ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月4週目その3)

4位:「なくもんか」(東宝・日本テレビ)<2週目>
【公開前個人予想】 13.0億円
【現時点での興行収入予想】 13~14億円
【公開規模】 303スクリーン
トータルでは祝日を含めて6.6億円(663,349,900円)となっている。
8日間の伸びは4.6億円弱程度だろうか。
祝日が含まれるので微妙なところだが、想定以上の高い伸びはなさそうだ。

水田伸生監督作品の興行収入は以下の通り。
☆06年「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」トータル7億円程度か
☆07年「舞妓Haaaan!!!」トータル20.8億円
OP2.3→7.4→11.5→14.5→祝17.1→18.5→19.3→19.9
☆08年「252 生存者あり」トータル17億円見込み<年末公開>
OP2.0→5.7→8.2→不明→13.2→祝15.2→16.0
☆09年「なくもんか」
OP2.0→祝6.6億円→
ジャンルがバラバラにも関わらず、ある程度の実績を残している。
本作はクドカン・サダヲとの再タッグなので、当然「舞妓Haaaan!!!」トータル20.8億円が参考になりそうだ。
これらとの対比で考えると、「なくもんか」の興行収入は18.6~19.7億円となる。
10億円台後半を期待できるところだが、「舞妓Haaaan!!!」は相当に粘り込み、「252 生存者あり」は年末公開であり、本作がそこまで粘り込むとも思えない。

宮藤官九郎が脚本を努めた作品の興行収入は以下の通り。
☆02年「ピンポン」トータル14.0億円
☆03年「木更津キャッツアイ/日本シリーズ」トータル15.0億円
☆06年「木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ」トータル18.0億円
03.0→08.2→11.0→13.0→15.0→16.1
☆07年「舞妓Haaaan!!!!!」トータル20.8億円
OP2.3→07.4→11.5→14.5→祝含17.1→18.5
☆09年「少年メリケンサック」トータル10億円見込み
OP2.0→05.0→07.3→08.6
☆09年「カムイ外伝」トータル11億円見込み
水4.3(2日1.6)→5.9→8.1→祝込9.6→10.2
☆09年「なくもんか」
OP2.0→祝6.6億円→
「少年メリケンサック」「カムイ外伝」との対比で考えると、「なくもんか」の興行収入は12.3~13.2億円となる。
伸びがなければ、この程度となってしまう。
初動でもなく、粘り込むわけでもなく、本作は「舞妓Haaaan!!!」等との対比とこれらとの対比の中間的なところに落ち着くのではないか。
13億円以上、18億円以下というところか。

「なくもんか」祝込6.6億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「ドロップ」7.0億円(トータル19.2億円)
☆「BALLAD 名もなき恋のうた」6.3億円(トータル18億円見込み)
<2008>
☆「母べえ」6.4億円(トータル21.2億円)
☆「252 生存者あり」5.7億円(トータル17.0億円見込み)※年末公開
☆「ハッピーフライト」祝込6.4億円(トータル13.3億円)
<2007>
☆「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」6.2億円(トータル18.8億円)
☆「Life 天国で君に逢えたら」6.7億円(トータル17.0億円)
☆「蒼き狼 地果て海尽きるまで」5.8億円(トータル13.9億円)
「ハッピーフライト」「Life」「蒼き狼」との対比で考えると、「なくもんか」の興行収入は13.7~16.7億円となる。
初動でも粘り込むタイプでもないと思われるので、先週に引き続き「なくもんか」の興行収入は13~14億円程度と予想したい。
公開前に指名したとおり、「ハッピーフライト」がライバルとなりそうだ。
「舞妓Haaaan!!!!!」トータル20.8億円がデキスギであり、この程度でも本作は合格といえるのではないか。


6位:「ゼロの焦点」(東宝・テレビ朝日)<2週目>
【公開前個人予想】 22.0億円
【現時点での興行収入予想】 12億円(先週11~12億円)
【公開規模】 322スクリーン
トータルでは祝日を含めて5.2億円半ば(526,517,210円)となっている。
8日間の伸びは3.7億円弱程度だろうか。
祝日が含まれるので微妙なところだが、それほど悪くはない伸びのようだ。
オープニングがそれほど高くなかったので不安はあったが、大コケという事態は避けられそうだ。
松本清張好きの年配層や、豪華三女優の共演によるレディースデイなどの動員が期待できるので、想定どおり粘ってくれるものと期待したい。

本作を手掛けた犬童一心監督は05年「タッチ」(トータル12.0億円)、07年「眉山」(トータル12.1億円)といった10億円オーバー作品や、「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「黄色い涙」「グーグーだって猫である」といった個性的な作品を手掛けている。
☆05年「タッチ」トータル12.0億円
不明→4.7→7.9→9.4→10.3
☆07年「眉山」トータル12.1億円
OP1.3→4.6→7.1→9.0→10.2
☆09年「ゼロの焦点」
OP1.6→祝5.3億円→
「眉山」との対比で考えると、「ゼロの焦点」の興行収入は13.9億円となる。
この辺りがマックスラインだろうか。
しかし、頑張っても、これらと同様に12億円程度で終わりそうだ。

広末涼子が出演した作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆07年「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 」トータル9.3億円
祝込3日2.2(2日1.4)→4.3→6.3→7.8
☆08年「おくりびと」トータル62億円半ば見込み
☆09年「GOEMON」トータル14億円見込み(※GW公開)
水曜7.1(2日2.0)→9.0→11.3→12.6億円→
☆09年「ゼロの焦点」
OP1.6→祝5.3億円→
「バブルへGO!!」との対比で考えると、「ゼロの焦点」の興行収入は11.5億円となる。
「バブルへGO!!」以上の伸びが期待できるので、二桁は突破できそうだ。
やはり、12億円程度が落ち着きどころか。

中谷美紀主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「嫌われ松子の一生」トータル13.1億円
OP1.6→5.0→7.4→9.3→10.5
☆09年「ゼロの焦点」
OP1.6→祝5.3億円→
「嫌われ松子の一生」とほぼ同じ動きになっている。
これがライバルになる可能性はあるが、本作の評価が微妙であり、これを少々下回る程度だろうか。

参考になりそうなサスペンス作品は以下のとおり。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
OP5.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」トータル36億円見込み
祝込3日5.7(2日3.8)→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円
OP5.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5→29.7
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
03.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7→不明→26.3→26.5
☆08年「K-20 怪人二十面相・伝」トータル20億円見込み(※年末公開)
OP1.7→不明→11.2→祝込14.9→16.5→17.8
☆08年「クロサギ」トータル17.2億円
OP2.9→07.3→10.7→13.3→15.2→16.0→16.4
☆08年「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円
祝込3.9(2日2.6)→7.5→10.4→12.8→13.9→14.5→14.9
☆06年「犬神家の一族」トータル9.5億円(※年末公開)
OP1.3→3.6→5.1→祝込7.7→8.5
☆09年「ゼロの焦点」
OP1.6→祝5.3億円→
「犬神家の一族」もコケたように名作サスペンスリメイクは当たらないのかもしれない。
「犬神家の一族」はネタが分かっているのに対して、本作はネタが知られていないので大丈夫だと踏んだのだが。
「犬神家の一族」「K-20 怪人二十面相・伝」「アマルフィ 女神の報酬」「容疑者Xの献身」以外との対比で考えると、「ゼロの焦点」の興行収入は11.0~12.9億円となる。
「アマルフィ 女神の報酬」「容疑者Xの献身」の対比で考えると、「ゼロの焦点」の興行収入は14.4~16.0億円となる。
伸びはそれほど高くないと思われるので、やはり12億円程度が落ち着きどころか。

「ゼロの焦点」祝込5.3億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「少年メリケンサック」5.0億円(トータル10億円見込み)
<2008>
☆「252生存者あり」5.7億円(トータル17億円見込み)
☆「犬と私の10の約束」5.2億円(トータル15.2億円)
☆「ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌」祝込5.8億円(トータル14.5億円)
☆「クライマーズ・ハイ」4.9億円(トータル11.9億円)
<2007>
☆「愛の流刑地」5.5億円(トータル13.9億円)
☆「蒼き狼 地果て海尽きるまで」5.8億円(トータル13.9億円)
主要作品との対比で考えると、「ゼロの焦点」の興行収入は12.7~15.8億円となる。
二桁ラインは完全に見えている。
松本清張に対する年配層の人気及びレディースデイのため、平日の動員も期待できるはずだ。
先週『11~12億円程度までは伸ばすのではないかと予想したい』と書いたが、12億円程度が現時点の落ち着きどころだろうか。
期待通りの結果とは言えないが、無難な結果を残しそうだ。
この手の古臭いサスペンスはそれほど高めに予想しなくてよいようだと分かった。


8位:「僕の初恋をキミに捧ぐ」(東宝・日本テレビ)<5週目>
【公開前個人予想】 19.5億円
【配給会社期待値】 30.0億円程度か
【現時点での興行収入予想】 21~22億円(先週20億円台前半)
【公開規模】 302スクリーン
トータルでは祝日を含めて18.5億円弱(1,847,708,100円)となっている。
8日間の伸びは2.4億円半ば程度だろうか。
ただの恋愛系作品とは異なり、難病系や切ない系が入っているので、予想以上に伸びている。やはり、この手の作品は手堅く稼ぐことはできる。

本作の新城毅彦監督は、知名度は高くはないが、ヒット作を輩出している。
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆07年「Life 天国で君に逢えたら」トータル17.0億円
OP1.9→6.7→9.9→祝12.8→祝14.7→15.5→祝16.2→16.4
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」
OP2.8→7.8→13.0→16.0→祝18.5億円→
「Life」との対比で考えると、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の興行収入は21.4億円となる。
当面は20億円突破が目標となりそうだ。

ラブストーリー関連作品は以下のとおり。
☆07年「恋空」トータル39.0億円
OP4.8→13.1→19.7→26.0→29.7→32.3→34.1
☆08年「赤い糸」トータル11億円
OP1.0→不明→6.6→祝込8.8→9.7→10.5→10.7
☆08年「砂時計」トータル10.0億円
OP1.2→祝込6.0→7.2→8.3→9.1
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆07年「シュガー&スパイス/風味絶佳」トータル7.5億円
OP1.0→3.4→4.9→5.8
☆07年「そのときは彼によろしく」トータル4.6億円
OP0.9→2.3→3.3→3.8
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」
OP2.8→7.8→13.0→16.0→祝18.5億円→
「恋空」以外の主要作品との対比で考えると、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の興行収入は20.3~21.0億円となる。
「恋空」との対比で考えると、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の興行収入は24.3億円となる。
「恋空」ほどのロングセールスにはならないとは思うが、それほど極端な初動タイプとも思えないので、当面は20億円突破が目標となりそうだ。

難病系関連作品は以下のとおり。
☆07年「恋空」トータル39.0億円
OP4.8→13.1→19.7→26.0→29.7→32.3→34.1
☆09年「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円見込み
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1→30.0
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP2.1→06.9→11.0→14.6→17.3→18.9
☆07年「Life 天国で君に逢えたら」トータル17.0億円
OP1.9→06.7→09.9→祝12.8→祝14.7→15.5→祝16.2→16.4
☆06年「タイヨウのうた」トータル10.5億円
OP1.3→03.5→05.5→07.2→08.3
☆07年「象の背中」トータル5.7億円
OP0.9→02.9→04.1→04.9→05.4
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」
OP2.8→7.8→13.0→16.0→祝18.5億円→
「象の背中」以外との対比で考えると、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の興行収入は21.4~24.3億円となる。
やはり、20億円突破が目標となるか。

「僕の初恋をキミに捧ぐ」祝18.5億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「カイジ人生逆転ゲーム」19.7億円
☆「感染列島」16.5億円(トータル19億円見込み)
<2008>
☆「私は貝になりたい」17.8億円(トータル24.5億円)
☆「パコと魔法の絵本」祝19.5億円(トータル23.6億円)
<2007>
☆「舞妓Haaaan!!!!!」祝17.1億円(トータル20.8億円)
主要作品との対比で考えると、「僕の初恋をキミに捧ぐ」の興行収入は21.3~22.5億円となる。
これらを踏まえると、とりあえず20億円突破が目標となりそうだ。
先週『20億円台前半辺りまでは伸びそうだ』と書いたが、21~22億円程度が落ち着きどころとなりそうだ。
「世界の中心で」「恋空」のような爆発的なヒットにはならなかったが、観客層が限られていそうな作品で20億円を突破できそうなことは立派。
この手の作品の強みを再認識できる結果となった。
こういった作品に逆らって、コケ予想にすることは無駄ということだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1585-fdad9173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。