ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入ランキング(5月第4週目新作予想) 【映画】

来週ランキング入りが期待できそうなのは、以下の作品。

○:「ターミネーター4」(SFアクション)<3530館程度>
【監督】マックG
【出演】クリスチャン・ベール、サム・ワーシントン、アントン・イェルチン、ブライス・ダラス・ハワード
【内容】ジョン・コナーとスカイネットの争いを描く。
【アメリカ内の評価】 かなり高い
【公開前興行収入予想】 1億8千万ドル
専門家の事前予想では、Memorial Dayを含む4日間で66.0・71.6・74.4百万ドルのオープニングを飾るとされている。
なお、本作は木曜日から公開されることとなっている。

クリスチャン・ベールのスタッフ罵倒騒動や、マックGの「クリスチャン・ベールのせいで脚本の書き直しを迫られた」といった発言があり、あまりいい印象がないので、爆発的な大ヒットしないのではないかと思ったが、どうやらヒットするようだ。
これほど高いオープニングを飾れるかは疑問だが、話題作でもあり予想に近い7千万ドル超のオープニングになりそうだ。
初動タイプになるかと思ったが、評価が高いので、ロングセールスも期待できるので、扱いがやっかいだ。

「ターミネーター」シリーズの興行収入は以下の通り。
☆84年「ターミネーター」トータル38百万ドル
☆91年「ターミネーター2」トータル205百万ドル
☆03年「ターミネーター3」トータル150百万ドル
先72(OP44)→110→128→137→143→146
「ターミネーター3」を超えることが当面の目標となりそうだ。

マックG監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年「チャーリーズ・エンジェル」トータル125百万ドル
OP40→75→93→109→115→119
☆03年「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」トータル101百万ドル
OP38→67→82→089→093→095
☆06年「マーシャルの悲劇」トータル44百万ドル
先07(OP06)→25→35→38→41
「チャーリーズ・エンジェル」シリーズ程度は楽に超えたいところだ。
監督として有能という評価があるわけではないので、爆発的に高い興行収入にはならないと思われる。
ただ、本作の評価は著しく高い。

クリスチャン・ベールの主な出演作は以下の通り。
☆05年「バットマン・ビギンズ」トータル205百万ドル
先73(OP49)→123→151→172→183→191
☆06年「プレステージ」トータル53百万ドル
OP15→29→39→46→49
☆07年「3:10 to Yuma」トータル54百万ドル
OP14→28→038→044→049→052→053
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
さすがに「バットマン・ビギンズ」は超えないのではないか。

描かれる時代が変わり、主役の演者も代わるので、最近の「起源」や「新シリーズ」を描いた流れになるのだろうか。
☆05年「バットマン・ビギンズ」トータル205百万ドル
先73(OP49)→123→151→172→183→191
☆06年「スーパーマン・リターンズ」トータル200百万ドル
先85(OP53)→142→164→178→186→190(※新シリーズ構想は消えたようだ)
☆06年「カジノ・ロワイヤル」トータル167百万ドル
OP41→094→116→129→138→144→153
☆09年「スター・トレック」
先79→148百万ドル→
☆09年「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」
OP85→129→151百万ドル→
2億ドル以下、1億5千万ドル以上となりそうだ。
1億8千万ドル程度が落ち着きどころか。
初動タイプの疑いは強いが、ある程度粘ると想定してみる。


△:「ナイト・ミュージアム2」(ファミリーアドベンチャー)<4096館程度>
【監督】ショーン・レヴィ
【出演】ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン、エイミー・アダムス、ロビン・ウィリアムズ
【内容】警備員ラリーはJedediah とOctaviusを助けるためにスミソニアンの研究所に向かう。
【アメリカ内の評価】 普通
【公開前興行収入予想】 1億6千万ドル
専門家の事前予想では、Memorial Dayを含む4日間で61.0・66.8・67.3百万ドルのオープニングを飾るとされている。
20世紀フォックス作品なのでレベルは低いとは思うが、ファミリー向け層の作品なので、需要はかなり高いだろう。
だいたい予想通り6千万ドル半ばのオープニングを飾るのではないか。

前作の興行収入は以下の通り。
☆06年「ナイトミュージアム」トータル251百万ドル
OP30→116→164→186→205→217(※年末公開)
前作ほどのヒットは期待できないまでも、ファミリー向け作品であり、大コケもなさそうだ。
6~7割程度となると、1億5千万ドル~1億8千万ドル程度となる。
この辺りが落ち着きどころだろう。

ベン・スティラー主演作は以下の通り。
☆04年「スタスキー&ハッチ」トータル88百万ドル
OP28→052→067→077→082→085
☆04年「隣のリッチマン」トータル14百万ドル
OP06→010→012→013→013→013
☆04年「ドッジボール」トータル114百万ドル
OP30→067→084→098→105→109
☆04年「ミート・ザ・ペアレンツ2」トータル279百万ドル
先71(OP46)→162→204→231→247→258(※年末公開)
☆07年「ライラにお手あげ(The Heartbreak Kid)」トータル37百万ドル
OP14→026→032→035→036→036
☆08年「トロピック・サンダー」トータル111百万ドル
先37(OP26)→066→084→097→103→107
「ドッジボール」「トロピック・サンダー」の1億1千万ラインは楽に超えるだろう。
しかし、さすがに2億ドルには届かないのではないか。

前作も手掛けたショーン・レヴィ監督作品の興行収入は以下の通り。
☆02年「ビッグ・ライアー」トータル48百万ドル
OP12→22→33→39→43→46
☆03年「ジャスト・マリッジ」トータル56百万ドル
OP18→33→43→50→53→54
☆03年「12人のパパ」トータル139百万ドル
先35(OP28)→86→101→112→123→128(※年末公開)
☆06年「ピンクパンサー」トータル82百万ドル
OP20→42→61→70→75→79
「ナイトミュージアム」トータル251百万ドルも手掛けている。
大コケがなく、興行収入的には非常に優秀な監督といえる。
本作もコケることはなく、標準レベルのファミリー作品程度稼ぎそうだ。

ファミリー向け作品の興行収入は以下の通り。
☆07年「アルビン/歌うシマリス3兄弟」トータル217百万ドル(FOX)
OP44→084→141→176→188→196(※年末公開)
08年「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」トータル143百万ドル(FOX)
先51(OP36)→107→124→133→138→140(※年末公開)
☆08年「ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛」トータル142百万ドル
OP55→091→115→126→132→136
☆07年「魔法にかけられて」トータル128百万ドル
先49(OP34)→70→84→92→98→111(※エイミー・アダムス主演)
☆07年「エバン・オールマイティ」トータル100百万ドル
OP31→61→79→88→94→96
1億5千万ドルラインが目標となり、これを少々超えそうだ。
「ナイト・ミュージアム2」の興行収入は1億6千万ドルと予想したい。


×:「Dance Flick」(コメディ)<2450館程度>
【監督】Damien Wayans(テレビで活躍)
【出演】マーロン・ウェイアンズ、ショーン・ウェイアンズ
【内容】ストリートダンサーが夢を実現する。
【アメリカ内の評価】 不明
【公開前興行収入予想】 2.5千万ドル
専門家の事前予想では、Memorial Dayを含む4日間で10.4・12.4・14.0百万ドルのオープニングを飾るとされている。
オープニングはもっと低いかもしれない。
Memorial Dayがあるとはいえ、今週にリリースするのは相手が悪すぎて、無謀といえる。

マーロン・ウェイアンズ、ショーン・ウェイアンズは「最終絶叫計画」シリーズで製作、脚本、出演などを務めていたようだ。
☆00年「最終絶叫計画」トータル157百万ドル
OP42→89→116→132→140→145
☆01年「最新絶叫計画」トータル71百万ドル
先34→53→062→067→070→071
☆04年「最凶女装計画(WHITE CHICKS)」トータル71百万ドル
先27(OP20)→44→57→63→67→68
☆06年「最凶赤ちゃん計画(LITTLE MAN)」トータル59百万ドル
OP22→41→50→55→57→58
下品な作品が多く、観客から嫌われつつある。
「最凶赤ちゃん計画(LITTLE MAN)」を下回りそうだ。

最近のパロディ作品には以下のようなものがある。
☆06年「Date Movie」トータル49百万ドル
OP19→34→41→44→47
☆07年「Epic Movie」トータル40百万ドル
OP19→30→36→38→39
☆08年「Meet the Spartans」トータル38百万ドル
OP19→29→34→36→37
☆08年「Superhero Movie」トータル26百万ドル
OP10→17→21→24→25
☆08年「Disaster Movie」トータル14百万ドル
OP06→11→13→14→14→14
本作がパロディコメディかどうかははっきりとは分からないが、このようなパロディコメディの人気は落ちており、「Dance Flick」は2.5千万ドル程度が落ち着きどころか。


[個人評価]
◎ 絶対観たい作品
○ できれば観たい作品
▲ ひまがあれば観てもいいかもしれない作品
△ 映画館では観ないけどDVDだったら観るかもしれない作品
× 一度も観ることはないでしょうの作品
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1360-56cb8ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。