ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さまよう刃』レビュー

◆評  価   6.5点
◆おススメ度  B+(何かを考える一助にはなるか)

原作未読。
よく出来た映画であり、何かを考えさせられる映画でもある。
ただ、“深い”部分まで描かれているかといえば、そういう作品でもない。
表面的な部分をすくった程度であり、ココロに深く何かを刻まれたという想いはない。
“傑作”というジャッジをするには至らず、“良作”というところではないか。

しかし、寺尾聰さんの演技は評価に値する。
演技の上手さや下手さの判断がそれほどよく分からないが、寺尾聰さんの演技はリアルであり、ナチュラルである。
実際に娘を殺されて、未来を奪われた人間としか映らなかった。
そこには“答え”が分からずに、呆然として、さまようしか術がない男しかいなかった。

“復讐”ということは“答え”ではないかもしれない。
しかし、被害者の遺族の感情とすれば、何らかの“答え”は必要なのだろう。
“復讐”以外に答えを求めるとすれば、「立法」と「矯正行政」の範疇となる。
せっかく裁判員制度も導入されたのであるから、もう少し刑罰の幅を広げてもいいかもしれない。
複数名を殺害しないと死刑にならないというのはおかしな裁判判例であるし、殺害の意思がなければ殺人罪にも問えないこともある。
過去の判例と照らし合わせて判決を下すのではなくて、裁判員制度ではもっと様々な事情を鑑みて判決を下されるべきではないか。
「1人でも殺せば死刑になることがある」という判決を重ねないと、犯罪の抑止力が損なわれる恐れがある。
日本には「死刑」「無期懲役」という刑罰はあるが、「無期懲役」には仮釈放というおなしな制度もある。
この際、「終身刑」という新たな刑罰を創設し、被害者遺族の感情に応える立法も必要な時期に来ているのかもしれない。
また、刑務所にいったん入っても再犯するような事態を極力避けるような矯正行政の在り方や社会の仕組みも問われるべきだろう。
罪を犯した者が刑務所に入ることによって、誰しもが納得できるようなシステムを構築することが、被害者の家族の感情の軽減や犯罪の抑止力といった効果が期待できる。
なかなか簡単には社会は変わらず、変えることもできないが、よりよい方向に変えてくれる政治家や政党を我々は選び、我々自身もそうした社会作りに貢献したいものだ。
現在の動きは、逆に「死刑制度」をなくそうという動きすらある。
誰でも死刑、無実の者にも死刑ということはおかしな話だが、犯した罪に応じて厳罰を処するということはあってしかるべきであろう。
被害者の想い、加害者の事情、人を裁くことはそれほど簡単なことではないだろうが、本作を見ることによって、何かを考えさせられた。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1550-4637dcd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。