ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月クールドラマ視聴率結果(月曜日第十一話)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「ヴォイス」       17.7%  13.6%(▲0.8%) 14.5%(15.0%)<終>
2位:「キイナ」       16.5%  14.8%(▽0.1%) 14.5%(09.5%)<終>
3位:「メイちゃんの執事」 14.9%  16.6%(▲3.2%) 14.0%(15.0%)<終>
4位:「トライアングル」   14.7%  15.5%(▲2.2%) 12.3%(15.5%)<終>
5位:「歌のおにいさん」  10.6%  10.7%(▽1.1%) 10.8%(10.5%)<終>
6位:「ありふれた奇跡」  12.5%  11.4%(▲1.4%) 10.6%(14.5%)<終>
7位:「特命係長 只野仁」 11.9%  09.7%(▲0.3%) 10.3%(12.5%)<終>
8位:「銭ゲバ」       12.0%  10.5%(▲4.1%) 09.9%(09.0%)<終>
9位:「RESCUE」     12.2%  08.9%(▲0.1%)  09.8%(11.0%)<終>
10位:「ラブシャッフル」  10.0%  10.1%(▲3.1%) 08.8%(14.5%)<終>
11位:「赤い糸」       07.5%  08.9%(▲1.9%) 08.5%(07.5%)<終>
12位:「本日も晴れ。」   12.4%  08.4%(▲1.6%) 08.2%(11.0%)<終>
13位:「神の雫」       10.3%  05.4%(▲0.5%) 06.1%(10.5%)<終>

1位:「ヴォイス~命なき者の声~」 平均14.51%(放送前予想平均15.0%)
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0→10.2→12.8→13.6
自身8番目に高く、自身4番目に低い数字で幕を閉じた。
先週『裏番組次第となるが、最終回は15%後半程度だろうか』と書いたが、またまたWBCにヤラれてしまったようだ。
しかし、それ以前にリカバリーできる勢いも失していたようだ。
終盤は完全に失速しており、後味の悪い結果となった。
あと0.1ポイント低かったら、「キイナ」の平均視聴率と並ぶところだったが、かろうじて今クールナンバーワンとなっている。

初回から最終回への下落率は23.2%となっている。
初回を見た約4人に1人程度のギブアップ率であり、かなり高いといえる。
不運な事情が重なったこともあるが、評価はできにくい結果となった。

放送前予想平均15.0%だったので、ほぼ完全に当たっている。
放送開始前には以下のようなことを書いている。
『視聴率に関しては、キャスティングも悪くなく、医大生モノということもあり、それなりのものは期待できるだろう。「イノセント・ラヴ」のようなコケはなく、月9ドラマとしては、まずまずの結果となると思う』
『一話完結タイプの事件モノのようになれば、それなりに話は盛り上がり、視聴率も稼げるので、大コケはないはずだ』
前半は健闘していたので、ひょっとするかと思ったが、だいたい予想通りの結果となった。

週毎の平均視聴率予想は以下の通り。
☆一話目~五話目を踏まえた平均視聴率予想14.5%~15.5%
☆六話目~九話目を踏まえた平均視聴率予想15.0%~15.5%
☆七話目~十話目を踏まえた平均視聴率予想14.5%~15.0%
初回の視聴率17.7%から、平均15%前後と予想している。
その後は大きく視聴率を落としていなかったので、六話目から上方修正したものの、後半の失速により、下方修正を強いられている。
後半の失速は読めなかったものの、こちらもだいたい予想通りの結果といえる。

「月9」「初主演」を含めて、内容面にも共通点が多そうな「ビギナー」が当面のライバルになるのではないかと思ったが、超えることはできなかった。
☆03年10月クール「ビギナー」(平均15.8%)
15.6→16.4→16.6→13.5→18.0→18.3→15.4→15.5→12.2→15.3→16.9
本来の状態ならば、もうちょっと接戦になっただろう。

フジテレビの青春群像モノとしては以下のような作品が上げられる。
(本作のメンバーやストーリーを踏まえると、サンプルとして妥当とはいえない部分もある気がするので参考まで、医療系や事件モノの方が参考になりそうな気もする)
☆07年7月クール「牛に願いを Love&Farm」平均8.7%
10.2→10.4→09.6→09.1→08.6→06.5→06.7→08.2→08.6→07.1→10.4
(出演:玉山鉄二、相武紗季、小出恵介、香里奈、中田敦彦、戸田恵梨香)
☆02年7月クール「天体観測」平均12.7%
14.8→13.4→15.4→11.4→12.9→13.2→10.3→12.0→10.8→12.9→
→11.9→12.9
(出演:伊藤英明、坂口憲二、オダギリジョー、小雪、小西真奈美、長谷川京子)
キャスティングの割には、意外と視聴率を稼げないところがあるのが群像ドラマの特徴である。
青春や将来について悩むものとは異なると思われるので、これらのような低迷はしなかった。

フジテレビの若者向け医療系ドラマは以下の通り。
☆06年4月クール「医龍」(平均14.8%)
14.1→14.1→14.1→14.7→14.8→15.1→12.7→16.6→13.8→15.1→17.2
☆07年10月クール「医龍2」(平均16.6%)
21.0→16.8→15.5→15.8→15.0→17.6→14.1→16.6→17.6→15.4→17.7
☆08年7月クール「コード・ブルー」(平均15.6%)
21.2→16.0→16.0→13.2→15.7→15.6→10.8→13.4→15.8→14.9→19.5
一時期は、「コード・ブルー」(平均15.6%)を超える勢いがあったが、結局「医龍」を超えることもできなかったことも評価しにくい結果となっている。

瑛太は初主演となるが、「ラスト・フレンズ」や大河ドラマで活躍している。
☆08年4月クール「ラスト・フレンズ」(平均17.8%)
13.9→15.9→15.6→15.9→19.9→17.2→16.0→18.8→18.0→20.7→22.8
合格とは言いにくいが、ある程度の結果を残したので、次には繋がったと思われる。

生田斗真主演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆08年1月クール「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)(※主演は成海)
12.9→10.0→09.8→09.5→08.9→08.6→08.3→08.0→07.4→07.0→07.1
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
人気があるのかないのか分からないジャニーズタレント。
足を引っ張ったのか、視聴率の向上に寄与したのかどうかは判断がつかない。

石原さとみ主演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆06年1月クール「Ns'あおい」(平均14.2%)
16.4→13.8→14.0→15.5→14.7→15.4→14.8→12.4→13.4→12.4→13.1
☆07年4月クール「花嫁とパパ」(平均11.8%)
14.9→11.3→10.3→12.5→11.8→11.7→12.4→11.7→11.2→10.4→
→11.0→12.2
☆08年4月クール「パズル」(平均10.0%)
14.1→10.9→11.0→09.2→10.2→08.9→09.5→08.0→08.4→10.0
ヒロインとしては、一応は健闘したのかもしれないが、こちらの評価も上がったような感はない。

<同時間帯の視聴率>
全番組が先週よりも視聴率を上げるという珍しい結果となった。
NTV、TBS、EXの各特番の調子が良く、CXにとっては厳しい戦いとなった。
12.3% 21:00-22:00 NHK ニュースウオッチ9(先週比+1.0%)
15.2% 20:54-23:03 NTV 全国警察犯罪捜査網第48弾(先週比+0.7%)
18.3% 21:00-22:54 TBS WBC緊急特別番組(先週比+4.1%)
13.6% 21:00-22:09 C X ヴォイス(終)(先週比+0.8%)
14.5% 19:00-21:48 E X Qさま!!プレッシャーSTUDY SP(先週比+2.0%)
04.0% 21:00-21:54 T X やりすぎコージー(先週比+0.6%)
全体視聴率 77.9%(先週比+9.2%)

月曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「東京タワー」(平均14.9%)
14.2→15.6→14.9→16.0→13.9→12.9→14.8→14.4→15.4→14.2→18.1
☆07年4月クール「プロポーズ大作戦」(平均17.3%)
19.3→17.1→13.4→16.4→16.9→17.4→14.6→19.1→18.1→17.2→20.9
☆07年7月クール「ファースト・キス」(平均14.1%)
19.7→13.2→15.2→15.8→13.1→11.1→12.8→14.6→13.8→13.2→12.4
☆07年10月クール「ガリレオ」(平均21.9%)
24.7→22.1→21.3→23.6→22.9→21.4→21.9→19.9→21.7→19.6
☆08年1月クール「薔薇のない花屋」(平均18.6%)
22.4→19.0→18.4→17.2→17.7→16.2→16.5→17.8→17.7→19.4→22.1
☆08年4月クール「CHANGE」(平均21.7%)
23.8→23.0→22.4→19.3→19.5→19.1→20.9→19.5→22.3→27.4
☆08年7月クール「太陽と海の教室」(平均14.5%)
20.5→14.4→12.7→10.7→14.7→14.0→14.1→13.3→14.5→15.6
☆08年10月クール「イノセント・ラヴ」(平均13.5%)
16.9→13.3→13.1→11.7→11.7→12.6→13.4→12.8→14.5→15.1
☆09年1月クール「ヴォイス~命なき者の声~」(平均14.5%)
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0→10.2→12.8→13.6
「ヴォイス~命なき者の声~」の最終回視聴率13.6%は、9ドラマ中8位となっている。
先週9位だったが、「ファースト・キス」(平均14.1%)を破った。
しかし、盛り上がり度はかなり低いということが分かる。
「ガリレオ」もそうだが、一話完結タイプは終盤の盛り上がりに欠けることが多い。

平均視聴率争いは、9ドラマ中6位となった。
「太陽と海の教室」(平均14.5%)とは僅差という結果となっている。
実績が足りない若手俳優が主演だったとはいえ、高い評価はしにくい。
本ドラマのメンバーや月9ドラマの過去の実績を踏まえると、平均15%台に乗せれば、合格点とは思ったが、この結果、この失速感では合格とは言えないだろう。

月9ドラマは3クール連続で低調な結果となり、これで平均13~14%台のドラマが9本中5本となった。
主演やネタ次第では、爆発する枠だとは思うが、微妙な作品の場合には14%台が月9ドラマの水準となりそうだ。

その他のドラマ間においては、
「風のガーデン」平均15.7%、「コード・ブルー」平均15.6%、「斉藤さん」平均15.5%、「ROOKIES」平均14.8%、「AROUND40」平均14.7%を下回り、
「交渉人」平均13.4%、「絶対彼氏」平均13.2%、「チーム・バチスタの栄光」平均13.2%を上回った。
全体的にはもちろん悪い成績ではないが、もう一粘りして欲しかったところだ。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1259-14ebeb88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。