ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月4週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

○:「沈まぬ太陽」(東宝・角川映画)
<335館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【監督】 若松節朗
00年公開「ホワイトアウト」(トータル42.0億円)という実績があるものの、映画においてのキャリアが少ない。
テレビのドラマでは多数のキャリアがあるようだが、知名度はそれほど高いとは思えない。

【キャスティング】 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二
渡辺謙が出演した作品の興行収入は以下のとおり。
☆03年「ラストサムライ」トータル137.0億円
☆05年「北の零年」トータル27.0億円
OP2.5→7.8→12.0→15.1→18.2→20.3→22.2
☆05年「バットマン ビギンズ」トータル14.1億円
OP2.9→不明→9.8→11.6→13.0→13.5
☆05年「SAYURI」トータル15.5億円
OP1.9→5.3→08.1
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP2.1→06.9→11.0→14.6→17.3→18.9
☆06年「硫黄島からの手紙」トータル51.0億円
OP5.0→13.9→20.8→26.1→祝込36.7→39.8→43.2
普通の上映時間ならば、「北の零年」トータル27.0億円、「明日の記憶」トータル22.0億円程度は余裕で稼ぐことはできただろう。

【題材】 「小説の映画化」「社会派ドラマ」「航空機事故」
社会派映画はヒットする傾向にあるが、問題は3時間22分という上映時間となる。
途中に休憩が入るとはいえ、これほど長い最近の映画は「タイタニック」「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ程度か。
「サウンド・オブ・ミュージック」「アラビアのロレンス」など、過去には多数の長時間映画があったが、3時間22分は現代に生きる者が耐えられる時間を超えている。

“社会派映画”又は“渋い”映画の高い興行収入作品は以下の通り。
☆09年「劔岳 点の記」トータル24~25億円見込み
先2.9→9.0→14.0→17.6→祝込20.3→21.6→23.1
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円見込み
祝込3日4.1(2日2.6)→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆08年「母べえ」トータル21.2億円
OP1.6→6.4→祝込10.9→13.4→15.7→17.3→18.2
☆07年「眉山/びざん」トータル12.1億円
OP1.3→4.6→7.1→9.0→10.2→10.9→11.3
☆08年「クライマーズ・ハイ」トータル11.9億円
OP1.7→4.9→7.4→9.3→10.5
本作のポテンシャルを考えると、20~25億円程度が落ち着きどころとなりそうだが、上映時間から、そこまでのヒットは望みにくい。

【予告編・TVCM】 量・普/デキ・普
良さそうな映画とは思われるが、良さはあまり伝わってこない。

【支持基盤・ターゲット】 「全般、特に年配層」
いくら休憩が入るとはいえ、子どもや若い層が見ることができる上映時間ではない。
OLが仕事帰りにふらっと見られるものでもない。
デート映画にもならず、苦戦は必至だろう。
年配層や気合の入った者が中心となるが、年配層もこれだけの時間を辛抱することはできるのか。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「イキガミ」トータル8.0億円(オープニング1.3億円)
☆「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(オープニング5.4億円)
☆「ホームレス中学生」トータル7億円見込み(オープニング1.2億円)
☆「ICHI」トータル4.5億円(オープニング1.0億円)
<2007>
☆「クローズド・ノート」トータル9.5億円(オープニング1.7億円)
☆「未来予想図」トータル5.3億円(オープニング祝込3日1.3億円)
☆「クローズZERO」トータル25.0億円(オープニング4.0億円)
☆「象の背中」トータル5.7億円(オープニング0.9億円)
上映時間から、「容疑者Xの献身」級のヒットにはならないだろう。

【評価・予想】 13.0億円(オープニング1.5億円)
通常の2時間程度の映画ならば、大ヒットしただろう。
しかし、3時間22分という拷問レベルの上映時間に二の足を踏む者もいるのではないか。
少なくとも、自分はそれほど簡単には耐えられない。
過去にも3時間超の「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズが大ヒットしているが、ファンタジー作品と社会派作品では、単純に比べることはできない。
様々な事情があるとは思われるが、2部作にすることができれば、興行収入的にはかなりの増加が見込めただろう。
1作だけでも儲けるだけの余裕があるのが、それとも興行収入度外視の勝負か。
個人的には後者のような気がする。
この上映時間ならば、比較的時間に余裕のある年末に公開した方がよかったのではないか。

本作のベースを30億円と考えて、上映時間の長さから3分の1程度が鑑賞を見送ると計算したい。
また、上映時間の長さによる回転率の悪さを考慮して、それから5分の4程度を掛けると16億円程度となる。
この辺りがマックスラインとなるだろうか。
ミニマムラインはベースを20億円にすると、10億円程度になるだろうか。
予想としては、このちょうどあいだの13億円と予想したい。
ドラマ「不毛地帯」の視聴率が悪かったことから、良作といえども、必ずしも好成績を収めるとは限らない。
それにしても、この上映時間・この内容で10億円超のヒットができたら、日本人は本当に辛抱強いといえる。
自分は我慢できる自信はないので、よほど体調が良い日を選ぶつもりだ。
オープニングはそれほど高くはないが、ロングセールス作品になりそうだ。
オープニングは「クライマーズ・ハイ」をやや下回る1.5億円程度だろうか。


×:「僕の初恋をキミに捧ぐ」(東宝・日本テレビ)
<302館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【監督】 新城毅彦
知名度は高くはないが、ヒット作を輩出している。
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆07年「Life 天国で君に逢えたら」トータル17.0億円
OP1.9→06.7→09.9→祝12.8→祝14.7→15.5→祝16.2→16.4
「ただ、君を愛してる」以上のヒットにはなりそうだ。

【キャスティング】 井上真央、岡田将生、杉本哲太、仲村トオル
井上真央が出演した映画の興行収入は以下のとおり。
☆07年「ゲゲゲの鬼太郎」トータル23.4億円
OP03.2→14.4→17.4→19.7→21.1→22.1
☆07年「怪談」トータル4.2億円
OP0.7→2.1→3.0→祝込3.7
☆08年「花より男子ファイナル」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝込48.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7
「花より男子ファイナル」を大ヒットに導いているが、人気があるのか、ないのかよく分からない女優。
極端に高い人気はないと思われる。

岡田将生は期待の若手俳優だが、主演作「ホノカアボーイ」が1億円程度、「重力ピエロ」も期待以上の興行収入をあげられなかった。
ドラマ「オトメン」の視聴率が芳しくないので、それほど人気は高くないと思われる。
大きく足を引っ張ることはないと思われるが、興行収入的に貢献することも考えにくい。
このコンビでは、多少の不安はあるが、テーマや作風を考えるとそれほど不安視することもないだろう。

【題材】 「ラブストーリー」「難病」
04年「世界の中心で、愛を叫ぶ」トータル85.0億円の大ヒットから、何かが変わったような気がする。

ラブストーリー関連作品は以下のとおり。
☆07年「恋空」トータル39.0億円
OP4.8→13.1→19.7→26.0→29.7→32.3→34.1
☆08年「赤い糸」トータル11億円
1.0→不明→06.6→祝込8.8→9.7→10.5→10.7
☆08年「砂時計」トータル10.0億円
OP1.2→祝込6.0→7.2→8.3→9.1
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆07年「シュガー&スパイス/風味絶佳」トータル7.5億円
OP1.0→3.4→4.9→5.8
☆07年「そのときは彼によろしく」トータル4.6億円
OP0.9→2.3→3.3→3.8
「恋空」を超えるのは無理そうだが、「赤い糸」「砂時計」は超えそうだ。

難病系関連作品は以下のとおり。
☆07年「恋空」トータル39.0億円
OP4.8→13.1→19.7→26.0→29.7→32.3→34.1
☆09年「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円見込み
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1→30.0
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP2.1→06.9→11.0→14.6→17.3→18.9
☆07年「Life 天国で君に逢えたら」トータル17.0億円
OP1.9→06.7→09.9→祝12.8→祝14.7→15.5→祝16.2→16.4
☆06年「タイヨウのうた」トータル10.5億円
OP1.3→03.5→05.5→07.2→08.3
☆07年「象の背中」トータル5.7億円
OP0.9→02.9→04.1→04.9→05.4
さすがに、「世界の中心で、愛を叫ぶ」「恋空」「余命1ヶ月の花嫁」ほどのムーブメントは起きないのではないか。
作品のテイストなどから、「赤い糸」、「砂時計」、「タイヨウのうた」、「ただ、君を愛してる」辺りのラインは突破しそうだ。

【予告編・TVCM】 量・多/デキ・良
中学生・高校生辺りが見れば、見ようという気になるCMには仕上がっている。

【支持基盤・ターゲット】 「10~30歳代の女性」「カップル」
デートムービーには向くだろう。
女性の何歳くらいまでが本作の鑑賞に適しているかが、問題となる。
年齢の対象幅がそれほど広くはなさそうな点が不安点。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「イキガミ」トータル8.0億円(オープニング1.3億円)
☆「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(オープニング5.4億円)
☆「ホームレス中学生」トータル7億円見込み(オープニング1.2億円)
☆「ICHI」トータル4.5億円(オープニング1.0億円)
<2007>
☆「クローズド・ノート」トータル9.5億円(オープニング1.7億円)
☆「未来予想図」トータル5.3億円(オープニング祝込3日1.3億円)
☆「クローズZERO」トータル25.0億円(オープニング4.0億円)
☆「象の背中」トータル5.7億円(オープニング0.9億円)
「クローズド・ノート」辺りは超えたいところだ。

【評価・予想】 19.5億円(オープニング2.5億円)
この手の作品をコケ予想にして、痛い目を見てきたので、逆らうのは無駄か。
漫画原作+難病+切ない系ということで、ヒットの公式に合致する。
「タイヨウのうた」「ただ、君を愛してる」辺りの10億円ラインは突破しそうだが、さすがに「恋空」(トータル39.0億円)、「余命1ヶ月の花嫁」(トータル31.5億円)ほどのムーブメントは起きないのではないか。
30億円以下、10億円以上というところか。
この手の作品のヒット率の高さから、「恋空」(トータル39.0億円)の半分程度と予想したい。
オープニングも半分程度の2.5億円と予想したい。
コケるリスクもありそうだが、人気の漫画原作ということもあるので、大丈夫だろう。


△:「きみがぼくを見つけた日」(ワーナー)
<178館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【監督】 ロベルト・シュヴェンケ
ジョディ・フォスター主演の06年公開「フライトプラン」(トータル31.2億円)を監督している。
しかし、ジャンルが異なるため、ほとんど参考になるまい。
監督としての知名度はまだまだ足りない。

【キャスティング】 レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ
レイチェル・マクアダムスが出演した作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「きみに読む物語」トータル15.0億円
OP1.0→3.5→5.6→7.6→9.4
☆08年「消されたヘッドライン」不明(3~4億円程度か)
金0.8→1.9
「きみに読む物語」がサプライズヒットとなったが、まだキャリアが足りない。

エリック・バナは「ハルク」、「トロイ」(トータル42.0億円)、「ミュンヘン」、「ブーリン家の姉妹」、「スター・トレック」といった作品に出演しているが、主演としてはパッとしないところがある。
日本ではどちらの知名度もそれほど高くはないので、このコンビではまだ期待できそうもないといえそうだ。

【題材】 「ラブストーリー」「ファンタジー」
ラブストーリーや女性をターゲットにした作品の興行収入は以下の通り。
☆08年「セックス・アンド・ザ・シティ」18.0億円
先2.9→7.1→10.3→12.5→14.3
☆07年「ホリデイ」トータル13.3億円
OP1.8→5.5→8.2→10.3→11.8
☆08年「P.S.アイラヴユー」トータル11.0億円
OP1.5→4.4→6.7→8.2→9.2
☆06年「イルマーレ」トータル11.0億円
OP1.8→5.3→7.3→9.1→9.9
☆07年「幸せのレシピ」トータル7.0億円
OP1.2→3.5→5.3→6.4
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル6.1億円
先1.8→3.8→5.0→5.6→不明→6.0
☆09年「オーストラリア」トータル6億円見込み
OP1.4→3.4→4.8→5.6
☆08年「マイ・ブルーベリー・ナイツ」トータル5億円見込み
OP0.8→2.5→3.6→4.3
☆07年「ラブソングができるまで」トータル4.9億円
OP0.7→2.1→3.6→4.2→4.6
☆08年「最後の初恋」トータル4.5億円
OP0.7→2.4→3.4→4.0
☆09年「そんな彼なら捨てちゃえば?」トータル3~4億円見込み
OP0.7→2.0→3.0→
☆09年「お買いもの中毒な私!」トータル3億円見込み
OP0.6→1.7→2.4→2.8
☆08年「幸せになるための27のドレス」トータル3.7億円
先0.9→2.0→2.7→3.2
題材的には、「P.S.アイラヴユー」「イルマーレ」と同程度は期待できるところだが、キャスティングやアメリカでの評価、日本でのCMのデキなどを踏まえると、5億円を超えないだろう。
キャスティング・監督を比較すると、「マイ・ブルーベリー・ナイツ」も超えない可能性が高い。
「最後の初恋」程度だろうか。

【予告編・TVCM】 量・少/デキ・悪
タイムトラベラーとの切ない系恋愛作品というユニークな設定の割には、その良さをほとんど伝えていない。
上手く宣伝すれば、それほど悪くはない興行収入になり得たが、あのCMでは無理といえそうだ。

【支持基盤・ターゲット】 「20~40歳代の女性」「カップル」
女性中心となりそうだ。
仕事帰りにふらっと見るには適している映画か。

【同時期に公開された近年の作品】
<2008>
☆「アイアンマン」トータル9.4億円(オープニング2.1億円)
☆「イーグル・アイ」トータル12.2億円(オープニング2.5億円)
☆「P.S.アイラヴユー」トータル11.0億円(オープニング1.5億円)
<2007>
☆「ファンタスティック・フォー/銀河の危機」トータル9.2億円(OP金2.5億円)
☆「パーフェクト・ストレンジャー」トータル7.9億円(オープニング1.7億円)
☆「幸せのレシピ」トータル7.0億円(オープニング1.2億円)
「P.S.アイラヴユー」級のヒットにはならないだろう。

【評価・予想】 4.5億円(オープニング0.7億円)
「ゴースト」と同じ脚本家というのが宣伝文句だが、時代が古すぎて、もはや「ゴースト」では集客効果はそれほど期待できない。
題材的にはヒットできる映画だと思われるが、“タイムトラベラーとの切ない恋愛”という面白い設定を配給サイドが活かしていないので、ヒットしないと考えたい。
上述のラブストーリー系の作品から、トータル4.5億円、オープニングは7千万円程度ではないか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

寂しがり屋さん

友達の前では少し強がって彼氏なんかいらないって言ってしまうけど、やっぱ本音では欲しいです、夜は寒いし寂しいし私の本音に気付いてください。メアド乗せておくので優しい方連絡くださいtoward.the-future@docomo.ne.jp

  • 2009/10/23(金) 21:53:15 |
  • URL |
  • るい #dXGvgaiE
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1553-da5cf359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。