ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(2月3週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

○:「恋するベーカリー」(東宝東和)
<283館程度にて順次公開予定(もっと多いはず)>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【監督】 ナンシー・マイヤーズ
ヒット作を量産している女性監督。
アメリカだけではなくて、以下のように日本でもヒットさせているのは評価できる。
☆04年公開「恋愛適齢期」トータル10.0億円
OP1.2→4.3→6.4→08.3
☆07年公開「ホリデイ」トータル13.3億円
OP1.8→5.5→8.2→10.3→11.8
その他にもメル・ギブソン主演の「ハート・オブ・ウーマン」を監督している。
なかなかユニークな作品を作ることで個人的にも評価している。
ただ、「恋愛適齢期」も本作同様に大人向けラブストーリーであったが、ジャック・ニコルソンやキアヌ・リーヴスが出演していたのでヒットしたと思われる。
本作はキャストがあまりにも大人向けすぎるので、「恋愛適齢期」のようなヒットにはならないのではないか。
アメリカではヒットしたが、さすがに日本でヒットするキャスティングではない。

【キャスティング】 メリル・ストリープ、アレック・ボールドウィン、スティーヴ・マーティン
メリル・ストリープ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年公開「プラダを着た悪魔」トータル17.0億円
OP1.9→6.5→9.6→12.8
☆09年公開「マンマ・ミーア!」トータル26.0億円
金4.4→10.1→15.3→19.1→22.0
その他に、03年「めぐりあう時間たち」トータル10.0億円、「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」トータル9億円程度といった実績がある。
これらのようなヒットにはならないと思うが、彼女の実績は評価しなければならない。
題材的にはかなり微妙だが、大コケということはないのではないか。
ラブコメの標準程度には稼ぎそうだ。

スティーヴ・マーティンは「ピンクパンサー」シリーズ、「12人のパパ」シリーズに出演しているが、興行収入的には期待しにくい。
アレック・ボールドウィンは古くは「レッド・オクトーバーを追え!」、最近では「ディパーテッド」に出演しているが、こちらも興行収入的には期待しにくい。
アメリカではもちろん大スターだが、両助演男優が日本ではちょっと弱いところが気になる。

【題材】 「ラブコメ」「大人向け」
ラブストーリーや女性をターゲットにした作品の興行収入は以下の通り。
☆08年「セックス・アンド・ザ・シティ」18.0億円
先2.9→7.1→10.3→12.5→14.3
☆07年「ホリデイ」トータル13.3億円
OP1.8→5.5→8.2→10.3→11.8
☆08年「P.S.アイラヴユー」トータル11.0億円
OP1.5→4.4→6.7→8.2→9.2
☆06年「イルマーレ」トータル11.0億円
OP1.8→5.3→7.3→9.1→9.9
☆07年「幸せのレシピ」トータル7.0億円
OP1.2→3.5→5.3→6.4
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル6.1億円
先1.8→3.8→5.0→5.6→不明→6.0
☆09年「オーストラリア」トータル5.8億円
OP1.4→3.4→4.8→5.6
☆08年「マイ・ブルーベリー・ナイツ」トータル5億円見込み
OP0.8→2.5→3.6→4.3
☆07年「ラブソングができるまで」トータル4.9億円
OP0.7→2.1→3.6→4.2→4.6
☆09年「そんな彼なら捨てちゃえば?」トータル4.6億円
OP0.7→2.0→3.0→
☆08年「最後の初恋」トータル4.5億円
OP0.7→2.4→3.4→4.0
☆09年「あなたは私の婿になる」トータル3~4億円見込み
金0.8→1.9→2.6
☆09年「お買いもの中毒な私!」トータル3億円見込み
OP0.6→1.7→2.4→2.8
☆08年「幸せになるための27のドレス」トータル3.7億円
先0.9→2.0→2.7→3.2
これらを見ると3~4億円程度で終わる可能性もありそうだ。
しかし、監督及びメリルの実績を評価すれば、「ベガスの恋に勝つルール」(トータル6.1億円)、「幸せのレシピ」(トータル7.0億円)程度となるだろうか。
評価が良ければ、口コミで伸びる可能性もあるが、さすがに二桁には乗らないと思われる。

【予告編・TVCM】 量・普/デキ・悪
短いヴァージョンだったためか、内容が全く分からないCMだった。
メリルがたそがれるだけで、観客が足を運ぶと思っているのだろうか。
ただ、R15指定なので、中身には触れて引かれることを避けたかもしれない。

【支持基盤・ターゲット】 「女性全般」
年配層がメリル・ストリープ主演ということで足を運んでくれればよいが。
若年層がキャストで足を運ばず、年配層もコメディを嫌って足を運ばないとコケることとなる。

【同時期に公開された近年の作品】
<2009>
☆「マンマ・ミーア!」トータル26.0億円(オープニング3日4.4億円)
☆「ベンジャミン・バトン」トータル24.0億円(オープニング3.2億円)
☆「チェンジリング」トータル12.8億円(オープニング3日2.3億円)
<2008>
☆「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円(オープニング4.0億円)
☆「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円(オープニング3日2.4億円)
☆「エリザベス/ゴールデン・エイジ」トータル6.5億円(オープニング1.2億円)
「マンマ・ミーア!」と時期的には同じだが、このようなヒットにはならないだろう。

【評価・予想】 6.0億円(オープニング3日1.2億円)
製作費は8千5百万ドルという大作映画。
アメリカでは現時点で1億1千万ドル程度を稼いでいる。
アメリカ受けするラブコメ作品とはいえ、去年の映画では「ノウイング」(トータル80百万ドル)、「Michael Jackson's This Is It」(トータル72百万ドル)といった日本でヒットした作品の興行収入を優に超えている。

しかし、アメリカの成功は、日本ではそのまま通用しないものだ。
以下のような作品がライバルになるのではないか。
☆07年「幸せのレシピ」トータル7.0億円
OP1.2→3.5→5.3→6.4
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル6.1億円
先1.8→3.8→5.0→5.6→不明→6.0
コケそうな雰囲気もあるが、「恋するベーカリー」の興行収入は「ベガスの恋に勝つルール」と同程度の6.0億円と予想したい。
金曜日からのオープニングは1.2億円程度だろうか。


「人間失格」もランクインしそうだ。
ただ、「人間失格」は生田斗真主演ということで年配層は敬遠しそうであり、若年層は太宰治原作ということで敬遠しそうだ。
作品の良し悪しとは別として、この手の作品はヒットしにくいはずだ。
詳しい分析はしないが、ファーストインプレッションでは「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」(トータル4億円程度か)と同程度、「BANDAGE」(トータル5億円程度か)を下回るだろうか。
オープニングは6~7千万円程度か。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

冷やかしなしでお願いします!

初めましていずみって言います☆1年半以上恋してません…(/∇≦\)元彼と付き合ってた時にあんまり会えなくて恋愛してた感じがなかった(; ̄  ̄)それから臆病になってたけど長いこと彼がいないからそろそろホンキで恋したいなーなんて思ってますo(^-^o)けっこう天然入ってるから大人で引っ張ってくれる人で年上の人と仲良くしたいです☆気になった人はメールしてね fly.me.so.high-@docomo.ne.jp

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1650-f814063d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。