ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月3週目その2)

1位:「アリス・イン・ワンダーランド」(ディズニー)<5週目>
【公開前個人予想】 60.0億円
【現時点での興行収入予想】 115億円(4週目105億円、OP時~2週目100億円)
【公開規模】 858スクリーン(先週比-20スクリーン)
4.4億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは93.4億円となっている。
1週間の伸びは9.6億円程度だろうか。
GW後でも大きな落ち込みがなく、100億円が迫ってきた。
『110億円突破確実』と報じられているので、自分の想定よりももうちょっと伸びるようだ。

公開前には、シリーズ作品や結末などが気になるタイプの作品ではないので、100億円級のビッグヒットにはならないと踏んだが、知名度が高い題材、監督・主演であり、観客層の幅が広い作品なので、このようなヒットになったのだろうか。
もちろん、3D大作映画という目玉もあった。
3D映画は単価が高いので、これもバカにならない。
前売券を買えば1300円で見られるところ、300円上乗せするか、2000円払わなければいけないので、25%~50%近く単価が上がる。

ティム・バートン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年公開「スリーピー・ホロウ」トータル19.0億円
☆01年公開「猿の惑星」トータル45.0億円
☆04年公開「ビッグ・フィッシュ」10億円未満
☆05年公開「チャーリーとチョコレート工場」トータル53.5億円
OP4.7→15.4→24.0→30.8→38.2→42.3
☆05年公開「コープス・ブライド」トータル10.0億円
OP1.8→04.5
☆08年公開「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円
OP4.0→09.6→14.0→16.6→18.4→19.4
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4億円→
ゴールデンウィークがあったので、「スウィーニー・トッド」の6週目との対比で考えると、「アリス・イン・ワンダーランド」の興行収入は98.7億円となる。
「チャーリーとチョコレート工場」の6週目との対比で考えると、「アリス・イン・ワンダーランド」の興行収入は118.1億円となる。
現時点では、100億円以上、120億円以下というところか。
GW後に伸びが止まると思っていたが、メリットいっぱいの120億円まで伸びてくるかもしれない。
他のライバル作品が不在というメリットもある。
6月に公開される「プリンス・オブ・ペルシャ」「アイアンマン2」程度では、大きな影響はないだろう。
7月の「踊る大捜査線3」「トイ・ストーリー3」まで粘るか。

ジョニー・デップ主演作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆03年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン」トータル68.0億円
☆05年公開「ネバーランド」トータル11.0億円
☆05年公開「チャーリーとチョコレート工場」トータル53.5億円
OP4.7→15.4→24.0→30.8→38.2→42.3
☆06年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/チェスト」トータル100.2億円
先19.2→37.5→52.2→63.7→78.8→86.5→90.6
☆07年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド」トータル109.0億円
金19.4(2日14.7)→44.0→61.4→74.5→83.7→90.9→96.2
☆08年公開「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円
OP4.0→09.6→14.0→16.6→18.4→19.4→20.1
☆09年公開「パブリック・エネミーズ」
OP1.5→03.8→05.6→06.5
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4億円→
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの6週目との対比で考えると、「アリス・イン・ワンダーランド」の興行収入は108.2~112.0億円となる。
110億円ラインが落ち着きどころとなるが、もうちょっと伸びそうだ。

興行収入100億円前後の作品は以下のとおり。
☆05年「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」トータル110.0億円
先16.9→36.2→49.8→59.1→69.5→不明→95.5
☆07年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド」トータル109.0億円
金19.4(2日14.7)→44.0→61.4→74.5→83.7→90.9→96.2
☆06年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/チェスト」トータル100.2億円
先19.2→37.5→52.2→63.7→78.8→86.5→90.6
☆07年「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」トータル94.0億円
先22.8→39.1→52.3→63.1→79.2→82.4→87.0
☆05年「スター・ウォーズEPⅢ」トータル91.7億円
先21.2→40.7→49.8→58.7→65.8→73.3→80.5
☆06年「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円
OP12.8→36.0→51.8→62.6→70.3→76.1→80.7
☆09年「ハリー・ポッターと謎のプリンス」トータル80.0億円
6日22.1→35.0→47.5→55.9→66.7→71.6
☆07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3→65.1
☆06年「ナルニア国物語」トータル68.6億円
先10.4→23.6→33.0→43.9→52.3→58.2
☆08年「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」トータル57.1億円
先14.0→26.1→34.4→40.3→祝込46.7→49.5→52.0→53.7
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4億円→
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」以外の5・6週目との対比で考えると、「アリス・イン・ワンダーランド」の興行収入は106.5~116.8億円となる。
「アリス・イン・ワンダーランド」は観客層が広く、比較的気軽に見られるということもあるので、110億円は超えそうだ。
まさか「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズや「ハリー・ポッター」シリーズを超えるという発想はなかったが、現時点では「アリス・イン・ワンダーランド」の興行収入は115億円という予想にしておきたい。
先週は105億円という予想だったが、GW後でも意外と伸びが良いことやライバル作品が不在ということを考慮してみたい。
120億円突破も不可能ではなさそうだが、しばらく様子をみる。

なお、去年のGW時期に公開された「レッドクリフPartⅡ」と比べてみると、以下のようになる。
☆09年「レッドクリフ PartⅡ」トータル55.5億円
金3日8.6→21.5→30.3→39.0→47.7→50.7→52.5
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4億円→
これとの5・6週目との対比で考えると、「アリス・イン・ワンダーランド」の興行収入は102.2~108.7億円となる。
伸びがなければ、110億円程度となるが、本作の観客層は老若男女問わないというメリットがあるので、まだまだ伸びてくるだろう。


4位:「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)」(東宝・日本テレビ)<5週目>
【公開前個人予想】 30.0億円
【現時点での興行収入予想】 31億円(OP時~4週目32~33億円)
【公開規模】 352スクリーン
9.6千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは28.6億円となっている。
1週間の伸びは1.8億円弱程度だろうか。
あっさりと07・08年の20億円半ばのラインを突破しており、30億円突破も迫ってきた。
人気の上昇度が窺われる。

今年公開された「ドラえもん」よりも伸びが高い。
☆10年「のび太の人魚大海戦」
5.5→09.7→13.7→20.2→27.7→29.9→30.3
☆10年「天空の難破船(ロスト・シップ)」
5.6→11.4→18.7→26.8→28.6
人気の高さは相当のようであり、30億円突破は堅いか。

「名探偵コナン」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆97年「時計じかけの摩天楼」トータル11.0億円
☆98年「14番目の標的(ターゲット)」トータル18.5億円
☆99年「世紀末の魔術師」トータル26億円
☆00年「瞳の中の暗殺者」トータル25.0億円
☆01年「天国へのカウントダウン」トータル29.0億円
☆02年「ベイカー街の亡霊」トータル33.8億円
☆03年「迷宮の十字路」トータル32.0億円
☆04年「銀翼の奇術師」トータル28.0億円
☆05年「水平線上の陰謀(ストラテジー)」トータル21.5億円
2.8→06.1→08.3→12.6→18.3→19.3
☆06年「探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」トータル30.3億円<10周年記念作品>
5.4→10.3→14.9→25.4→27.2→28.5→29.3
☆07年「紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」トータル25.3億円
4.5→09.5→20.2→21.9→23.2→24.0→24.5
☆08年「戦慄の楽譜(フルスコア)」トータル24.2億円
4.2→08.5→祝込19.0→20.6→21.8→22.7→23.3
☆09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル35.0億円
5.9→12.5→20.1→29.5→31.6→32.9→33.8
☆10年「天空の難破船(ロスト・シップ)」
5.6→11.4→18.7→26.8→28.6億円→
爆発した去年と比べても遜色のない動きだ。
06~09年との対比で考えると、「天空の難破船(ロスト・シップ)」の興行収入は31.2~31.9億円となる。
とりあえずは30億円突破が目標となる。
少なくとも、06年「探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」トータル30.3億円は超えたいところだ。
去年の35億円を超えることはないと思われるので、30億円以上、35億円以下となる。
以下のレベルが落ち着きどころかと思ったが、そこまで伸びるのはやや厳しいか。
☆02年「ベイカー街の亡霊」トータル33.8億円
☆03年「迷宮の十字路」トータル32.0億円

その他のアニメシリーズとの比較は以下のとおり
☆08年「ポケモン ギラティナと氷空の花束 シェイミ」トータル48.0億円
祝3日10.2(2日7.0)→18.5→26.9→33.3→39.9→43.3→45.8→46.4
☆09年「ポケモン アルセウス 超克の時空へ」トータル45.8億円
祝3日09.8(2日6.7)→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3
☆07年「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」トータル35.4億円
5.6→10.5→17.3→26.1→32.1→33.3→33.8
☆08年「のび太と緑の巨人伝」トータル33.7億円
5.2→09.5→15.3→22.8→30.1→31.7→32.2
☆10年「天空の難破船(ロスト・シップ)」
5.6→11.4→18.7→26.8→28.6億円→
これらとの対比で考えると、「天空の難破船(ロスト・シップ)」の興行収入は31.5~34.4億円となる。
30億円半ばラインを狙えないこともないが、そこまでは伸びないだろう。
30億円は突破すると考えて、「天空の難破船(ロスト・シップ)」の興行収入は31億円と予想したい。
先週までは32~33億円と予想していたが、やや伸びが鈍った。
しかし、30億円を突破すれば、文句なしの大ヒットといえそうだ。


6位:「タイタンの戦い」(ワーナー)<4週目>
【公開前個人予想】 15.5億円
【現時点での興行収入予想】 15~16億円(OP時12~13億円)
【公開規模】 468スクリーン(先週比-11スクリーン)
5.6千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは13.9億円弱となっている。
1週間の伸びは1.5億円程度だろうか。
オープニングはそれほど高くはない数字だったが、10億円をあっさりと超えている。
ギリギリでファミリーでも鑑賞できる3Dアクション作品であり、「アリス」などとは異なる硬派なハリウッド大作らしいアクションを堪能できるというメリットもあったか。

「神話」などを扱っており、「ファンタジー」とは異なりそうだが、一応参考にしたい。
☆08年公開「ライラの冒険 黄金の羅針盤」トータル37.5億円
先8.2(OP5.5)→15.4→20.2→24.7→28.2→31.1→32.5
☆08年公開「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」トータル30.0億円
水8.1(OP5.5)→15.8→20.6→23.8→26.1→27.6→28.5
☆08年公開「ハムナプトラ3」トータル22.0億円
先7.7(OP5.8)→14.2→18.2→20.1→21.1→21.7
☆05年公開「エラゴン/遺志を継ぐ者」トータル18.7億円
OP2.5→6.4→9.7→15.1→17.0→17.9
☆10年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」トータル14億円見込み
金3.7→7.9→10.4→11.8→13.0→13.8→
☆10年公開「タイタンの戦い」
金2.8→7.6→12.4→13.9億円→
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」とはオープニング時に1億円近い差があったが、ゴールデンウィークで完全に逆転した。
ゴールデンウィークがあったので、「ライラの冒険」以外の5週目(先行がある作品は4週目)との対比で考えると、「タイタンの戦い」の興行収入は15.0~16.0億円となる。
15~16億円辺りが落ち着きどころか。

以下のような歴史モノ作品も参考になりそうだ。
☆09年「レッドクリフ PartⅡ」トータル55.5億円
金3日8.6(2日6.7)→21.5→30.3→39.0→47.7→50.7→52.5
☆08年「レッドクリフ Part I」トータル50.5億円
祝3日9.6(2日6.7)→17.7→25.2→31.6→37.4→41.1→43.9
☆04年「トロイ」トータル42.0億円
☆03年「HERO」トータル40.5億円
☆00年「グラディエーター」トータル15.6億円
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル15.6億円
先4.1→8.8→11.6→13.3→14.4
☆02年「スコーピオン・キング」トータル10.5億円
☆08年「紀元前1万年」トータル10.1億円
OP1.6→5.6→8.3→9.3→9.7→9.9
☆07年「ベオウルフ/呪われし勇者」トータル8.3億円
OP2.0→4.6→6.2→7.1→不明→8.0
☆10年公開「タイタンの戦い」
金2.8→7.6→12.4→13.9億円→
ゴールデンウィークがあったので、「レッドクリフ Part I」以外の5週目(先行がある作品は4週目)との対比で考えると、「タイタンの戦い」の興行収入は14.5~16.3億円となる。
「300<スリーハンドレッド>」の4週目との対比となる16.3億円程度がマックスラインか。

「タイタンの戦い」13.9億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり(※GWのため1週上乗せ)。
<2009>
☆「チェンジリング」12.1億円(トータル12.8億円)
☆「ワルキューレ」11.9億円(トータル12.5億円)
<2008>
☆「セックス・アンド・ザ・シティ」14.3億円(トータル18.0億円)
☆「ダークナイト」14.8億円(トータル16.0億円)
☆「ハプニング」12.1億円(トータル12.3億円)
「セックス・アンド・ザ・シティ」以外との対比で考えると、「タイタンの戦い」の興行収入は14.1~15.0億円となる。
まだ伸びがありそうなので、「タイタンの戦い」の興行収入は先週に引き続き15~16億円と予想したい。
OP時には12~13億円程度と予想したが、やや伸ばしてきている。
『「紀元前1万年」同様に、主演の知名度がそれほど高くはないハードな歴史モノや神話モノは一般受けしないところもあるのだろうか』とオープニング時に書いていたが、きっちりと公開前予想の15億円に落ち着きそうだ。
確かに期待以上でも期待以下でもない安定感のある作品であり、興行収入もその通りとなりそうだ。


7位:「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」(ワーナー)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 11億円(OP時15億円)
【公開規模】 90スクリーン
5.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは8.7億円となっている。
1週間の伸びは9.8千万円弱程度だろうか。
オープニング時に比べて、勢いは落ちてきているものの、少ないスクリーンながら高稼働している。

初動という気もするが、根強いファンを持つ作品と比較したい。
☆09年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」トータル40.0億円
OP5.1→13.6→19.8→24.0→27.3→29.8→31.6→33.4→34.6
☆09年「サマーウォーズ」トータル16.5億円
OP1.3→03.7→06.9→09.3→11.2→12.6→13.6→14.3
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル不明(5億円程度か)
OP0.9→02.3→03.2→03.8→04.2
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル不明(7億円程度か)
OP0.9→02.5→03.5→04.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」
OP2.0→04.9→07.8→08.7億円→
ゴールデンウィークがあるので、これらの5週目との対比で考えると、「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」の興行収入は10.4~12.8億円となる。
オープニング時には、「サマーウォーズ」と比較して20億円を狙えるということが興行収入関係の大手のネット記事に書いてあったが、さすがにそこまでは伸びようがない。
当面は10億円突破が目標となり、伸びても12億円程度だと思われる。

なお、10億円前後のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「劇場版 MAJOR」トータル10.5億円<年末公開>
OP1.5→2.6→不明→7.7→祝込9.6→10.0
☆09年「NARUTO-ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者」トータル10.2億円
OP1.9→4.7→7.4
☆09年「オールスターズDXみんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」トータル10.1億円
3日2.4(2日1.4)→5.1→7.6→8.6→9.0
☆08年「ONE PIECE」トータル9.2億円
OP1.6→3.4→4.7→6.1→7.5
☆07年「ONE PIECE」トータル9.0億円
OP1.6→3.5→4.7→不明→7.5
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」
OP2.0→4.9→7.8→8.7億円→
これらの5週目との対比で考えると、「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」の興行収入は9.5~10.7億円となる。
本作はゴールデンウィークがあったにも関わらず、「オールスターズDX」の4週目の数字と変わりがないことを踏まえる必要もある。
ただ、90スクリーンだけでこれだけを稼いだことを考慮する必要がある。
10億円突破は可能と考えて、「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」の興行収入は先週に引き続き11億円と予想しておきたい。
オープニング時は15億円という予想だったが、期待を高めすぎてしまったか。
初めての映画化ということもあり、動きが読みにくい作品だ。


8位:「パリより愛をこめて」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 4.5億円
【現時点での興行収入予想】 2.0億円
【公開規模】 213スクリーン
5.2千万円弱のオープニングを飾った。
先週『オープニングは「96時間」を超えると思うが、アクション作品の「グリーン・ゾーン」に観客を奪われそうなので、0.9億円程度だろうか』と書いたが、予想以上の大コケとなっている。
リュック・ベッソン系映画なので、大コケはないと思ったが、ベッソン系ではないジョン・トラヴォルタなどとのコラボが逆にマイナス効果となってしまったか。
ジョナサン・リース・マイヤーズは「M:i:Ⅲ」に出演していたが、日本では知名度は全く高くないことも問題だった。

ジョン・トラヴォルタ主演作の興行収入は以下のとおり。
☆01年「ソードフィッシュ」トータル12.0億円
☆04年「炎のメモリアル」トータル不明(推移から考えると5~6億円程度か)
OP1.1→3.0→4.3
☆07年「ヘアスプレー」トータル10.0億円
☆09年「サブウェイ123激突」トータル7.7億円
金3日1.6→4.3→5.6→6.8→7.1→7.4
☆10年「パリより愛をこめて」
OP0.5億円→
「サブウェイ123激突」の土日2日のオープニングは不明だが、1.3億円程度として、その対比で考えると、「パリより愛をこめて」の興行収入は3.0億円程度となる。
2億円は超えそうだが、3億円突破はどうだろうか。

参考になりそうなリュック・ベッソン関係作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「トランスポーター2」トータル3.5億円
☆07年「TAXi(4)」トータル5.8億円
OP1.3→3.4→4.6→5.3
☆09年「96時間」トータル4.4億円
OP1.0→2.7→3.7
☆09年「トランスポーター3」トータル6.7億円
OP1.1→3.3→不明→4.7→5.6
☆10年「パリより愛をこめて」
OP0.5億円→
なぜ「パリより愛をこめて」だけがここまで低いのかという結果になっている。
「96時間」主演のリーアム・ニーソンよりも、ジョン・トラヴォルタの方が知名度は高いはずだが。
これらとの対比で考えると、「パリより愛をこめて」の興行収入は2.2~3.0億円となる。
マックス3億円、ミニマム2億円となり、2億円程度が落ち着きどころか。
ジョン・トラヴォルタが頑張っているが、ちょっと浮いている気もする点が問題だったか。

【同時期に公開された近年の作品】
<2009>
☆「天使と悪魔」トータル33.5億円(オープニング金3日6.8億円)
☆「消されたヘッドライン」不明(オープニング金3日0.8億円)
<2008>
☆「最高の人生の見つけ方」トータル13.5億円(オープニング1.9億円)
☆「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」トータル4.6億円(オープニング1.1億円)
☆「ナルニア国物語 第2章」トータル30.0億円(オープニング水5日8.1億円)
☆「ランボー最後の戦場」トータル9億円見込み(オープニング2.1億円)
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」「ランボー最後の戦場」との対比で考えると、「パリより愛をこめて」の興行収入は2.1~2.1億円となる。
さすがに2億円は突破して欲しいが。

「パリより愛をこめて」0.5億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2009>
☆「お買いもの中毒な私!」0.6億円
☆「ファイナル・デッドサーキット」0.5億円
☆「スペル」土日0.5億円
<2008>
☆「フィクサー」0.6億円(トータル3.1億円)
☆「トロピック・サンダー」0.6億円(トータル2.3億円)
☆「ブラインドネス」0.6億円
☆「ゲットスマート」0.6億円
トータル興行収入が不明な、微妙なメンバーと同程度となっている。
とりあえず、「パリより愛をこめて」の興行収入は2.0億円と予想したい。
リュック・ベッソン系作品及び「96時間」の監督ということを重視し過ぎてしまったようだ。


9位:「クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」(東宝・テレビ朝日)<5週目>
【公開前個人予想】 11.0億円
【現時点での興行収入予想】 12億円半ば(OP時~4週目12~13億円)
【公開規模】 298スクリーン(先週比-13スクリーン)
4.2千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは11.7億円弱となっている。
1週間の伸びは5.3千万円弱程度だろうか。
楽に10億円を突破しており、去年の低迷を脱したが、1週間の伸びが週末とほぼ同じという結果になっている。

「クレヨンしんちゃん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆93年「アクション仮面VSハイグレ魔王」トータル22.2億円
☆94年「ブリブリ王国の秘宝」トータル21億円
☆95年「雲黒斎の野望」トータル14億円
☆96年「ヘンダーランドの大冒険」トータル12億円
☆97年「暗黒タマタマ大追跡」トータル11億円
☆98年「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」トータル11億円
☆99年「爆発!温泉わくわく大決戦」トータル9億円
☆00年「嵐を呼ぶジャングル」トータル11.0億円
☆01年「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」トータル14.5億円
☆02年「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」トータル13.0億円
☆03年「嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」トータル13.5億円
☆04年「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」トータル12.8億円
☆05年「伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃」トータル13.0億円
2.2→4.1→07.3→11.6→11.9
☆06年「伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!」トータル13.8億円
3.3→5.7→07.8→13.3→13.8
☆07年「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」トータル15.5億円<15周年記念>
3.0→6.0→13.2→14.2→14.8
☆08年「ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者」トータル12.3億円
2.5→4.5→祝込10.2→10.9→11.4
☆09年「オタケべ!カスカベ野生王国」トータル10.0億円
1.7→3.5→05.9→09.2→09.6→09.7
☆10年「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」
2.7→4.9→07.7→11.1→11.7億円→
主要作品との対比で考えると、「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」の興行収入は12.2~12.8億円となる。
15周年記念の07年をピークに下落気味となっているが、原作者の臼井儀人さんが亡くなられた後の初めての作品であり、あまり恥ずかしい結果にはなりたくないはずだ。
少なくとも去年の興行収入を上回らないとマズいだろう。
基準値と思われる12~13億円が落ち着きどころだろうか。

なお、10億円前後のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「劇場版 MAJOR」トータル10.5億円<年末公開>
OP1.5→2.6→不明→7.7→祝込9.6→10.0
☆09年「NARUTO-ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者」トータル10.2億円
OP1.9→4.7→7.4
☆09年「オールスターズDXみんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」トータル10.1億円
3日2.4(2日1.4)→5.1→7.6→8.6→9.0
☆08年「ONE PIECE」トータル9.2億円
OP1.6→3.4→4.7→6.1→7.5
☆07年「ONE PIECE」トータル9.0億円
OP1.6→3.5→4.7→不明→7.5
☆10年「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」
2.7→4.9→07.7→11.1→11.7億円→
これらとの対比で考えると、「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」の興行収入は12.8~14.4億円となる。
10億円半ばも狙えないことはない推移だが、例年通りGW後には勢いを無くすだろう。
「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」の興行収入は12億円半ばと予想したい。
先週までは12~13億円だったが、13億円までは伸びないか。


10位:「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円以上2億円未満
【公開規模】 163スクリーン
3.1千万円半ばのオープニングを飾った。
そこそこのスクリーンで公開されているのは知っていたが、成海主演の書道の映画がヒットするわけがないと予想すらしなかった。
先週の「運命のボタン」同様にコマ数が足りずにランクインしてきたようだ。

NHKで書道のドラマがやっていたり、書道が番組で取り上げられたりと、意外と書道も注目されていたということもあるか。
「フレフレ少女」(トータル1億円未満か)、「櫻の園」(トータル4千万円程度か)レベルほどではないが、それに近い成績かと思ったが、「曲がれ!スプーン」程度は稼ぎそうだ。
このオープニングならば1億円は超えそうだが、2億円は超えないだろう。
内容は結構良いかもしれないが、この規模で公開される映画ではない。

成海璃子は、本作だけではなくて、「武士道シックスティーン」やNHKの百人一首のドラマ「咲くやこの花」など変わった作品に出演しているイメージがあるが、何が何だかゴチャゴチャになってきた。
結構、映画の主演に抜擢される機会が多いが、ファンは多いのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1743-b51ecb8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。