!」の興行収入は5億円台と予想したい。
オープニングは8千万円程度か。

国内映画興行収入ランキング(1月4週目その1)

動員2位:「ANNIE/アニー」(ソニー)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 15億円台
【公開規模】 OP 505スクリーン
2.2億円弱(218,572,300円)のオープニングを飾った。
予想するつもりだったが、多忙のためタイミングを失った。
「マンマ・ミーア!」以下、「ヘアスプレー」以上というところを考えており、15億円くらいの予想にしようと思っていた。

有名ミュージカルの映画化。
クヮヴェンジャネ・ウォレス、ジェイミー・フォックス、キャメロン・ディアスなどが出演している。
アメリカでは現在84百万ドルの興行収入となっており、批評ともに中途半端な状況となっている。
日本においても大ヒットすることはないと思うが、日本人はミュージカルが好きな傾向があるので、ある程度のヒットとなるだろうと思っていた。

ミュージカル映画は以下の通り。
☆01年公開「ムーランルージュ」トータル10.0億円
☆03年公開「シカゴ」トータル35.0億円
☆05年公開「オペラ座の怪人」トータル42.0億円
☆06年公開「プロデューサーズ」トータル10.0億円
OP1.2→03.6→05.3→06.5→08.1
☆07年公開「ドリームガールズ」トータル19.2億円
OP2.0→06.5→11.0→14.1→16.3
☆07年公開「ヘアスプレー」トータル10.0億円
OP1.2→03.6→05.7→06.6→07.7→08.4→08.7
☆08年公開「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円
OP4.0→09.6→14.0→16.6→18.4→19.4→20.1
☆09年公開「マンマ・ミーア!」トータル26.0億円
金4.4→10.1→15.3→19.1→22.0→24.9
☆10年公開「NINE」トータル7.8億円
金1.6→04.1→05.6→06.5→07.1
☆10年公開「バーレスク」トータル7.9億円
OP0.7→02.6→04.0→05.3→06.2
☆12年公開「レ・ミゼラブル」トータル58.9億円
金3.8→11.3→21.1→祝28.9→33.6→37.7→41.8
☆15年「ANNIE/アニー」
OP2.2億円→
主要作品との対比で考えると、「ANNIE/アニー」の興行収入は11.3~21.1億円となる。
やはり、「マンマ・ミーア!」以下、「ヘアスプレー」以上というところか。
評価が良いとは思えないが、ミュージカル映画なのである程度の伸びはあるだろう。
「ANNIE/アニー」の興行収入は15億円台と予想したい。
高すぎず、低すぎず、ちょうどいいところに落ち着きそうだ。

全米映画興行収入(1月第4週目)

1位は5週目の「アメリカン・スナイパー」。
トータルでは200百万ドルとなっている。
製作費58.8百万ドルをあっさりと回収している。
OP~3週目まで4スクリーンで公開されていたが、4週目に3555、5週目に3705スクリーンに拡大公開されている。
クリント・イーストウッド監督作品であり、戦争映画もそれほど稼げないと思われたので、公開前に『ほどほどに稼ぐ』と書いたが、想定外の大ヒットとなった。
賞レース序盤はほとんど注目されていなかったが、今後の賞レースに影響があるかもしれない。
主演はアカデミー賞にノミネートされたブラッドリー・クーパー。

クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下の通り。
☆03年「ミスティック・リバー」トータル90百万ドル
拡大後14→25→34→40→46
☆04年「ミリオンダラー・ベイビー」トータル100百万ドル
拡大後22→34→45→54→65
☆06年「父親たちの星条旗」トータル34百万ドル
☆06年「硫黄島からの手紙」トータル14百万ドル
☆08年「チェンジリング」トータル36百万ドル
拡大後10→21→28→32→34
☆08年「グラン・トリノ」トータル148百万ドル
拡大後41→73→98→110→120
☆09年「インビクタス」トータル37百万ドル
OP09→16→23→31→34
☆10年「ヒアアフター」トータル33百万ドル
拡大後12→22→29→31→32
☆11年「J・エドガー」トータル37百万ドル
OP11→21→29→33→35
☆14年「ジャージー・ボーイズ」トータル47百万ドル
OP13→27→37→42→44
☆14年「アメリカン・スナイパー」
拡大後93→200百万ドル→
拡大公開された主要作品との対比で考えると、「アメリカン・スナイパー」の興行収入は343~405百万ドルとなる。
話題になるだろうから、どこまで伸びるか想像がつかない。

以下の作品が参考とならない。
☆13年「ローン・サバイバー」トータル125百万ドル
拡大後38→73→94→105→113
☆12年「ゼロ・ダーク・サーティ」トータル96百万ドル
拡大後30→54→70→78→84→88
☆14年「アメリカン・スナイパー」
拡大後93→200百万ドル→
これらとの対比で考えると、「アメリカン・スナイパー」の興行収入は343~356百万ドルとなる。
評価はかなり高いので伸びるだろう。
とりあえずは、「アメリカン・スナイパー」の興行収入は先週に引き続き3億4千万ドル台と予想したい。
クリント・イーストウッド監督が晩年にこのようなヒット作品を生むとは誰も予想しなかっただろう。


2位となったのは新作の「The Boy Next Door」。
事前には週末3日間で18百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る15.0百万ドルのオープニングを飾った。
製作費4百万ドルは楽に回収している。
ジェニファー・ロペス主演のサスペンス作品。
ギャラはいくらで出演したのだろうか。
監督は01年「ワイルド・スピード」のロブ・コーエン。
公開前に『ほどほど稼ぐだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

ジェニファー・ロペス主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆02年「イナフ」トータル40百万ドル
OP14→27→34→37
☆02年「メイド・イン・マンハッタン」トータル94百万ドル
OP19→35→57→76
☆05年「ウエディング宣言」トータル83百万ドル
OP23→44→60→71
☆10年「カレには言えない私のケイカク」トータル37百万ドル
OP12→23→30→34
☆15年「The Boy Next Door」
OP15百万ドル→
ジェニファー・ロペスにとって久々の主演作品となる。
主要作品との対比で考えると、「The Boy Next Door」の興行収入は43~54百万ドルとなる。
評価は良くないので、伸びないだろう。
「The Boy Next Door」の興行収入は4千万ドル台と予想したい。
評価は良くなくても、この製作費でこれだけ稼げれば、ジェニファー・ロペスの需要はまだまだあるといえそうだ。


3位は2週目の「Paddington」。
トータルでは40百万ドルとなっている。
実績のないポール・キング監督によるファミリー向け作品。
公開前に『ほどほどに稼ぐ』と書いたとおりとなりそうだ。

以下の作品が参考となるか。
☆07年「アルビン/歌うシマリス3兄弟」トータル217百万ドル
OP44→84→141→176→188→196
☆09年「アルビン2 シマリス3兄弟vs.3姉妹」トータル220百万ドル
先76→156→178→193→204
☆11年「アルビン3 シマリスたちの大冒険」トータル133百万ドル
OP23→56→98→112→119
☆11年「スマーフ」トータル142百万ドル
OP36→76→102→118→126→132
☆13年「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」トータル70百万ドル
先27→46→57→63→66→68→69
☆15年「Paddington」
OP19→40百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「Paddington」の興行収入は75~103百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、粘りそうだ。
「Paddington」の興行収入は先週に引き続き9千万ドル台と予想したい。
ビッグヒットではないが、ファミリー作品らしく手堅く稼ぎそうだ。


4位は2週目の「The Wedding Ringer」。
トータルでは40百万ドルとなっている。
製作費23百万ドルは楽に回収している。
公開前に『イマイチな結果となるか』と書いたが、悪くはない結果となりそうだ。
監督は実績のないジェレミー・ガレリック。
ケヴィン・ハート主演のコメディ作品。

ケヴィン・ハート出演したコメディ作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「Think Like a Man」トータル92百万ドル
OP34→60→73→82→86→88
☆14年「Ride Along」トータル134百万ドル
OP42→76→93→105→116→123→127
☆14年「Think Like a Man Too」トータル65百万ドル
OP29→48→57→62→64→65→65
☆14年「About Last Night」トータル49百万ドル
OP26→38→44→47→48→48→48
☆15年「The Wedding Ringer」
OP21→40百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Wedding Ringer」の興行収入は52~71百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、少しは伸びるだろう。
「The Wedding Ringer」の興行収入は先週に引き続き5千万ドル台と予想したい。
製作費の倍を稼げれば十分すぎるだろう。


5位は3週目の「96時間/レクイエム」。
トータルでは76百万ドルとなっている。
製作費48百万ドルの回収は楽に終わった。
監督は前作に引き続きオリヴィエ・メガトン。
主演はもちろんリーアム・ニーソン。
公開前に『飽きられることはなく、前作を超えるヒットとなるのではないか』と書いたとおりにはなりそうもない。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「96時間」トータル145百万ドル
OP25→54→78→95→108→118
☆12年「96時間/リベンジ」トータル140百万ドル
OP50→86→106→117→126→131
☆15年「96時間/レクイエム」
OP39→64→76百万ドル→
前作との対比で考えると、「96時間/レクイエム」の興行収入は100百万ドルとなる。
この程度だろうか。

リーアム・ニーソン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「特攻野郎Aチーム THE MOVIE 」トータル77百万ドル
OP26→50→63→69→74→75
☆11年「アンノウン」トータル64百万ドル
OP22→43→53→58→61
☆12年「The Grey 凍える太陽」トータル52百万ドル
OP20→35→43→48→50
☆14年「フライト・ゲーム」トータル92百万ドル
OP29→53→69→79→85→88
☆15年「96時間/レクイエム」
OP39→64→76百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「96時間/レクイエム」の興行収入は92~101百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びは予想以上になさそうだ。
「96時間/レクイエム」の興行収入はOP時に1億1千万ドル台と予想したが、先週に引き続き9千万ドル台と予想したい。
前作を超えることはなさそうだ。
だいぶ稼いだので、そろそろシリーズを終わりにした方がいいだろう。


7位となったのは新作の「Strange Magic」。
事前には週末3日間で6百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る5.5百万ドルのオープニングを飾った。
ジョージ・ルーカスがプロデュースしたアニメ作品。
公開前に『ほどほど稼ぐだろう』と書いたとおりとなりそうもなく、大コケしそうだ。

ジョージ・ルーカスがプロデュースした作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「レッド・テイルズ」トータル50百万ドル
OP19→34→41→45
☆15年「Strange Magic」
OP06百万ドル→
これとの対比で考えると、「Strange Magic」の興行収入は16百万ドルとなる。
評価は普通なので、伸びないだろう。
「Strange Magic」の興行収入は1千万ドル台と予想したい。
ジョージ・ルーカスの名前ではもはや稼げないのではないか。


8位は5週目の「Selma」。
トータルでは39百万ドルとなっている。
製作費2千万ドルの回収は楽に終了した。
OP19→2週目22→3週目2179→4週目2235→5週目2046スクリーンと4週目まで拡大公開されていた。
賞レースでも評価されているマーティン・ルーサー・キングを描いた作品。

以下が参考となるか。
☆11年「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」トータル170百万ドル
水36(OP26)→71→97→119→137→147→154
☆13年「大統領の執事の涙」トータル117百万ドル
OP25→52→74→91→100→106→110
☆13年「それでも夜は明ける」トータル57百万ドル
4週目拡大17(OP07)→25→29→33→35→36
☆14年「Selma」
3週目拡大14(OP11)→26→39百万ドル→
評価はかなり高く、賞レースにも絡んでいるので伸びはあるだろう。
「それでも夜は明ける」と同程度かやや超える程度だろうか。
「Selma」の興行収入は先週に引き続き6千万ドル台と予想したい。


9位となったのは新作の「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」。
事前には週末3日間で7.5百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る4.1百万ドルのオープニングを飾った。
他の国で稼げそうだが、製作費6千万ドルの大半が赤字となりそうだ。
ジョニー・デップ主演のアクションコメディ作品。
グウィネス・パルトロウも出演している。
監督はデヴィッド・コープ。
公開前に『ほどほど稼ぐだろう』と書いたとおりとはなりそうもない。
デヴィッド・コープは脚本家としてかなり著名な人物であるが、脚本家としての腕も大したことないうえに、監督としての腕はより酷いのでこの結果は仕方がない。
ジョニー・デップの人気もかなり低下しているが、評判も悪いためデヴィッド・コープの責任ではないか。

ジョニー・デップ主演の以下の作品を超えるかが注目となる。
☆11年「ラム・ダイアリー」トータル13百万ドル
OP05→10→12→13
☆15年「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」
OP04百万ドル→
これとの対比で考えると、「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」の興行収入は10百万ドルとなる。
評価は普通であり、伸びはないだろう。
「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」の興行収入は1千万ドル台と予想したい。
ジョニー・デップは主演作品が5連敗しており、もはや後がない状況となった。


10位は5週目の「イントゥ・ザ・ウッズ」。
トータルでは121百万ドルとなっている。
製作費5千万ドルは楽に回収している。
ディズニーによるブロードウェイミュージカルの映画化作品。
シンデレラ、赤ずきん、ジャックなども登場する。
監督は「シカゴ」のロブ・マーシャル。
魔女役にメリル・ストリープ、パン屋の妻役にエミリー・ブラント、狼役にジョニー・デップが出演している。

近年のミュージカル作品は以下の通りとなっている。
☆02年「シカゴ」トータル171百万ドル
7週目拡大64→81→94→105→114→125→134→145
☆12年「レ・ミゼラブル」トータル149百万ドル
先67(OP28)→104→119→130→138→142
☆08年「マンマ・ミーア!」トータル144百万ドル
OP28→63→87→104→116→124→131→136
☆07年「ヘアスプレー」トータル119百万ドル
OP27→60→79→092→101→107→112→115
☆06年「ドリームガールズ」トータル103百万ドル
3週目拡大37→54→65→77→87→93→97→100
☆14年「イントゥ・ザ・ウッズ」
先46(OP31)→91→105→115→121百万ドル→
公開時期が似ている「レ・ミゼラブル」との対比で考えると、「イントゥ・ザ・ウッズ」の興行収入は131百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度ものの伸びはあると思っていたが、それほど伸びそうもない。
「イントゥ・ザ・ウッズ」の興行収入は先週まで「レ・ミゼラブル」「マンマ・ミーア!」と同程度の1億4千万ドル台と予想したが、1億3千万ドル台に下方修正したい。
ただ、このミュージカル映画は日本でもヒットしそうだ。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆SF作品「Project Almanac」
☆サスペンス作品「The Loft」
☆ケヴィン・コスナー主演のヒューマンドラマ「Black or White」
どれも微妙な気がする。ヒットはしないだろう。

気になる映画ニュース(1月4週目)

☆『スノーホワイト』続編から監督が降板
フランク・ダラボンが監督として起用されたが、クリエイティヴ面の相違により降板した。
2016年4月22日全米公開に向けて後任を探しているようだが、もはや厳しいのではないか。
クリステン・スチュワートはもともと出演しない予定だったが、ルパート・サンダース監督と不倫により、シリーズ自体にあまり良いイメージがなくなっているだろう。
クリス・ヘムズワースが演じた猟師が主役となる見通しだが、彼の最新主演作品が大コケしており、大作を任せるには不安も残る。
この際、企画を潰せば赤字を生まずに済むだろう。


☆「攻殻機動隊」実写企画の主演が決定
スカーレット・ヨハンソンに決定したようだ。出演料は1千万ドルのようだ。
ドリームワークスが制作を手掛ける企画。
「スノーホワイト」のルパート・サンダーズに監督が決定している。
「AKIRA」の企画のようにグダグダになる可能性もあると思っていたが、企画は動いているようだ。
監督はやや微妙ながらも、主演女優を超有名どころの起用ができたことで、この企画は大作映画として動きだしそうだ。
しかしながら、「アベンジャーズ」のブラック・ウィドウのスピンオフ企画は当面は見送りとなりそうだ。


☆DCコミックスの悪役が集結する「スーサイド・スクワッド」からトム・ハーディが降板
スケジュールの調整がつかないらしい。
存在感のある俳優だけに、残念のひとこと。
後任にジェイク・ギレンホールにオファーしているようだ。


☆「アバター」続編の公開は2017年に延期
当初は2016、2017、2018年12月に公開する予定だったが、全て1年後に延期された。
ジェームズ・キャメロン監督なので当然予定通りに進むはずはなかった。
脚本を3部作にまたがる世界観にあう修正をしている段階らしい。
そもそも2014年12月公開予定だったので、2017年公開も微妙な気がする。
2018、2019年辺りになるのではないか。1作目が2009年公開なので、思い切って2019年辺りがキリがイイのではないか。


☆スコセッシ監督「沈黙」から渡辺謙が降板
ブロードウェイミュージカル「王様と私」のスケジュールと重なる都合により、渡辺謙が降板し、浅野忠信が代役として起用された。
マーティン・スコセッシの悲願の企画であり、渡辺謙の降板は残念の一言。
アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、イッセー尾形が出演することが決まっている。
しかし、渡辺謙、浅野忠信、真田広之以外にハリウッドで通用する俳優はいないのか。


☆「ボーン」シリーズ最新作の全米公開日が決定
マット・デイモンが復帰し、ポール・グリーングラスが監督を行う最新作の公開日が2016年7月29日に決定した。
当初は7月15日予定だったが、「スター・トレック」、「猿の惑星」最新作の公開日が7月上中旬にセットされているため、公開日をずらしたようだ。
今年の秋から撮影を開始するとのことであり、時間的に余裕があまりないが、間に合うだろうか。
そもそも監督が決まったばかりの「スター・トレック」が間に合わない気がする。


☆2014年もっとも興行収入の高かった俳優が発表
結果は以下のとおり。
1. ジェニファー・ローレンス 14億ドル
2. クリス・プラット 12億ドル
3. スカーレット・ヨハンソン 11億8,000万ドル
4. マーク・ウォールバーグ 10億ドル
5. クリス・エヴァンス 8億100万ドル
6. エマ・ストーン 7億6,400万ドル
7. アンジェリーナ・ジョリー 7億5,800万ドル
8. ジェームズ・マカヴォイ 7億4,700万ドル
9. マイケル・ファスベンダー 7億4,600万ドル
10. ヒュー・ジャックマン 7億4,600万ドル
「X-MEN」シリーズ、マーベル系作品、ディズニー系、「トランスフォーマー」などのヒット作品に出演しているかどうかというだけであり、あまり意味のないランキングと思われる。
なお、クリス・ピットは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に出演している。


☆放送映画批評家協会賞の結果が発表
結果は以下のとおり。
作品賞 「6才のボクが、大人になるまで。」
監督賞 リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
主演男優賞 マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
主演女優賞 ジュリアン・ムーア「アリスのままで」
助演男優賞 J・K・シモンズ「セッション」
助演女優賞 パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」
アンサンブル演技賞 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
若手男優・女優賞 エラー・コルトレーン「6才のボクが、大人になるまで。」
オリジナル脚本賞 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、アルマンド・ボー「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
脚色賞 ギリアン・フリン「ゴーン・ガール」
アニメーション映画賞 「LEGO(R) ムービー」
アクション映画賞 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
アクション映画男優賞 ブラッドリー・クーパー「アメリカン・スナイパー」
アクション映画女優賞 エミリー・ブラント「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
コメディ映画賞 「グランド・ブダペスト・ホテル」
コメディ映画男優賞 マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
コメディ映画女優賞 ジェニー・スレイト「Obvious Child」
SF/ホラー映画賞 「インターステラー」
外国語映画賞 「フレンチアルプスで起きたこと」
ドキュメンタリー映画賞 「Life Itself」
主題歌賞 “グローリー”「Selma」(ジョン・レジェンド&コモン)
作曲賞 アントニオ・サンチェス「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
撮影賞 エマニュエル・ルベツキ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
編集賞 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
美術賞 「グランド・ブダペスト・ホテル」
衣装デザイン賞 「グランド・ブダペスト・ホテル」
ヘア&メイクアップ賞 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
視覚効果賞 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
主要部門はほぼ順当な結果となっている。アカデミー賞ともほぼかぶるだろう。様々な賞があって面白い。
アニメ部門を受賞した「LEGO(R) ムービー」のアカデミー賞落選はやはり意外だったようだ。


☆サウンド・ミキシング技術のシネマ・オーディオ協会(CAS)賞のノミネーションが発表
ノミネートは以下のとおり。
<映画(実写)>
『アメリカン・スナイパー』
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
『インターステラー』
『Unbroken』

<映画(アニメ)>
『ベイマックス』
『The Boxtrolls』
『ヒックとドラゴン2』
『LEGO(R)ムービー』
『Penguins of Madagascar』
サウンド・ミキシング技術の良し悪しはなかなか判断つかないが、結局のところ、高評価を得ている作品がサウンド・ミキシング技術においてもノミネートされるのはどうなのだろうか。
アカデミー賞の音響賞などでも同様に高評価の作品が並んでいる。
サウンド・ミキシング技術に特化して、独自の視点から評価できないのだろうか。


☆「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガン監督が選ぶ2014年の好きな映画が発表
結果は以下のとおり。
「セッション」
「LEGO(R) ムービー」
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
「The Drop」
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
「6才のボクが、大人になるまで。」
「ザ・レイド GOKUDO」
「神様なんかくそくらえ」
「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」
「はじまりのうた」
「The Hive」
「John Wick」
アニメ、アクション、ドラマと万遍なく選んでいる。
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」を選ぶ辺りは割とセンスが良いと思われる。
日本ではほぼ無視された「ザ・レイド GOKUDO」の評価が意外と高いので、上手く宣伝できなかったものかと思われる。

国内映画興行収入ランキング(1月3週目その1)

動員4位:「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 OP 301スクリーン
8.6千万円半ば(86,478,200円)のオープニングを飾った。
予想はしなかったが、例年ベースだろうと思っていた。
しかし、例年よりも悪いようだ。
ライダーシリーズ同様にやや飽きられつつあるのか。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」トータル3.1億円
OP0.9→1.8→
☆10年「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー」トータル4.7億円
OP1.5→2.6→3.6→4.1→4.5
☆11年「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」トータル3.6億円
OP1.1→2.1→2.8→3.3→3.5
☆12年「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」トータル5.2億円
OP1.6→3.0→3.9→4.5→4.9→5.1
☆13年「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー」トータル4.3億円
OP1.4→2.5→3.2→3.7→4.1
☆14年「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ」
OP1.3→2.5→3.3→3.6→4.0
☆15年烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー」
OP0.9億円→
これらとの対比で考えると、今年の興行収入は2.8~3.1億円となる。
人気もやや落ちていると思われるので、今年の興行収入は2億円台と予想したい。
物足りない結果に終わりそうだが、それでもまだまだ続くのだろう。


動員7位:「アゲイン 28年目の甲子園」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 OP 204スクリーン
5.1千万円(51,219,300円)のオープニングを飾った。
予想はしなかったが、ヒットすることはないだろうと思っていた。
泣けるヒューマンドラマであり、恐らく良い映画とは思うが、だからといってヒットするわけではない。

以下が参考となるか。
☆10年「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」トータル6.3億円
先1.0(OP0.9)→2.8→3.8→4.6→5.2→5.5
☆11年「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」トータル6.9億円
先1.3(OP0.9)→3.2→4.3→5.0→5.4
☆15年「アゲイン 28年目の甲子園」
OP0.5億円→
これらとの対比で考えると、「アゲイン 28年目の甲子園」の興行収入は3.5~3.8億円となる。
良作として話題になる可能性はあるが、その可能性は高くはないだろう。
「アゲイン 28年目の甲子園」の興行収入は3億円台と予想したい。
通常の東映作品よりも興行収入は高くなりそうなので悪くはない結果となりそうだ。


動員10位:「神様はバリにいる」(ファントム・フィルム)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 OP 67スクリーン
4.5千万円(45,070,100円)のオープニングを飾った。
小スクリーンであり、ヒットするタイプでもなくランクインは厳しいと思ったが、かろうじてランクインした。
堤真一主演の実在の人間をモデルにしたヒューマンコメディ。

以下の作品のイメージがあり、ヒットしないと思っていた。
☆13年「俺はまだ本気出してないだけ」トータル3.2億円
OP0.7→1.8→2.5→2.9
☆15年「神様はバリにいる」
OP0.5億円→
これとの対比で考えると、「神様はバリにいる」の興行収入は2.3億円となる。
「神様はバリにいる」の興行収入は2億円台と予想したい。
小スクリーンであるので仕方のない結果だが、恐らく海外ロケをしており、元を取れるのか心配だ。

全米映画興行収入(1月第3週目)

1位は4週目の「アメリカン・スナイパー」。
事前には週末3日間で42百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を大きく上回る89.5百万ドルのオープニングを飾った。
トータルでは93百万ドルとなっている。
製作費58.8百万ドルをあっさりと回収している。
OP~3週目まで4スクリーンで公開されていたが、3555スクリーンに拡大公開された。
クリント・イーストウッド監督作品であり、戦争映画もそれほど稼げないと思われたので、『ほどほどに稼ぐ』と書いたが、想定外の大ヒットとなった。
賞レース序盤はほとんど注目されていなかったが、今後の賞レースに影響があるかもしれない。
主演はアカデミー賞にノミネートされたブラッドリー・クーパー。

クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下の通り。
☆03年「ミスティック・リバー」トータル90百万ドル
拡大後14→25→34→40→46
☆04年「ミリオンダラー・ベイビー」トータル100百万ドル
拡大後22→34→45→54→65
☆06年「父親たちの星条旗」トータル34百万ドル
☆06年「硫黄島からの手紙」トータル14百万ドル
☆08年「チェンジリング」トータル36百万ドル
拡大後10→21→28→32→34
☆08年「グラン・トリノ」トータル148百万ドル
拡大後41→73→98→110→120
☆09年「インビクタス」トータル37百万ドル
OP09→16→23→31→34
☆10年「ヒアアフター」トータル33百万ドル
拡大後12→22→29→31→32
☆11年「J・エドガー」トータル37百万ドル
OP11→21→29→33→35
☆14年「ジャージー・ボーイズ」トータル47百万ドル
OP13→27→37→42→44
☆14年「アメリカン・スナイパー」
拡大後93百万ドル→
拡大公開された主要作品との対比で考えると、「アメリカン・スナイパー」の興行収入は256~336百万ドルとなる。
話題になるだろうから、どこまで伸びるか想像がつかない。

以下の作品が参考とならない。
☆13年「ローン・サバイバー」トータル125百万ドル
拡大後38→73→94→105→113
☆12年「ゼロ・ダーク・サーティ」トータル96百万ドル
拡大後30→54→70→78→84→88
☆14年「アメリカン・スナイパー」
拡大後93百万ドル→
これらとの対比で考えると、「アメリカン・スナイパー」の興行収入は298~306百万ドルとなる。
評価はかなり高いので伸びるだろう。
「アメリカン・スナイパー」の興行収入は3億4千万ドル台と予想したい。
クリント・イーストウッド監督が晩年にこのようなヒット作品を生むとは誰も予想しなかっただろう。


2位となったのは新作の「The Wedding Ringer」。
事前には週末3日間で22百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る20.6百万ドルのオープニングを飾った。
製作費23百万ドルは楽に回収できそうだ。
公開前に『イマイチな結果となるか』と書いたが、悪くはないオープニングを飾った。
監督は実績のないジェレミー・ガレリック。
ケヴィン・ハート主演のコメディ作品。

ケヴィン・ハート出演したコメディ作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「Think Like a Man」トータル92百万ドル
OP34→60→73→82→86→88
☆14年「Ride Along」トータル134百万ドル
OP42→76→93→105→116→123→127
☆14年「Think Like a Man Too」トータル65百万ドル
OP29→48→57→62→64→65→65
☆14年「About Last Night」トータル49百万ドル
OP26→38→44→47→48→48→48
☆15年「The Wedding Ringer」
OP21百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Wedding Ringer」の興行収入は40~67百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、少しは伸びるだろう。
「The Wedding Ringer」の興行収入は5千万ドル台と予想したい。
製作費の倍を稼げれば十分すぎるだろう。


3位となったのは新作の「Paddington」。
事前には週末3日間で17百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を上回る19百万ドルのオープニングを飾った。
実績のないポール・キング監督によるファミリー向け作品。
公開前に『ほどほどに稼ぐ』と書いたとおりとなりそうだ。

以下の作品が参考となるか。
☆07年「アルビン/歌うシマリス3兄弟」トータル217百万ドル
OP44→84→141→176→188→196
☆09年「アルビン2 シマリス3兄弟vs.3姉妹」トータル220百万ドル
先76→156→178→193→204
☆11年「アルビン3 シマリスたちの大冒険」トータル133百万ドル
OP23→56→98→112→119
☆11年「スマーフ」トータル142百万ドル
OP36→76→102→118→126→132
☆13年「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」トータル70百万ドル
先27→46→57→63→66→68→69
☆15年「Paddington」
OP19百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「Paddington」の興行収入は75~110百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、粘りそうだ。
「Paddington」の興行収入は9千万ドル台と予想したい。
ビッグヒットではないが、ファミリー作品らしく手堅く稼ぎそうだ。



4位は2週目の「96時間/レクイエム」。
トータルでは63百万ドルとなっている。
製作費48百万ドルの回収は楽に終わった。
監督は前作に引き続きオリヴィエ・メガトン。
主演はもちろんリーアム・ニーソン。
公開前に『飽きられることはなく、前作を超えるヒットとなるのではないか』と書いたとおりとはなりそうもない。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「96時間」トータル145百万ドル
OP25→54→78→95→108→118
☆12年「96時間/リベンジ」トータル140百万ドル
OP50→86→106→117→126→131
☆15年「96時間/レクイエム」
OP39→63百万ドル→
前作との対比で考えると、「96時間/レクイエム」の興行収入は103百万ドルとなる。
この程度だろうか。

リーアム・ニーソン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「特攻野郎Aチーム THE MOVIE 」トータル77百万ドル
OP26→50→63→69→74→75
☆11年「アンノウン」トータル64百万ドル
OP22→43→53→58→61
☆12年「The Grey 凍える太陽」トータル52百万ドル
OP20→35→43→48→50
☆14年「フライト・ゲーム」トータル92百万ドル
OP29→53→69→79→85→88
☆15年「96時間/レクイエム」
OP39→63百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「96時間/レクイエム」の興行収入は94~109百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びは予想以上になさそうだ。
「96時間/レクイエム」の興行収入はOP時に1億1千万ドル台と予想したが、9千万ドル台に下方修正したい。
前作を超えることはなさそうだ。
だいぶ稼いだので、そろそろシリーズを終わりにした方がいいだろう。


5位は4週目の「Selma」。
トータルでは26百万ドルとなっている。
製作費2千万ドルの回収は楽に終了した。
OP19→2週目22→3週目2179→4週目2235スクリーンに拡大公開されている。
賞レースでも評価されているマーティン・ルーサー・キングを描いた作品。

以下が参考となるか。
☆11年「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」トータル170百万ドル
水36(OP26)→71→97→119→137→147→154
☆13年「大統領の執事の涙」トータル117百万ドル
OP25→52→74→91→100→106→110
☆13年「それでも夜は明ける」トータル57百万ドル
4週目拡大17(OP07)→25→29→33→35→36
☆14年「Selma」
3週目拡大14(OP11)→26百万ドル→
評価はかなり高く、賞レースにも絡んでいるので伸びはあるだろう。
「それでも夜は明ける」と同程度かやや超える程度だろうか。
「Selma」の興行収入は先週に引き続き6千万ドル台と予想したい。


7位は4週目の「イントゥ・ザ・ウッズ」。
トータルでは115百万ドルとなっている。
製作費5千万ドルは楽に回収している。
ディズニーによるブロードウェイミュージカルの映画化作品。
シンデレラ、赤ずきん、ジャックなども登場する。
監督は「シカゴ」のロブ・マーシャル。
魔女役にメリル・ストリープ、パン屋の妻役にエミリー・ブラント、狼役にジョニー・デップが出演している。

近年のミュージカル作品は以下の通りとなっている。
☆02年「シカゴ」トータル171百万ドル
7週目拡大64→81→94→105→114→125→134→145
☆12年「レ・ミゼラブル」トータル149百万ドル
先67(OP28)→104→119→130→138→142
☆08年「マンマ・ミーア!」トータル144百万ドル
OP28→63→87→104→116→124→131→136
☆07年「ヘアスプレー」トータル119百万ドル
OP27→60→79→092→101→107→112→115
☆06年「ドリームガールズ」トータル103百万ドル
3週目拡大37→54→65→77→87→93→97→100
☆14年「イントゥ・ザ・ウッズ」
先46(OP31)→91→105→115百万ドル→
公開時期が似ている「レ・ミゼラブル」との対比で考えると、「イントゥ・ザ・ウッズ」の興行収入は132百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度だが、伸びはあるだろう。
「イントゥ・ザ・ウッズ」の興行収入は先週に引き続き、「レ・ミゼラブル」「マンマ・ミーア!」と同程度の1億4千万ドル台と予想したい。
ミュージカル映画は日本でもヒットしそうだ。


8位は5週目の「ホビット 決戦のゆくえ」。
トータルでは245百万ドルとなっている。
監督はもちろんピーター・ジャクソン。
主演はマーティン・フリーマン。
驚くようなビッグヒットではないが、さすがに安定して稼いでいる。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年「ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間」トータル313百万ドル
先75(OP47)→156→206→228→245→258→266
☆02年「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」トータル340百万ドル
先102(OP62)→200→261→283→298→309→316
☆03年「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」トータル377百万ドル
先124(OP73)→222→290→312→327→338→345
☆12年「ホビット 思いがけない冒険」トータル303百万ドル
OP85→150→222→264→278→287→293
☆13年「ホビット 竜に奪われた王国」トータル258百万ドル
OP74→128→190→229→242→249→252
☆14年「ホビット 決戦のゆくえ」
先89(OP55)→168→221→236→245百万ドル→
主要作品との対比で考えると、本作の興行収入は261~282百万ドルとなる。
評価はかなり高いが、極端な伸びはないだろう。
「ホビット 決戦のゆくえ」の興行収入は、先週まで1作目をやや下回る2億9千万ドル台と予想したが、2億6千万ドル台に下方修正したい。
前作を超える程度となりそうだ。
全世界で稼げる作品であり、商業的には、「ロード・オブ・ザ・リング」同様に大成功のシリーズとなっただろう。


10位となったのは新作の「Blackhat」。
事前には週末3日間で8百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る3.8百万ドルのオープニングを飾った。
製作費7千万ドルの回収は不可能だろう。
巨額の赤字となりそうだ。
マイケル・マン監督のサスペンス作品。
クリス・ヘムズワースが出演している。
「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」のヴィオラ・デイヴィスも出演している。
公開前に『イマイチな結果となるか』と書いたとおりとなりそうだ。
知名度が上がっているとはいえクリス・ヘムズワースではまだ集客力が足りない上に、この手のサスペンス作品はヒットしないことが多い。
「Blackhat」の興行収入は1千万ドル以下と予想したい。
久々のマイケル・マン監督にとっても、これから伸びるはずのクリス・ヘムズワースにとっても痛い結果となりそうだ。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆ジョニー・デップ主演のアクションコメディ「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」
☆ジェニファー・ロペス主演のサスペンス「The Boy Next Door」
☆ジョージ・ルーカスがプロデュースした「Strange Magic」
どれもほどほど稼ぐだろう。

気になる映画ニュース(賞レース関係2)

☆アカデミー賞ノミネートが発表
ノミネートは以下のとおり。
<作品賞>
「アメリカンスナイパー」
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「6才のボクが、大人になるまで。」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
「Selma」
「博士と彼女のセオリー」
「セッション」
【予想】今年は8作品がノミネートされた。「グランド・ブダペスト・ホテル」が追い上げているが、「6才のボクが、大人になるまで。」が逃げ切るだろう。
「アメリカンスナイパー」がノミネートされた一方で、「Unbroken」「NIGHTCRAWLER」「フォックスキャッチャー」「ゴーン・ガール」が外れている。

<監督賞>
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
ベネット・ミラー「フォックスキャッチャー」
ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
モルテン・ティルドゥム「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
【予想】作品賞と併せてリチャード・リンクレイターが有利か。
「フォックスキャッチャー」が作品賞にノミネートされていないにも関わらず、ベネット・ミラーがノミネートされていることがサプライズ。
「アメリカンスナイパー」「Selma」「博士と彼女のセオリー」「セッション」の監督がノミネートされておらず。デヴィッド・フィンチャーもアンジェリーナ・ジョリーもノミネートされなかった。

<主演男優賞>
スティーブ・カレル「フォックスキャッチャー」
ブラッドリー・クーパー「アメリカン・スナイパー」
ベネディクト・カンバーバッチ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」
【予想】マイケル・キートンが堅いだろう。
ベネディクト・カンバーバッチ、エディ・レッドメインのノミネートは既定路線だったが、ブラッドリー・クーパーとまさかのスティーブ・カレルがノミネートされた。
「NIGHTCRAWLER」のジェイク・ギレンホール、「Selma」のデヴィッド・オイェロウォ、個人的にノミネートは確実と思っていた「ターナー、光に愛を求めて」のティモシー・スポールがノミネートされなかった。

<助演男優賞>
ロバート・デュバル「ジャッジ 裁かれる判事」
イーサン・ホーク「6才のボクが、大人になるまで。」
エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
マーク・ラファロ「フォックスキャッチャー」
J・K・シモンズ「セッション」
【予想】J・K・シモンズで堅いだろう。
やや意外なメンバーだが、ゴールデン・グローブ賞と同じ組み合わせであり、サプライズノミネートはない。

<主演女優賞>
マリオン・コティヤール「サンドラの週末」
フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」
ジュリアン・ムーア「アリスのままで」
ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」
リース・ウィザースプーン「WILD」
【予想】ジュリアン・ムーアの順番のようだ。
「Cake」のジェニファー・アニストン、ゴールデン・グローブ賞を獲得した「ビッグ・アイズ」のエイミー・アダムスはノミネートが外れた。

<助演女優賞>
パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」
ローラ・ダーン「WILD」
キーラ・ナイトレイ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
メリル・ストリープ「イントゥ・ザ・ウッズ」
【予想】ここもパトリシア・アークエットが堅い。
メリル・ストリープは何度目のノミネートだろうか。

<脚本賞>
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、アルマンド・ボー「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
E・マックス・フライ、ダン・ファターマン「フォックスキャッチャー」
ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
ダン・ギルロイ「NIGHTCRAWLER」
【予想】作品賞、監督賞を取れない代わりにアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ他が受賞するか。

<脚色賞>
ジェイソン・ホール「アメリカン・スナイパー」
グレアム・ムーア「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
ポール・トーマス・アンダーソン「Inherent Vice」
アンソニー・マッカーテン「博士と彼女のセオリー」
デイミアン・チャゼル「セッション」
【予想】さっぱり分からない。グレアム・ムーアか。
「ゴーン・ガール」のギリアン・フリンがノミネートを外れている。

<視覚効果賞>
「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
「インターステラー」
「X-MEN:フューチャー&パスト」
【予想】「インターステラー」を見ていないが、これだろうか。
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」「GODZILLA」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ホビット 決戦のゆくえ」「インターステラー」「トランスフォーマー ロストエイジ」辺りの6作品のうちの5本となるかと思っていたが、「GODZILLA」「ホビット 決戦のゆくえ」「トランスフォーマー ロストエイジ」がノミネートが外れ、「X-MEN:フューチャー&パスト」「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」がノミネートされた。

<外国語映画賞>
「イーダ」(ポーランド)
「Leviathan」(ロシア)
「Tangerines」(エストニア)
「Timbuktu」(モーリタニア)
「Wild Tales」(アルゼンチン)
【予想】「イーダ」と「Leviathan」の一騎打ち。「イーダ」だろう。

<メイクアップ&ヘアスタイリング賞>
「フォックスキャッチャー」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
【予想】「グランド・ブダペスト・ホテル」か。
「フォックスキャッチャー」「グランド・ブダペスト・ホテル」「博士と彼女のセオリー」辺りがノミネートされると思っていたが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」がノミネートされた。

<長編アニメーション賞>
「ベイマックス」(監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ)
「The Boxtrolls」(監督:グラハム・アナベル、アンソニー・スタッチ)
「ヒックとドラゴン2」(監督:ディーン・デュボア)
「Song of the Sea」(監督:トム・ムーア、ポール・ヤング)
「かぐや姫の物語」(監督:高畑勲)
【予想】今回は強敵がおらず「かぐや姫の物語」の受賞の可能性が高い。
本命と思われた「LEGO(R)ムービー」がまさかのノミネートを外した。


☆ゴールデングローブ賞の結果が発表
結果は以下のとおり。
基本的には順当な結果となった。

【ドラマ部門】
<作品賞>
『6才のボクが、大人になるまで。』
『フォックスキャッチャー』
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
『SELMA』
『博士と彼女のセオリー』
【予想】評価の高い『6才のボクが、大人になるまで。』が堅いか。
【結果】『6才のボクが、大人になるまで。』
※予想どおり順当な結果。

<主演男優賞>
スティーヴ・カレル(『フォックスキャッチャー』)
ベネディクト・カンバーバッチ(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
ジェイク・ギレンホール(『NIGHTCRAWLER』)
デヴィッド・オイェロウォ(『SELMA』)
エディ・レッドメイン(『博士と彼女のセオリー』)
【予想】マイケル・キートンがコメディ部門にまわっているため予想が難しい。ベネディクト・カンバーバッチか、エディ・レッドメインか。勢いのあるベネディクト・カンバーバッチだろうか。
【結果】エディ・レッドメイン
※二択で外した。人気があるベネディクト・カンバーバッチが逆に嫌われたか。

<主演女優賞>
ジェニファー・アニストン(『CAKE』)
フェリシティ・ジョーンズ(『博士と彼女のセオリー』)
ジュリアン・ムーア(『アリスのままで』)
ロザムンド・パイク(『ゴーン・ガール』)
リース・ウィザースプーン(『WILD』)
【予想】賞レースで強さをみせているジュリアン・ムーアが堅いか。
【結果】ジュリアン・ムーア
※予想どおり順当な結果。

【コメディ・ミュージカル部門】
<作品賞>
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『PRIDE』
『ST.VINCENT』
【予想】『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』以外にないだろう。
【結果】『グランド・ブダペスト・ホテル』
※順当な結果とはならず、『グランド・ブダペスト・ホテル』は個人的にそれほど評価していない。

<主演女優賞>
エイミー・アダムス(『ビッグ・アイズ』)
エミリー・ブラント(『イントゥ・ザ・ウッズ』)
ヘレン・ミレン(『マダム・マロリーと魔法のスパイス』)
ジュリアン・ムーア(『マップ・トゥ・ザ・スターズ』)
クワベンジャネ・ウォレス(『ANNIE アニー』)
【予想】ジュリアン・ムーアがこちらでもノミネートされている。全く予想できないメンバーだが、エイミー・アダムスか。
【結果】エイミー・アダムス
※予想が難しい部門だったが、消去法で考えるとこのような結果となる。

<主演男優賞>
レイフ・ファインズ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
マイケル・キートン(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
ビル・マーレイ(『ST.VINCENT』)
ホアキン・フェニックス(『INHERENT VICE』)
クリストフ・ヴァルツ(『ビッグ・アイズ』)
【予想】マイケル・キートン以外にないだろう。
【結果】マイケル・キートン
※予想どおり順当な結果。

<助演男優賞>
ロバート・デュヴァル(『ジャッジ 裁かれる判事』)
イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)
エドワード・ノートン((『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
マーク・ラファロ(『フォックスキャッチャー』)
J・K・シモンズ(『WHIPLASH』)
【予想】J・K・シモンズが堅いだろう。
【結果】J・K・シモンズ
※予想どおり順当な結果。

<助演女優賞>
パトリシア・アークェット(『6才のボクが、大人になるまで。』)
ジェシカ・チャステイン(『A MOST VIOLENT YEAR』)
キーラ・ナイトレイ(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
エマ・ストーン(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
メリル・ストリープ(『イントゥ・ザ・ウッズ』)
【予想】パトリシア・アークェットが堅いだろう。
【結果】パトリシア・アークェット
※予想どおり順当な結果。

<最優秀監督賞>
ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
アヴァ・デュヴァネイ(『SELMA』)
デヴィッド・フィンチャー(『ゴーン・ガール』)
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ((『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)
【予想】作品賞にノミネートされていないデヴィッド・フィンチャーがノミネートされている。リチャード・リンクレイターが堅いだろう。
【結果】リチャード・リンクレイター
※予想どおり順当な結果。

<最優秀脚本賞>
ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
ギリアン・フリン(『ゴーン・ガール』)
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコポーネ、アレクサンダー・ディネラリスJr.、アルマンド・ボー(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで』)
グラハム・ムーア(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
【予想】全く予想できない部門。リチャード・リンクレイターだろうか。
【結果】アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコポーネ、アレクサンダー・ディネラリスJr.、アルマンド・ボー
※作品賞を取れなかった代わりに受賞したか。

<長編アニメーション賞>
『ベイマックス』
『THE BOOK OF LIFE』
『THE BOXTROLLS』
『ヒックとドラゴン2』
『LEGO(R) ムービー』
【予想】『かぐや姫の物語』がノミネートから外れている。『LEGO(R) ムービー』が堅いか。
【結果】『ヒックとドラゴン2』
※日本公開されるか微妙な作品が受賞したので、日本で公開されるかもしれない。

<外国語映画賞>
『ツーリスト』(スウェーデン)
『GETT: THE TRIAL OF VIVIANE AMSALEM』(イスラエル)
『イーダ』(ポーランド)
『リヴァイアサン』(ロシア)
『TANGERINES MANDARIINID』(エストニア)
【予想】『イーダ』(ポーランド)が強そうだ。
【結果】『リヴァイアサン』(ロシア)
※強さをみせていた『イーダ』がここで敗れる波乱となった。


☆アメリカ監督組合賞(DGA)のノミネートが発表
ノミネート作品は以下のとおり。
ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
クリント・イーストウッド(『アメリカン・スナイパー』)
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)
モルテン・ティルドゥム(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
※賞レースにあまり絡んできてなかったクリント・イーストウッドがノミネートされている。
やはりここでもリチャード・リンクレイターだろう。


☆アメリカ脚本家組合賞のノミネートが発表
ノミネート作品は以下のとおり。
【オリジナル脚本賞】
「6才のボクが、大人になるまで。」
「フォックスキャッチャー」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「「Nightcrawler」
「Whiplash」

【脚色賞】
「アメリカン・スナイパー」
「ゴーン・ガール」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
「WILD」
※「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「博士と彼女のセオリー」「Selma」といった作品は規約の関係上対象外になっているとのこと。
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」がノミネートされているのが面白いところ。
なんとなく「6才のボクが、大人になるまで。」「ゴーン・ガール」辺りが有力か。


☆視覚効果関係のVisual Effects Societyのノミネートが発表
ノミネートは以下のとおり。
<長編映画部門(VFXが主導的な役割を果たした作品)>
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
「インターステラー」
「マレフィセント」
「ホビット 決戦のゆくえ」
「X-MEN:フュ-チャー&パスト」
※「GODZILLA」「トランスフォーマー ロストエイジ」辺りが外れている。「インターステラー」だろうか。

<長編映画部門(VFXが補助的な役割を果たした作品)>
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「ダイバージェント」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「イミテーション・ゲーム」
「Unbroken」
※「グランド・ブダペスト・ホテル」だろうか。

<長編アニメーション映画部門>
「ベイマックス」
「ヒックとドラゴン2」
「Rio 2」
「The Boxtrolls」
「LEGO(R) ムービー」
※「LEGO(R) ムービー」だろうか。


☆ゴールデンラズベリー賞のノミネートが発表
ノミネートは以下のとおり。
<最低映画賞>
『Kirk Cameron's Saving Christmas』
『Left Behind』
『ザ・ヘラクレス』
『トランスフォーマー/ロストエイジ』
『ミュータント・タートルズ』
【予想】小作品では面白くないので、大作の『トランスフォーマー/ロストエイジ』が有利だろう。

<最低監督賞>
ジョナサン・リーベスマン『ミュータント・タートルズ』
セス・マクファーレン『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
ダーレン・ドーン『Kirk Cameron's Saving Christmas』
マイケル・ベイ『トランスフォーマー/ロストエイジ』
レニー・ハーリン『ザ・ヘラクレス』
【予想】マイケル・ベイが作品賞に続き2冠となるのではないか。

<最低男優賞>
アダム・サンドラー『子連れじゃダメかしら?』
カーク・キャメロン『Kirk Cameron's Saving Christmas』
ケラン・ラッツ『ザ・ヘラクレス』
セス・マクファーレン『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
ニコラス・ケイジ『Left Behind』
【予想】アダム・サンドラーを含めて、なかなかの好メンバーが揃った。知名度のあるセス・マクファーレンが有利か。

<最低女優賞>
ガイア・ワイス『ザ・ヘラクレス』
シャーリーズ・セロン『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
キャメロン・ディアス『The Other Woman』『Sex Tape』
ドリュー・バリモア『子連れじゃダメかしら?』
メリッサ・マッカーシー『Tammy』
【予想】結婚の影響もあり、2作ノミネートのキャメロン・ディアスだろうか。
<最低助演男優賞>
アーノルド・シュワルツェネッガー『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』
キーファー・サザーランド『ポンペイ』
ケルシー・グラマー『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』『トランスフォーマー/ロストエイジ』
シャキール・オニール『子連れじゃダメかしら?』
メル・ギブソン『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』
【予想】『エクスペンダブルズ3』勢が有力か。となるかメル・ギブソンだろうか。

<最低助演女優賞>
キャメロン・ディアス『ANNIE/アニー』
スーザン・サランドン『Tammy』
ニコラ・ペルツ『トランスフォーマー/ロストエイジ』
ブリジット・キャメロン『Kirk Cameron's Saving Christmas』
ミーガン・フォックス『ミュータント・タートルズ』
【予想】ミーガン・フォックスも捨てがたいが、キャメロン・ディアスの二冠の可能性に期待したいところ。

<最低リメイク、パクリ、続編映画賞>
『ANNIE/アニー』
『Atlas Shrugged: Part III』
『ザ・ヘラクレス』
『トランスフォーマー/ロストエイジ』
『ミュータント・タートルズ』
【予想】『トランスフォーマー/ロストエイジ』の三冠に期待。

<最低脚本賞>
『Kirk Cameron's Saving Christmas』
『Left Behind』
『Sex Tape』
『トランスフォーマー/ロストエイジ』
『ミュータント・タートルズ』
【予想】『トランスフォーマー/ロストエイジ』の四冠に期待。

<最低スクリーンコンボ賞>
カーク・キャメロンと彼のエゴ『Kirk Cameron's Saving Christmas』
キャメロン・ディアスとジェイソン・シーゲル『Sex Tape』
ケラン・ラッツと腹筋、胸筋、ケツ筋『ザ・ヘラクレス』
セス・マクファーレンとシャーリーズ・セロン『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
『トランスフォーマー/ロストエイジ』のロボット、俳優同士
【予想】『トランスフォーマー/ロストエイジ』に期待が高まるが、この辺りでカーク・キャメロンと彼のエゴ『Kirk Cameron's Saving Christmas』が受賞するか。

【名誉挽回賞】
キアヌ・リーヴス(『John Wick』)
クリステン・スチュワート(『Camp X-Ray』)
ジェニファー・アニストン(『Cake』)
ベン・アフレック(『ゴーン・ガール』)
マイク・マイヤーズ(『Supermensch: The Legend of Shep Gordon』)
【予想】その年にたまたま創設される新設の賞と思われる。過去にラズベリー賞常連だった者への健闘を称える賞のようだ。ベン・アフレック辺りがふさわしいか。

国内映画興行収入ランキング(1月2週目その2)

動員2位:「映画妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」(東宝)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 90億円前半
【公開規模】 OP 408スクリーン
祝日を含めたトータルでは65.4億円となっている。
祝日を含めた8日間の伸びは11.2億円弱程度だろうか。
予想はできなかったが、98年の「ポケモン」レベル(配給収入41.5億円 ※配給収入は興行収入の半分程度)か、最近の「ポケモン」の最高興行収入(50.2億円)の1.5倍以上というイメージを持っていた。
イメージに近い結果に終わりそうだ。

年末年始のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「ONE PIECE FILM Z」トータル68.7億円
OP13.7→祝31.8→42.3→54.5→祝60.6→63.1→64.9
☆13年「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」トータル42.5億円
OP6.5→14.4→祝21.5→27.5→35.3→祝38.9→40.1
☆14年「映画妖怪ウォッチ」
OP16.3→不明→54.2→祝65.4億円→
これらとの対比で考えると、「映画妖怪ウォッチ」の興行収入は82.4~101.1億円となる。
100億円突破は厳しいか。

以下の作品が参考となるか。
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5→26.2→39.8→50.3→64.7→73.9→80.3
☆14年「STAND BY ME ドラえもん」トータル83.8億円
金9.9→32.7→45.8→58.1→64.3→祝70.0→72.3
☆14年「映画妖怪ウォッチ」
OP16.3→不明→54.2→祝65.4億円→
これらと同程度だろう。
「映画妖怪ウォッチ」の興行収入は90億円前半程度と予想したい。
冬の恒例映画となりそうだ。



動員3位:「映画ST 赤と白の捜査ファイル」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 OP 292スクリーン
土日2日間で2.0億円のオープニングを飾った。
祝日を含めた3日間では3.0億円だったようだ。
先週『祝日を含めたオープニング3日は2.7億円程度か』と書いたので、悪くはない予想だったようだ。
1日当たり9千万円と思ったが、実際は1億円だったか。

藤原竜也、岡田将生主演ドラマの映画化。
平均視聴率11.2%となっている。
公開前に『映画化のハードルがどんどん下がっているような気がする。それでもそれなりにヒットしそうだ』と書いたとおりとなりそうだ。

事件モノドラマの映画化作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0
☆12年「臨場 劇場版」トータル7.4億円
OP1.5→03.9→05.4→06.5→06.9
☆13年「映画 謎解きはディナーのあとで」トータル32.5億円
OP04.0→11.0→20.6→25.1→28.7→30.1→祝31.1
☆13年「ストロベリーナイト」トータル21.5億円
OP3.2→9.5→祝14.6→16.9→18.7→19.9→20.5
☆13年「劇場版 ATARU」トータル18.5億円
祝4.9→祝10.3→12.9→15.0→祝16.6→17.3→17.8
☆13年「相棒シリーズ Ⅹ DAY」トータル13.4億円
OP2.1→6.1→9.0→10.8→11.8
☆14年「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」
OP1.6→04.1→05.7→06.7→07.2
☆15年「映画ST赤と白の捜査ファイル」
祝3.0(OP2.0)億円→
主要作品との対比で考えて、祝日分を足すと「映画ST赤と白の捜査ファイル」の興行収入は11.3~14.4億円となる。
伸びはないと思うが、意外と評価も高い。
気軽に見られる強みもあり、「映画ST 赤と白の捜査ファイル」の興行収入は12億円台と予想したい。
10億円超えれば十分だろう。
ますますドラマの映画化が増えそうだ。

国内映画興行収入ランキング(1月2週目その1)

動員1位:「ベイマックス」(ディズニー)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 90億円台
【公開規模】 OP540スクリーン
祝日を含めたトータルでは57.2億円となっている。
「アナと雪の女王」から良い流れが続いており、ディズニーアニメが好調だ。

近年のディズニー映画の興行収入は以下のとおり。
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4
☆13年公開「シュガー・ラッシュ」トータル30.0億円
OP3.4→12.9→21.8→24.6→26.5→28.9
☆14年公開「アナと雪の女王」トータル254.7億円
金9.9→30.1→52.8→77.1→92.8→107.3
☆14年公開「ベイマックス」
OP6.0→不明→41.5→祝57.2億円→
「シュガー・ラッシュ」をあっさりと超えている。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「メリダとおそろしの森」トータル9.5億円
OP1.5→04.2→06.1→07.6→08.7
☆13年「モンスターズ・ユニバーシティ」トータル89.6億円
OP8.5→祝24.9→34.9→46.1→58.1
☆14年公開「ベイマックス」
OP6.0→不明→41.5→祝57.2億円→
正月映画のため単純比較はしにくいが、主要作品との対比で考えると、「ベイマックス」の興行収入は92.0~114.2億円となる。
公開日当初では配給会社は「興収50億円突破は確実」と読んでいたため、予想以上にヒットしているようだ。
「トイ・ストーリー3」以下、「モンスターズ・ユニバーシティ」以上というところか。
大台100億円突破も夢ではないかもしれないが、「ベイマックス」の興行収入は先週に引き続き90億円台と予想したい。
日本のアニメもハリウッドのアニメ作品もやはりアニメは強い。

全米映画興行収入(1月第2週目)

1位となったのは新作の「96時間/レクイエム」。
事前には週末3日間で38百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや上回る39.2百万ドルのオープニングを飾った。
製作費48百万ドルの回収は楽に終わりそうだ。
監督は前作に引き続きオリヴィエ・メガトン。
主演はもちろんリーアム・ニーソン。
先週『飽きられることはなく、前作を超えるヒットとなるのではないか』と書いたとおりとなるだろうか。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆09年「96時間」トータル145百万ドル
OP25→54→78→95→108→118
☆12年「96時間/リベンジ」トータル140百万ドル
OP50→86→106→117→126→131
☆15年「96時間/レクイエム」
OP39百万ドル→
前作との対比で考えると、「96時間/レクイエム」の興行収入は109百万ドルとなる。
この程度だろうか。

リーアム・ニーソン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「特攻野郎Aチーム THE MOVIE 」トータル77百万ドル
OP26→50→63→69→74→75
☆11年「アンノウン」トータル64百万ドル
OP22→43→53→58→61
☆12年「The Grey 凍える太陽」トータル52百万ドル
OP20→35→43→48→50
☆14年「フライト・ゲーム」トータル92百万ドル
OP29→53→69→79→85→88
☆15年「96時間/レクイエム」
OP39百万ドル→
これらとの対比で考えると、「96時間/レクイエム」の興行収入は101~124百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはないだろう。
「96時間/レクイエム」の興行収入は1億1千万ドル台と予想したい。
前作を超えることはなさそうだ。
だいぶ稼いだので、そろそろ終わりにした方がいいだろう。


2位は3週目の「Selma」。
トータルでは14百万ドルとなっている。
製作費2千万ドルの回収は楽にできるだろう。
OP19→2週目22→3週目2179スクリーンに拡大公開された。
賞レースでも評価されているマーティン・ルーサー・キングを描いた作品。

以下が参考となるか。
☆11年「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」トータル170百万ドル
水36(OP26)→71→97→119→137→147→154
☆13年「大統領の執事の涙」トータル117百万ドル
OP25→52→74→91→100→106→110
☆13年「それでも夜は明ける」トータル57百万ドル
4週目拡大17(OP07)→25→29→33→35→36
☆14年「Selma」
3週目拡大14(OP11)百万ドル→
評価はかなり高く、賞レースにも絡んでいるので伸びはあるだろう。
「それでも夜は明ける」と同程度かやや超える程度だろうか。
「Selma」の興行収入は6千万ドル台と予想したい。


3位は3週目の「イントゥ・ザ・ウッズ」。
トータルでは105百万ドルとなっている。
製作費5千万ドルは楽に回収している。
ディズニーによるブロードウェイミュージカルの映画化作品。
シンデレラ、赤ずきん、ジャックなども登場する。
監督は「シカゴ」のロブ・マーシャル。
魔女役にメリル・ストリープ、パン屋の妻役にエミリー・ブラント、狼役にジョニー・デップが出演している。

近年のミュージカル作品は以下の通りとなっている。
☆02年「シカゴ」トータル171百万ドル
7週目拡大64→81→94→105→114→125→134→145
☆12年「レ・ミゼラブル」トータル149百万ドル
先67(OP28)→104→119→130→138→142
☆08年「マンマ・ミーア!」トータル144百万ドル
OP28→63→87→104→116→124→131→136
☆07年「ヘアスプレー」トータル119百万ドル
OP27→60→79→092→101→107→112→115
☆06年「ドリームガールズ」トータル103百万ドル
3週目拡大37→54→65→77→87→93→97→100
☆14年「イントゥ・ザ・ウッズ」
先46(OP31)→91→105百万ドル→
公開時期が似ている「レ・ミゼラブル」との対比で考えると、「イントゥ・ザ・ウッズ」の興行収入は131百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度だが、伸びはあるだろう。
「イントゥ・ザ・ウッズ」の興行収入は「レ・ミゼラブル」「マンマ・ミーア!」と同程度の1億4千万ドル台と予想したい。
ミュージカル映画は日本でもヒットしそうだ。


4位は4週目の「ホビット 決戦のゆくえ」。
トータルでは236百万ドルとなっている。
監督はもちろんピーター・ジャクソン。
主演はマーティン・フリーマン。
驚くようなビッグヒットではないが、さすがに安定して稼いでいる。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年「ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間」トータル313百万ドル
先75(OP47)→156→206→228→245→258→266
☆02年「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」トータル340百万ドル
先102(OP62)→200→261→283→298→309→316
☆03年「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」トータル377百万ドル
先124(OP73)→222→290→312→327→338→345
☆12年「ホビット 思いがけない冒険」トータル303百万ドル
OP85→150→222→264→278→287→293
☆13年「ホビット 竜に奪われた王国」トータル258百万ドル
OP74→128→190→229→242→249→252
☆14年「ホビット 決戦のゆくえ」
先89(OP55)→168→221→236百万ドル→
主要作品との対比で考えると、本作の興行収入は266~285百万ドルとなる。
評価はかなり高いが、極端な伸びはないだろう。
「ホビット 決戦のゆくえ」の興行収入は、先週に引き続き1作目をやや下回る2億9千万ドル台と予想したい。
全世界で稼げる作品であり、商業的には大成功のシリーズとなっただろう。


7位は4週目の「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」。
トータルでは100百万ドルとなっている。
製作費127百万ドルの回収が目標となる。
監督は前2作に引き続きショーン・レヴィ。
主演はもちろんベン・スティラー。
主要キャストも続投している。
飽きられつつあるのか、尻すぼみのシリーズとなりそうだ。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆06年「ナイトミュージアム」トータル251百万ドル
OP30→116→164→186→205→217→225(※年末公開)
☆09年「ナイトミュージアム2」トータル177百万ドル
OP54→104→127→143→156→163→168
☆14年「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」
OP17→55→90→100百万ドル→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は124~135百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びはないだろう。
「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」の興行収入は先週に引き続き1億2千万ドル台と予想したい。
製作費を回収できるかどうかがポイントとなる。


9位は2週目の「The Woman in Black2:Angel of Death」。
トータルでは22百万ドルとなっている。
ビッグヒットにはなりようもないと思っていたが、悪くはないオープニングを飾ったものの先週より急落している。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「ウーマン・イン・ブラック」トータル54百万ドル
OP21→35→45→50
☆15年「The Woman in Black2:Angel of Death」
OP15→22百万ドル→
これとの対比で考えると、本作の興行収入は34百万ドルとなる。
ダニエル・ラドクリフが主演し、話題となった前作に対して、続編はそれほど知名度の高くない俳優であり、健闘しているように思える。
ただ、評価は普通であり、伸びはないだろう。
「The Woman in Black2:Angel of Death」の興行収入は先週に引き続き3千万ドル台と予想したい。
前作を踏まえると健闘しているものの、古臭いホラーは当たりにくいようだ。


10位は8週目の「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」。
トータルでは330百万ドルとなっている。
製作費125百万ドルの2.5倍以上を回収している。
続編アクションアドベンチャー作品。
監督は前作に引き続きフランシス・ローレンス。
主演はもちろんジェニファー・ローレンス。
ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソンなども続投している。
当然のように大ヒットしているが、公開前に『映画史上10位内に入る大ヒットとなるだろう』と書いたとおりの歴史的な大ヒットにはなりそうもない。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆12年「ハンガー・ゲーム」トータル408百万ドル
OP153→248→302→337→357→372→381→387
☆13年「ハンガー・ゲーム2」トータル425百万ドル
OP158→296→336→358→372→391→407→414
☆14年「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」
OP122→226→258→277→289→307→324→330百万ドル→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は339~348百万ドルとなる。
この程度となりそうだ。

参考作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅠ」トータル295百万ドル
OP125→219→245→258→266→284→288→290→291
☆11年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドル
OP169→274→319→343→357→366→371→375
☆11年「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン1」トータル281百万ドル
OP138→221→247→259→266→270
☆12年「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン2」トータル292百万ドル
OP141→227→255→269→277→282
☆14年「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」
OP122→226→258→277→289→307→324→330百万ドル→
「ハリー・ポッター」シリーズとの対比で考えると、本作の興行収入は335~336百万ドルとなる。
最終作ではなく、前篇なのでやや動きが鈍いようだ。
評価は高いが、高い伸びはなさそうだ。
「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」の興行収入はOP時に4億ドル台、2~3週目まで3億4千万ドル台と予想したが、先週に引き続き3億3千万ドル台と予想したい。
最終作は11月に公開される。こちらは歴史的な大ヒットなるか。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆ファミリー向け作品「Paddington」
☆コメディ作品「The Wedding Ringer」
☆マイケル・マン監督作品のサスペンス「Blackhat」
また、クリント・イーストウッド監督「アメリカン・スナイパー」が拡大公開される。
「Paddington」「アメリカン・スナイパー」はほどほどに稼ぎ、「The Wedding Ringer」「Blackhat」はイマイチな結果となるか。

国内映画興行収入ランキング(1月1週目その1)

動員1位:「ベイマックス」(ディズニー)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 90億円台
【公開規模】 OP540スクリーン
トータルでは41.4億円半ばとなっている。
「アナと雪の女王」から良い流れが続いており、ディズニーアニメが好調だ。

近年のディズニー映画の興行収入は以下のとおり。
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4
☆13年公開「シュガー・ラッシュ」トータル30.0億円
OP3.4→12.9→21.8→24.6→26.5→28.9
☆14年公開「アナと雪の女王」トータル254.7億円
金9.9→30.1→52.8→77.1→92.8→107.3
☆14年公開「ベイマックス」
OP6.0→不明→41.5億円→
「シュガー・ラッシュ」をあっさりと超えている。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「メリダとおそろしの森」トータル9.5億円
OP1.5→04.2→06.1→07.6→08.7
☆13年「モンスターズ・ユニバーシティ」トータル89.6億円
OP8.5→祝24.9→34.9→46.1→58.1
☆14年公開「ベイマックス」
OP6.0→不明→41.5億円→
正月映画のため単純比較はしにくいが、主要作品との対比で考えると、「ベイマックス」の興行収入は68.6~115.5億円となる。
公開日当初では配給会社は「興収50億円突破は確実」と読んでいたため、予想以上にヒットしているようだ。
「トイ・ストーリー3」以下、「モンスターズ・ユニバーシティ」以上というところか。
大台100億円突破も夢ではないかもしれないが、「ベイマックス」の興行収入は90億円台と予想したい。
日本のアニメもハリウッドのアニメ作品もやはりアニメは強い。

国内映画興行収入ランキング(1月2週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「96時間/レクイエム」(20世紀フォックス)
リーアム・ニーソン主演のシリーズアクション作品。
リュック・ベッソンがプロデュース、監督は前作に引き続きオリヴィエ・メガトン。
恐らく本作によって完結するはずとなっている。

シリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「96時間」トータル4.4億円
OP1.0→2.7→3.7
☆13年公開「96時間/リベンジ」トータル4.6億円
OP1.1→3.3→4.1
今回もこの程度だろう。

リーアム・ニーソン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」トータル7.1億円
先込3日2.0→4.3→5.7→6.5
☆11年公開「アンノウン」トータル2.3億円
OP0.6→1.4→1.9→2.1
☆14年公開「フライト・ゲーム」
OP1.2→3.1→4.1→4.7
シリーズ作品及び「フライト・ゲーム」から4~5億円程度となりそうだ。
気軽に見られるアクション作品であり、コケることはないだろう。
シリーズの知名度も上がっていそうなので、「96時間/レクイエム」の興行収入は5億円台と予想したい。
9日からの4日間のオープニングは1.9億円程度か。


◎「シン・シティ 復讐の女神」(GAGA)
ジェシカ・アルバなどが出演するアメコミ原作のバイオレンスアクション作品。
前作に引き続き、原作者フランク・ミラーとロバート・ロドリゲスの共同監督作品となっている。
全米では1作目が74百万ドルを稼いだのに対して、本続編は14百万ドルしか稼げない悲惨な結果となった。
前作から続編制作までの期間が長すぎたこと、クセのあるテイスト、暗すぎる内容、キャスティングなどがコケた要因か。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆05年「シン・シティ」トータル10.0億円
OP1.6→4.5→5.8→6.8
前作を下回るのは確実。良くて3~4割程度だろう。
「300 <スリーハンドレッド>」の続編のようになってしまうのではないか。
「シン・シティ 復讐の女神」の興行収入は3億円台と予想したい。
祝日を含めたオープニング3日は1.2億円程度か。


◎「映画ST 赤と白の捜査ファイル」(東宝)
藤原竜也、岡田将生主演ドラマの映画化作品。
平均視聴率11.2%となっている。
映画化のハードルがどんどん下がっているような気がするが、それでもそれなりにヒットしそうだ。

事件モノドラマの映画化作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0
☆12年「臨場 劇場版」トータル7.4億円
OP1.5→03.9→05.4→06.5→06.9
☆13年「映画 謎解きはディナーのあとで」トータル32.5億円
OP04.0→11.0→20.6→25.1→28.7→30.1→祝31.1
☆13年「ストロベリーナイト」トータル21.5億円
OP3.2→9.5→祝14.6→16.9→18.7→19.9→20.5
☆13年「劇場版 ATARU」トータル18.5億円
祝4.9→祝10.3→12.9→15.0→祝16.6→17.3→17.8
☆13年「相棒シリーズ Ⅹ DAY」トータル13.4億円
OP2.1→6.1→9.0→10.8→11.8
☆14年「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」
OP1.6→04.1→05.7→06.7→07.2
第一印象は「チーム・バチスタ」レベルかなというところ。
ただ、それほどヒットしないと思われた「ストロベリーナイト」が大ヒットしているので、ヒットする可能性はあるかもしれない。
ドラマの映画化であり、第一印象以上にヒットすると考えたいところだ。
知名度はあるうえに、気軽に見られる強みもあり、人気俳優なので、「映画ST 赤と白の捜査ファイル」の興行収入は10億円台と予想したい。
祝日を含めたオープニング3日は2.7億円程度か。

気になる映画ニュース(賞レース関係)

☆アメリカ製作者組合(PGA)賞のノミネートが発表
ノミネートは以下のとおり。
【実写作品】
「アメリカン・スナイパー」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「6才のボクが、大人になるまで。」「フォックスキャッチャー」「ゴーン・ガール」「グランド・ブダペスト・ホテル」「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」「Nightcrawler」「博士と彼女のセオリー」「Whiplash」
※おなじみの作品が並んでいる。
受賞するのは「6才のボクが、大人になるまで。」か。

【アニメ作品】
「ベイマックス」「The Book of Life」「The Boxtrolls」「How to Train Your Dragon 2」「LEGO(R)ムービー」
※受賞するのは「LEGO(R)ムービー」だろう。


☆全米映画批評家協会賞が発表
結果は以下のとおり。
作品賞:「さらば、愛の言葉よ」
作品賞次点:「6才のボクが、大人になるまで。」
監督賞:リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
主演男優賞:ティモシー・スポール「ターナー、光に愛を求めて」
主演女優賞:マリオン・コティヤール「エヴァの告白」「サンドラの週末」
助演男優賞:J・K・シモンズ「Whiplash」
助演女優賞:パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」
ドキュメンタリー賞:「Citizenfour」
脚本賞:「グランド・ブダペスト・ホテル」
撮影賞:「ターナー、光に愛を求めて」
全米映画批評家協会賞だが、作品賞はフランスのジャン=リュック・ゴダール監督の3D作品であり、「ターナー、光に愛を求めて」はイギリスの作品であり、マリオン・コティヤールはフランスの女優であるので、面白い選び方をしている。
ただ、12年「愛、アムール」、11年「メランコリア」、08年「戦場でワルツを」、06年「パンズ・ラビリンス」を選んでいるので、今に始まったわけではないようだ。


☆アメリカ映画俳優組合(SAG)賞のノミネートが発表
ノミネートは以下のとおり。
【主演男優賞】
スティーヴ・カレル「フォックスキャッチャー」
ベネディクト・カンバーバッチ「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
ジェイク・ギレンホール「Nightcrawler」
マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」
※若手が多いので、マイケル・キートンだろう。

【主演女優賞】
ジェニファー・アニストン「CAKE」
フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」
ジュリアン・ムーア「アリスのままで」
ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」
リース・ウィザースプーン「WILD」
※ジュリアン・ムーアの順番だろう。

【助演男優賞】
ロバート・デュヴァル「ジャッジ 裁かれる判事」
イーサン・ホーク「6才のボクが、大人になるまで。」
エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
マーク・ラファロ「フォックスキャッチャー」
J・K・シモンズ「Whiplash」
※ロバート・デュヴァルがノミネートされているのが珍しい。ここはJ・K・シモンズだろう。

【助演女優賞】
パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」
キーラ・ナイトレイ「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
メリル・ストリープ「イントゥ・ザ・ウッズ」
ナオミ・ワッツ「ST. VINCENT」
※パトリシア・アークエットだろう。

【アンサンブル・キャスト賞】
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「6才のボクが、大人になるまで。」
「グランド・ブダペスト・ホテル」
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
「博士と彼女のセオリー」
※「グランド・ブダペスト・ホテル」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」だろう。


☆LA映画批評家協会の結果が発表
結果は以下のとおり。
作品賞:「6才のボクが、大人になるまで。」
次点「グランド・ブダペスト・ホテル」
監督賞:リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
次点 ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
主演男優賞:トム・ハーディ「Locke」
次点 マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
主演女優賞:パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」
次点 ジュリアン・ムーア「アリスのままで」
助演男優賞:J・K・シモンズ「WHIPLASH」
次点 エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
助演女優賞:アガタ・クレシャ「イーダ」
次点 レネ・ルッソ「Nightcrawler」
外国語映画賞:「イーダ」(ポーランド)
次点 「Winter Sleep」(トルコ)
長編アニメーション賞:「かぐや姫の物語」
次点 「LEGO(R) ムービー」
ニューヨーク映画批評家協会賞、ボストン映画批評家協会賞同様に、「6才のボクが、大人になるまで。」が制した。
賞レースでもトップクラスの作品となりそうだ。
賞レース争いでは、「6才のボクが、大人になるまで。」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の強さが際立っている。
アニメ部門ではゴールデングローブ賞のノミネートを逃したものの「かぐや姫の物語」と「LEGO(R) ムービー」の一騎打ちとなるかもしれない。
主演男優賞が非常に珍しい。


☆ボストン映画批評家協会賞の結果が発表
結果は以下のとおり。
作品賞:「6才のボクが、大人になるまで。」
主演男優賞:マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
主演女優賞:マリオン・コティヤール「エヴァの告白」「サンドラの週末」
助演男優賞:J・K・シモンズ「WHIPLASH」
助演女優賞:エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
監督賞:リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
外国語映画賞:「サンドラの週末」
アニメーション映画賞:「かぐや姫の物語」
アンサンブル・キャスト賞:「6才のボクが、大人になるまで。」
※外国語映画賞以外は順当な結果。


☆ゴールデングローブ賞ノミネートが発表
ノミネートは以下のとおり。
【ドラマ部門】
<作品賞>
『6才のボクが、大人になるまで。』
『フォックスキャッチャー』
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
『SELMA』
『博士と彼女のセオリー』
【予想】評価の高い『6才のボクが、大人になるまで。』が堅いか。

<主演男優賞>
スティーヴ・カレル(『フォックスキャッチャー』)
ベネディクト・カンバーバッチ(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
ジェイク・ギレンホール(『NIGHTCRAWLER』)
デヴィッド・オイェロウォ(『SELMA』)
エディ・レッドメイン(『博士と彼女のセオリー』)
【予想】マイケル・キートンがコメディ部門にまわっているため予想が難しい。ベネディクト・カンバーバッチか、エディ・レッドメインか。勢いのあるベネディクト・カンバーバッチだろうか。

<主演女優賞>
ジェニファー・アニストン(『CAKE』)
フェリシティ・ジョーンズ(『博士と彼女のセオリー』)
ジュリアン・ムーア(『アリスのままで』)
ロザムンド・パイク(『ゴーン・ガール』)
リース・ウィザースプーン(『WILD』)
【予想】賞レースで強さをみせているジュリアン・ムーアが堅いか。

【コメディ・ミュージカル部門】
<作品賞>
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『PRIDE』
『ST.VINCENT』
【予想】『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』以外にないだろう。

<主演女優賞>
エイミー・アダムス(『ビッグ・アイズ』)
エミリー・ブラント(『イントゥ・ザ・ウッズ』)
ヘレン・ミレン(『マダム・マロリーと魔法のスパイス』)
ジュリアン・ムーア(『マップ・トゥ・ザ・スターズ』)
クワベンジャネ・ウォレス(『ANNIE アニー』)
【予想】ジュリアン・ムーアがこちらでもノミネートされている。全く予想できないメンバーだが、エイミー・アダムスか。

<主演男優賞>
レイフ・ファインズ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
マイケル・キートン(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
ビル・マーレイ(『ST.VINCENT』)
ホアキン・フェニックス(『INHERENT VICE』)
クリストフ・ヴァルツ(『ビッグ・アイズ』)
【予想】マイケル・キートン以外にないだろう。

<助演男優賞>
ロバート・デュヴァル(『ジャッジ 裁かれる判事』)
イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)
エドワード・ノートン((『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
マーク・ラファロ(『フォックスキャッチャー』)
J・K・シモンズ(『WHIPLASH』)
【予想】J・K・シモンズが堅いだろう。

<助演女優賞>
パトリシア・アークェット(『6才のボクが、大人になるまで。』)
ジェシカ・チャステイン(『A MOST VIOLENT YEAR』)
キーラ・ナイトレイ(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
エマ・ストーン(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
メリル・ストリープ(『イントゥ・ザ・ウッズ』)
【予想】パトリシア・アークェットが堅いだろう。

<最優秀監督賞>
ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
アヴァ・デュヴァネイ(『SELMA』)
デヴィッド・フィンチャー(『ゴーン・ガール』)
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ((『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)
【予想】作品賞にノミネートされていないデヴィッド・フィンチャーがノミネートされている。リチャード・リンクレイターが堅いだろう。

<最優秀脚本賞>
ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペスト・ホテル』)
ギリアン・フリン(『ゴーン・ガール』)
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコポーネ、アレクサンダー・ディネラリスJr.、アルマンド・ボー(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)
リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで』)
グラハム・ムーア(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
【予想】全く予想できない部門。リチャード・リンクレイターだろうか。

<長編アニメーション賞>
『ベイマックス』
『THE BOOK OF LIFE』
『THE BOXTROLLS』
『ヒックとドラゴン2』
『LEGO(R) ムービー』
【予想】『かぐや姫の物語』がノミネートから外れている。『LEGO(R) ムービー』が堅いか。

<外国語映画賞>
『ツーリスト』(スウェーデン)
『GETT: THE TRIAL OF VIVIANE AMSALEM』(イスラエル)
『イーダ』(ポーランド)
『リヴァイアサン』(ロシア)
『TANGERINES MANDARIINID』(エストニア)
【予想】『イーダ』(ポーランド)が強そうだ。


☆ヨーロッパ映画賞が発表
結果は以下のとおり。
ヨーロッパ作品賞:「イーダ」(ポーランド)
監督賞:パベウ・パブリコフスキ「イーダ」
男優賞:ティモシー・スポール「ターナー、光に愛を求めて」(イギリス)
女優賞:マリオン・コティヤール「サンドラの週末」(ベルギー・フランス・イタリア)
脚本賞:パベウ・パブリコフスキ、レベッカ・レンキェビチ「イーダ」
※「イーダ」のアカデミー賞外国語部門の受賞はほぼ確定だろう。
ティモシー・スポールとマリオン・コティヤールもノミネートは確実と思われる。


☆アカデミー視覚効果賞候補作品が発表
候補作品は以下のとおり。
「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」
「GODZILLA」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
「ホビット 決戦のゆくえ」
「インターステラー」
「マレフィセント」
「ナイト ミュージアム エジプト王の秘密」
「トランスフォーマー ロストエイジ」
「X-MEN:フューチャー&パスト」
1月15日に5作品に絞られる。
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」「GODZILLA」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ホビット 決戦のゆくえ」「インターステラー」「トランスフォーマー ロストエイジ」辺りの6作品のうちの5本となるか。
「インターステラー」をまだ見ていないので、受賞作品は予想がつきにくい。


☆アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞のノミネート候補が発表
ノミネート候補作品は以下のとおり。
1.『アメイジング・スパイダーマン2』
2.『フォックスキャッチャー』
3.『グランド・ブダペスト・ホテル』
4.『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
5.『博士と彼女のセオリー』
6.『マレフィセント』
7.『ノア 約束の舟』
この中からノミネート3作品が選ばれる。
『アメイジング・スパイダーマン2』『マレフィセント』など賞レースとは無縁の作品が含まれている。
ノミネートされるのはよく分からないが、直感的に『フォックスキャッチャー』『グランド・ブダペスト・ホテル』『博士と彼女のセオリー』辺りだろうか。

気になる映画ニュース(○○が選ぶベスト映画)

☆米タイム誌が選ぶ2014年ベスト10映画が発表
結果は以下のとおり。
1.「グランド・ブダペスト・ホテル」(ウェス・アンダーソン監督)
2.「6才のボクが、大人になるまで。」(リチャード・リンクレイター監督)
3.「LEGO(R)ムービー」(クリストファー・ミラー&フィル・ロード監督)
4.「LUCY ルーシー」(リュック・ベッソン監督)
5.「さらば、愛の言葉よ」(ジャン=リュック・ゴダール監督)
6.「ホドロフスキーのDUNE」(フランク・パビッチ監督)
7.「Nightcrawler」(ダン・ギルロイ監督)
8.「Citizenfour」(ローラ・ポイトラス監督)
9.「ワイルド・テイルズ」(ダミアン・ジフロン監督)
10.「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)
スパイ行為を暴露したエドワード・スノーデンのドキュメンタリー映画「Citizenfour」、ペドロ・アルモドバルがプロデュースしたスペイン合作映画「ワイルド・テイルズ」を選んでいる辺りが特徴。
「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」ではなくて、「LUCY ルーシー」をなぜか選んでいる。


☆EW誌が選ぶ2014年ベスト10、ワースト5映画が発表
結果は以下のとおり。
1位『Whiplash』
2位『6才のボクが、大人になるまで。』
3位『グランド・ブダペスト・ホテル』
4位『Life Itself』
5位『Selma』
6位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
7位『ゴーン・ガール』
8位『スノーピアサー』
9位『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
10位『ホドロフスキーのDUNE』
小規模作品を多数選んでいる中で、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を選ぶ辺りが面白い。
『スノーピアサー』の評価が意外と高い。

2014年の映画ワースト5
1位『ニンフォマニアックVol.1』&『ニンフォマニアックVol.2』
2位『トランスフォーマー/ロストエイジ』
3位『Let's Be Cops』
4位『トランセンデンス』
5位『The Monuments Men』
ワーストランキングの企画は面白い。
『トランスフォーマー/ロストエイジ』には納得できるところだが、個人的に『トランセンデンス』はそこまで悪いとは思わない。
ジョージ・クルーニー監督作品『The Monuments Men』は日本で『ミケランジェロ・プロジェクト』として公開される予定だったが、公開中止となっている。
アメリカでも評価が高くなく、よほど面白くないらしい。


☆英ガーディアン紙が選ぶ2014年ベスト10映画が発表
結果は以下のとおり。
1.「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(ジョナサン・グレイザー監督)
2.「6才のボクが、大人になるまで。」(リチャード・リンクレイター監督)
3.「リバイアサン」(アンドレイ・ズビャギンツェフ監督)
4.「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(ジョエル&イーサン・コーエン監督)
5.「Nightcrawler」(ダン・ギルロイ監督)
6.「それでも夜は明ける」(スティーブ・マックイーン監督)
7.「サンドラの週末」(ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督)
8.「イーダ」(パベウ・パブリコフスキ監督)
9.「LEGO(R) ムービー」(クリストファー・ミラー&フィル・ロード監督)
10.「ターナー、光に愛を求めて」(マイク・リー監督)
公開日の関係からか、アメリカで2013年に公開された作品が含まれている。
日本ではほとんど相手にされなかった「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」の評価が高すぎる。
ハリウッド映画、ヨーロッパの各国映画、アニメ映画などバラエティに富んだチョイスをしている。


☆英ガーディアン紙の読者が選ぶ2014年ベスト映画が発表
結果は以下のとおり。
1位『6才のボクが、大人になるまで。』
2位『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』
3位『グランド・ブダペスト・ホテル』
4位『Nightcrawler』
5位『インターステラー』
本誌同様に『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』の人気が凄い。
大作系の『インターステラー』が上位に食い込んでいる。


☆英国映画協会(BFI)「サイト&サウンド」誌が選ぶ2014年ベスト映画が発表
1.「6才のボクが、大人になるまで。」(リチャード・リンクレイター監督)
2.「さらば、愛の言葉よ」(ジャン=リュック・ゴダール監督)
3.「リバイアサン」(アンドレイ・ズビャギンツェフ監督)
3.「ホース・マネー」(ペドロ・コスタ監督)
5.「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(ジョナサン・グレイザー監督)
6.「グランド・ブダペスト・ホテル」(ウェス・アンダーソン監督)
7.「ウィンター・スリープ」(ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督)
8.「ザ・トライブ」(Myroslav Slaboshpytskiy監督)
9.「イーダ」(パベウ・パブリコフスキ監督)
9.「Jauja」(リサンドロ・アロンソ監督)
11.「ターナー、光に愛を求めて」(マイク・リー監督)
11.「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」(フレデリック・ワイズマン監督)
11.「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(マーティン・スコセッシ監督)
11.「Whiplash」(デイミアン・チャゼル監督)
15.「ザ・デューク・オブ・バーガンディ」(ピーター・ストリクランド監督)
16.「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)
16.「Two Days, One Night」(ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督)
18.「Citizenfour」(ローラ・ポイトラス監督)
18.「ザ・ルック・オブ・サイレンス」(ジョシュア・オッペンハイマー監督)
18.「風立ちぬ」(宮崎駿監督)
よく分からない作品も多い。
「風立ちぬ」がランクインされているところが嬉しいところ。


☆仏映画批評誌カイエ・デュ・シネマが選ぶ2014年ベスト10映画が発表
結果は以下のとおり。
1.「P'tit Quinquin(原題)」(ブリュノ・デュモン監督)
2.「さらば、愛の言葉よ」(ジャン=リュック・ゴダール監督)
3.「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(ジョナサン・グレイザー監督)
4.「マップ・トゥ・ザ・スターズ」(デビッド・クローネンバーグ監督)
5.「風立ちぬ」(宮崎駿監督)
6.「ニンフォマニアック Vol.1」「ニンフォマニアック Vol.2」(ラース・フォン・トリアー監督)
7.「マミー(原題)」(グザビエ・ドラン監督)
8.「Love is Strange(原題)」(アイラ・サックス監督)
9.「Le Paradis(原題)」(アラン・キャバリエ監督)
10.「ソニはご機嫌ななめ」(ホン・サンス監督)
ハリウッド映画はほとんどない。
ややマニアックなランキングとなっている。


☆エドガー・ライト監督が選ぶ2014年ベスト10映画が発表
結果は以下のとおり。
『6才のボクが、大人になるまで。』リチャード・リンクレイター監督 
『グランド・ブダペスト・ホテル』ウェス・アンダーソン監督 
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せね軌跡)』アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督 
『スノーピアサー』ポン・ジュノ監督 
『インターステラー』クリストファー・ノーラン監督
『Nightcrawler』ダン・ギルロイ監督
『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』ジョナサン・グレイザー監督
『LEGO(R)ムービー』フィル・ロード監督、クリストファー・ミラー監督
『Whiplash』デイミアン・チャゼル監督
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ダグ・リーマン監督
『6才のボクが、大人になるまで。』がかなりのお気に入りのようだ。
賞レースに絡んでくるはずのない『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を選ぶ辺りが個性的だ。
シリーズ、続編、リメイクにはうんざりとのこと。


☆バラク・オバマ大統領が選ぶ2014年ベスト映画が発表
「6才のボクが、大人になるまで。」を選んだようだ。
無難な選択をしている。
公開中止間際に追い込まれた「The Interview」でもコメントしており、映画がかなりお好きのようだ。


☆映画評論家ピーター・トラヴァースが選ぶ2014年ベスト10映画が発表
結果は以下のとおり。
1.「6才のボクが、大人になるまで。」
2.「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
3.「フォックスキャッチャー」
4.「Selma」
5.「ゴーン・ガール」
6.「Whiplash」
7.「グランド・ブダペスト・ホテル」
8.「Unbroken」
9.「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」
10.「インターステラー」
他でも評価されている作品ばかりだ。


☆作家・監督のジョン・ウォーターズが選ぶ2014年ベスト10映画が発表
結果は以下のとおり。
1.「マップ・トゥ・ザ・スターズ」(デビッド・クローネンバーグ監督)
2.「チャーリー・ビクター・ロミオ(原題)」(ロバート・バーガー&パトリック・ダニエルズ監督)
3.「キッドナッピング・オブ・ミシェル・ウエルベック(英題)」(ギョーム・ニクルー監督)
4.「The Smell of Us(原題)」(ラリー・クラーク監督)
5.「グロリアの青春」(セバスティアン・レリオ監督)
6.「Who Took Johnny(原題)」(デビッド・ベイリンソン監督ほか)
7.「P'tit Quinquin(原題)」(ブリュノ・デュモン監督)
8.「ニンフォマニアック Vol.1」「ニンフォマニアック Vol.2」(ラース・フォン・トリアー監督)
9.「Violette(原題)」(マルタン・プロボスト監督)
10.ジョアンナ・ホッグ監督の作品群(「Unrelated」「Archipelago」「Exhibition」)
マニアックすぎてほとんど分からない。
1位はデビッド・クローネンバーグ監督の作品のようだ。


☆BuzzFeedが選ぶ「2014年のベスト・ホラー映画19本」
結果は以下のとおり。
『A Girl Walks Home Alone at Night(原題)』(未)
『ザ・ゲスト』(14)
『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(14)
『Lyle(原題)』(未)
『The Babadook(原題)』(未)
『The Taking of Deborah Logan(原題)』(未)
『ザ・スリル』(14・未)
『オキュラス/怨霊鏡』(15)
『Housebound(原題)』(未)
『オオカミは嘘をつく』(14)
『Late Phases(原題)』(未)
『AFFLICTED アフリクテッド』(15)
『Horns(原題)』(未)
『マッド・ナース』(15)
『Tusk(原題)』(未)
『Starry Eyes(原題)』
『U.M.A.2014 フォレスト・モンスター』(14・未)
『The Town That Dreaded Sundown(原題)』(未)
『The Sacrament(原題)』(未)
『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』以外は知らない。
マニアックすぎるようだ。
やはり、プロの視点は違うようだ。

全米映画興行収入(1月第1週目)

1位は3週連続で「ホビット 決戦のゆくえ」。
トータルでは221百万ドルとなっている。
監督はもちろんピーター・ジャクソン。
主演はマーティン・フリーマン。
驚くようなビッグヒットではないが、さすがに安定して稼いでいる。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年「ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間」トータル313百万ドル
先75(OP47)→156→206→228→245→258→266
☆02年「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」トータル340百万ドル
先102(OP62)→200→261→283→298→309→316
☆03年「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」トータル377百万ドル
先124(OP73)→222→290→312→327→338→345
☆12年「ホビット 思いがけない冒険」トータル303百万ドル
OP85→150→222→264→278→287→293
☆13年「ホビット 竜に奪われた王国」トータル258百万ドル
OP74→128→190→229→242→249→252
☆14年「ホビット 決戦のゆくえ」
先89(OP55)→168→221百万ドル→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は287~336百万ドルとなる。
評価はかなり高いが、極端な伸びはないだろう。
「ホビット 決戦のゆくえ」の興行収入は1作目をやや下回る2億9千万ドル台と予想したい。
全世界で稼げる作品であり、商業的には大成功のシリーズとなっただろう。


4位となったのは新作の「The Woman in Black2:Angel of Death」。
事前には週末3日間で12.8百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を上回る15.1百万ドルのオープニングを飾った。
ビッグヒットにはなりようもないと思っていたが、悪くはないオープニングを飾った。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆12年「ウーマン・イン・ブラック」トータル54百万ドル
OP21→35→45→50
☆15年「The Woman in Black2:Angel of Death」
OP15百万ドル→
これとの対比で考えると、本作の興行収入は39百万ドルとなる。
ダニエル・ラドクリフが主演し、話題となった前作に対して、続編はそれほど知名度の高くない俳優であり、健闘しているように思える。
ただ、評価は普通であり、伸びはないだろう。
「The Woman in Black2:Angel of Death」の興行収入は3千万ドル台と予想したい。
前作を踏まえると健闘しているものの、古臭いホラーは当たりにくいようだ。


5位は3週目の「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」。
トータルでは90百万ドルとなっている。
製作費127百万ドルの回収が目標となる。
監督は前2作に引き続きショーン・レヴィ。
主演はもちろんベン・スティラー。
主要キャストも続投している。
飽きられつつあるのか、尻すぼみのシリーズとなりそうだ。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆06年「ナイトミュージアム」トータル251百万ドル
OP30→116→164→186→205→217→225(※年末公開)
☆09年「ナイトミュージアム2」トータル177百万ドル
OP54→104→127→143→156→163→168
☆14年「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」
OP17→55→90百万ドル→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は125~138百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びはないだろう。
「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」の興行収入は1億2千万ドル台と予想したい。
製作費を回収できるかどうかがポイントとなる。

8位は7週目の「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」。
トータルでは324百万ドルとなっている。
製作費125百万ドルの2.5倍以上を回収している。
続編アクションアドベンチャー作品。
監督は前作に引き続きフランシス・ローレンス。
主演はもちろんジェニファー・ローレンス。
ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソンなども続投している。
当然のように大ヒットしているが、公開前に『映画史上10位内に入る大ヒットとなるだろう』と書いたとおりの歴史的な大ヒットにはなりそうもない。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆12年「ハンガー・ゲーム」トータル408百万ドル
OP153→248→302→337→357→372→381→387
☆13年「ハンガー・ゲーム2」トータル425百万ドル
OP158→296→336→358→372→391→407→414
☆14年「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」
OP122→226→258→277→289→307→324百万ドル→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は338~347百万ドルとなる。
この程度となりそうだ。

参考作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅠ」トータル295百万ドル
OP125→219→245→258→266→284→288→290→291
☆11年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドル
OP169→274→319→343→357→366→371→375
☆11年「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン1」トータル281百万ドル
OP138→221→247→259→266→270
☆12年「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン2」トータル292百万ドル
OP141→227→255→269→277→282
☆14年「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」
OP122→226→258→277→289→307→324百万ドル→
「ハリー・ポッター」シリーズとの対比で考えると、本作の興行収入は332~333百万ドルとなる。
最終作ではなく、前篇なのでやや動きが鈍いようだ。
評価は高いが、高い伸びはなさそうだ。
「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」の興行収入はOP時に4億ドル台、2から3週目まで3億4千万ドル台と予想したが、3億3千万ドル台に下方修正したい。
最終作は来年の11月に公開される。
こちらは歴史的な大ヒットなるか。


10位は9週目の「ベイマックス」。
トータルでは211百万ドルとなっている。
製作費165百万ドルの回収は既に終了している。
当然のことながら大ヒットとなっている。

過去11月に公開されたディズニー作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「チキン・リトル」トータル135百万ドル
OP40→80→99→118→124→127
☆08年「ボルト」トータル114百万ドル
OP26→67→79→089→095→102
☆10年「塔の上のラプンツェル」トータル201百万ドル
先69→97→115→128→144→168→176→181→186
☆12年「シュガー・ラッシュ」トータル189百万ドル
OP49→94→122→149→158→164→169→172→176
☆13年「アナと雪の女王」トータル401百万ドル
先94→134→165→192→248→297→317→332→348
☆14年「ベイマックス」
OP56→110→136→167→177→185→191→200→211百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「ベイマックス」の興行収入は227~228百万ドルとなる。
評価はメチャクチャ高いので、かなり伸びるだろうが、「アナと雪の女王」ような驚異的な伸びではないだろう。
「ベイマックス」の興行収入はOP~3週目まで2億5千万ドル台と予想したが、4週前に引き続き2億2千万ドル台と予想したい。
2億ドルを超えれば十分だろう、ディズニーアニメがかなり好調だ。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆「96時間/レクイエム」
飽きられることはなく、前作を超えるヒットとなるのではないか。

気になる映画ニュース(12月後半その1)

☆2014年アメリカで過小評価された作品が発表
結果は以下のとおり。
1位:『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
2位:『かぐや姫の物語』
3位:『They Came Together』
4位:『スノーピアサー』
5位:『ホドロフスキーのDUNE』
6位:『西遊記~はじまりのはじまり~』
7位:『ザ・レイド GOKUDO』
8位:『The One I Love』
9位:『コングレス』
10位:『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
過小評価の意味するところが分かりにくいが、作品の評価・デキに対してヒットしていないところだろうか。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は全米トータル100百万ドルしか稼げなかったが、作品的には大ヒットしてもおかしくなかったということでランクインしているようだ。
ただ、他の作品は海外作品であったり、興行収入的にヒットを望めない作品ばかりであり、やや意図が不明なランキングだ。
もっとメジャー系作品を載せるべきではないか。
実際に見た作品では、「トランセンデンス」トータル23百万ドル、「ジャージー・ボーイズ」トータル47百万ドル、「ロボコップ」トータル59百万ドルなどが過小評価されていると思われる。


☆「スター・トレック3」の監督が決定
脚本家のロベルト・オーチーが監督することとなっていたが理由不明の降板により、「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リンが新たに監督することに決定した。
ジャスティン・リンは、「ボーン・レガシー」の続編を監督することに決まっていたが、マット・デイモンの「ボーン」シリーズの復帰及びポール・グリーングラス監督の復帰見込みにより、「ボーン・レガシー」の続編制作が延期されていた。
彼のスケジュールが空いたため、オファーしたようだ。
カーアクション系には強いが、SF作品への挑戦はどうなるだろうか。


☆ギャラを貰いすぎているランキングが発表
フォーブスが発表している恒例のランキングが発表された。
結果は以下のとおり。
1位:アダム・サンドラー
2位:ジョニー・デップ
3位:ベン・スティラー
4位:ライアン・レイノルズ
5位:トム・ハンクス
6位:ウィル・フェレル
7位:チャニング・テイタム
8位:デンゼル・ワシントン
9位:サンドラ・ブロック
10位:ベン・アフレック
2014年6月までに出演した過去3本の映画が対象となる。
アダム・サンドラーは、13年「アダルトボーイズ遊遊白書」がトータル134百万ドル(製作費8千万ドル)と当たったものの、12年「俺のムスコ」トータル37百万ドル(製作費7千万ドル)、14年「子連れじゃダメかしら?」トータル46百万ドル(製作費4千万ドル)と振るわなかった。
ピーク時は1本の出演料2千万ドル以上だったため、当然ギャラを貰いすぎということとなる。
単独主演のコメディ作品ではもはや1億ドルを超えるヒットが期待しにくくなっているかもしれない。
また、ベン・スティラー、ウィル・フェレルといったコメディ俳優勢が目立つ。
この3人のギャラは相当に高いのかもしれない。

ジョニー・デップは、12年「ダーク・シャドウ」トータル80百万ドル(製作費1億5千万ドル)、13年「ローン・レンジャー」トータル89百万ドル(製作費215百万ドル)、14年「トランセンデンス」トータル23百万ドル(製作費1億ドル)と振るわず。

ライアン・レイノルズは、13年「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」トータル34百万ドル(製作費1億3千万ドル)が壮絶にコケた。

トム・ハンクスは、13年「キャプテン・フィリップス」トータル107百万ドル(製作費55百万ドル)、13年「ウォルト・ディズニーの約束」トータル83百万ドル(製作費35百万ドル)を当てているが、12年「クラウド アトラス」トータル27百万ドルが痛かったようだ。

チャニング・テイタム、デンゼル・ワシントンはコケてはいないが、ギャラが高いのだろうか。
ヒット作品にしか出演していないサンドラ・ブロックのランクインは謎。
11年「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」トータル32百万ドルが対象となっているからだろうか。
それほどコケていないベン・アフレックのランクインも謎だ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。