ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月クールドラマ視聴率結果(月曜日第十話)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「ヴォイス」       17.7%  12.8%(▲2.6%) 14.6%(15.0%)
2位:「キイナ」       16.5%  14.9%(▲1.6%) 14.5%(09.5%)
3位:「メイちゃんの執事」 14.9%  13.4%(▽0.1%) 13.7%(15.0%)
4位:「トライアングル」   14.7%  13.3%(▲1.2%) 12.0%(15.5%)
5位:「歌のおにいさん」  10.6%  10.7%(▽1.1%) 10.8%(10.5%)<終>
6位:「ありふれた奇跡」  12.5%  10.0%(▲1.1%) 10.6%(14.5%)
7位:「特命係長 只野仁」 11.9%  09.7%(▲0.3%) 10.3%(12.5%)<終>
8位:「銭ゲバ」       12.0%  10.5%(▲4.1%) 09.9%(09.0%)<終>
9位:「RESCUE」     12.2%  08.8%(▲2.4%)  09.9%(11.0%)
10位:「ラブシャッフル」  10.0%  07.0%(▽0.5%) 08.6%(14.5%)
11位:「赤い糸」       07.5%  08.9%(▲1.9%) 08.5%(07.5%)<終>
12位:「本日も晴れ。」   12.4%  08.4%(▲1.6%) 08.2%(11.0%)<終>
13位:「神の雫」       10.3%  05.4%(▲0.5%) 06.1%(10.5%)<終>

1位:「ヴォイス~命なき者の声~」 平均14.60%(放送前予想平均15.0%)
初回17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0→10.2→12.8%→
【十話目を踏まえた平均視聴率予想】 14.5%~15.0%(▽0.5%~▽0.5%)
(六話目~九話目を踏まえた平均視聴率予想15.0%~15.5%)
(一話目~五話目を踏まえた平均視聴率予想14.5%~15.5%)
最終回直前にも関わらず、自身3番目に低い視聴率を獲得している。
しかし、時差があるので避けられると思われたWBCを再びぶつけられてしまっては仕方がない。
WBCの視聴率自体は14.2%だったので、それほど高くはないが、数%の影響は出ただろう。
これで平均15%突破は不可能となったのではないか。
平均15%を突破するためには、最終回で19.0%を取る必要があるが、どう考えて厳しい数字だ。
裏番組次第となるが、最終回は15%後半程度だろうか。
平均視聴率は14.7%程度となりそうだ。

初回から十話目への下落率は27.7%となっている。
10人に3人程度のギブアップ率であるが、今回もあまり参考にはならない。
このドラマにとっては不運な事情が重なったか。

「月9」「初主演」を含めて、内容面にも共通点が多そうな「ビギナー」が当面のライバルになるのではないかと思ったが、超えるのは困難となった。
☆03年10月クール「ビギナー」(平均15.8%)
15.6→16.4→16.6→13.5→18.0→18.3→15.4→15.5→12.2→15.3→16.9
本来の状態ならば、もうちょっと接戦になっただろう。

フジテレビの青春群像モノとしては以下のような作品が上げられる。
(本作のメンバーやストーリーを踏まえると、サンプルとして妥当とはいえない部分もある気がするので参考まで、医療系や事件モノの方が参考になりそうな気もする)
☆07年7月クール「牛に願いを Love&Farm」平均8.7%
10.2→10.4→09.6→09.1→08.6→06.5→06.7→08.2→08.6→07.1→10.4
(出演:玉山鉄二、相武紗季、小出恵介、香里奈、中田敦彦、戸田恵梨香)
☆02年7月クール「天体観測」平均12.7%
14.8→13.4→15.4→11.4→12.9→13.2→10.3→12.0→10.8→12.9→
→11.9→12.9
(出演:伊藤英明、坂口憲二、オダギリジョー、小雪、小西真奈美、長谷川京子)
キャスティングの割には、意外と視聴率を稼げないところがあるのが群像ドラマの特徴である。
青春や将来について悩むものとは異なると思われるので、これらのような低迷はしなかった。

フジテレビの若者向け医療系ドラマは以下の通り。
☆06年4月クール「医龍」(平均14.8%)
14.1→14.1→14.1→14.7→14.8→15.1→12.7→16.6→13.8→15.1→17.2
☆07年10月クール「医龍2」(平均16.6%)
21.0→16.8→15.5→15.8→15.0→17.6→14.1→16.6→17.6→15.4→17.7
☆08年7月クール「コード・ブルー」(平均15.6%)
21.2→16.0→16.0→13.2→15.7→15.6→10.8→13.4→15.8→14.9→19.5
一時期は、「コード・ブルー」(平均15.6%)を超える勢いがあったが、現在のライバルは「医龍」となる。
十話目までのポイント数は、「ヴォイス~命なき者の声~」が146.0ポイントに対して、「医龍」は145.1ポイントとなっており、現時点では「ヴォイス」が上回っている。
「医龍」の最終回は17.2%なので、「ヴォイス」は最終回で16.3%を取れば、「医龍」と並ぶ。
微妙なラインだが、ギリギリ届かないのではないか。

瑛太は初主演となるが、「ラスト・フレンズ」や大河ドラマで活躍している。
☆08年4月クール「ラスト・フレンズ」(平均17.8%)
13.9→15.9→15.6→15.9→19.9→17.2→16.0→18.8→18.0→20.7→22.8
このような動きは参考にならない。

生田斗真主演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆08年1月クール「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)(※主演は成海)
12.9→10.0→09.8→09.5→08.9→08.6→08.3→08.0→07.4→07.0→07.1
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
人気があるのかないのか分からないジャニーズタレント。
足を引っ張ったのか、視聴率の向上に寄与したのかどうかは判断がつかない。

石原さとみ主演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆06年1月クール「Ns'あおい」(平均14.2%)
16.4→13.8→14.0→15.5→14.7→15.4→14.8→12.4→13.4→12.4→13.1
☆07年4月クール「花嫁とパパ」(平均11.8%)
14.9→11.3→10.3→12.5→11.8→11.7→12.4→11.7→11.2→10.4→
→11.0→12.2
☆08年4月クール「パズル」(平均10.0%)
14.1→10.9→11.0→09.2→10.2→08.9→09.5→08.0→08.4→10.0
ヒロインとしては、一応は健闘したのかもしれない。

<同時間帯の視聴率>
NTVに比べると、CXは戻りが甘い。
全体視聴率もいつもよりは、やや低くなっているような気がする。
11.3% 21:00-22:00 NHK ニュースウオッチ9(先週比+2.2)
14.5% 21:00-21:54 NTV 人生が変わる1分間の深イイ話(先週比+4.8%)
14.2% 21:00-22:54 TBS WBC緊急特別番組・第2ラウンド(先週比+5.2%)
12.8% 21:00-21:54 C X ヴォイス~命なき者の声~(先週比+2.6%)
12.5% 21:00-21:54 E X ビートたけしのTVタックル(先週比-21.1%)
03.4% 21:00-21:54 T X やりすぎコージー(先週比-0.1%)
全体視聴率 68.7%(先週比-6.4%)

月曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「東京タワー」(平均14.9%)
14.2→15.6→14.9→16.0→13.9→12.9→14.8→14.4→15.4→14.2→18.1
☆07年4月クール「プロポーズ大作戦」(平均17.3%)
19.3→17.1→13.4→16.4→16.9→17.4→14.6→19.1→18.1→17.2→20.9
☆07年7月クール「ファースト・キス」(平均14.1%)
19.7→13.2→15.2→15.8→13.1→11.1→12.8→14.6→13.8→13.2→12.4
☆07年10月クール「ガリレオ」(平均21.9%)
24.7→22.1→21.3→23.6→22.9→21.4→21.9→19.9→21.7→19.6
☆08年1月クール「薔薇のない花屋」(平均18.6%)
22.4→19.0→18.4→17.2→17.7→16.2→16.5→17.8→17.7→19.4→22.1
☆08年4月クール「CHANGE」(平均21.7%)
23.8→23.0→22.4→19.3→19.5→19.1→20.9→19.5→22.3→27.4
☆08年7月クール「太陽と海の教室」(平均14.5%)
20.5→14.4→12.7→10.7→14.7→14.0→14.1→13.3→14.5→15.6
☆08年10月クール「イノセント・ラヴ」(平均13.5%)
16.9→13.3→13.1→11.7→11.7→12.6→13.4→12.8→14.5→15.1
☆09年1月クール「ヴォイス~命なき者の声~」
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0→10.2→12.8%→
「ヴォイス~命なき者の声~」の十話目視聴率12.8%は、先週に引き続き9ドラマ中9位となっている。
仕方がないとはいえ、終盤の失速は痛すぎる。

平均14%後半が落ち着きどころと思われるので、十話目を踏まえた平均視聴率予想としては、先週の平均15.0%~15.5%から下方修正して、平均14.5%~15.0%に変更したい。
本ドラマのメンバーや月9ドラマの過去の実績を踏まえると、平均15%台に乗せれば、合格点だったが、微妙な結果となりそうだ。
また、「東京タワー」(平均14.9%)を超えるかどうかが最後の注目となる。
十話目までのポイント数は、「ヴォイス」が146.0ポイントに対して、「東京タワー」は146.3ポイントとなっており、僅差となっている。
しかし、「東京タワー」の最終回は18.1%であり、「東京タワー」に並ぶためには「ヴォイス」は最終回で18.4%を獲得する必要がある。
無理というわけではないが、現状では厳しいだろう。
後半の低迷は痛いが、これほどの不利がありながら、月9ドラマの失敗ライン(平均14%程度)を超えているので、一応の評価はできるドラマになるのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1249-3882b144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。