ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月3週目新作予想)【映画】

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

×:「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(ワーナー)
<840館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 デヴィッド・イェーツ
前作「不死鳥の騎士団」の監督も努めており、最終作も監督することが決まっている。
クリス・コロンバス、アルフォンソ・キュアロン、マイク・ニューウェルに次ぐ、4人目の監督だが、ようやく固定化された。

【キャスティング】ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン
主要キャストに変更がなければ、問題はない。

【題材】 「シリーズ」「ファンタジー」
過去のシリーズは以下のとおり。
☆01年「賢者の石」トータル203.0億円(※年末公開)
☆02年「秘密の部屋」トータル180.0億円(※冬公開)
☆04年「アズカバンの囚人」トータル135.0億円(※夏公開)
先18.7→42.0→58.6→71.1→85.2→94.7→102.4
☆05年「炎のゴブレット」トータル115.0億円(※冬公開)
先16.9→36.2→49.8→59.1→69.5→不明→95.5
☆07年「不死鳥の騎士団」トータル94.0億円(※夏公開)
先22.8→39.1→52.3→63.1→79.2→82.4→87.0
ストレートに下落している。
「不死鳥の騎士団」は「賢者の石」の半分にまで落ち込んでしまった。
シリーズが進むたびに、ミーハーファンが付いていけなくなっているのだろう。
しかし、終盤に差し掛かっているので、ここまで付いてきた人は最後まで付き合うはずだ。
「不死鳥の騎士団」を大きく下回ることは考えにくい。
書籍の最終巻が発売されていることを踏まえると、そろそろ上昇に転じてもおかしくない。
100億円突破できるかが注目となりそうだ。

【予告編・TVCM】 量・多/デキ・普
全く興味のない自分にとっては、ワクワクするようなデキではないが、それほど悪くはなさそうな雰囲気はある。
もうちょっと見所をアピールしても良かったとは思うが、見てからのお楽しみというところか。

【支持基盤・ターゲット】 「シリーズ愛好者」「ファミリー?」
子どもが付いていけるかは分からないが、支持基盤はしっかりとしている。
興行収入的には、深く考える必要はない作品であり、他のシリーズと同程度でよいだろう。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「インディ・ジョーンズ」トータル57.1億円(オープニング先行込14.0億円)
☆「ダークナイト」トータル16.0億円(オープニング先行込3.3億円)
<2007>
☆「ハリー・ポッター」トータ94.0億円(オープニング先行込22.8億円)
☆「トランスフォーマー」トータル40.1億円(オープニング6.3億円)
☆「ダイ・ハード4.0」トータル39.1億円(オープニング先行込8.9億円)
去年は「ポニョ」や「花より男子」がヒットしていたため、洋画は振るわなかった。

【評価・予想】 100.0億円(水曜日からの月曜日までのオープニング24.0億円)
ストレートに下落しているが、そろそろ下げ止まりとなるのではないか。
夏の大作映画に、これといったライバルが不在でもある。
最終作間近ということもあり、再び大台の100億円に乗せてくるのではないかと予想したい。
大きく伸びるとすれば、最終作(前・後編)ということになりそうだ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の興行収入が109.0億円なので、これを超えない程度となるのではないか。

水曜日のオープニングは3.34億円を記録したようだ。
月曜日を加えた祝日込み3日は17億円というところか。
水曜日からのオープニングを加えると、前作のオープニングに近い24億円まで伸びそうだ。
なお、前作のオープニング22.8億円は祝日込3日の先行+金曜日からの公開となっている。


×:「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ」(東宝・テレビ東京)
<350館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 湯山邦彦
本シリーズのほとんどの作品に関わっているようだ。
全く心配のない監督といえる。

【キャスティング】(ゲスト)美輪明宏、高嶋政宏、北乃きい、中川翔子
中川翔子は07年からゲストとして参加しているので、あまり参考にはならない。
その他のゲストは微妙な感じであり、+αは見込めそうもない。

【題材】 「シリーズ」「アニメ」
「劇場版ポケットモンスター」の過去の興行収入は以下のとおりとなっている。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4
07年から始まる“ダイヤモンド&パール”シリーズ三部作のラストとなるらしい。
しかし、“アドバンスジェネレーション”シリーズのラストの06年の興行収入が低いので、それほど考慮する必要はなさそうだ。
爆発的なものにはならず、例年ベースの40億円台後半で問題ないだろう。
昨年を上回るかどうかが注目となるか。

【予告編・TVCM】 見たことがない。
見たことがないが、どこかではきちんとCMを打っているだろう。

【支持基盤・ターゲット】 「ファミリー」
安定した支持基盤があるので、例年ベースを踏まえた予想で問題ない。
前売り券には「ピカチュウカラーのピチュー」の引換券、「特製バンダナ」がつく。
劇場で「アルセウス」のデータ配信、ポケモンバトリオゼロ・スペシャルパック「アルセウス」及びポケモンカードゲームDPt「アルセウス」がプレゼントされる。
これが目当てという子どもも多いと思われる。
これほど豪華な特典があれば、当然ヒットする。

【評価・予想】 48.5億円(オープニング祝日込3日10.0億円)
07年50.2億円、08年48.0億円を踏まえると、40億円台後半と考えるのがベター。
あまり深く考える必要もないだろう。
何らかのシリーズの最終作ということを踏まえて、08年をやや上回る48.5億円程度と予想したい。
07年は10周年記念作品であり、これを下回る程度か。
オープニングは前年と同じく、祝日込みで10億円というところか。


▲:「アマルフィ 女神の報酬」(東宝・フジテレビ)
<325館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。
【監督】 西谷弘
06年「県庁の星」(トータル20.8億円)、08年「容疑者Xの献身」(トータル49.2億円)を手掛けている。
織田とタッグを組んでおり、サスペンスも経験があるので、妥当な人選といえる。
しかし、「容疑者Xの献身」(トータル49.2億円)は超えないだろう。

【キャスティング】織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市
織田裕二主演作の興行収入は以下のとおり。
☆00年「ホワイトアウト」トータル42.0億円
☆03年「T.R.Y.」トータル11.5億円
☆03年「踊る大捜査線 THE MOVIE2」トータル173.5億円
☆06年「県庁の星」トータル20.8億円
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円
11~21億円程度が水準となるか。
少なくとも水準は超えたいところだ。
「ホワイトアウト」は本作の原作と同じく、真保裕一によるもの。
目標は40億円ということになりそうだが、この辺りがマックスラインとなりそうだ。

【題材】 「事件モノ」「サスペンス」「誘拐」「外交官」「イタリア」
事件モノの興行収入は以下のとおり。
☆07年「HERO」トータル81.5億円
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8→76.3→78.2
☆08年「花より男子ファイナル」トータル77.5億円
10.1→26.2→37.9→祝込48.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
05.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1→祝込45.7→46.9
☆08年「相棒」トータル44.4億円
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7→42.2
☆05年「交渉人 真下正義」トータル42.0億円
☆05年「容疑者 室井慎次」トータル38.3億円
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円
OP05.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5→29.7
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
03.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7→不明→26.3→26.5
☆08年「クロサギ」トータル17.2億円
OP2.9→07.3→10.7→13.3→15.2→16.0→16.4
☆08年「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円
祝込3.9→7.5→10.4→12.8→13.9→14.5→14.9
日本ではほとんど例がないと思われる「本格的なサスペンス」「全編オール海外ロケ」という点がどのように受け止められるかがポイントとなる。
大量の宣伝に加えて、夏休み時期ということもあり、大コケはないと考えられる。
30~40億円程度が落ち着きどころと思われる。
05年「交渉人 真下正義」トータル42.0億円、「容疑者 室井慎次」トータル38.3億円がライバルになるのではないか。

【予告編・TVCM】 量・超多/デキ・普
かなり前から死ぬほどCMを打ち、最近は方向性を見失いかけている。
映画を宣伝するという道から外れて、何をやっているのか分からなくなってきている。
動画の宣伝なので、仕方はないのか。
また、自社映画だからとは思うが、フジテレビのプッシュは異常すぎる。
もはや逆効果に近いものとなりつつある点が気になる。
デキは良くも悪くもないので、大爆発はなさそうだ。

【支持基盤・ターゲット】 「全般」
老若男女が鑑賞できるという点が、本作の長所となる。
夏休みという時期でもあり、大コケは考えにくい。
それほど悪くはない興行収入にはなりそうだ。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「花より男子F」トータル77.5億円(オープニング10.1億円)
☆「ザ・マジックアワー」トータル39.2億円(オープニング5.1億円)
☆「クライマーズ・ハイ」トータル11.9億円(オープニング1.7億円)
<2007>
☆「舞妓Haaaan!!!!!」トータル20.8億円(オープニング2.3億円)
☆「大日本人」トータル11.6億円(オープニング2.3億円)
☆「憑神」トータル8.8億円(オープニング1.2億円)
最近流行のコメディ系ではないので、どういう興行収入になるかが注目となる。
「ザ・マジックアワー」を超えることもないか。

【評価・予想】 35.0億円(オープニング3日5.8億円)
05年「交渉人 真下正義」トータル42.0億円、「容疑者 室井慎次」トータル38.3億円がライバルになるのではないかと思われる。
ドラマの映画化とは異なり、知名度が高くないため、40億円を下回るのではないか。
本格的なサスペンスという点もやや評価を下げたいところ。
「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は35億円と予想したい。
大量宣伝、夏休み、対象幅が広いということを考えると、この辺りまでは稼ぎたいところだ。
多少似たようなテイストもある洋画作品「天使と悪魔」の興行収入が30億円台半ば見込みなので、これも多少参考になりそうだ。

「ハリポタ」「ポケモン」といったライバルが強いため、オープニングはそれほど高くはないと思われる。
今年公開作品の以下のようなオープニングを下回りそうだ。
☆「20世紀少年-第2章-最後の希望」6.2億円(トータル30.1億円見込み)
☆「クローズZERO」5.7億円(トータル30.2億円見込み)
☆「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」5.1億円
☆「ヤッターマン」4.6億円(トータル31.5億円見込み)
☆「余命1ヶ月の花嫁」4.1億円(トータル31.5億円見込み)
祝日を含めたオープニング3日は5.8億円程度と低めに予想したい。


※今週の数字が不明なため、順位は適当な予想。数字は土日2日
予想順位(今週) 自己評価 タイトル(主な公開劇場) 基準値
1(-) ×「ハリー・ポッター」(丸の内ピカデリー)11.3
2(-) ×「劇場版ポケットモンスター」(TOHOシネマズ日劇)6.7
3(-) ▲「アマルフィ」(TOHOシネマズスカラ座)3.8
4(1) ×「ごくせん THE MOVIE」(TOHOシネマズ有楽座)3.2
5(2) 済「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(新宿TOKYU MILANO)
6(3) 済「ノウイング」(TOHOシネマズ日劇)1.8
7(4) ×「ROOKIES-卒業-」
8(5) 済「トランスフォーマー/リベンジ」(TOHOシネマズ日劇)
9(6) △「劔岳 点の記」(丸の内TOEI①)
10(7) 済「モンスターVSエイリアン」(新宿ピカデリー)

[個人評価]
◎ 絶対観たい作品
○ できれば観たい作品
▲ ひまがあれば観てもいいかもしれない作品
△ 映画館では観ないけどDVDだったら観るかもしれない作品
× 一度も観ることはないでしょうの作品
済 鑑賞済み作品
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1460-88bfab47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。