ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月クールドラマ視聴率結果(火曜日第十話)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「MR.BRAIN」   24.8%  21.0%(▲4.7%) 21.0%(20.5%)
2位:「BOSS」      18.1%  16.9%(▽0.2%) 16.6%(16.0%)
3位:「アイシテル海容」 13.2%  16.6%(▲1.0%) 14.3%(08.0%)
4位:「白い春」       13.7%  13.9%(▲1.4%) 12.3%(10.0%)
5位:「ザ・クイズショウ」 14.0%  13.2%(▲0.7%) 11.8%(11.5%)
6位:「アタシんちの男子」14.1%  09.8%(▽0.6%) 10.9%(13.0%)
7位:「婚カツ!」      16.3%  09.3%(▲0.4%) 10.7%(18.0%)
8位:「夜光の階段」    12.5%  10.8%(▲0.4%) 10.5%(11.0%)
9位:「スマイル」      11.7%  09.7%(▲2.6%) 10.0%(16.0%)
10位:「名探偵の掟」   10.8%  07.6%(▽1.8%) 09.4%(10.5%)
11位:「ゴッドハンド輝」   08.0%  08.8%(±0.0%) 08.7%(07.5%)<終>
12位:「ぼくの妹」     12.2%  07.1%(▲0.1%) 08.0%(09.0%)
13位:「魔女裁判」     09.0%  05.3%(▽0.4%) 07.1%(10.0%)

4位:「白い春」 平均12.33%(放送前予想平均10.0%)
【十話目を踏まえた平均視聴率予想】 12.0%~12.5%(±0.0%~±0.0%)
(一話目~六話目を踏まえた平均視聴率予想10.5%~11.5%)
13.7→10.0→10.4→12.5→11.8→11.9→12.6→14.0→12.5→13.9%→
次回が最終回となる。
終盤に近づき盛り上がっているためか、初回を上回る自身最高視聴率をマークした。
先週『残り2話となるが、14%程度の数字を連発すれば、平均12.5%程度となる』と書いた通りとなるだろうか。
最終回は裏番組次第となるが14.5%程度まで伸ばしそうだ。
平均視聴率はやはり12.5%か。

初回から十話目への上昇率は1.5%となっている。
数字自体は決して高くはないが、動きは盛り上がりを感じられるものとなっている。
大爆発ということではないが、非常に評価できる動きとなった。
評価も高く、良作に仕上がっていそうだ。
「アイシテル」とともに一見重苦しそうなドラマが好調なことが今クールの特徴となっている。
逆に、ジャニーズ系や若者向けドラマが苦戦している。

「白い春」と同じような動きのドラマは以下の通り(同枠を除く)。
☆08年4月クール「絶対彼氏 完全無欠の恋人ロボット」(平均13.2%)
13.1→14.3→15.1→13.1→13.1→12.4→13.0→12.1→13.0→11.9→13.6
☆08年7月クール「ヤスコとケンジ」(平均13.0%)
12.3→13.1→11.2→12.9→10.6→12.3→14.9→13.0→13.4→16.3
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
これらのような若者向けドラマとは異なる点が評価できる。

阿部寛主演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆04年4月クール「アットホーム・ダッド」(平均16.8%)
17.2→17.4→15.7→14.2→15.9→16.1→16.8→14.6→17.7→19.1→
→18.1→19.1
☆05年7月クール「ドラゴン桜」(平均16.4%)
17.5→16.5→13.8→16.1→16.8→17.9→15.6→17.0→14.5→14.5→20.3
☆06年7月クール「結婚できない男」(平均16.9%)
20.2→14.4→15.9→16.5→15.1→14.4→15.3→14.6→18.0→17.6→
→19.2→22.0
☆09年4月クール「白い春」
13.7→10.0→10.4→12.5→11.8→11.9→12.6→14.0→12.5%→
阿部寛の人気はそれほど高くはないと思っていたが、驚くべき高い結果を残している。
さすがに今回は厳しいと思ったが、今回もそれなりにチカラを発揮した。
ドラマ出演を決めるセンスが優れているのではないか。

ひょんのことから子どもと同居するドラマや子育てするドラマは以下のようなものがある(個人イメージ)。
☆06年10月クール「役者魂!」(平均9.6%)
11.4→08.4→11.8→09.2→08.2→09.9→09.1→11.2→10.1→08.7→08.0
☆07年10月クール「オトコの子育て」(平均8.6%)
11.8→08.8→08.0→08.7→06.9→08.2→07.6→08.7
☆08年10月クール「オー!マイ・ガール!!」(平均7.5%)
08.3→08.3→08.0→06.5→08.1→06.6→07.0→06.3→08.0
☆09年4月クール「白い春」
13.7→10.0→10.4→12.5→11.8→11.9→12.6→14.0→12.5%→
「オトコの子育て」は本作と同じく尾崎将也脚本作品。
こういう親子モノは多くのドラマで描かれているが、それほど稼げるネタではないはずだが…。
単純なアットホーム系ではないところが魅力となったようだ。

<同時間帯の視聴率>
大きな動きはないが、TBS、TXが不調となった。
06.8% 22:00-22:50 NHK 仕事の流儀(先週比+1.0%)
11.0% 二番組単純平均 NTV (先週比-1.2%)
(11.6% 21:00-22:24 世界最強の勇者たち!SP)
(10.3% 22:30-23:24  魔女たちの22時)
10.0% 22:00-22:54 TBS リンカーン(先週比-1.2%)
13.9% 22:00-22:54 C X 白い春(先週比+1.4%)
15.3% 21:54-23:10 E X 報道ステーション(先週比+0.9%)
04.9% 22:00-22:54 T X ガイアの夜明け(先週比-2.4%)
全体視聴率 61.9%(先週比-1.5%)

火曜日22時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「ヒミツの花園」(平均12.4%)
14.7→13.1→12.4→12.1→12.6→11.0→12.5→12.4→12.3→12.0→11.4
☆07年4月クール「鬼嫁日記いい湯だな」(平均12.0%)
14.6→14.0→12.5→12.8→12.2→12.1→09.5→11.6→11.9→10.2→10.5
☆07年7月クール「牛に願いを」(平均8.7%)
10.2→10.4→09.6→09.1→08.6→06.5→06.7→08.2→08.6→07.1→10.4
☆07年10月クール「スワンの馬鹿!」(平均8.3%)
10.5→09.0→10.4→07.9→07.7→07.3→07.9→06.8→07.9→07.4
☆08年1月クール「あしたの、喜多善男」(平均7.1%)
12.7→08.0→07.3→08.2→05.2→06.2→06.0→05.8→05.8→05.6→06.8
☆08年4月クール「無理な恋愛」(平均7.5%)
11.7→08.0→08.1→06.9→06.2→06.9→06.6→06.5→07.0→06.3→07.7
☆08年7月クール「モンスターペアレント」(平均12.2%)
14.2→11.6→13.0→13.2→12.2→11.2→08.7→12.4→11.6→12.0→13.6
☆08年10月クール「チーム・バチスタの栄光」(平均13.2%)
15.2→11.7→12.5→12.2→11.8→13.2→13.5→14.2→12.3→12.2→16.5
☆09年1月クール「トライアングル」(平均12.3%)
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→11.5→10.8→11.3→12.1→13.3→15.5
☆09年4月クール「白い春」
13.7→10.0→10.4→12.5→11.8→11.9→12.6→14.0→12.5→13.9%→
平均12%~13%台のドラマが目立つ枠となっている。
「白い春」の十話目視聴率13.9%は、先週に引き続き10ドラマ中1位となっている。
12%半ばが落ち着きどころと思われるので、十話目を踏まえた「白い春」の平均視聴率は先週の平均12.0%~12.5%のままにしたい。
「鬼嫁日記いい湯だな」(平均12.0%)、「モンスターペアレント」(平均12.2%)、「トライアングル」(平均12.3%)、「ヒミツの花園」(平均12.4%)を超えることが目標となる。
十話目までのポイント数は「鬼嫁日記いい湯だな」が121.4ポイント、「モンスターペアレント」が120.1ポイント、「トライアングル」が119.8ポイント、「ヒミツの花園」が125.1ポイントに対して、「白い春」は123.3ポイントとなっており、「鬼嫁日記いい湯だな」、「モンスターペアレント」、「トライアングル」を超えている。
「ヒミツの花園」に並ぶためには、「白い春」は最終回で13.2%を取る必要がある。
余裕でクリアできるのではないか。
平均視聴率争いは、10ドラマ中、「チーム・バチスタの栄光」(平均13.2%)に次ぐ2位となりそうだ。
去年の今頃は、『もうこの枠を閉めた方がいいのではないか』と言っていたような気がするが、状況はここまで変わるものかと驚かされる。


6位:「アタシんちの男子」 平均10.94%(放送前予想平均13.0%)
【十話目を踏まえた平均視聴率予想】 11.0%~11.5%(▽0.5%~▽0.5%)
(六話目~九話目を踏まえた平均視聴率予想11.5%~12.0%)
(三話目~五話目を踏まえた平均視聴率予想9.5%~10.5%)
(一話目・二話目を踏まえた平均視聴率予想11.0%~12.0%)
14.1→11.0→9.6→9.4→12.3→12.0→9.5→11.3→10.4→9.8%→
先週『若者ドラマは最終回に突然爆発することもあるので、平均11%半ばのラインも消えてはいない』と書いたが、完全にその道は絶たれた。
次回が最終回となるが、自身4番目に低い視聴率を獲得してしまった。
第五・六話での復活を信じて、それほど悪くはない結果になるかと思ったが、ダメだったようだ。
やはり、「スマイル」同様に若者向けドラマには不安定感がある。
最終回は12%程度でフィニッシュすると、平均11.0%となる。
平均11%を突破するためには、最終回で11.6%を取る必要がある。
微妙なラインだが、この程度はクリアしてもらいたい。
どのみち合格点とはいえないレベルだが、11%台に乗るかどうかで評価したい。

初回から十話目への下落率は30.5%となっている。
ギブアップ率は10人に3人程度となっており、かなり高いといえる。
このギブアップ率とすると、ストーリーには魅力がないのだろう。

「アタシんちの男子」と同じような動きのドラマは以下の通り。
☆09年1月クール「ありふれた奇跡」(平均10.6%)
12.5→10.9→10.1→11.4→11.1→10.5→10.4→09.8→08.9→10.0→11.4
☆08年7月クール「正義の味方」(平均10.3%)
13.2→10.1→08.7→09.4→11.6→09.1→07.8→10.5→10.0→12.2
これらのように最終回は少々高めの数字を取って欲しいところ。

堀北真希主演作の視聴率は以下の通り。
☆05年10月クール「野ブタ。をプロデュース」(平均16.9%)(※三番手)
16.1→14.9→17.0→16.4→17.1→17.7→16.7→18.0→16.8→18.2
☆06年4月クール「クロサギ」(平均15.7%)(※主演は山下)
18.8→16.9→16.0→16.7→12.7→16.4→12.3→14.5→15.8→15.4→16.9
☆06年10月クール「鉄板少女アカネ!!」(平均8.7%)
11.0→07.3→08.7→10.3→08.7→06.5→08.4→08.1→09.5
☆07年4月クール「生徒諸君!」(平均7.6%)(※主演は内山)
09.4→07.7→05.9→06.0→07.4→06.8→08.1→07.3→07.9→09.4
☆07年7月クール「花ざかりの君たちへ」(平均17.0%)
15.9→16.8→16.5→16.6→15.3→14.7→14.7→17.5→18.2→17.8→
→19.5→21.0
☆08年10月クール「イノセント・ラヴ」(平均13.5%)
16.9→13.3→13.1→11.7→11.7→12.6→13.4→12.8→14.5→15.1
☆09年4月クール「アタシんちの男子」
14.1→11.0→09.6→09.4→12.3→12.0→09.5→11.3→10.4%→
基本的には視聴率が取れる女優ではないと思われる。
やはり、その評価は覆ることはなかった。

武藤将吾脚本の視聴率は以下の通り。
☆05年7月クール「電車男」(平均21.0%)
18.3→21.3→20.0→21.0→18.3→19.5→21.0→19.9→22.5→24.1→25.5
☆06年1月クール「小早川伸木の恋」(平均11.5%)
13.9→11.8→10.2→09.4→09.9→11.4→13.0→10.7→11.0→12.9→11.8
☆07年7月クール「花ざかりの君たちへ」(平均17.0%)
15.9→16.8→16.5→16.6→15.3→14.7→14.7→17.5→18.2→17.8→
→19.5→21.0
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆08年10月クール「セレブと貧乏太郎」(平均13.1%)
17.6→15.0→15.2→11.6→14.9→11.4→10.2→11.2→11.8→10.4→14.3
「電車男」「花ざかりの君たちへ」をヒットさせたが、「セレブと貧乏太郎」と本作によって、評価を下げることとなっただろう。

<同時間帯の視聴率>
NHKが好調となった。何かニュースでもあっただろうか。
EXがやや不調となっている。
13.0% 21:00-22:00 NHK ニュースウオッチ9(先週比+3.2%)
11.6% 21:00-22:24 NTV 世界最強の勇者たち!SP(先週比-0.6%)
11.1% 19:55-21:48 TBS キミハ・ブレイク(先週比+1.1%)
09.8% 21:00-21:54 C X アタシんちの男子(先週比-0.6%)
10.8% 21:00-21:54 E X ロンドンハーツ(先週比-1.9%)
13.4% 20:54-21:54 T X 開運!なんでも鑑定団(先週比+1.4%)
全体視聴率 69.7%(先週比+2.6%)

火曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「今週、妻が浮気します」(平均10.2%)
12.5→10.8→09.1→11.3→08.1→09.6→09.3→09.8→09.4→10.4→11.4
☆07年4月クール「花嫁とパパ」(平均11.8%)
14.9→11.3→10.3→12.5→11.8→11.7→12.4→11.7→11.2→10.4→
→11.0→12.2
☆07年7月クール「花ざかりの君たちへ」(平均17.0%)
15.9→16.8→16.5→16.6→15.3→14.7→14.7→17.5→18.2→17.8→
→19.5→21.0
☆07年10月クール「暴れん坊ママ」(平均12.4%)
15.3→14.2→11.8→11.6→11.7→11.1→11.9→11.0→10.9→14.2
☆08年1月クール「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)
12.9→10.0→09.8→09.5→08.9→08.6→08.3→08.0→07.4→07.0→07.1
☆08年4月クール「絶対彼氏 完全無欠の恋人ロボット」(平均13.2%)
13.1→14.3→15.1→13.1→13.1→12.4→13.0→12.1→13.0→11.9→13.6
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆08年10月クール「セレブと貧乏太郎」(平均13.1%)
17.6→15.0→15.2→11.6→14.9→11.4→10.2→11.2→11.8→10.4→14.3
☆09年1月クール「メイちゃんの執事」(平均14.0%)
14.9→14.8→14.4→12.0→13.6→14.0→13.1→13.5→13.4→16.6
☆09年4月クール「アタシんちの男子」
14.1→11.0→09.6→09.4→12.3→12.0→09.5→11.3→10.4→09.8%→
約12%~14%の作品が6本もあるのが特徴の枠。
「アタシんちの男子」の十話目視聴率9.8%は、10ドラマ中9位となっている。
先週8位だったが、「今週、妻が浮気します」(平均10.2%)に破れた。
この順位からも終盤の盛り上がりが感じられない。
現時点ではギリギリ11%をキープすると思われるので、十話目視聴率を踏まえた「アタシんちの男子」の平均視聴率予想は、先週の11.5~12.0%から下方修正して、11.0~11.5%に変更したい。

平均視聴率争いは、10ドラマ中8位となりそうだ。
「今週、妻が浮気します」(平均10.2%)、「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)には勝てた。
「ハチミツとクローバー」のように若者向けドラマは、対象幅が狭いので、そっぽを向かれると悲惨な結果になるようだ。
さすがに蓋を開けないと分からない事柄であるが、放送開始前にこの見極めが出来るようになれば本物といえる。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1410-f5b36a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。