ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(3月1週目) 【映画】

(注意)興行収入の数値は正確なものではございませんので、ご了承ください。
日本において、正確な数字を無料で仕入れることは不可能です。
なお、本ランキングは興行収入ベースのものですので、動員ベースの巷のランキングとは一部異なる場合があります。

1位:「おくりびと」(松竹・TBS)(25週目)<予想順位1位>
【公開前個人予想】 9億円  【配給会社期待値】 20億円~30億円
【公開規模】 189スクリーン(先週比+7スクリーン)
予定通りだが、25週目で初のナンバーワンという偉業を達成した。
恐らく、これを塗り替える記録は生まれないだろう。
3.2億円弱程度を週末に稼ぎ、38.4億円を突破した。
1週間の伸びは6.2億円半ば程度だろうか。

日本アカデミー賞、アカデミー賞外国語賞の受賞により再爆発して、40億円突破が確実となったといえる。
まずは、以下のような作品を超えることが目標となる。
☆08年「20世紀少年」トータル39.5億円
☆08年「ザ・マジックアワー」トータル39.2億円
☆07年「恋空」トータル39.0億円
☆06年「容疑者 室井慎次」トータル38.3億円
☆06年「電車男」トータル37.0億円
☆07年「どろろ」トータル34.5億円
☆06年「ALWAYS 三丁目の夕日」トータル33.0億円

次のライバルは以下のような作品となる。
☆04年「いま、会いにゆきます」トータル48.0億円
☆07年「ALWAYS 続・三丁目の夕日」トータル45.6億円
☆08年「相棒-劇場版-」トータル44.4億円
☆07年「西遊記」トータル43.7億円
☆05年「交渉人 真下正義」トータル42.0億円
☆00年「ホワイトアウト」トータル42.0億円
☆06年「武士の一分」トータル41.1億円
☆05年「NANA」トータル40.3億円
規模や公開時期次第となるが、どこまで伸ばすかが注目となる。

2位:「チェンジリング」(東宝東和)(2週目)<予想順位2位>
【公開前個人予想】 10億円
【公開規模】 301スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.7億円弱程度を週末に稼ぎ、6.5億円突破を目前としている。
1週間の伸びは4.2億円弱程度だろうか。

クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「ミスティック・リバー」10.0億円
OP1.4→3.8→5.2→6.8→7.9
☆05年「ミリオンダラー・ベイビー」13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0→不明→12.2
☆06年「父親たちの星条旗」トータル17.0億円
OP1.9→5.9→8.3→10.4→12.7→14.0
☆06年「硫黄島からの手紙」トータル51.0億円
OP5.0→13.9→20.8→26.1→祝込36.7→39.8
☆09年公開「チェンジリング」
OP1.8→6.5億円→
「父親たちの星条旗」(トータル17.0億円)よりも、現時点では上回っている。
「硫黄島からの手紙」以外との対比で考えると、「チェンジリング」の興行収入は16.1~18.7億円となる。
15億円突破が当面の目標となりそうだ。
「ミリオンダラー・ベイビー」を超えそうであり、ライバルは「父親たちの星条旗」となりそうだ。

アンジェリーナ・ジョリー主演のヒューマンドラマ作品の興行収入は以下の通り。
☆07年公開「グッド・シェパード」トータル4.5億円
OP1.0→2.7→3.8
☆07年公開「マイティハート愛と絆」トータル1億円半ば見込み
祝込0.4→0.9→1.1→1.2
「グッド・シェパード」との対比で考えると、「チェンジリング」の興行収入は10.8億円となる。
この辺りがミニマムラインだろうか。

子どもモノや、実話モノのうち、参考になりそうな作品は以下の通り。
☆06年公開「フライトプラン」トータル31.2億円
OP2日6.0→14.4→20.4→24.8→28.0
☆07年公開「幸せのちから」トータル27.1億円
OP2日3.5→10.6→15.9→19.4→23.5
☆05年公開「シンデレラマン」トータル12.6億円
OP2日2.8→06.2→08.7→10.6→11.6
☆05年公開「ネバーランド」トータル11.0億円
OP2日1.4→04.1→06.1→07.6
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金3日2.4→05.4→07.7→08.9→不明→10.1
☆09年公開「チェンジリング」
金3日2.3→06.5億円→
これらとの対比で考えると、「チェンジリング」の興行収入は12.6~17.4億円となる。
17~18億円程度がマックスラインとなりそうだ。
「シンデレラマン」「ネバーランド」辺りは超えそうだ。

「チェンジリング」6.5億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「セックス・アンド・ザ・シティ」7.1億円(トータル18.0億円)
☆「最高の人生の見つけ方」5.2億円(トータル13.5億円)
☆「ハプニング」7.0億円(トータル12.3億円)
☆「イーグル・アイ」6.4億円(トータル12.2億円)
☆「クローバーフィールド/HAKAISHA」6.2億円(トータル12.0億円)
<2007>
☆「ドリームガールズ」6.5億円(トータル19.2億円)
☆「ディパーテッド」7.1億円(トータル15.6億円)
☆「ホリデイ」5.5億円(トータル13.3億円)
初動タイプの作品及び「ドリームガールズ」以外との対比で考えると、「チェンジリング」の興行収入は14.3~16.9億円となる。
当面は15億円程度が目標となり、17億円程度まで伸びるかが注目となる。
アカデミー賞主演女優賞でも獲得できれば弾みがつき、もうちょっと伸びがあったかもしれないと思ったが、獲得できなくとも伸びは高かった。
暗めのテイストの作品を懸念したが、やはり親子モノは強いと感じられる。

3位:「20世紀少年-第2章-最後の希望」(東宝・日本テレビ)(5週目)<予想順位6位>
【公開前個人予想】 32億円   【配給会社期待値】 40億円
【公開規模】 374スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.5億円半ば程度を週末に稼ぎ、25.8億円突破を目前としている。
1週間の伸びは2.8億円弱程度だろうか。

日本テレビ開局55年記念作品。
全3部作で製作費60億円となっている。
3部合計でどんなに悪くても100億円、製作費の倍の120億円が当面の目標ではないかと思ったが、100億円はどうやらクリアできそうだ。
前作が思った以上のヒットになったので、宣伝費にもチカラを入れていたが、当然のことながら伸びを欠いている。

前作の興行収入は39.5億円となっている。
<1章>OP6.3→15.6→祝24.0→28.1→32.5→34.8
<2章>OP6.2→13.4→→19.5→23.0→25.8億円→
これとの対比で考えると、2章の興行収入は31.4億円となる。
続編は初動タイプとなりやすいと思われるので、この辺りがマックスラインとなるだろうか。

日本テレビに関わった人気漫画の映画化といえば、「DEATH NOTE」シリーズが参考になる。
☆06年「DEATH NOTE」前編 トータル28.5億円
OP04.1→10.0→15.2→19.6→22.4→24.8
☆06年「DEATH NOTE」後編 トータル52.0億円
OP12.2→22.8→30.8→39.1→43.2→46.3
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円
OP05.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5
「DEATH NOTE」後編、「L change the WorLd」との対比で考えると、「20世紀少年-第2章-最後の希望」の興行収入は29.8~31.1億円となる。
30億円前後の数字が落ち着きどころとなるか。
「L change the WorLd」よりも動きが悪いのは気になるところだ。

その他の漫画原作作品は以下の通り。
☆08年「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円
OP3.5→10.2→14.5→祝18.2→20.1→21.7
☆07年「クローズZERO」トータル25.0億円
OP4.0→10.5→15.1→18.5→21.2→22.7
これらとの対比で考えると、「20世紀少年-第2章-最後の希望」の興行収入は30.0~30.4億円となる。
やはり、30億円前後の数字が落ち着きどころとなるか。

「20世紀少年-第2章-最後の希望」25.8億円と同程度の5週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「ザ・マジックアワー」30.1億円(トータル39.2億円)
☆「L change the WorLd」26.8億円(トータル31.0億円)
<2007>
☆「西遊記」30.0億円(トータル43.7億円)
☆「恋空」29.7億円(トータル39.0億円)
☆「どろろ」28.0億円(トータル34.5億円)
☆「アンフェア the movie」23.2億円(トータル27.2億円)
「L change the WorLd」「どろろ」「アンフェア the movie」との対比で考えると、「20世紀少年-第2章-最後の希望」の興行収入は29.8~31.8億円となる。
ロングヒットとなった「ザ・マジックアワー」「西遊記」「恋空」との対比で考えると、「20世紀少年-第2章-最後の希望」の興行収入は33.6~37.6億円となる。
やはり、現時点では30億円前後が落ち着きどころとなりそうだ。
最終章に向けて、やや不安の残る結果となりそうだ。
弾みをつけるために、なんとしてでも30億円は突破させたいところだ。

4位:「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(ワーナー)(4週目)<予想順位4位>
【公開前個人予想】 32.5億円
【公開規模】 352スクリーン(先週比-55スクリーン)
1.5億円半ば程度を週末に稼ぎ、18.7億円を突破した。
1週間の伸びは3.7億円程度だろうか。
週毎の伸びは、1週目2日3.2→7.2→4.6→3.7億円という動きとなっている。
ロングセールスが期待できると思われたが、それほどでもないかもしれない。

デビッド・フィンチャー監督作品の興行収入は以下の通り。
☆96年公開「セブン」配給収入26.5億円(※興行収入ではない)
☆00年公開「ファイトクラブ」トータル19.8億円
☆02年公開「パニックルーム」トータル25.0億円
☆07年公開「ゾディアック」トータル4.0億円
OP0.8→2.2→3.1→3.6
「ゾディアック」との対比で考えると、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の興行収入は20.8億円となる。
20億円前後がミニマムラインだろうか。

ブラッド・ピット主演作の興行収入は以下の通り。
☆01年公開「ザ・メキシカン」トータル26.0億円
☆02年公開「オーシャンズ11」トータル70.0億円
☆02年公開「スパイ・ゲーム」トータル26.0億円
☆04年公開「トロイ」トータル42.0億円
☆05年公開「オーシャンズ12」トータル36.0億円
先7.0→15.7→21.8→27.2→30.4→32.9
☆05年公開「Mr.&Mrs.スミス」トータル46.5億円
OP5.6→14.6→20.4→26.4→不明→38.5
☆07年公開「バベル」トータル20.0億円
OP2.7→10.4→13.2→15.2→16.4→17.2
☆07年公開「オーシャンズ13」トータル32.0億円
先6.0→17.6→22.3→26.0→28.1→祝込30.0
☆08年公開「ジェシー・ジェームズの暗殺」トータル1億円見込み
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
OP3.2→10.4→15.0→18.7億円→
20~40億円を稼ぎ出す日本人には特に好まれる俳優。
「バベル」「オーシャンズ」シリーズとの対比で考えると、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の興行収入は23.0~24.8億円となる。
25億円程度がマックスラインとなるか。

アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、編集賞、メイクアップ賞、音楽賞、視覚効果賞、音響効果賞、録音賞の13部門にノミネートされていたが、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞のみの受賞に留まったのもマイナスとなりそうだ。
過去のアカデミー賞受賞作・ノミネート作品のうち高額興行収入作品は以下の通り。
☆03年公開「戦場のピアニスト」トータル34.5億円
☆03年公開「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル30.0億円
☆04年公開「シービスケット」トータル13.6億円
☆04年公開「マスター・アンド・コマンダー」トータル10.1億円
☆04年公開「ミスティック・リバー」トータル10.0億円
☆05年公開「ミリオンダラー・ベイビー」トータル13.4億円
OP1.8→05.4→08.0→10.0→不明→12.2
☆05年公開「ネバーランド」トータル11.0億円
OP1.4→04.1→06.1→07.6
☆05年公開「アビエイター」トータル10.7億円
OP1.6→05.0→06.9→08.4
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→07.1→09.9→11.7→13.0→13.8
☆06年公開「硫黄島からの手紙」トータル51.0億円
☆07年公開「バベル」トータル20.0億円
OP2.7→10.4→13.2→15.2→16.4→17.2
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
OP3.2→10.4→15.0→18.7億円→
主要作品との対比で考えると、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の興行収入は23.8~25.1億円となる。
現時点では23~24億円程度が落ち着きどころか。
アカデミー賞ノミネート作品としては悪い成績ではないが、アカデミー賞で受賞できていれば、大きくは伸びただろう。

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」18.7億円と同程度の4週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「EARTH」16.5億円(トータル24.0億円)
☆「ハムナプトラ3」20.1億円(トータル22.0億円)
☆「スウィーニー・トッド」16.6億円(トータル20.5億円)
☆「ジャンパー」15.2億円(トータル17.4億円)
<2007>
☆「幸せのちから」20.4億円(トータル27.1億円)
☆「マリー・アントワネット」15.6億円(トータル21.0億円)
☆「バベル」15.2億円(トータル20.0億円)
伸びがあった「幸せのちから」「マリー・アントワネット」「バベル」との対比で考えると、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の興行収入は24.6~25.2億円となる。
やはり、現時点では23~24億円程度が落ち着きどころとなりそうだ。

5位:「オーストラリア」(20世紀フォックス)(1週目)<予想順位3位>
【公開前個人予想】 8.5億円
【公開規模】 369スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.4億円弱程度のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.3億円程度だろうか』と書いたので、ほぼ予想通りのヨミだった。
バズ・ラーマン監督には「ムーラン・ルージュ」(トータル10.0億円)という実績がある。
これを超えることはできるだろうか。

ニコール・キッドマン主演作の興行収入は以下の通り。
☆03年公開「めぐりあう時間たち」トータル10.0億円
☆04年公開「コールドマウンテン」トータル9億円?見込み
OP1.0→5.7→6.8→7.7
☆05年公開「奥さまは魔女」トータル8億円?見込み
OP1.5→4.2
☆05年公開「ザ・インタープリター」トータル4~5億円?見込み
OP0.9→2.3→3.2
☆07年公開「インベージョン」トータル2~3億円?見込み
☆08年公開「ライラの冒険」トータル37.5億円
今回も10億円を超えない程度が落ち着きどころとなるか。

ヒュー・ジャックマン主演作の興行収入は以下の通り。
☆04年公開「ヴァン・ヘルシング」トータル28.0億円
先6.3→13.9→19.3→不明→24.9
☆07年公開「プレステージ」トータル5.0億円
OP1.1→2.8→3.8→4.4→4.8
「プレステージ」との対比で考えると、「オーストラリア」の興行収入は6.4億円となる。
この辺りがミニマムラインとなりそうだ。

本作とはかなりテイストは異なるが、近年のラブストーリーは以下の通り。
☆08年「セックス・アンド・ザ・シティ」18.0億円
先2.9→7.1→10.3→12.5→14.3
☆07年「ホリデイ」トータル13.3億円
OP1.8→5.5→8.2→10.3→11.8
☆08年「P.S.アイラヴユー」トータル11.0億円
OP1.5→4.4→6.7→8.2→9.2
☆06年「イルマーレ」トータル11.0億円
OP1.8→5.3→7.3→9.1→9.9
☆07年「幸せのレシピ」トータル7.0億円
OP1.2→3.5→5.3→6.4
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル6.1億円
先1.8→3.8→5.0→5.6→不明→6.0
☆08年「マイ・ブルーベリー・ナイツ」トータル5億円見込み
OP0.8→2.5→3.6→4.3
☆07年「ラブソングができるまで」トータル4.9億円
OP0.7→2.1→3.6→4.2→4.6
☆09年「オーストラリア」
OP1.4億円→
主要作品との対比で考えると、「オーストラリア」の興行収入は8.2~10.3億円となる。
10億円を超える勢いはないと思われるので、現時点では8億円程度が落ち着きどころか。

「オーストラリア」1.4億円と同程度のオープニング作品は以下の通り。
<2008>
☆「紀元前1万年」1.6億円(トータル10.1億円)
☆「バンテージ・ポイント」1.5億円(トータル8.5億円)
☆「ドラゴン・キングダム」1.5億円(トータル7.1億円)
<2007>
☆「ブラッド・ダイヤモンド」1.5億円(トータル9.9億円)
☆「デジャヴ」1.6億円(トータル8.9億円)
☆「ハンニバル・ライジング」1.5億円(トータル8.0億円)
これらとの対比で考えると、「オーストラリア」の興行収入は6.6~9.2億円となる。
やはり、8億円程度が落ち着きどころだろうか。

6位:「7つの贈り物」(ソニー)(2週目)<予想順位7位>
【公開前個人予想】 11億円
【公開規模】 326スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.1億円半ば程度を週末に稼ぎ、4.6億円突破を目前としている。
1週間の伸びは3.0億円弱程度だろうか。
ウィル・スミスでも、このような作品ではヒットさせることはできなかったようだ。

ウィル・スミス主演作の興行収入は以下の通り。
☆97年「インディペンデンス・デイ」配給収入66.5億円(興行収入は倍程度)
☆02年「メン・イン・ブラック2」トータル40.0億円
☆03年「バッド・ボーイズ2バッド」トータル20.0億円
☆04年「アイ,ロボット」トータル37.5億円
先7.3→17.0→23.3→28.7→31.6→33.6→34.8
☆05年「最後の恋のはじめ方」 10億円未満
☆07年「幸せのちから」トータル27.1億円
OP3.5→10.6→15.9→20.4→23.2→25.1→26.1
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.0億円
金7.2→16.4→不明→33.8→37.7→40.6→42.0→42.8
☆08年「ハンコック」トータル31.0億円
先8.3→17.2→祝込23.7→26.6→28.7→29.1
☆09年公開「7つの贈り物」
OP1.6→04.6億円→
「幸せのちから」との対比で考えると、「7つの贈り物」の興行収入は11.8億円となる。
これがマックスラインとなるが、もちろんここまでは伸びないだろう。
「ハンコック」との対比で考えると、「7つの贈り物」の興行収入は8.3億円となる。
現時点では、8億円程度が落ち着きどころか。

いわゆる感動作は以下の通り。
☆05年公開「きみに読む物語」トータル15.0億円
OP1.0→3.5→5.6→07.6→09.4
☆08年公開「最高の人生の見つけ方」トータル13.5億円
OP1.9→5.2→7.9→10.0→11.4
☆05年公開「ミリオンダラー・ベイビー」13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0→不明
☆05年公開「シンデレラマン」トータル12.6億円
OP2.8→6.2→8.7→10.6→11.6
☆08年公開「P.S.アイラヴユー」トータル11.0億円
OP1.5→4.4→6.7→08.2→09.2
☆05年公開「ネバーランド」トータル11.0億円
OP1.4→4.1→6.1→07.6
☆08年公開「奇跡のシンフォニー」トータル7.5億円
OP1.3→3.6→5.3→06.3
☆09年公開「7つの贈り物」
OP1.6→4.6億円→
「きみに読む物語」以外との対比で考えると、「7つの贈り物」の興行収入は9.3~12.3億円となる。
本作では感動作らしいロングヒットは期待できず、これらの対比を下回ると思われるので、やはり8億円程度が落ち着きどころか。

「7つの贈り物」4.6億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「最高の人生の見つけ方」5.2億円(トータル13.5億円)
☆「P.S.アイラヴユー」4.4億円(トータル11.0億円)
☆「アイアンマン」5.2億円(トータル9.4億円)
☆「バンテージ・ポイント」4.1億円(トータル8.5億円)
<2007>
☆「ブラッド・ダイヤモンド」4.2億円(トータル9.9億円)
☆「デジャヴ」4.6億円(トータル8.9億円)
☆「守護神」4.8億円(トータル8.7億円)
☆「パーフェクト・ストレンジャー」4.4億円(トータル7.9億円)
「P.S.アイラヴユー」以外との対比で考えると、「7つの贈り物」の興行収入は8.3~11.9億円となる。
やはり、現時点では8億円程度が落ち着きどころだろう。

7位:「マンマ・ミーア!」(東宝東和)(5週目)<予想順位5位>
【公開前個人予想】 18億円   
【公開規模】 340スクリーン(先週比+4スクリーン)
1.0億円半ば程度を週末に稼ぎ、トータルでは22.0億円を突破した。
1週間の伸びは、2.9億円程度だろうか。
週毎の伸びは、1週目3日4.4→5.7→5.3→3.7→2.9億円という動きとなっている。
そろそろ息切れはしてきたが、まだまだ好調だ。

ミュージカル映画は以下の通り。
☆01年公開「ムーランルージュ」トータル10.0億円
☆03年公開「シカゴ」トータル35.0億円
☆05年公開「オペラ座の怪人」トータル42.0億円
☆06年公開「プロデューサーズ」トータル10.0億円
OP1.2→3.6→05.3→06.5→08.1
☆07年公開「ドリームガールズ」トータル19.2億円
OP2.0→6.5→11.0→14.1→16.3
☆07年公開「ヘアスプレー」トータル10.0億円
OP1.2→3.6→05.7→06.6→07.7
☆08年公開「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」トータル20.5億円
OP4.0→9.6→14.0→16.6→18.4
☆09年公開「マンマ・ミーア!」
金4.3→10.1→15.3→19.1→22.0億円→
オープニングは、「オペラ座の怪人」を超えて、ミュージカル作品としては過去最高になったと報じられている。
「スウィーニー・トッド」以外との対比で考えると、「マンマ・ミーア!」の興行収入は25.9~28.6億円となる。
30億円突破はさすがに厳しいだろう。

メリル・ストリープは「プラダを着た悪魔」で興行収入17.0億円を稼いでいる。
☆06年公開「プラダを着た悪魔」トータル17.0億円
OP1.9→6.5→9.6→12.8
どちらも題材に面白みはあるが、日本では多少人気があるのかもしれない。

「マンマ・ミーア!」22.0億円と同程度の5週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「魔法にかけられて」25.6億円(トータル29.1億円)
☆「ウォンテッド」23.3億円(トータル25.0億円)
☆「ハムナプトラ3」21.1億円(トータル24.0億円)
☆「earth」祝込み19.6億円(トータル24.0億円)
<2007>
☆「バイオハザードⅢ」25.7億円(トータル28.5億円)
☆「幸せのちから」23.2億円(トータル27.1億円)
これらとの対比で考えると、「マンマ・ミーア!」の興行収入は23.6~26.9億円となる。
まだ多少の伸びは期待できるので25~26億円程度が落ち着きどころか。
全世界でも大ヒットしているのは伊達ではなく、一緒に歌える字幕付きの回もあり、リピーターも多くなりそうだ。

8位:「少年メリケンサック」(東映・テレビ東京)(3週目)<予想順位8位>
【公開前個人予想】 12.5億円    【配給会社期待値】 10億円+α
【公開規模】 280スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.0億円程度を週末に稼ぎ、トータルでは7.3億円を突破した。
1週間の伸びは、2.3億円弱程度だろうか。

宮藤官九郎監督作品は、05年「真夜中の弥次さん喜多さん」(トータル4億円見込み)以来、2本目となる。
「真夜中の弥次さん喜多さん」はさすがに超えた。

宮藤官九郎が脚本を努めた作品の興行収入は以下の通り。
☆02年「ピンポン」トータル14.0億円
☆03年「木更津キャッツアイ/日本シリーズ」トータル15.0億円
☆06年「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」トータル18.0億円
03.0→08.2→11.0→13.0→15.0→16.1
☆07年「舞妓Haaaan!!!!!」トータル20.8億円
OP2.3→07.4→11.5→14.5→祝含17.1→18.5
☆09年「少年メリケンサック」
OP2.0→05.0→07.3億円→
「舞妓Haaaan!!!!!」との対比で考えると、「少年メリケンサック」の興行収入は13.2億円となる。
「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」との対比で考えると、「少年メリケンサック」の興行収入は11.9億円となる。
オープニングはそれほど差がなかった「舞妓Haaaan!!!!!」に比べて、伸びは悪い。
初動タイプと思われることから、「舞妓Haaaan!!!!!」対比の13億円程度にはならず、「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」対比の11億円程度がマックスラインだろうか。
当面は10億円突破が目標となるか。

宮崎あおい主演作品の興行収入は以下の通り。
☆05年「NANA」トータル40.3億円
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆07年「初雪の恋/ヴァージン・スノー」トータル1.7億円見込み
☆08年「陰日向に咲く」トータル19.5億円
OP2.4→7.2→祝込11.8→14.2→16.3→17.8
☆09年「少年メリケンサック」
OP2.0→5.0→7.3億円→
主要作品との対比で考えると、「少年メリケンサック」の興行収入は11.5~12.1億円となる。
やはり、11億円程度がマックスラインとなりそうだ。

音楽を題材にした映画の興行収入は以下の通り。
☆05年「NANA」トータル40.3億円
OP5.4→不明→21.8→28.5→32.1
☆08年「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円
OP3.5→10.2→14.5→祝込18.2→20.1→21.7
☆06年「NANA2」トータル12.5億円
OP1.7→4.7→7.0→8.9→祝込11.0→11.7
☆06年「タイヨウのうた」トータル10.5億円
☆09年「少年メリケンサック」
OP2.0→5.0→7.3億円→
主要作品との対比で考えると、「少年メリケンサック」の興行収入は11.8~13.5億円となる。
やはり、11億円程度がマックスラインとなりそうだ。

コメディ映画の興行収入は以下の通り。
☆06年「THE 有頂天ホテル」トータル60.8億円
☆08年「ザ・マジックアワー」トータル39.2億円
OP5.1→13.9→21.0→26.3→30.1
☆05年「電車男」トータル37.0億円
☆07年「舞妓Haaaan!!!!!」トータル20.8億円
☆06年「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」トータル18.0億円
☆07年「大日本人」トータル11.6億円
OP2.3→6.2→8.4→9.8→10.6
☆07年「バブルへGO!!/タイムマシンはドラム式」トータル9.3億円
OP祝込2.2→4.3→6.3→7.8
☆08年「ハンサム★スーツ」トータル8.6億円
OP祝込2.1→3.9→5.6→6.7→7.6
主要作品との対比で考えると、「少年メリケンサック」の興行収入は10.1~11.2億円となる。
11億円がマックスラインであり、10億円を超えるかどうかが注目となりそうだが、ギリギリで割る程度が実際の落ち着きどころか。

「少年メリケンサック」7.3億円と同程度の3週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「クライマーズ・ハイ」7.4億円(トータル11.9億円)
☆「銀色のシーズン」7.1億円(トータル10.4億円)
☆「砂時計」7.2億円(トータル10.0億円)
<2007>
☆「バッテリー」7.4億円(トータル15.3億円)
☆「眉山」7.1億円(トータル12.1億円)
☆「俺は、君のためにこそ死ににいく」6.8億円(トータル10.8億円)
「バッテリー」「眉山」以外との対比で考えると、「少年メリケンサック」の興行収入は10.1~11.7億円となる。
オープニング時には12~13億円程度かと思われたが、現時点では10億円程度が落ち着きどころになりそうだ。

9位:「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」(角川映画)(4週目)<予想順位9位>
【公開前個人予想】 7.5億円    【配給会社期待値】 10億円
【公開規模】 251スクリーン(先週比-1スクリーン)
5.9千万円半ば程度を週末に稼ぎ、トータルでは7.1億円突破を目前としている。
1週間の伸びは1.4億円弱程度だろうか。
週毎の伸びは、1週目土日1.1→2.9→1.7→1.4億円という動きとなっている。
勢いは少々なくなってきたが、伸びは堅調となっている。

マキノ雅彦(津川雅彦)監督作品は以下の通り。
☆06年公開「寝ずの番」トータル4.3億円程度
☆08年公開「次郎長三国志」トータル3億円見込み
「寝ずの番」トータル4.3億円程度は楽に超えた。

「動物モノ」の興行収入は以下の通り。
☆07年「マリと子犬の物語」(東宝)トータル31.8億円
OP2.8→7.4→祝12.0→不明→23.1
☆04年「クイール」(松竹)トータル22.2億円
OP2.4→6.8→10.9→15.6→17.9
☆06年「子ぎづねヘレン」(松竹)トータル17.8億円
OP1.7→5.6→10.5→13.9→15.4
☆08年「犬と私の10の約束」(松竹)トータル15.2億円
OP1.8→5.2→8.5→11.5→12.9
☆08年「グーグーだって猫である」(アスミック)トータル3.6億円
OP0.6→1.8→2.5→03.0→03.2
☆07年「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙〈そら〉へ」(松竹)トータル1.2億円
OP0.3→祝0.6→0.8→1.0→1.1
☆09年「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」
OP1.1→4.0→5.7→7.1億円→
「動物モノ」は稼げるのが常識となっている。
「マリと子犬の物語」を除く10億円を超えた作品との対比で考えると、「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」の興行収入は9.1~10.1億円となる。
10億円以下の作品との対比で考えると、「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」の興行収入は8.5~8.5億円となる。
多少の伸びは期待できそうであり、現時点では10億円突破が目標となるか。
しかし、9億円台が落ち着きどころとなりそうだ。

「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」7.1億円と同程度の4週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「隠し砦の三悪人」7.5億円(トータル9.3億円)
☆「ハンサム★スーツ」6.7億円(トータル8.6億円)
☆「イキガミ」6.7億円(トータル8.0億円)
<2007>
☆「それでもボクはやってない」祝込7.8億円(トータル11.0億円)
☆「クローズドノート」7.9億円(トータル9.5億円)
☆「バブルへGO!!/タイムマシンはドラム式」7.8億円(トータル9.3億円)
☆「憑神」6.4億円(トータル8.8億円)
これらとの対比で考えると、「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」の興行収入は8.5~10.0億円となる。
引き続き10億円突破が目標となるが、やはり9億円台が落ち着きどころのようだ。

10位:「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」(ディズニー)(4週目)<予想順位圏外>
【公開前個人予想】 5億円
【公開規模】 196スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.3千万円程度を週末に稼ぎ、4.4億円を突破した。
1週間の伸びは7.1千万円程度だろうか。
初動タイプだとは思われたが、きちんとファンが支えており、週末の興行収入は大きな落ち込みはないのかもしれない。

ミュージカル映画は以下の通り。
☆01年公開「ムーランルージュ」トータル10.0億円
☆03年公開「シカゴ」トータル35.0億円
☆05年公開「オペラ座の怪人」トータル42.0億円
☆06年公開「プロデューサーズ」トータル10.0億円
OP1.2→3.6→05.3→06.5→08.1
☆07年公開「ドリームガールズ」トータル19.2億円
OP2.0→6.5→11.0→14.1→16.3
☆07年公開「ヘアスプレー」トータル10.0億円
OP1.2→3.6→05.7→06.6→07.7
☆08年公開「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」トータル20.5億円
OP4.0→9.6→14.0→16.6→18.4
☆09年公開「マンマ・ミーア!」
金4.3→10.1→15.3→19.1→22.0億円→
☆09年公開「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」
OP1.1→2.8→3.7→4.4億円→
初動タイプと思われるので、「スウィーニー・トッド」との対比で考えると、「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」の興行収入は5.4億円となる。
この辺りが落ち着きどころだろうか。

「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」4.4億円と同程度の4週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」4.2億円(トータル4.6億円)
☆「幸せの1ページ」4.1億円(トータル4.6億円)
☆「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」3.8億円(トータル4.5億円)
☆「ラスベガスをぶっつぶせ」3.9億円(トータル4.5億円)
☆「最後の初恋」4.0億円(トータル4.5億円)
<2007>
☆「プレステージ」4.4億円(トータル5.0億円)
☆「ラブソングができるまで」4.2億円(トータル4.9億円)
これらとの対比で考えると、「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」の興行収入は4.8~5.2億円となる。
やはり、5億円前半程度が落ち着きどころのようだ。
さらに伸びがあるかどうかは、リピーター次第となりそうだ。

次回のランキングには、以下のような作品が登場予定。
春休み向け作品が大量にリリースされることとなる。
☆人気シリーズ「映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」
☆人気シリーズ「超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!」
☆「チーム・バチスタの栄光」の続編「ジェネラル・ルージュの凱旋」
☆話題沸騰の三池崇史監督作品「ヤッターマン」
「ヤッターマン」以外は、前作ベースで問題ないだろう。
「ヤッターマン」の興行収入が全く読めない。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1230-6b99b7d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。