ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月4週目その2)【映画】

2位:「余命1か月の花嫁」(東宝・TBS)(3週目)<予想順位2位>
【公開前個人予想】 8億円  【配給会社期待値】 30億円
【公開規模】 ※未確認<310スクリーン(先週比±0スクリーン)>
17.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.5億円程度だろうか。
なお、「ヤッターマン」(トータル30億円見込み)の3週目興行収入は16.4億円であり、「余命1か月の花嫁」が上回っている。

東宝は「涙そうそう」と比較しているので、参考にしたい。
☆06年「涙そうそう」トータル31.0億円
OP3.9→10.7→17.4→21.7→24.7
☆09年「余命1か月の花嫁」
OP4.1→11.6→17.1億円→
「涙そうそう」に逆転されてしまったので、勢いは弱まりつつあるか。
これとの対比で考えると、「余命1か月の花嫁」の興行収入は30.5億円となる。
東宝の30億円を狙えるという意気込みは間違っていないようだ。
レディースデイの動員も期待できるので、引き続き大きな落ち込みはないだろう。

難病系や人の死を題材にした映画の興行収入は以下の通り。
☆07年「恋空」トータル39.0億円
OP4.8→13.1→19.7→26.0→29.7
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP2.1→06.9→11.0→14.6→17.3
☆07年「Life 天国で君に逢えたら」トータル17.0億円
OP1.9→06.7→09.9→祝込12.8→祝込14.7
☆06年「タイヨウのうた」トータル10.5億円
OP1.3→03.5→05.5→07.2→08.3
☆07年「象の背中」トータル5.7億円
OP0.9→02.9→04.1→04.9→05.4
☆07年「あなたを忘れない」トータル5.7億円
OP0.6→01.9→02.9→04.0→04.7
☆09年「余命1か月の花嫁」
OP4.1→11.6→17.1億円→
当然ヒットを期待できる題材である。
「象の背中」以外との対比で考えると、「余命1か月の花嫁」の興行収入は29.4~34.2億円となる。
伸びが予想できないところがあるが、マックスは35億円、ミニマムは25億円程度だろうか。
当面は30億円突破が目標となる。
「恋空」との対比で考えると、「余命1か月の花嫁」の興行収入は33.8億円となり、この辺りが当面の上限になると思われる。

「余命1か月の花嫁」17.1億円と同程度の3週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「ザ・マジックアワー」21.0億円(トータル39.2億円)
☆「L change the WorLd」19.9億円(トータル31.0億円)
☆「デトロイト・メタル・シティ」14.5億円(トータル23.4億円)
<2007>
☆「西遊記」19.3億円(トータル43.7億円)
☆「恋空」19.7億円(トータル39.0億円)
☆「どろろ」祝込20.7億円(トータル34.5億円)
☆「アンフェア the movie」17.3億円(トータル27.2億円)
☆「クローズZERO」15.1億円(トータル25.0億円)
☆「ゲゲゲの鬼太郎」17.4億円(トータル23.4億円)
「西遊記」「ゲゲゲの鬼太郎」以外との対比で考えると、「余命1か月の花嫁」の興行収入は26.6~33.9億円となる。
ある程度の粘りは期待できるので、現時点では30億円辺りが落ち着きどころと予想したい。


3位:「60歳のラブレター」(松竹・テレビ東京)(2週目)<予想順位6位>
【公開前個人予想】 3.5億円
【公開規模】 ※未確認<189スクリーン(先週比±0スクリーン)>
2.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.8億円半ば程度だろうか。
動員ベースのランキングでは3位となっているが、興行収入ベースではもうちょっと低いようだ。
それでも、この順位には驚かされる。
今まで東宝に負けっぱなしだったが、最近は松竹のビジネス感覚が意外と優秀に思える。
「おくりびと」だけではなく、「ヤッターマン」「GOEMON」などでヒットを飛ばしている。
しかし、「鴨川ホルモー」のような、どう考えても無理な作品もリリースしているが。

感動作なので予想時に強気になることもできたが、キャスティング等を踏まえると、強気にはなれない要素も大きすぎた。
脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの古沢良太であり、“感動作”はやはりヒットに繋がりやすいといえる。
自分はよく知らなかったが、題材の知名度や浸透度もある程度は高かったのかもしれない。

規模が小さいヒューマンドラマは以下の通り。
☆08年「明日への遺言」トータル6.0億円
OP0.8→2.4→不明→4.4→4.9
☆07年「めがね」トータル5.0億円
祝込3日0.8(2日0.6)→1.7→2.6→3.3
☆08年「西の魔女が死んだ」トータル4.5億円
OP0.5→1.6→2.4→3.1→3.6
☆08年「グーグーだって猫である」トータル3.6億円
OP0.6→1.8→2.5→3.0→3.2
☆09年「60歳のラブレター」
OP1.0→2.9億円→
これらとの対比で考えると、「60歳のラブレター」の興行収入は5.8~8.5億円となる。
それほど低迷しそうもないので、7~8億円程度が落ち着きどころか。

年配層向けや地味なヒューマンドラマ系の松竹作品は以下の通り。
☆07年「象の背中」トータル5.7億円
OP0.9→2.9→4.1→4.9→5.4
☆08年「築地魚河岸三代目」トータル3.4億円
OP0.5→1.6→2.3→2.8→3.0
☆07年「やじきた道中 てれすこ」トータル3.0億円
OP0.4→1.4→2.1→2.6→2.8
☆07年「ラストラブ」トータル2億円後半見込み
OP0.4→1.4→1.9→2.3→祝込2.5
☆07年「天国は待ってくれる」トータル2.5億円
祝込3日0.8(2日0.6)→1.4→1.9→2.3
☆09年「60歳のラブレター」
OP1.0→2.9億円→
これらとの対比で考えると、「60歳のラブレター」の興行収入は5.2~6.2億円となる。
6億円程度がミニマムラインとなるか。
観客層を考えると平日の動員が見込まれる“年配向けの感動作”と思われるので、ロングセールスになるのではないか。
7~8億円程度が落ち着きどころとなりそうだ。

「60歳のラブレター」2.9億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「まぼろしの邪馬台国」3.5億円(トータル9.5億円)
☆「ホームレス中学生」祝込3.7億円(トータル6~7億円見込み)
☆「ICHI」2.6億円(トータル4.5億円)
<2007>
☆「それでもボクはやってない」3.6億円(トータル11.0億円)
☆「憑神」3.7億円(トータル8.8億円)
☆「象の背中」2.9億円(トータル5.7億円)
☆「蟲師」2.7億円(トータル5.5億円)
「ホームレス中学生」「ICHI」以外との対比で考えると、「60歳のラブレター」の興行収入は5.7~8.9億円となる。
やはりマックス9億円、ミニマム6億円となり、7~8億円程度が現時点の落ち着きどころだろう。
“感動作”はコケるかなと思っても、気持ち少し高めに予想した方がよさそうだ。


9位:「GOEMON」(松竹・ワーナー・テレビ朝日)(4週目)<予想順位10位>
【公開前個人予想】 14.0億円
【公開規模】 ※未確認<310スクリーン(先週比±0スクリーン)>
12.6億円弱となっている。
1週間の伸びは1.3億円程度だろうか。
爆発することはなく、だいたい予想に近いところに落ち着きそうだ。

紀里谷和明は04年「CASSHERN」を手掛けている。
☆04年「CASSHERN」トータル15.3億円<GW公開>
OP1.7→9.3→11.2→12.6→13.6
☆09年「GOEMON」
水曜7.1→9.0→11.3→12.6億円→
「CASSHERN」を超えるかどうかが注目となる。
動き自体は「CASSHERN」にほぼ酷似している。
「CASSHERN」との対比で考えると、「GOEMON」の興行収入は15.3億円となる。
現時点では、それをやや下回る14億円程度が落ち着きどころか。

江口洋介のヒット作といえば、05年「戦国自衛隊1549」トータル17.1億円がある。
広末涼子のヒット作といえば、「おくりびと」トータル62億円、06年「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」トータル9.3億円がある。
大沢たかおのヒット作といえば、07年「ミッドナイト・イーグル」トータル7.8億円がある。
☆05年「戦国自衛隊1549」トータル17.1億円
OP3.5→8.6→不明→14.1→15.6→16.4
☆06年「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」トータル9.3億円
祝込3日2.2→4.3→6.3→7.8
☆07年「ミッドナイト・イーグル」トータル7.8億円
祝込3日1.9→4.0→5.3→6.0→祝込6.6
☆09年「GOEMON」
水曜7.1→9.0→11.3→12.6億円→
これらの5週目との対比で考えると、「GOEMON」の興行収入は13.8~14.9億円となる。

時代劇らしい作品ではないが、時代劇などとも比較したい。
☆07年「蒼き狼 地果て海尽きるまで」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.2→10.0→11.1→11.8
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円(年末公開)
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7
☆08年「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」トータル9.3億円
OP1.8→4.4→6.2→7.5→8.2→8.6
☆09年「GOEMON」
水曜7.1→9.0→11.3→12.6億円→
「椿三十郎」は年末公開なの除外して、これらの5週目との対比で考えると、「GOEMON」の興行収入は14.3~15.8億円となる。
やはり、14億円程度が落ち着きどころか。

「GOEMON」12.6億円と同程度の5週目興行収入作品は以下の通り(GWのため1週上乗せ)。
<2008>
☆「チーム・バチスタの栄光」13.9億円(トータル15.6億円)
☆「少林少女」12.9億円(トータル15.1億円)※GW公開のため4週目成績
☆「犬と私の10の約束」12.9億円(トータル15.2億円)
☆「ハッピーフライト」11.5億円(トータル13.3億円)
<2007>
☆「バッテリー」12.5億円(トータル15.3億円)
☆「愛の流刑地」祝込12.0億円(トータル13.9億円)
「バッテリー」以外との対比で考えると、「GOEMON」の興行収入は14.1~14.8億円となる。
現時点では14億円程度が落ち着きどころか。
「CASSHERN」トータル15.3億円は超えないのではないか。
大成功とはいえないが、基準作品から大きなズレはないので、問題ない結果となりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1369-19e2954e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。