ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月クールドラマ視聴率結果(金曜日第七・八話~日曜日第八話)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「ヴォイス」       17.7%  14.0%(▽1.4%) 15.4%(15.0%)
2位:「キイナ」       16.5%  13.3%(±0.0%) 14.4%(09.5%)
3位:「メイちゃんの執事」 14.9%  13.5%(▲0.4%) 13.8%(15.0%)
4位:「トライアングル」   14.7%  12.1%(▲0.8%) 11.8%(15.5%)
5位:「歌のおにいさん」  10.6%  11.8%(▲1.2%) 10.8%(10.5%)
6位:「ありふれた奇跡」  12.5%  08.9%(▽0.9%) 10.6%(14.5%)
7位:「特命係長 只野仁」 11.9%  09.4%(▲0.3%) 10.4%(12.5%)
8位:「RESCUE」     12.2%  06.4%(▽1.9%)  10.0%(11.0%)
9位:「銭ゲバ」       12.0%  06.4%(▽2.3%) 09.8%(09.0%)
10位:「ラブシャッフル」  10.0%  07.5%(▽0.1%) 08.9%(14.5%)
11位:「赤い糸」       07.5%  08.9%(▲1.9%) 08.5%(07.5%)<終>
12位:「本日も晴れ。」   12.4%  06.8%(▽0.2%) 08.2%(11.0%)
13位:「神の雫」       10.3%  04.9%(▲0.2%) 06.2%(10.5%)

5位:「歌のおにいさん」 平均10.77%(放送前予想平均10.5%)
初回10.6→10.4→休→11.6→10.2→10.2→10.6→11.8%→
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 10.5%~11.0%(▲0.5%~▲0.5%)
(四話目~六話目を踏まえた平均視聴率予想10.0%~10.5%)
(初回~三話目を踏まえた平均視聴率予想8.5%~9.5%)
最終回直前において、自身最高視聴率を獲得した。
最終回も自身最高視聴率を狙えるという盛り上がりを感じられる動きだ。
先週『引き続き10%台の数値で推移していくのではないか』と書いたが、予想以上だった。
ファンがきっちりと支えているばかりではなく、評価も高いので、このような結果となっているのだろう。
「メイちゃんの執事」以上の今クールナンバーワンの安定度といえる。
最終回は自身最高視聴率を見込めるので、平均視聴率は10.9%~11.0%程度となるか。
平均11%に乗せるためには、最終回で12.6%を取る必要がある。
近い数字を稼ぎそうだが、ギリギリで届かないだろうか。

大野智主演作の視聴率は以下の通り。
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
数字自体は抜群に高いわけではないが、「魔王」同様に本作も終盤の盛り上がりをみせていることは、役者として評価できる。

お仲間の視聴率は以下の通り。
☆07年4月クール「バンビ~ノ!」(平均14.2%)※松本潤
16.6→15.0→13.7→14.0→14.6→14.0→13.2→13.6→13.7→13.8→14.4
☆07年7月クール「山田太郎ものがたり」(平均15.2%)※二宮、櫻井
17.4→15.9→16.5→13.7→15.4→11.1→13.6→14.6→16.3→17.9%
動き自体は、これらを超えているといえる。

脚本家の代表作は以下の通り。
☆07年1月クール「ヒミツの花園」(平均12.4%)
14.7→13.1→12.4→12.1→12.6→11.0→12.5→12.4→12.3→12.0→11.4

演出家の代表作は以下の通り。
☆05年1月クール「富豪刑事」(平均12.4%)
16.2→11.1→12.6→12.6→13.2→11.6→10.6→12.3→11.7→12.3
☆06年4月クール「富豪刑事デラックス」(平均12.0%)
15.3→11.4→12.8→10.3→12.6→11.6→11.5→12.7→09.9→11.4
脚本家及び演出家も良い仕事をしたのだろうか。

金曜日23時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「特命係長・只野仁」(平均14.3%)
13.4→15.5→14.4→12.7→13.9→14.0→13.7→14.0→14.2→17.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆07年7月クール「スシ王子!」(平均7.5%)
08.8→07.3→06.9→05.7→07.1→08.1→08.3→07.9
☆07年10月クール「モップガール」(平均10.2%)
10.2→10.7→11.8→09.7→09.8→10.6→09.8→10.4→09.2→09.4
☆08年1月クール「未来講師めぐる」(平均9.1%)
09.0→10.6→08.2→08.8→07.2→10.5→08.2→10.0→10.3→08.1
☆08年4月クール「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)
08.3→10.4→08.5→09.3→09.7→07.7→08.4→09.3→07.7→09.4
☆08年7月クール「打撃天使ルリ」(平均7.2%)
10.0→07.4→05.3→05.5→07.2→07.5→07.7
☆08年10月クール「サラリーマン金太郎」(平均11.8%)
13.8→11.1→10.9→12.1→12.1→11.3→09.5→11.1→13.6→12.6
☆09年1月クール「歌のおにいさん」
10.6→10.4→11.6→10.2→10.2→10.6→11.8%→
「歌のおにいさん」の七話目視聴率11.8%は、9ドラマ中2位となっている。
先週4位タイだったが、「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)、「モップガール」(平均10.2%)、「サラリーマン金太郎」(平均11.8%)を破った。
平均11%前後が落ち着きどころ思われるので、七話目を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均10.0%~10.5%から上昇修正して、平均10.5%~11.0%に変更したい。
徐々に下がると思っていたが、ここまでの盛り上がりをみせるというのは、想定外だ。

当面のライバルは「モップガール」(平均10.2%)だと思ったが、楽に超えている。
平均視聴率争いは、9ドラマ中4位となりそうだ。
「サラリーマン金太郎」(平均11.8%)に続いて、成功ドラマを生んでおり、この枠の評価は高まったといえる。


8位:「RESCUE~特別高度救助隊」 平均10.02%(放送前予想平均11.0%)
初回12.2→12.8→8.9→10.7→10.9→8.3→6.4%→
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 9.5%~10.5%(▽0.5%~▽0.5%)
(五話目~六話目を踏まえた平均視聴率予想10.5%~11.0%)
(初回~四話目を踏まえた平均視聴率予想9.0%~10.0%)
自身最低視聴率をさらに更新してしまったが、裏番組の野球WBCの視聴率が37.8%であり、この結果は仕方がない。
関係者は、このまま視聴者がフェードアウトしないことを祈るばかりだろう。
次回以降は、何もなければ8~9%には戻してくるのではないか。
初回から七話目への下落率は47.5%となっており、2人に1人程度がギブアップした計算となるが、今回はあまり参考にならない。

動きが似ているドラマは以下のようなものだろうか。
☆08年10月クール「OLにっぽん」(平均8.1%)
08.3→10.6→09.9→09.7→07.0→07.1→07.6→08.0→06.0→06.4
これとの対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は9.4%となる。
この辺りがミニマムラインとなるか。

雰囲気的には以下のようなドラマと似ている気がする。
☆08年7月クール「コード・ブルー」(平均15.6%)
21.2→16.0→16.0→13.2→15.7→15.6→10.8→13.4→15.8→14.9→19.5
☆05年7月クール「海猿」(平均13.1%)
17.8→13.9→12.1→13.7→12.0→10.7→12.9→12.1→12.6→12.7→13.8
☆04年1月クール「FIRE BOYS~め組の大吾~」(平均12.0%)
15.7→11.2→11.5→10.7→12.0→11.3→11.3→10.5→11.4→13.1→13.2
これらとの対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は9.9%~10.1%となる。
現時点では平均10%前半が落ち着きどころか。

中丸雄一助演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆07年7月クール「スシ王子!」(平均7.5%)
08.8→07.3→06.9→05.7→07.1→08.1→08.3→07.9
主演はもちろん堂本光一。
これらとの対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は10.1%となる。
この辺りが落ち着きどころとなりそうだ。

お仲間の視聴率は以下の通り。
☆07年4月クール「特急田中3号」(平均8.8%)
11.5→08.7→07.6→08.0→08.3→09.4→08.5→09.1→09.7→06.8→08.9
☆07年4月クール「花嫁とパパ」(平均11.8%)※主演は石原。
14.9→11.3→10.3→12.5→11.8→11.7→12.4→11.7→11.2→10.4→
→11.0→12.2
☆07年10月クール「有閑倶楽部」(平均12.6%)
15.9→13.7→12.8→12.3→13.0→12.1→10.3→11.1→12.4→12.7
☆08年1月クール「1ポンドの福音」(平均10.6%)
13.0→11.4→11.1→09.0→09.6→10.5→10.7→08.8→11.3
これらとの対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は9.8%~10.0%となる。
やはり、現時点では10%前後が落ち着きどころか。
現時点では、「1ポンドの福音」(平均10.6%)がライバルとなりそうだと思ったが、抜くのは厳しいか。
七話目までのポイント数は、「RESCUE~特別高度救助隊」が70.2ポイントに対して、「1ポンドの福音」は75.3ポイントとなっている。

<同時間帯の視聴率>
前回のCXは50周年記念番組(バラエティルーツの旅)であり、他局よりも視聴率を多く放出している。
06.5% 20:00-20:45 NHK 探検ロマン世界遺産(先週比-0.9%)
11.1% 19:56-20:54 NTV 世界一受けたい授業(先週比-3.5%)
06.4% 19:56-20:54 TBS RESCUE(先週比-1.9%)
10.1% 19:57-20:54 C X めちゃ×2イケてるッ!(先週比-6.4%)
37.8% 18:55-22:14 E X WBC・東京ラウンド(先週比+23.3%)
06.4% 19:00-20:54 T X 東京再発見!都バスで巡る春の旅(先週比-3.3%)
全体視聴率 78.3%(先週比+7.3%)

土曜日20時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆08年4月クール「ROKKIES」(平均14.8%)
12.2→14.8→15.4→13.1→16.4→15.4→14.2→14.7→14.6→12.5→19.5
☆08年7月クール「恋空」(平均6.4%)
05.6→05.9→06.7→06.3→07.6→06.3
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆09年1月クール「RESCUE~特別高度救助隊」
12.2→12.8→08.9→10.7→10.9→08.3→06.4%→
「RESCUE~特別高度救助隊」の七話目視聴率6.4%は、3ドラマ中2位となっている。
これらとの対比で考えると、「RESCUE~特別高度救助隊」の平均視聴率は9.9%~10.2%となる。
現時点では10%前後が落ち着きどころと思われるので、七話目視聴率を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均10.5%~11.0%から下方修正して、平均9.5%~10.0%に変更したい。
WBC第二ラウンドは時差があるので、もうぶつからないと思われるが、あまり高い評価はしにくいドラマだ。


9位:「銭ゲバ」 平均9.80%(放送前予想平均09.0%)
初回12.0→11.3→9.0→10.7→10.1→10.2→08.7→06.4%→
【八話目を踏まえた平均視聴率予想】 10.0%~10.5%(±0.0%~±0.0%)
(初回~四話目を踏まえた平均視聴率予想9.5%~10.5%)
先週『次回はさすがに10%前後に戻してくるはずだ』と書いたが、裏番組の野球WBCの視聴率は37.8%であり、この結果は仕方がない。
最終回直前にこのアクシデントは痛いが、何も特殊事情がなければ最終回はさすがに10%台に戻してくるはずだ。
平均視聴率は9.9%程度だろうか。
平均10%に乗せるためには、最終回で11.6%を取る必要がある。
ここまでは高い視聴率は期待できないが、平均10%前後の数字にはなりそうだ。
数字自体は低いものの、評価は高いので、大バケはしないとは思うが、小バケはあるかと書いてきたが、結局小バケもなかったという状況になってしまった。
初回から第八話までの下落率は46.7%となっている。
アクシデントがあったとはいえ、半分がギブアップしたという計算となる。

松山ケンイチ主演作の視聴率は以下の通り。
☆07年4月クール「セクシーボイスアンドロボ」(平均7.6%)
12.5→08.7→06.9→07.0→06.9→07.8→06.5→06.4→06.5→06.4
視聴率的には連敗ということになるが、松山ケンイチの評価が下がることはないだろう。

「金」を題材にしたドラマは意外と受けないことが多い。
☆08年10月クール「セレブと貧乏太郎」(平均13.1%)
17.6→15.0→15.2→11.6→14.9→11.4→10.2→11.2→11.8→10.4→14.3
☆08年1月クール「貧乏男子 ボンビーメン」(平均11.6%)
16.5→13.2→12.5→09.2→10.2→10.3→09.6→11.2→11.4
☆08年7月クール「ロト6で3億2千万円当てた男」(平均6.5%)
12.4→06.8→06.0→04.7→08.0→04.6→05.1→05.2→05.6→06.4
これら以上に、やはり題材がキツすぎたところもあるようだ。

<同時間帯の視聴率>
TBSやTXの長者番組はこのようなときでも大きくは下落しない。
08.2% 21:00-22:30 NHK ドラマスペシャル・白洲次郎(先週比-4.6%)
06.4% 21:00-21:54 NTV 銭ゲバ(先週比-2.3%)
08.0% 21:00-21:54 TBS 世界・ふしぎ発見!(先週比-0.9%)
12.1% 21:00-23:10 C X 世界がもし100人の村だったら(先週比-4.4%)
37.8% 18:55-22:14 E X WBC・東京ラウンド(先週比+20.7%)
09.1% 21:00-22:09 T X 出没!アド街ック天国(先週比-0.1%)
全体視聴率 81.6%(先週比+8.4%)

土曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「演歌の女王」(平均9.1%)
10.9→09.5→08.5→09.9→08.2→08.0→09.1→08.7→07.7→10.4
☆07年4月クール「喰いタン2」(平均13.7%)
16.2→13.3→14.9→11.8→13.4→13.1→12.8→13.9→13.6→13.3→14.0
☆07年7月クール「受験の神様」(平均9.5%)
14.7→09.3→07.1→07.8→06.2→08.3→07.6→11.5→11.7→10.3
☆07年10月クール「ドリーム☆アゲイン」(平均10.3%)
12.9→10.0→09.5→10.0→08.4→11.8→08.4→09.9→09.7→11.9
☆08年1月クール「1ポンドの福音」(平均10.6%)
13.0→11.4→11.1→09.0→09.6→10.5→10.7→08.8→11.3
☆08年4月クール「ごくせん」(平均22.6%)
26.4→24.8→23.3→25.1→25.3→21.1→21.9→21.3→17.6→18.1→23.6
☆08年7月クール「ヤスコとケンジ」(平均13.0%)
12.3→13.1→11.2→12.9→10.6→12.3→14.9→13.0→13.4→16.3
☆08年10月クール「スクラップ・ティーチャー教師再生」(平均11.4%)
12.6→12.2→12.5→10.2→13.3→10.7→11.5→10.9→08.9
☆09年1月クール「銭ゲバ」
12.0→11.3→09.0→10.7→10.1→10.2→08.7→06.4%→
「銭ゲバ」の八話目視聴率6.4%は、9ドラマ中9位となっている。
先週7位だったが、「受験の神様」(平均9.5%)、「ドリーム☆アゲイン」(平均10.3%)に敗れた。
平均10%前後が落ち着きどころと思われるので、八話目視聴率を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均10.0%~10.5%のままとしたい。
今回のようなことがなければ、平均10%は余裕でクリアできただろう。

「1ポンドの福音」(平均10.6%)、「ドリーム☆アゲイン」(平均10.3%)が当面のライバルとなるが、超えられない可能性が高まった。
平均視聴率争いは、9ドラマ中7位となりそうだ。
八話目までのポイント数は、「銭ゲバ」が78.4ポイントに対して、「1ポンドの福音」は84.1ポイント、「ドリーム☆アゲイン」は80.9ポイントとなっている。
「ドリーム☆アゲイン」を超えるためには、「銭ゲバ」は最終回で13.9%を獲得する必要がある。
無理な数字でもないが、現実的な数字とは思えない。


10位:「ラブシャッフル」 平均8.85%(放送前予想平均14.5%)
初回10.0→10.7→8.2→9.6→8.9→8.3→7.6→7.5%→
【八話目を踏まえた平均視聴率予想】 8.5%~9.0%(▽0.5%~▽0.5%)
(五話目~七話目を踏まえた平均視聴率予想9.0%~9.5%)
(初回~四話目を踏まえた平均視聴率予想8.5%~9.5%)
先週『今後は、さすがに自身最低視聴率をさらに更新することはなく、8%台の数値に戻すのではないか』と書いたが、自身最低視聴率をさらに更新してしまった。
元の水準に戻る気配が感じられない。
前半は悪いなりに粘っていたが、完全に飽きられてしまったようだ。
終盤の伸びもそれほど期待できそうもないという動きだ。
評価はそれほど低くはないと思うが、平均9%台に戻すのはもはや厳しいかもしれない。
今後は、7~8%で推移して、最終回も8%台程度で終わるだろうか。
平均視聴率は8%後半ということになりそうだ。
初回から八話目までの下落率は25.0%となっており、ギブアップ率は4人に1人程度となってしまっている。
このギブアップ率では、悪くはないが微妙な内容というところか。

動きが似ているドラマは以下のようなものだろうか。
☆08年10月クール「OLにっぽん」(平均8.1%)
08.3→10.6→09.9→09.7→07.0→07.1→07.6→08.0→06.0→06.4
☆08年1月クール「未来講師めぐる」(平均9.1%)
09.0→10.6→08.2→08.8→07.2→10.5→08.2→10.0→10.3→08.1
これらとの対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.4%~8.9%となる。
低迷すれば8%半ばもありえるが、なんとか8%後半に落ち着くのではないか。

タイトルの冒頭に“ラブ”が付いたドラマは以下の通り。
☆97年10月クール「ラブジェネレーション」(平均30.7%)※キムタク
31.3→30.1→29.0→30.8→28.6→30.8→30.3→29.4→32.5→32.3→32.1
☆00年10月クール「ラブコンプレックス」(平均14.3%)※反町
18.4→15.3→14.5→13.9→12.9→13.7→13.6→11.7→13.0→13.2→17.0
☆01年4月クール「ラブストーリー」(平均20.8%)※中山美穂
24.3→21.2→18.9→21.5→21.2→20.2→20.1→19.8→19.9→19.8→22.1
☆01年4月クール「ラブレボリューション」(平均17.3%)※江角
20.3→17.2→17.7→16.5→17.1→16.8→17.1→17.6→18.1→15.9→
→16.6→17.0
☆09年1月クール「ラブシャッフル」
10.0→10.7→08.2→09.6→08.9→08.3→07.6→07.5%→
「ラブコンプレックス」の視聴率はWIKIとは異なるが、あまりWIKIの数字も当てにならないので、こちらを採用する。
これらとの対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.7%~9.0%となる。
やはり、8%後半が落ち着きどころか。

最近のラブコメディは以下の通り。
☆07年4月クール「プロポーズ大作戦」(平均17.3%)
19.3→17.1→13.4→16.4→16.9→17.4→14.6→19.1→18.1→17.2→20.9
☆07年7月クール「ファースト・キス」(平均14.1%)
19.7→13.2→15.2→15.8→13.1→11.1→12.8→14.6→13.8→13.2→12.4
☆08年4月クール「絶対彼氏 完全無欠の恋人ロボット」(平均13.2%)
13.1→14.3→15.1→13.1→13.1→12.4→13.0→12.1→13.0→11.9→13.6
☆08年10月クール「セレブと貧乏太郎」(平均13.1%)
17.6→15.0→15.2→11.6→14.9→11.4→10.2→11.2→11.8→10.4→14.3
これらとの対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.6%~9.1%となる。
やはり、8%後半が落ち着きどころか。

野島伸司脚本ドラマの視聴率の動きは以下の通り。
☆01年1月クール「S・O・S」(平均17.3%)
17.8→18.4→17.1→17.2→15.7→17.8→17.0→17.2→16.8→17.8
☆02年4月クール「ゴールデンボウル」(平均12.5%)
14.3→11.5→13.8→12.9→13.5→13.9→ 9.8→10.8→11.8→ 9.6→15.5
☆03年1月クール「高校教師」(平均10.8%)
14.9→12.2→ 6.4→10.7→10.6→ 8.8→10.2→13.5→11.2→ 8.8→11.0
☆04年1月クール「プライド」(平均24.9%)
28.0→25.1→24.6→23.6→23.4→22.8→22.6→26.0→24.1→24.9→28.8
☆05年4月クール「あいくるしい」(平均11.6%)
17.3→11.9→11.7→12.6→11.1→12.2→10.7→10.4→10.6→10.5→ 8.8
☆08年1月クール「薔薇のない花屋」(平均18.6%)
22.4→19.0→18.4→17.2→17.7→16.2→16.5→17.8→17.7→19.4→22.1
これらとの対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.4%~9.1%となる。
これ以上低迷すれば、8%半ばが落ち着きどころとなる。

玉木宏主演作の視聴率は以下の通り。
☆06年10月クール「のだめカンタービレ」(平均18.8%)
18.2→16.1→18.4→18.3→19.9→17.5→19.4→19.2→19.3→18.7→21.7
☆08年1月クール「鹿男あをによし」(平均9.9%)
13.0→11.4→09.7→08.0→09.0→08.9→08.8→10.1→09.2→11.2
「鹿男あをによし」との対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.9%となる。
玉木宏の人気は相当に高いと思っていたが、「鹿男あをによし」(平均9.9%)も全くヒットしなかったので、彼の人気は思ったよりも高くはないのかもしれない。
視聴率が低かった「鹿男あをによし」(平均9.9%)をさらに下回ることとなってしまった。

香里奈主演作の視聴率は以下の通り。
☆「だいすき!!」(平均11.5%)
10.9→11.5→09.1→10.8→11.7→11.1→12.8→11.4→11.9→13.3
子育て感動作品とは比較できない。

<同時間帯の視聴率>
前週のCXは50周年記念番組(秘蔵映像全て見せます名曲)だった。
CXの減少分は、TBSには流れず、NTVやEXに流れたようだ。
05.7% 22:00-22:50 NHK スポーツ大陸(先週比-3.6%)
14.1% 21:00-23:09 NTV ロードショー「幸せのちから」(先週比+2.7%)
07.5% 22:00-22:54 TBS ラブシャッフル(先週比-0.1%)
10.1% 21:00-22:52 C X プレステージ「津軽海峡ミステリー航路」(先週比-9.2%)
17.2% 21:54-23:10 E X 報道ステーション(先週比+5.0%)
08.6% 22:00-22:54 T X たけしの誰でもピカソ(先週比-0.7%)
全体視聴率 63.2%(先週比-5.9%)

金曜日22時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「花より男子2」(平均21.7%)
19.4→20.1→19.2→23.1→20.3→21.0→21.0→22.7→22.3→21.9→27.6
☆07年4月クール「特急田中3号」(平均8.8%)
11.5→08.7→07.6→08.0→08.3→09.4→08.5→09.1→09.7→06.8→08.9
☆07年7月クール「山田太郎ものがたり」(平均15.2%)
17.4→15.9→16.5→13.7→15.4→11.1→13.6→14.6→16.3→17.9
☆07年10月クール「歌姫」(平均7.9%)
09.4→07.5→09.8→06.9→08.4→09.2→06.7→07.1→07.7→08.4→06.0
☆08年1月クール「エジソンの母」(平均9.5%)
11.0→11.1→12.1→09.1→06.8→07.7→08.1→09.8→09.7→09.9
☆08年4月クール「Around40」(平均14.7%)
15.7→14.2→13.9→15.1→15.2→14.4→14.9→14.3→13.3→15.6→15.1
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆08年10月クール「流星の絆」(平均16.3%)
21.2→17.3→15.0→15.6→15.1→14.8→14.5→11.5→15.4→22.6
☆09年1月クール「ラブシャッフル」
10.0→10.7→08.2→09.6→08.9→08.3→07.6→07.5%→
「ラブシャッフル」の八話目視聴率7.5%は、先週に引き続き9ドラマ中8位となっている。
「特急田中3号」「歌姫」「Around40」との対比で考えると、「ラブシャッフル」の平均視聴率は8.6%~8.8%となる。
8%後半が落ち着きどころと思われるので、八話目を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均9.0%~9.5%から下方修正して、平均8.5%~9.0%に変更したい。
『評価は低くなく、大きく下落しないと思われるので、なんとか上昇させる見込みはある』と信じていたが、これ以上は信じられない。
「特急田中3号」(平均8.8%)を超えるかどうかが注目だ。
八話目までのポイント数は、「ラブシャッフル」が70.8ポイントに対して、「特急田中3号」は71.1ポイントとなっており、ついに逆転されてしまった。
さすがに「歌姫」(平均7.9%)には勝てそうなので、近年の同枠ドラマ最下位というわけではない。


12位:「本日も晴れ。異状なし」 平均8.15%(放送前予想平均11.0%)
初回12.4→10.0→8.3→7.1→7.3→6.3→7.0→6.8%→
【八話目を踏まえた平均視聴率予想】 7.5%~8.0%(±0.0%~±0.0%)
(四話目~五話目を踏まえた平均視聴率予想7.5%~8.5%)
(初回~三話目を踏まえた平均視聴率予想9.5%~10.5%)
当初は十話予定だったが、九話予定になっている。
次週はいよいよ最終回だが、最終回前に関わらず、自身2番目に低い視聴率となっている。
盛り上がりそうもないストーリーであり、実際にも盛り上がっていないのだろう。
先週『残り二話はどちらも7%台でフィニッシュさせるだろうか』と書いたが、ヨミがちょっと甘すぎたか。
さすがに、最終回は7%に乗せてフィニッシュするのではないか。
平均視聴率は8.0%~8.1%程度となりそうだ。
平均8%に乗せるためには、最終回で6.8%を獲得すればよい。
特殊事情がなければ、なんとかクリアできるのではないか。

初回から八話目への下落率は45.2%となっている。
初回を見た2人に1人がギブアップしてしまっている。
ヒューマンドラマ系なので安定して稼げると思われたが、ちゃんとしたストーリーでなければ、誰も感動しなく、誰も付いてこない。
しかし、視聴率はほぼストレートに下落していたが、第四話以降は6.3%~7.3%で低値で安定したことは一応の評価はできる。
島村の感動系ヒューマンドラマであり、ハマれば視聴率を安定させることはできたはずだった。

伊藤英明主演の「孤独の賭け」の動きに似ているとは思ったが、ここまで酷くはなかった。
☆07年4月クール「孤独の賭け」(平均7.0%)
11.2→09.4→07.4→07.3→07.6→06.0→06.9→06.2→05.6→05.1→04.5
最終回が自身最低視聴率であり、この動きはまさに最悪といえる。

同様のテイストの作品は以下の通り。
☆06年10月クール「Dr.コトー診療所2006」(平均22.1%)
23.2→21.5→21.6→22.3→21.9→19.1→21.1→21.8→22.0→23.0→25.9
☆05年7月クール「瑠璃の島」(平均12.6%)※NTV土21時枠
16.0→11.8→13.2→13.0→13.3→12.3→11.9→09.3→12.3→13.3
「Dr.コトー診療所」のテイストで攻めれば、視聴者は付いていくかと思ったが、安易な二番煎じは通用しないようだ。

坂口憲二主演作の視聴率は以下の通り。
☆03年7月クール「愛するために愛されたい」(平均6.6%)
11.5→09.2→07.1→05.5→06.8→04.3→06.9→04.1→04.6→05.6
☆04年10月クール「マザー&ラヴァー」(平均12.5%)
15.5→15.1→13.7→10.1→12.7→13.1→11.1→12.9→13.1→12.9→
→11.6→7.6
☆06年4月クール「医龍」(平均14.8%)
14.1→14.1→14.1→14.7→14.8→15.1→12.7→16.6→13.8→15.1→17.2
☆07年10月クール「医龍2」(平均16.6%)
21.0→16.8→15.5→15.8→15.0→17.6→14.1→16.6→17.6→15.4→17.7
「医龍」以外では計算しにくい役者といえる。
ピンの主演としては、今後も過度な期待はしにくい。

<同時間帯の視聴率>
前回のCXは50周年記念番組(激動!世紀の大事件)だった。
CX減少分がNTVに流れたようであり、TBSには大きな影響はなかった。
09.3% 21:00-21:50 NHK スペシャル「宇宙飛行士になりたい!」(先週比+0.4%)
24.8% 21:00-21:54 NTV 行列のできる法律相談所(先週比+6.0%)
06.8% 21:00-21:54 TBS 本日も晴れ。異状なし(先週比-0.2%)
08.6% 21:00-21:54 C X エチカの鏡(先週比-8.2%)
13.7% 21:00-22:54 E X 洋画劇場「トリプルXネクストレベル」(先週比-1.9%)
09.1% 19:00-21:48 T X 田舎に泊まろう!ドラマSP(先週比+1.2%)
全体視聴率 72.3%(先週比-2.7%)

日曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「華麗なる一族」(平均23.9%)
27.7→21.8→23.5→23.0→21.2→23.5→21.1→21.6→24.9→30.4
☆07年4月クール「冗談じゃない!」(平均13.4%)
19.4→14.7→13.2→14.4→14.2→11.7→10.7→11.3→12.8→12.0→12.7
☆07年7月クール「パパとムスメの7日間」(平均13.9%)
14.0→12.8→13.1→14.1→16.7→11.9→14.5
☆07年10月クール「ハタチの恋人」(平均8.2%)
13.0→10.4→09.2→07.4→07.3→06.6→06.4→06.6→06.4→08.2
☆08年1月クール「佐々木夫妻の仁義なき戦い」(平均10.9%)
17.3→11.7→11.6→09.2→08.9→09.9→09.2→09.1→11.0→11.1
☆08年4月クール「猟奇的な彼女」(平均8.2%)
13.5→11.5→08.7→07.0→08.0→07.6→06.9→06.3→05.9→07.4→07.2
☆08年7月クール「Tomorrow」(平均12.6%)
16.8→13.9→13.5→10.8→10.3→10.5→12.9→13.0→10.4→14.1
☆08年10月クール「SCANDAL」(平均13.1%)
16.9→14.4→11.4→12.1→10.9→10.4→12.3→11.5→15.2→15.5
☆09年1月クール「本日も晴れ。異状なし」
12.4→10.0→08.3→07.1→07.3→06.3→07.0→06.8%→
「本日も晴れ。異状なし」の八話目視聴率6.8%は、8ドラマ中6位となっている。
「ハタチの恋人」(平均8.2%)、「猟奇的な彼女」(平均8.2%)とともに、八話目視聴率が6%台となっている。
「ハタチの恋人」(平均8.2%)、「猟奇的な彼女」(平均8.2%)に勝てるかどうかが注目となる。
きちんとは調べていないが、「ハタチの恋人」を下回れば、同枠最低視聴率ドラマになると思われる。
八話目までのポイント数は、「本日も晴れ。異状なし」が65.2ポイントに対して、「ハタチの恋人」が66.9ポイント、「猟奇的な彼女」は69.5ポイントとなっており、現時点では一番成績が悪い。
「ハタチの恋人」に勝つためには、「本日も晴れ。異状なし」は最終回で8.2%を獲得すればよいが、さすがに8%台を求めるのは厳しい。
平均8.0%~8.1%が落ち着きどころと思われるので、八話目を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均7.5%~8.0%のままにしたい。
よほどのことがないかぎり、さすがに平均7%台にはならないと思われるが、同枠ドラマ最低視聴率を更新する可能性は高いといえる。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

はじめまして
偶然 サイトを見せていただいたのですが
すごい分析力ですね !(^^)!
私もドラマ好きですが(映画も) こんな風に考えた事なかったです
びっくりしました (@_@)
これだけお詳しい ばったもんどさんの お勧めの映画やドラマを
聞いてみたいなと 思いました
・・・思わず コメントしてしまいました
失礼致しました (^^♪

  • 2009/03/11(水) 02:41:17 |
  • URL |
  • k #-
  • [ 編集 ]

kさん、はじめまして。
ドラマの中身も大事ですが、視聴率の動きをウォッチし、最終的な数値を予想することを目的としているブログです。
本当は、ドラマもきちんと見たいんですけど、多忙ということもあり、内容までをチェックするには至っていません。
1月クールは鑑賞していませんが、4月クールは何かしらを見て、レビューもしたいと思っていますので、よかったら見てください。
映画は週に1本ほど見ていますので、点数を参考にしてください。

  • 2009/03/12(木) 22:42:58 |
  • URL |
  • ばったもんど #-
  • [ 編集 ]

ばったもんどさん
こんばんは
数値を予想する事を目的とされてるんですね
ドラマ好きだから 以前はよく見ていましたが 私も 最近はあまり見ていません
今回のでは ちゃんと見てるのはラブシャッフルで なんとなくは メイちゃん トライアングル ぐらいです
ラブシャッフルは 野島さん好きなので なかなか おもしろいと思うのですが(ちょっとおかしいとも 思いますが) 視聴率は だめですね。。。
ドラマも 映画も 参考にさせていただこうと思います
ブログ 頑張って下さい(*^_^*)

  • 2009/03/20(金) 01:12:59 |
  • URL |
  • k #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1236-532320b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。