ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月クールドラマ視聴率結果(木曜日第八・十話)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「ヴォイス」       17.7%  10.2%(▽3.8%) 14.8%(15.0%)
2位:「キイナ」       16.5%  14.9%(▲1.6%) 14.5%(09.5%)
3位:「メイちゃんの執事」 14.9%  13.4%(▽0.1%) 13.7%(15.0%)
4位:「トライアングル」   14.7%  13.3%(▲1.2%) 12.0%(15.5%)
5位:「歌のおにいさん」  10.6%  11.8%(▲1.2%) 10.8%(10.5%)
6位:「ありふれた奇跡」  12.5%  10.0%(▲1.1%) 10.6%(14.5%)
7位:「特命係長 只野仁」 11.9%  09.7%(▲0.3%) 10.3%(12.5%)<終>
8位:「RESCUE」     12.2%  06.4%(▽1.9%)  10.0%(11.0%)
9位:「銭ゲバ」       12.0%  06.4%(▽2.3%) 09.8%(09.0%)
10位:「ラブシャッフル」  10.0%  07.5%(▽0.1%) 08.9%(14.5%)
11位:「赤い糸」       07.5%  08.9%(▲1.9%) 08.5%(07.5%)<終>
12位:「本日も晴れ。」   12.4%  06.8%(▽0.2%) 08.2%(11.0%)
13位:「神の雫」       10.3%  05.4%(▲0.5%) 06.1%(10.5%)<終>

6位:「ありふれた奇跡」 平均10.56%(放送前予想平均14.5%)
初回12.5→10.9→10.1→11.4→11.1→10.5→10.4→9.8→8.9→10.0%→
【十話目を踏まえた平均視聴率予想】 10.5%~11.0%(±0.0%~±0.0%)
(二話~五話目を踏まえた平均視聴率予想9.5%~10.5%)
(初回を踏まえた平均視聴率予想11.0%~12.0%)
先週『残り2話は9%半ば→10%後半程度でフィニッシュするだろうか』と書いたが、予想以上に戻してきた。
最終回直前でもあり、さすがにこの位の数字を取ってもらわないと困る。
最終回は11%前後ということになるだろうか。
平均視聴率は10.6%程度となりそうだ。
平均10.5%を突破するためには、9.9%を獲得すればよく、平均10.5%以上はほぼ確定している。
初回から十話目までの下落率は20.0%であり、2割程度のギブアップ率となっている。
合格とも不合格ともいえない微妙なラインとなっている。
しかし、初回及び九話目以外は、9.8%~11.4%に収めており、安定度はそれほど悪くはないといえる。

仲間由紀恵出演作の視聴率は以下の通り(「ごくせん」を除く)。
☆04年7月クール「東京湾景」(平均13.8%)
17.7→14.3→13.5→13.3→12.3→13.1→13.8→13.9→10.2→13.7→16.3
☆07年1月クール「エラいところに嫁いでしまった!」(平均12.7%)
16.1→14.8→12.7→14.1→11.3→10.8→12.2→10.3→11.7
☆07年10月クール「ジョシデカ!」(平均9.1%)
13.4→10.3→08.4→09.4→08.3→07.8→09.3→07.1→08.4→8.8
☆09年1月クール「ありふれた奇跡」
12.5→10.9→10.1→11.4→11.1→10.5→10.4→09.8→08.9%→
知名度は高いが、「ごくせん」を除外すれば、過度な期待をしにくい女優。
視聴率的には、ほとんど成長していないように思われる。
「ごくせん」の映画化が発表されたが、本ドラマにはあまり影響もなかったようである。
今後も、シリアス系ドラマの視聴率はあまり高いものは期待できない。

サンプルとして適しているかは不明だが、同様のテーマと思われる感動系ヒューマンラブストーリー作品は以下の通り。
☆08年1月クール「薔薇のない花屋」(平均18.6%)
22.4→19.0→18.4→17.2→17.7→16.2→16.5→17.8→17.7→19.4→22.1
☆06年1月クール「小早川伸木の恋」(平均11.5%)
13.9→11.8→10.2→09.4→09.9→11.4→13.0→10.7→11.0→12.9→11.8
☆07年10月クール「歌姫」(平均7.9%)
09.4→07.5→09.8→06.9→08.4→09.2→06.7→07.1→07.7→08.4→06.0
☆09年1月クール「ありふれた奇跡」
12.5→10.9→10.1→11.4→11.1→10.5→10.4→09.8→10.0%→
同枠ドラマでもある「小早川伸木の恋」以下は確定している。
数字自体はそれほど高くはならないが、比較的安定度が高いことが、この手のジャンルの特徴だろうか。
今後の参考にしたい。

<同時間帯の視聴率>
EXが減少した分を各局が分け合っている。
08.9% 22:00-22:45 NHK きよしとこの夜(終)(先週比+0.8%)
13.0% 22:00-22:54 NTV ダウンタウンDX(先週比+0.5%)
10.9% 22:00-22:54 TBS ひみつのアラシちゃん!(先週比+1.0%)
10.0% 22:00-22:54 C X ありふれた奇跡(先週比+1.1%)
15.3% 21:54-23:10 E X 報道ステーション(先週比-5.3%)
06.5% 21:00-22:54 T X 千原ジュニアたった1人の闘い!(先週比-1.7%)
全体視聴率 64.6%(先週比-3.6%)

木曜日22時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「拝啓、父上様」(平均13.2%)
12.9→14.1→12.4→13.2→14.1→12.8→12.1→12.3→12.4→14.3→14.5
☆07年4月クール「わたしたちの教科書」(平均11.2%)
14.2→11.3→10.7→10.4→09.0→10.1→10.2→11.0→11.9→12.1→
→10.7→12.4
☆07年7月クール「山おんな壁おんな」(平均12.1%)
14.1→13.5→12.1→12.7→11.3→11.4→11.1→11.7→12.3→11.3→
→13.0→11.1
☆07年10月クール「医龍2」(平均16.6%)
21.0→16.8→15.5→15.8→15.0→17.6→14.1→16.6→17.6→15.4→17.7
☆08年1月クール「鹿男あをによし」(平均9.9%)
13.0→11.4→09.7→08.0→09.0→08.9→08.8→10.1→09.2→11.2
☆08年4月クール「ラスト・フレンズ」(平均17.8%)
13.9→15.9→15.6→15.9→19.9→17.2→16.0→18.8→18.0→20.7→22.8
☆08年7月クール「コード・ブルー」(平均15.6%)
21.2→16.0→16.0→13.2→15.7→15.6→10.8→13.4→15.8→14.9→19.5
☆08年7月クール「風のガーデン」(平均15.7%)
20.1→18.0→15.5→15.4→13.6→13.5→13.1→14.1→16.0→15.2→17.6
☆09年1月クール「ありふれた奇跡」
12.5→10.9→10.1→11.4→11.1→10.5→10.4→09.8→08.9→10.0%→
「ありふれた奇跡」の十話目視聴率10.0%は、先週に引き続き9ドラマ中9位となっている。
平均10%後半が落ち着きどころと思われるので、十話目を踏まえた平均視聴率予想は、先週の平均10.5%~11.0%のままにしたい。
平均視聴率争いは、9ドラマ中8位となりそうだ。
「わたしたちの教科書」(平均11.2%)に迫りたかったが、無理だった。
「鹿男あをによし」(平均9.9%)は超えそうであり、近年の同枠ドラマの最下位は免れている。


7位:「特命係長・只野仁」 平均10.33%(放送前予想平均12.5%)
11.9→10.9→10.4→10.6→休→10.6→9.1→9.4→休→9.7
(五話目~七話目を踏まえた平均視聴率予想10.5%~11.0%)
(二話話~四話目を踏まえた平均視聴率予想10.5%~11.5%)
(初回を踏まえた平均視聴率予想11.5%~12.5%)
WBCによる休止を挟み、あまり話題になることなく最終回を迎えてしまった。
先々週『今後も9%台で推移していき、最終回間際で二桁に復活するか』と書いたが、当たったのか、外れたのかよく分からない結果となった。

最終回の視聴率が自身5番目に高く、自身3番目に低い数値なので、盛り上がらなかったとジャッジできる。
初回から最終回への下落率は18.5%となっている。
微妙なラインとなっているが、それほど酷いものではない。
二話目~最終回までの視聴率は9.1%~10.9%の間に収まっており、一応は安定しているともいえる。
数字自体は低くなってしまったが、人気シリーズのことはあり、残されたファンがきっちりと見守ったようだ。
今回のシリーズは無かったことにして、深夜帯で復活させれば、過去のような輝かしい栄光には到達できないものの、悪くない数字は今後も期待できるのではないか。
映画化やゴールデン進出など、背伸びするのではなく、自分の持ち味を活かして身分相応な活躍の場を与えてやることが成功のポイントだと分かるケースとなった。

放送前予想平均12.5%だったので、外れてしまった。
失敗することは分かっていたが、07年1月クールの平均視聴率が14.3%であり、過去のシリーズの成績を踏まえると、ここまで悪化するとはヨメなかった。
また、「秘密のケンミンSHOW」「渡る世間は鬼ばかり」「みなさんのおかげでした」の3強の存在ももっと考慮すべきだった。

平均視聴率は10.3%に終わったが、各回毎の予想値は以下の通りとなっている。
☆初回を踏まえた平均視聴率予想11.5%~12.5%
☆二話話~四話目を踏まえた平均視聴率予想10.5%~11.5%
☆五話目~七話目を踏まえた平均視聴率予想10.5%~11.0%
初回視聴率は11.9%だったが、人気のあるシリーズであり、それほど初回から下落しないと考えて10.5%~11.5%と予想している。
二話目視聴率10.9%という数字を踏まえて、10.5%~11.5%という予想に変更し、実際には10.3%だったので、それほどヨミとしては悪くないものとなったか。
知名度の高い作品であり、もうちょっと踏みとどまって、平均10.5%というラインを突破して欲しかったところだ。

「特命係長 只野仁」の視聴率は以下の通り。
☆03年7月クール 平均12.0%
11.3→10.6→12.3→10.5→10.6→12.1→13.0→13.2→12.3→11.6→14.1
☆04年12月スペシャル版11.4%
☆05年1月クール 平均14.1%
12.6→13.5→12.0→14.0→16.0→16.0→14.8→12.9→15.0→14.4
☆05年8月スペシャル版 19.3%
☆06年9月スペシャル版 16.1%
☆07年1月クール 平均14.3%
13.4→15.5→14.4→12.7→13.9→14.0→13.7→14.0→14.2→17.0
☆08年2月スペシャル版 20.2%
☆09年1月スペシャル版 9.3%(裏の「HERO」は22.6%)
☆09年1月クール 平均10.3%
11.9→10.9→10.4→10.6→10.6→09.1→09.4→09.7
シリーズとしては、過去最低の視聴率となっている。
03年7月クール(平均12.0%)対比では、14.2%の減少。
05年1月クール(平均14.1%)対比では、27.0%の減少。
07年1月クール(平均14.3%)対比では、28.0%の減少。
過去のシリーズを見ていた約4人に1人以上が、今回の作品を見なかったことになる。
判断は難しいが、ギリギリで踏みとどまったのではないか。
これで終わらせるのは勿体無い素材であり、深夜帯の復活を期待したい(見ることはないが)。
深夜帯でもヒットしなかったら、本シリーズを潔く諦めればよい。

<同時間帯の視聴率>
先々週はCXが不調だったが、NTVとTBSから視聴率を吸収した。
3強の視聴率は僅差となっており、この争いにはEXは加われない。
11.7% 21:00-22:00 NHK ニュースウオッチ9(先々週比+0.1%)
13.5% 21:00-21:54 NTV 秘密のケンミンSHOW(先々週比-2.3%)
14.6% 21:00-21:54 TBS 渡る世間は鬼ばかり(先々週比-0.8%)
15.4% 21:00-21:54 C X みなさんのおかげでした(先々週比+3.0%)
09.7% 21:00-21:54 E X 特命係長 只野仁(終)(先々週比+0.3%)
06.5% 21:00-22:54 T X 千原ジュニアたった1人の闘い!(先々週比-0.2%)
全体視聴率 71.4%(先々週比+0.1%)

木曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「エラいところに嫁いでしまった!」(平均12.7%)
16.1→14.8→12.7→14.1→11.3→10.8→12.2→10.3→11.7
☆07年4月クール「ホテリアー」(平均8.6%)
11.1→08.0→08.6→07.5→08.3→09.3→07.1→08.1→09.1
☆07年7月クール「菊次郎とさき」(平均9.3%)
10.9→08.4→09.5→09.8→09.6→09.6→08.6→08.9→08.7→08.8→09.0
☆07年10月クール「おいしいごはん」(平均9.0%)
13.0→11.7→09.3→07.7→06.5→08.6→06.7→08.3
☆08年1月クール「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(平均13.4%)
16.7→13.8→14.1→13.2→14.0→12.7→09.6→13.2
☆08年4月クール「7人の女弁護士」(平均11.1%)
10.1→11.0→10.7→10.7→11.2→10.5→10.2→11.4→11.6→11.7→11.5
☆08年7月クール「四つの嘘」(平均9.3%)
11.8→10.6→08.3→08.1→09.2→10.8→07.0→08.7→09.6
☆08年10月クール「小児救命」(平均7.0%)
09.6→07.8→07.9→05.4→05.9→06.3→06.2→06.6→07.0
☆09年1月クール「特命係長 只野仁」(平均10.3%)
11.9→10.9→10.4→10.6→10.6→09.1→09.4→09.7
「特命係長 只野仁」の最終回視聴率9.7%は、9ドラマ中4位となっている。
平均視聴率争いは、9ドラマ中4位となっている。
二桁を超えないドラマが9ドラマ中5本もあり、題材を無視すれば、この枠としては悪い数字ではない。
裏のTBSがドラマであり、NTVが情報系、CXがコメディであり、それらにほとんどの視聴率が分散している状況である。
目新しいネタではない限り、今後も一桁ドラマを量産していくこととなりそうだ。

その他のドラマ間においては、「佐々木夫妻の仁義なき戦い」平均10.9%、「1ポンドの福音」平均10.6%を下回り、「ロス:タイム:ライフ」平均10.3%、「正義の味方」平均10.3%、「ギラギラ」平均10.2%、「パズル」平均10.0%、「鹿男あをによし」平均9.9%を超えている。
「ギラギラ」平均10.2%、「パズル」平均10.0%といったテレビ朝日系ドラマと同程度であり、過去のシリーズを考慮しなければ、落ち着くところに落ち着いたといえるか。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1244-c4234c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。