ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月4週目)【映画】

(注意)興行収入の数値は正確なものではございませんので、ご了承ください。
日本において、正確な数字を無料で仕入れることは不可能です。
なお、本ランキングは興行収入ベースのものですので、動員ベースの巷のランキングとは一部異なる場合があります。

2位:「レッドクリフ PartⅡ-未来への最終決戦-」(東宝東和・エイベックス・テレビ朝日)(3週目)<予想順位2位>
【公開前個人予想】 47億円  【配給会社期待値】 100億円(最低50億円)
【公開規模】 702スクリーン(先週比-22スクリーン)
4.1億円程度を週末に稼ぎ、30.3億円弱となっている。
1週間の伸びは8.8億円程度だろうか。
極端な初動タイプではなくて、引き続き悪くはない伸びを保っている。

前編の興行収入は以下の通り。
☆08年「レッドクリフ Part I」トータル50.5億円(545館程度)
祝3日9.6(土日6.7)→17.7→25.2→31.6→37.4→41.1→43.9
☆09年「レッドクリフ PartⅡ」(729館程度)
金3日8.7(土日6.7)→21.5→30.3億円→
当面は50億円突破が目標となりそうだ。
前作よりも伸びが高く、かつゴールデンウィークがあるので、前作を超えるだろう。
「レッドクリフ Part I」との対比で考えると、「レッドクリフ PartⅡ」の興行収入は60.7億円となる。
60億円程度がマックスラインとなる。

以下のような今年・去年公開の続編が苦戦しているので、本作も苦戦するのではないかと思ったが、杞憂だった。
「20世紀少年」39.5億円→29~30億円程度か(下落率24.0~26.6%)
「バチスタ」15.6億円→9億円程度か(下落率40%)
「ドラえもん」33.7億円→25億円程度か(下落率25.8%)
「マダガスカル」22.5億円→11億円程度か(下落率51.1%)
「007」22.1億円→21億円半ば程度か(下落率2.7%程度)
「ゲゲゲの鬼太郎」23.4億円→14.5億円(下落率38.0%)
「ナルニア国物語」68.6億円→30.0億円(下落率56.3%)

以下のようなケースもみられる、本作はこれらに当てはまるだろうか。
「DEATH NOTE」28.5億円→52.0億円(上昇率82.5%)
「ALWAYS」33.0億円→45.6億円(上昇率38.2%)
「パイレーツ」7月公開100.2億円→5月末公開109.0億円(上昇率8.8%)
「スパイダーマン」7月公開67.0億円→5月GW公開71.2億円(上昇率6.3%)
5~10%程度の上昇率となると、「レッドクリフ PartⅡ」の興行収入は53~55.5億円程度が落ち着きどころか。

近年の洋画作品のうち、50億円前後の興行収入の映画は以下の通り。
☆08年「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」トータル57.1億円
先14.0→26.1→34.4→40.3→祝込46.7→49.5→52.0→53.7
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.1億円
金3日7.2→16.4→不明→33.8→37.7→40.6→42.0→42.8
☆07年「トランスフォーマー」トータル40.1億円
OP06.3→16.0→28.5→32.1→35.4→37.2→38.4→39.4
☆07年「ダイハード4.0」トータル39.1億円
先08.9→18.0→26.0→30.0→33.4→35.5→36.7→37.8
☆08年「ライラの冒険」トータル37.5億円
先08.2→15.4→20.2→24.7→28.2→31.1→32.5→33.4
☆07年「ナイトミュージアム」トータル35.7億円
先06.0→14.7→23.4→29.6→32.2→33.8→35.2→34.4
☆09年「レッドクリフ PartⅡ」
金3日8.7→21.5→30.3億円→
先行がなかった「トランスフォーマー」との対比で考えると、「レッドクリフ PartⅡ」の興行収入は42.6億円となる。
その他の主要作品との対比で考えると、「レッドクリフ PartⅡ」の興行収入は45.6~56.3億円となる。
マックスは60億円、ミニマムは45億円程度だろうか。
ゴールデンウィークにどれだけ稼ぐことができるかがポイントとなりそうだ。
50億円はなんとか突破して、53億円前後が落ち着きどころだろうか。

3位:「クローズZERO Ⅱ」(東宝・TBS)(3週目)<予想順位4位>
【公開前個人予想】 21.3億円  【配給会社期待値】 40億円
【公開規模】 314スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.4億円弱程度を週末に稼ぎ、18.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.9億円弱程度だろうか。
伸びはそれほど悪くないが、爆発的な勢いはなさそうだ。

三池崇史監督作品のうち、ヒットした映画は以下の通り。
☆04年「着信アリ」トータル15.0億円
OP2.2→05.9→09.4→11.3→13.1→13.7→14.5
☆05年「妖怪大戦争」トータル20.0億円
OP1.8→06.9→12.2→15.5→17.6
☆07年「クローズZERO」トータル25.0億円
OP4.0→10.5→15.1→18.5→21.2→22.7→23.6
☆09年「ヤッターマン」(30億円見込み)
OP4.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.2→29.2
☆09年「クローズZERO Ⅱ」
OP5.7→13.3→18.2億円→
「ヤッターマン」の3週目を大きく上回っている。
三池崇史監督はこの2作で60億円程度を稼ぎ出すこととなる。
「着信アリ」「妖怪大戦争」「クローズZERO」との対比で考えると、「クローズZERO Ⅱ」の興行収入は29.0~30.1億円となる。
初動タイプだとしても、ゴールデンウィークがあるので、30億円は突破できそうなラインだ。
続編の割には前作に比べても大きな落ち込みはないと予想したが、ここまで急増するとは想像すらしていなかった。

若者向け映画の興行収入は以下の通り。
☆08年「花より男子ファイナル」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝込48.5→54.5
☆07年「恋空」トータル39.0億円
OP04.8→13.1→19.7→26.0→29.7
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円
OP05.7→14.6→19.9→24.3→26.8
☆08年「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円
OP03.5→10.2→14.5→祝込18.2→20.1
☆09年「ドロップ」
祝込3日2.5→7.0→11.6→14.5→16.1
☆09年「クローズZERO Ⅱ」
OP5.7→13.3→18.2億円→
「L change the WorLd」と同程度のオープニングを飾っていたが、2週目では敗れている。
「L change the WorLd」「デトロイト・メタル・シティ」との対比で考えると、「クローズZERO Ⅱ」の興行収入は28.4~29.4億円となる。
「花より男子ファイナル」「恋空」との対比で考えると、「クローズZERO Ⅱ」の興行収入は36.0~37.2億円となる。
マックスは35億円程度となるが、ゴールデンウィークを利しても、そこまで伸びないだろう。
大きなムーブメントまでにはならないと思われるので、30億円前後が落ち着きどころか。

「クローズZERO Ⅱ」18.2億円と同程度の3週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「20世紀少年」祝込24.0億円(トータル39.5億円)
☆「ザ・マジックアワー」21.0億円(トータル39.2億円)
☆「L change the WorLd」19.9億円(トータル31.0億円)
<2007>
☆「ALWAYS 続・三丁目の夕日」21.9億円(トータル45.6億円)
☆「西遊記」19.3億円(トータル43.7億円)
☆「恋空」19.7億円(トータル39.0億円)
☆「どろろ」祝込20.7億円(トータル34.5億円)
☆「アンフェア the movie」17.3億円(トータル27.2億円)
「20世紀少年」「L change the WorLd」「どろろ」「アンフェア the movie」との対比で考えると、「クローズZERO Ⅱ」の興行収入は28.4~30.3億円となる。
ゴールデンウィークがあるので、ある程度は伸ばすはずだ。
現時点では30億円前後が落ち着きどころと思われる。

5位:「グラン・トリノ」(ワーナー)(1週目)<予想順位5位>
【公開前個人予想】 10億円
【公開規模】 272スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.3億円弱程度のオープニングを飾った。
先週『「ミスティック・リバー」のオープニング1.4億円をやや超える1.6億円となるか』と書いたが、「ミスティック・リバー」のオープニングを下回るオープニングとなっている。
ただ、大きくはズレてはいない。

クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「ミスティック・リバー」10.0億円
OP1.4→3.8→5.2→6.8→7.9
☆05年「ミリオンダラー・ベイビー」13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0→不明→12.2
☆06年「父親たちの星条旗」トータル17.0億円
OP1.9→5.9→8.3→10.4→12.7→14.0
☆06年「硫黄島からの手紙」トータル51.0億円
OP5.0→13.9→20.8→26.1→祝込36.7→39.8
☆09年「チェンジリング」トータル13億円見込み
金3日2.3(2日1.8)→6.5→9.1→11.0→12.1→12.4
☆09年「グラン・トリノ」
OP1.3億円→
10~13億円が基準となるか。
主要作品との対比で考えると、「グラン・トリノ」の興行収入は9.4~11.6億円となる。
人気のあるアンジェリーナ・ジョリーが主演した「チェンジリング」を超えないだろう。
ゴールデンウィークがあるので、10億円は突破しそうだ。
「ミスティック・リバー」がライバルとなる。

参考になりそうなヒューマンドラマ系作品は以下の通り。
☆07年公開「幸せのちから」トータル27.1億円(オープニング3.5億円)
☆08年公開「最高の人生の見つけ方」トータル13.5億円(オープニング1.9億円)
☆05年公開「シンデレラマン」トータル12.6億円(オープニング2.8億円)
☆05年公開「ネバーランド」トータル11.0億円(オープニング1.4億円)
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円(オープニング3日2.4億円)
主要作品との対比で考えると、「グラン・トリノ」の興行収入は9.2~10.2億円となる。
マックス12億円、ミニマム9億円というところか。

「グラン・トリノ」1.3億円と同程度のオープニング作品は以下の通り。
<2008>
☆「P.S.アイラヴユー」1.5億円(トータル11.0億円)
☆「バンテージ・ポイント」1.5億円(トータル8.5億円)
☆「奇跡のシンフォニー」1.3億円(トータル7.5億円)
<2007>
☆「ヘアスプレー」1.2億円(トータル10.0億円)
☆「ブラッド・ダイヤモンド」1.5億円(トータル9.9億円)
☆「ハンニバル・ライジング」1.5億円(トータル8.0億円)
☆「ゴーストライダー」1.3億円(トータル5.0億円)
「ゴーストライダー」以外との対比で考えると、「グラン・トリノ」の興行収入は6.9~10.8億円となる。
ゴールデンウィークもあるので、やはり10億円程度が落ち着きどころだろう。

6位:「バーン・アフター・リーディング」(GAGA)(1週目)<予想順位3位>
【公開前個人予想】 13億円
【公開規模】 297スクリーン(先週比±0スクリーン)
土日で1.1億円弱程度、金曜日を含めて1.3億円半ば程度のオープニングを飾った。
先週『「ワルキューレ」のオープニング2.4億円以下、「チェンジリング」のオープニング1.8億円(3日2.3億円)以上となるのではないか』と書いたが、予想外に低いオープニングとなっている。
ブラッド・ピット、トム・クルーズ、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクスといったビッグネームが主演だと高い予想にしてしまうが、もうそろそろそういう時代は終わったのかもしれない。

コーエン兄弟作品の興行収入は以下の通り。
☆04年公開「ディボース・ショウ」不明(2億円程度か)
OP0.4→1.3 (※ジョージ・クルーニー主演)
☆04年公開「レディ・キラーズ」不明(3~4億円程度か)
OP0.7→1.9 (※トム・ハンクス主演)
☆08年公開「ノーカントリー」トータル3.4億円
OP0.4→1.3→1.8→2.0
ブラックなテイストが多いためか、基本的には2~4億円程度となっている。
さすがに、これらのオープニングは上回っている。

ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット共演作の興行収入は以下の通り。
☆02年公開「オーシャンズ11」トータル70.0億円
☆05年公開「オーシャンズ12」トータル36.0億円
先7.0→15.7→21.8→27.2→30.4→32.9
☆07年公開「オーシャンズ13」トータル32.0億円
先6.0→17.6→22.3→26.0→28.1→祝込30.0
先行があるので、対比は不可能。

ジョージ・クルーニー主演作の興行収入は以下の通り。
☆05年公開「シリアナ」(オープニング6千万円程度)
☆08年公開「フィクサー」トータル3.1億円
OP0.6→1.5→2.1→2.6→2.9
☆09年公開「バーン・アフター・リーディング」
金3日1.4(2日1.1)億円→
基本的には3億円程度を稼ぐ俳優。
「フィクサー」との対比で考えると、「バーン・アフター・リーディング」の興行収入は5.7億円となる。
この対比は上回りそうなので、6億円は超えるだろう。

ブラッド・ピット主演作の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「ファイト・クラブ」トータル19.8億円
☆01年公開「ザ・メキシカン」トータル26.0億円
☆02年公開「スパイ・ゲーム」トータル26.0億円
☆04年公開「トロイ」トータル42.0億円
☆05年公開「Mr.&Mrs.スミス」トータル46.5億円
OP5.6→14.6→20.4→26.4→不明→38.5
☆07年公開「バベル」トータル20.0億円
OP2.7→10.4→13.2→15.2→16.4→17.2
☆08年公開「ジェシー・ジェームズの暗殺」不明(1億円見込み)
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル23億円見込み
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3
☆09年公開「バーン・アフター・リーディング」
金3日1.4(2日1.1)億円→
20~40億円を稼ぎ出す日本人には特に好まれる俳優。
これらとの対比で考えると、「バーン・アフター・リーディング」の興行収入は7.9~9.1億円となる。
ゴールデンウィーク込みで、8億円程度がマックスラインだろうか。

参考になりそうなクライムコメディは見当たらない。
一応、以下のような作品が参考になるか。
☆06年「プラダを着た悪魔」トータル17.0億円(※ヒューマンドラマコメディ)
OP1.9→6.5→9.6→12.8
☆07年「ディパーテッド」トータル15.6億円(※サスペンス)
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0→13.8
☆08年「最高の人生の見つけ方」トータル13.5億円(※ヒューマンドラマコメディ)
OP1.9→5.2→7.9→10.0→11.4→12.1
☆07年「ブラッド・ダイヤモンド」トータル9.9億円(※サスペンス)
OP1.5→4.2→6.2→7.5
☆08年「バンテージ・ポイント」トータル8.5億円(※サスペンス)
OP1.5→4.1→5.8→6.9→7.6→7.9
☆07年「パーフェクト・ストレンジャー」トータル7.9億円(※サスペンス)
OP1.7→4.4→6.3→7.4
☆09年公開「バーン・アフター・リーディング」
金3日1.4(2日1.1)億円→
「プラダを着た悪魔」以外との対比で考えると、「バーン・アフター・リーディング」の興行収入は5.1~7.8億円となる。
マックス8億円、ミニマム5億円となる。
現時点では7~8億円というところだろうか。
作品のレベルを考えれば妥当なラインだが、出演者を考えると物足りないラインとなる。
ブラックコメディが嫌われたとは思えないが…。

「バーン・アフター・リーディング」1.1億円(金曜日含む1.4億円)と同程度のオープニング作品は以下の通り。
<2008>
☆「奇跡のシンフォニー」1.3億円(トータル7.5億円)
☆「エリザベス:ゴールデン・エイジ」1.2億円(トータル6.5億円)
☆「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」1.1億円(トータル4.6億円)
☆「ラスベガスをぶっつぶせ」1.1億円(トータル4.5億円)
<2007>
☆「ヘアスプレー」1.2億円(トータル10.0億円)
☆「幸せのレシピ」1.2億円(トータル7.0億円)
☆「パフューム」1.1億円(トータル6.5億円)
☆「プレステージ」1.1億円(トータル5.0億円)
これらと同じオープニングということは、かなりレベルは低い。
これらとの対比で考えると、「バーン・アフター・リーディング」の興行収入は4.5~9.2億円となる。
出演者及びゴールデンウィークという時期を踏まえると、大コケは考えにくい。
やはり、現時点では7~8億円というところだろう。

7位:「スラムドッグ$ミリオネア」(GAGA)(2週目)<予想順位7位>
【公開前個人予想】 10億円
【公開規模】 120スクリーン(先週比+1スクリーン)
1.0億円程度を週末に稼ぎ、3.5億円となっている。
1週間の伸びは2.3億円半ば程度だろうか。
先週のオープニング土日2日間が1.1億円半ばなので、落ち込みがみられない。
さすがは、アカデミー賞受賞作品だけのことはある。

ダニー・ボイル監督作品の興行収入は以下の通り。
☆07年公開「サンシャイン2057」トータル2.0億円
☆08年公開「28週後…」トータル1億円半ば見込み
アカデミー賞受賞作品であり、さすがにこの程度では済まない。

過去のアカデミー賞受賞作・ノミネート作品された興行収入作品は以下の通り。
☆00年公開「アメリカン・ビューティ」トータル19.6億円
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆00年公開「エリン・ブロコビッチ」トータル11.1億円
☆02年公開「ビューティフル・マインド」トータル19.9億円
☆01年公開「ムーラン・ルージュ」トータル10.0億円
☆03年公開「シカゴ」トータル35.0億円
☆03年公開「めぐりあう時間たち」トータル10.0億円
☆03年公開「戦場のピアニスト」トータル34.5億円
☆03年公開「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル30.0億円
☆04年公開「シービスケット」トータル13.6億円
☆04年公開「マスター・アンド・コマンダー」トータル10.1億円
☆04年公開「ミスティック・リバー」トータル10.0億円
☆05年公開「ミリオンダラー・ベイビー」トータル13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0
☆05年公開「ネバーランド」トータル11.0億円
OP1.4→4.1→6.1→7.6
☆05年公開「アビエイター」トータル10.7億円
OP1.6→5.0→6.9→8.4
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0
☆06年公開「硫黄島からの手紙」トータル51.0億円
☆07年公開「バベル」トータル20.0億円
OP2.7→10.4→13.2→15.2→16.4
☆08年公開「ノーカントリー」トータル3.5億円
OP0.4→01.3→01.8→02.0→02.4
☆09年公開「スラムドッグ$ミリオネア」
OP1.2→3.5億円→
主要作品との対比で考えると、「スラムドッグ$ミリオネア」の興行収入は7.5~9.4億円となる。
ミニマムは8億円程度となるが、ゴールデンウィークもあり、10億円突破が目標となりそうだ。
インドが舞台となる、クイズを題材とした珍しいタイプの作品であり、この辺りの目新しさも受けると思われる。
“ミリオネア”というクイズ番組に日本人は馴染みがあるので、本作は受け入られやすいはずだ。

「スラムドッグ$ミリオネア」3.5億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「センター・オブ・ジ・アース」3.0億円(トータル8.5億円)
☆「エリザベス:ゴールデン・エイジ」3.4億円(トータル6.5億円)
☆「大いなる陰謀」3.3億円(トータル6.2億円)
<2007>
☆「ヘアスプレー」3.6億円(トータル10.0億円)
☆「ハンニバル・ライジング」3.8億円(トータル8.0億円)
☆「幸せのレシピ」3.5億円(トータル7.0億円)
「センター・オブ・ジ・アース」「ヘアスプレー」といった例があるので、10億円前後の興行収入になるのは間違いないだろう。
「センター・オブ・ジ:アース」「ヘアスプレー」との対比で考えると、「スラムドッグ$ミリオネア」の興行収入は9.7~9.9億円となる。
10億円が目標となるが、上手くいけば12億円程度まで伸びるかもしれない。

8位:「おっぱいバレー」(ワーナー・東映・日本テレビ)(2週目)<予想順位10位>
【公開前個人予想】 4.0億円  【配給会社期待値】 10億円
【公開規模】 251スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.4千万円程度を週末に稼ぎ、2.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.2億円程度だろうか。
大コケレベルだが、常識レベルの大コケで済みそうだ。

羽住英一郎監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「海猿」トータル17.4億円
☆05年「逆境ナイン」トータル不明(2億円程度か)
☆06年「LIMIT OF LOVE 海猿」トータル71.0億円
☆07年「銀色のシーズン」トータル10.4億円
何の得があって、これほど実績がある監督が本作を引き受けてしまったのだろうか。
「逆境ナイン」のように息を抜きたかったのだろうか。

綾瀬はるか主演映画の興行収入は以下の通り。
☆08年「僕の彼女はサイボーグ」トータル7.0億円
OP1.8→3.8→5.0→5.9
☆08年「ICHI」トータル4.5億円
OP1.0→2.6→3.5→3.9
☆09年「おっぱいバレー」
OP0.8→2.1億円→
これらとの対比で考えると、「おっぱいバレー」の興行収入は3.6~3.9億円となる。
3億円台がミニマムラインとなるが、ゴールデンウィークもあり、もうちょっと伸びるだろう。

去年のゴールデンウィークに公開された作品も参考にしたい。
☆08年「少林少女」トータル15.1億円
OP1.9→祝込10.0→11.2→12.9→13.8
☆08年「砂時計」トータル10.0億円
OP1.2→祝込6.0→7.2→8.3→9.1
☆09年「おっぱいバレー」
OP0.8→2.1億円→
これらとの対比で考えると、「おっぱいバレー」の興行収入は3.2~3.5億円となる。
この辺りが落ち着きどころとなってしまうのだろうか。
もうちょっと伸びて、現時点では4億円前後というところか。

青春映画やスポーツモノはヒットしないのが常識となっている。
☆08年「ガチ☆ボーイ」トータル3億円程度か(佐藤隆太主演のプロレスモノ)
☆08年「ダイブ!!」トータル1億円程度か(林遣都主演のダイブモノ)
☆08年「フレフレ少女」トータル1億円未満か(新垣結衣主演の応援団モノ)
☆08年「神様のパズル」トータル1億円未満か(市原隼人の科学モノ)
☆08年「奈緒子」トータル1億円未満か(上野樹里主演の駅伝モノ)
☆08年「フライング・ラビッツ」トータル1億円未満か(石原さとみのバスケモノ)
☆08年「シャカリキ」トータル1億円未満か(遠藤雄弥主演の自転車モノ)
☆08年「櫻の園」トータル5千万円未満か(福田沙紀主演の演劇モノ)
さすがに、これらよりも上回りそうである。
これらを踏まえると、4億円前後でもマシに感じられる。

「おっぱいバレー」2.1億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「明日への遺言」2.4億円(トータル6.0億円)
☆「アフタースクール」2.0億円(トータル5.5億円)
☆「Sweet Rain 死神の精度」2.5億円(トータル5.0億円)
<2007>
☆「未来予想図/ア・イ・シ・テ・ルのサイン」2.6億円(トータル5.3億円)
☆「僕は妹に恋をする」2.1億円(トータル5.0億円)
☆「そのときは彼によろしく」2.3億円(トータル4.6億円)
「Sweet Rain」「未来予想図」「そのときは彼によろしく」との対比で考えると、「おっぱいバレー」の興行収入は4.2~4.3億円となる。
ゴールデンウィークがあるので、やはり4億円程度が落ち着きどころとなりそうだ。
ワーナーは邦画事業に参入したが、「DEATH NOTE」シリーズ以外には、「252 生存者あり」しかヒットがない。
そろそろ方針を転換した方がいいのではないか。
リスクは高いが、大作に絞った方がよいだろう。

9位:「ドロップ」(角川)(6週目)<予想順位9位>
【公開前個人予想】 なし  【配給会社期待値】 10→15億円に上方修正
【公開規模】 163スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.9千万円程度を週末に稼ぎ、17.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.0億円半ば程度だろうか。
オープニング3日2.5→2週目4.5→3週目4.7→4週目2.9→5週目1.6→6週目1.0億円となっている。
さすがにそろそろ勢いはなくなってきるが、「クローズ」が公開されても極端な落ち込みはみられない。

バラエティを中心に効果的に宣伝を打てたこと、水嶋ヒロを起用できたことがハマり、かなり高いオープニングを飾ることができた。
高いオープニングを飾ったことが話題やニュースになり、ヒットに繋がった。
さらには、水嶋ヒロの結婚報道も相まって、ヒットに拍車が掛かった。
これほどの好条件が揃った映画も珍しい。

芸人が原作・脚本・演出などに関わった作品は以下の通り。
☆08年「陰日向に咲く」トータル19.5億円
OP2.4→7.2→祝込11.8→14.2→16.3→17.8
☆07年「大日本人」トータル11.6億円
OP2.3→6.2→8.4→9.8→10.6→11.2
☆08年「ホームレス中学生」トータル6~7億円見込み
OP1.2→祝込3.7→4.8→5.6→祝込6.2
☆09年「ドロップ」
祝3日2.5→7.0→11.6→14.5→16.1→17.1億円→
「陰日向に咲く」と比べても遜色がない。
「陰日向に咲く」との対比で考えると、「ドロップ」の興行収入は18.7億円となる。
15億円は楽に突破したが、20億円突破はどうなるだろうか。
ゴールデンウィークがあるので、一応はクリア可能なラインともいえる。
当面は「陰日向に咲く」トータル19.5億円が目標となるだろうか。

ドラマ「ROOKIES」も大ヒットしており、不良という題材もヒットの要因だろう。
不良系映画の「クローズZERO」の興行収入は以下の通り。
☆07年「クローズZERO」トータル25.0億円
OP4.0→10.5→15.1→18.5→21.2→22.7→23.6
これとの対比で考えると、「ドロップ」の興行収入は18.8億円となる。
悪くとも、このラインまで伸びてきそうだ。

「ドロップ」17.1億円と同程度の6週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「母べえ」17.3億円(トータル21.2億円)
☆「陰日向に咲く」17.8億円(トータル19.5億円)
☆「クロサギ」16.0億円(トータル17.2億円)
<2007>
☆「舞妓Haaaan!!!!!」18.5億円(トータル20.8億円)
☆「東京タワー」16.3億円(トータル18.8億円)
☆「Life 天国で君に逢えたら」15.5億円(トータル17.0億円)
これらの優秀作品と並んでいることが凄い。
これらとの対比で考えると、「ドロップ」の興行収入は18.4~21.0億円となる。
マックス21億円、ミニマム18億円というところか。
ゴールデンウィークにも稼げることが見込まれるので、20億円を突破するのではないか。
品川祐原作・監督・脚本の作品がここまでヒットするとは予想できなかった。
今後も芸人系映画は注目となりそうだ。

10位:「鴨川ホルモー」(松竹)(2週目)<予想順位圏外>
【公開前個人予想】 3.0億円
【公開規模】 152スクリーン(先週比+1スクリーン)
3.4千万円程度を週末に稼ぎ、1.3億円弱となっている。
1週間の伸びは8.0千万円半ば程度だろうか。
「レイン・フォール/雨の牙」が動員ベースでは10位となっているが、興行収入ベースでは「レイン・フォール/雨の牙」(オープニング3.3千万円)を上回り、かろうじてランクインしている。

本木克英監督作品の興行収入は以下の通り。
☆07年「ゲゲゲの鬼太郎」トータル23.4億円
OP03.2→14.4→17.4→19.7→21.1→22.1
☆08年「犬と私の10の約束」トータル15.2億円
OP1.8→5.2→8.5→11.5→12.9
☆08年「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」トータル14.5億円
OP02.3→祝5.8→7.7→09.5→10.9→12.7
☆09年「鴨川ホルモー」
OP0.5→1.3億円→
「ゲゲゲの鬼太郎」以外との対比で考えると、「鴨川ホルモー」の興行収入は3.3~3.8億円となる。
ゴールデンウィークの伸びを考慮しても、3億円程度が落ち着きどころか。

参考になりそうなコメディ作品は以下の通り。
☆07年「舞妓Haaaan!!!!!」トータル20.8億円(※舞台が京都)
OP2.3→7.4→11.5→14.5→祝込17.1
☆09年「少年メリケンサック」トータル9~10億円見込み(※見る者を選ぶコメディ)
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆08年「ハンサム★スーツ」トータル8.6億円(※ラブコメ)
祝込3日2.1→3.9→5.6→6.7→7.6
☆08年「ガチ☆ボーイ」トータル不明(3億円程度か)(※青春コメディ)
OP0.7→1.7→2.3
☆09年「鴨川ホルモー」
OP0.5→1.3億円→
これらとの対比で考えると、「鴨川ホルモー」の興行収入は2.3~3.6億円となる。
マックス4億円、ミニマム2億円となる。
ゴールデンウィーク込みで3億円が落ち着きどころか。

「鴨川ホルモー」1.3億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「築地魚河岸三代目」1.5億円(トータル3.4億円)
☆「山のあなた 徳市の恋」1.6億円(トータル不明※3億円未満か)
☆「あの空をおぼえてる」1.4億円(トータル2.4億円見込み)
☆「次郎長三国志」1.6億円(トータル不明※3億円未満か)
<2007>
☆「やじきた道中てれすこ」1.4億円(トータル3.0億円)
☆「天国は待ってくれる」1.4億円(トータル3.0億円)
☆「自虐の詩」1.3億円(トータル2.4億円)
これらとの対比で考えると、「鴨川ホルモー」の興行収入は2.2~2.9億円となる。
2億円台に終わる可能性も高そうだが、なんとか粘って3億円は突破するだろう。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1319-41fbced3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。