ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タイタンの戦い』レビュー

◆評  価   6.5点
◆おススメ度  B(何も考えずにアクションを楽しむ作品)

3D版を鑑賞。
しかし持病の関係もあってか、3D映像を見ていると気持ちが悪くなり、次第に耐えられなくなる。
映画鑑賞を諦めて、ふて寝でもしようとメガネを外した途端に気持ち悪さがなくなったため、メガネなしで鑑賞してみた。
もともと2D作品ということもあるのかもしれないが、メガネなしでも鑑賞には意外と困らないというのは新たな発見。
字幕は二重になっているが、セリフが少ないこともあり、それほど影響がなかった。
オリジナル版を予習していたこともあってか、ストーリーもだいたい分かっていることもよかったかもしれない。
しかし、3D設備が充実していそうな新宿ピカデリーでわざわざ鑑賞したにも関わらず、この状態に陥るようでは3D映画を見るのはしばらく遠慮せざるを得ないようだ。

単純なファンタジーアクションは好みということもあり、メガネなしで鑑賞しても意外と楽しめた。
予定調和気味に進み、ハプニングがなくワクワク感やドキドキ感がないばかりか、深みも全くない作品だが、それなりにアクションを堪能でき、冒険に出たような気分にはさせてくれる。

神ではなくて人間であり続けたいという願うペルセウスは結構なことだが、逆にストーリーの面白みが削がれたという気もする。
オリジナル版のようにゼウスから贈られる不可思議なアイテムを効果的に利用して、次々と現れる強力なモンスターと対決するという面白みがなくなった。
一度も見たことはないアニメだが、『聖闘士星矢』からインスピレーションを得たと監督が語っているようなので、アイテムや必殺技や仲間やライバルなどを充実させて欲しかったところだ。
カリボス辺りをもうちょっと歯ごたえのあるライバルとして描けば、もっと盛り上がったのではないか。

オリジナルからの改編によって、ゼウスの立ち位置もかなり中途半端となっている。
息子への愛情は伝わってくるが、悪にも善にも成りきれない。
神への敬いなど、人間と神の共存について何かを感じさせるような存在になって欲しいところ。
リスペクトして欲しいのならば、文句を言われないようにしっかり仕事をすればよいのではないか。

オリジナル版では信じられない美女が登場していたが、本作の二人の女性はややイマイチな印象。
神話を描く映画なのだから、アフロディーテが嫉妬するようなビジュアル重視でもよかったのではないか。
ラストのゼウスからの贈り物を活かすためにも、もうちょっとラブストーリー面も強化したいところ。
一応『魔女の予言』がキーワードにあるのだから、予言どおりペルセウスが殺されそうになるところを彼女が身を挺して庇うくらいのシーンがあってもよい。
ずっと見守ってきたらしいので、役割を全うさせてあげたい。

また、ポセイドンやヘラなどの神々の登場や彼らの会話がなかった点もやや物足りないところだ。
ペルセウスの冒険ばかり一本調子に描いていても飽きるので、画面を変えて、観客を飽きさせないようにしてもよかったか。
一応、緊張感が続く作品なので、こういうシーンで緩めてもよいだろう。
自ら火傷を負った訳の分からない信奉者のような奴を要所で描いても、あまり効果があるとは思えない仕組みとなっている。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1727-89f2a53b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。