ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シャネル&ストラヴィンスキー』レビュー

◆評  価   8.0点
◆おススメ度  B+(個人的には惹かれた作品だが)

「ココ・シャネル」「ココ・アヴァン・シャネル」が微妙なデキだったので、全く期待していなかったが、いい意味での裏切りを味わうことができる。
この3本の中では文句なしに自分の好みであり、かなり気に入った。
シャネル及びストラヴィンスキーを描くのにふさわしいセンスの良い作品に仕上がっている。
ファッションセンスは抜群であり、構図はまるで絵画を切り取ったようだ。
カメラワークもかなり凝っており、その動きを追って、撮影方法を想像するだけでも満足できる。

「ココ・シャネル」「ココ・アヴァン・シャネル」とは異なり、伝記的な要素はかなり省かれている。
伝記的なものを期待していると肩透かしを食らうが、そういった視点から描かないことで、シャネル及びストラヴィンスキーという存在をほとんど知らなくても楽しめる作品となっている(自分はストラヴィンスキーについては彼の名前と代表作の名前しか知らなかった)。
シャネル及びストラヴィンスキーという過去の偉人というよりも、一組の男女という捉え方を外していない。
彼らは紛れもない芸術家であるが、そういった捉え方をすることで、現代に生きる我々も近くに感じやすく、共感しやすくなっている。
自分の気持ちに真っ直ぐで正直でありながら、正直にもなれないところもあるシャネル、人間としての弱さもあり、強さもあるシャネルをより身近に感じられるのではないか。
「ココ・シャネル」「ココ・アヴァン・シャネル」を見ていると、ボーイ・カペルに対するシャネルの喪失感を感じ取れるので、彼女の内面も理解しやすかった。
伝記的な要素は少ないながらも、エルネスト・ボーによる「CHANEL N°5」の完成、「春の祭典」の初演時の喧騒など要所はきちんと押さえられているところも好印象。

シャネル及びストラヴィンスキーの罵り合い一つとってもセンスが良い。
映画らしく激しく罵り合うのではなくて、分別のある大人の男女らしく静かにかつ心にグサリと刺さるように罵り合っているところをとっても、この作品の素晴らしさを感じることができる。
芸術家としてダメになりそうなストラヴィンスキーをあえて突き放すことで創作意欲に向かわせるというシャネルならではのやり取りも彼女らしく面白いところだ。

ストーリーらしいストーリーがなく、説明もカットされており、ハリウッド映画のように人物の内面には単純には切り込めないので、鑑賞するには難しいところもあるが、見る人によってはかなり評価を高くできる作品に仕上がっていると思う。
“黒い服から白い服を着る”“音楽が情熱的なものへと変わる”それだけでも彼らの心情が雄弁に説明されている。
終盤間際に一瞬方向性を失ったかのようなところもあるが、その辺りには触れないでおこう。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1644-adb9b666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。