ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スター・トレック』レビュー 【映画】

◆評  価   8.0点
◆おススメ度  B+(このシリーズを見ていないと、面白みが減るのは間違いない)

「スター・トレック」シリーズは全くの未見だったため、本作を鑑賞する前に、1と2をとりあえずチェックして本作に臨んだ。
その予習があまりにハマったため、多少オマケをしたいところ。
「コバヤシ丸」テストのエピソードは、「2」を観ていないと深く楽しむことはできまい。
未来のスポックが若いカークに出会った際に語ったセリフ「これまでもそしてこれからも私は永遠にあなたの友人です」も「2」を観ていないと“深さ”が分からないだろう。
このシリーズを観ていない者も楽しめるように作ったらしいが、やっぱり往年のファンを喜ばせるような作りになっている。

たんなる前日譚だろうと思っていたら、見事に裏切ってくれたアイディアは評価できる。
パラレルワールド化したことで、既定路線を交えながら、新たな世界観を構築できるメリットを生んだ。
新シリーズは新たな解釈を加えていくことが、これによって可能となったといえる。

パラレルワールドというアイディアもそうだが、冒頭の壮絶なシーンに対して、感動的な“出産”を上手く絡めてくるなど、「1+1」が「3」にも「4」にもなることをエイブラムスはよく分かっているようだ。

映画版の1と2ではそれほど各キャラクターに光を当ててなかったが、新シリーズはきちんと光を当てているために、個性が増しており、魅力的なキャラクターとして生き返っているのも見逃せない。

ただし、違和感があったのは、肝心のスポックだろうか。
バルカン人は感情を抑制し、全てを論理で物事を考えることができるという設定の割には、あまりにもあらゆる“感情”に溢れていた。
彼からは「怒り」「悲しみ」「喜び」「愛情」「友情」といったものが伝わってくる。
もっとも、地球人とのハーフであり、母親と故郷を同時に失っているので冷静にいられるわけではないということは分かるが、序盤のカークとの確執などは感情的になりすぎているところがある。
未来のスポックが語っていたように論理的に考え過ぎることは正しいことではなく、感情的になること自体はもちろん悪いことではないが、地球人らしい感情の表し方に終始しており、バルカン人らしさが上手く活かされていなかったような気がする。
カークとスポックがいい対比関係にはなっているものの、ややステレオタイプ的なところがある点が気になるところだった。
全体的にも、単なるSFアクションに展開しすぎるところが見られるが、こういう路線が新シリーズということになるのだろうか。

ただ、やはり最後の「新世界を探索し、新しい文明、生命体を求めて、人類未踏の世界へ」といった類のセリフを聞くと興奮が高まり、やはり低い点数は付けられない。
新シリーズへの期待感はいっそう高まってくる。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1403-286691a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。