ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月4週目その2)【映画】

2位:「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(ワーナー)(6週目)
【公開前個人予想】 100億円
【現時点での興行収入予想】 80億円台後半
【公開規模】 660スクリーン(先週-3スクリーン)
1.6億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは71.6億円となっている。
1週間の伸びは4.9億円半ば程度だろうか。
週毎の伸びは以下のとおり。
5日17.1→2週目17.9→3週目12.4→4週目8.5→5週目10.8→6週目4.9億円となっている。
お盆では多少盛り返したが、もはや勢いは失われたようだ。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆01年「賢者の石」トータル203.0億円(※年末公開)
☆02年「秘密の部屋」トータル180.0億円(※冬公開)
☆04年「アズカバンの囚人」トータル135.0億円(※夏公開)
先18.7→42.0→58.6→71.1→85.2→94.7→102.4
☆05年「炎のゴブレット」トータル115.0億円(※冬公開)
先16.9→36.2→49.8→59.1→69.5→不明→95.5
☆07年「不死鳥の騎士団」トータル94.0億円(※夏公開)
先22.8→39.1→52.3→63.1→79.2→82.4→87.0
☆09年「謎のプリンス」
6日22.1→35.0→47.5→55.9→66.7→71.6億円→
ストレートに下落しており、「不死鳥の騎士団」は「賢者の石」の半分にまで落ち込んでしまった。
シリーズが進むたびに、ミーハーファンが付いていけなくなっているのだろう。
『シリーズ終盤に差し掛かっているので、ここまで付いてきた人は最後まで付き合うはずだ』と思ったが、まだまだドロップアウト者がいるらしい。
とりあえず、「不死鳥の騎士団」を超えられるかどうかが注目となるが、6週目時点では「不死鳥の騎士団」よりも10億円近い差が生じている。
これらとの対比で考えると、「謎のプリンス」の興行収入は81.7~102.1億円となる。
前作の94億円を超えることもなく、80億円台が落ち着きどころか。
下手をすると、「ROOKIES-卒業-」(現時点では84億円程度)に敗れる可能性も出てきた。

100億円前後の洋画の興行収入は以下のとおり。
☆07年「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」トータル109.0億円
金19.4→44.0→61.4→74.5→83.7→90.9→96.2
☆06年「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」トータル100.2億円
先19.2→37.5→52.2→63.7→78.8→86.5→90.6
☆05年「スター・ウォーズEPⅢ」トータル91.7億円
先21.2→40.7→49.8→58.7→65.8→73.3→80.5
☆06年「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円
OP12.8→36.0→51.8→62.6→70.3→76.1→80.7
☆09年「謎のプリンス」
6日22.1→35.0→47.5→55.9→66.7→71.6億円→
これらとの単純対比で考えると、「謎のプリンス」の興行収入は82.9~89.6億円となる。
地力がある作品なので、多少の伸びがあっても、「謎のプリンス」の興行収入は80億円台後半だろうか。
とりあえずは、「ROOKIES-卒業-」には負けられないところだ。
☆09年「ROOKIES-卒業-」
OP12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.0→76.5→78.6→80.9
☆09年「謎のプリンス」
6日22.1→35.0→47.5→55.9→66.7→71.6億円→
現時点では余裕で勝てるとはいえない状況だ。


4位:「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」(東映・テレビ朝日)(3週目)
【公開前個人予想】 14.0億円
【現時点での興行収入予想】 20.0億円
【公開規模】  345スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.2億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは15.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.2億円程度だろうか。
4.8億円弱という信じられないオープニングを飾り、ついに15億円を突破している。

過去のライダーシリーズは以下の通り。
☆01年「仮面ライダーアギト PROJECT G4」トータル12.5億円
☆02年「仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」トータル14.3億円
☆03年「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」トータル15.0億円
☆04年「仮面ライダー剣 MISSING ACE」トータル9億円程度
☆05年「仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」トータル11.0億円
☆06年「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円
OP1.7→4.1→7.1→8.4
☆07年「仮面ライダー電王 俺、誕生!」トータル13.8億円
OP2.4→5.7→9.6→11.4→12.6
☆08年「仮面ライダーキバ 魔界城の王」トータル9.0億円
OP1.9→5.3→6.9→8.2→8.6
☆09年「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」
OP4.8→11.9→15.2億円→
平成ライダーシリーズはマックス15億円、ミニマム9億円となっている。
平成ライダーシリーズの最高興行収入となりそうだ。
これらとの対比で考えると、「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」の興行収入は19.8~21.9億円となる。
当面の目標は、平成ライダー史上初の20億円突破ということになりそうだ。

なお、春や秋に公開された電王シリーズの興行収入は以下の通り。
☆08年春「電王&キバ クライマックス刑事」トータル7.4億円
OP1.9→3.7→4.7→05.9→06.7
☆08年秋「さらば電王 ファイナル・カウントダウン」トータル7.2億円
OP1.8→3.4→5.0→05.8
☆09年GW「超・電王&ディケイド NEOジェネレーションズ」トータル7億円見込み
水6日4.7(OP1.7)→5.5→6.4→6.8
7億円が水準となっている。
「超・電王&ディケイド」以外との対比で考えると、「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」の興行収入は21.9~23.9億円となる。
やはり、なんとか20億円を突破するのではないか。
現時点では「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」の興行収入を20.0億円と予想したい。
今まで見てこなかった者がそれほど見るとは思えないので、これ以上の大爆発はしないだろう。


9位:「サマーウォーズ」(ワーナー・日本テレビ)(4週目)
【公開前個人予想】 4.5億円
【現時点での興行収入予想】 14億円(先々週8~9億円)
【公開規模】 128スクリーン(先週±0スクリーン)
【参考】 06年「時をかける少女」トータル2.6億円
8.7千万円を週末に稼ぎ、トータルでは9.3億円となっている。
1週間の伸びは2.4億円程度だろうか。
オープニング1.3→2週目2.5→3週目3.2→4週目2.4億円となっている。
夏休みという時期もあるが、ほとんど落ち込みが見られないという珍しい動きになっている。
驚くようなムーブメントは起きなかったが、地味ながらも想像以上にヒットしているといってよい。

ファミリー向けではないが、圧倒的な人気のあるアニメといえば、以下の作品だろうか。
☆07年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」トータル20.0億円(公開時公開規模85館)
OP2.8→07.3→10.4→12.9→14.7→16.1→17.0→17.5
☆09年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(公開時公開規模120館)
OP5.1→13.6→19.8→24.0→27.3→29.8→31.6→33.4→34.6
「序」との対比で考えると、「サマーウォーズ」の興行収入は14.4億円となる。
この辺りがマックスラインだろうか。

「時をかける少女」を見ていないので、「サマーウォーズ」の良さがよく分からないところがある。
参考になりそうな大人向けアニメ作品や10億円前後のアニメ作品は以下のとおり。
☆07年「スカイ・クロラ」トータル7億円見込み
OP1.1→2.9→4.7→5.6→6.2
☆07年「ONE PIECE」トータル9.0億円
OP1.6→3.5→4.7→不明→7.5
☆08年「ONE PIECE」トータル9.2億円
OP1.6→3.4→4.7→6.1→7.5
☆08年「劇場版 MAJOR」トータル10億円見込み
OP1.5→2.6→不明→7.7→祝込9.6→10.0
☆09年「映画クレヨンしんちゃん」トータル10.0億円
OP1.7→3.5→5.9→9.2→9.6
☆08年「映画 Yes!プリキュア5 GoGo!」トータル7.9億円
OP1.6→3.4→4.8→6.2→6.8
☆09年「映画 プリキュアオールスターズDX」トータル10.0億円
祝込3日2.4→5.1→7.6→8.6→9.0
☆09年「サマーウォーズ」
OP1.3→3.7→6.9→9.3億円→
主要作品との対比で考えると、「サマーウォーズ」の興行収入は11.6~14.0億円となる。
マックス14億円、ミニマム12億円となる。
1週間で2億円のペースで今まで稼いでおり、今後は3割減程度で進めば、4~5週間で4~5億円の上乗せは可能といえる。
現時点ではマックスに近い14億円辺りが落ち着きどころか。
当初は10億円に乗らないのではないかと考えたが、話題のアニメ作品はやはり相当に粘り込むようだ。


10位:「ボルト」(ディズニー)(4週目)
【公開前個人予想】 10.0億円
【現時点での興行収入予想】 17~18億円
【公開規模】 469スクリーン(先週比-13スクリーン)
6.7千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは14.2億円となっている。
1週間の伸びは2.5億円程度だろうか。
「ハリポタ」「ナイトミュージアム2」の次ぎに多いスクリーンを確保しており、ディズニーが相当にチカラを入れたのかもしれない。
「モンスターVSエイリアン」「アイス・エイジ3」が大きくコケているので、ハリウッドアニメの評価を下げたが、本作はそういうこともなさそうだ。
ディズニー系であること、“犬”という動物モノ、感動作っぽい素直なストーリーなどが高い興行収入の要因だろうか。
「モンスターVSエイリアン」はやや大人向け、「アイス・エイジ3」はシリーズモノということで敬遠されたのだろう。

最近のハリウッドアニメの興行収入は以下の通り(ピクサー作品、シュレックを除く)。
☆05年公開「マダガスカル」トータル22.5億円
OP3.0→11.2→16.1→19.2(※お盆時の公開)
☆05年公開「シャーク・テイル」トータル18.8億円
OP2.2→5.4→9.0→11.5→15.7→17.7
☆06年公開「森のリトルギャング」トータル11.0億円
OP1.1→4.2→7.6
☆06年公開「アイス・エイジ2」トータル9億円見込み
OP1.5→3.3→7.6→8.1→8.9
☆06年公開「ライアンを探せ!」トータル8.5億円
OP1.2→2.4→4.4→7.3
☆07年公開「モンスター・ハウス」トータル5.6億円
OP1.4→3.0→4.1→4.4
☆07年公開「ハッピーフィート」トータル14.5億円
先行込2.4→5.8→9.6→12.7→13.5
☆07年公開「ルイスと未来泥棒」トータル9.4億円
OP1.1→不明→6.9→8.0→8.8
☆08年公開「カンフー・パンダ」トータル20.0億円
OP2.2→6.8→10.2→14.5→16.7→18.2
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10億円見込み
OP1.6→4.1→6.5→9.3→9.9
☆09年公開「モンスターVSエイリアン」
OP1.2→2.4→4.2
☆09年公開「アイス・エイジ3」
OP0.4→1.2
☆09年公開「ボルト」
OP2.5→7.0→11.7→14.2億円→
「ライアンを探せ!」トータル8.5億円、「ルイスと未来泥棒」トータル9.4億円がディズニーアニメとなっており、これがライバルになるかと思ったが論外だった。
主要作品との対比で考えると、「ボルト」の興行収入は15.3~18.1億円となる。
お盆時期に稼げる作品なので、当初は20億円前後まで伸びるかと思われたが、それほど急激には伸びなかった。
20億円突破は不可能だが、あと3~4億円程度の上乗せが可能と思われるので、17~18億円が落ち着きどころか。
「マダガスカル」トータル22.5億円、「カンフー・パンダ」トータル20.0億円には届かず、「シャーク・テイル」トータル18.8億円との争いとなる。
それほど派手さがある作品ではないので、この程度まで稼げれば十分といえるだろう。
アメリカではそれほどヒットしなかった作品だが、ディズニー系は日本では予想以上に受けるようだ。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1516-a7b711ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。