ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年7月クールドラマ視聴率結果(金曜日第二・三話目~日曜日第二話)

順位  タイトル    初回  最新話 前話との対比 平均(放送前予想)
1位:「任侠ヘルパー」 17.5%  17.5%(± -%) 17.5%(12.0%)
2位:「官僚たちの夏」 14.5%  09.1%(▽5.4%) 11.8%(14.0%)
3位:「赤鼻のセンセイ」09.4%  09.4%(± -%) 09.4%(14.0%)
4位:「ダンディ・ダディ」09.3%  09.3%(± -%) 09.3%(09.5%)
5位:「メイド刑事」   09.5%  09.4%(▲1.2%) 09.0%(08.0%)
6位:「恋して悪魔」   08.5%  08.5%(± -%) 08.5%(09.5%)
7位:「コールセンター」09.3%  07.2%(▽2.1%) 08.3%(08.0%)
○位:「MR.BRAIN」 24.8%  20.7%(▲2.4%) 20.1%(20.5%)
○位:「魔女裁判」    09.0%  08.7%(▲1.5%) 07.3%(10.0%)

2位:「官僚たちの夏」 平均11.80%(放送前予想平均14.0%)
【二話目を踏まえた平均視聴率予想】 保留<12.5%~13.5%(±0.0%~±0.0%)>
初回14.5→9.1%→
初回から二話目への下落率は37.2%となっている。
約3人に1人以上がギブアップしてしまったことになるが、今回は東京都議会選挙の開票速報の影響が強そうだ。
8月30日には衆議院選挙というビッグバンが待ち構えているが、その際はさすがに休止になるだろう。
ただ、小難しそうなハードな社会派ドラマであり、一般受けはしないと思われるので、多少はリアルに下落しているのかもしれない。
今後もあまり過大な期待はできないのだろうか。

「官僚たちの夏」二話目までと同程度のポイント作品は以下の通り。
☆09年4月クール「白い春」(平均12.6%)
13.7→10.0→10.4→12.5→11.8→11.9→12.6→14.0→12.5→13.9→15.1
☆09年4月クール「夜光の階段」(平均10.6%)
12.5→10.7→09.7→09.8→10.1→09.6→10.4→10.8→12.1
☆09年1月クール「ありふれた奇跡」(平均10.6%)
12.5→10.9→10.1→11.4→11.1→10.5→10.4→09.8→08.9→10.0→11.4
☆08年10月クール「ギラギラ」(平均10.2%)
12.2→11.2→11.8→09.8→09.0→07.7→10.2→09.7
☆09年1月クール「銭ゲバ」(平均9.9%)
12.0→11.3→09.0→10.7→10.1→10.2→08.7→06.4→10.5
これらとの対比で考えると、「官僚たちの夏」の平均視聴率は10.0~12.5%となる。
マックス12%、ミニマム10%程度となるが、ジャッジするには次回以降の数字を待った方がよさそうだ。

佐藤浩市は連続ドラマの主演としての実績に欠ける。
02年「天国への階段」(平均7.1%)、03年「高原へいらっしゃい」(平均7.2%)といった作品が大コケしている。
見ていないが、高い視聴率だったのは月9ドラマ「天気予報の恋人」程度か。
☆00年4月「天気予報の恋人」(平均14.9%)
17.8→16.1→15.8→14.7→15.2→13.2→12.3→13.4→14.1→
→15.7→12.6→18.1
これとの対比で考えると、「官僚たちの夏」の平均視聴率は10.4%となる。
ただの佐藤主演のドラマならばヒットしないだろうが、本作は佐藤と雰囲気が合っていそうである。
主演の名前で視聴者を集めるドラマではないので、それほど心配する必要はないと思ったが、どうなるだろうか。

本作のような硬派な社会派ドラマは、近年あまり見受けられない。
「わたしたちの教科書」程度か。
☆07年4月クール「わたしたちの教科書」(平均11.2%)
14.2→11.3→10.7→10.4→09.0→10.1→10.2→11.0→11.9→12.1→
→10.7→12.4
“渋め”の良作ドラマとなると、以下のような作品が参考になるか。
☆09年4月クール「アイシテル~海容~」(平均14.8%)
13.2→13.7→14.2→13.0→14.8→13.9→14.0→15.6→16.6→18.6
☆09年4月クール「白い春」(平均12.6%)
13.7→10.0→10.4→12.5→11.8→11.9→12.6→14.0→12.5→13.9→15.1
「アイシテル~海容~」以外との対比で考えると、「官僚たちの夏」の平均視聴率は10.4~12.5%となる。

<同時間帯の視聴率>
「選挙結果」「ハリポタ」の影響でTBS、CXが大きく下げている。
このような状態でも、「行列」は磐石だ。
21.9% 20:55-21:50 NHK 東京都議会議員選挙開票速報(先週比+10.8%)
17.0% 21:00-21:54 NTV 行列のできる法律相談所(先週比±0.0%)
09.1% 21:00-21:54 TBS 官僚たちの夏(先週比-5.4%)
05.8% 21:00-21:54 C X エチカの鏡 ココロにキクTV (先週比-4.1%)
14.9% 21:00-23:44 E X ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(先週比+2.4%)
07.2% 20:00-21:48 T X ビッグ「日本の丼BEST10」(先週比-1.6%)
全体視聴率 75.9%(先週比+2.1%)

日曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「華麗なる一族」(平均23.9%)
27.7→21.8→23.5→23.0→21.2→23.5→21.1→21.6→24.9→30.4
☆07年4月クール「冗談じゃない!」(平均13.4%)
19.4→14.7→13.2→14.4→14.2→11.7→10.7→11.3→12.8→12.0→12.7
☆07年7月クール「パパとムスメの7日間」(平均13.9%)
14.0→12.8→13.1→14.1→16.7→11.9→14.5
☆07年10月クール「ハタチの恋人」(平均8.2%)
13.0→10.4→09.2→07.4→07.3→06.6→06.4→06.6→06.4→08.2
☆08年1月クール「佐々木夫妻の仁義なき戦い」(平均10.9%)
17.3→11.7→11.6→09.2→08.9→09.9→09.2→09.1→11.0→11.1
☆08年4月クール「猟奇的な彼女」(平均8.2%)
13.5→11.5→08.7→07.0→08.0→07.6→06.9→06.3→05.9→07.4→07.2
☆08年7月クール「Tomorrow」(平均12.6%)
16.8→13.9→13.5→10.8→10.3→10.5→12.9→13.0→10.4→14.1
☆08年10月クール「SCANDAL」(平均13.1%)
16.9→14.4→11.4→12.1→10.9→10.4→12.3→11.5→15.2→15.5
☆09年1月クール「本日も晴れ。異状なし」(平均8.2%)
12.4→10.0→08.3→07.1→07.3→06.3→07.0→06.8→08.4
☆09年4月クール「ぼくの妹」(平均7.9%)
12.2→09.0→06.7→07.3→06.3→07.1→08.9→07.0→07.1→07.4→07.9
☆09年7月クール「官僚たちの夏」
14.5→09.1%→
「官僚たちの夏」の二話目視聴率9.1%は、11ドラマ中10位となっている。
先週6位だったが、「パパとムスメの7日間」(平均13.9%)、「ハタチの恋人」(平均8.2%)、「猟奇的な彼女」(平均8.2%)、「本日も晴れ。異状なし」(平均8.2%)に破れた。
「華麗なる一族」との対比で考えると、「官僚たちの夏」の平均視聴率は11.4%となる。
低視聴率ドラマとの対比で考えると、「官僚たちの夏」の平均視聴率は7.7~8.8%となる。
今回が事故レベルなのか、リアルに数字が低いのか判別は難しいが、今後大きく上昇する見込みは低そうだ。
現時点では10~11%が落ち着きどころかもしれないが、「官僚たちの夏」の二話目を踏まえた平均視聴率予想は先週の12.5~13.5%のまま保留ということにしたい。
「冗談じゃない!」(平均13.4%)、「パパとムスメの7日間」(平均13.9%)、「SCANDAL」(平均13.1%)の13%台の作品をライバルにしたかったところだが、どうなるだろうか。
“時代”は本作のような硬派な社会派ドラマを求めているのではないかと思ったが、泣けるヒューマンドラマ系の方が馴染めるようだ。


5位:「メイド刑事」 平均09.03%(放送前予想平均8.0%)
【三話目を踏まえた平均視聴率予想】 7.5%~8.5%(±0.0%~±0.0%)
初回9.5→8.2→9.4%→
評判が高いとは思えないが、初回に近い数字に戻してきた。
初回から三話目への下落率は1.1%となっている。
『どこで視聴率の下げ止まらせるかがポイントとなる』と思ったが、あまり下げずにこの辺りで落ち着くのだろうか。
固定ファン(福田・メイド・原作)がいると思うので、ある程度のところで安定するだろうとは思うが、現実的にはやはりもう少し低い地点で安定するのではないか。

「メイド刑事」三話目までと同程度のポイント作品は以下の通り。
☆08年4月クール「おせん」(平均9.1%)
10.3→08.7→09.2→09.5→09.0→09.6→08.4→08.6→07.8→10.1
☆09年1月クール「ラブシャッフル」(平均8.8%)
10.0→10.7→08.2→09.6→08.9→08.3→07.6→07.5→07.0→10.1
☆08年10月クール「OLにっぽん」(平均8.1%)
08.3→10.6→09.9→09.7→07.0→07.1→07.6→08.0→06.0→06.4
☆09年4月クール「ぼくの妹」(平均7.9%)
12.2→09.0→06.7→07.3→06.3→07.1→08.9→07.0→07.1→07.4→07.9
☆08年4月クール「無理な恋愛」(平均7.5%)
11.7→08.0→08.1→06.9→06.2→06.9→06.6→06.5→07.0→06.3→07.7
これらとの対比で考えると、「メイド刑事」の平均視聴率は7.3~8.7%となる。
現時点では8.0%前後が落ち着きどころか。

参考になりそうな謎解きモノ・事件モノの視聴率は以下の通り。
☆09年1月クール「キイナ~不可能犯罪捜査官~」(平均14.5%)
16.5→15.5→15.3→12.7→14.2→13.3→13.3→14.9→14.8
☆08年1月クール「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(平均13.4%)
16.7→13.8→14.1→13.2→14.0→12.7→09.6→13.2
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆07年7月クール「探偵学園Q」(平均11.1%)
12.4→10.9→12.1→10.3→11.9→09.6→10.3→10.4→12.2→10.6→11.7
☆08年4月クール「7人の女弁護士」(平均11.1%)
10.1→11.0→10.7→10.7→11.2→10.5→10.2→11.4→11.6→11.7→11.5
☆08年4月クール「パズル」(平均10.0%)
14.1→10.9→11.0→09.2→10.2→08.9→09.5→08.0→08.4→10.0
☆09年4月クール「名探偵の掟」(平均9.5%)
10.8→10.0→08.5→09.5→09.7→09.9→09.5→09.4→07.6→09.8
☆08年7月クール「33分探偵」(平均9.2%)
12.2→08.1→09.9→10.0→07.0→09.8→07.8→09.1→08.7
☆09年7月クール「メイド刑事」
09.5→08.2→09.4%→
動きが似ている「キイナ」「シバトラ」「探偵学園Q」との対比で考えると、「メイド刑事」の平均視聴率は8.3~8.8%となる。
健闘すれば8%半ばとなるが、高い視聴率を維持できるとは思えず、やはり8.0%前後が落ち着きどころか。

金曜日23時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「特命係長・只野仁」(平均14.3%)
13.4→15.5→14.4→12.7→13.9→14.0→13.7→14.0→14.2→17.0
☆07年4月クール「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)
12.8→11.9→10.9→11.4→11.0→13.5→11.7→11.2→13.5
☆07年7月クール「スシ王子!」(平均7.5%)
08.8→07.3→06.9→05.7→07.1→08.1→08.3→07.9
☆07年10月クール「モップガール」(平均10.2%)
10.2→10.7→11.8→09.7→09.8→10.6→09.8→10.4→09.2→09.4
☆08年1月クール「未来講師めぐる」(平均9.1%)
09.0→10.6→08.2→08.8→07.2→10.5→08.2→10.0→10.3→08.1
☆08年4月クール「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)
08.3→10.4→08.5→09.3→09.7→07.7→08.4→09.3→07.7→09.4
☆08年7月クール「打撃天使ルリ」(平均7.2%)
10.0→07.4→05.3→05.5→07.2→07.5→07.7
☆08年10月クール「サラリーマン金太郎」(平均11.8%)
13.8→11.1→10.9→12.1→12.1→11.3→09.5→11.1→13.6→12.6
☆09年1月クール「歌のおにいさん」(平均10.8%)
10.6→10.4→11.6→10.2→10.2→10.6→11.8→10.7
☆09年4月クール「名探偵の掟」(平均9.5%)
10.8→10.0→08.5→09.5→09.7→09.9→09.5→09.4→07.6→09.8
☆09年7月クール「メイド刑事」
09.5→08.2→09.4%→
「メイド刑事」の三話目視聴率9.4%は、11ドラマ中6位となっている。
先週9位だったが、「未来講師めぐる」(平均9.1%)、「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)、「名探偵の掟」(平均9.5%)を破った。

本枠の事件モノには、「帰ってきた時効警察」(平均12.0%)、「モップガール」(平均10.2%)、「キミ犯人じゃないよね?」(平均8.9%)、「名探偵の掟」(平均9.5%)がある。
これらとの対比で考えると、「メイド刑事」の平均視聴率は8.5~9.1%となる。
現時点では8%半ばが落ち着きどころとなる。
ただ、この枠の特徴としては7月クールの成績が悪いことがあげられる。
「熱闘甲子園」(今年放送されるかは不明)などの影響により、時間帯が不定期になることが要因の一つではないかと考えている。
その影響を踏まえて、三話目を踏まえた「メイド刑事」の平均視聴率予想は先週の7.5~8.5%のままにしたい。
8%台をキープできるかどうかが注目となりそうだ。
他の7月クールの「スシ王子!」(平均7.5%)、「打撃天使ルリ」(平均7.2%)にはさすがに勝てそうだ。


7位:「コールセンターの恋人」 平均08.25%(放送前予想平均8.0%)
【二話目を踏まえた平均視聴率予想】 7.0%~8.0%(±0.0%~±0.0%)
初回9.3→7.2%→
初回から二話目への下落率は22.6%となっている。
5人に1人以上がギブアップしてしまった。
2割以上のギブアップ率はかなり高すぎる。
それほど評価は良くなかったのだろうか。
しかし、今回は裏に映画が3本もあり、その影響ではないか。
これ以上は大きく下落はせずに、次回は多少巻き返すだろう。

「コールセンターの恋人」二話目までと同程度のポイント作品は以下の通り。
☆09年1月クール「赤い糸」(平均8.5%)
07.5→08.4→07.8→10.0→10.8→08.0→08.4→08.0→08.9→07.0→08.9
☆08年10月クール「オー!マイ・ガール!!」(平均7.5%)
08.3→08.3→08.0→06.5→08.1→06.6→07.0→06.3→08.0
☆08年10月クール「Room of King」(平均7.2%)
10.4→07.1→08.2→05.0→06.1→06.3→08.1→06.6→07.2
☆08年10月クール「小児救命」(平均7.0%)
09.6→07.8→07.9→05.4→05.9→06.3→06.2→06.6→07.0
☆09年1月クール「神の雫」(平均6.1%)
10.3→07.3→06.2→05.0→06.0→04.9→04.7→04.9→05.4
主要作品との対比で考えると、「コールセンターの恋人」の平均視聴率は6.6~7.5%となる。
現時点では、7%台が落ち着きどころか。

中園ミホ脚本の同枠ドラマは以下の通り。
☆05年4月クール「anego」(平均15.6%)
15.5→13.8→14.3→15.7→16.6→17.4→15.4→15.8→14.3→17.5
☆06年4月クール「プリマダム」(平均11.2%)
12.7→13.4→12.5→10.7→11.1→10.8→08.8→10.7→10.1→09.3→12.9
☆07年1月クール「ハケンの品格」(平均20.1%)
18.2→18.6→18.8→20.1→18.6→20.7→20.2→19.9→19.9→26.0
☆08年10月クール「OLにっぽん」(平均8.1%)
08.3→10.6→09.9→09.7→07.0→07.1→07.6→08.0→06.0→06.4
☆09年7月クール「コールセンターの恋人」
09.3→07.2%→
「プリマダム」及び「OLにっぽん」との対比で考えると、「コールセンターの恋人」の平均視聴率は7.1~7.1%となる。
やはり、7%台が落ち着きどころか。
小泉の初主演作ということを考えれば、「OLにっぽん」(平均8.1%)と同程度でフィニッシュできれば、合格ではないかと思ったが、厳しそうだ。
合格ラインは、8%台でギリギリ合格、7%台で普通、6%台で不合格というところではないか。

テレビショッピングのクレーム担当というお仕事系のようだ。
最近のお仕事系ドラマまたは参考になりそうなドラマは以下の通り。
☆08年7月クール「モンスターペアレント」(平均12.2%)
14.2→11.6→13.0→13.2→12.2→11.2→08.7→12.4→11.6→12.0→13.6
☆07年10月クール「働きマン」(平均12.0%)
15.7→12.3→13.0→11.1→12.6→10.1→12.7→13.2→07.9→12.3→11.5
☆09年1月クール「歌のおにいさん」(平均10.8%)
10.6→10.4→11.6→10.2→10.2→10.6→11.8→10.7
☆08年10月クール「OLにっぽん」(平均8.1%)
08.3→10.6→09.9→09.7→07.0→07.1→07.6→08.0→06.0→06.4
☆09年7月クール「コールセンターの恋人」
09.3→07.2%→
お仕事系やクレーム系は比較的馴染める題材なので、ヒットしやすいはずだが…。
「モンスターペアレント」「働きマン」との対比で考えると、「コールセンターの恋人」の平均視聴率は7.1~7.8%となる。

最近の“初”主演者の視聴率は以下の通り。
※個人イメージによるものであり、実際に正しいかは不明。
☆09年1月クール「ヴォイス~命なき者の声~」(平均14.5%)
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0→10.2→12.8→13.6
☆08年7月クール「シバトラ」(平均12.5%)
13.0→12.2→13.4→14.0→11.7→09.6→13.7→11.3→12.1→11.6→15.0
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆08年10月クール「ギラギラ」(平均10.2%)
12.2→11.2→11.8→09.8→09.0→07.7→10.2→09.7
☆09年1月クール「RESCUE~特別高度救助隊」(平均9.8%)
12.2→12.8→08.9→10.7→10.9→08.3→06.4→08.8→08.9
☆09年4月クール「名探偵の掟」(平均9.5%)
10.8→10.0→08.5→09.5→09.7→09.9→09.5→09.4→07.6→09.8
☆09年4月クール「ゴッドハンド輝」(平均8.7%)
08.0→08.1→10.1→08.5→08.8→08.8
☆08年4月クール「ハチワンダイバー」(平均8.4%)
06.8→07.6→11.0→08.4→08.3→07.8→09.5→06.9→09.4→08.9→08.3
☆08年10月クール「Room of King」(平均7.2%)
10.4→07.1→08.2→05.0→06.1→06.3→08.1→06.6→07.2
☆09年7月クール「コールセンターの恋人」
09.3→07.2%→
どの程度に落ち着くだろうか。
土曜日20時枠か土曜日23時枠の作品がライバルになりそうだ。
「Room of King」(平均7.2%)は超えたいところだ。

<同時間帯の視聴率>
映画祭りとなり、各局大きく落としている。
次回以降、EXが巻き返す余地はあるだろう。
08.8% 21:00-22:15 NHK ニュースウオッチ9(先週比-1.4%)
10.5% 21:00-22:54 NTV ロードショー「釣りバカ日誌2」(先週比-2.2%)
14.7% 19:55-22:48 TBS ハリー・ポッターと賢者の石(先週比+2.5%)
11.4% 21:00-23:22 C X プレステージ「県庁の星」(先週比-3.6%)
07.2% 21:00-21:54 E X コールセンターの恋人(先週比-2.1%)
09.6% 21:00-21:54 T X 所さんの学校では教えてくれない(先週比-1.8%)
全体視聴率 62.2%(先週比-8.6%)

金曜日21時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年1月クール「わるいやつら」(平均9.4%)
13.6→10.1→09.1→07.2→06.2→08.7→09.8→10.1
☆07年4月クール「生徒諸君!」(平均7.6%)
09.4→07.7→05.9→06.0→07.4→06.8→08.1→07.3→07.9→09.4
☆07年7月クール「女帝」(平均11.6%)
12.4→11.9→10.9→10.7→08.9→09.4→11.5→10.5→14.0→15.5
☆07年10月クール「オトコの子育て」(平均8.6%)
11.8→08.8→08.0→08.7→06.9→08.2→07.6→08.7
☆08年1月クール「4姉妹探偵団」(平均7.0%)
09.2→06.4→08.1→03.5→07.0→07.4→06.4→07.0→08.0
☆08年4月クール「パズル」(平均10.0%)
14.1→10.9→11.0→09.2→10.2→08.9→09.5→08.0→08.4→10.0
☆08年7月クール「ロト6で3億2千万円当てた男」(平均6.5%)
12.4→06.8→06.0→04.7→08.0→04.6→05.1→05.2→05.6→06.4
☆08年10月クール「ギラギラ」(平均10.2%)
12.2→11.2→11.8→09.8→09.0→07.7→10.2→09.7
☆09年7月クール「コールセンターの恋人」
09.3→07.2%→
※09年1月から6月末までは「必殺仕事人2009」が放送されていた。
「コールセンターの恋人」二話目視聴率7.2%は、9ドラマ中7位となる。
先週8位だったが、「ロト6で3億2千万円当てた男」(平均6.5%)を破った。
「生徒諸君!」「オトコの子育て」との対比で考えれば、「コールセンターの恋人」の平均視聴率は6.9~7.3%となる。
これ以上は大きく落とさないと思われる。
現時点では7%台が落ち着きどころと思われるので、「コールセンターの恋人」の二話目視聴率を踏まえた平均視聴率予想は先週の7.0~8.0%のままにしたい。
「オトコの子育て」(平均8.6%)は上回らず、「ロト6で3億2千万円当てた男」(平均6.5%)は下回らないだろう。


○位:「MR.BRAIN」 平均20.06%(放送前予想平均20.5%)
初回24.8→22.0→16.3→21.0→18.5→18.9→18.3→20.7%
「BOSS」の最終回と同様に20.7%で幕を閉じた。
最終回で20.2%を取れば、平均20%を超えるという状態だったが、平均20%という大台をなんとかクリアした。
先週『七話と八話が連動しているようなので、不安感はあるが、最終回は21%程度の数字を獲得して、平均20.1%でフィニッシュするのではないか』と書いた通りとなった。
予想通りの結果であり、20%を超える数字を残しておきながら文句を言われるのは可哀相だが、やや物足りない結果になっている。
最終回にも関わらず、自身4番目という中途半端な視聴率だからだろうか。
どうやら盛り上がりには欠けたようだ。
最低限の仕事はしたので、不合格とは言えないが、誰の目からも合格といえるほどの結果にはならなかった。

全六話予定だったはずだが、全八話に変更になっている。
六話で終了させておけば、このようなことはなかったはずだ。
すぐに最終回直前となるのならば、視聴者は見ないわけにはいかないが、残り何話もあれば、視聴者が離れる回もあるだろう。
土曜日という曜日を考えると、よほど質が高くなければ、こうなるのも当然だ。
八話まで引っ張ったために、歯車が狂ったのではないか。
当然、映画化も目論んでいたと思うが、今後の展開はどうなるだろうか。

初回から最終回への下落率は16.5%となっている。
ギブアップ率は7人に1人程度となっている。
2割未満のギブアップならば、他のドラマでは問題ないが、木村主演のドラマとしては物足りない結果となる。
木村主演のドラマは、最終回は初回を上回るのが通例となっている。

放送開始前の予想平均視聴率は20.5%だったので、アタリといえる。
放送開始前には以下のようなことを書いている。
『土曜日20時の全体視聴率がマックス70%程度として、少なく見積もって「世界一」が13~15%、「めちゃイケ」が12~15%、その他のNHK、EX、TXが合計22~25%程度と計算すると、残が15~23%程度しかない』
『だいたい18~22%程度で六話をまとめると思うので、平均20.5%と予想したい』
放送話の回数はズレたが、だいたいは予想通りの結果となったようだ。
この枠は裏番組が強いうえに、大半の若者は外出しているので、安定した視聴率は望みにくい。

回毎の平均視聴率予想は以下のとおり。
☆一話目~三話目を踏まえた平均視聴率予想22.0%~23.0%
☆四話目~五話目を踏まえた平均視聴率予想21.0%~22.0%
☆六話目を踏まえた平均視聴率予想20.0%~21.0%
☆七話目を踏まえた平均視聴率予想20.0%~20.5%
初回視聴率24.8%から、平均視聴率を22.0%~23.0%と予想しているが、これは六話完結と考えていたためである。
三話終了時に六話ではなく、八話程度と分かったため、四話目から21%台に変更している。
しかし、五話目以降は18%台に低迷したため、六話目で20%台、七話目で20%前半と予想の変更を強いられた。
事故レベルの三話目も痛かったが、五話目~最終回直前の七話目まで予想以上に低迷したのが計算外だった。

ゲストは以下の通り。
初回-海老蔵、ユースケ、広末
二話-Gackt、小雪
三話-亀梨、相武
四話・五話-佐藤健
五話・六話-仲間由紀恵
七話・八話-上川隆也、海老蔵
ゲストもかなり豪華。
『三話目の亀梨がポイントとなりそうだ』と思ったが、誰しもが感じる不安が現実のものとなっている。
最終回は大物ゲストを期待したが、上川隆也、海老蔵となっている。
ビッグネームだが、特別に良くもないキャスティングでは何とも言いようがない。
先週『八話目のゲストはSMAPのメンバーだと予想していたが、ハズレたようだ』と書いたが、次クールの主演の香取がゲストに出演したようだ。
ハイジャック犯という設定のようだが、見ていないのでよく分からない。
どうせちょい役ではないのか。

最近の事件モノドラマは以下の通り(一話完結タイプらしきものを抽出)。
☆07年10月クール「ガリレオ」(平均21.9%)
24.7→22.1→21.3→23.6→22.9→21.4→21.9→19.9→21.7→19.6
☆07年10月クール「SP」(平均15.4%)
14.5→17.6→15.2→15.7→14.1→14.6→15.5→12.6→13.8→16.6→18.9
☆09年1月クール「キイナ~不可能犯罪捜査官~」(平均14.5%)
16.5→15.5→15.3→12.7→14.2→13.3→13.3→14.9→14.8
☆09年4月クール「MR.BRAIN」(平均20.1%)
24.8→22.0→16.3→21.0→18.5→18.9→18.3→20.7
目標は「ガリレオ」だったが、遠く及ばない結果になった。

木村拓哉主演ドラマの視聴率は以下のとおり。
☆00年1月クール「ビューティフルライフ」(平均31.9%)
☆01年1月クール「HERO」(平均34.2%)
☆02年4月クール「空から降る一億の星」(平均22.3%)<※さんまがトップ>
☆03年1月クール「GOOD LUCK!!」(平均30.4%)
☆04年1月クール「プライド」(平均24.9%)
28.0→25.1→24.6→23.6→23.4→22.8→22.6→26.0→24.1→24.9→28.8
☆05年4月クール「エンジン」(平均22.4%)
25.3→22.5→19.6→23.1→22.3→21.5→22.2→21.5→21.8→22.5→24.3
☆07年1月クール「華麗なる一族」(平均23.9%)
27.7→21.8→23.5→23.0→21.2→23.5→21.1→21.6→24.9→30.4
☆08年4月クール「CHANGE」(平均21.7%)
23.8→23.0→22.4→19.3→19.5→19.1→20.9→19.5→22.3→27.4
☆09年4月クール「MR.BRAIN」(平均20.1%)
24.8→22.0→16.3→21.0→18.5→18.9→18.3→20.7
20%をキープできるかどうかが注目だったが、ギリギリで達成した。
「CHANGE」(平均21.7%)を下回り、近年では自身最低視聴率となってしまったが、木村の地力の高さが窺われる。
木村の人気が落ちてきているわけではないが、この枠での高視聴率は難しいところがあった。
ただ、最終回に爆発する木村ドラマとしては物足りない結果になっている。

<同時間帯の視聴率>
「レッドカーペット」SPが響いたか。
05.0% 20:00-20:45 NHK 追跡!A to Z(先週比+0.8%)
09.8% 19:56-20:54 NTV 世界一受けたい授業(先週比-3.5%)
20.7% 19:56-21:08 TBS MR.BRAIN(終)(先週比+2.4%)
13.1% 19:00-20:54 C X 爆笑レッドカーペットSP(先週比+1.2%)
08.9% 19:00-20:54 E X サタスペ「ビートたけしの超常現象」(先週比-1.0%)
08.3% 19:00-20:54 T X スペシャル「ローカル列車で行く旅」(先週比+1.2%)
全体視聴率 65.8%(先週比+1.1%)

土曜日20時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆08年4月クール「ROOKIES」(平均14.8%)
12.2→14.8→15.4→13.1→16.4→15.4→14.2→14.7→14.6→12.5→19.5
☆08年7月クール「恋空」(平均6.4%)
05.6→05.9→06.7→06.3→07.6→06.3
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆09年1月クール「RESCUE~特別高度救助隊」(平均9.8%)
12.2→12.8→08.9→10.7→10.9→08.3→06.4→08.8→08.9
☆09年4月クール「ゴッドハンド輝」(平均8.7%)
08.0→08.1→10.1→08.5→08.8→08.8
☆09年4月クール「MR.BRAIN」(平均20.1%)
24.8→22.0→16.3→21.0→18.5→18.9→18.3→20.7
「MR.BRAIN」の最終回視聴率20.7%は、当然6ドラマ中1位となっている。
平均視聴率においても、当然6ドラマ中1位となったが、やはりこの枠はそれほど高い視聴率が望めないことがはっきりとした。
木村拓哉主演作であり、脇役に水嶋、綾瀬を配し、豪華なゲストを呼んでの結果だから、TBSはショックだっただろう。
この枠のドラマは基準の1~2割引と考えて、予想すればよいかもしれない。
香取主演の「両さん」もそれほど高い数字は期待できないだろう。

「MR.BRAIN」平均20.1%と同程度のドラマは以下の通り。
☆「華麗なる一族」平均23.9%
☆「ごくせん」平均22.6%
☆「ガリレオ」平均21.9%
☆「CHANGE」平均21.7%
☆「花より男子2」平均21.7%
☆「ハケンの品格」平均20.1%
07年1月クール以降では、7位という成績になった。
08年4月クール以来、1年ぶりに平均20%を超えたので、もちろん評価はできる。


○位:「魔女裁判」 平均07.34%(放送前予想平均10.0%)
初回9.0→7.7→8.5→休→7.2→6.2→5.7→5.3→休→7.9→7.2→8.7%
自身2番目に高い視聴率で幕を閉じた。
先週『最終回は7%後半でフィニッシュするだろうか。平均7.2~7.3%という結果になりそうだ』と書いたが、予想よりも大きく伸ばしてきた。
最終回で謎が明らかになる事件モノのクライマックスであり、視聴者の関心を予想以上に集めたようだ。

初回から最終回への下落率は3.3%となっている。
最終的には、ほとんどギブアップ者を出さなかったこととなる。
5%台を2回も叩いておきながら、終盤に入って7~8%に上昇させたことは一応の評価できそうだ。
最悪な結果を免れており、注目度は低いものの、ストーリーが多少盛り上がったのだろうか。
低い数字ながらも、大きな下落がなく視聴率を維持できていれば、もっと評価できたのだが。

放送開始前の予想平均視聴率は10.0%だったので、ハズした。
放送開始前には以下のようなことを書いている。
『視聴率的には、ストーリーが面白そうなので、大きくコケることはないだろう』
『事件モノであり、ある程度は見所があると思われる。「ライアーゲーム」(平均11.4%)以下、「33分探偵」(平均9.2%)以上となるか。(略)原作が漫画というわけでもなく、ストーリーにはやや取っ付きににくさもあるので、爆発することはないだろう』
「裁判員制度を題材にした事件モノ」というあまりない例のないタイプのドラマなので、ストーリーの面白さを期待したが、逆に裁判員制度という題材の取っ付きにくさがネックになったのだろうか。
生田斗真の人気も思った以上に高くなかったことも問題だった。
土曜日23時枠の不調が続いており、そろそろトンネルを脱出するのではないかと期待したが、まだまだ抜けるのは遠そうだ。

回毎の平均視聴率予想は以下のとおり。
☆一話目~四話目を踏まえた平均視聴率予想7.5%~8.5%
☆五話目~六話目を踏まえた平均視聴率予想7.0%~7.5%
☆七話目を踏まえた平均視聴率予想6.5%~7.0%
☆八話目~九話目を踏まえた平均視聴率予想7.0%~7.5%
初回視聴率9.0%を踏まえて、事件モノのため大きく下げないと考えて、平均8.0%前後と予想している。
五話目で6.2%、七話目で5.3%という低い視聴率を叩いたことから、平均視聴率予想を段階的に下げたが、八話目から息を吹き返すとは思いも寄らなかった。
一話完結タイプではない事件モノは盛り上がりやすいので、きちんとそれを考慮して、予測すべきだった。

生田斗真が出演したドラマの視聴率は以下の通り(主演とW主演の分類は不正確)。
☆08年1月クール「ハチミツとクローバー」(平均8.9%)(※主演は成海)
12.9→10.0→09.8→09.5→08.9→08.6→08.3→08.0→07.4→07.0→07.1
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)(※大野とのW主演)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆09年1月クール「ヴォイス~命なき者の声~」(平均14.5%)(※主演は瑛太)
17.7→17.4→15.0→12.3→16.0→15.2→15.4→14.0→10.2→12.8→13.6
☆09年4月クール「魔女裁判」(平均7.3%)
09.0→07.7→08.5→07.2→06.2→05.7→05.3→07.9→07.2→08.7
人気があるのかないのか分からないジャニーズタレントと思ったが、「人気がない」で確定なのだろうか。
生田斗真は主演として、今後もあまり計算できない役者となりそうだ。
映画「人間失格」の主演に抜擢されたようだが、果たして大丈夫だろうか。

一話完結タイプではないと思われる事件モノ等の視聴率は以下の通り。
(ほとんど見ていないのでタイプ分類に自信なし)
☆06年1月クール「アンフェア」(平均15.4%)
15.7→14.7→15.1→16.0→15.5→14.9→14.0→16.1→16.5→15.0→15.8
☆08年10月クール「チーム・バチスタの栄光」(平均13.2%)
15.2→11.7→12.5→12.2→11.8→13.2→13.5→14.2→12.3→12.2→16.5
☆09年1月クール「トライアングル」(平均12.3%)
14.7→11.1→11.9→11.5→11.6→11.5→10.8→11.3→12.1→13.3→15.5
☆08年10月クール「ブラッディ・マンデイ」(平均11.4%)
11.4→11.4→11.3→10.8→12.2→11.6→11.9→10.1→11.1→09.9→13.2
☆07年4月クール「ライアーゲーム」(平均11.4%)
12.3→12.8→08.7→09.6→10.0→11.4→12.0→11.4→12.3→11.4→13.6
☆08年7月クール「魔王」(平均11.4%)
14.0→12.6→09.2→10.1→10.9→07.6→12.1→11.5→11.5→12.3→14.1
☆09年4月クール「魔女裁判」(平均7.3%)
09.0→07.7→08.5→07.2→06.2→05.7→05.3→07.9→07.2→08.7
11%半ばがこの手のドラマの標準となるだろうか。
この手の作品は終盤に盛り上がることが多い。
本作もこれらと同様に、ある程度は盛り返したので、事件モノはやはり終盤の伸びはあると考えてよさそうだ。

土曜日23時枠の視聴率の動きは以下の通り。
☆07年4月クール「ライアーゲーム」(平均11.4%)
12.3→12.8→08.7→09.6→10.0→11.4→12.0→11.4→12.3→11.4→13.6
☆07年7月クール「ライフ」(平均12.2%)
11.0→11.7→10.9→10.9→10.0→11.7→09.4→12.4→14.2→14.2→17.4
☆07年10月クール「SP」(平均15.4%)
14.5→17.6→15.2→15.7→14.1→14.6→15.5→12.6→13.8→16.6→18.9
☆08年1月クール「ロス:タイム:ライフ」(平均10.3%)
11.4→08.7→12.3→10.7→10.5→08.5→10.2→09.8→12.4→09.9→09.1
☆08年4月クール「ハチワンダイバー」(平均8.4%)
06.8→07.6→11.0→08.4→08.3→07.8→09.5→06.9→09.4→08.9→08.3
☆08年7月クール「33分探偵」(平均9.2%)
12.2→08.1→09.9→10.0→07.0→09.8→07.8→09.1→08.7
☆08年10月クール「Room of King」(平均7.2%)
10.4→07.1→08.2→05.0→06.1→06.3→08.1→06.6→07.2
☆09年1月クール「赤い糸」(平均8.5%)
07.5→08.4→07.8→10.0→10.8→08.0→08.4→08.0→08.9→07.0→08.9
☆09年4月クール「帰ってこさせられた33分探偵」(平均8.6%)
09.5→07.9→06.7→10.1
☆09年4月クール「魔女裁判」(平均7.3%)
09.0→07.7→08.5→07.2→06.2→05.7→05.3→07.9→07.2→08.7
「魔女裁判」の最終回視聴率8.7%は、10ドラマ中7位タイとなっている。
最終回の数字は、「ハチワンダイバー」(平均8.4%)、「Room of King」(平均7.2%)を破り、「33分探偵」(平均9.2%)と同数字になっている。
良いとは言えないが、この枠としてはそれほど悪くもない数字で幕を閉じた。
平均視聴率争いは、10ドラマ中9位となった。
5%を連発した割には、ラストの追い込みだけで、「Room of King」(平均7.2%)を破った点は評価できる。
しかし、この枠の元気のなさには変わりがない。
08年4月以降は、二桁割れが続いている。
今後もよほどの素材ではない限り、期待できそうもない。

「魔女裁判」平均7.3%と同程度のドラマは以下の通り。
☆「無理な恋愛」平均7.4%
☆「オー!マイ・ガール!!」平均7.5%
☆「打撃天使ルリ」平均7.2%
☆「Room of King」平均7.2%
☆「小児救命」平均7.0%
☆「あしたの、喜多善男」平均7.1%
☆「4姉妹探偵団」平均7.0%
このメンバーと肩を並べるということは、トータルでは評価はしにくい。
スポンサーサイト

テーマ:★★★テレビ視聴率★★★ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1453-4286ad99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「信長のシェフ」の高視聴率が止まらない 『トリック』『特命係長』に並ぶ人気、シリーズ化も

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/03/02(土) 07:37:24.47 ID:eJhX54pk0 ?2BP(2828)『信長のシェフ』が“カジュアル時代劇”と高評価 シリーズ化も2013.03.02 07:00ドラマ『信長...

  • 2013/03/03(日) 03:04:48 |
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。