ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月1週目)【映画】

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

▲:「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」(東宝・日本テレビ)
【監督】 堤幸彦
昔は好きな監督だっただけに、裏切られた感が強い。
知名度はかなり高いが、才に欠ける。
才に欠けるというよりも才能を活かしていないのかもしれない。
10年くらい前は「時代の先をゆく」監督だったが、時代が彼を追い越して取り残された感もある。
ただ、映画化が相当に難しいと思われる作品のようなので、堤幸彦のような、ある意味で適当でいい加減な監督の方が適任ともいえるかもしれない。
原作を読んだことがないのではっきりとは分からないが、マジメな監督には向かない作品ではある。

【キャスティング】 唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、平愛梨
新規キャラクターも多数登場するとは思うが、興行収入的にはそれほど気にする必要はなさそうだ。

【題材】 「シリーズ」「漫画の映画化」
日本テレビ開局55年記念作品。
全3部作で製作費60億円となっている。
3部合計でどんなに悪くても100億円、製作費の倍の120億円が当面の目標ではないかと思ったが、100億円はどうやらクリアできそうだ。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆08年「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」トータル39.5億円
OP6.3→15.6→祝含24.0→28.1→32.5→34.8
☆09年「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円見込み
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
評判が良くないためか、「1」から「2」が23.8%という大幅減少となっている。
ただ、本作が最終章となるため、「2」を上回るのは確実とみられる。
「1」を超えることが当面の目標となりそうだ。
なお、8月21日に放送された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」の視聴率は15.5%となっており、注目度はそれほど高まっていないか。
8月28日の「20世紀少年~もう一つの第2章~」の視聴率が注目にもなる。

日本テレビに関わった人気漫画の映画化といえば、「DEATH NOTE」シリーズも参考になる。
☆06年「DEATH NOTE」前編 トータル28.5億円
☆06年「DEATH NOTE」後編 トータル52.0億円
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円
作品のデキが良ければ、この位のジャンプアップが期待できるが、それほど期待はしにくい。
「DEATH NOTE」後編を超えるのは難しいだろう。

その他の漫画原作シリーズ作品は以下の通り。
☆05年「ALWAYS 三丁目の夕日」トータル33.0億円
☆07年「ALWAYS 続・三丁目の夕日」トータル45.6億円
☆05年「NANA」トータル40.3億円
☆06年「NANA2」トータル12.5億円
☆07年「クローズZERO」トータル25.0億円
☆09年「クローズZEROⅡ」トータル30.2億円見込み
これらのようにジャンプアップもなく、大コケもなさそうだ。
最終作ということを踏まえれば、第一章からの微増というところだろうか。

【予告編・TVCM】 量・超多/デキ・やや良
インパクトは大したことはないが、「ともだちは誰か」をクローズアップしている作り。
「原作とは結末が異なる」といったことが大きく伝えられており、それをアピールするのは良い宣伝方法とは思われる。

【支持基盤・ターゲット】 「シリーズ鑑賞者」「マンガ愛読者」
性別・年齢を問わず、全般の層が観客の中心となりそうだ。
DVDの発売などによって、新規参入者が見込めることも出来るが、いかんせん作品の評価が良くない点が引っ掛かる。
原作を読んでいない者にとっては、“結末”がそれほど気になるものでもなく、多くの新規参入者は見込みにくい。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「20世紀少年」トータル39.5億円(オープニング6.3億円)
☆「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円(オープニング3.5億円)
<2007>
☆「HERO」トータル81.5億円(オープニング10.1億円)
☆「Life/天国で君に逢えたら」トータル17.0億円(オープニング1.9億円)
夏休みは終わったが、9月は連休が多く、稼ぎやすい時期でもある。
やはり、第一章を超えることが目標となりそうだ。

【評価・予想】 40.0億円(オープニング6.8億円)
最終章なので大爆発する可能性もあるが、50億円を超えるほどのムーブメントは起きないと思っている。
第一章の39.5億円がベースとなり、第一章の±20%前後になるのではないかと読んでいる。
マックスが47.4億円、ミニマムが31.6億円というところか。
大きく伸びず、大きく減らないと考えると、40億円前後となるのではないか。

3作で100億円を達成するには、残り30.4億円を稼ぐ必要があるが、クリアできるだろう。
120億円を達成するには50.4億円、110億円を達成するには40.4億円が必要となる。
110億円を達成できるかどうかがになると考えて、「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」の興行収入は40.0億円と予想したい。
結局、第一章から大きく伸びなかった結果になると考えたい。
オープニングはシリーズ最高のものとなるだろう。
第一・二章の6.2~6.3億円を超える6.8億円程度は稼ぐのではないか。
「ROOKIES」のオープニングが12.3億円なので、クリアできない数字ではない。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

20世紀少年最終章はネットでも全体的にかなり評判良いみたいですね☆


僕は観に行きましたが、パート2は正直出来が最悪で、これは終わったなと思いましたが、最終章は標準以上の出来に戻っていて、安心しました。

ラスト10分がほんとうに良くて、結構考えさせられました。

  • 2009/08/30(日) 14:32:48 |
  • URL |
  • タク #-
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
「みんシネ」での評判はそれほど良くなかったので、今度もダメと思っていましたが、賛否両論というところなんでしょうか。
第一章があまりにも悪かったので、第二章を見ておらず、今のところ鑑賞予定には入っていません。
原作は読んでいないので、ストーリーを知るために、いつかは見ようかとは思いますが・・・。

  • 2009/09/01(火) 23:32:41 |
  • URL |
  • ばったもんど #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1517-ef7fe3a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デトロイト・メタル・シティDS

デトロイト・メタル・シティDSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「デトロイト・メタル・シティDS」へ!

  • 2009/08/28(金) 02:58:42 |
  • デトロイト・メタル・シティDS

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。