ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月クールドラマ視聴率結果(木曜日最終回)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「MR.BRAIN」   24.8%  18.5%(▽2.5%) 20.5%(20.5%)
2位:「BOSS」      18.1%  20.7%(▲3.3%) 17.0%(16.0%)<終>
3位:「アイシテル海容」 13.2%  18.6%(▲2.0%) 14.8%(08.0%)<終>
4位:「白い春」       13.7%  15.1%(▲1.2%) 12.6%(10.0%)<終>
5位:「ザ・クイズショウ」 14.0%  14.6%(▲1.4%) 12.1%(11.5%)<終>
6位:「アタシんちの男子」14.1%  10.4%(▲0.6%) 10.9%(13.0%)<終>
7位:「夜光の階段」    12.5%  12.1%(▲1.3%) 10.6%(11.0%)<終>
8位:「婚カツ!」      16.3%  08.8%(▽0.5%) 10.5%(18.0%)
9位:「スマイル」      11.7%  10.1%(▲0.4%) 10.0%(16.0%)
10位:「名探偵の掟」   10.8%  09.8%(▲2.2%) 09.5%(10.5%)<終>
11位:「ゴッドハンド輝」   08.0%  08.8%(±0.0%) 08.7%(07.5%)<終>
12位:「ぼくの妹」     12.2%  07.4%(▲0.3%) 07.9%(09.0%)
13位:「魔女裁判」     09.0%  05.3%(▽0.4%) 07.1%(10.0%)

2位:「BOSS」 平均17.03%(放送前予想平均16.0%)
18.1→15.1→15.2→15.8→18.0→15.8→17.2→17.1→16.9→17.4→20.7
自身最高視聴率で幕を閉じた。
先週『20%を超える可能性もあるが、19%台で幕を閉じるのではないか』と書いたので、予想よりも爆発している。
爆発するのは分かっていたが、20%を超えるほどとは思わなかった。
ストーリーが盛り上がったのだろうか。
天海、竹野内ともに“研音”所属の俳優だが、反町隆史という“研音”所属の俳優をラスボスにしたようだ。
同じ事務所で馴れ合って“雑魚”を出してくるのは困るが、反町クラスを登場させており、爆発した理由としては、こういう影響もありそうだ。
なお、本ドラマの主題歌を手掛けているSuperflyも“研音”と関係があるようだ。
さらに、第五話以降は、第六話以外16.9~18.0%の間で安定している点は評価できる。
この安定感が最後の爆発に繋がったと考えられる。

初回から最終回への上昇率は14.4%となっている。
初回ら1割以上を上昇させており、非常に優秀といえる動きをしている。
実際に見たところでは、事件モノとしてそれほど高い評価はできないが、天海の人気の高さや、幅広い視聴者層を獲得できたこともよかったか。
気楽に見られる強みもありそうだ。

放送開始前の平均視聴率予想は16.0%だったので、アタリといえる範囲だろう。
放送開始前には以下のようなことを書いている。
『視聴率的には、豪華キャストであり、善戦しそうだ』
『「医龍2」(平均16.6%)、「コード・ブルー」(平均15.6%)がライバルとなりそうだ。老若男女が楽しめる事件モノであり、面白そうな設定と思われるので、やや高めの平均16.0%と予想したい』
平均17%まで伸ばしたことは予想外だったが、悪くはないヨミは出来た。
今クールの作品としては、期待通りに結果を残した数少ない作品となった。

回毎の平均視聴率予想は以下の通り。
☆一話回~五話目を踏まえた平均視聴率予想15.5%~16.5%
☆六話目~七話目を踏まえた平均視聴率予想16.0%~16.5%
☆八話目~十話目を踏まえた平均視聴率予想16.5%~17.0%
初回視聴率18.1%から、高視聴率を維持できないまでも事件モノらしくそれほど大きな落ち込みはないと考えて、平均16%前後と予想している。
五話目では18.0%という高い視聴率を取ったが、とりあえず様子を見ることとしている。
六話目で15.8%を獲得したことから、大爆発はしないと考えて、平均16%前半止まりと考えたのがやや問題だった。
六話目で変更したとたん、七話目から快進撃が始まり、それを受けて八話目にさらに上方修正を強いられてしまった。
最終的な数字は平均17.0%なので、さらに予想外に伸びている。
初回時の予想もそれほど悪くはなかったが、六話目の15.8%の数字で五話目の18.0%という高い数字を偶然と考えたのがやや問題だったようだ。

天海祐希主演ドラマの視聴率は以下の通り。
☆05年4月クール「離婚弁護士Ⅱ」(平均13.2%)
15.4→14.7→13.4→13.3→12.5→12.8→12.4→13.2→11.6→11.8→13.7
☆05年7月クール「女王の教室」(平均16.9%)
14.4→16.6→17.0→14.1→13.8→16.9→16.5→14.6→17.4→19.7→25.3
☆06年4月クール「トップキャスター」(平均18.3%)
23.1→19.6→18.7→15.6→18.5→16.8→17.3→17.5→17.1→18.1→18.5
☆07年1月クール「演歌の女王」(平均9.1%)
10.9→09.5→08.5→09.9→08.2→08.0→09.1→08.7→07.7→10.4
☆08年4月クール「Around40」(平均14.7%)
15.7→14.2→13.9→15.1→15.2→14.4→14.9→14.3→13.3→15.6→15.1
☆09年4月クール「BOSS」
18.1→15.1→15.2→15.8→18.0→15.8→17.2→17.1→16.9→17.4%→
「演歌の女王」(平均9.1%)以外は大コケがない優秀な女優。
今回も成功に導いており、確実に数字が取れる存在になりつつある。
男性受けも、女性受けもよいのだろう。
次回作も当然高めに予想したいところだ。

竹野内豊主演ドラマは以下の通り。
☆02年10月クール「サイコドクター」(平均9.1%)
☆03年10月クール「ヤンキー母校に帰る」(平均12.8%)
☆04年7月クール「人間の証明」(平均12.0%)
15.9→12.6→11.9→11.7→11.0→11.4→09.8→11.3→11.5→13.3
☆06年1月クール「輪舞曲-RONDO-」(平均15.5%)
20.0→15.2→15.1→15.8→14.8→14.6→15.5→13.2→14.1→14.6→17.7
☆06年10月クール「家族~妻の不在・夫の存在~」(平均11.9%)
13.0→11.4→13.1→13.7→11.3→9.6→10.5→12.2
☆08年7月クール「Tomorrow」(平均12.6%)
16.8→13.9→13.5→10.8→10.3→10.5→12.9→13.0→10.4→14.1
平均12%前後を稼ぎ出す俳優。
本ドラマでの出番が少ないので、あまり参考にはならないかもしれない。
今までは地味さや暗さが拭えなかったが、やや軽めの演技に挑戦できたことはいいキャリアになったのではないか。

戸田恵梨香が出演したドラマは以下の通り。
☆07年4月クール「ライアーゲーム」(平均11.4%)(※主演)
12.3→12.8→08.7→09.6→10.0→11.4→12.0→11.4→12.3→11.4→13.6
☆08年7月クール「コード・ブルー」(平均15.6%)(※助演)
21.2→16.0→16.0→13.2→15.7→15.6→10.8→13.4→15.8→14.9→19.5
☆08年10月クール「流星の絆」(平均16.3%)(※助演)
21.2→17.3→15.0→15.6→15.1→14.8→14.5→11.5→15.4→22.6
ここでは触れていないが、「牛に願いを」ではコケているものの、ドラマ出演の選択眼が悪くはないようだ。
映画及びドラマ「ライアーゲーム」も上手くいきそうだ。

最近の事件モノドラマは以下の通り(一話完結タイプらしきものを抽出)。
☆07年10月クール「ガリレオ」(平均21.9%)
24.7→22.1→21.3→23.6→22.9→21.4→21.9→19.9→21.7→19.6
☆07年10月クール「SP」(平均15.4%)
14.5→17.6→15.2→15.7→14.1→14.6→15.5→12.6→13.8→16.6→18.9
☆09年1月クール「キイナ~不可能犯罪捜査官~」(平均14.5%)
16.5→15.5→15.3→12.7→14.2→13.3→13.3→14.9→14.8
☆08年1月クール「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(平均13.4%)
16.7→13.8→14.1→13.2→14.0→12.7→09.6→13.2
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆09年4月クール「BOSS」(平均17.0%)
18.1→15.1→15.2→15.8→18.0→15.8→17.2→17.1→16.9→17.4→20.7
最近の事件モノドラマとしては、「ガリレオ」(平均21.9%)に次ぐ成績となった。
最終回は「ガリレオ」(平均21.9%)を超えており、動き自体は、これらの事件ドラマより評価できる。

<同時間帯の視聴率>
CXが爆発したが、その分全体視聴率が上がっているので、全体的には大きな影響はない。
04.6% 22:00-22:45 NHK タビうた(先週比+0.9%)
12.5% 22:00-23:09 NTV ダウンタウンDX15分拡大SP(先週比-0.7%)
07.1% 22:00-22:54 TBS ひみつの嵐ちゃん!(先週比-0.7%)
20.7% 22:00-23:09 C X BOSS(終)(先週比+3.3%)
13.1% 21:54-23:10 E X 報道ステーション(先週比-0.3%)
06.4% 21:00-22:48 T X ドラマ「命のバトン 第二夜」(先週比+0.7%)
全体視聴率 64.4%(先週比+3.2%)

木曜日22時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「拝啓、父上様」(平均13.2%)
12.9→14.1→12.4→13.2→14.1→12.8→12.1→12.3→12.4→14.3→14.5
☆07年4月クール「わたしたちの教科書」(平均11.2%)
14.2→11.3→10.7→10.4→09.0→10.1→10.2→11.0→11.9→12.1→
→10.7→12.4
☆07年7月クール「山おんな壁おんな」(平均12.1%)
14.1→13.5→12.1→12.7→11.3→11.4→11.1→11.7→12.3→11.3→
→13.0→11.1
☆07年10月クール「医龍2」(平均16.6%)
21.0→16.8→15.5→15.8→15.0→17.6→14.1→16.6→17.6→15.4→17.7
☆08年1月クール「鹿男あをによし」(平均9.9%)
13.0→11.4→09.7→08.0→09.0→08.9→08.8→10.1→09.2→11.2
☆08年4月クール「ラスト・フレンズ」(平均17.8%)
13.9→15.9→15.6→15.9→19.9→17.2→16.0→18.8→18.0→20.7→22.8
☆08年7月クール「コード・ブルー」(平均15.6%)
21.2→16.0→16.0→13.2→15.7→15.6→10.8→13.4→15.8→14.9→19.5
☆08年7月クール「風のガーデン」(平均15.7%)
20.1→18.0→15.5→15.4→13.6→13.5→13.1→14.1→16.0→15.2→17.6
☆09年1月クール「ありふれた奇跡」(平均10.6%)
12.5→10.9→10.1→11.4→11.1→10.5→10.4→09.8→08.9→10.0→11.4
☆09年4月クール「BOSS」(平均17.0%)
18.1→15.1→15.2→15.8→18.0→15.8→17.2→17.1→16.9→17.4→20.7
「BOSS」の最終回視聴率20.7%は先週に引き続き10ドラマ中2位となっている。
平均視聴率争いも、10ドラマ中2位となった。
話題となった「ラスト・フレンズ」(平均17.8%)には及ばないまでも、この枠としてはかなり優秀な数字になっている。
「医龍2」(平均16.6%)、「コード・ブルー」(平均15.6%)といった話題の医療ドラマを破ったことは評価できる。
誰もが“成功”と認める結果を残したのではないか。
当然、続編という声も出てくるだろう。

「BOSS」平均17.0%と同程度のドラマは以下の通り。
☆「薔薇のない花屋」平均18.6%
☆「ラスト・フレンズ」平均17.7%
☆「流星の絆」平均16.3%
☆「風のガーデン」平均15.7%
☆「コード・ブルー」平均15.6%
☆「斉藤さん」平均15.5%
木曜日22時枠のドラマが4本もある。
もはや月9ではなくて木10がキーワードとなりそうだ。
2008年以降のドラマとしては、「ごくせん」(平均22.6%)、「change」(平均21.7%)、「Mr.BRAIN」、「薔薇のない花屋」(平均18.6%)、「ラスト・フレンズ」(平均17.7%)に次ぐ成績を残すほど優秀であり、動き自体も評価できる。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1423-61742aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。