ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウルフマン』レビュー

◆評  価   4.5点
◆おススメ度  C(ストーリーに面白みがない)

一言でいうと“もったいない”映画。
題材や雰囲気は良く、キャスティング、メイクアップ、音楽は一流を揃えているのに、上手く活かし切れていない。
名前は耳にするメイクアップの達人リック・ベイカーの仕事による変身シーンだけは評価できるが、あのシーンも完全に活かし切れているかといえば疑問も残る。
一部はもちろんCGだろうが、CGではないメリットを活かしたいのに、CGっぽい仕上がりになっているような気がする。
本物の手作業のレベルの高さをアピールして、昨今のCG映画とは違うということを示して、本作を何故今リメイクするのかという理由を浮き彫りにできないものか。
結局、スピードと音で誤魔化すという“逃げ”に打って出るしかなかったようだ。

ストーリーは盛り上がりに欠け、全体的に“深み”が欠ける点が問題だろうか。
ホラー映画とはいえ、やはりキャラクターの内面が充実しないといけない。
本作の展開ならば、『父と息子の関係』と『主人公とヒロインの関係』に重厚さを加えないと映画に“深み”が増さないだろう。

①『父と息子の関係』
父親の歪んだ愛情のようなものが描かれてしかるべきではないか。
母親を殺してしまった負い目、息子を殺したくない想い、自分のような存在になって欲しくないという気持ちとともに、自分のような存在になって欲しいという複雑な感情などを入れ込むことが可能だったはずだ。
ホプキンスはそれなりに努力しているようだが、剃刀を与えるシーン以外には全体的に見所がなかった。
息子を愛していたのか、憎んでいたのかすら、自分にはよく分からなかった。
婚約者に息子(兄)を奪われてしまうので、殺すというのもよく分からない。
これは父親の歪んだ愛情とはやや異なるのではないか。

②『主人公とヒロインの関係』
兄の婚約者なので恋愛関係を描く必要は特にないとは思うが、描くとすれば幼馴染などのような設定でも付加すればよかったか。
精神病院に入院せざるを得なくなったので、離れ離れになったということにすれば、ストーリーに無理はなくなりそうだ。
この二人の関係がある程度深みが増すような仕上がりが望ましい。
ラスト付近の展開もいったい何をしたかったのか不明すぎる。
助けたいのか、襲われたいのか、何がしたかったのだろうか。
ジプシー女に呪いについて聞きにいったが、あまり意味はなかったような気がするので、呪いを解く方法でも彼女から聞きだして、ストーリーを膨らましてもよかったのではないか。
呪いを解こうとする想いと襲われるかもしれないという恐怖が入り混じった複雑な感情を込めて欲しかった。
獣の中に潜んでいるはずの人間性を信じたいが、信じきれずに撃ち殺すものの、人間の感情が残っていた狼男は彼女を襲うつもりはなかったというようなベタな“悲劇”のような仕上がりでもよかったのではないか。
『人間と獣との境界』のようなセリフが多用されていたが、そのようなテーマに沿った仕上がりにはなっていないだろう。

鑑賞後は既に深夜だったので、月を見上げてみた。
本物の月はキレイだなと感じさせてくれるだけの映画だろうか。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1720-d1b8aa5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。