ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バッド・ルーテナント』レビュー

◆評  価   6.0点
◆おススメ度  B-(深そうでそれほど深くもないクライムサスペンス)

オリジナルは未見。
有名のようだが、本作の監督についてもよく知らない。
ストーリーは理解できるが、正直言って、本作を通して何を伝えたかったのかが理解しにくかった。
ガッチリとハマる人にはハマるようだが、自分はそうではなかったようだ。
爬虫類メイン、死者のダンス、長回し、ニコラス・ケイジの独特の演技など、面白い部分は多々みられるが、ややヒネリのあるだけのクライムサスペンスという印象も受ける。

肝心の“善悪”の扱いについて、答えのようなものが自分には見えてこなかった。
善と悪の間で葛藤するというよりも、銃とバッジのチカラを借りて自己の利益だけに突っ走り、ただのラッキーで事態が好転しているようにも見える。
それはそれでもよいのだが、何か分かりやすいポイントも欲しかった。
本作の冒頭で、賭けの対象にしているのに溺れそうな囚人を救ったり、ギャングの仲間になり下がったのにパイプを証拠にデッチ上げたりと、土壇場で理屈抜きに翻意していることが、良心ともいえないのではないか。
ただ、全てが万事解決というわけではなくて、薬物中毒に関しては簡単に解決というわけにはいかず、それがなんともいえないラストに繋がっているようだ。

様々な事態が悪化して、どんどんとドツボに陥っていくニコラス・ケイジの演技は確かに素晴らしい。
衣装もネクタイも終始変わっていないような気もする。
実生活でもリアルで財政難に陥り、訴訟を起こされているだけのことはある。
本作の主人公のように事態が好転していけばよいが。

ニコラス・ケイジについてはお腹いっぱい堪能できるが、ヴァル・キルマーとエヴァ・メンデスについては役不足であり、物足りない。
ヴァル・キルマーについてはニコラス・ケイジと対極的な役柄でも与えておけばよかったのではないか。
表向きは善良だが、裏では心から腐っているような存在。
ラストの展開において彼の性格が少し見えたが、あれだけでは足りないだろう。
エヴァ・メンデス辺りには、ニコラス・ケイジが道を踏み外しそうになったところを元に戻すようなきっかけを与える存在になって欲しかった。
“銀のスプーン”辺りのエピソードではやや弱いか。

あまり深く考えたり、善悪といったことに捉われずに、個性的な映画には仕上がっているので、本作の雰囲気を楽しく鑑賞した方がよかったかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1694-328b37af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。