ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『愛を読むひと』レビュー 【映画】

◆評  価   8.0点
◆おススメ度  A(難易度は高いが、レベルが高い作品)

好き嫌いは分かれるかもしれないが、個人的にはかなり気に入った作品だ。
ほとんど飽きることがなかった。
映像にチカラがあるため、完全にこの世界に引き込まされた。
本作は、このストーリーを映画化した際における最高のデキといえるのではないか。
これ以上のモノを作れる者はほとんどいないだろう。
それだけ、スティーヴン・ダルドリー監督の手腕が光っている。
セリフで何かを説明するのではなくて、様々な“行為”で多くのことを語らせている点が秀逸だ。
脚本に書かれていること以上のことを映像化できる監督は評価されるべきだ。
アカデミー賞監督賞に連続ノミネートされているのも納得といえる。

本作を一言で言えば、“愛”を映像化している作品だ。
“愛”というものは形が定まっていないだけに、上手く映像化することはできない。
しかも、その難しいことに成功しているだけではない。
“愛”の純粋さだけではなくて、“愛”の奥深さや複雑さをも描き切っている。
「人生」や「男と女の関係」は“愛”だけでは簡単には割り切れないことをよく分かっている。
「世の中」というものは、一般的な映画のようにそれほど単純ではない。
単純なハッピーエンドでもバッドエンドでもない、どちらとも解釈が可能となるグレイの部分を描いている。
本作の時代背景はかなり古いが、現実世界における“厳しさ”“深さ”に通じることを描いているようにも感じられた。

本作には色々と説明が足りないところが多く見られる。
「なぜそうなるのか」「どうしてそうしたのか」「どういう想いが込められているのか」といったことが映像を観ただけではよく分からないと思う。
主人公たちに簡単に感情移入できるほど単純な映画ではなく、彼らの行動を全て“理屈”で説明することができない。
しかし、人生や愛とはそういうものではないか。
説明が足りないからこそ、より“深み”が増したようにも感じられる。
本作には余計な「説明」も「答え」も要らない。
観た者が感じたことを色々と想い巡らせればよいだろう。
むしろ、これ以上何かを説明しようとすれば、“蛇足”となるのではないかと思う。

ケイト・ウィンスレットもアカデミー賞主演女優賞獲得が納得できる演技をみせた。
監督や脚本の意図を汲み、“深み”のある演技をみせている。
セリフや説明が少ない分、微妙な“感情”や“表情”で内面を表現して観客に何かを感じてもらおうと努力している点を評価したい。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1484-4cf545a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。