ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年7月クールドラマ視聴率結果(金曜日初回・二話目~日曜日初回)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「MR.BRAIN」   24.8%  18.3%(▽0.6%) 20.0%(20.5%)
2位:「官僚たちの夏」  14.5%  14.5%(± -%) 14.5%(14.0%)
3位:「コールセンター」 09.3%  09.3%(± -%) 09.3%(08.0%)
4位:「メイド刑事」    09.5%  08.2%(▽1.3%) 08.9%(08.0%)
5位:「魔女裁判」     09.0%  07.2%(▽0.7%) 07.2%(10.0%)

1位:「MR.BRAIN」 平均19.97%(放送前予想平均20.5%)
【七話目を踏まえた平均視聴率予想】 20.0%~20.5%(±0.0%~▽0.5%)
(六話目を踏まえた平均視聴率予想20.0%~21.0%)
(四話目~五話目を踏まえた平均視聴率予想21.0%~22.0%)
(一話目~三話目を踏まえた平均視聴率予想22.0%~23.0%)
初回24.8→22.0→16.3→21.0→18.5→18.9→18.3%→
全六話予定だったはずだが、変更になっている。
全八話となり、次回が最終回となる。
最終回直前にも関わらず、自身2番目に低い視聴率となっている。
六話で終了させておけば、このようなことはなかったはずだが、ついに平均20%を切ってしまった。
すぐに最終回直前となるのならば、視聴者は見ないわけにはいかないが、残り何話もあれば、視聴者が離れる回もあるだろう。
土曜日という曜日を考えると、よほど質が高くなければ、こうなるのも当然だ。
八話まで引っ張ったために、歯車が狂ったのではないか。

先週『残り二話は19.5→22.0%程度だろうか。平均視聴率は20.4%となりそうだ』と書いたが、期待以下の結果になりそうだ。
ただ、平均20%超えの最低限の目標はギリギリでクリアできるか。
最終回で20.2%を取れば、平均20%を超える。
最終回にスペシャルゲストが来ないようなので、初回に近い爆発はなさそうだが、この程度のラインはクリアするだろう。
七話と八話が連動しているようなので、不安感はあるが、最終回は21%程度の数字を獲得して、平均20.1%でフィニッシュするのではないか。
平均20%を割るようならば、また叩かれるのではないか。
「BOSS」の最終回が20.7%なので、これも超える必要もある。

初回から七話目への下落率は26.2%となっている。
ギブアップ率が2割未満ならば、問題ないと思ったが、約4人に1人程度という高いギブアップ率となっている。

ゲストは以下の通り。
初回-海老蔵、ユースケ、広末
二話-Gackt、小雪
三話-亀梨、相武
四話・五話-佐藤健
五話・六話-仲間由紀恵
七話・八話-上川隆也、海老蔵
ゲストもかなり豪華。
『三話目の亀梨がポイントとなりそうだ』と思ったが、誰しもが感じる不安が現実のものとなっている。
八話目のゲストはSMAPのメンバーだと予想していたが、ハズレたようだ。
上川隆也、海老蔵というゲストも悪くはないが、特別に良くもないキャスティングでは何とも言いようがない。

最近の事件モノドラマは以下の通り(一話完結タイプらしきものを抽出)。
☆07年10月クール「ガリレオ」(平均21.9%)
24.7→22.1→21.3→23.6→22.9→21.4→21.9→19.9→21.7→19.6
☆07年10月クール「SP」(平均15.4%)
14.5→17.6→15.2→15.7→14.1→14.6→15.5→12.6→13.8→16.6→18.9
☆09年1月クール「キイナ~不可能犯罪捜査官~」(平均14.5%)
16.5→15.5→15.3→12.7→14.2→13.3→13.3→14.9→14.8
☆09年4月クール「MR.BRAIN」
24.8→22.0→16.3→21.0→18.5→18.9→18.3%→
目標は「ガリレオ」だったが、遠く及ばない結果になった。

木村拓哉主演ドラマの視聴率は以下のとおり。
☆00年1月クール「ビューティフルライフ」(平均31.9%)
☆01年1月クール「HERO」(平均34.2%)
☆02年4月クール「空から降る一億の星」(平均22.3%)<※さんまがトップ>
☆03年1月クール「GOOD LUCK!!」(平均30.4%)
☆04年1月クール「プライド」(平均24.9%)
28.0→25.1→24.6→23.6→23.4→22.8→22.6→26.0→24.1→24.9→28.8
☆05年4月クール「エンジン」(平均22.4%)
25.3→22.5→19.6→23.1→22.3→21.5→22.2→21.5→21.8→22.5→24.3
☆07年1月クール「華麗なる一族」(平均23.9%)
27.7→21.8→23.5→23.0→21.2→23.5→21.1→21.6→24.9→30.4
☆08年4月クール「CHANGE」(平均21.7%)
23.8→23.0→22.4→19.3→19.5→19.1→20.9→19.5→22.3→27.4
☆09年4月クール「MR.BRAIN」
24.8→22.0→16.3→21.0→18.5→18.9→18.3%→
20%をキープできるかどうかが注目となる。
「CHANGE」(平均21.7%)を下回り、近年では自身最低視聴率となりそうだ。
木村の人気が落ちてきているわけではないが、この枠での高視聴率は難しいところがある。

<同時間帯の視聴率>
EXの特別番組が多少響いたか。
04.2% 20:00-20:45 NHK 追跡!A to Z(先週比-1.9%)
13.3% 19:56-20:54 NTV 世界一受けたい授業(先週比-2.0%)
18.3% 19:56-20:54 TBS MR.BRAIN(先週比-0.6%)
11.9% 19:57-20:54 C X めちゃ×2イケてるッ!(先週比+1.0%)
09.9% 19:00-20:54 E X 石原裕次郎二十三回忌特別企画(先週比+2.9%)
07.1% 19:00-20:54 T X スペシャル「ガイドブックにない旅」(先週比+0.2%)
全体視聴率 64.7%(先週比-0.4%)

土曜日20時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆08年4月クール「ROOKIES」(平均14.8%)
12.2→14.8→15.4→13.1→16.4→15.4→14.2→14.7→14.6→12.5→19.5
☆08年7月クール「恋空」(平均6.4%)
05.6→05.9→06.7→06.3→07.6→06.3
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆09年1月クール「RESCUE~特別高度救助隊」(平均9.8%)
12.2→12.8→08.9→10.7→10.9→08.3→06.4→08.8→08.9
☆09年4月クール「ゴッドハンド輝」(平均8.7%)
08.0→08.1→10.1→08.5→08.8→08.8
☆09年4月クール「MR.BRAIN」
24.8→22.0→16.3→21.0→18.5→18.9→18.3%→
「MR.BRAIN」の七話目視聴率18.3%は、当然4ドラマ中1位となっている。
最終回に多少爆発することを加味しても平均20%前半と思われるので、七話目を踏まえた「MR.BRAIN」の平均視聴率予想は先週の20.0~21.0%から下方修正して20.0~20.5%に変更したい。
「ごくせん」の平均22.6%を超えて、同クールだった「CHANGE」のリベンジを狙うこととなると思ったが、それはさすがに無理のようだ。


2位:「官僚たちの夏」 平均14.50%(放送前予想平均14.0%)
【初回を踏まえた平均視聴率予想】 12.5%~13.5%(±0.0%~±0.0%)
初回14.5%→
話題作でもあり、かなり宣伝していたので、悪くとも16%程度のオープニングを飾るものと思っていたが、案外な結果に終わった。
小難しそうなハードな社会派ドラマであり、一般受けはしないと思われるので、妥当なラインだろうか。
放送前の平均14.0%予想が当たるためには、終盤までこの視聴率を維持していくことが条件となる。
社会派ドラマは大きな下落がないと思われるので、まだ予想がハズれると決まったわけではない。

「官僚たちの夏」と同程度のオープニング作品は以下の通り。
☆09年1月クール「メイちゃんの執事」(平均14.0%)
14.9→14.8→14.4→12.0→13.6→14.0→13.1→13.5→13.4→16.6
☆09年1月クール「トライアングル」(平均12.3%)
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→11.5→10.8→11.3→12.1→13.3→15.5
☆08年7月クール「モンスターペアレント」(平均12.2%)
14.2→11.6→13.0→13.2→12.2→11.2→08.7→12.4→11.6→12.0→13.6
☆09年4月クール「アタシんちの男子」(平均10.9%)
14.1→11.0→09.6→09.4→12.3→12.0→09.5→11.3→10.4→09.8→10.4
それほど盛り上がりがなければ、平均12%程度が落ち着きどころとなる。
現時点では13%台が落ち着きどころか。

佐藤浩市は連続ドラマの主演としての実績に欠ける。
02年「天国への階段」(平均7.1%)、03年「高原へいらっしゃい」(平均7.2%)といった作品が大コケしている。
見ていないが、高い視聴率だったのは月9ドラマ「天気予報の恋人」程度か。
☆00年4月「天気予報の恋人」(平均14.9%)
17.8→16.1→15.8→14.7→15.2→13.2→12.3→13.4→14.1→
→15.7→12.6→18.1
これとの対比で考えると、「官僚たちの夏」の平均視聴率は12.1%となる。
ただの佐藤主演のドラマならばヒットしないだろうが、本作は佐藤と雰囲気が合っていそうである。
主演の名前で視聴者を集めるドラマではないので、それほど心配する必要はないと思ったが、どうなるだろうか。

本作のような硬派な社会派ドラマは、近年あまり見受けられない。
「わたしたちの教科書」程度か。
☆07年4月クール「わたしたちの教科書」(平均11.2%)
14.2→11.3→10.7→10.4→09.0→10.1→10.2→11.0→11.9→12.1→
→10.7→12.4
“渋め”の良作ドラマとなると、以下のような作品が参考になるか。
☆09年4月クール「アイシテル~海容~」(平均14.8%)
13.2→13.7→14.2→13.0→14.8→13.9→14.0→15.6→16.6→18.6
☆09年4月クール「白い春」(平均12.6%)
13.7→10.0→10.4→12.5→11.8→11.9→12.6→14.0→12.5→13.9→15.1
「アイシテル~海容~」以外との対比で考えると、「官僚たちの夏」の平均視聴率は11.4~13.3%となる。
現時点のマックスは13%台だろうか。

<同時間帯の視聴率>
全体視聴率がかなり高くなっている。
「行列」が爆発しておらず、どの番組の視聴率も意外と高い。
11.1% 21:00-21:50 NHK スペシャル「エジプト発掘(1)」
17.0% 21:00-21:54 NTV 行列のできる法律相談所
14.5% 21:00-22:14 TBS (新)官僚たちの夏
09.9% 21:00-21:54 C X エチカの鏡 ココロにキクTV
12.5% 21:00-22:54 E X 洋画劇場「TAXI NY」
08.8% 19:00-21:48 T X 田舎に泊まろう!SP
全体視聴率 73.8%(先週比±0.0%)

日曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「華麗なる一族」(平均23.9%)
27.7→21.8→23.5→23.0→21.2→23.5→21.1→21.6→24.9→30.4
☆07年4月クール「冗談じゃない!」(平均13.4%)
19.4→14.7→13.2→14.4→14.2→11.7→10.7→11.3→12.8→12.0→12.7
☆07年7月クール「パパとムスメの7日間」(平均13.9%)
14.0→12.8→13.1→14.1→16.7→11.9→14.5
☆07年10月クール「ハタチの恋人」(平均8.2%)
13.0→10.4→09.2→07.4→07.3→06.6→06.4→06.6→06.4→08.2
☆08年1月クール「佐々木夫妻の仁義なき戦い」(平均10.9%)
17.3→11.7→11.6→09.2→08.9→09.9→09.2→09.1→11.0→11.1
☆08年4月クール「猟奇的な彼女」(平均8.2%)
13.5→11.5→08.7→07.0→08.0→07.6→06.9→06.3→05.9→07.4→07.2
☆08年7月クール「Tomorrow」(平均12.6%)
16.8→13.9→13.5→10.8→10.3→10.5→12.9→13.0→10.4→14.1
☆08年10月クール「SCANDAL」(平均13.1%)
16.9→14.4→11.4→12.1→10.9→10.4→12.3→11.5→15.2→15.5
☆09年1月クール「本日も晴れ。異状なし」(平均8.2%)
12.4→10.0→08.3→07.1→07.3→06.3→07.0→06.8→08.4
☆09年4月クール「ぼくの妹」(平均7.9%)
12.2→09.0→06.7→07.3→06.3→07.1→08.9→07.0→07.1→07.4→07.9
☆09年7月クール「官僚たちの夏」
14.5%→
「官僚たちの夏」の初回視聴率14.5%は、11ドラマ中6位となっている。
この枠としては、良くも悪くもないというオープニングとなっている。
「華麗なる一族」との対比で考えると、「官僚たちの夏」の平均視聴率は12.5%となる。
盛り上がりを期待したいところだが、「官僚たちの夏」の初回を踏まえた平均視聴率予想は12.5~13.5%というところか。
「冗談じゃない!」(平均13.4%)、「パパとムスメの7日間」(平均13.9%)、「SCANDAL」(平均13.1%)の13%台の作品をライバルにしたいところだが、どうなるだろうか。
“時代”は本作のような硬派な社会派ドラマを求めているのではないかと思ったが、泣けるヒューマンドラマ系の方が馴染めるようだ。


3位:「コールセンターの恋人」 平均09.30%(放送前予想平均8.0%)
【初回を踏まえた平均視聴率予想】 7.0%~8.0%(±0.0%~±0.0%)
初回9.3%→
だいたいイメージに近いオープニングを飾った。
評判はチェックしていないが、ありがちで無難な作品に仕上がっているのではないか。
平均8.0%予想が当たるためには、今後は大きく下げないことが条件となる。
中園ミホ脚本のお仕事系ドラマなので、大きくは落ちないと考えているが、どうなるだろうか。

「コールセンターの恋人」と同程度のオープニング作品は以下の通り。
☆08年10月クール「小児救命」(平均7.0%)
09.6→07.8→07.9→05.4→05.9→06.3→06.2→06.6→07.0
☆08年1月クール「4姉妹探偵団」(平均7.0%)
09.2→06.4→08.1→03.5→07.0→07.4→06.4→07.0→08.0
☆08年7月クール「学校じゃ教えられない!」(平均6.4%)
09.9→06.1→06.9→05.4→04.7→07.0→05.6→07.1→05.6→05.9
平均7.0%程度がミニマムラインだろうか。
平均7%を切らないことが、最低限の仕事となりそうだ。

中園ミホ脚本の同枠ドラマは以下の通り。
☆05年4月クール「anego」(平均15.6%)
15.5→13.8→14.3→15.7→16.6→17.4→15.4→15.8→14.3→17.5
☆06年4月クール「プリマダム」(平均11.2%)
12.7→13.4→12.5→10.7→11.1→10.8→08.8→10.7→10.1→09.3→12.9
☆07年1月クール「ハケンの品格」(平均20.1%)
18.2→18.6→18.8→20.1→18.6→20.7→20.2→19.9→19.9→26.0
☆08年10月クール「OLにっぽん」(平均8.1%)
08.3→10.6→09.9→09.7→07.0→07.1→07.6→08.0→06.0→06.4
☆09年7月クール「コールセンターの恋人」
09.3%→
「プリマダム」及び「OLにっぽん」の二話目との対比で考えると、「コールセンターの恋人」の平均視聴率は7.1~8.2%となる。
小泉の初主演作ということを考えれば、「OLにっぽん」(平均8.1%)と同程度でフィニッシュできれば、合格ではないか。
8%台でギリギリ合格、7%台で普通、6%台で不合格というところか。

テレビショッピングのクレーム担当というお仕事系のようだ。
最近のお仕事系ドラマまたは参考になりそうなドラマは以下の通り。
☆08年7月クール「モンスターペアレント」(平均12.2%)
14.2→11.6→13.0→13.2→12.2→11.2→08.7→12.4→11.6→12.0→13.6
☆07年10月クール「働きマン」(平均12.0%)
15.7→12.3→13.0→11.1→12.6→10.1→12.7→13.2→07.9→12.3→11.5
☆09年1月クール「歌のおにいさん」(平均10.8%)
10.6→10.4→11.6→10.2→10.2→10.6→11.8→10.7
☆08年10月クール「OLにっぽん」(平均8.1%)
08.3→10.6→09.9→09.7→07.0→07.1→07.6→08.0→06.0→06.4
☆09年7月クール「コールセンターの恋人」
09.3%→
お仕事系やクレーム系は比較的馴染める題材なので、ヒットしやすい。
「モンスターペアレント」「働きマン」との対比で考えると、「コールセンターの恋人」の平均視聴率は7.1~8.0%となる。

最近の“初”主演者の視聴率は以下の通り。
※個人イメージによるものであり、実際に正しいかは不明。
☆09年1月クール「ヴォイス~命なき者の声~」(平均14.5%)
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0→10.2→12.8→13.6
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆08年10月クール「ギラギラ」(平均10.2%)
12.2→11.2→11.8→09.8→09.0→07.7→10.2→09.7
☆09年1月クール「RESCUE~特別高度救助隊」(平均9.8%)
12.2→12.8→08.9→10.7→10.9→08.3→06.4→08.8→08.9
☆09年4月クール「名探偵の掟」(平均9.5%)
10.8→10.0→08.5→09.5→09.7→09.9→09.5→09.4→07.6→09.8
☆09年4月クール「ゴッドハンド輝」(平均8.7%)
08.0→08.1→10.1→08.5→08.8→08.8
☆08年4月クール「ハチワンダイバー」(平均8.4%)
06.8→07.6→11.0→08.4→08.3→07.8→09.5→06.9→09.4→08.9→08.3
☆08年10月クール「Room of King」(平均7.2%)
10.4→07.1→08.2→05.0→06.1→06.3→08.1→06.6→07.2
☆09年7月クール「コールセンターの恋人」
09.3%→
どの程度に落ち着くだろうか。
土曜日20時枠か土曜日23時枠の作品がライバルになりそうだ。

<同時間帯の視聴率>
「ヱヴァンゲリヲン」は爆発しなかったが、ファンは何度も見ているからだろう。
10.2% 21:00-22:00 NHK ニュースウオッチ9
12.7% 21:00-22:54 NTV ロードショー「ヱヴァンゲリヲン:序」
12.2% 21:00-22:48 TBS 中居正広の金曜日のスマたちへSP
15.0% 21:00-22:52 C X プレステージ「芸能界(秘)個人情報」
09.3% 21:00-21:54 E X (新)コールセンターの恋人
11.4% 19:00-22:00 T X 第40回夏祭りにっぽんの歌
全体視聴率 70.8%(先週比±0.0%)

金曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「わるいやつら」(平均9.4%)
13.6→10.1→09.1→07.2→06.2→08.7→09.8→10.1
☆07年4月クール「生徒諸君!」(平均7.6%)
09.4→07.7→05.9→06.0→07.4→06.8→08.1→07.3→07.9→09.4
☆07年7月クール「女帝」(平均11.6%)
12.4→11.9→10.9→10.7→08.9→09.4→11.5→10.5→14.0→15.5
☆07年10月クール「オトコの子育て」(平均8.6%)
11.8→08.8→08.0→08.7→06.9→08.2→07.6→08.7
☆08年1月クール「4姉妹探偵団」(平均7.0%)
09.2→06.4→08.1→03.5→07.0→07.4→06.4→07.0→08.0
☆08年4月クール「パズル」(平均10.0%)
14.1→10.9→11.0→09.2→10.2→08.9→09.5→08.0→08.4→10.0
☆08年7月クール「ロト6で3億2千万円当てた男」(平均6.5%)
12.4→06.8→06.0→04.7→08.0→04.6→05.1→05.2→05.6→06.4
☆08年10月クール「ギラギラ」(平均10.2%)
12.2→11.2→11.8→09.8→09.0→07.7→10.2→09.7
☆09年7月クール「コールセンターの恋人」
09.3%→
※09年1月から6月末までは「必殺仕事人2009」が放送されていた。
「コールセンターの恋人」初回視聴率9.3%は、9ドラマ中8位となる。
「生徒諸君!」(平均7.6%)、「4姉妹探偵団」(平均7.0%)と同程度のオープニングとなっている。
現時点では7%台が落ち着きどころと思われるので、「コールセンターの恋人」の初回視聴率を踏まえた平均視聴率予想は7.0~8.0%としたい。
「オトコの子育て」(平均8.6%)は上回らず、「ロト6で3億2千万円当てた男」(平均6.5%)は下回らないだろう。


4位:「メイド刑事」 平均08.85%(放送前予想平均8.0%)
【二話目を踏まえた平均視聴率予想】 7.5%~8.5%(±0.0%~±0.0%)
初回9.5→8.2%→
初回から二話目への下落率が13.7%となっている。
8.5人に1人程度のギブアップ率となるだろうか。
初回の評判を細かくチェックしていないが、それほど良くはないというところか。
どこで視聴率の下げ止まらせるかがポイントとなる。
固定ファン(福田・メイド・原作)がいると思うので、ある程度のところで安定するだろう。

「メイド刑事」2話目までと同程度のポイント作品は以下の通り。
☆08年4月クール「ホカベン」(平均8.2%)
08.8→09.3→07.4→06.3→07.8→08.4→08.4→07.0→09.6→08.9
☆08年10月クール「Room of King」(平均7.2%)
10.4→07.1→08.2→05.0→06.1→06.3→08.1→06.6→07.2
☆08年10月クール「小児救命」(平均7.0%)
09.6→07.8→07.9→05.4→05.9→06.3→06.2→06.6→07.0
☆09年1月クール「神の雫」(平均6.1%)
10.3→07.3→06.2→05.0→06.0→04.9→04.7→04.9→05.4
2話目が8%台なので、「Room of King」よりも高くなるはずだ。
現時点では8%前後が落ち着きどころか。
「ホカベン」(平均8.2%)をライバルにしたいところだ。

参考になりそうな謎解きモノ・事件モノの視聴率は以下の通り。
☆09年1月クール「キイナ~不可能犯罪捜査官~」(平均14.5%)
16.5→15.5→15.3→12.7→14.2→13.3→13.3→14.9→14.8
☆08年1月クール「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(平均13.4%)
16.7→13.8→14.1→13.2→14.0→12.7→09.6→13.2
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆07年7月クール「探偵学園Q」(平均11.1%)
12.4→10.9→12.1→10.3→11.9→09.6→10.3→10.4→12.2→10.6→11.7
☆08年4月クール「7人の女弁護士」(平均11.1%)
10.1→11.0→10.7→10.7→11.2→10.5→10.2→11.4→11.6→11.7→11.5
☆08年4月クール「パズル」(平均10.0%)
14.1→10.9→11.0→09.2→10.2→08.9→09.5→08.0→08.4→10.0
☆09年4月クール「名探偵の掟」(平均9.5%)
10.8→10.0→08.5→09.5→09.7→09.9→09.5→09.4→07.6→09.8
☆08年7月クール「33分探偵」(平均9.2%)
12.2→08.1→09.9→10.0→07.0→09.8→07.8→09.1→08.7
☆09年7月クール「メイド刑事」
09.5→08.2%→
下落率が似ている「探偵学園Q」との対比で考えると、「メイド刑事」の平均視聴率は8.4%となる。
同枠の「名探偵の掟」との対比で考えると、「メイド刑事」の平均視聴率は8.1%となる。
やはり、8.0%前後が落ち着きどころか。

金曜日23時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「特命係長・只野仁」(平均14.3%)
13.4→15.5→14.4→12.7→13.9→14.0→13.7→14.0→14.2→17.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆07年7月クール「スシ王子!」(平均7.5%)
08.8→07.3→06.9→05.7→07.1→08.1→08.3→07.9
☆07年10月クール「モップガール」(平均10.2%)
10.2→10.7→11.8→09.7→09.8→10.6→09.8→10.4→09.2→09.4
☆08年1月クール「未来講師めぐる」(平均9.1%)
09.0→10.6→08.2→08.8→07.2→10.5→08.2→10.0→10.3→08.1
☆08年4月クール「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)
08.3→10.4→08.5→09.3→09.7→07.7→08.4→09.3→07.7→09.4
☆08年7月クール「打撃天使ルリ」(平均7.2%)
10.0→07.4→05.3→05.5→07.2→07.5→07.7
☆08年10月クール「サラリーマン金太郎」(平均11.8%)
13.8→11.1→10.9→12.1→12.1→11.3→09.5→11.1→13.6→12.6
☆09年1月クール「歌のおにいさん」(平均10.8%)
10.6→10.4→11.6→10.2→10.2→10.6→11.8→10.7
☆09年4月クール「名探偵の掟」(平均9.5%)
10.8→10.0→08.5→09.5→09.7→09.9→09.5→09.4→07.6→09.8
☆09年7月クール「メイド刑事」
09.5→08.2%→
「メイド刑事」の二話目視聴率8.2%は、11ドラマ中9位となっている。
先週8位だったが、「未来講師めぐる」(平均9.1%)、「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)に敗れたものの、「打撃天使ルリ」(平均7.2%)を破った。

本枠の事件モノには、「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)、「モップガール」(平均10.2%)、「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)、「名探偵の掟」(平均9.5%)がある。
これらとの対比で考えると、「メイド刑事」の平均視聴率は8.1~8.6%となる。
現時点では8%台キープが目標となる。
ただ、この枠の特徴としては7月クールの成績が悪いことがあげられる。
「熱闘甲子園」(今年放送されるかは不明)などの影響により、時間帯が不定期になることが要因の一つではないかと考えている。
その影響を踏まえて、二話目を踏まえた「メイド刑事」の平均視聴率予想は先週の7.5~8.5%のままにしたい。
8%台をキープできるかどうか、もしくは8%を割った際には他の7月クールの「スシ王子!」(平均7.5%)、「打撃天使ルリ」(平均7.2%)に勝てるかどうかが注目となる。


5位:「魔女裁判」 平均07.19%(放送前予想平均10.0%)
初回9.0→7.7→8.5→休→7.2→6.2→5.7→5.3→休→7.9→7.2%→
【九話目を踏まえた平均視聴率予想】 7.0%~7.5%(±0.0%~±0.0%)
(七話目を踏まえた平均視聴率予想6.5%~7.0%)
(五話目~六話目を踏まえた平均視聴率予想7.0%~7.5%)
(一話目~四話目を踏まえた平均視聴率予想7.5%~8.5%)
あまり注目されていないが、次回が最終回となる。
最終回直前にも関わらず、自身5番目タイに高く、自身4番目タイに低いという中途半端な視聴率を取っているが、5%台を2回も叩いておきながら、終盤に入って7%台に安定させたことは一応の評価できる。
なんとか最悪な結果を免れたようだ。
注目度は低いが、ストーリーが多少盛り上がっているのだろうか。
あまりにも低迷していたので、平均7%を切ると思われたが、なんとか7%に乗せてきそうだ。
最終回は7%後半でフィニッシュするだろうか。
平均7.2~7.3%という結果になりそうだ。

初回から九話目への下落率は20.0%となっている。
5人に1人がギブアップした計算となる。
この程度の下落率を中弛みすることなく、維持できれば、ギリギリ評価できたのだが。

裁判員制度を題材にした事件モノであり、ストーリーが面白そうなので、大きくコケることはないだろうと思ったが、厳しい結果となりそうだ。
生田斗真は思ったよりも人気がないのか。
それとも、裁判員制度という題材の取っ付きにくさも要因だろうか。
事件モノなので、謎が深まれば、上昇する可能性は残されていると思われるが、それを過度に期待できる状況ではない。

「魔女裁判」の視聴率の動きと似ているドラマは以下の通り。
☆09年1月クール「本日も晴れ。異状なし」(平均8.2%)
12.4→10.0→08.3→07.1→07.3→06.3→07.0→06.8→08.4
☆09年1月クール「神の雫」(平均6.1%)
10.3→07.3→06.2→05.0→06.0→04.9→04.7→04.9→05.4
「神の雫」(平均6.1%)のような結果になると思われたが、亀梨よりはマシということか。

生田斗真が出演したドラマの視聴率は以下の通り(主演とW主演の分類は不正確)。
☆08年1月クール「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)(※主演は成海)
12.9→10.0→09.8→09.5→08.9→08.6→08.3→08.0→07.4→07.0→07.1
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)(※大野とのW主演)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆09年1月クール「ヴォイス~命なき者の声~」(平均14.5%)(※主演は瑛太)
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0→10.2→12.8→13.6
☆09年4月クール「魔女裁判」
09.0→07.7→08.5→07.2→06.2→05.7→05.3→07.9→07.2%→
人気があるのかないのか分からないジャニーズタレントと思ったが、「人気がない」で確定なのだろうか。

一話完結タイプではないと思われる事件モノ等の視聴率は以下の通り。
(ほとんど見ていないのでタイプ分類に自信なし)
☆06年1月クール「アンフェア」(平均15.4%)
15.7→14.7→15.1→16.0→15.5→14.9→14.0→16.1→16.5→15.0→15.8
☆08年10月クール「チーム・バチスタの栄光」(平均13.2%)
15.2→11.7→12.5→12.2→11.8→13.2→13.5→14.2→12.3→12.2→16.5
☆09年1月クール「トライアングル」(平均12.3%)
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→11.5→10.8→11.3→12.1→13.3→15.5
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆07年4月クール「ライアーゲーム」(平均11.4%)
12.3→12.8→08.7→09.6→10.0→11.4→12.0→11.4→12.3→11.4→13.6
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆09年4月クール「魔女裁判」
09.0→07.7→08.5→07.2→06.2→05.7→05.3→07.9→07.2%→
11%半ばがこの手のドラマの標準となるだろうか。
この手の作品は終盤に盛り上がることが多いので、本作も同様に盛り上がることができれば良かったのだが。
しかし、ある程度は盛り返したので、事件モノはやはり終盤の伸びはあると考えてよさそうだ。

土曜日23時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年4月クール「ライアーゲーム」(平均11.4%)
12.3→12.8→08.7→09.6→10.0→11.4→12.0→11.4→12.3→11.4→13.6
☆07年7月クール「ライフ」(平均12.2%)
11.0→11.7→10.9→10.9→10.0→11.7→09.4→12.4→14.2→14.2→17.4
☆07年10月クール「SP」(平均15.4%)
14.5→17.6→15.2→15.7→14.1→14.6→15.5→12.6→13.8→16.6→18.9
☆08年1月クール「ロス:タイム:ライフ」(平均10.3%)
11.4→08.7→12.3→10.7→10.5→08.5→10.2→09.8→12.4→09.9→09.1
☆08年4月クール「ハチワンダイバー」(平均8.4%)
06.8→07.6→11.0→08.4→08.3→07.8→09.5→06.9→09.4→08.9→08.3
☆08年7月クール「33分探偵」(平均9.2%)
12.2→08.1→09.9→10.0→07.0→09.8→07.8→09.1→08.7
☆08年10月クール「Room of King」(平均7.2%)
10.4→07.1→08.2→05.0→06.1→06.3→08.1→06.6→07.2
☆09年1月クール「赤い糸」(平均8.5%)
07.5→08.4→07.8→10.0→10.8→08.0→08.4→08.0→08.9→07.0→08.9
☆09年4月クール「帰ってこさせられた33分探偵」(平均8.6%)
09.5→07.9→06.7→10.1
☆09年4月クール「魔女裁判」
09.0→07.7→08.5→07.2→06.2→05.7→05.3→07.9→07.2%→
「魔女裁判」の九話目視聴率7.2%は、9ドラマ中8位タイとなっている。
先週7位だったが、「ハチワンダイバー」(平均8.4%)に破れ、「Room of King」(平均7.2%)と同数字になっている。
平均7%前半が落ち着きどころと思われるので、九話目を踏まえた「魔女裁判」の平均視聴率予想は、先週の7.0~7.5%のままにしたい。
「Room of King」(平均7.2%)を超えられるかが注目となる。
九話目までのポイント数は、「Room of King」が65.0ポイントに対して、「魔女裁判」は64.7ポイントと僅差となっている。
最終回で7.6%を取れれば、「Room of King」を超えることができる。
非常に微妙なラインだが、強力な裏番組がなければギリギリで超えてくるのではないか。
悲惨な視聴率になるのではないかと不安だったが、なんとか形はつきそうだ(コケていることに変わりはないが)。
ただ、水嶋ヒロの“つまづき”は気にする必要はないものだったが、生田斗真は主演として、今後もあまり計算できない役者となりそうだ。
映画「人間失格」の主演に抜擢されたようだが、果たして大丈夫だろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1438-a9a4f9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。