ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月クールドラマ視聴率結果(火曜日第十・十一話)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「ヴォイス」       17.7%  12.8%(▲2.6%) 14.6%(15.0%)
2位:「キイナ」       16.5%  14.9%(▲1.6%) 14.5%(09.5%)
3位:「メイちゃんの執事」 14.9%  16.6%(▲3.2%) 14.0%(15.0%)<終>
4位:「トライアングル」   14.7%  15.5%(▲2.2%) 12.3%(15.5%)<終>
5位:「歌のおにいさん」  10.6%  10.7%(▽1.1%) 10.8%(10.5%)<終>
6位:「ありふれた奇跡」  12.5%  10.0%(▲1.1%) 10.6%(14.5%)
7位:「特命係長 只野仁」 11.9%  09.7%(▲0.3%) 10.3%(12.5%)<終>
8位:「銭ゲバ」       12.0%  10.5%(▲4.1%) 09.9%(09.0%)<終>
9位:「RESCUE」     12.2%  08.8%(▲2.4%)  09.9%(11.0%)
10位:「ラブシャッフル」  10.0%  07.0%(▽0.5%) 08.6%(14.5%)
11位:「赤い糸」       07.5%  08.9%(▲1.9%) 08.5%(07.5%)<終>
12位:「本日も晴れ。」   12.4%  08.4%(▲1.6%) 08.2%(11.0%)<終>
13位:「神の雫」       10.3%  05.4%(▲0.5%) 06.1%(10.5%)<終>

3位:「メイちゃんの執事」 平均14.03%(放送前予想平均15.0%)
14.9→14.8→14.4→12.0→13.6→14.0→13.1→13.5→13.4→16.6
終盤はそれほど盛り上がっていないように思えたが、自身最高視聴率で幕を閉じた。
先週『最終回はさすがに14%台でフィニッシュするのではないか』と書いたが、予想を大きく超えてきている。
『平均視聴率14%に乗せるためには、最終回で16.3%を取る必要がある。さすがに、無理なラインだろう』と書いたが、その無理を現実にして、平均14%に乗せてきた。
若者向けドラマの最終回の視聴率は異常に高くなる傾向があり、結果を見れば納得できるが、これを予想するのはなかなか難しい。

初回から最終回までの上昇率は11.4%となっており、初回を見た者のおよそ1割が新たに増えたという計算となる。
もの足りない部分はあるが、「終り良ければ全て良し」ということもあり、成功ドラマとジャッジできるのではないか。

放送前予想平均15.0%だったので、当たりといえそうだ。
この手のジャンルの人気は高く、もうちょっと盛り上がるとは思ったが、期待度がやや高すぎたか。
肝心の終盤に低迷したこともあり、「花ざかりの君たちへ」(平均17.0%)のようなムーブメントは起きなかった。
☆07年7月クール「花ざかりの君たちへ」(平均17.0%)
15.9→16.8→16.5→16.6→15.3→14.7→14.7→17.5→18.2→17.8→
→19.5→21.0
しかし、この手のジャンルの安定感は高いとジャッジできる。
今後もこの手のジャンルは増えてくるだろうが、基本的には高めの予想で問題ないと思う。

週毎の平均視聴率予想は以下の通り。
☆一話目~四話目を踏まえた平均視聴率予想 13.0%~14.0%
☆五話目~九話目を踏まえた平均視聴率予想 13.5%~14.0%
初回視聴率14.9%という数字をみて、13%台がフィニッシュラインと予想している。
安定度が極めて高いので、その後も大きな変更を加える必要がなかった。
こういう安定度の高いドラマの予想は深く考える必要がなく、比較的単純でよいようだ。

水嶋ヒロ出演作の視聴率は以下の通り。
☆07年7月クール「花ざかりの君たちへ」(平均17.0%)
15.9→16.8→16.5→16.6→15.3→14.7→14.7→17.5→18.2→17.8→
→19.5→21.0
☆08年4月クール「絶対彼氏 完全無欠の恋人ロボット」(平均13.2%)
13.1→14.3→15.1→13.1→13.1→12.4→13.0→12.1→13.0→11.9→13.6
☆08年10月クール「Room of King」(平均7.2%)
10.4→07.1→08.2→05.0→06.1→06.3→08.1→06.6→07.2
「Room of King」はコケたが、この手のジャンルでは強く、キャリアは積めたはずだ。
「絶対彼氏」のようなオーソドックスな数字で終わるかと思ったが、「メイちゃんの執事」は最終回にジャンプアップしている。

榮倉奈々出演作の視聴率は以下の通り。
☆06年7月クール「ダンドリ。~Dance☆Drill~」(平均9.0%)
11.0→09.5→09.5→08.0→08.9→06.4→07.3→09.3→08.6→09.8→10.2
ドラマの主演としてはまだ心もとないところがあるが、こちらもいいキャリアになった。

<同時間帯の視聴率>
なかなか激しい動きとなっている。TBSとCXが、NHK、EX、TXの視聴率を吸収した。
TXの視聴者はTBS(銀座の母)とEXに流れたのか。
11.8% 21:00-22:00 NHK ニュースウオッチ9(先週比-3.2%)
08.5% 21:00-23:03 NTV ドラマ「さくら道」(先週比±0.0%)
11.2% 19:56-22:48 TBS キミハ・ブレイク3時間SP(先週比+5.8%)
16.6% 21:00-21:54 C X メイちゃんの執事(終)(先週比+3.2%)
10.4% 19:00-21:48 E X 本当は怖い家庭の医学3時間SP(先週比-2.1%)
13.0% 20:54-21:54 T X 開運!なんでも鑑定団(先週比-5.9%)
全体視聴率 71.5%(先週比-2.2%)

火曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆06年1月クール「Ns'あおい」(平均14.2%)
16.4→13.8→14.0→15.5→14.7→15.4→14.8→12.4→13.4→12.4→13.1
☆06年4月クール「アテンションプリーズ」(平均16.4%)
17.7→14.9→16.8→16.0→15.7→15.3→15.4→16.9→15.7→19.2→16.5
☆06年7月クール「ダンドリ。~Dance☆Drill~」(平均9.0%)
☆06年10月クール「役者魂!」(平均9.6%)
☆07年1月クール「今週、妻が浮気します」(平均10.2%)
☆07年4月クール「花嫁とパパ」(平均11.8%)
☆07年7月クール「花ざかりの君たちへ」(平均17.0%)
15.9→16.8→16.5→16.6→15.3→14.7→14.7→17.5→18.2→17.8→
→19.5→21.0
☆07年10月クール「暴れん坊ママ」(平均12.4%)
15.3→14.2→11.8→11.6→11.7→11.1→11.9→11.0→10.9→14.2
☆08年1月クール「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)
12.9→10.0→09.8→09.5→08.9→08.6→08.3→08.0→07.4→07.0→07.1
☆08年4月クール「絶対彼氏 完全無欠の恋人ロボット」(平均13.2%)
13.1→14.3→15.1→13.1→13.1→12.4→13.0→12.1→13.0→11.9→13.6
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆08年10月クール「セレブと貧乏太郎」(平均13.1%)
17.6→15.0→15.2→11.6→14.9→11.4→10.2→11.2→11.8→10.4→14.3
☆09年1月クール「メイちゃんの執事」(平均14.0%)
14.9→14.8→14.4→12.0→13.6→14.0→13.1→13.5→13.4→16.6
参考にならない06年7月クールから、07年7月クールまではデータから省略する。
「メイちゃんの執事」の最終回視聴率16.6%は、9ドラマ中2位となっている。
先週3位タイだったが、「Ns'あおい」(平均14.2%)、「アテンションプリーズ」(平均16.4%)を破った。
近年では「花ざかりの君たちへ」に次ぐ、好成績でラストを迎えている。
「シバトラ」「セレブと貧乏太郎」同様に、この枠のドラマは最終回にジャンプアップするのが特徴となっている。

平均視聴率争いは、9ドラマ中4位となった。
「Ns'あおい」(平均14.2%)を超えることができるかが注目だったが、無理だった。
しかし、この枠のドラマの中では好成績といえるので、問題ないだろう。
「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)を除外すれば、この枠のドラマはだいたい平均12%~14%に落ち着くようだ。
安定度も高く、優秀な枠といえる。
今後も、この枠のドラマはある程度高めの予想にしたい。


4位:「トライアングル」 平均12.30%(放送前予想平均15.5%)
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→11.5→10.8→11.3→12.1→13.3→15.5
自身最高視聴率で幕を閉じた。
先週『最終回は自身最高視聴率を目指したいところだ。しかし、それをやや下回る14%半ば程度だろうか』と書いたが、予想を大きく超えてきた。
盛り上がっている気配は感じられたが、想像以上だった。

初回から最終回までの上昇率は5.4%となっており、初回を見た視聴者の5%程度を新たに増加させた計算となる。
数字自体は高くはなかったが、この動きならば、悪くはないだろう。
この数字では成功とは絶対に言えないが、関西テレビ50周年記念ドラマは完全な失敗ではなかった。

放送前予想平均15.5%だったので、ハズレといえる。
前クールドラマが「チーム・バチスタの栄光」の平均13.2%となっており、キャスティングを踏まえると、これを下回るとは予想しにくい。
『どんなに悪くても13%ラインには到達できるはずであり、このキャスティングならば15%台ラインを超えたいところだ。上手くいけば、「流星の絆」がライバルになる可能性もある。また、事件モノ特有のストーリーの面白さによる終盤の爆発があるかどうかもポイントとなりそうだ。ストーリーには秘密がありそうなので、+αを見込みたいところ。イメージ的には平均15%+αというところか』と書いており、終盤の盛り上がりは一応読んでいたようだ。
『視聴率も高い数字を期待したいところだが、視聴率の稼ぎにくい火曜日22時枠なので過度な期待はしにくいところがある』という懸念もしており、そっちの方も現実化してしまった。

週毎の平均視聴率予想は以下の通り。
☆一話目を踏まえた平均視聴率予想12.5%~13.5%
☆二話目~五話目を踏まえた平均視聴率予想11.5%~12.5%
☆六話目~十話目を踏まえた平均視聴率予想12.0%~12.5%
初回視聴率14.7%という数字をみて、13%前後と予想したようだ。
二話目には11.1%まで急降下したので、11.5%~12.5%に大きく下方修正している。
その後は粘っていたので、六話目で12.0%~12.5%に上方修正して、これがほとんどヒットしている。
「トライアングル」は大きな上昇も下落もなかったので、比較的読みやすかったのだろう。

最近の事件モノドラマは以下の通り。
☆08年10月クール「流星の絆」平均16.3%(初回21.2%)
☆06年4月クール「クロサギ」平均15.7%(初回16.9%)
☆07年10月クール「SP」平均15.4%(初回14.5%)
☆06年1月クール「アンフェア」平均15.4%(初回15.7%)
☆08年1月クール「交渉人」平均13.4%(初回16.7%)
☆08年10月クール「チーム・バチスタの栄光」平均13.2%(初回15.2%)
☆08年7月クール「シバトラ」平均12.5%
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」平均12.0%
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」平均11.4%
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆07年4月クール「ライアーゲーム」平均11.4%
12.3→12.8→08.7→09.6→10.0→11.4→12.0→11.4→12.3→11.4→13.6
☆08年7月クール「魔王」平均11.4%
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆09年1月クール「トライアングル」平均12.3%
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→11.5→10.8→11.3→12.1→13.3→15.5
「ブラッディ・マンデイ」「ライアーゲーム」「魔王」の平均11.4%ラインは超えており、「帰ってきた時効警察」も超えた。
キャスティングを踏まえると、「シバトラ」平均12.5%、「チーム・バチスタの栄光」平均13.2%辺りも超えたかったところだ。
安定度の高さだけが、「トライアングル」のポイントになるか。

江口洋介出演作の視聴率は以下の通り。
☆04年7月クール「逃亡者RUNAWAY」平均14.2%
16.2→13.9→14.6→13.5→12.2→12.7→12.9→13.5→15.5→15.3→16.2
☆05年1月クール「救命病棟24時パート3」平均19.1%
21.4→19.0→19.7→18.4→18.9→19.9→18.8→17.3→17.7→18.4→20.6
ストーリーがよかったと思うが、彼の実績も安定度の高さに貢献したと思われる。
しかし、彼の人気は若干落ちてきているのではないか。

稲垣吾郎出演作の視聴率は以下の通り。
☆06年4月クール「ブスの瞳に恋してる」平均15.9%
19.9→17.4→16.3→16.7→16.4→16.0→15.2→14.3→14.8→12.6→
→15.5→15.7
☆08年1月クール「佐々木夫妻の仁義なき戦い」平均10.9%
17.3→11.7→11.6→09.2→08.9→09.9→09.2→09.1→11.0→11.1
放送前は「ブスの瞳に恋してる」がライバルとなりそうだと思ったが、無理だった。
「金田一耕助」シリーズや、「Goro'S Barドラマスペシャル」も低迷したので、人気は確実に落ちている。
稲垣吾郎の評価が高まったような感じはしない。

広末涼子出演作の視聴率は以下の通り。
☆08年7月クール「ヤスコとケンジ」平均13.0%
12.3→13.1→11.2→12.9→10.6→12.3→14.9→13.0→13.4→16.3

相武紗季出演作の視聴率は以下の通り。
☆08年4月クール「絶対彼氏 完全無欠の恋人ロボット」平均13.2%
13.1→14.3→15.1→13.1→13.1→12.4→13.0→12.1→13.0→11.9→13.6
これらのように初回視聴率よりも、平均視聴率が高いということになればよいのだが、それは無理のようだ。
しかし、これら同様に、本ドラマの動きも悪くはなかった。
ストーリーの良さもあるが、彼女らの存在もやはり大きかっただろう。

<同時間帯の視聴率>
NHKが各局に放出している。
亀梨ドラマよりも強敵であるNTVが増加させている中で、CXは健闘できた。
05.6% 22:00-22:45 NHK 仕事の流儀(先週比-4.9%)
08.5% 21:00-23:03 NTV ドラマ「さくら道」(先週比+3.1%)
11.2% 19:56-22:48 TBS キミハ・ブレイク3時間SP(先週比-2.2%)
15.5% 22:00-22:54 C X トライアングル(終)(先週比+2.2%)
15.3% 21:54-23:10 E X 報道ステーション(先週比+0.8%)
08.7% 22:00-22:54 T X ガイアの夜明け(先週比+0.5%)
全体視聴率 64.8%(先週比-0.5%)

火曜日22時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆06年1月クール「アンフェア」(平均15.4%)
15.7→14.7→15.1→16.0→15.5→14.9→14.0→16.1→16.5→15.0→15.8
☆06年4月クール「ブスの瞳に恋してる」(平均15.9%)
19.9→17.4→16.3→16.7→16.4→16.0→15.2→14.3→14.8→12.6→
→15.5→15.7
☆06年7月クール「結婚できない男」(平均16.9%)
20.2→14.4→15.9→16.5→15.1→14.4→15.3→14.6→18.0→17.6→
→19.2→22.0
☆06年10月クール「僕の歩く道」(平均18.2%)
19.3→16.4→17.7→18.2→17.9→16.0→15.9→19.1→19.6→20.1→20.5
☆07年1月クール「ヒミツの花園」(平均12.4%)
14.7→13.1→12.4→12.1→12.6→11.0→12.5→12.4→12.3→12.0→11.4
☆07年4月クール「鬼嫁日記いい湯だな」(平均12.0%)
14.6→14.0→12.5→12.8→12.2→12.1→09.5→11.6→11.9→10.2→10.5
☆07年7月クール「牛に願いを」(平均8.7%)
☆07年10月クール「スワンの馬鹿!」(平均8.3%)
☆08年1月クール「あしたの、喜多善男」(平均7.1%)
☆08年4月クール「無理な恋愛」(平均7.5%)
☆08年7月クール「モンスターペアレント」(平均12.2%)
14.2→11.6→13.0→13.2→12.2→11.2→08.7→12.4→11.6→12.0→13.6
☆08年10月クール「チーム・バチスタの栄光」(平均13.2%)
15.2→11.7→12.5→12.2→11.8→13.2→13.5→14.2→12.3→12.2→16.5
☆09年1月クール「トライアングル」(平均12.3%)
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→11.5→10.8→11.3→12.1→13.3→15.5
参考にならないので、07年7月クールから08年4月クールを除外する。
「トライアングル」の最終回視聴率15.5%は、9ドラマ中6位となっている。
先週4位だったが、「ブスの瞳に恋してる」(平均15.9%)、「チーム・バチスタの栄光」(平均13.2%)に敗れた。
20%超えが2本もあり、15%~16%でフィニッシュしているドラマも多い。
意外と良作が揃っているようだ。

平均視聴率争いは、9ドラマ中7位となった。
「モンスターペアレント」(平均12.2%)、「鬼嫁日記いい湯だな」(平均12.0%)はなんとか破ったが、「ヒミツの花園」(平均12.4%)には届かなかった。
この枠としてはそれほど高い数字ではなく、標準な結果となっている。
12%~13%台のドラマが9本中5本となった。
キャスティングが豪華と思われたが、今回のキャスティングはそれほど視聴率の増加に寄与しなかったのかもしれない。
今後もおっさんを主人公にしなければ、この枠は12%台が標準となっていきそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1250-224de727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。