ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月クールドラマ視聴率結果(金曜日第六・七話~月曜日第八話)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「ヴォイス」       17.7%  14.0%(▽1.4%) 15.4%(15.0%)
2位:「キイナ」       16.5%  13.3%(▽0.9%) 14.6%(09.5%)
3位:「メイちゃんの執事」 14.9%  13.1%(▽0.9%) 13.8%(15.0%)
4位:「トライアングル」   14.7%  11.3%(▲0.5%) 11.8%(15.5%)
5位:「ありふれた奇跡」  12.5%  09.8%(▽0.6%) 10.8%(14.5%)
6位:「RESCUE」     12.2%  08.3%(▽2.6%)  10.6%(11.0%)
7位:「歌のおにいさん」  10.6%  10.6%(▲0.4%) 10.6%(10.5%)
8位:「特命係長 只野仁」 11.9%  09.4%(▲0.3%) 10.4%(12.5%)
9位:「銭ゲバ」       12.0%  08.7%(▽1.5%) 10.3%(09.0%)
10位:「ラブシャッフル」  10.0%  07.6%(▽0.7%) 09.0%(14.5%)
11位:「赤い糸」       07.5%  08.9%(▲1.9%) 08.5%(07.5%)
12位:「本日も晴れ。」   12.4%  07.0%(▲0.7%) 08.3%(11.0%)
13位:「神の雫」       10.3%  04.7%(▽0.2%) 06.3%(10.5%)

1位:「ヴォイス~命なき者の声~」 平均15.38%(放送前予想平均15.0%)
初回17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0%→
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 15.0%~15.5%(±0.0%~±0.0%)
(初回~五話目を踏まえた平均視聴率予想14.5%~15.5%)
先週『今後は大きな下落はなく…』と書いたが、予想に反して下落させた。
中盤においては中弛みはみられなかったが、中弛みの一種だろう。
自身2番目に低い視聴率となってしまったが、残り三話となっており、終盤には視聴率を上昇させるはず。
それほど悲観する下落ではないと思われる。

初回から八話目への下落率は20.9%となっている。
5人に1人程度のギブアップ率であり、これ以上ギブアップ者がでるのは避けたい。
今後は、これ以上の下落はなく、終盤に向けて上昇していき、最終回では17%台でフィニッシュさせるか。

動きが似ているドラマは以下の通り。
☆08年10月クール「風のガーデン」(平均15.7%)
20.1→18.0→15.5→15.4→13.6→13.5→13.1→14.1→16.0→15.2→17.6
☆08年10月クール「SCANDAL」(平均13.1%)
16.9→14.4→11.4→12.1→10.9→10.4→12.3→11.5→15.2→15.5
これらとの対比で考えると、「ヴォイス~命なき者の声~」の平均視聴率は15.7%~16.1%となる。
現時点では、15%後半が落ち着きどころとなりそうだ。

「月9」「初主演」を含めて、内容面にも共通点が多そうな「ビギナー」が当面のライバルとなるのではないか。
☆03年10月クール「ビギナー」(平均15.8%)
15.6→16.4→16.6→13.5→18.0→18.3→15.4→15.5→12.2→15.3→16.9
「ビギナー」との対比で考えると、「ヴォイス~命なき者の声~」の平均視聴率は15.0%となる。
この辺りがミニマムラインだろう。
「ビギナー」を超えるかどうかが注目となりそうだ。
八話目までのポイント数は、「ヴォイス」が123.0ポイントに対して、「ビギナー」は129.3ポイントとなっている。

フジテレビの青春群像モノとしては以下のような作品が上げられる。
(本作のメンバーやストーリーを踏まえると、サンプルとして妥当とはいえない部分もある気がするので参考まで、医療系や事件モノの方が参考になりそうな気もする)
☆07年7月クール「牛に願いを Love&Farm」平均8.7%
10.2→10.4→09.6→09.1→08.6→06.5→06.7→08.2→08.6→07.1→10.4
(出演:玉山鉄二、相武紗季、小出恵介、香里奈、中田敦彦、戸田恵梨香)
☆02年7月クール「天体観測」平均12.7%
14.8→13.4→15.4→11.4→12.9→13.2→10.3→12.0→10.8→12.9→
→11.9→12.9
(出演:伊藤英明、坂口憲二、オダギリジョー、小雪、小西真奈美、長谷川京子)
意外と視聴率を稼げないところがあるのが群像ドラマの特徴である。
これらとの対比で考えると、「ヴォイス~命なき者の声~」の平均視聴率は15.1%~15.4%となる。
この辺りもミニマムラインとなる。

フジテレビの若者向け医療系ドラマは以下の通り。
☆06年4月クール「医龍」(平均14.8%)
14.1→14.1→14.1→14.7→14.8→15.1→12.7→16.6→13.8→15.1→17.2
☆07年10月クール「医龍2」(平均16.6%)
21.0→16.8→15.5→15.8→15.0→17.6→14.1→16.6→17.6→15.4→17.7
☆08年7月クール「コード・ブルー」(平均15.6%)
21.2→16.0→16.0→13.2→15.7→15.6→10.8→13.4→15.8→14.9→19.5
これらとの対比で考えると、「ヴォイス~命なき者の声~」の平均視聴率は15.4%~15.7%となる。
月9ドラマとはいえ、「コード・ブルー」(平均15.6%)を超える勢いは評価できる。
八話目までのポイント数は、「ヴォイス~命なき者の声~」が123.0ポイントに対して、「コード・ブルー」は121.9ポイントとなっており、現時点では「ヴォイス」が上回っている。

瑛太は初主演となるが、「ラスト・フレンズ」や大河ドラマで活躍している。
☆08年4月クール「ラスト・フレンズ」(平均17.8%)
13.9→15.9→15.6→15.9→19.9→17.2→16.0→18.8→18.0→20.7→22.8
このような動きは参考にならない。

生田斗真主演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆08年1月クール「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)
12.9→10.0→09.8→09.5→08.9→08.6→08.3→08.0→07.4→07.0→07.1
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
人気があるのかないのか分からないジャニーズタレント。
「魔王」との対比で考えると、「ヴォイス~命なき者の声~」の平均視聴率は15.9%となる。
この辺りがマックスラインとなりそうだ。

石原さとみ主演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆06年1月クール「Ns'あおい」(平均14.2%)
16.4→13.8→14.0→15.5→14.7→15.4→14.8→12.4→13.4→12.4→13.1
☆07年4月クール「花嫁とパパ」(平均11.8%)
14.9→11.3→10.3→12.5→11.8→11.7→12.4→11.7→11.2→10.4→
→11.0→12.2
☆08年4月クール「パズル」(平均10.0%)
14.1→10.9→11.0→09.2→10.2→08.9→09.5→08.0→08.4→10.0
これらとの対比で考えると、「ヴォイス~命なき者の声~」の平均視聴率は14.9%~15.0%となる。
これらをまとめると、低迷すれば15%前後となり、現時点では15%後半が落ち着きどころとなり、盛り上がれば16%前後ということになりそうだ。

<同時間帯の視聴率>
TBSの映画にCXは削られたのだろうか。
13.9% 21:00-22:00 NHK ニュースウオッチ9(先週比+0.5%)
13.9% 21:00-21:54 NTV 人生が変わる1分間の深イイ話(先週比+0.2%)
11.7% 21:00-22:54 TBS ゴールデン「チーム・バチスタの栄光」(先週比+1.1%)
14.0% 21:00-21:54 C X ヴォイス~命なき者の声~(先週比-1.4%)
15.2% 21:00-21:54 E X ビートたけしのTVタックル(先週比-2.5%)
04.8% 21:00-21:54 T X やりすぎコージー(先週比+1.3%)
全体視聴率 73.5%(先週比-0.7%)

月曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「東京タワー」(平均14.9%)
14.2→15.6→14.9→16.0→13.9→12.9→14.8→14.4→15.4→14.2→18.1
☆07年4月クール「プロポーズ大作戦」(平均17.3%)
19.3→17.1→13.4→16.4→16.9→17.4→14.6→19.1→18.1→17.2→20.9
☆07年7月クール「ファースト・キス」(平均14.1%)
19.7→13.2→15.2→15.8→13.1→11.1→12.8→14.6→13.8→13.2→12.4
☆07年10月クール「ガリレオ」(平均21.9%)
24.7→22.1→21.3→23.6→22.9→21.4→21.9→19.9→21.7→19.6
☆08年1月クール「薔薇のない花屋」(平均18.6%)
22.4→19.0→18.4→17.2→17.7→16.2→16.5→17.8→17.7→19.4→22.1
☆08年4月クール「CHANGE」(平均21.7%)
23.8→23.0→22.4→19.3→19.5→19.1→20.9→19.5→22.3→27.4
☆08年7月クール「太陽と海の教室」(平均14.5%)
20.5→14.4→12.7→10.7→14.7→14.0→14.1→13.3→14.5→15.6
☆08年10月クール「イノセント・ラヴ」(平均13.5%)
16.9→13.3→13.1→11.7→11.7→12.6→13.4→12.8→14.5→15.1
☆09年1月クール「ヴォイス~命なき者の声~」
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0%→
「ヴォイス~命なき者の声~」の八話目視聴率14.0%は、9ドラマ中7位となっている。
先週4位だったが、「東京タワー」(平均14.9%)、「プロポーズ大作戦」(平均17.3%)、「ファースト・キス」(平均14.1%)に敗れた。
事件モノドラマの「ガリレオ」との対比で考えると、「ヴォイス~命なき者の声~」の平均視聴率は15.2%となる。
若者向けドラマの「プロポーズ大作戦」との対比で考えると、「ヴォイス~命なき者の声~」の平均視聴率は15.9%となる。
粘り込んだ「イノセント・ラヴ」との対比で考えると、「ヴォイス~命なき者の声~」の平均視聴率は15.7%となる。

ストーリードラマではなく、事件モノなので、これ以上大きくは上昇・下落はしないものと思われる。
平均15%後半が落ち着きどころと思われるが、八話目を踏まえた平均視聴率予想としては、先週の平均15.0%~15.5%のままにしたい。
15%半ば程度で終わる可能性も否定できないところがある。
本ドラマのメンバーや月9ドラマの過去の実績を踏まえると、平均15%台に乗せれば、合格点であり、「東京タワー」(平均14.9%)を超えそうなので、成功とジャッジできそうだ。


6位:「RESCUE~特別高度救助隊」 平均10.63%(放送前予想平均11.0%)
初回12.2→12.8→8.9→10.7→10.9→8.3%→
【六話目を踏まえた平均視聴率予想】 10.5%~11.0%(±0.0%~±0.0%)
(初回~四話目を踏まえた平均視聴率予想9.0%~10.0%)
自身最低視聴率を更新してしまった。
先週『ストーリーはそれほど悪くはないのかもしれないので、この辺り(10%程度)で安定していくだろうか』と書いたが、一気に急落している。
しかし、今回は裏番組の影響が強そうだ。

また、三話目にも似たような数字を取っているので、まだ伸ばせる余地はあるだろうか。
初回から六話目への下落率は32.0%となっており、3人に1人程度がギブアップした計算となる。

動きが似ているドラマは以下のようなものだろうか。
☆08年7月クール「ヤスコとケンジ」平均13.0%
12.3→13.1→11.2→12.9→10.6→12.3→14.9→13.0→13.4→16.3
☆08年10月クール「OLにっぽん」(平均8.1%)
08.3→10.6→09.9→09.7→07.0→07.1→07.6→08.0→06.0→06.4
「ヤスコとケンジ」との対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は11.5%となる。
この辺りがマックスラインとなる。
「OLにっぽん」との対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は9.8%となる。
この辺りがミニマムラインとなるか。

雰囲気的には以下のようなドラマと似ている気がする。
☆08年7月クール「コード・ブルー」(平均15.6%)
21.2→16.0→16.0→13.2→15.7→15.6→10.8→13.4→15.8→14.9→19.5
☆05年7月クール「海猿」(平均13.1%)
17.8→13.9→12.1→13.7→12.0→10.7→12.9→12.1→12.6→12.7→13.8
☆04年1月クール「FIRE BOYS~め組の大吾~」(平均12.0%)
15.7→11.2→11.5→10.7→12.0→11.3→11.3→10.5→11.4→13.1→13.2
これらとの対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は10.2%~10.6%となる。
現時点では平均10%半ばが落ち着きどころか。

中丸雄一助演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆07年7月クール「スシ王子!」(平均7.5%)
08.8→07.3→06.9→05.7→07.1→08.1→08.3→07.9
主演はもちろん堂本光一。
これらとの対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は10.9%となる。
この辺りもマックスラインとなりそうだ。

お仲間の視聴率は以下の通り。
☆07年4月クール「特急田中3号」(平均8.8%)
11.5→08.7→07.6→08.0→08.3→09.4→08.5→09.1→09.7→06.8→08.9
☆07年4月クール「花嫁とパパ」(平均11.8%)※主演は石原。
14.9→11.3→10.3→12.5→11.8→11.7→12.4→11.7→11.2→10.4→
→11.0→12.2
☆07年10月クール「有閑倶楽部」(平均12.6%)
15.9→13.7→12.8→12.3→13.0→12.1→10.3→11.1→12.4→12.7
☆08年1月クール「1ポンドの福音」(平均10.6%)
13.0→11.4→11.1→09.0→09.6→10.5→10.7→08.8→11.3
これらとの対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は10.1%~10.5%となる。
やはり、現時点では10%半ばが落ち着きどころか。
現時点では、「1ポンドの福音」(平均10.6%)がライバルとなりそうだ。
六話目までのポイント数は、「RESCUE~特別高度救助隊」が63.8ポイントに対して、「1ポンドの福音」は64.6ポイントとなっている。

<同時間帯の視聴率>
CXの特番とEXの野球の影響が強そうだ。
07.4% 20:00-20:45 NHK 探検ロマン世界遺産
14.6% 19:56-20:54 NTV 世界一受けたい授業
08.3% 19:56-20:54 TBS RESCUE~特別高度救助隊
16.5% 19:00-23:10 C X バラエティルーツの旅
14.5% 19:04-20:54 E X WBC強化試合「日本×西武」
09.7% 19:00-20:54 T X スペシャル「白銀の大自然!雪景色をめでる旅」
全体視聴率 71.0%(先週比-1.2%)

土曜日20時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆08年4月クール「ROKKIES」(平均14.8%)
12.2→14.8→15.4→13.1→16.4→15.4→14.2→14.7→14.6→12.5→19.5
☆08年7月クール「恋空」(平均6.4%)
05.6→05.9→06.7→06.3→07.6→06.3
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆09年1月クール「RESCUE~特別高度救助隊」
12.2→12.8→08.9→10.7→10.9→08.3%→
「RESCUE~特別高度救助隊」の六話目視聴率8.3%は、先週に引き続き4ドラマ中3位となっている。
これらとの対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は10.6%~10.8%となる。
この辺りがマックスラインとなりそうだ。
現時点では10%半ばが落ち着きどころと思われるので、六話目視聴率を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均10.5%~11.0%のままにしたい。
高い水準には回復できないと思われるので、10%前半の可能性もありそうだ。


7位:「歌のおにいさん」 平均10.60%(放送前予想平均10.5%)
初回10.6→10.4→休→11.6→10.2→10.2→10.6%→
【五話目を踏まえた平均視聴率予想】 10.0%~10.5%(±0.0%~±0.0%)
(初回~三話目を踏まえた平均視聴率予想8.5%~9.5%)
先週『今後も大きな変動はなく、引き続き10%前後の数値で推移していくのではないか』と書いた通りの動きとなっているが、予想以上の安定力だ。
初回視聴率と並んでおり、自身2番目タイに高い視聴率となっている。
ファンがきっちりと支えているばかりではなく、評価も高いので、非常に安定しているようだ。
「メイちゃんの執事」以上の安定度といえる。
今後も大きな変動はなく、引き続き10%台の数値で推移していくのではないか。

動きが似ているドラマは以下のようなものだろうか。
☆08年7月クール「ヤスコとケンジ」(平均13.0%)
12.3→13.1→11.2→12.9→10.6→12.3→14.9→13.0→13.4→16.3
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
これとの対比で考えると、「歌のおにいさん」の平均視聴率は10.6%~11.4%となる。
11%台がマックスラインだろうか。

大野智主演作の視聴率は以下の通り。
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
これとの対比で考えると、「歌のおにいさん」の平均視聴率は11.3%となる。
やはり、11%台がマックスラインとなる。

お仲間の視聴率は以下の通り。
☆07年4月クール「バンビ~ノ!」(平均14.2%)※松本潤
16.6→15.0→13.7→14.0→14.6→14.0→13.2→13.6→13.7→13.8→14.4
☆07年7月クール「山田太郎ものがたり」(平均15.2%)※二宮、櫻井
17.4→15.9→16.5→13.7→15.4→11.1→13.6→14.6→16.3→17.9%
これらとの対比で考えると、「歌のおにいさん」の平均視聴率は10.3%~10.7%となる。

脚本家の代表作は以下の通り。
☆07年1月クール「ヒミツの花園」(平均12.4%)
14.7→13.1→12.4→12.1→12.6→11.0→12.5→12.4→12.3→12.0→11.4
これとの対比で考えると、「歌のおにいさん」の平均視聴率は10.4%となる。

演出家の代表作は以下の通り。
☆05年1月クール「富豪刑事」(平均12.4%)
16.2→11.1→12.6→12.6→13.2→11.6→10.6→12.3→11.7→12.3
☆06年4月クール「富豪刑事デラックス」(平均12.0%)
15.3→11.4→12.8→10.3→12.6→11.6→11.5→12.7→09.9→11.4
これらとの対比で考えると、「歌のおにいさん」の平均視聴率は10.2%~10.3%となる。
悪くとも、10%前半は期待できそうだ。

金曜日23時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「特命係長・只野仁」(平均14.3%)
13.4→15.5→14.4→12.7→13.9→14.0→13.7→14.0→14.2→17.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆07年7月クール「スシ王子!」(平均7.5%)
08.8→07.3→06.9→05.7→07.1→08.1→08.3→07.9
☆07年10月クール「モップガール」(平均10.2%)
10.2→10.7→11.8→09.7→09.8→10.6→09.8→10.4→09.2→09.4
☆08年1月クール「未来講師めぐる」(平均9.1%)
09.0→10.6→08.2→08.8→07.2→10.5→08.2→10.0→10.3→08.1
☆08年4月クール「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)
08.3→10.4→08.5→09.3→09.7→07.7→08.4→09.3→07.7→09.4
☆08年7月クール「打撃天使ルリ」(平均7.2%)
10.0→07.4→05.3→05.5→07.2→07.5→07.7
☆08年10月クール「サラリーマン金太郎」(平均11.8%)
13.8→11.1→10.9→12.1→12.1→11.3→09.5→11.1→13.6→12.6
☆09年1月クール「歌のおにいさん」
10.6→10.4→11.6→10.2→10.2→10.6%→
「歌のおにいさん」の六話目視聴率10.6%は、9ドラマ中4位タイとなっている。
先週4位だったが、「モップガール」に並ばれた。

「モップガール」「キミ犯人じゃないよね?」「サラリーマン金太郎」との対比で考えると、「歌のおにいさん」の平均視聴率は10.3%~10.5%となる。
「特命係長・只野仁」「帰ってきた時効警察」「スシ王子!」「未来講師めぐる」「打撃天使ルリ」との対比で考えると、「歌のおにいさん」の平均視聴率は10.7%~10.9%となる。
現時点では10%後半が落ち着きどころ思われるが、六話目を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均10.0%~10.5%のままにしたい。
盛り上がっていきそうな雰囲気もあるが、もう少し様子を見る必要がある。

当面のライバルは「モップガール」(平均10.2%)となりそうだ。
六話目までのポイント数は、「歌のおにいさん」が63.6ポイントに対して、「モップガール」は62.8ポイントとなっている。
数字自体はそれほど高くはないが、「魔王」に引き続き成功させているので、大野智は主演男優として、今後も期待できるのではないか。


9位:「銭ゲバ」 平均10.29%(放送前予想平均09.0%)
初回12.0→11.3→9.0→10.7→10.1→10.2→08.7%→
【六話目を踏まえた平均視聴率予想】 10.0%~10.5%(±0.0%~±0.0%)
(初回~四話目を踏まえた平均視聴率予想9.5%~10.5%)
先週『当然、今後も10%~11%の間で推移していくだろう』と書いたが、一気に急落してしまった。
今回は裏番組の何本かが特殊すぎたのが要因だろう。
次回はさすがに10%前後に戻してくるはずだ。
数字自体は低いものの、引き続き評価は高いので、大バケはしないとは思うが、小バケはあるか。

動きが似ているドラマは以下のようなものだろうか。
☆08年10月クール「サラリーマン金太郎」(平均11.8%)
13.8→11.1→10.9→12.1→12.1→11.3→09.5→11.1→13.6→12.6
☆08年10月クール「流星の絆」(平均16.3%)
21.2→17.3→15.0→15.6→15.1→14.8→14.5→11.5→15.4→22.6
これらとの対比で考えると、「銭ゲバ」の平均視聴率は10.3%~10.4%となる。
現時点では10%半ばが落ち着きどころか。

松山ケンイチ主演作の視聴率は以下の通り。
☆07年4月クール「セクシーボイスアンドロボ」(平均7.6%)
12.5→08.7→06.9→07.0→06.9→07.8→06.5→06.4→06.5→06.4
これとの対比で考えると、「銭ゲバ」の平均視聴率は9.7%となる。
これがミニマムラインとなりそうだ。

「金」を題材にしたドラマは意外と受けないことが多い。
☆08年10月クール「セレブと貧乏太郎」(平均13.1%)
17.6→15.0→15.2→11.6→14.9→11.4→10.2→11.2→11.8→10.4→14.3
☆08年1月クール「貧乏男子 ボンビーメン」(平均11.6%)
16.5→13.2→12.5→09.2→10.2→10.3→09.6→11.2→11.4
☆08年7月クール「ロト6で3億2千万円当てた男」(平均6.5%)
12.4→06.8→06.0→04.7→08.0→04.6→05.1→05.2→05.6→06.4
「ロト6」以外との対比で考えると、「銭ゲバ」の平均視聴率は9.8%~10.2%となる。
やはり、現時点では悪くとも10%前半が期待できそうだ。

<同時間帯の視聴率>
NHK、CX、EXが強すぎた。
12.8% 21:00-22:30 NHK ドラマスペシャル・白洲次郎(先週比+4.9%)
08.7% 21:00-21:54 NTV 銭ゲバ(先週比-1.5%)
08.9% 21:00-21:54 TBS 世界・ふしぎ発見!(先週比-3.9%)
16.5% 19:00-23:10 C X バラエティルーツの旅(先週比+1.4%)
17.1% 21:00-23:06 E X 交渉人スペシャル(先週比+3.3%)
09.2% 21:00-21:54 T X 出没!アド街ック天国(先週比-2.8%)
全体視聴率 73.2%(先週比+1.4%)

土曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「演歌の女王」(平均9.1%)
10.9→09.5→08.5→09.9→08.2→08.0→09.1→08.7→07.7→10.4
☆07年4月クール「喰いタン2」(平均13.7%)
16.2→13.3→14.9→11.8→13.4→13.1→12.8→13.9→13.6→13.3→14.0
☆07年7月クール「受験の神様」(平均9.5%)
14.7→09.3→07.1→07.8→06.2→08.3→07.6→11.5→11.7→10.3
☆07年10月クール「ドリーム☆アゲイン」(平均10.3%)
12.9→10.0→09.5→10.0→08.4→11.8→08.4→09.9→09.7→11.9
☆08年1月クール「1ポンドの福音」(平均10.6%)
13.0→11.4→11.1→09.0→09.6→10.5→10.7→08.8→11.3
☆08年4月クール「ごくせん」(平均22.6%)
26.4→24.8→23.3→25.1→25.3→21.1→21.9→21.3→17.6→18.1→23.6
☆08年7月クール「ヤスコとケンジ」(平均13.0%)
12.3→13.1→11.2→12.9→10.6→12.3→14.9→13.0→13.4→16.3
☆08年10月クール「スクラップ・ティーチャー教師再生」(平均11.4%)
12.6→12.2→12.5→10.2→13.3→10.7→11.5→10.9→08.9
☆09年1月クール「銭ゲバ」
12.0→11.3→09.0→10.7→10.1→10.2→08.7%→
「銭ゲバ」の七話目視聴率8.7%は、9ドラマ中7位となっている。
先週も7位だったが、「演歌の女王」(平均9.1%)に敗れたものの、「ドリーム☆アゲイン」(平均10.3%)を破った。
視聴率安定型の「演歌の女王」、「ドリーム☆アゲイン」との対比で考えると、「銭ゲバ」の平均視聴率は10.2%~10.4%となる。
「ヤスコとケンジ」との対比で考えると、「銭ゲバ」の平均視聴率は10.7%となる。
10%半ばが落ち着きどころとなり、10%後半がマックスラインとなりそうだ。
七話目視聴率を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均10.0%~10.5%のままとしたい。
今回を無視すれば、勢いは感じられるので、もう少し様子を見たいところだ。

「1ポンドの福音」(平均10.6%)、「ドリーム☆アゲイン」(平均10.3%)が当面のライバルとなる。
七話目までのポイント数は、「銭ゲバ」が72.0ポイントに対して、「1ポンドの福音」は75.3ポイント、「ドリーム☆アゲイン」は71.0ポイントとなっている。
現時点では、ビハインドがある「1ポンドの福音」を超えることはできるだろうか。


10位:「ラブシャッフル」 平均9.04%(放送前予想平均14.5%)
初回10.0→10.7→8.2→9.6→8.9→8.3→7.6%→
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 9.0%~9.5%(±0.0%~±0.0%)
(初回~四話目を踏まえた平均視聴率予想8.5%~9.5%)
先週『今後は、自身最低視聴率を更新することはなく、9%前後の数値に戻すのではないか』と書いたが、見事に自身最低視聴率を更新してしまった。
前半は悪いなりに粘っていたが、中盤は失速している。
終盤の伸びもそれほど期待できそうもないという動きだ。

評価はそれほど低くはないと思うので、これを区切りに上昇させたいところだ。
今後は、さすがに自身最低視聴率をさらに更新することはなく、8%台の数値に戻すのではないか。
初回から七話目までの下落率は24.0%となっており、ギブアップ率は4人に1人程度となっている。
これ以上の下落は避けたいところだ。

動きが似ているドラマは以下のようなものだろうか。
☆08年10月クール「OLにっぽん」(平均8.1%)
08.3→10.6→09.9→09.7→07.0→07.1→07.6→08.0→06.0→06.4
☆08年1月クール「未来講師めぐる」(平均9.1%)
09.0→10.6→08.2→08.8→07.2→10.5→08.2→10.0→10.3→08.1
これらとの対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.5%~9.2%となる。
9%前後がマックスラインか。

タイトルの冒頭に“ラブ”が付いたドラマは以下の通り。
☆97年10月クール「ラブジェネレーション」(平均30.7%)※キムタク
31.3→30.1→29.0→30.8→28.6→30.8→30.3→29.4→32.5→32.3→32.1
☆00年10月クール「ラブコンプレックス」(平均14.3%)※反町
18.4→15.3→14.5→13.9→12.9→13.7→13.6→11.7→13.0→13.2→17.0
☆01年4月クール「ラブストーリー」(平均20.8%)※中山美穂
24.3→21.2→18.9→21.5→21.2→20.2→20.1→19.8→19.9→19.8→22.1
☆01年4月クール「ラブレボリューション」(平均17.3%)※江角
20.3→17.2→17.7→16.5→17.1→16.8→17.1→17.6→18.1→15.9→
→16.6→17.0
☆09年1月クール「ラブシャッフル」
10.0→10.7→08.2→09.6→08.9→08.3%→
「ラブコンプレックス」の視聴率はWIKIとは異なるが、あまりWIKIの数字も当てにならないので、こちらを採用する。
これらとの対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.8%~9.2%となる。
やはり、9%前後がマックスラインとなりそうだ。

最近のラブコメディは以下の通り。
☆07年4月クール「プロポーズ大作戦」(平均17.3%)
19.3→17.1→13.4→16.4→16.9→17.4→14.6→19.1→18.1→17.2→20.9
☆07年7月クール「ファースト・キス」(平均14.1%)
19.7→13.2→15.2→15.8→13.1→11.1→12.8→14.6→13.8→13.2→12.4
☆08年4月クール「絶対彼氏 完全無欠の恋人ロボット」(平均13.2%)
13.1→14.3→15.1→13.1→13.1→12.4→13.0→12.1→13.0→11.9→13.6
☆08年10月クール「セレブと貧乏太郎」(平均13.1%)
17.6→15.0→15.2→11.6→14.9→11.4→10.2→11.2→11.8→10.4→14.3
これらとの対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.6%~9.5%となる。
8%半ばがミニマムラインとなるか。

野島伸司脚本ドラマの視聴率の動きは以下の通り。
☆01年1月クール「S・O・S」(平均17.3%)
17.8→18.4→17.1→17.2→15.7→17.8→17.0→17.2→16.8→17.8
☆02年4月クール「ゴールデンボウル」(平均12.5%)
14.3→11.5→13.8→12.9→13.5→13.9→ 9.8→10.8→11.8→ 9.6→15.5
☆03年1月クール「高校教師」(平均10.8%)
14.9→12.2→ 6.4→10.7→10.6→ 8.8→10.2→13.5→11.2→ 8.8→11.0
☆04年1月クール「プライド」(平均24.9%)
28.0→25.1→24.6→23.6→23.4→22.8→22.6→26.0→24.1→24.9→28.8
☆05年4月クール「あいくるしい」(平均11.6%)
17.3→11.9→11.7→12.6→11.1→12.2→10.7→10.4→10.6→10.5→ 8.8
☆08年1月クール「薔薇のない花屋」(平均18.6%)
22.4→19.0→18.4→17.2→17.7→16.2→16.5→17.8→17.7→19.4→22.1
これらとの対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.4%~9.3%となる。
現時点では、8%後半が落ち着きどころとなる。

玉木宏主演作の視聴率は以下の通り。
☆06年10月クール「のだめカンタービレ」(平均18.8%)
18.2→16.1→18.4→18.3→19.9→17.5→19.4→19.2→19.3→18.7→21.7
☆08年1月クール「鹿男あをによし」(平均9.9%)
13.0→11.4→09.7→08.0→09.0→08.9→08.8→10.1→09.2→11.2
「鹿男あをによし」との対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は9.1%となる。
玉木宏の人気は相当に高いと思っていたが、「鹿男あをによし」(平均9.9%)も全くヒットしなかったので、彼の人気は思ったよりも高くはないのかもしれない。
視聴率が低かった「鹿男あをによし」(平均9.9%)をさらに下回ることとなってしまった。

香里奈主演作の視聴率は以下の通り。
☆「だいすき!!」(平均11.5%)
10.9→11.5→09.1→10.8→11.7→11.1→12.8→11.4→11.9→13.3
子育て感動作品とは比較できない。

<同時間帯の視聴率>
TBSにとっては、NHKとCXが痛かった。
09.3% 22:00-22:50 NHK プレミアム10「演歌歌手ジェロ」(先週比+5.3%)
11.4% 21:00-22:54 NTV ロードショー「マスク」(先週比+0.1%)
07.6% 22:00-22:54 TBS ラブシャッフル(先週比-0.7%)
19.3% 19:00-23:22 C X 秘蔵映像全て見せます名曲(先週比+3.4%)
12.2% 21:54-23:10 E X 報道ステーション(先週比-2.4%)
09.3% 21:00-22:48 T X 所さんのそこんトコロ!SP(先週比-0.3%)
全体視聴率 69.1%(先週比+5.4%)

金曜日22時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「花より男子2」(平均21.7%)
19.4→20.1→19.2→23.1→20.3→21.0→21.0→22.7→22.3→21.9→27.6
☆07年4月クール「特急田中3号」(平均8.8%)
11.5→08.7→07.6→08.0→08.3→09.4→08.5→09.1→09.7→06.8→08.9
☆07年7月クール「山田太郎ものがたり」(平均15.2%)
17.4→15.9→16.5→13.7→15.4→11.1→13.6→14.6→16.3→17.9
☆07年10月クール「歌姫」(平均7.9%)
09.4→07.5→09.8→06.9→08.4→09.2→06.7→07.1→07.7→08.4→06.0
☆08年1月クール「エジソンの母」(平均9.5%)
11.0→11.1→12.1→09.1→06.8→07.7→08.1→09.8→09.7→09.9
☆08年4月クール「Around40」(平均14.7%)
15.7→14.2→13.9→15.1→15.2→14.4→14.9→14.3→13.3→15.6→15.1
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆08年10月クール「流星の絆」(平均16.3%)
21.2→17.3→15.0→15.6→15.1→14.8→14.5→11.5→15.4→22.6
☆09年1月クール「ラブシャッフル」
10.0→10.7→08.2→09.6→08.9→08.3→07.6%→
「ラブシャッフル」の七話目視聴率7.6%は、9ドラマ中8位となっている。
先週7位だったが、「エジソンの母」(平均9.5%)、「魔王」(平均11.4%)に破れたものの、「歌姫」(平均7.9%)を破った。
「特急田中3号」「歌姫」「Around40」との対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.6%~9.0%となる。
現時点では8%後半が落ち着きどころと思われるが、七話目を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均9.0%~9.5%のままにしたい。
評価は低くなく、大きく下落しないと思われるので、なんとか上昇させる見込みはある。
「特急田中3号」(平均8.8%)を超えるかどうかが注目だ。
七話目までのポイント数は、「ラブシャッフル」が63.3ポイントに対して、「特急田中3号」は62.0ポイントとなっており、まだ「ラブシャッフル」が優位だ。


11位:「赤い糸」 平均8.52%(放送前予想平均7.5%)
初回7.5→8.4→7.8→休→10.0→10.8→8.0→8.4→8.0→8.9→7.0→8.9
自身3番目タイに高い視聴率で幕を閉じた。
先週『最終回は8%台でフィニッシュして、平均視聴率は8.5%程度だろうか』と書いた通りとなっている。
後半は、四・五話及び十話を除外すれば、8.0%~8.9%で安定していた。
第十話の低迷がもったいなかったが、悪いなりには健闘したのではないか。
もっとも、合格ラインと言える数字ではない。
評判はほとんど聞こえてこないが、内容もよかったとはいえないだろう。

放送前予想平均7.5%だったので、ギリギリで当たりといえる範囲か。
キャスティングや題材を踏まえると、もっと悲惨になると思ったので、個人的には頑張ったと思う。
やはり、映画化等の話題が多少プラスに作用したようだ。

とりあえず、「恋空」とは異なり、最悪な結果は免れたといえるか。
☆08年7月クール「恋空」平均6.4%
05.6→05.9→06.7→06.3→07.6→06.3
しかし、この手のジャンルは失敗することがほぼ確定のようであり、もう打ち止めにして欲しい。
映画との連動企画という大プロジェクトの割には、数字自体は大したことのない結果に終わりそうだが、動き自体には影響があり、興行収入は10億円を突破したので、完全な失敗というわけではない。
この手のドラマとは連動しないと思われるが、今後も連動企画は出てくる可能性がありそうだ。

土曜日23時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年4月クール「ライアーゲーム」(平均11.4%)
12.3→12.8→08.7→09.6→10.0→11.4→12.0→11.4→12.3→11.4→13.6
☆07年7月クール「ライフ」(平均12.2%)
11.0→11.7→10.9→10.9→10.0→11.7→09.4→12.4→14.2→14.2→17.4
☆07年10月クール「SP」(平均15.4%)
14.5→17.6→15.2→15.7→14.1→14.6→15.5→12.6→13.8→16.6→18.9
☆08年1月クール「ロス:タイム:ライフ」(平均10.3%)
11.4→08.7→12.3→10.7→10.5→08.5→10.2→09.8→12.4→09.9→09.1
☆08年4月クール「ハチワンダイバー」(平均8.4%)
06.8→07.6→11.0→08.4→08.3→07.8→09.5→06.9→09.4→08.9→08.3
☆08年7月クール「33分探偵」(平均9.2%)
12.2→08.1→09.9→10.0→07.0→09.8→07.8→09.1→08.7
☆08年10月クール「Room of King」(平均7.2%)
10.4→07.1→08.2→05.0→06.1→06.3→08.1→06.6→07.2
☆08年1月クール「赤い糸」(平均8.5%)
07.5→08.4→07.8→10.0→10.8→08.0→08.4→08.0→08.9→07.0→08.9
「赤い糸」の最終回視聴率8.9%は、8ドラマ中5位となっている。
先週6位だったが、「ハチワンダイバー」(平均8.4%)を破った。
平均視聴率争いは、8ドラマ中6位となっている。
「ハチワンダイバー」(平均8.4%)を超えられるかどうかが注目だったが、破っている。
最終回までのポイント数は、「赤い糸」が93.7ポイントに対して、「ハチワンダイバー」は92.9ポイントとなっており、0.8ポイント上回った。
「Room of King」(平均7.2%)、「ハチワンダイバー」(平均8.4%)を破っているので、最悪というわけではない。

同枠以外のドラマでは「キミ、犯人じゃないよね?」(平均8.9%)、「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)、「特急田中3号」(平均8.8%)、「牛に願いを」(平均8.7%)、「ホテリアー」(平均8.6%)、「オトコの子育て」(平均8.6%)を下回り、「スワンの馬鹿!」(平均8.3%)、「猟奇的な彼女」(平均8.2%)、「ホカベン」(平均8.2%)、「OLにっぽん」(平均8.1%)を上回った。
できれば、平均9%前後の数字まで上昇したかったところだ。
「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)、「特急田中3号」(平均8.8%)同程度というのは、面白いデータとなりそうだ。
若者向け作品のうち、微妙なものの落ち着きどころとなるかもしれない。


12位:「本日も晴れ。異状なし」 平均8.34%(放送前予想平均11.0%)
初回12.4→10.0→8.3→7.1→7.3→6.3→7.0%→
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 7.5%~8.0%(±0.0%~±0.0%)
(四話目~五話目を踏まえた平均視聴率予想7.5%~8.5%)
(初回~三話目を踏まえた平均視聴率予想9.5%~10.5%)
当初は十話予定だったが、恐らく九話予定になってしまったようだ。
したがって、残りは二話となる。
五話目を無視すれば、ストレートに下落していたが、なんとか踏みとどまった。
残り二話はどちらも7%台でフィニッシュさせるだろうか。
平均視聴率は8.1~8.2%程度になるのではないか。
なお、平均8%に乗せるためには、2話平均6.8%を取る必要がある。
ギリギリ乗りそうなラインだ。

初回から七話目への下落率は43.5%となっている。
初回を見た2人に1人がギブアップしてしまっている。
ヒューマンドラマ系なので安定して稼げると思われたが、ちゃんとしたストーリーでなければ、誰も感動しなく、誰も付いてこない。

つまらないドラマに起き得る視聴率の動きであり、見たことはないが見るに耐えない内容なのだろう。
この動きは伊藤英明主演の「孤独の賭け」にそっくりだ。
☆07年4月クール「孤独の賭け」(平均7.0%)
11.2→09.4→07.4→07.3→07.6→06.0→06.9→06.2→05.6→05.1→04.5
これとの対比で考えると、「本日も晴れ。異状なし」の平均視聴率は7.3%となる。
残り二話のため、さすがにここまでは酷くはならない。

動きが似ているドラマは以下のようなものだろうか。
☆08年1月クール「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)
12.9→10.0→09.8→09.5→08.9→08.6→08.3→08.0→07.4→07.0→07.1
☆07年10月クール「ジョシデカ!」(平均9.1%)
13.4→10.3→08.4→09.4→08.3→07.8→09.3→07.1→08.4→8.8
これらとの対比で考えると、「本日も晴れ。異状なし」の平均視聴率は7.7%~7.9%となる。
この辺りがミニマムラインだろうか。

同様のテイストの作品は以下の通り。
☆06年10月クール「Dr.コトー診療所2006」(平均22.1%)
23.2→21.5→21.6→22.3→21.9→19.1→21.1→21.8→22.0→23.0→25.9
☆05年7月クール「瑠璃の島」(平均12.6%)※NTV土21時枠
16.0→11.8→13.2→13.0→13.3→12.3→11.9→09.3→12.3→13.3
「瑠璃の島」との対比で考えると、「本日も晴れ。異状なし」の平均視聴率は8.0%となる。
この辺りが落ち着きどころか。

坂口憲二主演作の視聴率は以下の通り。
☆03年7月クール「愛するために愛されたい」(平均6.6%)
11.5→09.2→07.1→05.5→06.8→04.3→06.9→04.1→04.6→05.6
☆04年10月クール「マザー&ラヴァー」(平均12.5%)
15.5→15.1→13.7→10.1→12.7→13.1→11.1→12.9→13.1→12.9→
→11.6→7.6
☆06年4月クール「医龍」(平均14.8%)
14.1→14.1→14.1→14.7→14.8→15.1→12.7→16.6→13.8→15.1→17.2
☆07年10月クール「医龍2」(平均16.6%)
21.0→16.8→15.5→15.8→15.0→17.6→14.1→16.6→17.6→15.4→17.7
「愛するために愛されたい」との対比で考えると、「本日も晴れ。異状なし」の平均視聴率は7.5%となる。
「愛するために愛されたい」「医龍」以外との対比で考えると、「本日も晴れ。異状なし」の平均視聴率は8.0%~8.4%となる。
やはり、現時点の落ち着きどころは8%前後だろう。

<同時間帯の視聴率>
なぜかCXの急増の影響はなかったようだ。
08.9% 21:00-21:50 NHK スペシャル「プーチンのロシア」(先週比-4.8%)
18.8% 21:00-21:54 NTV 行列のできる法律相談所(先週比-2.4%)
07.0% 21:00-21:54 TBS 本日も晴れ。異状なし(先週比+0.7%)
16.8% 19:00-23:05 C X 激動!世紀の大事件(先週比+8.8%)
15.6% 21:00-23:14 E X 洋画劇場「M:i:3」(先週比+1.4%)
07.9% 20:00-21:48 T X ビッグ「全国!これが噂の大御殿」(先週比-2.4%)
全体視聴率 75.0%(先週比+1.3%)

日曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「華麗なる一族」(平均23.9%)
27.7→21.8→23.5→23.0→21.2→23.5→21.1→21.6→24.9→30.4
☆07年4月クール「冗談じゃない!」(平均13.4%)
19.4→14.7→13.2→14.4→14.2→11.7→10.7→11.3→12.8→12.0→12.7
☆07年7月クール「パパとムスメの7日間」(平均13.9%)
14.0→12.8→13.1→14.1→16.7→11.9→14.5
☆07年10月クール「ハタチの恋人」(平均8.2%)
13.0→10.4→09.2→07.4→07.3→06.6→06.4→06.6→06.4→08.2
☆08年1月クール「佐々木夫妻の仁義なき戦い」(平均10.9%)
17.3→11.7→11.6→09.2→08.9→09.9→09.2→09.1→11.0→11.1
☆08年4月クール「猟奇的な彼女」(平均8.2%)
13.5→11.5→08.7→07.0→08.0→07.6→06.9→06.3→05.9→07.4→07.2
☆08年7月クール「Tomorrow」(平均12.6%)
16.8→13.9→13.5→10.8→10.3→10.5→12.9→13.0→10.4→14.1
☆08年10月クール「SCANDAL」(平均13.1%)
16.9→14.4→11.4→12.1→10.9→10.4→12.3→11.5→15.2→15.5
☆09年1月クール「本日も晴れ。異状なし」
12.4→10.0→08.3→07.1→07.3→06.3→07.0%→
「本日も晴れ。異状なし」の七話目視聴率7.0%は、9ドラマ中7位となっている。
先週9位だったが、「ハタチの恋人」(平均8.2%)、「猟奇的な彼女」(平均8.2%)を破った。
七話目視聴率6~7%台のドラマが、9ドラマ中3本あるという酷い枠となっている。
「冗談じゃない!」「ハタチの恋人」「佐々木夫妻の仁義なき戦い」対比で考えると、「本日も晴れ。異状なし」の平均視聴率は7.9%~8.2%となる。
やはり、8%前後が落ち着きどころとなりそうだ。
七話目を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均7.5%~8.0%のままにしたい。
「ハタチの恋人」(平均8.2%)、「猟奇的な彼女」(平均8.2%)に勝てるかどうかが注目となる。
きちんとは調べていないが、「ハタチの恋人」を下回れば、同枠最低視聴率ドラマになると思われる。
七話目までのポイント数は、「本日も晴れ。異状なし」が58.4ポイントに対して、「ハタチの恋人」が60.3ポイント、「猟奇的な彼女」は63.2ポイントとなっており、現時点では一番成績が悪い。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

ハチクロは成海璃子が主演で、生田斗真主演ではない

  • 2009/03/04(水) 21:10:16 |
  • URL |
  • sabu #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1229-81f48955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。