ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月4週目)【映画】

1位:「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(ワーナー)(2週目)<予想順位1位>
【公開前個人予想】 100億円
【現時点での興行収入予想】 100億円
【公開規模】 先週844館
トータルでは35.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは17.9億円程度だろうか。
オープニング1週間の成績は「ROOKIES」を超えていると報じられている。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆01年「賢者の石」トータル203.0億円(※年末公開)
☆02年「秘密の部屋」トータル180.0億円(※冬公開)
☆04年「アズカバンの囚人」トータル135.0億円(※夏公開)
先18.7→42.0→58.6→71.1→85.2→94.7→102.4
☆05年「炎のゴブレット」トータル115.0億円(※冬公開)
先16.9→36.2→49.8→59.1→69.5→不明→95.5
☆07年「不死鳥の騎士団」トータル94.0億円(※夏公開)
先22.8→39.1→52.3→63.1→79.2→82.4→87.0
☆09年「謎のプリンス」
6日22.1→35.0億円→
ストレートに下落しており、「不死鳥の騎士団」は「賢者の石」の半分にまで落ち込んでしまった。
シリーズが進むたびに、ミーハーファンが付いていけなくなっているのだろう。
しかし、シリーズ終盤に差し掛かっているので、ここまで付いてきた人は最後まで付き合うはずだ。
「不死鳥の騎士団」を超えられるかどうか、再び100億円突破できるかが注目となりそうだ。
これらとの対比で考えると、「謎のプリンス」の興行収入は84.1~112.3億円となる。
現時点では「不死鳥の騎士団」に劣っているが、悲観する必要はないだろう。
目標の100億円に向かって、邁進するだけだ。

100億円前後の洋画の興行収入は以下のとおり。
☆07年「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」トータル109.0億円
金19.4→44.0→61.4→74.5→83.7→90.9→96.2
☆06年「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」トータル100.2億円
先19.2→37.5→52.2→63.7→78.8→86.5→90.6
☆05年「スター・ウォーズEPⅢ」トータル91.7億円
先21.2→40.7→49.8→58.7→65.8→73.3→80.5
☆06年「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円
OP12.8→36.0→51.8→62.6→70.3→76.1→80.7
☆09年「謎のプリンス」
6日22.1→35.0億円→
これらとの単純対比で考えると、「謎のプリンス」の興行収入は78.9~93.5億円となる。
現時点では分が悪いが、お盆時期の伸びに期待したいところ。
引き続き、「謎のプリンス」の興行収入は100億円と予想したい。


2位:「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ」(東宝・テレビ東京)(2週目)<予想順位2位>
【公開前個人予想】 48.5億円
【現時点での興行収入予想】 45~48億円
【公開規模】 先週366館
トータルでは17.8億円となっている。
1週間の伸びは11.1億円程度だろうか。
まずますの伸びといったところか。

前売り券には「ピカチュウカラーのピチュー」の引換券、「特製バンダナ」がつく。
劇場で「アルセウス」のデータ配信、ポケモンバトリオゼロ・スペシャルパック「アルセウス」及びポケモンカードゲームDPt「アルセウス」がプレゼントされる。
これが目当てという子どもも多いと思われる。
これほど豪華な特典があれば、当然ヒットする。

「劇場版ポケットモンスター」の過去の興行収入は以下のとおりとなっている。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4
☆09年 「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8億円→
07年から始まる“ダイヤモンド&パール”シリーズ三部作のラストだが、07・08年では最低のオープニングとなっていた。
しかし、2週目では07年を上回っている。
07・08年との対比で考えると、09年の興行収入は46.2~52.9億円となる。
45億円以上、50億円以下が落ち着きどころか。
前作を下回りそうなので、45~48億円というところではないか。
「コナン」は大ヒットしたが、「ドラえもん」「クレヨン」といった定番東宝アニメ作品にやや陰りがみえはじめているのは気になるところ。

その他の参考アニメ作品は以下の通り。
☆07年「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」トータル35.4億円
5.6→10.5→17.3→26.1→32.1→33.3→33.8
☆08年「のび太と緑の巨人伝」トータル33.7億円
5.2→09.5→15.3→22.8→30.1→31.7→32.2
☆09年「新・のび太の宇宙開拓史」トータル24.5億円
3.7→07.0→11.1→15.9→21.7→23.0→23.3
☆07年「紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」トータル25.3億円
4.5→09.5→20.2→21.9→23.2→24.0→24.5
☆08年「戦慄の楽譜(フルスコア)」トータル24.2億円
4.2→08.5→祝込19.0→20.6→21.8→22.7→23.3
☆09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル34.9億円
5.9→12.5→水曜27.6→29.5→31.6→32.9→33.8
「ポケモン」には祝日が含まれるので、単純比較ができない。
「漆黒の追跡者(チェイサー)」との対比で考えると、「アルセウス 超克の時空へ」の興行収入は49.7億円となる。
この辺りがマックスラインとなりそうだ。


3位:「アマルフィ 女神の報酬」(東宝・フジテレビ)(2週目)<予想順位3位>
【公開前個人予想】 35.0億円
【現時点での興行収入予想】 30億円
【公開規模】 先週357館
トータルでは11.9億円となっている。
1週間の伸びは8.2億円程度だろうか。
祝日も含まれるため、悪くない伸びとなっている。

今年公開作品の以下のような作品がライバルになりそうだ。
☆「ヤッターマン」トータル31.5億円見込み
OP4.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.5→29.2
☆「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円見込み
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1
☆「クローズZERO」トータル30.2億円見込み
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9→28.8
☆「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円見込み
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆「アマルフィ 女神の報酬」
祝込3日5.7→11.9億円→
これらとの対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は26.7~35.4億円となる。
当面の目標はこれらと同程度の30億円突破ということになりそうだ。

織田裕二主演作の興行収入は以下のとおり。
☆00年「ホワイトアウト」トータル42.0億円
☆03年「T.R.Y.」トータル11.5億円
☆03年「踊る大捜査線 THE MOVIE2」トータル173.5億円
☆06年「県庁の星」トータル20.8億円
OP2.9→7.8→11.8→14.4→16.6→18.1→19.3
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7→祝込10.5
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」
祝込3日5.7→11.9億円→
11~21億円程度が水準となるか。
「ホワイトアウト」は本作の原作と同じく、真保裕一によるもの。
「県庁の星」「椿三十郎」との対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は31.7~33.4億円となる。
やはり、30億円ラインには乗っている。
お盆もあり、年齢層がやや高めの作品なので、本作はもっと伸びるかもしれない。

事件モノの興行収入は以下のとおり。
☆07年「HERO」トータル81.5億円
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8→76.3→78.2
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
05.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1→祝込45.7→46.9
☆08年「相棒」トータル44.4億円
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7→42.2
☆05年「交渉人 真下正義」トータル42.0億円
☆05年「容疑者 室井慎次」トータル38.3億円
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円
OP05.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5→29.7
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
03.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7→不明→26.3→26.5
☆08年「クロサギ」トータル17.2億円
OP2.9→07.3→10.7→13.3→15.2→16.0→16.4
☆08年「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円
祝込3.9→7.5→10.4→12.8→13.9→14.5→14.9
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」
祝込3日5.7→11.9億円→
「HERO」「容疑者Xの献身」「アンフェア the movie」との対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は28.9~33.0億円となる。
マックス35億円、ミニマム25億円というところか。
大きな伸びはなさそうだが、多少伸びはあると思われるので、現時点では30億円突破できそうだ。

「アマルフィ 女神の報酬」11.9億円と同程度の2週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「ザ・マジックアワー」13.9億円(トータル39.2億円)
☆「L change the WorLd」14.6億円(トータル31.0億円)
☆「デトロイト・メタル・シティ」10.2億円(トータル23.4億円)
<2007>
☆「西遊記」13.1億円(トータル43.7億円)
☆「恋空」13.1億円(トータル39.0億円)
☆「どろろ」12.6億円(トータル34.5億円)
☆「アンフェア the movie」11.2億円(トータル27.2億円)
「L change the WorLd」「西遊記」以外との対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は27.3~35.4億円となる。
現時点では「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は30億円程度と予想したい。
30億円以上も突破できそうだが、思ったよりも話題になっていない点が気になるところ。


4位:「ごくせん THE MOVIE」(東宝・日本テレビ)(3週目)<予想順位4位>
【公開前個人予想】 55億円
【現時点での興行収入予想】 30億円台前半(先週30億円台半ば)
【公開規模】 先週409スクリーン
トータルでは17.5億円となっている。
1週間の伸びは6.2億円程度だろうか。
祝日が1日含まれるので、伸びは高い。
ただ、20億円が間近となったが、それほど満足できる動きでもない。

今年公開作品の以下のような作品がライバルになりそうだ。
☆「ヤッターマン」トータル31.5億円見込み
OP4.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.5→29.2
☆「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円見込み
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1
☆「クローズZERO」トータル30.2億円見込み
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9→28.8
☆「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円見込み
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆「ごくせん THE MOVIE」
OP4.9→祝込13.1→17.5億円→
「クローズZERO」「20世紀少年-第2章-最後の希望」に劣っている。
これらとの対比で考えると、「ごくせん THE MOVIE」の興行収入は27.0~33.6億円となる。
30億円突破が当面の目標となる。
夏休みがあるので、このラインは突破できるのではないか。
知名度のあるドラマ作品であり、地力が期待できる。
お盆時期にかなり稼げると思われるので、30億円台前半まで伸びるのではないか。

夏休みに公開された「西遊記」もスタートダッシュにしたものの、伸びを持続させた。
☆07年「西遊記」トータル43.7億円(視聴率22.8%)
祝3日7.9→13.1→19.3→25.1→30.0→36.3→39.3→41.8→42.3
「西遊記」のように大きな伸びは期待できないが、それなりの伸びは期待できる。

仲間由紀恵出演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「TRICK劇場版」トータル12.9億円
☆03年「g@me.」不明
☆05年「SHINOBI」トータル14.1億円
☆06年「TRICK劇場版2」トータル21.0億円
OP4.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆06年「大奥」トータル22.0億円
OP2.4→6.7→祝込14.0→16.8→19.1→20.4
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円見込み(主演:中居)
祝込3日4.1(2日2.6)→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆09年「ごくせん THE MOVIE」
OP4.9→祝込13.1→17.5億円→
題材が良いためか、かなり高い実績を残している。
しかも、右肩上がりの成績となっている点は評価できる。
「TRICK劇場版2」「大奥」との対比で考えると、「ごくせん THE MOVIE」の興行収入は26.4~27.5億円となる。
「私は貝になりたい」との対比で考えると、「ごくせん THE MOVIE」の興行収入は33.0億円となる。
夏休みのため、極端な初動タイプにはならないと思われる。
やはり、30億円突破が当面の目標となり、30億円台前半まで伸びるだろうか。

ドラマの視聴率は以下の通り。
☆02年4月クール「ごくせん」平均17.4%
☆05年1月クール「ごくせん2」平均27.8%
☆08年4月クール「ごくせん3」平均22.6%
ピークは05年であり、だいぶ勢いはなくなっていると思われる。
『時機を逸しており、「ROOKIES」のような大爆発はないだろう』とは思ったが、予想以上だったようだ。

近年公開されたドラマ映画の興行収入と視聴率は以下のとおり。
☆09年「ROOKIES-卒業-」(視聴率14.8%)
12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.0
☆07年「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8→76.3→78.2
☆08年「花より男子ファイナル」トータル77.5億円(視聴率05年19.7%、07年21.7%)
10.1→26.2→37.9→祝込48.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7
☆06年「LIMIT OF LOVE/海猿」トータル71.0億円(視聴率13.1%)
09.7→23.5→35.5→45.1→52.8→58.3→62.5→65.3→65.7
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
05.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1→祝込45.7→46.9
☆08年「相棒」トータル44.4億円(視聴率07年15.9%、08年18.1%)
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7→42.2
☆07年「西遊記」トータル43.7億円(視聴率22.8%)
祝3日7.9→13.1→19.3→25.1→30.0→36.3→39.3→41.8→42.3
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
03.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7→不明→26.3→26.5
☆09年「ごくせん THE MOVIE」
OP4.9→祝込13.1→17.5億円→
「ROOKIES」が異常であり、これと比べるのは可哀相だ。
主要作品との対比で考えると、「ごくせん THE MOVIE」の興行収入は27.5~35.8億円となる。
初動タイプだと30億円以下となるが、夏休み補整を加えると、30億円は突破するだろう。
夏休みシーズンの公開時期、知名度、キャスティング等を踏まえると、順当には伸ばすだろうが、30億円台半ばまでは伸びそうもない。

「ごくせん THE MOVIE」17.5億円と同程度の3週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「L change the WorLd」19.9億円(トータル31.0億円)
☆「ザ・マジックアワー」21.0億円(トータル39.2億円)
<2007>
☆「西遊記」19.3億円(トータル43.7億円)
☆「恋空」19.7億円(トータル39.0億円)
☆「どろろ」祝込20.7億円(トータル34.5億円)
「ザ・マジックアワー」「どろろ」との対比で考えると29.2~32.7億円となる。
夏休みを考えると、この辺りが落ち着きどころではないか。
やはり、「恋空」に負けることになりそうだ。


6位:「ROOKIES-卒業-」(東宝・TBS)(9週目)<予想順位7位>
【公開前個人予想】 45億円  【配給会社期待値】 80億円
【現時点での興行収入予想】 85億円前後
【公開規模】 先週340スクリーン
トータル80.8億円となっている。
1週間の伸びは2.2億円程度だろうか。
祝日も含まれるため、まだ高い伸びを維持している。
週間の伸びはオープニング2日12.3→2週目21.0→3週目15.3→4週目11.6→5週目7.6→6週目5.3→7週目3.4→8週目2.1→9週目2.2億円となっている。
そろそろ息切れしてきたが、ついに80億円突破している。
まだまだ稼げそうだ。
ここから、どこまで上乗せできるかが注目となる。

近年公開されたドラマ映画の興行収入と視聴率は以下のとおり。
☆07年「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8→76.3→78.2
☆08年「花より男子ファイナル」トータル77.5億円(視聴率05年19.7%、07年21.7%)
10.1→26.2→37.9→祝込48.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7
☆06年「LIMIT OF LOVE/海猿」トータル71.0億円(視聴率13.1%)
09.7→23.5→35.5→45.1→52.8→58.3→62.5→65.3→65.7
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
05.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1→祝込45.7→46.9
☆08年「相棒」トータル44.4億円(視聴率07年15.9%、08年18.1%)
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7→42.2
☆07年「西遊記」トータル43.7億円(視聴率22.8%)
祝3日7.9→13.1→19.3→25.1→30.0→36.3→39.3→41.8→42.3
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
03.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7→不明→26.3→26.5
☆09年「ROOKIES-卒業-」(視聴率14.8%)
12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.0→76.5→78.6→80.8
「ROOKIES」の平均視聴率は14.8%となっており、それほど高くはない。
しかし、土曜日20時という枠は裏番組が強く、競争力のある枠なので額面どおりには受け取れなかった。
“前売券”の販売も好調と報じられ、「花より男子F」を上回る24万枚を突破していた(20万枚限定でポスターが付く)。
平均視聴率20%超のドラマにも負けない勢いはあり、大爆発する可能性を秘めてはいるとは思ったが、まさかこれほどとは…。
ドラマ「ROOKIES」の勢いが止まってはおらず、勢いに乗ったまま映画化までこぎ着けたこと、公開前のTBSによる異常なプッシュが勝因だろう。

既に「花より男子ファイナル」トータル77.5億円を超えている。
「HERO」トータル81.5億円を超えるのも時間の問題だろう。
これらとの対比で考えると、「ROOKIES-卒業-」の興行収入は82.9~87.3億円となる。
現時点では80億円台前半が落ち着きどころと思われる。
勢いはなくなりつつあるが、夏休みもあるので、80億円台半ば程度まで伸ばすのではないかと期待したい。
さすがに80億円台後半までは伸びないだろう。

以下のような作品がライバルとなる。
☆03年「踊る大捜査線 THE MOVIE2」トータル173.5億円
☆04年「世界の中心で、愛をさけぶ」トータル85.0億円
☆07年「HERO」トータル81.5億円
☆08年「花より男子ファイナル」トータル77.5億円
☆06年「LIMIT OF LOVE/海猿」トータル71.0億円
☆08年「おくりびと」現時点で62.5億円
☆06年「THE 有頂天ホテル」トータル60.8億円
「HERO」「世界の中心で、愛をさけぶ」超えが当面の目標となるか。

【オープニング10億円を超えた作品の9週目成績】
<2008>
☆「花より男子ファイナル」72.7億円(トータル77.5億円)
☆「崖の上のポニョ」祝込140.5億円(トータル155.0億円)
☆(参考)「インディ・ジョーンズ」55.9億円(トータル57.1億円)※先行あり
<2007>
☆「HERO」78.2億円(トータル81.5億円)
☆「パイレーツ・オブ・カリビアン」102.5億円(トータル109.0億円)
☆(参考)「ハリー・ポッター」祝込91.3億円(トータル94.0億円)※先行あり
☆(参考)「スパイダーマン3」70.7億円(トータル71.2億円)※GW公開
90億円以上を稼いでいる「崖の上のポニョ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ハリー・ポッター」にはさすがに負けている。
主要作品との対比で考えると、「ROOKIES-卒業-」の興行収入は83.2~86.1億円となる。
いつまで公開するかがポイントとなるが、現時点では引き続き80億円台半ばが落ち着きどころか。
とりあえずは「HERO」(トータル81.5億円)を早く超えてもらいたいところだ。


8位:「劔岳 点の記」(東映・フジテレビ)(6週目)<予想順位9位>
【公開前個人予想】 14.0億円
【現時点での興行収入予想】 26~27億円
【公開規模】 先週308スクリーン
6月13日の土曜日より、富山県3館のみで先行公開されたため、世間一般のランキングでは7週目と表記されるが、6週目と考えたい。
トータルでは21.6億円弱となっている。
1週間の伸びは1.8億円程度だろうか。
既に20億円を突破している。

「おくりびと」(トータル62.5億円)、「60歳のラブレター」(200館未満の規模でトータル8億円弱)の大ヒットといい、“渋い”作品が好調だ。
「おくりびと」(当年度分30.5億円)の6週目興行収入は22.6億円となっているので、ほとんど同程度となっている。
30億円突破が目標となるが、さすがにそこまでは届かないだろう。

“渋い”映画の高い興行収入作品は以下の通り。
☆05年「北の零年」トータル27.0億円
OP2.5→7.8→12.0→15.1→18.2→20.3
☆08年「母べえ」トータル21.2億円
OP1.6→6.4→祝込10.9→13.4→15.7→17.3
☆05年「蝉しぐれ」トータル14.0億円
OP1.5→4.9→7.8→9.8→11.3
☆07年「眉山/びざん」トータル12.1億円
OP1.3→4.6→7.1→9.0→10.2→10.9
☆06年「博士の愛した数式」トータル12.0億円
OP1.2→3.7→5.9→7.6→8.7→9.7
☆06年「バルトの楽園(がくえん)」トータル12.0億円
OP1.3→3.7→5.4
☆08年「クライマーズ・ハイ」トータル11.9億円
OP1.7→4.9→7.4→9.3→10.5
☆07年「それでもボクはやってない」トータル11.0億円
OP1.2→3.6→5.8→祝込7.8→8.6→9.4
☆09年「劔岳 点の記」
先2.9→9.0→14.0→17.6→祝込20.3→21.6億円→
「北の零年」以外との対比で考えると、「劔岳 点の記」の興行収入は24.0~26.7億円となる。
夏休みもあり、引き続き動員が期待できるので、25億円は超えてきそうだ。
予想以上のロングヒットになるとすれば、26~27億円まで伸びそうだ。
ただ、「おくりびと」のような桁外れなヒットにはならないだろう。

「劔岳 点の記」21.6億円と同程度の6週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「おくりびと」22.6億円(当年度分30.5億円)
☆「パコと魔法の絵本」20.8億円(トータル23.6億円)
☆「デトロイト・メタル・シティ」21.7億円(トータル23.4億円)
<2007>
☆「クローズZERO」22.7億円(トータル25.0億円)
☆「ゲゲゲの鬼太郎」22.1億円(トータル23.4億円)
「おくりびと」以外との対比で考えると、「劔岳 点の記」の興行収入は22.9~24.5億円となる。
マックス27億円、ミニマム23億円というところか。
25億円程度が当面の落ち着きどころだが、もうちょっと伸びそうだ。
マックスラインに近い26~27億円程度まで伸びると現時点では予想したい。


10位:「アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの」(20世紀フォックス)<予想順位8位>
【公開前個人予想】 7.0億円
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 ?スクリーン
4.0千万円半ばのオープニングを飾った。
先週『オープニングも1億円は超えないだろう。8千万円と予想したい』と書いたが、予想の半分の結果となっている。
ただ、「モンスターVSエイリアン」の2週目分析をしている際に以下のようなことを書いている。
『ハリウッドアニメの興行収入は落ち込んでいる。明日から公開される「アイス・エイジ」を高めに予想してしまったが、こちらも期待できそうもない。ピクサー作品以外は低めに予想してもいいかもしれない』というように、ハリウッドアニメはもはや興行収入を期待できる素材ではない。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「1」トータル19.5億円
☆06年公開「2」トータル9億円見込み
OP1.5→3.3→7.6→8.1→8.9
☆09年公開「3」
OP0.4億円→
「1」から「2」が半分近くまで落ちている。
「3」は、その「2」から3分の1程度まで下がってしまうのだろうか。
「2」との対比で考えると、「3」の興行収入は2.4億円程度となってしまう。
『これだけ稼いでいれば、知名度はそれなりに高いはず、それほど低い興行収入にもならないだろう』と書いたが、ヨミが甘かった。
しかし、CMもそれなりに打っており、評価もそれほど低くないのだが。

最近のハリウッドアニメの興行収入は以下の通り(ピクサー作品、シュレックを除く)。
☆05年公開「マダガスカル」トータル22.5億円
OP3.0→11.2→16.1→19.2(※お盆時の公開)
☆05年公開「シャーク・テイル」トータル18.8億円
OP2.2→5.4→9.0→11.5→15.7→17.7
☆06年公開「森のリトルギャング」トータル11.0億円
OP1.1→4.2→7.6
☆06年公開「ライアンを探せ!」トータル8.5億円
OP1.2→2.4→4.4→7.3
☆07年公開「モンスター・ハウス」トータル5.6億円
OP1.4→3.0→4.1→4.4
☆07年公開「ハッピーフィート」トータル14.5億円
先行込2.4→5.8→9.6→12.7→13.5
☆07年公開「ルイスと未来泥棒」トータル9.4億円
OP1.1→不明→6.9→8.0→8.8
☆08年公開「カンフー・パンダ」トータル20.0億円
OP2.2→6.8→10.2→14.5→16.7→18.2
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10億円見込み
OP1.6→4.1→6.5→9.3→9.9
☆09年公開「アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの」
OP0.4億円→
これらとの対比で考えると、「アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの」の興行収入は2.5~4.0億円となる。
夏休みということを考慮しても、3億円を超えるかどうかが落ち着きどころか。
あまり期待できないので、2億台止まりだろうか。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「カンフー・パンダ」トータル20.0億円(オープニング2.2億円)
<2007>
☆「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円(オープニング5日5.0億円)
☆「シュレック3」トータル13.3億円(オープニング3.6億円)
「カンフー・パンダ」との対比で考えると、「アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの」の興行収入は3.6億円となる。
この辺りがマックスラインだろう。
現時点では「アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの」の興行収入を2億円台と予想したい。

アメリカでは2億ドル近い興行収入をあげるシリーズである。
公開済みの「モンスターVSエイリアン」(トータル198百万ドル)も日本では苦戦している。
まもなく「ボルト」が公開されるが、この中ではアメリカで一番低い興行収入だった「ボルト」(トータル114百万ドル)はどうなってしまうのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1478-ec7781e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。