ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入ランキング(5月第2週目)【映画】

順位(先週)公開週 タイトル (公開館数) 興行収入 (トータル収入)
1(-)1週目「スター・トレック」    (3849館) $75,204,289 ($79,204,289)
2(1)2週目「ウルヴァリン」      (4102館) $26,408,288 ($129,032,435)
3(2)2週目「Ghosts of Girl~」  (3175館) $10,258,141 ($30,054,386)
4(3)3週目「Obsessed」       (2602館) $6,560,266 ($56,207,576)
5(4)4週目「17アゲイン」     (2903館) $4,232,422 ($53,994,515)
6(-)1週目「Next Day Air」    (1138館) $4,111,043 ($4,111,043)
7(6)3週目「路上のソリスト」    (2090館) $3,949,430 ($23,845,177)
8(5)7週目「モンスターVSエイリアン」   (2185館) $3,260,440 ($186,774,092)
9(7)3週目「Earth」         (1794館) $2,666,219 ($26,264,242)
10(8)5週目「Hannah Montana」(2301館) $2,193,043 ($73,861,795)

2本の新作がランクインしたため、4週目で「消されたヘッドライン」、3週目で「Fighting」が圏外へ消えた。

「消されたヘッドライン」の現在の興行収入は、34百万ドルとなっている。
3千万ドル後半がフィニッシュラインとなるだろうか。
公開前興行収入予想は4千万ドルだったので、完全にアタリといえる。
①稼ぎにくいポリティカル・サスペンス
②イギリスのドラマのリメイク
③ブラッド・ピット、エドワード・ノートンの降板
こういった問題があった割には、標準的な興行収入に落ち着いた。

ケヴィン・マクドナルド監督作の興行収入は以下の通り。
☆04年「運命を分けたザイル」トータル5百万ドル
☆06年「ラストキング・オブ・スコットランド」トータル18百万ドル
「ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実」でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞している。
実績を積み、いよいよヒット作を期待される映画にチャレンジしたが、微妙な結果となった。
大コケしなかったので、引き続きチャンスは回ってきそうだ。

ラッセル・クロウ主演作の興行収入は以下の通り。
☆00年「プルーフ・オブ・ライフ」トータル33百万ドル
☆01年「ビューティフル・マインド」トータル171百万ドル
☆03年「マスター・アンド・コマンダー」トータル94百万ドル
☆05年「シンデレラ・マン」トータル62百万ドル
☆06年「プロヴァンスの贈りもの」トータル7百万ドル
☆07年「3:10 to Yuma」トータル54百万ドル
☆07年「アメリカン・ギャングスター」トータル130百万ドル(※ワシントン主演)
☆08年「ワールド・オブ・ライズ」トータル39百万ドル(※ディカプリオ主演)
賞レースに絡まない作品の場合、3~5千万ドルが標準となるか。
「ワールド・オブ・ライズ」に近い成績となったので、標準な結果といえる。

ベン・アフレック主演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「チェンジング・レーン」トータル67百万ドル
☆02年「トータル・フィアーズ」トータル119百万ドル
☆03年「デアデビル」トータル103百万ドル
☆03年「ジーリ」トータル6百万ドル(製作費54百万ドル)
☆03年「ペイチェック」トータル54百万ドル(オープニング13百万ドル)
☆04年「世界で一番パパが好き!」トータル25百万ドル
☆04年「恋のクリスマス大作戦」トータル12百万ドル
☆06年「ハリウッドランド」トータル14百万ドル
☆07年「スモーキン・エース」トータル36百万ドル(※主演ではない)
03年以降、ヒットからは見放されているが、監督作品の07年「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(トータル20百万ドル)で評価されてから、今年公開作品「そんな彼なら捨てちゃえば?(※主演ではない)」(トータル94百万ドル)がヒットしており、再びチャンスが回ってきたか。
「スモーキン・エース」は超えそうだ。
三者にとっては、合格とはいえないが、大コケというわけでもない結果となりそうだ。


チャニング・テイタム主演のアクションドラマ「Fighting」の現在の興行収入は、20百万ドルとなっている。
2千万ドル半ばがフィニッシュラインか。
公開前興行収入予想は2.5千万ドルだったので、完全にアタリといえる。
オープニングは3位だったが、急降下してしまった。
本作も「ワイルド・スピード4」同様にヒスパニック系の支持が高いとのことであり、そういった作品のオープニングは少々高めになるようだ。

チャニング・テイタム主演映画の興行収入は以下の通り。
☆06年「ステップ・アップ」トータル65百万ドル
ここまでは稼げなかったが、十分な結果を残した。

去年似たような作品が公開されている。
☆08年「Never Back Down」トータル25百万ドル
公開前の予想通り、これと同程度となったので、コケてはいない。

本作を手掛けたのはRogue Picturesという中小スタジオ。
☆08年「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」トータル53百万ドル
☆07年「燃えよ!ピンポン」トータル33百万ドル
☆06年「スピリット」トータル25百万ドル
☆05年「ダニー・ザ・ドッグ」トータル25百万ドル
☆07年「ホット・ファズ」トータル24百万ドル
「スピリット」「ダニー・ザ・ドッグ」といったジェット・リーのアクション映画と同程度となりそうだ。
「Never Back Down」「スピリット」「ダニー・ザ・ドッグ」の25百万ドルを超すことができるかどうかが注目となる。


新作は以下のとおりとなっている。
1位:「スター・トレック」(SFアドベンチャー)
【現在の興行収入】 79百万ドル
【監督】J・J・エイブラムス
【出演】クリス・パイン(「スモーキン・エース」)、ザカリー・クイント(「24」)、サイモン・ペッグ(「ホット・ファズ」)、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー
【内容】エンタープライズ号のカーク船長とスポックの起源となるストーリー。
【アメリカ内の評価】 めちゃくちゃ高い
【公開前興行収入予想】 2億3千万ドル
専門家の事前予想では、67.3~73.5百万ドルのオープニングを飾るとされており、予想を上回る75.2百万ドルのオープニングを飾った。
木曜日の先行分を加えると、79.2百万ドルを稼いでいる。
『J・J・エイブラムス効果により、過去のシリーズを見なかった者の動員も期待できるので、予想を上回る恐れがある』と書いていたので、予想通りのヒットとなった。

過去の「スター・トレック」シリーズは以下の通り。
☆79年「スター・トレック」トータル82百万ドル
☆82年「Ⅱ・カーンの逆襲」トータル79百万ドル
☆84年「Ⅲ・ミスター・スポックを探せ!」トータル76百万ドル
☆86年「Ⅳ・故郷への長い道」トータル110百万ドル
先25→39→47→54→68→81(OP17百万ドル)
☆89年「Ⅴ・新たなる未知へ」トータル52百万ドル
OP17→31→38→42→46
☆91年「Ⅵ・未知の世界」トータル75百万ドル
OP18→30→38→50→61→65
☆94年「ジェネレーションズ」トータル76百万ドル
OP23→49→61→62→65→68
☆96年「ファースト・コンタクト」トータル92百万ドル
OP31→61→71→77→80→85
☆98年「叛乱」トータル70百万ドル
OP22→36→48→59→63→65
☆02年「ネメシス」トータル43百万ドル
OP19→26→34→40→42→42
☆09年「スター・トレック」
先79(OP75)百万ドル→
「Ⅳ・故郷への長い道」トータル110百万ドルを超えて、シリーズ最高興行収入になるのは確実。
「ジェネレーションズ」「ファースト・コンタクト」「叛乱」との対比で考えると、「スター・トレック」の興行収入は223~248百万ドルとなる。
「ネメシス」との対比で考えると、「スター・トレック」の興行収入は170百万ドルとなる。
2億ドル突破が当面の目標となる。
恐らく楽にクリアできるのではないか。

J・J・エイブラムス関連作品は以下の通り。
☆06年「M:I:Ⅲ」トータル134百万ドル(監督)
OP48→85→104→114→123→127
☆08年「クローバーフィールド」トータル80百万ドル(プロデューサー)
OP40→64→072→076→078→079
☆09年「スター・トレック」
先79(OP75)百万ドル→
これらとの対比で考えると、「スター・トレック」の興行収入は150~209百万ドルとなる。
超初動タイプだと、ミニマムラインは1億5千万ドル程度となるが、「M:I:Ⅲ」トータル134百万ドルを超えるのも確実となった。

近年の高額アクション作品の興行収入は以下の通り。
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
先102→178→223→252→276→289(OP99百万ドル)
☆08年「インディ・ジョーンズ」トータル317百万ドル
先126→216→253→277→291→300(OP100百万ドル)
☆08年「ハンコック」トータル228百万ドル
先104→164→192→206→216→222(OP63百万ドル)
☆07年「ボーン・アルティメイタム」トータル227百万ドル
OP69→132→165→185→200→210
☆07年「N・T/リンカーン暗殺者の日記」トータル220百万ドル
OP45→124→171→187→197
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル211百万ドル
OP71→129→162→180→193→201
☆08年「慰めの報酬」トータル168百万ドル
OP68→109→141→152→158→161
☆09年「ワイルド・スピード4」
OP71→116→136→145→150→
☆08年「ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛」トータル142百万ドル
OP55→091→115→126→132→136
☆08年「ウォンテッド」トータル135百万ドル
OP51→090→112→123→129→131
☆08年「インクレディブル・ハルク」トータル135百万ドル
OP55→097→116→125→130→132
☆07年「ラッシュアワー3」トータル140百万ドル
OP49→087→108→120→129→133
☆07年「ダイハード4.0」トータル134百万ドル
先48→84→103→116→125→130(OP33百万ドル)
☆09年「スター・トレック」
先79(OP75)百万ドル→
今年公開された「ワイルド・スピード4」を超えるのも確実。
主要作品との対比で考えると、「スター・トレック」の興行収入は184~241百万ドルとなる。
マックス2億4千万ドル、ミニマム1億5千万ドルというところか。
当面は、2億ドルを突破できるかどうかが注目となる。
評価は高いので初動タイプの作品にはならないだろう。
話題になりそうな作品なので、2億ドルは突破すると思われる。
「ハンコック」トータル228百万ドル、「ボーン・アルティメイタム」トータル227百万ドルがライバルになりそうだ。
相当に粘りこむのではないか。

6位:「Next Day Air」(アクション・コメディ)
【現在の興行収入】 4百万ドル
【監督】Benny Boom(代表作なし、ミュージックビデオで活躍か)
【出演】モス・デフ、マイク・エップス(「バイオハザード」シリーズ)、ドナルド・フェイソン(「アップタウン・ガールズ」)
【内容】運び屋が間違えた場所にコカインを持ち込んでしまい、ディーラーや受取人の間で騒動となる。
【アメリカ内の評価】 かなり高い
【公開前興行収入予想】 1.5千万ドル
専門家の事前予想では、4.3~5.3百万ドルのオープニングを飾るとされていたが、予想をやや下回る4.1百万ドルのオープニングを飾った。
公開規模が小さいので、この程度でも稼げれば十分だろう。

ヤクの売人映画は以下のような作品があるが、参考にはなるまい。
☆08年「スモーキング・ハイ(PINEAPPLE EXPRESS)」トータル87百万ドル
先41→63→74→80→84→86(オープニング23百万ドル)

主役は誰だか不明だが、モス・デフは以下のような作品で活躍している。
☆06年「16ブロック」トータル37百万ドル
OP12→23→30→34
☆08年「僕らのミライへ逆回転」トータル11百万ドル
OP04→07→09→10
☆09年「Next Day Air」
OP04百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Next Day Air」の興行収入は11~12百万ドルとなる。
「僕らのミライへ逆回転」を超えたいところだ。

本作は「トワイライト」(トータル191百万ドル)がスマッシュヒットしたSUMMIT ENTERTAINMENTが手掛けている。
その他のSUMMIT ENTERTAINMENT作品は以下の通り。
☆09年「ノウイング」現時点で78百万ドル
OP25→46→58→68
☆09年「PUSH」トータル32百万ドル
OP10→19→25→28
☆08年「NEVER BACK DOWN」トータル25百万ドル
OP09→17→21→24
☆08年「ナットのスペースアドベンチャー3D」トータル14百万ドル
☆08年「ペネロピ」トータル10百万ドル
OP04→07→08→09
☆09年「Next Day Air」
OP04百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Next Day Air」の興行収入は10~13百万ドルとなる。
「ペネロピ」を超えたいところだ。
公開規模がかなり小さいので、トータル10百万ドルを超えればよいのではないか。


旧作は以下のとおりとなっている。
2位:「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(アドベンチャー・アクション)
【現在の興行収入】 129百万ドル(先週比+44百万ドル)
【監督】ギャヴィン・フッド(「ツォツィ」「Rendition」)
【出演】ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー(「ディファイアンス」)、ライアン・レイノルズ(「スモーキン・エース」)
【内容】ウルヴァリンの起源となるストーリー。
【アメリカ内の評価】 それほど悪くない
【公開前興行収入予想】 1億8千万ドル
公開前にインターネット流出事件が起きたが、特に大きな問題はなく、製作費150百万ドルは余裕で回収できそうだ。
ただ、20世紀フォックス作品なので、それほどレベルの高い作品ではないと思われる。
公開前に『予想よりも低く、かつ初動タイプの作品となるのではないか』と書いた通りとなりそうだ。

「X-MEN」シリーズの興行収入は以下の通り。
☆00年「X-MEN」トータル157百万ドル
OP054→099→123→136→144→149
☆03年「X-MEN2」トータル215百万ドル
OP086→148→174→189→199→204
☆06年「X-MEN:ファイナルディシジョン」トータル234百万ドル
OP103→175→202→216→225→229
☆09年「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」
OP085→129百万ドル→
「X-MEN2」とほぼ同じオープニングだったが、2週目で差が付いた。
「X-MEN」以外との対比で考えると、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の興行収入は172~187百万ドルとなる。
2億ドル突破はやはり厳しいのではないか。
1億7千万ドル程度が落ち着きどころか。

00年以降のアメコミ映画の興行収入は以下の通り。
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
☆02年「スパイダーマン」トータル404百万ドル
☆04年「スパイダーマン2」トータル374百万ドル
☆07年「スパイダーマン3」トータル337百万ドル
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
☆08年「ハンコック」トータル228百万ドル(OP63百万ドル)※非アメコミ
先104→164→192→206→216→222
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル211百万ドル
OP71→129→162→180→193→201
☆05年「バットマン・ビギンズ」トータル205百万ドル(OP49百万ドル)
先73→123→151→172→183→191
☆06年「スーパーマン・リターンズ」トータル200百万ドル(OP53百万ドル)
先85→142→164→178→186→190
☆02年「メン・イン・ブラックⅡ」トータル190百万ドル(OP52百万ドル)
先87→133→158→173→182→186
☆05年「ファンタスティック・フォー」トータル155百万ドル
OP56→100→123→136→144→149
☆09年「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」
OP85→129百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の興行収入は179~215百万ドルとなる。
2億ドルはまだ突破可能なラインだが、完全な初動タイプなので無理だろう。
やはり、1億7千万ドル程度が落ち着きどころとなりそうだ。
しかし、大爆発はしなかったが、ビジネスとしては悪い結果にはならないことが判明した。
今後もこのシリーズのスピンオフは続いていくだろう。

3位:「Ghosts of Girlfriends Past」(ファンタジック・コメディ)
【現在の興行収入】 30百万ドル(先週比+15百万ドル)
【監督】マーク・S・ウォーターズ
【出演】マシュー・マコノヒー、ジェニファー・ガーナー、エマ・ストーン(「スーパーバッド」)
【内容】弟の結婚式で、独身者はロマンティックな過去にとらわれる。
【アメリカ内の評価】 普通
【公開前興行収入予想】 7千万ドル
マシュー・マコノヒー主演のラブコメにしては物足りない結果に終わりそうだ。

マーク・S・ウォーターズ監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆03年「フォーチュン・クッキー」トータル110百万ドル
先33→58→74→87→97(OP22百万ドル)
☆04年「ミーン・ガールズ」トータル86百万ドル
OP24→42→55→65→72
☆05年「恋人はゴースト」トータル48百万ドル
OP16→30→38→44→46
☆08年「スパイダーウィックの謎」トータル71百万ドル
先21→44→55→62→65(OP19百万ドル)
☆09年「Ghosts of Girlfriends Past」
OP15→30百万ドル→
「恋人はゴースト」以外は、7千~1億1千万ドルを稼いでいるが、「恋人はゴースト」と同じような動きになっている。
これらとの対比で考えると、「Ghosts of Girlfriends Past」の興行収入は48~61百万ドルとなる。
「恋人はゴースト」トータル48百万ドルを超えるかどうかが注目となる。
「恋人はゴースト」同様に、ゴーストモノは不評なのか。

マシュー・マコノヒー主演作の興行収入は以下の通り。
☆03年「10日間で男を上手にフル方法」トータル106百万ドル
OP24→47→65→78→87(※ケイト・ハドソン共演)
☆05年「サハラ」トータル69百万ドル
OP18→36→49→57→62(※ペネロペ・クルス共演)
☆05年「トゥー・フォー・ザ・マネー」トータル23百万ドル
OP09→17→21→22→23
☆06年「恋するレシピ」トータル89百万ドル
OP24→48→64→73→79(※サラ・ジェシカ・パーカー共演)
☆06年「マーシャルの悲劇」トータル44百万ドル
先07→25→35→38→41(OP6百万ドル)
☆08年「フールズ・ゴールド」トータル70百万ドル
OP22→42→53→59→63(※ケイト・ハドソン共演)
☆09年「Ghosts of Girlfriends Past」
OP15→30百万ドル→
ラブコメ系ならば、7千~1億ドルを稼ぎ出す優秀な俳優。
ラブコメ作品との対比で考えると、「Ghosts of Girlfriends Past」の興行収入は50~68百万ドルとなる。
粘ったとしても、5千万ドル前後が落ち着きどころか。

ジェニファー・ガーナー主演作の興行収入は以下の通り。
☆04年「13ラブ30サーティン・ラブ・サーティ」トータル57百万ドル
OP21→35→43→49→52
☆05年「エレクトラ」トータル24百万ドル
☆06年「恋は突然に。」トータル16百万ドル
☆07年「キングダム/見えざる敵」トータル48百万ドル
「13ラブ30サーティン・ラブ・サーティ」との対比で考えると、「Ghosts of Girlfriends Past」の興行収入は49百万ドルとなる。
やはり、この辺りが落ち着きどころか。

去年公開されたラブコメ作品がライバルになるかと思ったが、厳しそうだ。
☆「ベガスの恋に勝つルール」トータル80百万ドル
OP20→40→54→66→72→76
☆「幸せになるための27のドレス」トータル77百万ドル
OP23→45→57→65→69→73
☆「寝取られ男のラブバカンス」トータル63百万ドル
OP18→35→45→51→55→58
☆09年「Ghosts of Girlfriends Past」
OP15→30百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Ghosts of Girlfriends Past」の興行収入は51~60百万ドルとなる。
マックス6千万ドル、ミニマム4千万ドル後半というところか。
現時点では、5千万ドル前後が落ち着きどころだろう。

4位:「Obsessed」(サスペンス)
【現在の興行収入】 56百万ドル(先週比+9百万ドル)
【監督】スティーヴ・シル(テレビで活躍)
【出演】ビヨンセ・ノウルズ、イドリス・エルバ(「28週後…」)、アリ・ラーター
【内容】美しい妻をもつ成功したビジネスマンは女性ストーカーの標的となる。
【アメリカ内の評価】 悪い
【公開前興行収入予想】 4.5千万ドル
製作費20百万ドルをあっさりと回収している。
評価は悪いが、ビヨンセ主演のサスペンス作品が絶好調となっている。
マドンナ、マライアなどが挑んでは失敗してきたが、女優としても成功したシンガーといえる。

ビヨンセ主演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「オースティン・パワーズ/ゴールド・メンバー」トータル213百万ドル
☆03年「ファイティング・テンプテーションズ」トータル30百万ドル
OP12→20→25→27→29
☆06年「ピンクパンサー」トータル82百万ドル
OP20→42→61→70→75
☆06年「ドリームガールズ」トータル103百万ドル
☆08年「Cadillac Records」トータル8百万ドル
☆09年「Obsessed」
OP29→47→56百万ドル→
3週目でようやく「ピンクパンサー」を下回った。
「ファイティング・テンプテーションズ」「ピンクパンサー」との対比で考えると、「Obsessed」の興行収入は67~75百万ドルとなる。
目標は引き続き「ピンクパンサー」というところになるが、7千万ドル程度の興行収入にはなりそうだ。
「ピンクパンサー」を超えることは厳しそうだが、ビヨンセの人気の高さが窺われる興行収入となりそうだ。

本作はホラー作品ではないが、最近ヒットしたオリジナルホラー作品も参考になる。
☆08年「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」トータル53百万ドル(※リヴ・タイラー主演)
OP21→37→45→50
☆09年「The Unborn」トータル43百万ドル
OP20→33→39→41
☆09年「Obsessed」
OP29→47→56百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Obsessed」の興行収入は62~66百万ドルとなる。
ミニマムは6千万ドル台というところか。

大物主演女優によるサスペンス作品の興行収入は以下の通り。
☆07年「シャッフル」トータル48百万ドル(※サンドラ・ブロック)
OP18→32→39→45→47
☆07年「ブレイブワン」トータル37百万ドル(※ジョディ・フォスター)
OP13→25→31→34→36
☆04年「テイキング・ライブス」トータル33百万ドル(※アンジェリーナ・ジョリー)
OP11→22→27→30→32
☆08年「ブラックリスト」トータル29百万ドル(※ダイアン・レイン)
OP11→19→24→27→28
☆07年「パーフェクト・ストレンジャー」トータル24百万ドル(※ハル・ベリー)
OP11→18→22→23→23
☆09年「Obsessed」
OP29→47→56百万ドル→
サスペンス作品は基本的には稼ぎにくいジャンルであるはずだが…。
「パーフェクト・ストレンジャー」以外との対比で考えると、「Obsessed」の興行収入は67~69百万ドルとなる。
マックス8千万ドル、ミニマム6千万ドルというところか。
現時点では、7千万ドル程度が落ち着きどころではないか。
評価も低いが、ビヨンセ主演作ということでもあり、引き続き、ある程度の需要は見込めるので、この程度までは伸ばすのではないか。

5位:「セブンティーン・アゲイン」(ファンタジーコメディ)
【現在の興行収入】 54百万ドル(先週比+5百万ドル)
【監督】バー・スティアーズ(TVで活躍、主な代表作なし)
【出演】ザック・エフロン、マシュー・ペリー(「フレンズ」)、レスリー・マン(「ノックトアップ」)
【内容】妻や子ども達に相手にされなくなった男が17歳の容姿に戻り、高校生としてやり直す。
【アメリカ内の評価】 それほど悪くない
【公開前興行収入予想】 8千万ドル
既に伸びがなくなってしまっており、あまり高い興行収入は期待できそうもない。
もうちょっとブレイクするかと思ったが、期待が高すぎたかもしれない。
しかし、ザック・エフロンとしては、良いキャリアにはなったことだろう。

人気アイドルのザック・エフロン主演作の興行収入は以下の通り。
☆07年「ヘアスプレー」トータル119百万ドル(※主演ではない)
OP27→60→79→92→101→107
☆08年「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」トータル91百万ドル
OP42→62→76→84→087
☆09年「セブンティーン・アゲイン」
OP24→40→49→54百万ドル→
「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」との対比で考えると、「セブンティーン・アゲイン」の興行収入は59百万ドルとなる。
この辺りが落ち着きどころか。

アイドル映画といえば、「Hannah Montana The Movie」が公開されている。
☆09年「Hannah Montana The Movie」
OP32→57→66→71→74百万ドル→
☆09年「セブンティーン・アゲイン」
OP24→40→49→54百万ドル→
この勝負は、「Hannah Montana The Movie」に軍配が上がりそうだ。

トム・ハンクス主演作の88年「ビッグ」(トータル115百万ドル)のような、突然大人になったり、逆に若返ったり、体が入れ替わったり、何かのパワーを持つコメディ作にはヒットが多い。
「フォーチュン・クッキー」はリンジー・ローハン主演作であり、彼女は大ブレイクしたものの一気に没落してしまったが。
☆03年「フォーチュン・クッキー」トータル110百万ドル
OP33→58→74→87→97→102
☆08年「ベッドタイム・ストーリー」トータル110百万ドル(OP27百万ドル)
先38→86→97→104→108→109
☆07年「エバン・オールマイティ」トータル100百万ドル
OP31→61→79→88→94→96
☆01年「愛しのローズマリー」トータル71百万ドル
OP23→41→55→61→65→67
☆04年「13ラブ30サーティン・ラブ・サーティ」トータル57百万ドル
OP21→35→43→49→52→54
☆09年「セブンティーン・アゲイン」
OP24→40→49→54百万ドル→
「フォーチュン・クッキー」以外との対比で考えると、「セブンティーン・アゲイン」の興行収入は57~68百万ドルとなる。
もはや伸びが期待できないので、6千万ドル前後が落ち着きどころか。
テーマがかなり近い「13ラブ30サーティン・ラブ・サーティ」トータル57百万ドルを超えれば、当面の課題はクリアといえるのではないか。

7位:「路上のソリスト」(ミュージックドラマ)
【現在の興行収入】 24百万ドル(先週比+6百万ドル)
【監督】ジョー・ライト
【出演】ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニーJr.、キャサリン・キーナー(「カポーティ」)
【内容】ロサンゼルスの新聞記者は、路上生活者の音楽家と親しくなる。
【アメリカ内の評価】 高い
【公開前興行収入予想】 3.5千万ドル
感動作であり、粘り込む作品と思われるので、どこまで粘れるかが注目となる。
しかし、賞レース向けの作品だったようだが、公開日が何度か変更されており、それほどの粘りは期待できないかもしれない。

ジョー・ライト監督作品の興行収入は以下の通り。
☆05年「プライドと偏見」トータル38百万ドル
3週目拡大16→22→26→29→31
☆07年「つぐない」トータル51百万ドル
5週目拡大19→25→32→38→42
☆09年「路上のソリスト」
OP10→18→24百万ドル→
「プライドと偏見」を超えられるかどうかが注目となる。

ジェイミー・フォックス主演作品のうち、アクションを除外した作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「RAY」トータル75百万ドル
OP20→40→53→59→65
☆09年「路上のソリスト」
OP10→18→24百万ドル→
これとの対比で考えると、「路上のソリスト」の興行収入は34百万ドルとなる。
「RAY」の伸びは高いので、これをやや下回る3千万ドル程度が落ち着きどころか。

ロバート・ダウニーJr. 主演作品のうち、アクションを除外した興行収入は以下の通り。
☆07年「ゾディアック」トータル33百万ドル
OP13→24→29→32→32
☆09年「路上のソリスト」
OP10→18→24百万ドル→
これとの対比で考えると、「路上のソリスト」の興行収入は27百万ドルとなる。
この辺りがミニマムラインとなりそうだ。

“音楽”を題材とした感動作は以下の通り。
☆07年「奇跡のシンフォニー」トータル32百万ドル
OP13→20→25→28→29
☆09年「路上のソリスト」
OP10→18→24百万ドル→
これとの対比で考えると、「路上のソリスト」の興行収入は31百万ドルとなる。
ミニマム2.5千万ドル、マックス3.5千万ドルというところか。
評価は高く伸びはありそうなので、3千万ドルには乗せるだろうか。
今年公開された伝説ラッパーの生涯を描いた「Notorious」がトータル37百万ドルとなっている。
賞レースに絡んだりすると、かなり高い興行収入になるものもあるが、音楽伝記映画のうち、興行収入が期待される作品の落ち着きどころがこの辺りとなるようだ。

8位:「モンスターVSエイリアン」(3Dアニメ)
【現在の興行収入】 187百万ドル(先週比+5百万ドル)
【監督】ロブ・レターマン(「シャーク・テイル」)、コンラッド・ヴァーノン(「シュレック2」)
【出演】リース・ウィザースプーン、レイン・ウィルソン(「サハラ」)、スティーヴン・コルバート(「奥さまは魔女」)
【内容】結婚式の日に隕石にぶつかり巨大化した女性などを政府は秘密に集めており、エイリアンの襲撃の際に彼らの出動となる。
【アメリカ内の評価】 それほど悪くない
【公開前興行収入予想】 1億9千万ドル
製作費175百万ドルという高額な制作費を既に回収している。
予告編を見る限りでは、なかなか面白そうなアニメであり、かなり粘っている。
3Dということで単価も高いことも影響しているか。

ドリームワークスのアニメ作品の興行収入は以下の通り(「シュレック」を除く)。
☆08年「カンフー・パンダ」トータル215百万ドル
OP60→117→156→179→193→202→207→209
☆05年「マダガスカル」トータル194百万ドル
OP47→100→128→147→160→171→179→184
☆08年「マダガスカル2」トータル180百万ドル
OP63→117→137→159→166→170→172→175
☆04年「シャーク・テイル」トータル161百万ドル
OP48→087→119→137→147→154→158→158
☆06年「森のリトルギャング」トータル155百万ドル
OP38→076→112→130→139→145→148→150
☆07年「ビー・ムービー」トータル127百万ドル
OP38→072→094→112→118→121→122→123
☆09年「モンスターVSエイリアン」
OP59→105→140→163→175→182→187百万ドル→
これらとの対比で考えると、「モンスターVSエイリアン」の興行収入は191~203百万ドルとなる。
「マダガスカル2」トータル180百万ドルを既に超えた。
2億ドルを突破できるかどうかがポイントなる。

2億ドル前後のアニメ作品は以下の通り。
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル261百万ドル
OP70→143→178→214→226→233→237→242→252→255
☆01年「モンスターズ・インク」トータル256百万ドル
OP63→122→156→192→204→212→219→224→236→245
☆06年「カーズ」トータル244百万ドル
OP60→117→157→183→206→220→229→234→238→239
☆08年「ウォーリー」トータル224百万ドル
OP63→127→163→183→195→204→210→214
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル206百万ドル
OP47→110→143→166→180→188→193→197→199→201
☆06年「ハッピーフィート」トータル198百万ドル
OP42→099→122→138→149→159→176→185
☆06年「アイス・エイジ2」トータル195百万ドル
OP68→116→147→168→178→183→188→189
☆09年「モンスターVSエイリアン」
OP59→105→140→163→175→182→187百万ドル→
「モンスターズ・インク」以外との対比で考えると、「モンスターVSエイリアン」の興行収入は194~210百万ドルとなる。
やはり、2億ドル突破が目標となる。
かなり厳しいラインだが、ギリギリで超えてくるのではないか。
しかし、「ウォーリー」トータル224百万ドル、ドリームワークス作品の「カンフー・パンダ」トータル215百万ドルには当然届かないだろう。

9位:「Earth」(ドキュメンタリー)
【現在の興行収入】 26百万ドル(先週比+4百万ドル)
【監督】アラステア・フォザーギル(「ディープ・ブルー」)、マーク・リンフィールド
【出演】パトリック・スチュアート
【内容】ホッキョクグマなどの4組の動物の家族を移動を辿るドキュメンタリー。
【アメリカ内の評価】 かなり高い
【公開前興行収入予想】 3.5千万ドル
日本では一年前に公開されてトータル24.0億円の興行収入となったドキュメンタリー。
エコブームに乗って、ディズニーが新たに立ち上げたプロジェクトであるディズニーネイチャーの配給作品である。

ドキュメンタリー映画の興行収入は以下の通り。
☆04年「華氏911」トータル119百万ドル
☆05年「皇帝ペンギン」トータル77百万ドル
6週目16→7週目拡大26→38→48→56
☆07年「シッコ」トータル25百万ドル
☆06年「不都合な真実」トータル24百万ドル
☆02年「ボウリング・フォー・コロンバイン」トータル22百万ドル
☆09年「Earth」
先14→22→26百万ドル→
「皇帝ペンギン」トータル77百万ドルを超えるのは無理だが、「シッコ」は超えたので、ドキュメンタリー部門では、歴代3位の興行収入となった。
ドキュメンタリーとしては、十分なヒットといえるだろう。

実際の動物を主人公にしたヒューマンドラマは以下の通り。
☆04年「トゥー・ブラザーズ」トータル19百万ドル(※トラの兄弟)
OP06→12→16→17
☆09年「Earth」
先14→22→26百万ドル→
これとの対比で考えると、「Earth」の興行収入は31百万ドルとなる。
現時点では3千万ドル台が落ち着きどころとなりそうだ。

10位:「Hannah Montana The Movie」(ファミリーコメディ)
【現在の興行収入】 74百万ドル(先週比+3百万ドル)
【監督】ピーター・チェルソム
【出演】マイリー・サイラス、エミリー・オスメント(「スパイキッズ」シリーズ)、ビリー・レイ・サイラス
【内容】アイドルとしての人気によって自分の人生を見失いかけたとき、故郷へ旅をすることとする。
【アメリカ内の評価】 かなり悪い
【公開前興行収入予想】 6千万ドル
アメリカのアイドルのジョナス・ブラザーズのコンサート映画がトータル19百万ドルと大コケしたが、本作は大コケがなく大ヒットとなっている。
トップアイドルである16歳のマイリー・サイラスの人気は想像以上のようだ。
ただ、アイドルといってもティーンの女性に人気があるようである。
夢を掴んだティーンアイドルに対する憧れというのがあるのだろう。

コンサートムービーの「ハンナ・モンタナ/ザ・コンサート 3-D」の興行収入は以下の通り。
☆08年「ハンナ・モンタナ/ザ・コンサート 3-D」トータル65百万ドル
OP31→53→58→62→63
☆09年「Hannah Montana The Movie」
OP32→57→66→71→74百万ドル→
「ハンナ・モンタナ/ザ・コンサート 3-D」よりも伸びがよいので、合格だろう。
これとの対比で考えると、「Hannah Montana The Movie」の興行収入は76百万ドルとなる。
現時点では7千万ドル後半の興行収入となりそうだ。

日本同様に、テレビの映画化はヒットする傾向にある。
☆08年「セックス・アンド・ザ・シティ」トータル153百万ドル
OP57→99→120→132→140
☆08年「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」トータル91百万ドル
OP42→62→076→084→087
☆09年「Hannah Montana The Movie」
OP32→57→066→071→074百万ドル→
「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」との対比で考えると、「Hannah Montana The Movie」の興行収入は77百万ドルとなる。
8千万ドルラインがマックスラインとなりそうだ。

ピーター・チェルソム監督作品の興行収入は以下の通り。
☆01年「セレンディピティ」トータル50百万ドル
OP13→26→34→40→43
☆04年「Shall we Dance?」トータル58百万ドル
OP12→24→34→42→49
まともな監督に依頼しているのもプラスに働いたようだ。
評価がいくら悪くても、ムーブメントは止まらないものだと実感させられる。
無駄な抵抗は止めた方がいいのかもしれない。


次週のランキングには以下のような作品が登場予定。
☆トム・ハンクス主演のサスペンス「天使と悪魔」
「ダ・ヴィンチ・コード」トータル218百万ドルの再現はなるのか。
大きなムーブメントにはならないとは思うが、それほど悪くはない結果になるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1337-9c1f9509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。