ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月3週目)【映画】

1位:「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(ワーナー)(1週目)<予想順位1位>
【公開前個人予想】 100億円
【現時点での興行収入予想】 100億円
【公開規模】 860館
水曜日から公開され、祝日の月曜日までの6日間で22.1億円弱のオープニングを飾った。
先週『水曜日からのオープニングを加えると、前作のオープニングに近い24億円まで伸びそうだ』と書いたので、ほぼ予想通りの結果となった。
なお、水曜日のオープニングは3.34億円を記録したと報じられている。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆01年「賢者の石」トータル203.0億円(※年末公開)
☆02年「秘密の部屋」トータル180.0億円(※冬公開)
☆04年「アズカバンの囚人」トータル135.0億円(※夏公開)
先18.7→42.0→58.6→71.1→85.2→94.7→102.4
☆05年「炎のゴブレット」トータル115.0億円(※冬公開)
先16.9→36.2→49.8→59.1→69.5→不明→95.5
☆07年「不死鳥の騎士団」トータル94.0億円(※夏公開)
先22.8→39.1→52.3→63.1→79.2→82.4→87.0
☆09年「謎のプリンス」
6日22.1億円→
ストレートに下落しており、「不死鳥の騎士団」は「賢者の石」の半分にまで落ち込んでしまった。
シリーズが進むたびに、ミーハーファンが付いていけなくなっているのだろう。
しかし、シリーズ終盤に差し掛かっているので、ここまで付いてきた人は最後まで付き合うはずだ。
「不死鳥の騎士団」を超えられるかどうか、再び100億円突破できるかが注目となりそうだ。

先行公開や水曜日公開などマチマチであり、単純な比較が出来ない。
前作のオープニング22.8億円は祝日込3日の先行+金曜日からの公開となっている。
日数は前作と同じ6日だが、前作の方が2日分祝日が多いので、平日を0.5日、オープニングの水曜日を0.8日とカウントして、前作との対比で考えると、「謎のプリンス」の興行収入は105.5億円となる。
当面は100億円突破が目標となりそうだ。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「インディ・ジョーンズ」トータル57.1億円(オープニング先行込14.0億円)
☆「ダークナイト」トータル16.0億円(オープニング先行込3.3億円)
<2007>
☆「ハリー・ポッター」トータ94.0億円(オープニング先行込22.8億円)
☆「トランスフォーマー」トータル40.1億円(オープニング6.3億円)
☆「ダイ・ハード4.0」トータル39.1億円(オープニング先行込8.9億円)
これらとも単純な比較はできないが、面倒なので、そのまま対比で考えると「謎のプリンス」の興行収入は90.1~107.2億円となる。
だいたい、この辺りに落ち着くだろうか。
とりあえず、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の興行収入は100億円と予想したい。


2位:「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ」(東宝・テレビ東京)(1週目)<予想順位2位>
【公開前個人予想】 48.5億円
【現時点での興行収入予想】 45~48億円
【公開規模】 366館
土日6.7億円、祝日の月曜日を含めると9.8億円のオープニングを飾った。
先週『オープニングは前年と同じく、祝日込みで10億円というところか』と書いたので予想通りだが、誰もが予想できる順当な結果となった。

前売り券には「ピカチュウカラーのピチュー」の引換券、「特製バンダナ」がつく。
劇場で「アルセウス」のデータ配信、ポケモンバトリオゼロ・スペシャルパック「アルセウス」及びポケモンカードゲームDPt「アルセウス」がプレゼントされる。
これが目当てという子どもも多いと思われる。
これほど豪華な特典があれば、当然ヒットする。

「劇場版ポケットモンスター」の過去の興行収入は以下のとおりとなっている。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4
☆09年 「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8(OP6.7)億円→
07年から始まる“ダイヤモンド&パール”シリーズ三部作のラストだが、07・08年では最低のオープニングとなっている。
07・08年との対比で考えると、09年の興行収入は43.5~46.1億円となる。
45億円以上、50億円以下が落ち着きどころか。
前作を下回りそうなので、45~48億円というところではないか。
「コナン」は大ヒットしたが、「ドラえもん」「クレヨン」といった定番東宝アニメ作品にやや陰りがみえはじめているのは気になるところ。

その他の参考アニメ作品は以下の通り。
☆07年「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」トータル35.4億円
5.6→10.5→17.3→26.1→32.1→33.3→33.8
☆08年「のび太と緑の巨人伝」トータル33.7億円
5.2→09.5→15.3→22.8→30.1→31.7→32.2
☆09年「新・のび太の宇宙開拓史」トータル24.5億円
3.7→07.0→11.1→15.9→21.7→23.0→23.3
☆07年「紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」トータル25.3億円
4.5→09.5→20.2→21.9→23.2→24.0→24.5
☆08年「戦慄の楽譜(フルスコア)」トータル24.2億円
4.2→08.5→祝込19.0→20.6→21.8→22.7→23.3
☆09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル34.9億円
5.9→12.5→水曜27.6→29.5→31.6→32.9→33.8
「ドラえもん」との対比で考えると、「アルセウス 超克の時空へ」の興行収入は42.4~44.4億円となる。
この辺りがミニマムラインとなりそうだ。


3位:「アマルフィ 女神の報酬」(東宝・フジテレビ)(1週目)<予想順位3位>
【公開前個人予想】 35.0億円
【現時点での興行収入予想】 30億円
【公開規模】 357館
土日3.8億円弱、祝日の月曜日を含めると5.6億円半ばのオープニングを飾った。
先週『祝日を含めたオープニング3日は5.8億円程度と低めに予想したい』と書いたので、ほぼ予想通りのオープニングとなっている。
少々予想を低くしたにも関わらず、それを下回ったが、許容範囲といえるだろう。
オープニングが高くなる類の作品ではないのは分かっていたこと。
今後は粘り込みができるかどうかが注目となるが、期待していたほどの評価が聞こえてこない。
予想に近いオープニングだが、予想したほどの伸びを期待できそうもないか。

織田裕二主演作の興行収入は以下のとおり。
☆00年「ホワイトアウト」トータル42.0億円
☆03年「T.R.Y.」トータル11.5億円
☆03年「踊る大捜査線 THE MOVIE2」トータル173.5億円
☆06年「県庁の星」トータル20.8億円
OP2.9→7.8→11.8→14.4→16.6→18.1→19.3
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7→祝込10.5
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」
祝込3日5.7(OP3.8)億円→
11~21億円程度が水準となるか。
「ホワイトアウト」は本作の原作と同じく、真保裕一によるもの。
「県庁の星」「椿三十郎」との対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は27.3~27.3億円となる。
この辺りがミニマムラインとなる。
お盆もあり、年齢層がやや高めの作品なので、本作は多少は伸びるだろう。

事件モノの興行収入は以下のとおり。
☆07年「HERO」トータル81.5億円
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8→76.3→78.2
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
05.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1→祝込45.7→46.9
☆08年「相棒」トータル44.4億円
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7→42.2
☆05年「交渉人 真下正義」トータル42.0億円
☆05年「容疑者 室井慎次」トータル38.3億円
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円
OP05.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5→29.7
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
03.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7→不明→26.3→26.5
☆08年「クロサギ」トータル17.2億円
OP2.9→07.3→10.7→13.3→15.2→16.0→16.4
☆08年「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円
祝込3.9→7.5→10.4→12.8→13.9→14.5→14.9
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」
祝込3日5.7(OP3.8)億円→
「L change the WorLd」「クロサギ」「チーム・バチスタの栄光」以外との対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は27.9~34.6億円となる。
マックス35億円、ミニマム25億円というところか。
大きな伸びはなさそうだが、多少伸びはあると思われるので、現時点では30億円突破が目標となる。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「花より男子F」トータル77.5億円(オープニング10.1億円)
☆「ザ・マジックアワー」トータル39.2億円(オープニング5.1億円)
☆「クライマーズ・ハイ」トータル11.9億円(オープニング1.7億円)
<2007>
☆「舞妓Haaaan!!!!!」トータル20.8億円(オープニング2.3億円)
☆「大日本人」トータル11.6億円(オープニング先行込2.3億円)
☆「憑神」トータル8.8億円(オープニング1.2億円)
これらとの対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は26.6~34.4億円となる。
極端に伸びが高いとは思えないので、やはり30億円程度が落ち着きどころか。

今年公開作品の以下のような作品がライバルになりそうだ。
☆「ヤッターマン」トータル31.5億円見込み
OP4.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.5→29.2
☆「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円見込み
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1
☆「クローズZERO」トータル30.2億円見込み
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9→28.8
☆「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円見込み
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆「アマルフィ 女神の報酬」
祝込3日5.7(OP3.8)億円→
「ヤッターマン」「余命1ヶ月の花嫁」との対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は26.0~29.2億円となる。
公開時期と作品のテイスト、対象層を考えて、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入を30億円と予想したい。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1467-cacc3545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ポケットモンスター エメラルド

ポケットモンスター エメラルドの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ポケットモンスター エメラルド」へ!

  • 2009/07/23(木) 15:43:34 |
  • ポケットモンスター エメラルド

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。