ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フェイク」DVDレビュー

◆評  価   7.5点
◆おススメ度  B+(一風変わったマフィア映画)

ジョニー・デップがマフィア(に潜入した捜査官)を演じた作品。

実話をベースにしているということもあり、非常に生々しく描かれているのが特徴となっている。
ブルーレイの特典をみると、監督はこの映画のためにマフィアと直接交流したと語っており、そういう努力の効果がみられる。
通常のマフィア映画には、どことなく華やかで金回りがよく、ドンパチをすき好んでいるというイメージがあったが、本作のマフィアはせこくてしょぼい。
決して、華やかな世界というわけではないということがとても面白い。
作り物のフィクションとは異なり、苦労や人間味を感じられるため非常にリアルだ。
ドンパチの当然の帰結として死体処理を当人たちがせざるを得ないというのも、意外と新鮮ではないだろうか。

マフィアの実態だけではなくて、潜入捜査の実態もリアルに描かれている。
常に限界ギリギリの精神状態にある様をジョニー・デップが非常に上手く演じている。
夜間に自分の部屋のモノを突然ぶち壊していたが、そうしたくなる衝動が伝わってくる。
いつバレるかと不安な日々を過ごし、いつ殺されてもおかしくない追い込まれた状況に陥る。
逃げたくてももはや逃げることすらできず、本物のマフィアのメンバーになり切るために自分自身を殺して、自分の精神までも汚していかざるを得ない。
「靴を脱ぐ脱がないという日本料亭でのいざこざ」「船の記事」「自分の知り合いとの突然の出会い」といった断片的ではあるが、そういったエピソードが彼を追い詰めていることもよく分かる。
彼も追い詰められているが、もちろん彼を支える妻もまた追い詰められているのがよく分かる仕組みにもなっている。
いつ連絡がくるのかも分からない、イベントがあっても家に戻ってくるのかも分からない、いつ殺されるのかも分からない、いつ捜査が終わるのかも分からない、そういう不安定な精神状態が続いている様をアン・ヘッシュもまた上手く演じている。
家族の存在が、ジョー(ドニー)の支えかもしれないが、それほど簡単には支えられるものではないという家族の苦悩も垣間見られる。

また、ドニーとレフティの関係も一つの見所となっている。
ヘタレのレフティをアル・パチーノが上手く演じており、マイケル・マドセンなども含めて、本作の演者は本当に上手い。
お互いを信じられないマフィアという世界において強固な絆・信頼性を築くというのは本当に難しいことだろう。
純粋なマフィアではなくて、潜入捜査官だからこそ出来たのかもしれないが、こういった矛盾がまた面白い。
「お前だから許せる」というレフティの言葉がとてつもなく重く感じられる。
本来ならば、マフィアの中では“駒”として生きなくてはいけないが、逆にFBIの中で“駒”として生きており、マフィアの中では“仲間”として生きている。
FBIとマフィアというどちらの組織でも生きている者の役割もまたユニークに感じられる。
レフティとは親友や親子のような絆を築けたが、FBIではメダルと現金のみという締め括りも皮肉めいている。
成果をあげた捜査ではあったが、何かがおかしいと投げ掛けているようだ。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1597-f3f8cb99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。