ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「g@me.」DVDレビュー

◆評  価   7.0点
◆おススメ度  A(見る気にはさせないが、見ても損はないサスペンス)

『さまよう刃』鑑賞のために、東野圭吾原作作品を鑑賞することとした。
原作未読。
よくよく考えればおかしなところも出てきそうだが、原作者が優秀なためか、良質なサスペンスに仕上がっている。
裏があるのは誰でも分かることだが、先が読みにくく、基本的には飽きずに楽しめた。
ストーリーの面白さだけではなくて、ほとんど“男の妄想”のような甘さのあるロマンティシズムで満たされているのも好意的に感じられた。
『①金を持ち良い場所に住んでいる②頭が良く、仕事もできるが、仕事でミスをして干される③恋人もおらずどこか孤独④女性には冷たくあたり、壁を作って一線を越えないようにするが、甘いところもある』というようなところが個人的にはツボ。
『女には騙されても、女を騙すことはできない』
『愛を利用されることはあっても、愛を利用することはできない』
というようなこともよく出来ている。
女性が観れば印象を変わるかもしれないが、男性が観れば、少々共感できるところもある作品に仕上がっているのではないか。
お互いの気持ちが通じ合っても、最後にウマくいかないところも悪くはない落としどころだ。

難点をいえば、「誘拐に対する決意」「二人の恋愛関係の発展」の描写が甘いようなところか。
「誘拐に対する決意」に関しては、プロジェクトリーダーから外されたからというような気がしたが、誘拐の決意の前に副社長と直接的なやり取りがあってもよかったと思う。
意味は完全に理解できなかったが、「仮面のやり取り」を誘拐の決意の前に持ってくると、多少は「ゲームをプレイしたくなる動機」のようなものが強化できるような気がする。
ビジネスというゲームにおいては負けたかもしれないが、何らかの方法で副社長を負かしたいという想いをもうちょっと感じさせて欲しいところ。

「二人の恋愛関係の発展」に関しては、崖のようなところで佐久間の家庭状況を聞いて、なんとなく父親に似ている、自分にも似ていると感じたから、動いたように感じられる。
多少の理由が付加されているものの、唐突という印象も否めない。
原作はよく分からないが、“モロ”というよりも発展するのかしないのか“微妙”な感じで進めてもよかったかもしれない。
“モロ”にラブシーンなどを描くと「一緒に逃げない?」「シドニー行きの切符を用意した」といった本音とも嘘とも分からないセリフも深みが増さないところがある。
これらのセリフの受け止め方も、ある意味で男と女のGAMEに発展させるためには“微妙”な演出が求められるところだ。
女の嘘が分からない男、男の本音に気付かない女といったようなところまで描いてもよかったかもしれない。
男を信じられずに、シドニー行きが自分をハメるようなフェイクだと思ったものの、実は本当だったというオチにすると、ラストの別れにも納得できるのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1549-885cfc91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

決意 デスレーベル

決意 デスレーベルの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「決意 デスレーベル」へ!

  • 2009/10/20(火) 02:26:08 |
  • 決意 デスレーベル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。