ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月2週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」(東宝・テレビ朝日)
<320館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【鑑賞度】 △
長い付き合いなので鑑賞予定だが、ダメそうな作品をわざわざ見に行くことに疑問も感じる。
堤幸彦などのスタッフを変えて、真剣に映画作りをしてくれれば、嬉しかったのだが。

【監督】 堤幸彦
堤幸彦監督作品の興行収入は以下の通り。
☆06年「サイレン」トータル7~8億円見込み
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP2.1→6.9→11.0→14.6→17.3→18.9
☆06年「TRICK劇場版2」トータル21.0億円
OP4.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆07年「大帝の剣」トータル3.0億円
☆07年「包帯クラブ」トータル1.5億円
☆07年「自虐の詩」トータル2億円半ば見込み
☆08年「銀幕版 スシ王子!」トータル3.7億円
☆08年「まぼろしの邪馬台国」トータル9.5億円
OP1.6→3.5→4.8→5.8→不明→7.2→7.7
☆08年「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」トータル39.5億円
OP6.3→15.6→祝込24.0→28.1→32.5→34.8→祝込36.6→37.4
☆09年「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆09年「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」トータル44.1億円
OP8.7→21.3→27.9→32.4→38.7→40.7→祝込42.2→42.7
シリーズモノも含まれるが、3年で11本というペースは異常。
今年も本作及び「BECK」の公開が控えている。
「TRICK劇場版2」「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」しか見ていないので、あまり批判はしたくないが、きちんとした映画作りが出来る環境とは思えない。
「TRICK劇場版2」「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」の仕上がりは悪かった。
才能があると思っていた監督だけに、残念な結果だ。
本作もまともな仕上がりになっているとは思えず、「TRICK」という優秀なコンテンツをムダにしてしまうような気がすることが悔やまれる。
スピンオフドラマなどが放送されているが、人気のピークは過ぎており、「TRICK劇場版2」トータル21.0億円を超えるヒットをすることは恐らくないだろう。

【キャスティング】 仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、松平健
仲間由紀恵出演作の興行収入は以下の通り。
☆05年「SHINOBI」トータル14.1億円
☆06年「TRICK劇場版2」トータル21.0億円
OP4.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆06年「大奥」トータル22.0億円
OP2.4→6.7→祝込14.0→16.8→19.1→20.4
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円(主演:中居)
祝3日4.1→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆09年「ごくせん THE MOVIE」トータル34.8億円
OP4.9→祝込13.1→17.5→22.5→26.0→30.2
題材が良いこともあり、かなりのヒット作品を生み出している。
20億円を超えることは考えにくいので、「SHINOBI」辺りがライバルとなるか。

【題材】 「シリーズ」「ドラマの映画化」「サスペンス」「コメディ」
「TRICK」の興行収入は以下のとおり。
☆02年「TRICK劇場版」トータル12.9億円
☆06年「TRICK劇場版2」トータル21.0億円
4.3→10.0→13.9→16.9→18.8
矢部謙三のスピンオフドラマも放送されているが、もはや勢いは感じられない。
「2」を超えることは考えにくい。
「1」と同程度か、それ以下ということもあり得る。

【予告編・TVCM】 量・多/デキ・普
「TRICK」らしい雰囲気はあるが、もうワンパンチが欲しいところ。
新規参入者は期待しにくいところはある。

【支持基盤・ターゲット】 「ドラマ鑑賞者」
ドラマといっても放送されていたのは00~03年の話。
根強いファンがいるとはいえ、爆発的なヒットは期待しにくい。

【同時期に公開された近年の作品】
<2009>
☆「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円(オープニング4.1億円)
☆「60歳のラブレター」トータル7.9億円(オープニング1.0億円)
<2008>
☆「隠し砦の三悪人」トータル9.3億円(オープニング1.8億円)
GW明け公開作品でもヒット作品は生まれているが、ヒューマンドラマ系であり、「TRICK」のような軽めの作品はGWに公開したかった。
「隠し砦の三悪人」は超えたいところだ。

【評価・予想】 14.0億円(オープニング2.8億円)
今が旬の作品ではなく、言葉は悪いが過去の作品であり、「TRICK劇場版2」トータル21.0億円を超えるヒットにはならないだろう。
しかし、知名度がある作品であり、根強いファンがおり、気楽に観られるという強みはある。
10億円ラインは超えてくるのではないか。
「TRICK劇場版」トータル12.9億円をやや超えてくるイメージだ。

したがって、10億円以上、20億円以下となりそうだ。
「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円、「少林少女」トータル15.1億円、「ハッピーフライト」トータル13.3億円辺りの数字も参考にはなりそうだ。
これらを踏まえると、トータル14億円辺りとなるのではないか。
オープニングは初動タイプとなるだろう。
前作との興行収入対比で考えて、2.8億円辺りか。
「僕の初恋をキミに捧ぐ」のオープニング2.8億円(トータル21.5億円)、「感染列島」のオープニング3.0億円(トータル19.1億円)なので、この辺りと同程度と考えたい。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1729-a31f8dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。