ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月4週目その3)【映画】

1位:「ナイトミュージアム2」(20世紀フォックス)(2週目)
【公開前個人予想】 20.0億円
【現時点での興行収入予想】 22~23億円
【公開規模】  624スクリーン(先週比-1スクリーン)
1.8億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは13.9億円弱となっている。
1週間の伸びは5.6億円半ば程度だろうか。
2週連続1位を獲得したが、先週のオープニングよりも大きく下げている。
お盆も過ぎたので、かなり初動タイプとなりそうだ。

ベン・スティラー主演作の興行収入は以下のとおり。
☆07年公開「ナイトミュージアム」トータル35.7億円
先6.0(OP4.3)→14.7→23.4→29.6→32.2→33.8
エイミー・アダムス主演作の興行収入は以下のとおり。
☆08年公開「魔法にかけられて」トータル29.1億円
先5.4(OP3.3)→12.2→18.0→23.2→25.6→27.1

☆09年公開「ナイトミュージアム2」
水5日8.2(OP3.6)→13.9億円→
これらとの対比で考えると、「ナイトミュージアム2」の興行収入は33.2~33.8億円となる。
30億円を狙える動きだが、初動の疑いが強く、すぐに息切れしそうだ。

去年のこの時期に公開された以下の作品が参考になりそうだ。
☆08年「ハムナプトラ3」トータル22.0億円
先7.7(OP5.8)→14.2→18.2→20.1→21.1→21.7
これとの対比で考えると、「ナイトミュージアム2」の興行収入は21.5億円となる。
ここまで酷いことにはならないかもしれないが、20億円前半程度ではないか。

「ナイトミュージアム2」13.9億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2008>
☆「ライラの冒険」15.4億円(トータル37.5億円)
☆「ナルニア国物語」15.8億円(トータル30.0億円)
☆「ウォンテッド」15.5億円(トータル25.0億円)
☆「ハムナプトラ3」14.2億円(トータル22.0億円)
<2007>
☆「ナイトミュージアム」14.7億円(トータル35.7億円)
☆「バイオハザードⅢ」17.6億円(トータル28.5億円)
「ライラの冒険」「ナイトミュージアム」以外との対比で考えると、「ナイトミュージアム2」の興行収入は21.5~26.4億円となる。
ファミリー向け作品ということを評価しても、現時点では「ナイトミュージアム2」の興行収入は23~24億円程度というところか。
「ハムナプトラ3」(トータル22.0億円)を超えることが当面の目標となりそうだ。


3位:「HACHI 約束の犬」(松竹・フジ)(3週目)
【公開前個人予想】 27.5億円
【現時点での興行収入予想】 20.0億円
【公開規模】  348スクリーン(先週比-1スクリーン)
1.3億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは13.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.3億円程度だろうか。
10億円を楽に突破した。
“泣ける”映画はどんなにベタな映画でも高い興行収入になるはずだ。
自分もそうだが、若い世代は「ハチ公物語」を見ていないと思われるので、本作を見て知ろうという者もいるだろう。

リチャード・ギアの主演作の興行収入は以下のとおり。
☆05年公開「Shall we Dance?」トータル25.0億円
OP2.0→7.6→13.8→16.9→19.0→20.6
☆08年公開「最後の初恋」トータル4.5億円
OP0.7→2.4→3.4→4.0
☆09年公開「HACHI 約束の犬」
OP2.2→8.8→13.2億円→
「Shall we Dance?」との対比で考えると、「HACHI 約束の犬」の興行収入は23.9億円となる。
この辺りがマックスラインだろうか。

邦画・洋画の「動物モノ」の興行収入は以下の通り。
☆07年「マリと子犬の物語」(東宝)トータル31.8億円
OP2.8→7.4→祝12.0→不明→23.1
☆04年「クイール」(松竹)トータル22.2億円
OP2.4→6.8→10.9→15.6→17.9
☆06年「子ぎづねヘレン」(松竹)トータル17.8億円
OP1.7→5.6→10.5→13.9→15.4
☆08年「犬と私の10の約束」(松竹)トータル15.2億円
OP1.8→5.2→8.5→11.5→12.9
☆09年「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」トータル8億円見込
金3日1.9→5.2→6.7→7.4
☆09年公開「HACHI 約束の犬」
OP2.2→8.8→13.2億円→
「クイール」「子ぎづねヘレン」「犬と私の10の約束」との対比で考えると、「HACHI 約束の犬」の興行収入は22.4~26.9億円となる。
稼ぎ時期も過ぎたので、当面の目標は20億円突破となるか。

「HACHI 約束の犬」13.2億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2008>
☆「スウィーニー・トッド」14.0億円(トータル20.5億円)
☆「ジャンパー」13.3億円(トータル17.4億円)
☆「ダークナイト」12.1億円(トータル16.0億円)
<2007>
☆「マリー・アントワネット」12.6億円(トータル21.0億円)
☆「バベル」13.2億円(トータル20.0億円)
主要作品との対比で考えると、「HACHI 約束の犬」の興行収入は17.3~22.0億円となる。
これらを踏まえると、マックス24億円、ミニマム17億円程度となりそうだ。
大爆発する作品でもなさそうなので、当面は20億円程度が落ち着きどころか。


5位:「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ」(東宝・テレビ東京)(6週目)
【公開前個人予想】 48.5億円
【現時点での興行収入予想】 46~47億円
【公開規模】 366スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.0億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは42.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.3億円半ば程度だろうか。
週毎の動きは以下のとおり。
オープニング2日6.7→2週目11.1→3週目8.5→4週目6.1→5週目6.2→6週目3.4億円となっている。
夏休みの終わりに近づき、勢いは失われつつある。

前売り券には「ピカチュウカラーのピチュー」の引換券、「特製バンダナ」がつく。
劇場で「アルセウス」のデータ配信、ポケモンバトリオゼロ・スペシャルパック「アルセウス」及びポケモンカードゲームDPt「アルセウス」がプレゼントされる。
これが目当てという子どもも多いと思われる。
これほど豪華な特典があれば、当然ヒットする。

「劇場版ポケットモンスター」の過去の興行収入は以下のとおりとなっている。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4
☆09年 「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1億円→
07年から始まる“ダイヤモンド&パール”シリーズ三部作のラストだが、07・08年では最低のオープニングとなっていた。
07・08年との対比で考えると、09年の興行収入は46.7~48.9億円となる。
46億円以上、48億円以下が落ち着きどころか。
「コナン」は大ヒットしたが、「ドラえもん」「クレヨン」といった定番東宝アニメ作品にやや陰りがみえはじめているのは気になるところ。

その他の参考アニメ作品は以下の通り。
☆07年「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」トータル35.4億円
5.6→10.5→17.3→26.1→32.1→33.3→33.8
☆08年「のび太と緑の巨人伝」トータル33.7億円
5.2→09.5→15.3→22.8→30.1→31.7→32.2
☆09年「新・のび太の宇宙開拓史」トータル24.5億円
3.7→07.0→11.1→15.9→21.7→23.0→23.3
☆07年「紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」トータル25.3億円
4.5→09.5→20.2→21.9→23.2→24.0→24.5
☆08年「戦慄の楽譜(フルスコア)」トータル24.2億円
4.2→08.5→祝込19.0→20.6→21.8→22.7→23.3
☆09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル34.9億円
5.9→12.5→20.1→29.5→31.6→32.9→33.8
「ドラえもん」との対比で考えると、「アルセウス 超克の時空へ」の興行収入は44.8億円となる。
伸びを欠くようだと、45億円程度となるが、伸びはすぐには止まらないはずだ。
「アルセウス 超克の時空へ」の興行収入は46~47億円というところではないか。


7位:「アマルフィ 女神の報酬」(東宝・フジテレビ)(6週目)
【公開前個人予想】 35.0億円
【現時点での興行収入予想】 35~36億円
【公開規模】 357スクリーン(先週比±0スクリーン)
9.4千万円を週末に稼ぎ、トータルでは31.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.9億円程度だろうか。
30億円を突破している。

週毎の伸びは以下のとおり。
オープニング2日3.8→2週目8.1→3週目6.6→4週目4.6→5週目5.2→6週目2.9億円となっている。
夏休み中は好調をキープしていたが、そろそろ勢いはなくなりつつある。

今年公開作品の以下のような作品を破っている。
☆「ヤッターマン」トータル31.5億円見込み
OP4.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.5→29.2
☆「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円見込み
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1
☆「クローズZERO」トータル30.2億円見込み
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9→28.8
☆「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円見込み
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆「アマルフィ 女神の報酬」
祝込3日5.7→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1→
これらとの対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は33.7~35.6億円となる。
現時点では35~36億円程度が落ち着きどころか。
今年公開の実写邦画作品としては、「ROOKIES」に次ぐ成績となりそうだ。

織田裕二主演作の興行収入は以下のとおり。
☆00年「ホワイトアウト」トータル42.0億円
☆03年「T.R.Y.」トータル11.5億円
☆03年「踊る大捜査線 THE MOVIE2」トータル173.5億円
☆06年「県庁の星」トータル20.8億円
OP2.9→7.8→11.8→14.4→16.6→18.1→19.3
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7→祝込10.5
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」
祝込3日5.7→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1→
11~21億円程度が水準となるか。
「ホワイトアウト」は本作の原作と同じく、真保裕一によるもの。
「県庁の星」「椿三十郎」との対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は35.7~36.9億円となる。
やはり、30億円台半ばとなりそうだ。
「ホワイトアウト」トータル42.0億円は超えられないが、織田裕二主演作としては、それほど悪い興行収入にはならなかった。

事件モノの興行収入は以下のとおり。
☆07年「HERO」トータル81.5億円
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8→76.3→78.2
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
05.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1→祝込45.7→46.9
☆08年「相棒」トータル44.4億円
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7→42.2
☆05年「交渉人 真下正義」トータル42.0億円
☆05年「容疑者 室井慎次」トータル38.3億円
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円
OP05.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5→29.7
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
03.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7→不明→26.3→26.5
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」
祝込3日5.7→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1→
「アンフェア the movie」「HERO」「容疑者Xの献身」との対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入はそれぞれ34.2・36.0・37.6億円となる。
これらを踏まえると、マックス37億円、ミニマム34億円というところか。
これ以上は大きくは伸びないと思われる。
マックスまで伸びないと考えると、やはり35~36億円程度だろう。
高額といわれている製作費を考えると、ビジネスとしては最適とはいえないが、合格ラインといえるのではないか。

「アマルフィ 女神の報酬」31.1億円と同程度の6週目興行収入作品は以下の通り。
<2008>
☆「20世紀少年」34.8億円(トータル39.5億円)
☆「ザ・マジックアワー」32.9億円(トータル39.2億円)
☆「L change the WorLd」28.5億円(トータル31.0億円)
<2007>
☆「ALWAYS 続・三丁目の夕日」36.3億円(トータル45.6億円)
☆「西遊記」36.3億円(トータル43.7億円)
☆「恋空」32.3億円(トータル39.0億円)
☆「どろろ」30.5億円(トータル34.5億円)
「20世紀少年」「ザ・マジックアワー」「恋空」「どろろ」との対比で考えると、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は35.2~37.6億円となる。
やはり、「アマルフィ 女神の報酬」の興行収入は35~36億円ということになりそうだ。


8位:「トランスポーター3 アンリミテッド」(アスミック)(2週目)
【現時点での興行収入予想】 5億円
【公開規模】  161スクリーン(先週比+24スクリーン)
8.8千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは3.3億円となっている。
1週間の伸びは2.2億円半ば程度だろうか。
公開規模が大きくないが、意外なヒットとなっている。
8月9日に放送された「トランスポーター」の視聴率が14.8%。
8月16日に放送された「トランスポーター2」の視聴率が14.9%。
かなり高い視聴率を獲得していた点も見逃せない。
また、このような手軽に楽しめるアクション作品はこの時期にピッタリだったのかもしれない。

「トランスポーター」シリーズの興行収入ははっきりとは分からない。
☆06年公開「トランスポーター2」トータル3.5億円見込み
OP0.8→2.1
☆09年公開「トランスポーター3」
OP1.1→3.3
公開時期の良さもあるが、大きく伸びている。
「トランスポーター2」との対比で考えると、「トランスポーター3」の興行収入は5.5億円となる。
当面は5億円突破が目標となりそうだ。

「トランスポーター3」3.3億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2008>
☆「ドラゴン・キングダム」3.8億円(トータル7.5億円)
☆「エリザベス:ゴールデン・エイジ」3.4億円(トータル6.5億円)
☆「大いなる陰謀」3.3億円(トータル6.2億円)
<2007>
☆「幸せのレシピ」3.5億円(トータル7.0億円)
☆「パフューム/ある人殺しの物語」3.2億円(トータル6.5億円)
☆「TAXi(4)」3.4億円(トータル5.8億円)
☆「ゴーストライダー」3.5億円(トータル5.0億円)
「ゴーストライダー」以外との対比で考えると、「トランスポーター3」の興行収入は5.6~6.7億円となる。
6億円程度を狙える動きだが、お盆時期の効果が高そうだ。
当面は5億円突破が目標となるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1518-7f362ea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。