ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデングローブ賞結果発表

忙しくて今日が発表日ということさえ、知らなかった。
賞レースにそれほど関心を寄せておらず、浅い知識しかないが、一応コメント付きで紹介。
順当といえば順当だが、意外な結果も多いという印象。

【作品賞(ドラマ)】
◎「アバター」
※「ハート・ロッカー」「マイレージ、マイライフ」などを破り、「アバター」が獲得。
順当といえば順当だが、本作のようなSFエンターテイメント作品が受賞したのはやや意外なところもある。
過去に「グラディエーター」「ロード・オブ・ザ・リング」などがアカデミー賞とゴールデングローブ賞を獲得しており、本作もそれだけ評価の高く衝撃度の高い作品ということだろう。
この分だとアカデミー賞でも本命となりそうだ。
アカデミー賞では安泰というわけでもないが、「タイタニック」も受賞しているので、恐らく大丈夫だろう。

【監督賞】
◎ジェームズ・キャメロン「アバター」
※「タイタニック」に引き続き受賞。
こちらはアカデミー賞でも堅そうだ。

【主演男優賞(ドラマ)】
◎ジェフ・ブリッジス「クレイジー・ハート(原題)」
※賞には馴染みのない俳優だが、ついに受賞した。
去年は「レスラー」のミッキー・ロークなので、そういう流れが続いているのか。

【主演女優賞(ドラマ)】
◎サンドラ・ブロック「しあわせの隠れ場所」
※こちらも賞にはそれほど馴染みのない女優だったが、ついに受賞。
「あなたは私の婿になる」も大ヒットしており、去年はサンドラ・ブロックの当たり年となった。

【作品賞(コメディ/ミュージカル)】
◎「ハングオーバー」
※「NINE」といった高尚な作品を破り、受賞。
日本ではDVDスルーの作品。
ゴールデングローブ賞受賞した作品でスルーされたことは過去にあっただろうか。
去年の受賞作品が「それでも恋するバルセロナ」なので不思議ではないが、本作のような100%のコメディ作品が受賞するのは意外といえる。
それだけ優秀な作品なのだろう。

【主演男優賞(コメディ/ミュージカル)】
◎ロバート・ダウニー・Jr.「シャーロック・ホームズ」
※「トロピック・サンダー」でのアカデミー賞ノミネート、「アイアンマン」での大ヒットなどがあり、完全に復活した。
「NINE」のダニエル・デイ=ルイスを破っているので評価が高い。

【主演女優賞(コメディ/ミュージカル)】
◎メリル・ストリープ「ジュリー&ジュリア」
※ゴールデングローブ賞では助演女優賞などを含めて25回もノミネートされており、7回目の受賞となる(らしい)。
ただ知名度が高いだけではなくて、本当に演技が上手いと感じさせる大女優。
彼女を超えるような女優の登場を待ちたいところ。

【アニメーション映画賞】
◎「カールじいさんの空飛ぶ家」
※順当といえば順当だが、そろそろピクサー作品の勢いを止めるスタジオが出てきて欲しい。

【外国語映画賞】
◎「ホワイト・リボン」(ドイツ等/ミヒャエル・ハネケ監督)
※カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した作品。
あまり好きな監督でもないが、評価は著しく高い監督。

【助演男優賞】
◎クリストフ・ワルツ「イングロリアス・バスターズ」
※「イングロリアス・バスターズ」での怪演は光った。
アカデミー賞でも本命となりそうだ。

【助演女優賞】
◎モニーク「プレシャス」
※詳しくは知らない女優。主役の女の子かと思ったが、違うようだ。

【脚本賞】
◎ジェイソン・ライトマン&シェルドン・ターナー「マイレージ、マイライフ」
※「JUNO」でも評価を受けたライトマン。彼の勢いは止まらない。
近いうちに大きな賞を受賞できるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1613-965c0fd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。