ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月4週目新作予想)【映画】

関西地方を中心に広がりを見せている新型インフルエンザのため、今週末の映画館にはかなり影響が出そうだ。
大阪・兵庫の興行収入はかなり減るのではないか。
予想をすることすら止めようかと思ったが、参考までに通常ベースで予想しておきたい。
もし、予想が当たったら、実際にはハズレかもしれない。
どの程度の影響があるかが注目だ。

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

×:「BABY BABY BABY!」(東映・フジテレビ)
<226館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 両沢和幸
両沢和幸監督作品の興行収入は以下の通り。
☆02年「ナースのお仕事 ザ・ムービー」トータル14.4億円
☆07年「Dear Friends」トータル3.0億円(オープニング0.4億円)
「ナースのお仕事」のようなヒットにはならないだろう。
「Dear Friends」はさすがに超えるか。

【キャスティング】 観月ありさ、松下由樹、谷原章介、神田うの
観月ありさは05年「鳶がクルリと」が大コケしている。
「鳶がクルリと」は企画自体無理がある作品だが、映画の主演としては観月ありさでは厳しいのではないか。
主演ドラマの視聴率は悪くはないが、映画とは別モノと考えた方がよいだろう。
谷原章介には「ハンサム★スーツ」があるが、これは塚地の功績も大きいか。
☆08年「ハンサム★スーツ」トータル8.6億円
OP1.5→3.9→5.6→6.7→7.6
これを下回るのではないか。

【題材】 「コメディ」「出産」
アメリカで大ヒットした「ノックトアップ」「Juno」辺りを参考にしたのだろうか。
アメリカでは受けたが、日本では微妙な題材。
東映作品らしく、21世紀の作品とは思えない仕上りになっている。
少なくとも自分は1%も見たいとは思わないのでコケるのではないか。
自分の感性が正しいのか、それとも女性向けの映画と思われるので女性の支持を受けるのか楽しみだ。
なるべく主観的な予想は避けるようにしているが、これがヒットしたら、自分の予想スタイルをいっそう変更せざるを得ない。

【予告編・TVCM】 量・多/デキ・普
木下工務店がチカラを入れているので、CMがやたらに多い。
映画というものは、CMのチカラだけでヒットするわけではないが、量に関しては脅威に感じられる。
デキに関しては、普通の仕上りとなっている。
マイナス材料もないが、プラス材料も多くはない。

【支持基盤・ターゲット】 「女性オンリー」
女性向け作品だが、多くの女性が支持するとは思えない。
レディースデイの動員が多少期待できるので、致死レベルの大コケはないか。

【同時期に公開された近年の作品】
☆「僕の彼女はサイボーグ」トータル7.0億円(オープニング1.8億円)
☆「アフタースクール」トータル5.5億円(オープニング0.7億円)
☆「山のあなた 徳市の恋」トータル3億円前後(オープニング0.5億円)
<2007>
☆「眉山/びざん」トータル12.1億円(オープニング1.3億円)
☆「俺は、君のためにこそ死ににいく」トータル10.8億円(オープニング1.8億円)
☆「パッチギ!LOVE&PEACE」トータル6.0億円(オープニング0.6億円)
☆「しゃべれども しゃべれども」トータル2億円半ば(オープニング0.4億円)
「僕の彼女はサイボーグ」トータル7.0億円を下回るのではないか。

【評価・予想】 4.5億円(オープニング6千万円)
フジテレビが絡んでおり、CMの量も多いので、ヒットする可能性はあるが、コケると考えたい。
一応感動モノのデートムービー「僕の彼女はサイボーグ」(トータル7.0億円)を下回るのではないか。
これの7割程度と考えれば、5億円程度が落ち着きどころとなる。
「おっぱいバレー」(オープニング8.4千万円)、「未来予想図/ア・イ・シ・テ・ルのサイン」トータル5.3億円(オープニング3日1.3億円)といった微妙な作品も5億円程度である。
「BABY BABY BABY!」の興行収入はこれらを下回る4.5億円と予想したい。
オープニングは6千万円程度だろうか。
CMのチカラでこの程度は稼いで欲しいところ。


△:「重力ピエロ」(アスミック・テレビ朝日)
<173館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 森淳一
森淳一の監督作品は以下の通り。
01年「Laundry」、04年「恋愛小説」など。
彼の作品を見たことはないが、評価は悪くはないようだ。

【キャスティング】加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子
加瀬には07年「それでもボクはやってない」、岡田には「ホノカアボーイ」といった作品があるが、興行収入的には期待できるキャスティングではない。
しかし、本作はキャスティングで客を呼ぶ類の作品ではない。

【題材】 「伊坂幸太郎小説の映画化」「家族」
売れっ子小説家の伊坂幸太郎作品は多く映画化されている。
今後も多くの作品がリリース予定。
☆06年「陽気なギャングが地球を回す」データなし
OP0.4→1.0
☆07年「アヒルと鴨のコインロッカー」データなし
☆08年「Sweet Rain 死神の精度」トータル5.0億円(公開時規模266館)
OP0.8→2.5→3.7→4.4
☆08年「フィッシュストーリー」データなし
「Sweet Rain 死神の精度」以外はビジネスラインに乗っているとは思えない。
「Sweet Rain 死神の精度」にしてもヒットとはいいにくいが、本作でヒットとなるだろうか。
「Sweet Rain 死神の精度」を超えることが当面の目標か。
そろそろビッグヒットになるような気がする。

【予告編・TVCM】 不明
「映像化不可能」というようなCMを観たことがある気がするが、記憶に残っていない。
ホームページでいくつかのバージョンを観たが、あまりピンとはこない。
伊坂や原作を知らない者があまり興味を示すとは思えない作りにはなっている。

【支持基盤・ターゲット】 「原作愛読者」「20~30歳代の男女」
伊坂のファンや原作を読んでいる人(100万部を超えているらしい)などが中心となるか。
原作愛読者限定作品というわけでもなさそうであり、原作を読んでいない者も興味を示せば、ビッグヒットになる可能性はある。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「僕の彼女はサイボーグ」トータル7.0億円(オープニング1.8億円)
☆「アフタースクール」トータル5.5億円(オープニング0.7億円)
☆「山のあなた 徳市の恋」トータル3億円前後(オープニング0.5億円)
<2007>
☆「眉山/びざん」トータル12.1億円(オープニング1.3億円)
☆「俺は、君のためにこそ死ににいく」トータル10.8億円(オープニング1.8億円)
☆「パッチギ!LOVE&PEACE」トータル6.0億円(オープニング0.6億円)
☆「しゃべれども しゃべれども」トータル2億円半ば(オープニング0.4億円)
大規模公開ではない「アフタースクール」「パッチギ!LOVE&PEACE」クラスのヒットになるのではないか。
ロングセールスが期待でき、5~7億円程度が落ち着きどころか。

【評価・予想】 7.0億円(オープニング1.2億円)
宮城県ではゴールデンウィーク前に先行公開されており、かなり評価が高い作品のようだ。
宮城県先行分がどの程度あるのか分からないが、数千万円は稼いでいるのではないか。
これがオープニングに乗っかるとやっかいなことになりそうだが、あまり考慮せずに予想したい。

近年アスミックエース配給で10億円を超えた作品は以下の通り。
☆06年「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」トータル18.0億円
OP3.0→8.2→11.0→13.0→15.0
☆03年「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」トータル15.0億円
☆04年「ピンポン」トータル14.0億円
☆06年「博士の愛した数式」トータル12.0億円
OP1.2→3.7→5.9→7.6→8.7
「博士の愛した数式」のような感動作というわけでもなさそうなので、さすがにここまでのヒットは期待できない

去年のアスミックエース配給作品は以下の通り。
☆08年「ハンサム★スーツ」トータル8.6億円
OP1.5→3.9→5.6→6.7→7.6
☆08年「明日への遺言」トータル5.6億円
OP0.8→2.4→不明→4.4→4.9
☆08年「西の魔女が死んだ」トータル4.5億円
OP0.5→1.6→2.4→3.1→3.6
☆08年「グーグーだって猫である」トータル3.6億円
OP0.6→1.8→2.5→3.0→3.2
「ハンサム★スーツ」以下、「明日への遺言」以上と考えたい。
ロングセールスの期待を込めて7億円と予想したい。
オープニングは宮城県先行分が乗らなければ、1.2億円程度だろうか。


○:「消されたヘッドライン」(東宝東和)
<280館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 ケヴィン・マクドナルド
ケヴィン・マクドナルドには07年公開「ラストキング・オブ・スコットランド」(1億円未満か)などがあるが、高い興行収入作品はまだない。
しかし、「運命を分けたザイル」「ブラック・セプテンバー」など評価の高い作品を監督しており、仕上りには高いものとなっているのではないか。

【キャスティング】 ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン
ラッセル・クロウ主演映画の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆02年公開「ビューティフル・マインド」トータル19.9億円
☆04年公開「マスター・アンド・コマンダー」トータル10.1億円
☆05年公開「シンデレラマン」トータル12.6億円
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円(オープニング3日2.4億円)
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル9億円見込み(オープニング1.1億円)
年末に公開された「ワールド・オブ・ライズ」を下回るのではないか。

ベン・アフレックが出演した映画の興行収入は以下の通り。
☆02年公開「トータル・フィアーズ」トータル21.0億円
☆03年公開「デアデビル」不明(10億円未満)
☆03年公開「ペイチェック」不明(10億円未満)
☆07年公開「スモーキン・エース」トータル1.0億円見込み
ピークが過ぎた元スターだが、復活となるだろうか。
10億円を超えるような作品ではなさそうだ。

【題材】 「ポリティックサスペンス」「陰謀モノ」「殺人事件」
「ポリティックサスペンス」は小難しく暗めの作風になるのでヒットしにくく、最近は「ザ・バンク 堕ちた虚像」がトータル2億円前半とコケたばかりだ。
最近のサスペンスモノの興行収入は以下の通り。
☆07年「ブラッド・ダイヤモンド」トータル9.9億円
OP1.5→4.2→6.2→7.5
☆08年「バンテージ・ポイント」トータル8.5億円
OP1.5→4.1→5.8→6.9
☆07年「パーフェクト・ストレンジャー」トータル7.9億円
OP1.7→4.4→6.3→7.4
☆07年「プレステージ」トータル5.0億円
OP1.1→2.8→3.8→4.4
☆08年「ラスベガスをぶっつぶせ」トータル4.5億円
OP1.1→2.5→3.3→3.9
☆07年「ゾディアック」トータル4.1億円
OP0.8→2.2→3.1→3.6
5億円ラインはさすがに突破するのではないかと思われる。
「バンテージ・ポイント」のような目新しさはないので、8億円以下になりそうだ。
7億円前後になるのではないか。

【予告編・TVCM】 量・普/デキ・普
CMを見た記憶はあるが、デキに関する記憶がない。
ヘレン・ミレンが叫んでいたような気がする。
あまりインパクトのあるデキではないということだろう。
したがって、大ヒットは望みにくい。
コケる方に注意が必要かもしれない。

【支持基盤・ターゲット】 「全般(やや年齢層高し)」
カップルがデートで楽しむ映画でもなく、女性向け作品というわけでもないので、ポリティカルサスペンスはあまりヒットが望みにくい。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「最高の人生の見つけ方」トータル13.5億円(オープニング1.9億円)
☆「ランボー最後の戦場」トータル9億円見込み(オープニング2.1億円)
☆「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」トータル4.6億円(オープニング1.1億円)
☆「ミスト」トータル3.6億円見込み(オープニング0.8億円)
<2007>
☆「GOAL!2」トータル1.8億円見込み(オープニング0.5億円)
☆「主人公は僕だった」トータル1.1億円見込み(オープニング0.3億円)
「ランボー最後の戦場」レベルのようなヒットにはならず、「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」がライバルになりそうだ。
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」はなんとか超えるだろう。

【評価・予想】 6億円(オープニング3日1.4億円)
大ヒットすることはなさそうだ。
大コケもあるかもしれないが、日本でも馴染みのあるキャスティングであり、評価もそれほど悪くはないと思われるので、無難な数字に落ち着くのではないか。
7億円前後が落ち着きどころと考えて、それほどヒットしそうもないので6億円と予想したい。
オープニングは高くも低くもなく、2日で1.1億円、3日で1.4億円程度だろうか。


予想順位(今週) 自己評価 タイトル(主な公開劇場) 基準値
1(1) ○「天使と悪魔」(TOHOシネマズ日劇1)3.8
2(2) ×「余命1か月の花嫁」(TOHOシネマズ日劇2)2.6
3(-) △「重力ピエロ」(シネカノン有楽町1丁目)1.2
4(3) 済「レッドクリフ PartⅡ」(TOHOシネマズ日劇3)1.2
5(-) ○「消されたヘッドライン」(TOHOシネマズスカラ座)1.1
6(5) ×「60歳のラブレター」(丸の内ピカデリー)0.8
7(4) ×「名探偵コナン 漆黒の追跡者」(有楽座)0.8
8(-) ×「BABY BABY BABY!」(丸の内TOEI①)0.6
9(7) ×「超・仮面ライダー電王&ディケイド」(新宿バルト9)0.5
10(6) ▲「GOEMON」(丸の内ピカデリー)0.5

[個人評価]
◎ 絶対観たい作品
○ できれば観たい作品
▲ ひまがあれば観てもいいかもしれない作品
△ 映画館では観ないけどDVDだったら観るかもしれない作品
× 一度も観ることはないでしょうの作品
済 鑑賞済み作品
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1359-b2eced48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。