ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月クールドラマ視聴率結果(金曜日第七話~日曜日第七話)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「MR.BRAIN」   24.8%  22.0%(▽2.8%) 23.4%(20.5%)
2位:「BOSS」      18.1%  17.2%(▲1.4%) 16.5%(16.0%)
3位:「アイシテル海容」 13.2%  14.0%(▲0.1%) 13.8%(08.0%)
4位:「白い春」       13.7%  12.6%(▲0.7%) 11.8%(10.0%)
5位:「ザ・クイズショウ」 14.0%  11.4%(▲1.5%) 11.5%(11.5%)
6位:「婚カツ!」      16.3%  09.3%(▽1.6%) 11.2%(18.0%)
7位:「アタシんちの男子」14.1%  09.5%(▽2.5%) 11.1%(13.0%)
8位:「スマイル」      11.7%  10.1%(▲1.2%) 10.5%(16.0%)
9位:「夜光の階段」    12.5%  09.6%(▽0.5%) 10.4%(11.0%)
10位:「名探偵の掟」   10.8%  09.5%(▽0.4%) 09.7%(10.5%)
11位:「ゴッドハンド輝」   08.0%  08.8%(±0.0%) 08.7%(07.5%)<終>
12位:「ぼくの妹」     12.2%  08.9%(▲1.8%) 08.2%(09.0%)
13位:「魔女裁判」     09.0%  06.2%(▽1.0%) 07.7%(10.0%)

1位:「MR.BRAIN」 平均23.40%(放送前予想平均20.5%)
【二話目を踏まえた平均視聴率予想】 22.0%~23.0%(±0.0%~±0.0%)
初回24.8→22.0%→
初回から二話目への下落率は11.3%となっており、ギブアップ率は1割程度。
この程度の下落率ならば、問題はないだろう。
初回視聴率がこの程度と思っていたので、やはりキムタクの人気は相当に高い。
逆に、TBSとすれば、これがコケたら、会社全体に影響が出ただろう。
まだ見ていないが(見るのは当分後になりそう)、肝心の評価は、無駄なキャラクターが多い、詰め込みすぎ、CSIのパクリじゃないのという批判があるが、それほど悪くはなさそう。
大きな下落はなく、そのままフィニッシュできるだろう。

全六話の予定。
短期勝負をかけたのは、好印象だ。
中弛みを省けるので、高い視聴率をキープできる。
始まったと思ったら、すぐに終盤を迎えることができるメリットがある。
ゲストは以下の通り。
初回-海老蔵、ユースケ、広末
二話-Gackt、小雪
三話-亀梨、相武
四話-佐藤健
五話-仲間由紀恵
ゲストもかなり豪華。
三話目の亀梨がポイントとなりそうだ。
仮に残りの三~五話が二話と同視聴率となり、最終回が初回と同視聴率ならば、平均22.9%となる。
亀梨の回は多少視聴率を落とすと思われるので、これをやや下回る程度が落ち着きどころだろうか。

最近の事件モノドラマは以下の通り(一話完結タイプらしきものを抽出)。
☆07年10月クール「ガリレオ」(平均21.9%)
24.7→22.1→21.3→23.6→22.9→21.4→21.9→19.9→21.7→19.6
☆07年10月クール「SP」(平均15.4%)
14.5→17.6→15.2→15.7→14.1→14.6→15.5→12.6→13.8→16.6→18.9
☆09年1月クール「キイナ~不可能犯罪捜査官~」(平均14.5%)
16.5→15.5→15.3→12.7→14.2→13.3→13.3→14.9→14.8
☆09年4月クール「MR.BRAIN」
24.8→22.0%→
目標は当然「ガリレオ」になりそうだ。
同じような動きになっている。
「ガリレオ」「キイナ」との対比で考えると、「MR.BRAIN」の平均視聴率は21.2~21.9%となる。
「ガリレオ」は後半失速しているので、このラインがミニマムラインとなる。

木村拓哉主演ドラマの視聴率は以下のとおり。
☆00年1月クール「ビューティフルライフ」(平均31.9%)
☆01年1月クール「HERO」(平均34.2%)
☆02年4月クール「空から降る一億の星」(平均22.3%)<※さんまがトップ>
☆03年1月クール「GOOD LUCK!!」(平均30.4%)
☆04年1月クール「プライド」(平均24.9%)
28.0→25.1→24.6→23.6→23.4→22.8→22.6→26.0→24.1→24.9→28.8
☆05年4月クール「エンジン」(平均22.4%)
25.3→22.5→19.6→23.1→22.3→21.5→22.2→21.5→21.8→22.5→24.3
☆07年1月クール「華麗なる一族」(平均23.9%)
27.7→21.8→23.5→23.0→21.2→23.5→21.1→21.6→24.9→30.4
☆08年4月クール「CHANGE」(平均21.7%)
23.8→23.0→22.4→19.3→19.5→19.1→20.9→19.5→22.3→27.4
☆09年4月クール「MR.BRAIN」
24.8→22.0%→
20%をキープできるかどうかが注目となる。
木村の人気が落ちてきているわけではないものの、この枠で20%超えは難しいので安心はできないと思っていたが、余裕で超えてきそうだ。
主要作品との対比で考えると、「MR.BRAIN」の平均視聴率は21.7~22.6%となる。
短期の事件モノでもあり、大きく落ち込まないと考えられるので、この対比を上回りそうだ。
現時点では22~23%程度が落ち着きどころとなる。
「華麗なる一族」(平均23.9%)以下、「エンジン」(平均22.4%)がライバルとなり、「CHANGE」(平均21.7%)以上となるか。

<同時間帯の視聴率>
05.3% 20:00-20:45 NHK 追跡!A to Z(先週比-0.2%)
12.6% 19:56-20:54 NTV 世界一受けたい授業(先週比+2.7%)
22.0% 19:56-20:54 TBS MR.BRAIN(先週比-2.8%)
11.3% 19:57-20:54 C X めちゃ×2イケてるッ!(先週比-2.3%)
07.8% 19:00-20:54 E X サタスペ!「オーラの泉」(先週比-0.9%)
08.4% 19:00-20:54 T X 女将が選ぶ・ウチよりいい宿(先週比+1.0%)
全体視聴率 67.4%(先週比-2.5%)
放送開始前に『土曜日20時の全体視聴率がマックス70%程度として、少なく見積もって「世界一」が13~15%、「めちゃイケ」が12~15%、その他のNHK、EX、TXが合計22~25%程度と計算すると、残が15~23%程度しかない』と書いたが、だいたい予想通りとなった。

土曜日20時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆08年4月クール「ROOKIES」(平均14.8%)
12.2→14.8→15.4→13.1→16.4→15.4→14.2→14.7→14.6→12.5→19.5
☆08年7月クール「恋空」(平均6.4%)
05.6→05.9→06.7→06.3→07.6→06.3
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆09年1月クール「RESCUE~特別高度救助隊」(平均9.8%)
12.2→12.8→08.9→10.7→10.9→08.3→06.4→08.8→08.9
☆09年4月クール「ゴッドハンド輝」(平均8.7%)
08.0→08.1→10.1→08.5→08.8→08.8
☆09年4月クール「MR.BRAIN」
24.8→22.0%→
「MR.BRAIN」の二話目視聴率22.0%は、6ドラマ中当然1位となっている。
「ブラッディ・マンデイ」との対比で考えると、「MR.BRAIN」の平均視聴率は23.4%となる。
この辺りがマックスラインだろうか。
現時点では、大きく下がることはないと考えられるので、二話目を踏まえた「MR.BRAIN」の平均視聴率予想は先週の22.0~23.0%のままにしたい。
「ごくせん」の平均22.6%を超えて、同クールだった「CHANGE」のリベンジを狙うこととなる。


5位:「ザ・クイズショウ」 平均11.50%(放送前予想平均11.5%)
初回14.0→11.9→11.6→10.6→11.1→09.9→11.4%→
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 11.0%~11.5%(±0.0%~±0.0%)
(初回~五話目を踏まえた平均視聴率予想11.0%~12.0%)
第六話は「MR.BRAIN」と時間帯が被ったため、二桁割れしてしまったが、きっちりと戻してきた。
先週『次回はさすがに10%台には巻き返すだろう』と書いたが、予想外に支持は高いようだ。
確かに、初回及び第六話を除外すれば、10.6~11.9%に五話が収まっており、安定度は高いことが分かる。
終盤に差し掛かるので、今後もこの程度で安定して、ラスト付近では初回に近い数字まで戻すか。
初回から七話目への下落率は、18.6%となっている。
初回を見た約5人に1人がギブアップしているが、この程度ならば問題はないだろう。

「ザ・クイズショウ」の視聴率の動きと似ているドラマは以下の通り。
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆09年1月クール「トライアングル」(平均12.3%)
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→11.5→10.8→11.3→12.1→13.3→15.5
☆09年1月クール「ありふれた奇跡」(平均10.6%)
12.5→10.9→10.1→11.4→11.1→10.5→10.4→09.8→08.9→10.0→11.4
「ありふれた奇跡」以外との対比で考えると、「ザ・クイズショウ」の平均視聴率は11.5~11.9%となる。
「ありふれた奇跡」との対比で考えると、「ザ・クイズショウ」の平均視聴率は11.1%となる。
現時点では11%後半も狙えそうだ。

櫻井翔が出演したドラマは以下の通り。
☆03年1月クール「よい子の味方~新米保育士物語~」(平均10.4%)
13.4→10.2→08.9→09.8→10.1→07.5→11.1→10.7→12.0
☆07年7月クール「山田太郎ものがたり」(平均15.2%)※主演は二宮
17.4→15.9→16.5→13.7→15.4→11.1→13.6→14.6→16.3→17.9
☆09年4月クール「ザ・クイズショウ」
14.0→11.9→11.6→10.6→11.1→09.9→11.4%→
これらとの対比で考えると、「ザ・クイズショウ」の平均視聴率は11.8~11.8%となる。
この辺りがマックスラインとなるだろうか。

嵐のメンバーが主演したドラマは以下の通り。
☆08年10月クール「流星の絆」(平均16.3%)
21.2→17.3→15.0→15.6→15.1→14.8→14.5→11.5→15.4→22.6
☆07年4月クール「バンビ~ノ!」(平均14.2%)
16.6→15.0→13.7→14.0→14.6→14.0→13.2→13.6→13.7→13.8→14.4
☆07年1月クール「拝啓、父上様」(平均13.2%)
12.9→14.1→12.4→13.2→14.1→12.8→12.1→12.3→12.4→14.3→14.5
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆09年1月クール「歌のおにいさん」(平均10.8%)
10.6→10.4→11.6→10.2→10.2→10.6→11.8→10.7
☆09年4月クール「ザ・クイズショウ」
14.0→11.9→11.6→10.6→11.1→09.9→11.4%→
これらとの対比で考えると、「ザ・クイズショウ」の平均視聴率は11.3~12.0%となる。
やはり、現時点では11%半ばから後半が落ち着きどころか。
「魔王」(平均11.4%)は超えられるかもしれない。

参考になりそうなドラマは以下のようなものか。
☆07年4月クール「ライアーゲーム」(平均11.4%)
12.3→12.8→08.7→09.6→10.0→11.4→12.0→11.4→12.3→11.4→13.6
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
これらを超えることが目標となる。

他にあまり参考になりそうなドラマがないので、とりあえず事件モノの視聴率を参考にしたい。
☆09年1月クール「キイナ~不可能犯罪捜査官~」(平均14.5%)
16.5→15.5→15.3→12.7→14.2→13.3→13.3→14.9→14.8
☆08年1月クール「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(平均13.4%)
16.7→13.8→14.1→13.2→14.0→12.7→09.6→13.2
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆07年7月クール「探偵学園Q」(平均11.1%)
12.4→10.9→12.1→10.3→11.9→09.6→10.3→10.4→12.2→10.6→11.7
☆08年4月クール「7人の女弁護士」(平均11.1%)
10.1→11.0→10.7→10.7→11.2→10.5→10.2→11.4→11.6→11.7→11.5
「探偵学園Q」との対比で考えると、「ザ・クイズショウ」の平均視聴率は11.5%となる。
この程度が落ち着きどころとなるか。

<同時間帯の視聴率>
「MR.BRAIN」の影響により、全体視聴率が大きく下がっている。
EXが好調、CXのドラマはやや不調か。
07.2% 21:00-21:55 NHK (新)風に舞いあがるビニールシート(先週比-1.2%)
11.4% 21:00-21:54 NTV ザ・クイズショウ(先週比+1.5%)
12.8% 21:00-21:54 TBS 世界・ふしぎ発見!(先週比-12.0%)
10.3% 21:00-23:10 C X プレミアム「裁判員制度ドラマSP」(先週比-0.1%)
16.5% 21:00-22:51 E X ワイド劇場「西村京太郎サスペンス」(先週比+3.9%)
11.3% 21:00-21:54 T X 出没!アド街ック天国(先週比+0.3%)
全体視聴率 69.5%(先週比-7.6%)

土曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「演歌の女王」(平均9.1%)
10.9→09.5→08.5→09.9→08.2→08.0→09.1→08.7→07.7→10.4
☆07年4月クール「喰いタン2」(平均13.7%)
16.2→13.3→14.9→11.8→13.4→13.1→12.8→13.9→13.6→13.3→14.0
☆07年7月クール「受験の神様」(平均9.5%)
14.7→09.3→07.1→07.8→06.2→08.3→07.6→11.5→11.7→10.3
☆07年10月クール「ドリーム☆アゲイン」(平均10.3%)
12.9→10.0→09.5→10.0→08.4→11.8→08.4→09.9→09.7→11.9
☆08年1月クール「1ポンドの福音」(平均10.6%)
13.0→11.4→11.1→09.0→09.6→10.5→10.7→08.8→11.3
☆08年4月クール「ごくせん」(平均22.6%)
26.4→24.8→23.3→25.1→25.3→21.1→21.9→21.3→17.6→18.1→23.6
☆08年7月クール「ヤスコとケンジ」(平均13.0%)
12.3→13.1→11.2→12.9→10.6→12.3→14.9→13.0→13.4→16.3
☆08年10月クール「スクラップ・ティーチャー教師再生」(平均11.4%)
12.6→12.2→12.5→10.2→13.3→10.7→11.5→10.9→08.9
☆09年1月クール「銭ゲバ」(平均9.9%)
12.0→11.3→09.0→10.7→10.1→10.2→08.7→06.4→10.5
☆09年4月クール「ザ・クイズショウ」
14.0→11.9→11.6→10.6→11.1→09.9→11.4%→
「ザ・クイズショウ」の七話目視聴率11.4%は、10ドラマ中5位となっている。
先週8位だったが、「ドリーム☆アゲイン」(平均10.3%)、「1ポンドの福音」(平均10.6%)、「銭ゲバ」(平均9.9%)を破った。
ジャニーズ系ドラマの「喰いタン2」との対比で考えると、「ザ・クイズショウ」の平均視聴率は11.5%となる。
11%半ばから後半程度が落ち着きどころと思われるが、七話目を踏まえた「ザ・クイズショウ」の平均視聴率予想は先週の11.0~11.5%のままにしたい。
当面は、先輩として「スクラップ・ティーチャー教師再生」(平均11.4%)を超えることが目標となりそうだ。


8位:「スマイル」 平均10.49%(放送前予想平均16.0%)
初回11.7→10.2→12.3→9.2→11.0→8.9→10.1%→
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 10.0%~10.5%(±0.0%~±0.0%)
(初回~五話目を踏まえた平均視聴率予想10.0%~11.0%)
六話では自身最低視聴率を更新してしまったが、ストーリーの盛り上がりもあり、きっちりと戻してきた。
先週『次回は巻き返すと思われるので、それほど悲観する必要はないか』と書いた通りとなった。
引き続き、奇数回の視聴率が良くて、偶数回の視聴率が悪いという謎の動きをみせている。
視聴者層が若い層なので、何らかの要因で上昇・下降しているが、安定した層に支えられていると考えてよさそうだ。
初回から七話目への下落率は、13.7%となっている。
この程度の下落率ならば問題はない。

「スマイル」の視聴率の動きと似ているドラマは以下の通り。
☆08年10月クール「スクラップ・ティーチャー教師再生」(平均11.4%)
12.6→12.2→12.5→10.2→13.3→10.7→11.5→10.9→08.9
☆09年1月クール「ありふれた奇跡」(平均10.6%)
12.5→10.9→10.1→11.4→11.1→10.5→10.4→09.8→08.9→10.0→11.4
これらとの対比で考えると、「スマイル」の平均視聴率は10.1~10.1%となる。
現時点では、10%前半が落ち着きどころか。

「花より男子」の脚本や、役者としても活躍している宅間孝行の脚本作品。
過去に手掛けた「歌姫」が大きくコケている。
☆07年10月クール「歌姫」(平均7.9%)<※同枠>
09.4→07.5→09.8→06.9→08.4→09.2→06.7→07.1→07.7→08.4→06.0
今回はこういうことはないだろうと思ったが、“歴史は繰り返す”ということか。
これとの対比で考えると、「スマイル」の平均視聴率は10.0%となる。
これがミニマムラインとなりそうだ。

松本潤主演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆07年4月クール「バンビ~ノ!」(平均14.2%)
16.6→15.0→13.7→14.0→14.6→14.0→13.2→13.6→13.7→13.8→14.4
放送前は『これを超えるのは確実か』と思ったが、超えるのは不可能。
これとの対比で考えると、「スマイル」の平均視聴率は10.3%となる。
この辺りが落ち着きどころと思われる。

嵐のメンバーが主演したドラマの視聴率は以下の通り。
☆08年10月クール「流星の絆」(平均16.3%)
21.2→17.3→15.0→15.6→15.1→14.8→14.5→11.5→15.4→22.6
☆07年7月クール「山田太郎ものがたり」(平均15.2%)
17.4→15.9→16.5→13.7→15.4→11.1→13.6→14.6→16.3→17.9
☆07年1月クール「拝啓、父上様」(平均13.2%)
12.9→14.1→12.4→13.2→14.1→12.8→12.1→12.3→12.4→14.3→14.5
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆09年1月クール「歌のおにいさん」(平均10.8%)
10.6→10.4→11.6→10.2→10.2→10.6→11.8→10.7
☆09年4月クール「スマイル」
11.7→10.2→12.3→09.2→11.0→08.9→10.1%→
放送前は『嵐のメンバーである二宮作品の視聴率は「山田太郎ものがたり」(平均15.2%)、「流星の絆」(平均16.3%)となっている。これらは同枠であり、これらがライバルとなるだろう』と思ったが、大野智主演ドラマがライバルになりそうだ。
これらとの対比で考えると、「スマイル」の平均視聴率は10.5~10.9%となる。
10%後半がマックスラインとなるが、「歌のおにいさん」(平均10.8%)を超えることは厳しいと思われる。

新垣結衣主演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆07年7月クール「パパとムスメの7日間」(平均13.9%)
14.0→12.8→13.1→14.1→16.7→11.9→14.5
☆08年7月クール「コード・ブルー」(平均15.6%)(※準主演)
21.2→16.0→16.0→13.2→15.7→15.6→10.8→13.4→15.8→14.9→19.5
☆09年4月クール「スマイル」
11.7→10.2→12.3→09.2→11.0→08.9→10.1%→
「コード・ブルー」との対比で考えると、「スマイル」の平均視聴率は10.6%となる。

感動系ヒューマンラブストーリー作品だとすると、上手くハマれば、以下の作品もライバルとなるかと思ったが、論外だった。
☆08年1月クール「薔薇のない花屋」(平均18.6%)※主演は香取慎吾
22.4→19.0→18.4→17.2→17.7→16.2→16.5→17.8→17.7→19.4→22.1
これとの対比で考えると、「スマイル」の平均視聴率は10.7%となる。
この辺りが盛り上がった際の落ち着きどころとなるが、現時点では10%半ばが落ち着きどころとなりそうだ。

<同時間帯の視聴率>
NHKもドラマは大したことはなく、EXが下げた程度で大きな変動はない。
06.7% 22:00-22:45 NHK (新)ツレがうつになりまして(先週比+0.7%)
10.5% 21:00-22:54 NTV ロードショー「ダイ・ハード2」(先週比-1.3%)
10.1% 22:00-22:54 TBS スマイル(先週比+1.2%)
11.8% 21:00-22:52 C X プレステージ「平岩弓枝50年記念」(先週比-0.2%)
12.8% 21:54-23:10 E X 報道ステーション(先週比-2.7%)
09.5% 21:00-22:48 T X 世界三大ミステリーツアー(先週比+0.8%)
全体視聴率 61.4%(先週比-1.5%)

金曜日22時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「花より男子2」(平均21.7%)
19.4→20.1→19.2→23.1→20.3→21.0→21.0→22.7→22.3→21.9→27.6
☆07年4月クール「特急田中3号」(平均8.8%)
11.5→08.7→07.6→08.0→08.3→09.4→08.5→09.1→09.7→06.8→08.9
☆07年7月クール「山田太郎ものがたり」(平均15.2%)
17.4→15.9→16.5→13.7→15.4→11.1→13.6→14.6→16.3→17.9
☆07年10月クール「歌姫」(平均7.9%)
09.4→07.5→09.8→06.9→08.4→09.2→06.7→07.1→07.7→08.4→06.0
☆08年1月クール「エジソンの母」(平均9.5%)
11.0→11.1→12.1→09.1→06.8→07.7→08.1→09.8→09.7→09.9
☆08年4月クール「Around40」(平均14.7%)
15.7→14.2→13.9→15.1→15.2→14.4→14.9→14.3→13.3→15.6→15.1
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆08年10月クール「流星の絆」(平均16.3%)
21.2→17.3→15.0→15.6→15.1→14.8→14.5→11.5→15.4→22.6
☆09年1月クール「ラブシャッフル」(平均8.8%)
10.0→10.7→08.2→09.6→08.9→08.3→07.6→07.5→07.0→10.1
☆09年4月クール「スマイル」
11.7→10.2→12.3→09.2→11.0→08.9→10.1%→
「スマイル」の七話目視聴率10.1%は、10ドラマ中6位となっている。
先週7位だったが、「魔王」(平均11.4%)に敗れたものの、「特急田中3号」(平均8.8%)、「歌姫」(平均7.9%)を破った。
視聴率が安定していた「Around40」との対比で考えると、「スマイル」の平均視聴率は10.4%となる。
大きく下がることがあっても、戻して安定すると思われるので、これ以上低迷しないものと思われる。
七話目を踏まえた「スマイル」の平均視聴率予想は、先週の10.0%~10.5%のままにしたい。
今後も不安定な動きをしながらも、大きくは崩れまい。


10位:「名探偵の掟」 平均9.70%(放送前予想平均10.5%)
初回10.8→10.0→8.5→9.5→9.7→9.9→9.5%→
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 9.5%~10.0%(±0.0%~±0.0%)
(初回~五話目を踏まえた平均視聴率予想9.0%~10.0%)
単発事件モノらしく、大きな下落がなく、視聴率が完全に安定している。
初回及びゴールデンウィークの三話を無視すれば、9.5~10.0%の間に五話が含まれる。
初回から七話目への下落率は、12.0%となっている。
ギブアップ率は1割程度である。
評価が高いとは思えなかったが、しっかりとした支持を集めているようだ。

「名探偵の掟」の視聴率の動きと似ているドラマは以下の通り。
☆09年1月クール「トライアングル」(平均12.3%)
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→11.5→10.8→11.3→12.1→13.3→15.5
☆09年1月クール「ありふれた奇跡」(平均10.6%)
12.5→10.9→10.1→11.4→11.1→10.5→10.4→09.8→08.9→10.0→11.4
これらとの対比で考えると、「名探偵の掟」の平均視聴率は9.4~10.1%となる。
伸びがあるドラマではないが、9%後半をキープできるだろうか。

東野圭吾原作のドラマは以下の通り。
☆06年1月クール「白夜行」(平均12.3%)
14.2→13.4→11.0→10.7→11.8→10.7→12.3→12.3→12.0→12.6→14.1
☆07年10月クール「ガリレオ」(平均21.9%)
24.7→22.1→21.3→23.6→22.9→21.4→21.9→19.9→21.7→19.6
☆08年10月クール「流星の絆」(平均16.3%)
21.2→17.3→15.0→15.6→15.1→14.8→14.5→11.5→15.4→22.6
☆09年4月クール「名探偵の掟」
10.8→10.0→08.5→09.5→09.7→09.9→09.5%→
「白夜行」のような暗めの作品ではなくて、「ガリレオ」系の明るい謎解きもの。
「ガリレオ」との対比で考えると、「名探偵の掟」の平均視聴率は9.4%となる。
今後も大きく視聴率を落とさなければ、この辺りがミニマムラインとなるか。

参考になりそうな謎解きモノ・事件モノの視聴率は以下の通り。
☆07年10月クール「SP」(平均15.4%)
14.5→17.6→15.2→15.7→14.1→14.6→15.5→12.6→13.8→16.6→18.9
☆09年1月クール「キイナ~不可能犯罪捜査官~」(平均14.5%)
16.5→15.5→15.3→12.7→14.2→13.3→13.3→14.9→14.8
☆08年1月クール「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(平均13.4%)
16.7→13.8→14.1→13.2→14.0→12.7→09.6→13.2
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆07年7月クール「探偵学園Q」(平均11.1%)
12.4→10.9→12.1→10.3→11.9→09.6→10.3→10.4→12.2→10.6→11.7
☆08年4月クール「7人の女弁護士」(平均11.1%)
10.1→11.0→10.7→10.7→11.2→10.5→10.2→11.4→11.6→11.7→11.5
☆08年4月クール「パズル」(平均10.0%)
14.1→10.9→11.0→09.2→10.2→08.9→09.5→08.0→08.4→10.0
☆08年7月クール「33分探偵」(平均9.2%)
12.2→08.1→09.9→10.0→07.0→09.8→07.8→09.1→08.7
☆09年4月クール「名探偵の掟」
10.8→10.0→08.5→09.5→09.7→09.9→09.5%→
「パズル」「33分探偵」との対比で考えると、「名探偵の掟」の平均視聴率は9.2~9.6%となる。
どんなに酷くても、9%台をキープすることは可能だろう。

金曜日23時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「特命係長・只野仁」(平均14.3%)
13.4→15.5→14.4→12.7→13.9→14.0→13.7→14.0→14.2→17.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆07年7月クール「スシ王子!」(平均7.5%)
08.8→07.3→06.9→05.7→07.1→08.1→08.3→07.9
☆07年10月クール「モップガール」(平均10.2%)
10.2→10.7→11.8→09.7→09.8→10.6→09.8→10.4→09.2→09.4
☆08年1月クール「未来講師めぐる」(平均9.1%)
09.0→10.6→08.2→08.8→07.2→10.5→08.2→10.0→10.3→08.1
☆08年4月クール「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)
08.3→10.4→08.5→09.3→09.7→07.7→08.4→09.3→07.7→09.4
☆08年7月クール「打撃天使ルリ」(平均7.2%)
10.0→07.4→05.3→05.5→07.2→07.5→07.7
☆08年10月クール「サラリーマン金太郎」(平均11.8%)
13.8→11.1→10.9→12.1→12.1→11.3→09.5→11.1→13.6→12.6
☆09年1月クール「歌のおにいさん」(平均10.8%)
10.6→10.4→11.6→10.2→10.2→10.6→11.8→10.7
☆09年4月クール「名探偵の掟」
10.8→10.0→08.5→09.5→09.7→09.9→09.5%→
「名探偵の掟」の七話目視聴率9.5%は、10ドラマ中5位タイとなっている。
先週6位だったが、「サラリーマン金太郎」(平均11.8%)と同数字になっている。
本枠の事件モノには、「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)、「モップガール」(平均10.2%)、「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)がある。
これらとの対比で考えると、「名探偵の掟」の平均視聴率は9.5~9.8%となる。
最終的には、「モップガール」(平均10.2%)以下となり、「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)以上となりそうだ。
一話完結タイプの事件モノなので、大きく視聴率を落とすことは考えにくいので、七話目を踏まえた「名探偵の掟」の平均視聴率予想は、先週の9.5%~10.0%のままにしたい。
この枠としては、それほど良くも悪くもない結果となりそうだ。


12位:「ぼくの妹」 平均8.21%(放送前予想平均09.0%)
初回12.2→9.0→6.7→7.3→6.3→7.1→8.9%→
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 7.5%~8.0%(±0.0%~±0.0%)
(二話目~五話目を踏まえた平均視聴率予想7.5%~8.5%)
(初回を踏まえた平均視聴率予想10.5%~11.5%)
自身3番目に高い視聴率を獲得したが、「行列」と多少時間帯がズレたからだろうか。
それほど盛り上がっているようには思えず、次回は7%台まで下がりそうだ。
しかし、今回稼いだ数字は大きく、無理と思われた平均8%キープが可能となるラインとなった。

初回から七話目への下落率は27.0%となっている。
初回を見た4人に1人程度がギブアップしたこととなる。
視聴率を戻したとはいえ、依然高い下落率となっている。
何を描きたいのか方向性が見えないドラマという意見もあり、“つまらなさ”がそのまま数字に表れていそうだ。
長澤まさみの人気がそれほど高くないのは分かっているが、このドラマでは誰が出演してもダメだっただろう。

「ぼくの妹」の視聴率の動きと似ているドラマは以下の通り(同枠を除く)。
☆08年4月クール「パズル」(平均10.0%)
14.1→10.9→11.0→09.2→10.2→08.9→09.5→08.0→08.4→10.0
☆08年1月クール「鹿男あをによし」(平均9.9%)
13.0→11.4→09.7→08.0→09.0→08.9→08.8→10.1→09.2→11.2
これらとの対比で考えると、「ぼくの妹」の平均視聴率は7.8~8.3%となる。
8.0%前後が落ち着きどころだろう。

オダギリジョー主演作の視聴率は以下の通り。
☆06年1月クール「時効警察」(平均10.1%)
09.7→12.1→08.3→11.2→10.8→09.2→11.2→08.4→10.1
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
ドラマの主演は意外と少ない。
これらとの対比で考えると、「ぼくの妹」の平均視聴率は8.0~8.3%となる。
終盤盛り上がることができれば8%をキープできる。

長澤まさみ主演作の視聴率は以下の通り。
☆06年10月クール「セーラー服と機関銃」(平均13.3%)
17.3→14.2→09.6→16.0→10.8→12.0→13.0
☆07年4月クール「プロポーズ大作戦」(平均17.3%)(※ダブル主演)
19.3→17.1→13.4→16.4→16.9→17.4→14.6→19.1→18.1→17.2→20.9
☆07年10月クール「ハタチの恋人」(平均8.2%)(※主演はさんま)
13.0→10.4→09.2→07.4→07.3→06.6→06.4→06.6→06.4→08.2
☆08年4月クール「ラスト・フレンズ」(平均17.7%)
13.9→15.9→15.6→15.9→19.9→17.2→16.0→18.8→18.0→20.7→22.8
☆09年4月クール「ぼくの妹」
12.2→09.0→06.7→07.3→06.3→07.1→08.9%→
人気があるのかないのか分からない女優と思ったが、人気は高くないのははっきりとした。
「ハタチの恋人」との対比で考えると、「ぼくの妹」の平均視聴率は7.8%となる。
この辺りがミニマムラインとなるか。

兄弟・兄妹・姉妹モノドラマの視聴率は以下の通り。
☆07年7月クール「ファースト・キス」(平均14.1%)
19.7→13.2→15.2→15.8→13.1→11.1→12.8→14.6→13.8→13.2→12.4
☆08年7月クール「ヤスコとケンジ」(平均13.0%)
12.3→13.1→11.2→12.9→10.6→12.3→14.9→13.0→13.4→16.3
☆08年7月クール「正義の味方」(平均10.3%)
13.2→10.1→08.7→09.4→11.6→09.1→07.8→10.5→10.0→12.2
稼げにくいネタではない。
「ファースト・キス」「正義の味方」との対比で考えると、「ぼくの妹」の平均視聴率は8.0~8.5%となる。
8%キープは不可能ではないラインだ。

<同時間帯の視聴率>
「行列」とズレたのが助かったようだ。それにしてもCXに何があったのだろうか。
07.3% 21:00-21:50 NHK スペシャル「インドの衝撃(2)」(先週比-0.9%)
18.2% 二番組単純平均 NTV(先週比-3.1%)
(17.8% 19:20-21:24 キリンカップサッカー2009「日本×ベルギー」)
(18.6% 21:30-22:24 行列のできる法律相談所)
08.9% 21:00-21:54 TBS ぼくの妹 (先週比+1.8%)
16.6% 21:00-21:54 C X エチカの鏡 ココロにキクTV(先週比+7.1%)
12.6% 21:00-22:54 E X 洋画劇場「イントゥ・ザ・ブルー」(先週比±0.0%)
08.0% 20:00-21:48 T X ビッグ「世界遺産で暮らす家族」(先週比-0.2%)
全体視聴率 71.6%(先週比+4.7%)

日曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「華麗なる一族」(平均23.9%)
27.7→21.8→23.5→23.0→21.2→23.5→21.1→21.6→24.9→30.4
☆07年4月クール「冗談じゃない!」(平均13.4%)
19.4→14.7→13.2→14.4→14.2→11.7→10.7→11.3→12.8→12.0→12.7
☆07年7月クール「パパとムスメの7日間」(平均13.9%)
14.0→12.8→13.1→14.1→16.7→11.9→14.5
☆07年10月クール「ハタチの恋人」(平均8.2%)
13.0→10.4→09.2→07.4→07.3→06.6→06.4→06.6→06.4→08.2
☆08年1月クール「佐々木夫妻の仁義なき戦い」(平均10.9%)
17.3→11.7→11.6→09.2→08.9→09.9→09.2→09.1→11.0→11.1
☆08年4月クール「猟奇的な彼女」(平均8.2%)
13.5→11.5→08.7→07.0→08.0→07.6→06.9→06.3→05.9→07.4→07.2
☆08年7月クール「Tomorrow」(平均12.6%)
16.8→13.9→13.5→10.8→10.3→10.5→12.9→13.0→10.4→14.1
☆08年10月クール「SCANDAL」(平均13.1%)
16.9→14.4→11.4→12.1→10.9→10.4→12.3→11.5→15.2→15.5
☆09年1月クール「本日も晴れ。異状なし」(平均8.2%)
12.4→10.0→08.3→07.1→07.3→06.3→07.0→06.8→08.4
☆09年4月クール「ぼくの妹」
12.2→09.0→06.7→07.3→06.3→07.1→08.9%→
「ぼくの妹」の七話目視聴率8.9%は、10ドラマ中7位となっている。
先週8位だったが、「猟奇的な彼女」(平均8.2%)を破った。
『同枠の最低視聴率になるのは、ほぼ確定か』と思ったが、分からなくなってきた。
七話目までのポイント数は、「ハタチの恋人」が60.3ポイント、「猟奇的な彼女」が63.2ポイント、「本日も晴れ。異状なし」が58.4ポイント、「ぼくの妹」が57.5ポイントとなっている。
「本日も晴れ。異状なし」とは僅差となっており、この争いは、今後の注目となりそうだ。
なお、これらとの対比で考えると、「ぼくの妹」の平均視聴率は7.5~8.1%となる。
現時点では8%前後が落ち着きどころと思われるが、七話目を踏まえた「ぼくの妹」の平均視聴率予想は、先週の7.5~8.0%のままにしたい。
同枠ドラマ「ハタチの恋人」も最低視聴率争いをしており、長澤まさみは主演女優としてはちょっと厳しいところに立たされているようだ。


13位:「魔女裁判」 平均07.72%(放送前予想平均10.0%)
初回9.0→7.7→8.5→休→7.2→6.2%→
【五話目を踏まえた平均視聴率予想】 7.0%~7.5%(▽0.5%~▽1.0%)
(初回~四話目を踏まえた平均視聴率予想7.5%~8.5%)
それほど評判が悪いとは思えないが、三話を無視すれば、ストレート下落となっている。
先週『話題になっているとは思えず、今後ももうちょっと下がるかもしれない』と書いたが、想像以上に酷い結果になりそうだ。
先クールの亀梨といい、今クールの中居、松本潤といい、ジャニーズ系の信頼度が落ちていることが分かる。

初回から五話目への下落率は31.1%となっている。
約3人に1人がギブアップした計算となる。
裁判員制度を題材にした事件モノであり、ストーリーが面白そうなので、大きくコケることはないだろうと思ったが、厳しい結果となりそうだ。
生田斗真は思ったよりも人気がないのか。
それとも、裁判員制度という題材の取っ付きにくさも要因だろうか。
しかし、事件モノなので、謎が深まれば、上昇する可能性は残されている。

「魔女裁判」の視聴率の動きと似ているドラマは以下の通り。
☆08年10月クール「ギラギラ」(平均10.2%)
12.2→11.2→11.8→09.8→09.0→07.7→10.2→09.7
☆09年1月クール「本日も晴れ。異状なし」(平均8.2%)
12.4→10.0→08.3→07.1→07.3→06.3→07.0→06.8→08.4
☆09年1月クール「神の雫」(平均6.1%)
10.3→07.3→06.2→05.0→06.0→04.9→04.7→04.9→05.4
これらとの対比で考えると、「魔女裁判」の平均視聴率は6.8~7.3%となる。
7%前半が落ち着きどころか。

生田斗真が出演したドラマの視聴率は以下の通り(主演とW主演の分類は不正確)。
☆08年1月クール「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)(※主演は成海)
12.9→10.0→09.8→09.5→08.9→08.6→08.3→08.0→07.4→07.0→07.1
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)(※大野とのW主演)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆09年1月クール「ヴォイス~命なき者の声~」(平均14.5%)(※主演は瑛太)
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0→10.2→12.8→13.6
☆09年4月クール「魔女裁判」
09.0→07.7→08.5→07.2→06.2%→
人気があるのかないのか分からないジャニーズタレントと思ったが、「人気がない」で確定なのだろうか。
「ハチミツとクローバー」以外との対比で考えると、「魔女裁判」の平均視聴率は7.1~7.7%となる。
「ハチミツとクローバー」との対比で考えると、「魔女裁判」の平均視聴率は6.7%となる。
盛り上がれば7%後半、低迷するようだと6%後半となる。
これらの中間の7%前半が落ち着きどころか。

一話完結タイプではないと思われる事件モノ等の視聴率は以下の通り。
(ほとんど見ていないのでタイプ分類に自信なし)
☆06年1月クール「アンフェア」(平均15.4%)
15.7→14.7→15.1→16.0→15.5→14.9→14.0→16.1→16.5→15.0→15.8
☆08年10月クール「チーム・バチスタの栄光」(平均13.2%)
15.2→11.7→12.5→12.2→11.8→13.2→13.5→14.2→12.3→12.2→16.5
☆09年1月クール「トライアングル」(平均12.3%)
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→11.5→10.8→11.3→12.1→13.3→15.5
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆07年4月クール「ライアーゲーム」(平均11.4%)
12.3→12.8→08.7→09.6→10.0→11.4→12.0→11.4→12.3→11.4→13.6
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆09年4月クール「魔女裁判」
09.0→07.7→08.5→07.2→06.2%→
11%半ばがこの手のドラマの標準となるだろうか。
「トライアングル」「魔王」との対比で考えると、「魔女裁判」の平均視聴率は7.7~7.8%となる。
この手の作品は終盤に盛り上がることが多いので、本作も同様に盛り上がることができれば、7%後半が落ち着きどころとなる。

土曜日23時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年4月クール「ライアーゲーム」(平均11.4%)
12.3→12.8→08.7→09.6→10.0→11.4→12.0→11.4→12.3→11.4→13.6
☆07年7月クール「ライフ」(平均12.2%)
11.0→11.7→10.9→10.9→10.0→11.7→09.4→12.4→14.2→14.2→17.4
☆07年10月クール「SP」(平均15.4%)
14.5→17.6→15.2→15.7→14.1→14.6→15.5→12.6→13.8→16.6→18.9
☆08年1月クール「ロス:タイム:ライフ」(平均10.3%)
11.4→08.7→12.3→10.7→10.5→08.5→10.2→09.8→12.4→09.9→09.1
☆08年4月クール「ハチワンダイバー」(平均8.4%)
06.8→07.6→11.0→08.4→08.3→07.8→09.5→06.9→09.4→08.9→08.3
☆08年7月クール「33分探偵」(平均9.2%)
12.2→08.1→09.9→10.0→07.0→09.8→07.8→09.1→08.7
☆08年10月クール「Room of King」(平均7.2%)
10.4→07.1→08.2→05.0→06.1→06.3→08.1→06.6→07.2
☆09年1月クール「赤い糸」(平均8.5%)
07.5→08.4→07.8→10.0→10.8→08.0→08.4→08.0→08.9→07.0→08.9
☆09年4月クール「帰ってこさせられた33分探偵」(平均8.6%)
09.5→07.9→06.7→10.1
☆09年4月クール「魔女裁判」
09.0→07.7→08.5→07.2→06.2%→
「魔女裁判」の五話目視聴率6.2%は、9ドラマ中8位となっている。
「33分探偵」「Room of King」との対比で考えると、「魔女裁判」の平均視聴率は7.5~7.5%となる。
7%半ばが落ち着きどころと思われるので、五話目を踏まえた「魔女裁判」の平均視聴率予想は、先週の7.5~8.5%から下方修正して、7.0~7.5%に変更したい。
最悪でも、「Room of King」(平均7.2%)は超えたいところだ。
同枠に8%台のドラマが3本あるので、8%台まで伸ばすことができれば、ギリギリでセーフとなるかと思ったが、無理そうだ。
生田斗真は主演として、今後もあまり計算できない役者となりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1375-77403200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。