ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月3週目新作予想)【映画】

東宝のホームページを見ると、最近では一席ごとの予約状況を確認できるようになっている。
試しに、六本木ヒルズ辺りのものを見て欲しい。

新作予想をするにあたり、今までも予約状況をほとんど考慮せずに、過去のデータや自分の勘やイメージに基づいて行ってきたところであるが、金曜日の夜に一生懸命予想をしても、その時点で“答え”がほとんど出てしまっている状況にある。

それではあまり意味がないので、なるべく木曜日までに新作予想を行いたいと思う。
今後も予約状況を考慮しない予想を心がけたい。
今までも精度は低く、さらにいっそう精度は落ちるとは思うが、「余命1か月の花嫁」のように「また、とんでもない予想をしているな」ということを含めて、楽しんでいただければ、幸いである。
当てることだけが全てではない。
外れることの方が学べることは多い。


次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

○:「天使と悪魔」(ソニー)
<356館程度にて順次公開予定>(当然もっと多いと思われる)
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 ロン・ハワード
ロン・ハワード監督作品の興行収入は以下の通り。
☆95年公開「アポロ13」※配給収入20億円
☆97年公開「身代金」※配給収入14億円
☆02年公開「ビューティフル・マインド」トータル19.9億円
☆05年公開「シンデレラマン」トータル12.6億円
☆06年公開「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円
配給収入は、興行収入の50~70%程度といわれている。
前作「ダ・ヴィンチ・コード」のようなヒットは期待できないが、「ビューティフル・マインド」程度は余裕で超えそうだ。

【キャスティング】 トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー
トム・ハンクス主演作品の興行収入は以下の通り。
☆01年公開「キャスト・アウェイ」トータル32.7億円
☆02年公開「ロード・トゥ・パーディション」トータル14.5億円
☆03年公開「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル29.0億円(※助演)
☆04年公開「レディ・キラーズ」不明(3~4億円程度か)
☆04年公開「ターミナル」トータル41.5億円(年末公開)
OP4.0→不明→24.0→31.0→33.8→36.9→38.9
☆06年公開「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円
☆08年公開「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」トータル4.6億円
OP1.1→2.8→3.8→4.2→4.4
日本での実績が非常に高い俳優。
スピルバーグ監督の実績もあるが、「ターミナル」程度で40億円オーバーは評価できる。
今回は、「キャスト・アウェイ」トータル32.7億円、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル29.0億円と同程度となるのではないか。
上手くいけば「ターミナル」が視野に入りそうだが、宗教絡みのサスペンス作品は本来ならば、それほど好まれる題材ではない。

【題材】 「サスペンス」「続編」「宗教」「秘密結社」
本作は「ダ・ヴィンチ・コード」の続編だが、「ダ・ヴィンチ・コード」よりも前の時代を描いたものとなっているようだ。
☆06年公開「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円
OP12.8→36.0→51.8→62.6→70.3→76.1
相当に頑張ったとしても、半分も稼げないだろう。
「ダ・ヴィンチ・コード」の3分の1が落ち着きどころか。
30億円台の興行収入になるのではないか。

【予告編・TVCM】 量・多/デキ・普
量に関しては、相当前からCMを打っており、知名度は高いと思われる。
デキに関しては、普通というところか。
要所は押さえているが、ポイントとなるべき点が足りない。
「面白い謎がありそうだ」とアピールし切れていない点がマイナスとなっている。

【支持基盤・ターゲット】 全般(やや年齢層高い)
全般向きの作品なので、大きくコケることは考えられない。
「ダ・ヴィンチ・コード」のような爆発的なヒットも期待できないことはないが、「ダ・ヴィンチ・コード」のデキもよかったわけではなく、厳しいのではないか。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「最高の人生の見つけ方」トータル13.5億円(オープニング1.9億円)
☆「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」トータル30.0億円(週末2日5.5億円)
<2007>
☆「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」トータル109.0億円(オープニング3日19.4億円)
アメリカでは5月から大作が続々と公開される。
日本では稼ぎ時のゴールデンウィーク後の公開でも、特に問題はないようだ。
「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」辺りが当面のライバルとなるか。

【評価・予想】 36.0億円(オープニング3日7.0億円)
「ダ・ヴィンチ・コード」は例外的な作品であり、小難しくて、暗めのサスペンス作品は基本的にはそれほど好まれないはずだ。
「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円の3分の1程度だろうか。
少々おまけして「ダ・ヴィンチ・コード」観た10人に4人が本作を観ると考えて、「天使と悪魔」の興行収入を36億円と予想したい。
オープニング3日は7.0億円程度だろうか。

近年の30億円前後の興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「ライラの冒険 黄金の羅針盤」トータル37.5億円(先行外オープニング5.5億円)
☆「ハンコック」トータル31.0億円(先行外オープニング5.8億円)
☆「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」トータル30.0億円(週末5.5億円)
☆「魔法にかけられて」トータル29.1億円(先行外3.3億円)
<2007>
☆「アイ・アム・レジェンド」トータル43.1億円(オープニング3日7.2億円)
☆「トランスフォーマー」トータル40.1億円(オープニング6.3億円)
☆「ダイハード4.0」トータル39.1億円(先行込み8.9億円)
☆「ナイトミュージアム」トータル35.7億円(先行外4.3億円)
☆「オーシャンズ13」トータル32.0億円(先行外3日4.9億円)
☆「バイオハザードⅢ」トータル28.5億円(オープニング6.0億円)
36億円はやや低すぎるかもしれないが、ファミリー向けでもなく、アクションでもないので、妥当なラインと思うが、どうなるだろうか。


×:「60歳のラブレター」(松竹・テレビ東京)
<189館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 深川栄洋
「真木栗ノ穴」といった作品があるらしいが、興行収入においてはプラスにはならない。
脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの古沢良太なので、脚本家の名前は多少のプラスを期待できる。

【キャスティング】中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵
興行収入的には期待できるキャスティングではない。

【題材】 「ヒューマンドラマ」「夫婦」「人生」
いったいどういう興行収入になるかが、想像できない。
しかし、大ヒットすることはなく、地味な感動作ということに落ち着くか。
規模が小さいヒューマンドラマは以下の通り。
☆08年「明日への遺言」トータル6.0億円
OP0.8→2.4→不明→4.4→4.9
☆07年「めがね」トータル5.0億円
祝込3日0.8→1.7→2.6→3.3
☆08年「西の魔女が死んだ」トータル4.5億円
OP0.5→1.6→2.4→3.1→3.6
☆08年「グーグーだって猫である」トータル3.6億円
OP0.6→1.8→2.5→3.0→3.2
これらを踏まえると、3~4億円程度になるのではないか。

年配層向けや地味なヒューマンドラマ系の松竹作品は以下の通り。
☆07年「象の背中」トータル5.7億円
OP0.9→2.9→4.1→4.9→5.4
☆08年「築地魚河岸三代目」トータル3.4億円
OP0.5→1.6→2.3→2.8→3.0
☆07年「やじきた道中 てれすこ」トータル3.0億円
OP0.4→1.4→2.1→2.6→2.8
☆07年「ラストラブ」トータル2億円後半見込み
OP0.4→1.4→1.9→2.3→祝込2.5
☆07年「天国は待ってくれる」トータル2.5億円
祝込3日0.8→1.4→1.9→2.3
やはり、3億円程度が落ち着きどころか。
年配層向けの直球のヒューマンドラマ系なので、「ラストラブ」「天国は待ってくれる」のように大きくはハズさないだろう。

【予告編・TVCM】 不明
見たことがない。
ホームページで確認したところ、ピンと来ないつくりになっているので、大ヒットはなさそうだ。

【支持基盤・ターゲット】 年配層
不安定な客層に期待することとなる。
大コケもありそうだ。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「山のあなた 徳市の恋」トータル3億円前後(オープニング0.5億円)
☆「アフタースクール」トータル5.5億円(オープニング0.7億円)
<2007>
☆「眉山/びざん」トータル12.1億円(オープニング1.3億円)
☆「俺は、君のためにこそ死ににいく」トータル10.8億円(オープニング1.8億円)
☆「パッチギ! LOVE&PEACE」トータル6.0億円(オープニング0.6億円)
☆「初雪の恋/ヴァージン・スノー」トータル1.7億円見込み(オープニング0.3億円)
マックスラインは「パッチギ! LOVE&PEACE」「アフタースクール」となるか。
しかし、それほどのヒットは期待できないので「山のあなた 徳市の恋」レベルではないか。
まさか「初雪の恋/ヴァージン・スノー」レベルではないだろう。

【評価・予想】 3.5億円(オープニング4千万円)
上述から、だいたい3.5億円程度と予想したい。
オープニングは4千万円程度だろうか。
正直どうなるのかよく分からないので、大きくズレるかもしれないが、この程度ではないか。


先週の週末の数字がはっきりとは分からないので、適当。
予想順位(今週) 自己評価 タイトル(主な公開劇場) 基準値
1(-) ○「天使と悪魔」(TOHOシネマズ日劇1)5.7
2(1) ×「余命1か月の花嫁」(TOHOシネマズ日劇2)
3(2) 済「レッドクリフ PartⅡ」(TOHOシネマズ日劇1)
4(3) ×「名探偵コナン 漆黒の追跡者」(有楽座)
5(4) ▲「GOEMON」(丸の内ピカデリー)
6(5) ×「超・仮面ライダー電王&ディケイド」(新宿バルト9)
7(-) ×「60歳のラブレター」(丸の内ピカデリー)0.4
8(7) ○「グラン・トリノ」(丸の内ピカデリー)
9(6) ×「クローズZERO Ⅱ」(TOHOシネマズ六本木ヒルズ)
10(9) 済「スラムドッグ$ミリオネア」(日比谷シャンテ)

[個人評価]
◎ 絶対観たい作品
○ できれば観たい作品
▲ ひまがあれば観てもいいかもしれない作品
△ 映画館では観ないけどDVDだったら観るかもしれない作品
× 一度も観ることはないでしょうの作品
済 鑑賞済み作品
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1341-e2fb0207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。