ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(2月4週目その1)

1位:「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(20世紀フォックス)<1週目>
【公開前個人予想】 9.5億円
【現時点での興行収入予想】 15~16億円
金曜日からの3日間で3.7億円(370,024,100円)のオープニングを飾った。
先週『金曜日からの3日間で2.5億円と予想したい』と書いたので、大きく予想とズレた。
日本人好みではないファンタジーと思ったが、ファミリー向けの洋画大作映画が欠乏しているという状態だったためだろうか、高いオープニングとなっている。
ずっしりと重い作品である「アバター」以降、「サロゲート」「かいじゅうたちのいるところ」「ラブリーボーン」「インビクタス」「オーシャンズ」というようにやや軽めの作品がなかった。
「ハリー・ポッター」シリーズを超えたといわれる原作、クリス・コロンバス監督という知名度なども後押ししているのだろうか。

参考になりそうなファンタジー作品は以下のとおり。
☆08年公開「ライラの冒険 黄金の羅針盤」トータル37.5億円
先8.2(OP5.5)→15.4→20.2→24.7→28.2→31.1→32.5
☆08年公開「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」トータル30.0億円
水8.1(OP5.5)→15.8→20.6→23.8→26.1→27.6→28.5
☆08年公開「ハムナプトラ3」トータル22.0億円
先7.7(OP5.8)→14.2→18.2→20.1→21.1→21.7
☆05年公開「エラゴン/遺志を継ぐ者」トータル18.7億円
OP2.5→6.4→9.7→15.1→17.0→17.9
☆08年公開「スパイダーウィックの謎」トータル6.5億円
OP1.0→2.6→5.7→6.2→6.4
☆10年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
金3日3.7億円→
土日の興行収入は不明だが、3.0億円程度と考えたい。
「ハムナプトラ3」以外との対比で考えると、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の興行収入は16.4~22.4億円となる。
春休みの動き次第では20億円突破も夢ではないが、少々厳しいと考えたい。
10億円台後半がマックスというところではないか。

ファンタジーではないが、「アメコミ」「コミック」作品も参考になりそうだ。
☆08年「ダークナイト」トータル16.0億円
先3.3→9.4→12.1→13.7→14.8→15.3→15.6
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル15.6億円
先4.1→8.8→11.6→13.3→14.4
☆06年「スーパーマン リターンズ」トータル15.0億円
先3.7→7.9→10.9→12.3→13.2
☆05年「バットマン ビギンズ」トータル14.1億円
☆03年「リーグ・オブ・レジェンド時空を超えた戦い」トータル12.1億円
☆09年「G.I.ジョー」トータル10.5億円
金3日2.3→6.6→8.5
☆05年「ファンタスティック・フォー/超能力ユニット」トータル10.1億円
☆06年「Vフォー・ヴェンデッタ」トータル10.0億円
OP1.5→4.6→7.7→8.6
☆05年「シン・シティ」トータル10.0億円
OP1.6→4.5→5.8→6.8
☆08年「アイアンマン」トータル9.4億円
OP2.1→5.2→7.0→8.2→8.8→9.1→9.1
☆07年「ファンタスティック・フォー/銀河の危機」トータル9.2億円
金2.5→5.9→7.6→8.8
☆09年「DRAGONBALL EVOLUTION」トータル8.7億円
先3.1→6.0→7.4→8.3
☆10年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
金3日3.7億円→
主要作品との対比で考えると、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の興行収入は13.4~20.0億円となる。
この中でも特に、「G.I.ジョー」との対比で考えると、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の興行収入は16.9億円となる。
伸びは高くも低くもないと考えれば、15~16億円辺りが落ち着きどころとなりそうだ。

【同時期に公開された近年の作品】
<2009>
☆「マンマ・ミーア!」トータル26.0億円(オープニング3日4.4億円)
☆「ベンジャミン・バトン」トータル24.0億円(オープニング3.2億円)
☆「チェンジリング」トータル12.8億円(オープニング3日2.3億円)
☆「オーストラリア」トータル5.8億円(オープニング1.4億円)
<2008>
☆「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円(オープニング4.0億円)
☆「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円(オープニング3日2.4億円)
☆「エリザベス/ゴールデン・エイジ」トータル6.5億円(オープニング1.2億円)
☆「ライラの冒険」トータル37.5億円(先行込み8.2億円)
これらとの対比で考えると、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の興行収入は12.4~22.5億円となる。
この中でも特に、「スウィーニー・トッド」との対比で考えると、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の興行収入は15.4億円となる。
やや初動タイプと考えれば、この辺りが落ち着きどころとなりそうだ。

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」金3.7億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2009>
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」3.2億円(トータル24.0億円)
☆「ナイトミュージアム2」5日8.2億円<2日3.6億円>(トータル20.5億円)
<2008>
☆「スウィーニー・トッド」4.0億円(トータル20.5億円)
☆「ハプニング」金3日2.8億円(トータル12.2億円)
これらとの対比で考えると、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の興行収入は15.4~22.5億円となる。
これらを踏まえて、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の興行収入は15~16億円と予想したい。
やや初動タイプと思われるが、春休みという時期も考慮して極端なものではないと考えたい。


5位:「おとうと」(松竹・テレビ朝日)<5週目>
【公開前個人予想】 24~25億円
【現時点での興行収入予想】 20~21億円(先週22~23億円)
【公開規模】 先週303スクリーン
トータルでは15.6億円となっている。
1週間の伸びは1.9億円半ば程度だろうか。
山田洋次と吉永小百合のコンビであり、良い意味でも悪い意味でもサプライズもなく、安定している。

山田洋次監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年「十五才 学校Ⅳ」トータル10.5億円
☆02年「たそがれ清兵衛」トータル12億円(※02年分)
☆04年「隠し剣 鬼の爪」トータル9億円程度か
☆06年「武士の一分」トータル41.1億円
☆08年「母べえ」トータル21.2億円
OP1.6→6.4→祝10.9→13.4→15.7→17.3→18.2
☆10年「おとうと」
OP2.4→7.2→11.1→13.7→15.6億円→
同じく吉永小百合主演の「母べえ」が参考になるだろう。
「母べえ」との対比で考えると、「おとうと」の興行収入は21.1億円となる。
この辺りが落ち着きどころだろうか。
しかし、「母べえ」のオープニングは低すぎたにも関わらず、ついに抜かれてしまっており、「おとうと」の伸びに対して、やや信頼性が欠けてきた。
当面は20億円突破が目標となるだろうか。

吉永小百合主演の映画は以下の通り。
☆00年「長崎ぶらぶら節」トータル11.6億円
☆01年「千年の恋 ひかる源氏物語」トータル20.8億円
☆05年「北の零年」トータル27.0億円
OP2.5→7.8→12.0→15.1→18.2→20.3→22.2
☆08年「母べえ」トータル21.2億円
OP1.6→6.4→祝10.9→13.4→15.7→17.3→18.2
☆08年「まぼろしの邪馬台国」トータル9.5億円
OP1.6→3.5→04.8→05.8→不明→07.2→07.7→
☆10年「おとうと」
OP2.4→7.2→11.1→13.7→15.6億円→
「まぼろしの邪馬台国」はやや低い結果に終わったが、20億円は堅そうと思える女優。
主要作品との対比で考えると、「おとうと」の興行収入は21.1~23.1億円となる。
「北の零年」以下、「母べえ」「千年の恋 ひかる源氏物語」と同程度が落ち着きどころか。

テーマは異なるが、以下のような作品がライバルとなるのではないか。
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円
祝込3日4.1(2日2.6)→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆09年「劔岳 点の記」トータル25.8億円
先2.9(2日2.6)→9.0→14.0→17.6→祝込20.3→21.6→23.1
☆09年「沈まぬ太陽」トータル28.0億円
OP2.5→09.1→14.5→18.3→祝21.4→22.9→24.3→
☆10年「おとうと」
OP2.4→7.2→11.1→13.7→15.6億円→
これらとの対比で考えると、「おとうと」の興行収入は19.8~21.5億円となる。
永続する高い伸びを期待していたが、20億円程度が落ち着きどころとなりそうだ。
「母べえ」トータル21.2億円は超えられるかは微妙となってきた。

「おとうと」15.6億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「ドロップ」16.1億円(トータル19.5億円)
☆「感染列島」16.5億円(トータル19.1億円)
☆「BALLD 名もなき恋のうた」15.5億円(トータル18.1億円)
<2008>
☆「母べえ」15.7億円(トータル21.2億円)
☆「K-20 怪人二十面相・伝」16.5億円(トータル20.0億円)
☆「陰日向に咲く」16.3億円(トータル19.5億円)
☆「クロサギ」15.2億円(トータル17.2億円)
「母べえ」以外との対比で考えると、「おとうと」の興行収入は17.7~18.9億円となる。
これらの対比を上回ることは期待したいところ。
「母べえ」超え、どころか20億円突破もやや微妙なところだが、ある程度の伸びは続くと期待したい。
「おとうと」の興行収入は先週の22~23億円から下方修正して、20~21億円と予想を改めたい。
当初は『25億円前後まで稼ぐと予想したい』と書いていたが、そこまではどうやら伸びそうもない。
笑福亭鶴瓶などとの絡みで新規の観客を開拓できるかと思ったが、そうでもなかったようだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1660-600390f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。