ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入ランキング(6月第2週目)【映画】

順位(先週)公開週 タイトル (公開館数) 興行収入 (トータル収入)
1(-)1週目「The Hangover」  (3269館) $44,979,319 ($44,979,319)
2(1)2週目「カールじいさん」    (3818館) $44,138,266 ($137,210,701)
3(-)1週目「Land of the Lost」(3521館) $18,837,350 ($18,837,350)
4(2)3週目「ナイトミュージアム2」     (3807館) $14,634,988 ($127,326,188)
5(5)5週目「スター・トレック」    (3202館) $8,310,480 ($222,712,175)
6(3)3週目「ターミネーター4」   (3304館) $8,248,387 ($105,568,008)
7(4)2週目「Drag Me to Hell」 (2510館) $7,040,550 ($28,233,230)
8(6)4週目「天使と悪魔」      (2925館) $6,550,282 ($116,174,931)
9(-)1週目「My Life in Ruins」 (1164館) $3,223,161 ($3,223,161)
10(7)3週目「Dance Flick」   (1707館) $1,958,725 ($22,625,733)

3本の新作がランクインしたため、7週目で「Obsessed」、6週目で「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」及び「Ghosts of Girlfriends Past」が圏外へ消えた。

ビヨンセ主演のサスペンス「Obsessed」の現在の興行収入は、68百万ドルとなっている。
7千万ドルにはギリギリ到達できない辺りがフィニッシュラインか。
公開前興行収入予想は4.5千万ドルだったので、ハズれた。
いくらビヨンセ主演といっても、ただのサスペンス作品がここまでヒットするとは予想できない。
ストーカーを扱った作品であり、ホラー的な要素もあったのだろうか。
製作費20百万ドルをあっさりと回収し、3倍以上の興行収入となっている。
本作の評価はかなり悪いが、マドンナ、マライアなどが挑んでは失敗してきたが、女優としても成功したシンガーといえる。

ビヨンセ主演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「オースティン・パワーズ/ゴールド・メンバー」トータル213百万ドル
☆03年「ファイティング・テンプテーションズ」トータル30百万ドル
☆06年「ピンクパンサー」トータル82百万ドル
☆06年「ドリームガールズ」トータル103百万ドル
☆08年「Cadillac Records」トータル8百万ドル
「ピンクパンサー」は超えられないものの、ビヨンセの人気の高さが窺われる興行収入となった。

大物主演女優によるサスペンス作品の興行収入は以下の通り。
☆07年「シャッフル」トータル48百万ドル(※サンドラ・ブロック)
☆07年「ブレイブワン」トータル37百万ドル(※ジョディ・フォスター)
☆04年「テイキング・ライブス」トータル33百万ドル(※アンジェリーナ・ジョリー)
☆08年「ブラックリスト」トータル29百万ドル(※ダイアン・レイン)
☆07年「パーフェクト・ストレンジャー」トータル24百万ドル(※ハル・ベリー)
サスペンス作品は基本的には稼ぎにくいジャンルであるはずだが…。
これらの有名女優の作品よりもヒットさせたことは、評価できる。

去年公開された以下の作品のようなサスペンス系作品がライバルとなった。
☆08年「ラスベガスをぶっつぶせ」トータル81百万ドル
☆08年「バンテージ・ポイント」トータル72百万ドル
☆08年「バーン・アフター・リーディング」トータル60百万ドル
「バンテージ・ポイント」トータル72百万ドルを超えることは厳しいか。
しかし、ここまで稼げば十分であり、次作のビヨンセ作品も当然期待できる。


「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の現在の興行収入は、174百万ドルとなっている。
1億7千万ドル後半がフィニッシュラインか。
公開前興行収入予想は1億8千万ドルだったので、完全に当たった。

公開前にインターネット流出事件が起きたが、特に大きな問題はなく、製作費150百万ドルを余裕で回収した。
しかし、20世紀フォックス作品なので、それほどレベルの高い作品ではないと思われる。
当然ながら、かなりの初動タイプの作品となってしまった。

「X-MEN」シリーズの興行収入は以下の通り。
☆00年「X-MEN」トータル157百万ドル
☆03年「X-MEN2」トータル215百万ドル
☆06年「X-MEN:ファイナルディシジョン」トータル234百万ドル
「X-MEN」を超えているので、水準ラインはクリアといえるか。
本編の作品に比べて、大きな落ち込みがなかったので、スピンオフとしては問題ないだろう。

00年以降のアメコミ映画の興行収入は以下の通り。
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
☆02年「スパイダーマン」トータル404百万ドル
☆04年「スパイダーマン2」トータル374百万ドル
☆07年「スパイダーマン3」トータル337百万ドル
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
☆08年「ハンコック」トータル228百万ドル
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル211百万ドル
☆05年「バットマン・ビギンズ」トータル205百万ドル
☆06年「スーパーマン・リターンズ」トータル200百万ドル
☆02年「メン・イン・ブラックⅡ」トータル190百万ドル
☆05年「ファンタスティック・フォー」トータル155百万ドル
本作はスピンオフ作品であり、「バットマン」「スーパーマン」の新シリーズに及ばない程度になるのは問題ないだろう。
予想通りの結果になり、ビジネスとしては悪い結果にはならないことが判明した。
今後もこのシリーズのスピンオフは続いていくだろう。


マシュー・マコノヒー主演の「Ghosts of Girlfriends Past」の現在の興行収入は、52百万ドルとなっている。
5千万ドル半ばがフィニッシュラインだろうか。
公開前興行収入予想は7千万ドルだったので、ハズレてしまった。

マーク・S・ウォーターズ監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆03年「フォーチュン・クッキー」トータル110百万ドル
☆04年「ミーン・ガールズ」トータル86百万ドル
☆05年「恋人はゴースト」トータル48百万ドル
☆08年「スパイダーウィックの謎」トータル71百万ドル
「恋人はゴースト」以外は、7千~1億1千万ドルを稼いでいる。
しかし、「恋人はゴースト」と同じような結果になった。
「恋人はゴースト」同様に、ゴーストモノは不評のようだ。

マシュー・マコノヒー主演作の興行収入は以下の通り。
☆03年「10日間で男を上手にフル方法」トータル106百万ドル
☆05年「サハラ」トータル69百万ドル
☆05年「トゥー・フォー・ザ・マネー」トータル23百万ドル
☆06年「恋するレシピ」トータル89百万ドル
☆06年「マーシャルの悲劇」トータル44百万ドル
☆08年「フールズ・ゴールド」トータル70百万ドル
ラブコメ系ならば、7千~1億ドルを稼ぎ出す優秀な俳優。
ラブコメ系としては、近年で一番低い数値になっている。

ジェニファー・ガーナー主演作の興行収入は以下の通り。
☆04年「13ラブ30サーティン・ラブ・サーティ」トータル57百万ドル
☆05年「エレクトラ」トータル24百万ドル
☆06年「恋は突然に。」トータル16百万ドル
☆07年「キングダム/見えざる敵」トータル48百万ドル
「13ラブ30サーティン・ラブ・サーティ」を超えることができるかが注目だったが、無理そうだ。

去年公開されたラブコメ作品がライバルになるかと思ったが、厳しそうだ。
☆「ベガスの恋に勝つルール」トータル80百万ドル
☆「幸せになるための27のドレス」トータル77百万ドル
☆「寝取られ男のラブバカンス」トータル63百万ドル
マシュー・マコノヒー主演のラブコメにしては物足りない結果に終わった。
しかし、コケたといっても、このレベルならば傷は浅いと思われる。
マシュー・マコノヒーの評価はそれほど落ちることもないだろう。


新作は以下のとおりとなっている。
1位:「The Hangover」(コメディ)
【現在の興行収入】 45百万ドル
【監督】トッド・フィリップス
【出演】ザック・ガリフィアナキス(「トゥルー・コーリング」)、ブラッドレイ・クーパー(「エイリアス」)、ジャスティン・バーサ(「ナショナル・トレジャー」)
【内容】3人の花婿の付き添いは酔っている間に花婿とはぐれる。
【アメリカ内の評価】 かなり高い
【公開前興行収入予想】 9千万ドル
専門家の事前予想では、25.4・28.3・32.0百万ドルのオープニングを飾るとされているが、実際には予想を大きく上回る45.0百万ドルのオープニングを飾った。
確定前には「カールじいさんの空飛ぶ家」に及ばない2位とされていたが、確定値では逆転して1位を獲得した。

先週『勢いは「Land of the Lost」以上となっているが、3千万ドルは超えないオープニングではないか』と書いたが、大きく外した。
半信半疑のところがあり、予想を変えなかったが、ある程度ムーブメントが起きて爆発する予兆はあったので、納得できる数値である。

トッド・フィリップス監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年「ロード・トリップ」トータル69百万ドル
OP15→33→46→54→60→64
☆03年「アダルト♂スクール」トータル76百万ドル
OP17→37→51→61→67→71
☆04年「スタスキー&ハッチ」トータル88百万ドル
OP28→52→67→77→82→85
☆08年「SCHOOL FOR SCOUNDRELS」トータル18百万ドル
OP09→14→16→17→17→18
☆09年「The Hangover」
OP45百万ドル→
最新作はコケているが、基本的には7~9千万ドルを稼いでいる。
「SCHOOL FOR SCOUNDRELS」以外との対比で考えると、「The Hangover」の興行収入は141~207百万ドルとなる。
「スタスキー&ハッチ」トータル88百万ドルを超えるばかりか、1億ドル突破は確実となった。
2億ドル突破できるかが注目となる。

以下のような作品がライバルになるか。
☆05年「ウェディング・クラッシャーズ」トータル209百万ドル
OP34→80→116→144→164→178
☆07年「ノックトアップ」トータル149百万ドル
OP31→66→090→109→122→132
☆07年「スーパーバッド」トータル121百万ドル
OP33→69→089→103→111→116
☆08年「スモーキング・ハイ(PINEAPPLE EXPRESS)」トータル87百万ドル
先41(OP23)→63→74→80→84→86
☆09年「I Love You, Man」トータル71百万ドル
OP18→37→049→059→065→068
☆08年「Role Models」トータル67百万ドル
OP19→38→048→058→062→064
☆08年「寝取られ男のラブ♂バカンス 」トータル63百万ドル
OP18→35→045→051→055→058
☆09年「The Hangover」
OP45百万ドル→
「ウェディング・クラッシャーズ」以外との対比で考えると、「The Hangover」の興行収入は158~216百万ドルとなる。
マックス2億ドル、ミニマム1億5千万ドル程度だろうか。
当面は1億5千万ドル突破が目標となり、1億7千万ドル程度が落ち着きどころか。
「ノックトアップ」トータル149百万ドルが当面のライバルとなりそうだ。
「ウェディング・クラッシャーズ」トータル209百万ドルまではさすがに視野に入らないのではないか。


3位:「Land of the Lost」(アドベンチャーコメディ)
【現在の興行収入】 19百万ドル
【監督】ブラッド・シルバーリング
【出演】ウィル・フェレル、ダニー・マクブライド(「トロピック・サンダー」)、アンナ・フリエル(「GOAL!」シリーズ)
【内容】探検家たちは時空渦に巻き込まれて、恐竜の世界へと辿り着く。
【アメリカ内の評価】 普通
【公開前興行収入予想】 1億1千万ドル
専門家の事前予想では、25.4・28.0・30.7百万ドルのオープニングを飾るとされていたが、実際には予想を大きく下回る18.8百万ドルしか稼げなかった。
先週『3千万ドルを超えない程度のオープニングか』と書いたが、「The Hangover」に観客を奪われたようだ。
しかし、70年代の子ども向けテレビシリーズの映画化であり、家族で楽しめる作品と思われる。
ややコケは間違いないが、ファミリー向けと思われるので大コケはなさそうだ。

ブラッド・シルバーリング監督作品の興行収入は以下の通り。
☆95年「キャスパー」トータル100百万ドル
OP17→39→55→066→075→081
☆98年「シティ・オブ・エンジェル」トータル79百万ドル
OP15→34→47→055→062→066
☆02年「ムーンライト・マイル」トータル7百万ドル
☆04年「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」トータル119百万ドル
OP30→59→95→106→111→115
☆09年「Land of the Lost」
OP19百万ドル→
1億ドルオーバーが2本もあるが、評価が高くない作品ばかりである。
興行収入は大きくは伸びないと思われる。
これらとの対比で考えると、「Land of the Lost」の興行収入は75~112百万ドルとなる。
1億ドルラインはまだ消えてはいないが、1億ドル突破は厳しそうだ。
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」を当然下回りそうだ。
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」に続き、本作も失敗したので、監督としては厳しい立場となりそうだ。

ウィル・フェレル主演作の興行収入は以下の通り。
☆04年「俺たちニュースキャスター」トータル85百万ドル
OP28→57→071→078→082→083
☆05年「奥様は魔女」トータル63百万ドル(※主演はニコール・キッドマン)
OP20→39→051→057→060→061
☆06年「タラデガ・ナイト」トータル148百万ドル
OP47→90→114→128→137→142
☆06年「主人公は僕だった」トータル41百万ドル
OP13→23→033→037→039→040
☆07年「俺たちフィギュアスケーター」トータル119百万ドル
OP33→68→090→101→108→112
☆08年「俺たちダンクシューター」トータル33百万ドル
OP15→25→030→032→033→033
☆08年「俺たちステップ・ブラザース-義兄弟-」トータル100百万ドル
OP31→63→081→091→096→098
☆09年「Land of the Lost」
OP19百万ドル→
コケている作品もあるが、3年連続で1億ドルオーバー作品を産み出している。
これらとの対比で考えると、「Land of the Lost」の興行収入は58~69百万ドルとなる。
7千万ドル前後が落ち着きどころか。
「奥様は魔女」トータル63百万ドルを超えられるかどうかが注目となる。
ウィル・フェレルらしくないアドベンチャー系作品なので、この結果も仕方がないところはある。
コメディらしい作品によって、挽回のチャンスは回ってくるだろう。

イメージ的には「センター・オブ・ジ・アース」と被り、コメディ俳優のアクションコメディは「ゲットスマート」と似ている。
☆08年「ゲットスマート」トータル130百万ドル
OP39→77→98→112→120→124
☆08年「センター・オブ・ジ・アース」トータル102百万ドル
OP21→44→60→073→082→088
☆09年「Land of the Lost」
OP19百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Land of the Lost」の興行収入は63~92百万ドルとなる。
マックス9千万ドル、ミニマム6千万ドルとなり、7千万ドル前後が落ち着きどころか。
高額予算の作品と思われるので、さすがに合格レベルとは言いがたい結果になりそうだ。


9位:「My Life in Ruins」(コメディ)
【現在の興行収入】 3百万ドル
【監督】ドナルド・ペトリ(「10日間で男を上手にフル方法」)
【出演】ニア・ヴァルダロス(「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」)、リチャード・ドレイファス(「未知との遭遇」)、レイチェル・ドラッチ(「チャックとラリー」)
【内容】ギリシャを回っていたトラベルガイドは自分のロマンチックな面を再発見する。
【アメリカ内の評価】 普通
【公開前興行収入予想】 1.5千万ドル
専門家の事前予想では、2.8・3.0・5.0百万ドルのオープニングを飾るとされていたが、実際には予想に近い3.2百万ドルのオープニングを飾っている。
先週『規模も小さいので、それほど高いオープニングにはならないだろう。4百万ドル前後になるのではないか』と書いたものに近いものになった。
予想に近いものになったが、少々心もとないオープニングだ。

ドナルド・ペトリ監督、ニア・ヴァルダロスともに実績があるが、公開規模が小さいので参考になるまい。
☆03年「10日間で男を上手にフル方法」トータル106百万ドル
OP24→47→65→78→87(※ケイト・ハドソン共演)
☆02年「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」トータル241百万ドル

本作を手掛けたのはフォックスサーチライト。
フォックス作品にはコケ作品が多いが、関連会社のフォックスサーチライトは絶好調。
☆07年「Juno」トータル143百万ドル
04週目より拡大26→52→71→85→100→110→118→124
☆08年「スラムドッグ$ミリオネア」トータル141百万ドル
11週目より拡大56→67→77→87→098→115→125→133
☆04年「サイドウェイ」トータル72百万ドル
15週目より拡大40→47→53→58→063→066→068→070
☆06年「リトル・ミス・サンシャイン」トータル60百万ドル
05週目より拡大23→34→41→46→050→053→055→056
☆04年「バス男」トータル45百万ドル
12週目より拡大22→26→30→33→036→038→039→040
☆08年「リリィ、はちみつ色の秘密」トータル38百万ドル
OP11→19→25→30→34→36→37
☆03年「ベッカムに恋して」トータル33百万ドル
☆09年「My Life in Ruins」
OP03百万ドル→
低予算ながら、1年に何本かヒット作を生み出している。
「リリィ、はちみつ色の秘密」との対比で考えると、「My Life in Ruins」の興行収入は10百万ドルとなる。
この辺りがマックスラインだろうか。
フォックスサーチライト作品のため、粘り強く稼いでもらいたいところだが、1千万ドルを超えるかどうかが注目となりそうだ。


旧作は以下のとおりとなっている。
2位:「カールじいさんの空飛ぶ家」(3Dアニメ)
【現在の興行収入】 137百万ドル(先週比+69百万ドル)
【監督】 ピーター・ドクター(「モンスターズ・インク」)、ボブ・ピーターソン
【出演】 エドワード・アズナー、Jordan Nagai、ジョン・ラッツェンバーガー
【内容】 78歳のカールは何千もの風船を家につけて、南アメリカの荒野を見る旅に出る。
【アメリカ内の評価】 メチャクチャ高い
【公開前興行収入予想】 2億3千万ドル
ピクサー作品は、やはり安定した強さを見せ付けてくれる。
評価も尋常ではないほど高くなっている。

過去のピクサー作品の興行収入は以下の通り。
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル340百万ドル
OP70→144→191→229→254→275→291→304→313→320
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル261百万ドル
OP70→143→178→214→226→233→237→242→252→255
☆01年「モンスターズ・インク」トータル256百万ドル
OP63→122→156→192→204→212→219→224→236→245
☆99年「トイ・ストーリー2」トータル246百万ドル
☆06年「カーズ」トータル244百万ドル
OP60→117→157→183→206→220→229→234→238→239
☆08年「ウォーリー」トータル224百万ドル
OP63→127→163→183→195→204→210→214→216→218
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル206百万ドル
OP47→110→143→166→180→188→193→197→199→201
☆95年「トイ・ストーリー」トータル192百万ドル
☆98年「バグズ・ライフ」トータル163百万ドル
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」
OP68→137百万ドル→
近3年の206~244百万ドルが一応の水準となる。
主要作品との対比で考えると、「カールじいさんの空飛ぶ家」の興行収入は242~287百万ドルとなる。
近3年の水準はクリアできそうだ。
「ウォーリー」トータル224百万ドルを超えそうであり、「カーズ」トータル244百万ドルが当面のライバルとなるか。
『ロボットよりも人間キャラクターの方が受けると思われるので、「ウォーリー」を超えるのではないか』と読んだとおりとなりそうだ。

2億ドル前後のアニメ作品は以下の通り。
☆08年「カンフー・パンダ」トータル215百万ドル
OP60→117→156→179→193→202→207→209→210→211
☆09年「モンスターVSエイリアン」現時点で195百万ドル
OP59→105→140→163→175→182→187→191→193→
☆06年「ハッピーフィート」トータル198百万ドル
OP42→099→122→138→149→159→176→185→188→191
☆06年「アイス・エイジ2」トータル195百万ドル
OP68→116→147→168→178→183→188→189→190→192
☆05年「マダガスカル」トータル194百万ドル
OP47→100→128→147→160→171→179→184→187→188
☆08年「マダガスカル2」トータル180百万ドル
OP63→117→137→159→166→170→172→175→177→177
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」
OP68→137百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「カールじいさんの空飛ぶ家」の興行収入は252~274百万ドルとなる。
「アイス・エイジ2」「マダガスカル2」のような極端な初動にはならないと思われる。
ピクサー作品らしい伸びが期待できるので、2億5~6千万ドル程度が当面の落ち着きどころとなる。
「カンフー・パンダ」トータル215百万ドルは楽に超えるのではないか。
「シュレック」トータル268百万ドルも視野に入りそうだ。


4位:「ナイトミュージアム2」(ファミリーアドベンチャー)
【現在の興行収入】 127百万ドル(先週比+23百万ドル)
【監督】ショーン・レヴィ
【出演】ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン、エイミー・アダムス、ロビン・ウィリアムズ
【内容】警備員ラリーはJedediah とOctaviusを助けるためにスミソニアンの研究所に向かう。
【アメリカ内の評価】 それほど悪くない
【公開前興行収入予想】 1億6千万ドル
1億ドルをあっさりと突破し、製作費1億5千万ドルは楽に回収できそうだ。
20世紀フォックス作品なのでレベルは低いとは思うが、ファミリー向けの作品であり、需要はかなり高いようだ。
しかし、前作ほどの勢いは感じられない。

前作の興行収入は以下の通り。
☆06年「ナイトミュージアム」トータル251百万ドル
OP30→116→164→186→205→217(※年末公開)
☆09年「ナイトミュージアム2」
OP54→104→127百万ドル→
「ナイトミュージアム」との対比で考えると、「ナイトミュージアム2」の興行収入は194百万ドルとなる。
前作ほどのヒットは期待できないまでも、ファミリー向け作品であり、比較的粘りそうだが、この辺りがマックスラインだろう。
2億ドル突破は厳しそうだ。

ベン・スティラー主演作は以下の通り。
☆04年「スタスキー&ハッチ」トータル88百万ドル
OP28→052→067→077→082→085
☆04年「隣のリッチマン」トータル14百万ドル
OP06→010→012→013→013→013
☆04年「ドッジボール」トータル114百万ドル
OP30→067→084→098→105→109
☆04年「ミート・ザ・ペアレンツ2」トータル279百万ドル
先71(OP46)→162→204→231→247→258(※年末公開)
☆07年「ライラにお手あげ(The Heartbreak Kid)」トータル37百万ドル
OP14→026→032→035→036→036
☆08年「トロピック・サンダー」トータル111百万ドル
先37(OP26)→066→084→097→103→107
☆09年「ナイトミュージアム2」
OP54→104→127百万ドル→
「ドッジボール」「トロピック・サンダー」の1億1千万ラインは楽に超えた。
主要作品との対比で考えると、「ナイトミュージアム2」の興行収入は167~174百万ドルとなる。
1億7千万ドル程度が落ち着きどころとなりそうだ。
ファミリー向け作品であり、伸びがあっても1億8千万ドル程度か。

前作も手掛けたショーン・レヴィ監督作品の興行収入は以下の通り。
☆02年「ビッグ・ライアー」トータル48百万ドル
OP12→22→33→39→43→46
☆03年「ジャスト・マリッジ」トータル56百万ドル
OP18→33→43→50→53→54
☆03年「12人のパパ」トータル139百万ドル
先35(OP28)→86→101→112→123→128(※年末公開)
☆06年「ピンクパンサー」トータル82百万ドル
OP20→42→61→70→75→79
☆09年「ナイトミュージアム2」
OP54→104→127百万ドル→
前作「ナイトミュージアム」トータル251百万ドルも手掛けている。
大コケがなく、興行収入的には非常に優秀な監督といえる。
これらとの対比で考えると、「ナイトミュージアム2」の興行収入は165~185百万ドルとなる。

ファミリー向け作品の興行収入は以下の通り。
☆07年「アルビン/歌うシマリス3兄弟」トータル217百万ドル(FOX)
OP44→084→141→176→188→196(※年末公開)
08年「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」トータル143百万ドル(FOX)
先51(OP36)→107→124→133→138→140(※年末公開)
☆08年「ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛」トータル142百万ドル
OP55→091→115→126→132→136
☆07年「魔法にかけられて」トータル128百万ドル
先49(OP34)→70→84→92→98→111(※エイミー・アダムス主演)
☆07年「エバン・オールマイティ」トータル100百万ドル
OP31→61→79→88→94→96
☆09年「ナイトミュージアム2」
OP54→104→127百万ドル→
「アルビン」「マーリー」以外との対比で考えると、「ナイトミュージアム2」の興行収入は157~194百万ドルとなる。
マックス1億9千万ドル、ミニマム1億6千万ドル程度だろうか。
ファミリー向け作品であり、引き続き伸びが期待できるので、1億7千万ドル程度までは伸びそうだ。
最低ラインは突破しているが、微妙な結果であり、このシリーズは見納めだろうか。


5位:「スター・トレック」(SFアドベンチャー)
【現在の興行収入】 223百万ドル(先週比+14百万ドル)
【監督】J・J・エイブラムス
【出演】クリス・パイン(「スモーキン・エース」)、ザカリー・クイント(「24」)、サイモン・ペッグ(「ホット・ファズ」)、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー
【内容】エンタープライズ号のカーク船長とスポックの起源となるストーリー。
【アメリカ内の評価】 かなり高い
【公開前興行収入予想】 2億3千万ドル
公開前に『J・J・エイブラムス効果により、過去のシリーズを見なかった者の動員も期待できるので、(一般の)予想を上回る恐れがある』と書いており、予想通りの大ヒットとなっている。
2億ドルを楽に突破しており、今年公開作品のナンバーワンヒットとなっている。

過去の「スター・トレック」シリーズは以下の通り。
☆79年「スター・トレック」トータル82百万ドル
☆82年「Ⅱ・カーンの逆襲」トータル79百万ドル
☆84年「Ⅲ・ミスター・スポックを探せ!」トータル76百万ドル
☆86年「Ⅳ・故郷への長い道」トータル110百万ドル
先25→039→047→054→068→81(OP17百万ドル)
☆89年「Ⅴ・新たなる未知へ」トータル52百万ドル
OP17→031→038→042→046
☆91年「Ⅵ・未知の世界」トータル75百万ドル
OP18→030→038→050→061→65
☆94年「ジェネレーションズ」トータル76百万ドル
OP23→049→061→062→065→68
☆96年「ファースト・コンタクト」トータル92百万ドル
OP31→061→071→077→080→85
☆98年「叛乱」トータル70百万ドル
OP22→036→048→059→063→65
☆02年「ネメシス」トータル43百万ドル
OP19→026→034→040→042→42
☆09年「スター・トレック」
先79→148→185→209→223百万ドル→
「Ⅳ・故郷への長い道」トータル110百万ドルを超えて、シリーズ最高興行収入となった。
主要作品との対比で考えると、「スター・トレック」の興行収入は248~276百万ドルとなる。
2億5千万ドル突破が当面の目標となりそうだ。

J・J・エイブラムス関連作品は以下の通り。
☆06年「M:I:Ⅲ」トータル134百万ドル(監督)
OP48→085→104→114→123→127
☆08年「クローバーフィールド」トータル80百万ドル(プロデューサー)
OP40→064→072→076→078→079
☆09年「スター・トレック」
先79→148→185→209→223百万ドル→
「M:I:Ⅲ」を楽に超えた。
「M:I:Ⅲ」との対比で考えると、「スター・トレック」の興行収入は243百万ドルとなる。
この辺りがミニマムラインとなりそうだ。

「起源」や「新シリーズ」を描いた作品は以下の通り。
☆05年「バットマン・ビギンズ」トータル205百万ドル(OP49百万ドル)
先73→123→151→172→183→191
☆06年「スーパーマン・リターンズ」トータル200百万ドル(OP53百万ドル)
先85→142→164→178→186→190(※新シリーズ構想は消えたようだ)
☆06年「カジノ・ロワイヤル」トータル167百万ドル
OP41→094→116→129→138→144→153
☆09年「スター・トレック」
先79→148→185→209→223百万ドル→
「スーパーマン・リターンズ」以外との対比で考えると、「スター・トレック」の興行収入は250~270百万ドルとなる。
当面は2億6~7千万ドル程度が落ち着きどころとなるか。

近年の高額アクション作品の興行収入は以下の通り。
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
先102→178→223→252→276→289(OP99百万ドル)
☆08年「インディ・ジョーンズ」トータル317百万ドル
先126→216→253→277→291→300(OP100百万ドル)
☆08年「ハンコック」トータル228百万ドル
先104→164→192→206→216→222(OP63百万ドル)
☆07年「ボーン・アルティメイタム」トータル227百万ドル
OP69→132→165→185→200→210
☆07年「N・T/リンカーン暗殺者の日記」トータル220百万ドル
OP45→124→171→187→197
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル211百万ドル
OP71→129→162→180→193→201
☆09年「スター・トレック」
先79→148→185→209→223百万ドル→
「ハンコック」以外との対比で考えると、「スター・トレック」の興行収入は243~257百万ドルとなる。
マックス2億7千万ドル、ミニマム2億4千万ドルというところか。
現時点では2億6~7千万ドル程度が落ち着きどころとなるか。
評価は高いので、相当の伸びが期待できそうだ。
3億ドルを超えるような伸びがあるかが注目となる。
公開前にライバルになると思われた「ハンコック」トータル228百万ドル、「ボーン・アルティメイタム」トータル227百万ドルを楽に超えそうだ。
果たして、「トランスフォーマー/リベンジ」は、本作を超えることができるだろうか。


6位:「ターミネーター4」(SFアクション)
【現在の興行収入】 106百万ドル(先週比+15百万ドル)
【監督】マックG
【出演】クリスチャン・ベール、サム・ワーシントン、アントン・イェルチン、ブライス・ダラス・ハワード
【内容】ジョン・コナーとスカイネットの争いを描く。
【アメリカ内の評価】 高い
【公開前興行収入予想】 1億8千万ドル
製作費2億ドルという大作映画だが、国内で回収するのはもはや不可能。
クリスチャン・ベールのスタッフ罵倒騒動や、マックGの「クリスチャン・ベールのせいで脚本の書き直しを迫られた」といった発言があり、あまりいい印象がないので、爆発的な大ヒットしないのではないかと思ったが、その通りになりそうだ。
大ヒットしないと思いつつも、高い興行収入になるという予想をしてしまったが、ファーストインプレッションを信じればよかった。

「ターミネーター」シリーズの興行収入は以下の通り。
☆84年「ターミネーター」トータル38百万ドル
☆91年「ターミネーター2」トータル205百万ドル
☆03年「ターミネーター3」トータル150百万ドル
先72(OP44)→110→128→137→143→146
☆09年「ターミネーター4」
先56(OP43)→091→106百万ドル→
「ターミネーター3」を超えることが目標だったが、無理なようだ。
「ターミネーター3」との対比で考えると、「ターミネーター4」の興行収入は124百万ドルとなる。
この辺りがミニマムラインとなりそうだ。

マックG監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年「チャーリーズ・エンジェル」トータル125百万ドル
OP40→75→093→109→115→119
☆03年「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」トータル101百万ドル
OP38→67→082→089→093→095
☆06年「マーシャルの悲劇」トータル44百万ドル
先07(OP06)→25→35→38→41
☆09年「ターミネーター4」
先56→91→106百万ドル→
「チャーリーズ・エンジェル」以外との対比で考えると、「ターミネーター4」の興行収入は131~133百万ドルとなる。
1億3千万ドル程度が落ち着きどころか。

クリスチャン・ベールの主な出演作は以下の通り。
☆05年「バットマン・ビギンズ」トータル205百万ドル
先73(OP49)→123→151→172→183→191
☆06年「プレステージ」トータル53百万ドル
OP15→29→039→46→49
☆07年「3:10 to Yuma」トータル54百万ドル
OP14→28→038→044→049→052→053
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
☆09年「ターミネーター4」
先56→91→106百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ターミネーター4」の興行収入は144~151百万ドルとなる。
1億4千万ドル程度がマックスラインとなりそうだ。

描かれる時代が変わり、主役の演者も代わるので、最近の「起源」や「新シリーズ」を描いた流れになるのだろうか。
☆05年「バットマン・ビギンズ」トータル205百万ドル
先73→123→151→172→183→191
☆06年「スーパーマン・リターンズ」トータル200百万ドル
先85→142→164→178→186→190(※新シリーズ構想は消えたようだ)
☆06年「カジノ・ロワイヤル」トータル167百万ドル
OP41→094→116→129→138→144→153
☆09年「スター・トレック」
先79→148→185→209→223百万ドル→
☆09年「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」
OP85→129→151→163→171百万ドル→
☆09年「ターミネーター4」
先56→091→106百万ドル→
「スーパーマン・リターンズ」との対比で考えると、「ターミネーター4」の興行収入は129百万ドルとなる。
マックス1億4千万ドル、ミニマム1億2千万ドルというところか。
1億3千万ドル程度が落ち着きどころとなりそうだ。

1億5千万ドル前後の興行収入は以下の通り。
☆08年「慰めの報酬」トータル168百万ドル
OP68→109→141→152→158→161
☆08年「セックス・アンド・ザ・シティ」トータル153百万ドル
OP57→99→120→132→140→145
☆08年「グラン・トリノ」トータル148百万ドル(拡大週のOP29百万ドル)
拡大後41→73→98→110→120→129
☆08年「マンマ・ミーア!」トータル144百万ドル
OP28→063→087→104→116→124
☆08年「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」トータル143百万ドル
先51→107→124→133→138→140
☆08年「ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛」トータル142百万ドル
OP55→091→115→126→132→136
☆08年「インクレディブル・ハルク」トータル135百万ドル
OP55→097→116→125→130→132
☆08年「ウォンテッド」トータル135百万ドル
OP51→090→112→123→129→131
☆09年「ターミネーター4」
先56→091→106百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「ターミネーター4」の興行収入は122~135百万ドルとなる。
現時点では1億3千万ドル程度となりそうだが、本作には先行があった分、もっと低くなる可能性はある。
本シリーズは、確か3部作だったような気がするが、続編はどうなるだろうか。


7位:「Drag Me to Hell」(ホラー)
【現在の興行収入】 28百万ドル(先週比+12百万ドル)
【監督】 サム・ライミ
【出演】 アリソン・ローマン(「マッチスティック・メン」)、ジャスティン・ロング(「ダイ・ハード4.0」)、Ruth Livier
【内容】老婦人を家から追い出すように命令していたローン会社員は超自然的な呪いをかけられる。
【アメリカ内の評価】 かなり高い
【公開前興行収入予想】 6.5千万ドル
サム・ライミ監督作品であり、ハードな内容でなければ、高い興行収入になるのではないかと期待したが、やや物足りないものとなった。
「Juno」のエレン・ペイジが降板した作品のようだ。
彼女が出演していれば、相当なヒットになっただろう。

サム・ライミ監督作品の興行収入は以下の通り(除く「スパイダーマン」)。
☆90年「ダークマン」トータル34百万ドル
☆93年「死霊のはらわた3」トータル12百万ドル
☆95年「クイック&デッド」トータル19百万ドル
☆98年「シンプル・プラン」トータル16百万ドル
☆99年「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」トータル35百万ドル
☆00年「ギフト」トータル12百万ドル
時代が古いためか、意外と稼げていない。
「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」トータル35百万ドルは問題なく超えるだろう。

本作はゴースト・ハウス制作のホラーとなる。
ゴースト・ハウス製作ホラーの興行収入は以下の通り。
☆04年「THE JUON/呪怨」トータル110百万ドル
OP39→71→89→99→104
☆05年「ブギーマン」トータル47百万ドル
OP19→33→41→45→46
☆06年「呪怨パンデミック」トータル39百万ドル
OP21→31→36→38→39
☆07年「ゴースト・ハウス」トータル35百万ドル
OP15→25→30→33→34
☆07年「30 Days of Night」トータル40百万ドル
OP16→27→34→37→39
☆09年「Drag Me to Hell」
OP16→28百万ドル→
4千万ドル前後が水準となる。
これらとの対比で考えると、「Drag Me to Hell」の興行収入は35~43百万ドルとなる。
サム・ライミ監督作品なので、少々伸びはあるのではないか。
当面は「ブギーマン」トータル47百万ドルを超えることが目標となりそうだ。

リメイクホラーではない最近ヒットしたホラー作品は以下の通り。
☆09年「THE HAUNTING IN CONNECTICUT」トータル55百万ドル
OP23→37→46→52→54→55
☆08年「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」トータル53百万ドル
OP21→37→45→50→52→52
☆09年「The Unborn」トータル43百万ドル
OP20→33→39→41→42→42
☆09年「Drag Me to Hell」
OP16→28百万ドル→
これらの動きと比較すると、やはり物足りない。
これらとの対比で考えると、「Drag Me to Hell」の興行収入は36~40百万ドルとなる。
「The Unborn」トータル43百万ドルを超えたいところだ。

過去のリメイクホラーは以下の通り。
☆03年「テキサス・チェーンソー」トータル81百万ドル
OP29→51→66→73→78→79
☆05年「悪魔の棲む家」トータル65百万ドル
OP24→43→55→60→63→64
☆09年「13日の金曜日」トータル65百万ドル
OP41→55→61→63→64→65
☆04年「ドーン・オブ・ザ・デッド」トータル59百万ドル
OP27→44→52→55→57→58
☆07年「ハロウィン」トータル58百万ドル
OP26→44→51→55→56→57
☆06年「オーメン」トータル55百万ドル
先36(OP16)→47→52→53→54→54
☆09年「ブラッディ・バレンタイン3D」トータル51百万ドル
OP21→38→45→48→51→51
☆06年「ストレンジャー・コール」トータル48百万ドル
OP22→34→41→45→47→48
☆08年「Prom Night」トータル44百万ドル
OP21→32→38→41→43→43
☆06年「ヒルズ・ハブ・アイズ」トータル42百万ドル
OP16→29→36→39→40→41
☆09年「The Last House on the Left」トータル33百万ドル
OP14→24→28→31→32→32

去年に流行した海外リメイクホラー作品は以下の通り。
☆「QUARANTINE」トータル32百万ドル
OP14→24→29→31→32
☆「The Eye」トータル31百万ドル
OP12→21→26→29→30
☆「ミラーズ」トータル31百万ドル
OP11→20→25→28→29
☆「ワン・ミス・コール」トータル27百万ドル
OP13→20→24→26→26
☆「シャッター」トータル26百万ドル
OP10→19→23→25→25

☆09年「Drag Me to Hell」
OP16→28百万ドル→
現時点では4千万ドル程度が落ち着きどころか。
海外リメイクホラーの3千万ドル程度は楽に超えそうだが、「Prom Night」トータル44百万ドル、「ヒルズ・ハブ・アイズ」トータル42百万ドル程度となりそうだ。
これらの並のホラー作品と同程度では物足りない。


8位:「天使と悪魔」(サスペンス)
【現在の興行収入】 116百万ドル(先週比+11百万ドル)
【監督】ロン・ハワード
【出演】トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー
【内容】秘密結社のイルミナティがバチカンを攻撃するのをハーバードの学者ロバート・ラングドンは防ごうとする。
【アメリカ内の評価】 それほど悪くない
【公開前興行収入予想】 1億4千万ドル
「ダ・ヴィンチ・コード」ほどのムーブメントがないのは分かっていたが、予想以上に低迷するかもしれない。
ただ、「ダ・ヴィンチ・コード」が例外であり、本来の姿に戻ったと考えるべきだろう。
制作費150百万ドルを回収できるかどうかが注目だったが、無理そうだ。

06年の「ダ・ヴィンチ・コード」の興行収入は以下の通り。
☆06年「ダ・ヴィンチ・コード」トータル218百万ドル
OP77→137→172→189→199→206→210
☆09年「天使と悪魔」
OP46→082→105→116百万ドル→
これとの対比で考えると、「天使と悪魔」の興行収入は134百万ドルとなる。
初動タイプだとすると、この辺りが落ち着きどころか。

ロン・ハワード監督作品の興行収入は以下の通り(高額のみを抜粋)。
☆95年「アポロ13」トータル174百万ドル
OP25→66→091→111→127→139
☆96年「身代金」トータル136百万ドル
OP34→67→086→105→113→118
☆00年「グリンチ」トータル260百万ドル
OP55→137→172→196→214→233
☆01年「ビューティフル・マインド」トータル171百万ドル(3週目より拡大)
拡38→58→075→093→105→113
☆05年「シンデレラ・マン」トータル62百万ドル
OP18→35→044→050→054→057
☆09年「天使と悪魔」
OP46→82→105→116百万ドル→
「身代金」「シンデレラ・マン」との対比で考えると、「天使と悪魔」の興行収入は144~150百万ドルとなる。
「身代金」トータル136百万ドル程度は超えることができるだろうか。

トム・ハンクス主演作品の興行収入は以下の通り。
☆00年「キャスト・アウェイ」トータル234百万ドル
OP29→101→142→168→182→193(年末公開)
☆02年「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル165百万ドル(※助演)
先48→97→119→134→145→152(年末公開)
☆02年「ロード・トゥ・パーディション」トータル104百万ドル
OP22→047→066→077→84→90
☆04年「レディ・キラーズ」トータル40百万ドル
OP13→023→030→034→37→38
☆04年「ターミナル」トータル78百万ドル
OP19→041→054→065→71→74
☆06年「ダ・ヴィンチ・コード」トータル218百万ドル
OP77→137→172→189→199→206
☆07年「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」トータル67百万ドル
OP10→035→053→059→63→65(年末公開)
☆09年「天使と悪魔」
OP46→082→105→116百万ドル→
「ダ・ヴィンチ・コード」で復活しているものの、00年をピークにして、興行収入が下がっている点が気になるところ。
今回コケたら、少々厳しいことになりそうだ。
製作費回収ラインの1億5千万ドルが合格ラインになるのではないかと思われる。
主要作品との対比で考えると、「天使と悪魔」の興行収入は132~143百万ドルとなる。
合格ライン突破できるかは微妙な結果となりそうだ。

1億5千万ドル前後の興行収入は以下の通り。
☆08年「慰めの報酬」トータル168百万ドル
OP68→109→141→152→158→161
☆08年「セックス・アンド・ザ・シティ」トータル153百万ドル
OP57→099→120→132→140→145
☆08年「グラン・トリノ」トータル148百万ドル(拡大週のOP29百万ドル)
拡大後41→73→98→110→120→129
☆08年「マンマ・ミーア!」トータル144百万ドル
OP28→063→087→104→116→124
☆08年「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」トータル143百万ドル
先51→107→124→133→138→140
☆08年「ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛」トータル142百万ドル
OP55→091→115→126→132→136
☆08年「インクレディブル・ハルク」トータル135百万ドル
OP55→097→116→125→130→132
☆08年「ウォンテッド」トータル135百万ドル
OP51→090→112→123→129→131
☆09年「天使と悪魔」
OP46→082→105→116百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「天使と悪魔」の興行収入は125~131百万ドルとなる。
マックスは1億4千万ドル、ミニマムは1億2千万ドル程度だろうか。
評価は悪くないものの、それほど伸びはないので1億3千万ドル程度が落ち着きどころか。
製作費1億5千万ドルを国内では回収できないのではないか。
ワールドワイドの作品なので、当然黒字になりそうだが、予想通り低い数値になりそうだ。


10位:「Dance Flick」(コメディ)
【現在の興行収入】 23百万ドル(先週比+4百万ドル)
【監督】Damien Wayans(テレビで活躍)
【出演】マーロン・ウェイアンズ、ショーン・ウェイアンズ
【内容】ストリートダンサーが夢を実現する。
【アメリカ内の評価】 かなり悪い
【公開前興行収入予想】 2.5千万ドル
大きくコケる危険性はあったが、それなりの結果となりそうだ。
大作が続くために、こういったパロディ作品が懐かしくなったのだろうか。
製作費25百万ドルとなっており、制作費を回収することが目標となりそうだ。

マーロン・ウェイアンズ、ショーン・ウェイアンズは「最終絶叫計画」シリーズで製作、脚本、出演などを務めていたようだ。
☆00年「最終絶叫計画」トータル157百万ドル
OP42→89→116→132→140→145
☆01年「最新絶叫計画」トータル71百万ドル
先34→53→062→067→070→071
☆04年「最凶女装計画(WHITE CHICKS)」トータル71百万ドル
先27(OP20)→44→57→63→67→68
☆06年「最凶赤ちゃん計画(LITTLE MAN)」トータル59百万ドル
OP22→41→50→55→57→58
☆09年「Dance Flick」
OP11→19→23百万ドル→
下品な作品が多く、観客から嫌われつつある。
これらとの対比で考えると、「Dance Flick」の興行収入は24~29百万ドルとなる。
3千万ドル台がマックスラインとなるが、2千万ドル半ばをやや超える程度が落ち着きどころか。

最近のパロディ作品には以下のようなものがある。
☆06年「Date Movie」トータル49百万ドル
OP19→34→41→44→47
☆07年「Epic Movie」トータル40百万ドル
OP19→30→36→38→39
☆08年「Meet the Spartans」トータル38百万ドル
OP19→29→34→36→37
☆08年「Superhero Movie」トータル26百万ドル
OP10→17→21→24→25
☆08年「Disaster Movie」トータル14百万ドル
OP06→11→13→14→14→14
☆09年「Dance Flick」
OP11→19→23百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Dance Flick」の興行収入は25~28百万ドルとなる。
やはり、2千万ドル半ばをやや超える程度が落ち着きどころか。
「Superhero Movie」トータル26百万ドルを超えることが目標となりそうだ。


次週のランキングには以下のような作品が登場予定。
☆トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ主演のリメイクアクション「サブウェイ123」
☆エディ・マーフィ主演のファンタジックコメディ「IMAGINE THAT」
「サブウェイ123」は無難な成績を収めそうだ。
連敗を避けたいエディ・マーフィとしては「IMAGINE THAT」は大コケをさせないことが必要となる。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1391-7d42e3c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。