ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「陽気なギャングが地球を回す」DVDレビュー

◆評  価   1.0点
◆おススメ度  ×(原作者の感想を聞きたい)

伊坂幸太郎原作作品。
原作は未読。伊坂作品のいかなる作品の1ページも読んだことはない。
原作は読んだことがないが、原作者が本作を見たら何と言うのだろう。
設備が整った厨房で最高の食材を“素人”が調理したら・・・こうなるのかなという作品。
おでんの中からステーキが出てきたというようなぶち壊し感で溢れている。
おふざけが酷すぎるだけではなくて、ストーリーの繋がりも悪く、個人的には全く合わなかった。
苛立ちしか覚えなかったのでこのような評価となった。
「そろそろ勘弁してくれ、さすがにもうすぐ終わるだろう」とDVDプレイヤーの表示をみたら、たった60分しか過ぎていなかったときには絶望を味わった。

監督の努力は認めたいが、努力だけでは評価に繋がらない。
『俺ってセンスいいだろう』と声を大に自慢げに言われると、うっとうしく感じるのは仕方がないのではないか。
本当にセンスが良ければ賞賛を与えたいが、センスがなければ痛々しさが加重的に増加していく。
本当にセンスが良い者は『俺ってセンスいいだろう』というようなことを言わないようなセンスを持ち合わせている。
また、本作のセンスは監督のオリジナルのセンスではなくて、他の映画やドラマからの引用やマネのような気がする。
自分が本当に身に付けたセンスではないので、しっくりとこないのではないか。

「ラストはラブストーリーあり、裏切りあり、大どんでん返しありの誰も見たことのない凄いものにするぜ」という声が聞こえてくるが、バランスが悪く、美しさもロマンも何もないただのごった煮という仕上り。

本作にこれほどの俳優が揃ったことが不思議だ。
“伊坂原作”という点に惹かれたのだろうか。
それとも脚本は読まずに原作を読んだのか。
ただ、出演者たちが楽しそうに、きちんと演技をしていただけが救いだった。
薄っぺらなキャラクターになんとか深みを出そうと懸命に努力をしているだけに監督の罪は重いかもしれない。
ファッションについてはそれなりに楽しめるので、この点だけは評価したい。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1632-9027ab54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。