ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ココ・アヴァン・シャネル』レビュー

◆評  価   6.0点
◆おススメ度  B-(ラブストーリー面が予想以上に強く、ファッション面が予想以上に弱い)

ガブリエル・シャネルの生き様や彼女のファッションに関しては、ほとんど前知識なし。
フランス語はよく分からないが、“アヴァン”は“前”という意味があるようであり、“シャネルになる前のココ”というタイトルになるようだ。
自分はデザイナーとしてのシャネルに関心があったので、一人の女性としてのココ・シャネルにはそれほど関心がなく、大きな感銘を受けるほどのものはなかった。
自分が男性ということもあり、女性が見れば感想も異なるとは思うが、悪くいえば二人の金持ちの優しい貴族と実業家に助けてもらい、愛する者と結婚できないのでなんとなく帽子屋になったとも思える作品。

あまり面白みはない作品ではあるが、オドレイ・トトゥの表情が非常に印象的に描かれている。
冒頭から憂鬱そうな表情を浮かべている。「退屈だと老けてみえる」というようなセリフがあったと思うが、まさにその通りである。
裕福なバルザンの家に転がり込んでも、浮かない表情はそのままだった。
しかし、“ボーイ”カペルとの2日間の小旅行ではその表情が一変している。
生気のない表情から生き生きした若々しい表情へと変化している。
“ボーイ”カペルの死で再びその表情も曇ってしまうが、最後のコレクション時の表情もまた印象的なものとなっている。
“ボーイ”カペルと過ごした際の幸せそうな表情とは異なるものの、新たな生きがいを見つけたようなこれまで見せたことのない不思議な表情を浮かべている。
オドレイ・トトゥの表情を見ているだけで、色々なことが伝わってくるような気がした。
表情だけで内面を描き出すという演技は評価したいところだ。

本作は「愛している」「愛していない」、「結婚する」「別れる」というような単純な二面で割り切れるようには描かれていないのも特徴。
人間の感情などは複雑極まりないものだ。
映画においてはその複雑性を描くことは本来難しいものだが、本作においてはそれがきちんと描かれているようには感じられた。
女性監督だからか、繊細なあやふやさがいい効果として発揮されている。

また、実際はよく分からないが、本作の中のココ・シャネルは「結婚」や「家庭」について嫌悪するのとともに大きな憧れを抱いていたようにも思われる。
苦しむ母親の姿を見て育ったものの、冒頭の孤児院において父親を待っている姿を振るかえると、いっそうそう感じざるを得ない。
“ボーイ”カペルとの結婚を心から望んでいたと思われるうえに、彼が生きていれば、彼女の人生も大きく変わったかもしれないとも感じられた。
そういう屈折した想いが深く描かれていれば、観客はより感情移入しやすい映画になったのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1534-dcde73ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。