ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Disney'sクリスマス・キャロル』レビュー

◆評  価   7.0点
◆おススメ度  A(物足りなさもあるが、万人にススめられる作品)

3D吹替え版を鑑賞。
プロの声優が担当しているので、吹替えにも全く違和感はないばかりか、逆に意外と満足できる仕上りとなっている。

今ままではクリスマスを何か特別なこととはそれほど深く考えていなかったが、本作を見るとちょっとだけ考え方が変わるような映画になっている。
誰しもが幸せな気分になれるクリスマス、誰かのために何かをしてあげたいという気持ちにもなれる。

映像的なレベルにも大満足できる仕上りとなっている。
現時点での最高峰まで到達したといっても過言ではないだろう。
「ポーラー・エクスプレス」からのたゆまぬ努力が結実している。
イマジネーションを相当に駆使されており、物凄く丁寧に仕上げられているため、実写や2Dアニメでは味わえない臨場感を堪能できる。
それだけではなくて、リアルでも味わえないような美しさも感じられる。

ただ、素晴らしい作品だが、何か物足りなさも覚えるところもある。
過去・現在・未来のクリスマスという描き方は効果的に機能しているが何かが足りない。
ストーリーは道徳的なものに終始している。子ども向け(大人にこそ痛みが分かる作品だが)にそういう映画を作りたいという製作趣旨は理解できるが、人間というのはアタマで分かっていても、それほど簡単に変われるものではなく、人を見る目もそれほど簡単には変わらない。
今まで嫌な奴が突然善人に変わっても、周囲の者はすぐに好きになれるというわけではない。
クリスマス向けのハッピーなおとぎ話に対して、楽観的すぎると文句を付けるのは見当違いもはなはだしいが、それにしてもやや甘すぎる。
子ども向きということもあって甘いケーキのような作品であり、大人としてはもう少しビターな味付けの方が好みだったかもしれない。
例えば、改心して善行を行っても一向に誰も自分のことなど気に掛けてもらえないが、何かの機会をきっかけにして彼の善行が明らかになり、周囲の者が彼を評価していくというようなワンクッションを挟むと少々印象も変わったかもしれない。
いったん絶望なほどの孤独を味わせてから、最終的に皆と分かり合えると感動もより深まるだろう。
製作サイドとしても何か物足りなさを覚えたのか、ロケットのようなもの(過去の精霊)が爆発して吹き飛んだり、小人化してプチアドベンチャーさせたり、という手法を取っているが、これも悪くいえば子どもだまし的なところがある。
こういった手法だけではなくて、何か別のアプローチで観客を楽しめるもう一工夫をすれば、完璧な作品に仕上がったことだろう。

しかし、3D映画は何本も見ているが、これほど目が疲れたことはないというほどキツかった。
この辺りにはまだまだ改善の余地があるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

こんにちは
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。






  • 2009/12/23(水) 11:28:09 |
  • URL |
  • ただ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1604-01221b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。